<   2018年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

東京ヤクルトスワロ―ズは、今日から神宮に広島東洋カープを迎えての3連戦
現在、首位カープとは8.5ゲーム差となっていて、これ以上離されるわけには行きません。
出来れば3タテ喰らわせたいですが、最低でも勝ち越したいですね。

初戦の先発は、ヤクルトが小川泰弘投手、広島はジョンソン投手

選手公示では、比屋根選手が抹消され、ルーキーの塩見泰隆選手が昇格。
その塩見選手が、いきなり5番ライトでスタメン起用には驚きました!
川端選手は6番サードでスタメン復帰しました。

試合経過は ニッカンスコア

初回1死後、小川投手は菊池選手にセンターへのヒットを打たれ、
丸選手は四球で1死1、2塁のピンチ
鈴木選手は三振も、スタートを切った菊池選手が3塁へ走り1死1、3塁
松山選手にセンター前にタイムリーヒットを運ばれ1点先制されます。0-1
初回だけで30球を費やしました。
慎重になり過ぎてテンポが悪かったですね。

1回裏、坂口選手がショート内野安打、青木選手はライト前ヒットで無死1、3塁
ここで、山田哲人選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち1-1の同点に!
これで、球団タイとなる9試合連続打点となりました。

e0222575_21301650.jpg


バレンティン、塩見選手が倒れ2死となり、
川端選手の打席で青木、山田選手のダブルスチール成功で2死2、3塁
山田選手はこれで23盗塁
続く川端選手がピッチャーのグラブを弾くタイムリー内野安打を放ち
3塁から青木選手が生還して2-1と勝ち越します。

その前のダブルスチールが効きましたね。

初回の攻防だけで40分。今日は、なが~い試合になりそう。

2回表裏は両チーム三者凡退
3回表裏も両チーム三者凡退 

4回、小川投手は先頭の鈴木誠也選手にレフトへヒットを打たれ、
松山選手のサードゴロで1死2塁
バティスタ選手のショートゴロで飛び出した鈴木選手を、2、3塁間で挟殺して2死1塁
つづく安部友裕選手にセンターオーバーのタイムリー3塁打を浴び2-2の同点となります。
青木選手がジャンプしましたが惜しくも捕球できませんでした。
今日の小川投手は全体的に球が高く、調子はイマイチ

4回裏1死後、川端選手がサード悪送球で出塁
西浦選手はショートゴロで2塁フォースアウト、2死1塁
中村捕手はレフト前ヒットで2死1、2塁も、
小川投手はサードゴロで3アウト

5回2死後、小川投手は菊池選手にセンター前ヒットを打たれますが、
丸選手を空振り三振に斬って取り3アウト
ここまで小川投手は8奪三振

5回裏、ヤクルトは1番からの攻撃
2死後、山田選手が四球で歩きます。もういっちょ走れ~!
初球から走って、今日2個目の盗塁成功!24個め
バレンティン選手は敬遠で2死1、2塁
塩見選手はフルカウントからボール球を振り空振り三振で3アウト
いきなり塩見選手の5番は、いくら何でも荷が重すぎませんか?

6回、小川投手は、先頭の鈴木選手のファールフライを坂口選手が落球エラー後、
センター前ヒットを打たれ、松山選手には四球を与え無死1、2塁のピンチ
バティスタ選手にレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を浴び、
2-3と勝ち越されます。

なおも無死2、3塁で、安部選手はセカンドゴロで1死2、3塁
石原捕手はショートフライで2死となり、
代打・新井貴浩選手もショートフライに打ち取り3アウト

6回裏、広島は一岡投手が登板
先頭の川端選手が四球で歩き、
西浦選手はバスターから打ち上げライトフライで2死1塁
ここで、川端選手が2盗を決め2死2塁
中村捕手はセカンドフライで2死となり、代打の雄平選手はファーストゴロで3アウト

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
2死後、丸選手にセンター前ヒットを打たれ
鈴木選手は四球を与え2死1、2塁
松山選手をレフトフライに打ち取り無失点に抑えます。

7回裏、広島は永川投手が登板
2番からの攻撃も三者凡退

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
先頭のバティスタ選手にレフトへの2塁打を打たれ(代走は上本選手)、
安部選手にバックスクリーン右へ2ランホームランを運ばれ2-5と3点差に
2死後、田中広輔選手にもバックスクリーンに一発を放り込まれ2-6

登板過多の35歳のコンちゃん、さすがに疲れは隠せません。
投げっぷりがいい投手ですが、打たれっぷりもいいのがタマにきず
しかし、ビハインドで勝ちパターンの投手をつぎ込んで打たれるのはつらいですね。

ヤクルトは風張投手に交代し、菊池選手を三振に仕留め3アウト
風張投手も登板が増えていますが、
この回は、頭から風張投手でよかったかも?

8回裏、広島はフランスワ投手が登板
バレンティン、川端選手が三振など完璧に抑え込まれます。
厄介なピッチャーがまた出てきましたね。

9回、ヤクルトは星投手が登板
ここで出すなら、8回に投げてほしかったですね。
丸選手に四球を与えますが、後続を抑えます。

9回裏、広島は中崎投手が登板
1死後、代打・畠山選手がライトへの2塁打で出ます。代走は三輪ちゃん
ここで代打・谷内亮太選手がレフトへタイムリーヒットを放ち3-6と3点差に
ナイスバッティング!!
1死1塁で、坂口選手は三週間を抜けるヒットで続き1死1、2塁
青木選手はレフトファールフライで2死となり、
山田哲人選手はフルカウントまで粘り、サード内野安打で2死満塁
バレンティン選手にすべてを託しますが、セカンドゴロに倒れゲームセット

ヤクルトは広島カープとの初戦に3-6で敗れ、これで2連敗となりました。

先発の小川泰弘投手は6回を投げ7安打され、8奪三振も3失点(自責は2)
慎重に投げたにしては、いつもより高めに甘い球が多かったですね。
取られた勝ち越し点は、ファールフライの落球から招いた失点で、不運な面もありました。

さらに、1点ビハインドで近藤投手を投入したのが裏目に出て、
2発浴びリードを広げられ、これで試合が決まりました。

カープは11安打で6得点
ヤクルトは9安打で3得点
しかも、初回と9回に4安打が集まり、2回から8回はわずか1安打に抑え込まれました。
最終回の反撃は、1点かえしてなおも満塁で見ごたえがありましたが、
今日は最後までバレンティン選手がボール球を振り回し過ぎましたね。

ルーキーの塩見泰隆選手を昇格いきなりスタメン、しかも5番で起用したのは、
結果的には、ちょと無理があったと思います。
塩見選手のデビュー戦は4打数ノーヒット2三振でした。
スタメンで使うにしても、最初は様子見で、下位でよかったように思います。

小川投手で初戦を落としたので、明日は負けられません。
ブキャナン投手の好投を祈ります。

by misty2011 | 2018-07-31 22:22 | 東京ヤクルトスワローズ
本日付で、育成選手だった古野正人投手が支配下登録されました。
おめでとうございます。嬉しいニュースですね!

スワローズ公式サイト 支配下選手登録のお知らせ

最近の写真はないので、これは2016年沖縄キャンプブルペンより
古野雅人投手 当時の背番号#40を再びつけることになりました。
e0222575_16285832.jpg


古野投手は2015年には27試合に登板し、4勝3敗でリーグ優勝に貢献しました。
しかし、2016年6月15日、神宮でのソフトバンク戦に先発した際、
4回、バント処理で転んだ時に右肩を負傷し、この回で降板となり抹消されました。
同年オフに育成契約となりましたが、長いリハビリを経て、
今季は2軍戦で結果を出し、晴れて支配下登録を勝ち取りました。
本当によかったです。おめでとうございます。

当時、テレビで肩を負傷したシーンは見ていましたが、
その時は、まさか、こんなに大きなケガとは思いませんでした。
投げられない期間は辛かったでしょうね。

2016年オフのファン感謝デーでは、尻相撲でヒップ・オブ・キングとして
見事に優勝したシーンを今でもよく覚えています。

当ブログ こちらこちら
e0222575_15225169.jpg



古野投手は、高校2年生までは遊撃手だったこともあり、
投げるだけじゃなく、バッティングもいいし、フィールディングもよくて、
身体能力の高い選手です。
再び2015年のような活躍をして、
ヤクルト弱体投手陣の救世主になってくれたらと願います。
今から、1軍のマウンドで投げる古野投手を楽しみにしています。

by misty2011 | 2018-07-30 14:52 | 東京ヤクルトスワローズ
台風一過で、東京は再び真夏の日差しが戻ってきました。

7連勝で借金を完済した東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から貯金生活と行きたいですね。
阪神との2戦目の先発は、ヤクルトが石川雅規投手、阪神はメッセンジャー投手
川端選手は今日もベンチスタートで、7番サードに藤井選手

試合経過は ニッカンスコア

初回から点の取り合いとなりました。

1回表、石川選手は先頭の糸原選手に左中間への2塁打を打たれ、
北條選手のセンター前ヒットを青木選手がファンブルする間に、
2塁ランナーが生還して早々と先制されます。0-1

2死後、福留選手にバックスクリーンに2ランホームランを放り込まれ0-3
石川投手はいつもより球が高く浮き、阪神打線にとっては打ちごろとなりました。

1回裏、先頭の坂口選手がライトへのヒットで出ると、
青木選手がライト線へのタイムリー2塁打を放ち、
坂口選手が1塁から一気に生還して1点返します。1-3

山田選手にセンターフライで青木選手がタッチアップして3塁へ進み1死3塁
バレンティン選手がセンターへ犠牲フライを運び2-3と1点差に

2回1死後、石川投手は梅野捕手にヒットを打たれ、
犠打と暴投で2死3塁となりますが、後続を打ち取ります。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回1死後、石川投手は、ロサリオ選手に藤井選手のグラブを弾くレフト前ヒットを打たれ、
2死後、福留選手に四球を与え2死1、2塁も、陽川選手を三振に仕留め3アウト

3回裏1死後、坂口選手がレフト前ヒットで出ます。
青木選手は空振り三振で2死となり、
山田哲人選手はショートゴロで3アウト

4回1死後、石川投手は梅野捕手に右中間フェンス直撃の2塁打を打たれ、
メッセンジャー投手は三振後、糸原、北條條選手に連続四球を与え2死満塁
ロサリオ選手に押し出しの四球を献上して2-4と2点差に
糸井選手は空振り三振で3アウト
押し出し四球の1点で踏みとどまりました。

4回裏、先頭のバレンティン選手が全力疾走でショート悪送球を誘い出塁
雄平選手はライト前ヒットで無死1、2塁
西浦選手は送りバントを2回ファール後、
バスター決行でライト前ヒットを放ち無死満塁
藤井亮太選手は三振で1死満塁となり、
中村悠平捕手もフルカウントから空振り三振で2死満塁
ここで、代打の畠山選手登場もカウント3-1から
ボール気味の高目を打ってサードフライに倒れ、無死満塁から1点もとれず3アウト
三人とも、最後の球は見逃せばボールでしたね・・・。

5回、ヤクルトは星知弥投手が登板
きっちり三者凡退に抑えます。今日はよさそうです。
カツオくんのあとだけに、阪神打線がストレートに押されています。

5回裏、先頭の坂口選手が四球で歩きます。
青木選手は叩きつけた打球がライトへの2塁打となり無死2、3塁
山田哲人選手はセンター返しのタイムリーヒットを放ち、
二者生還して4-4の同点に

これで、山田選手は8試合連続打点となりました。
チャンスにタイムリーが打てるようになって、
打席では、以前にはない落ち着きを感じます。
打てない時は、どうしようどうしようって不安な表情が多かったように思いますが、
今は、チャンスでどういうバッティングをすればいいのか、
きちんとした意識を持って打席に立っているように感じます。
ひとつ成長しましたね。

バレンティン選手はショートゴロで1死2塁
山田くんが、いいスタートを切っていたので併殺は免れました。
ちょっと走るまで待ってよ!息が合わないんだからこの二人は・・・。
雄平選手は見逃し三振で2死となり、西浦選手は四球で歩き2死1、2塁
藤井選手はショートゴロで3アウト
しかし、この回、山田くんの2点タイムリーヒットで同点に追いつきました。

6回、星投手続投
梅野、鳥谷選手を連続三振後、糸原選手に四球を与えますが、
北條選手をショートライナーに打ち取ります。

6回裏、阪神は桑原投手が登板
ヤクルトは三者凡退

7回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
二者連続三振後、福留選手に四球を与えますが、
陽川選手を空振り三振に仕留め3アウト

7回裏、阪神は藤川球児投手が登板
青木選手はショートライナー。山田、バレンティン選手は空振り三振で3アウト
藤川投手のストレートが戻って来ていますね。

8回、ヤクルトは風張蓮投手が登板 中止を挟んで4連投
先頭の俊介選手に四球を与え送りバントで1死2塁
中谷選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ4-5と勝ち越しを許します。
インコースを続けすぎたでしょうか?
1死1塁で、糸原選手はサードライナー。藤井選手がよく反応して捕りました。
北條選手は空振り三振で3アウト

8回裏、阪神は藤川投手が続投
2死後、藤井選手が四球で歩きます。
中村捕手が初球を打ってセンター前ヒット、2死1、3塁となります。
ここで、代打の川端選手を送りますが、ショートライナーに倒れ得点ならず。
抜けたかと思いましたが、北條選手にジャンピングキャッチされました。

9回、ヤクルトはウルキデス投手が登板
先頭のロサリオ選手にレフトへヒットを打たれ、代走は大山選手
代打・岡崎選手の送りバントを藤井選手が2塁へ送球も送球がそれ1死1、3塁となり、
続く福留選手にレフトオーバーのタイムリー2塁打を浴び4-6
なおも1死2、3塁で、陽川選手は四球で1死満塁
俊介選手はセンターライナーで青木選手がナイスキャッチ
1死満塁となり、梅野捕手に前進守備のセカンド頭を越えるタイムリーヒットを打たれ
4-7と3点差に


ここで、ヤクルトは中尾投手に交代
中谷選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ4-8
なおも満塁から糸原選手に押し出しの四球を献上して4-9
北條選手にライトへ犠牲フライを運ばれ4-10

2死1、2塁で、大山選手を空振り三振に仕留め、ようやく3アウト

しかし、9回に一挙5点奪われ4-10、追いつくには厳しい展開となりました。

9回裏、阪神はドリス投手が登板
坂口選手はショートゴロ
青木選手はレフト前ヒット、今日3安打猛打賞!代走は上田選手
山田選手もレフトへのヒットで続き1死1、3塁
バレンティン選手は空振り三振で2死となり、
ドリス投手の暴投で山田選手は2塁進みへ2死2、3塁
最後は雄平選手がショートゴロに倒れゲームセット

ヤクルトは4-10で阪神に敗れ、連勝は7で止まりました。
一昨日に5割復帰したばかりでしたが、再び借金1となりました。

先発の石川投手は4回を投げ6安打4失点
今日は球が高く、本来の低めに投げるピッチングが出来ませんでした。

2番手の星知弥投手は2回を投げ、出したランナーは四球の一人だけ
ストレートが走っていてよかったです。
負けの中でも、今日の明るい材料ですね。

近藤投手もナイスピッチング!

しかし、風張投手が先頭を四球で出したところから1失点して勝ち越されると、
9回はウルキデス投手が3安打1四球でエラーもあって5失点(自責は3)
中尾投手もヒットと押し出し四球で、9回に一挙5失点。これで試合が決まりました。

打線は初回に青木選手のタイムリー2塁打と
バレンティン選手の犠牲フライで1点差に。
この後、石川投手がさらに追加点を奪われますが、
5回に、山田哲人選手の2点タイムリーヒットで同点に追いつきます。

その後もチャンスはありましたが、あと1本が出ず、得点は4点のままでした。
10安打で4得点、残塁は10となり、拙攻が目立ちました。

坂口選手がマルチヒット
青木宣親選手が3安打猛打賞で1打点
山田哲人選手がマルチヒットで2打点
バレンティン選手が犠飛の1打点でした。

3安打猛打賞の青木宣親選手 9回は守備でも好守を見せました。
その時、肩を打ったようですが大丈夫でしょうか?
e0222575_9303163.jpg



ヤクルトは終盤の継投が上手く行かなかったですね。
風張投手は連投が続いていて、まあ仕方ない面はありました。

ただ、9回のウルキデス投手が誤算でしたね。
初登板は無失点に抑えましたが、2回目となる登板の今日は散々な結果でした。
スピードがあるわけではなく、変化球も特にこれと言ったものがなく、
勝ち継投でも、接戦でも使うのは厳しい感じがしましたね。
打たれてから中尾投手を投入しましたが、それなら頭からでもよかったでしょうね。

接戦になるとブルペンの投手起用が難しくなりますが、
やはりあと最低一人は信頼できる中継ぎ投手が必要でしょうね。
その意味では、今日の星投手の好投は、今後のリリーフ陣に明るい希望が持てました。

連勝は止まりましたが、次は勝って連敗を続けないよう、それが何より大事です。
次のカープ戦は絶対に勝ち越しましょう。

by misty2011 | 2018-07-29 22:48 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワロ―ズは7連勝で、ついに借金を完済して勝率5割に戻しました。
さらに連勝は伸びそうな勢いですね。

あいにく、今日は台風接近で、神宮の阪神戦は中止となり試合がありません。
阪神は岩貞投手の先発だったので、流れてくれてホッとした部分もあります。
明日の予告先発は、石川雅規投手vsメッセンジャー投手です。

試合がないので、
今日はここまで87試合を消化した東京ヤクルトスワロ―ズの選手の中で、
2018シーズンの投手部門、打者部門でタイトル獲得の可能性がある選手を予想してみます。
気が早すぎますが、既に6割以上の試合を消化しているので、期待値を込めての予想です。

まずは、タイトル獲得の可能性が高い打撃部門から(7月27日終了時)

◇本塁打
1位は、バレンティン、山田哲人選手が24本で並んでいます。
以下、筒香嘉智選手が22本、丸佳浩選手が21本、岡本和真選手が18本と続きます。
バレンティン、山田哲人、筒香嘉智選手のホームラン王争いかと思われますが、
不気味なのはカープの丸佳浩選手です。
ケガで1か月近く抹消されていて出場試合が少ないにもかかわらず、
68試合で21本のホームンランを打っています。
約3試合に1本のハイペースですね。
もしも、このペースで打ち続けると、上位3選手を抜き去る可能性は大いにあります。
広島戦を多く残すヤクルト投手陣は、丸選手に一発を浴びないようお願いします。
ヤクルトの場合、いつもタイトル争いでは、
ライバルより、自軍の投手陣に妨害される傾向がありますからね。

◇打点
バレンティン選手が現時点で78打点でダントツの数字をあげていて、
2位のビシエド選手が58打点、3位タイの坂本勇人、岡本和真選手の56打点なので、
20打点以上引き離しています。
ケガで離脱など余程のことがない限り、
バレンティン選手が初の打点王のタイトルを獲得すると思われます。

◇打率
現在1位は中日の平田良介選手で、打率.3310
2位は坂本勇人選手で.3282 3位は丸佳浩選手で.3243
そして、グングン打率をあげているのが青木宣親選手で、
現在 .3143 で、チームトップ、リーグ4位まで上げてきました。
5位は昨年の首位打者・宮崎敏郎選手で.3115
一時は首位打者に立っていた坂口智隆選手は、
調子が下降気味で8位.3058、まで落ちてきました。
休養を取りながらであれば、また盛り返す可能性もありますが、
ちょっと厳しいかもしれません。
ということで、上位5選手から首位打者は決まるような気がします。

※この記事を書いている途中で、
平田選手が左手小指に死球が当たり負傷交代となりました。
その後の状態が心配ですね。離脱となれば、初タイトルが遠のきます。
追記 大事に至らず、打撲で翌日から試合に出ています。

◇盗塁
盗塁は山田哲人選手が現在22盗塁で2位以下を6個以上離しています。
脚などのケガがない限り、3度目の盗塁王の可能性は極めて高いでしょうね。
パ・リーグはハイレベルの争いになっているので、セ・リーグでよかったと思います。

◇出塁率
丸佳浩選手が、今のところ5割近い.495の高出塁率で他を引き離しています。
2位は山田哲人選手の .432  3位は坂本勇人選手で.418
出塁率は、打率はもちろん、四球をどれだけ選ぶかにかかっているので、
選球眼の良さも必要です。
一応、本命は丸選手で、山田哲人選手の打率がさらに上がり、
四球も増えれば、丸選手を脅かすことはできるかもしれませんね。

◇最多安打
現在、坂本勇人選手が107安打で1位ですが、脇腹を痛めて離脱しているので、
その間に2位以下の選手に抜かれそうですね。
2位は105安打の宮崎敏郎選手と岡本和真選手
4位は99安打の山田哲人、アルモンテ選手が並び
6位は98安打の平田良介、大島洋平選手となっています。
流動的なので、まだ何とも言えません。
山田哲人選手が、ここまで安打数を上げてきているとは思いませんでした。

なお、山田哲人選手のトリプルスリーや「40-40」
また、「最多得点」などは、タイトルではないので、ここでは触れません。


ここからは投手部門です。
◇ホールドポイント(HP)=ホールド数+救援勝利数
2005年から、セ・リーグ、パ・リーグ共通のタイトルとして、
ホールドポイントが最も高い投手が「最優秀中継ぎ投手」のタイトルに選出されています。

私は山田哲人選手をメインにデータサイトをチェックしているんですが、
(山田選手が不調の時は見ません)
気がつけば、何と近藤一樹投手が27日終了時点で、
23ホールドポイントで、DeNAのパットン投手、広島のジャクソン投手と並んで
リーグトップタイになっていました。

近藤一樹投手は、中尾輝投手と並び登板数もリーグ1位タイの43試合となっていて、
(同じく43登板数は砂田毅樹、鈴木博志投手)
ヤクルトの試合数の約半分の試合に投げています。
感覚的には、もっと投げているようなイメージですよね。

ヤクルトは、先発投手陣で完投できる投手が少なく、
リリーフ陣にしわ寄せが行き、登板過多で負担が大きくなっていますが、
ここまで来たら、ぜひ近藤一樹投手にはHPのタイトルを狙ってほしいですね。

躍動感あるピッチングフォーム、キレのある球も素晴らしいですが、
何より、強い気持ちが伝わる投げっぷりには、いつも心打たれます。
たとえ打たれても、コンちゃんなら仕方ないと思います。

e0222575_15434158.jpg



守護神・石山泰稚投手の最多セーブは、今のところ厳しいですね。
1位の中崎翔太投手が24セーブ、山崎康晃、ドリス投手が21セーブで、
石山投手は17セーブと差があります。

そのほか、先発投手陣だと、最多勝や最優秀防御率などのタイトルがありますが、
ヤクルト先発投手で規定投球回数に達している投手はブキャナン投手だけで、
前半戦に比べると調子を落としているので、どの部門のタイトルも厳しいと思います。

カラシティー投手が6勝0敗3セーブで、最高勝率が狙えそうかと思いましたが、
最高勝率は「シーズン13勝以上を挙げた投手のうち、勝率が最も高い投手」
との条件があるので、13勝するのはかなりハードルが高いですね。

現時点では、投手陣の中では、
近藤一樹投手の最多HP=「最優秀中継ぎ投手」のタイトルが
最も手が届きそうです。
酷使に報いるためにも、ぜひタイトルをとらせてあげたいと思います。

by misty2011 | 2018-07-28 17:03 | 東京ヤクルトスワローズ
6連勝で、ついに借金が1となった東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から神宮に阪神タイガースを迎えての3連戦
あいにく台風接近で、明日の試合開催は危ぶまれています。
今日勝って、借金を完済させたいですね。

初戦の先発は、ヤクルトがカラシティー投手、阪神は小野泰己投手
スタメンは昨日はベンチだった坂口選手が1番ファーストに入り、
藤井選手が7番サードで、川端選手は今日もベンチスタート

試合経過は ニッカンスコア

選手公示では、大下佑馬投手が抹消され、新外国人のウルキデス 投手が上がってきました。

初回、カラシティー投手は内野安打と四球でランナーを出しますが、無失点に抑えます。
微妙なところをストライクに取ってもらえず、球数が増えました。

1回裏1死後青木選手がヒットで出塁も、山田哲人選手が空振り三振、
2塁へ走った青木選手はタッチアウトの三振ゲッツ―で3アウト

2回、陽川選手にヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

2回裏、先頭のバレンティン選手がレフトスタンドにリーグ単独トップとなる
24号ソロ弾を放り込みヤクルトが先制 1-0

低めのスライダーを上手く拾ってスタンドへ運びました。
雄平選手は四球で歩きますが、西浦選手がショートゴロ併殺打で2死ランナーなし
藤井選手はサードゴロで3アウト

3回、カラシティー投手は先頭の糸原選手に右中間への2塁打、
北條選手にセンターへのヒットを打たれ、
福留選手にレフト前にタイムリーヒットを運ばれ、3連打で同点に追いつかれます。1-1

糸井選手には四球を与え無死満塁の大ピンチ
ロサリオ選手のショートゴロで3塁走者が生還して1-2と勝ち越されます。
この打球、西浦選手がファンブルして併殺が取れず1死1、3塁
ナバーロ選手はショートゴロ併殺打で3アウト

3回裏、ヤクルトは三者凡退

4回、カラシティー投手は初めて三者凡退に抑えます。

4回裏1死後、山田選手が四球で歩きます。
小野投手のけん制悪送球で2塁へ進み、バレンティン選手も四球で1死1、2塁
雄平選手はファーストゴロで2死1、3塁
つづく西浦選手がショート後方センター前にタイムリーヒットを放ち2-2の同点に
再び2死1、3塁となりますが、藤井選手はピッチャーゴロに倒れ同点どまり

5回2死後、カラシティー投手は福留選手にセンター前ヒットを打たれ、
福留選手がスタートを切り、糸井選手のショート内野安打で2死1、2塁
このあと、ロサリオ選手をサードゴロに打ち取り3アウト

5回裏、カラシティー投手がレフトスタンドへ来日初ホームランを叩き込み
3-2と勝ち越します。

これにはびっくりしました!!
高目のストレートを強振しました。主砲の一振り、ナイスホームラン!

6回、カラシティー投手は先頭のナバーロ選手にレフトへのヒットを打たれ、
陽川選手に死球ををぶつけ無死1、2塁のピンチ
原口捕手はショートゴロで併殺とれず1死1、3塁
このあとワイルドピッチで1死2、3塁となり、
つづく代打・鳥谷選手はファーストゴロで、
飛び出した3塁ランナーを三本間で挟殺して2死1、3塁
糸原選手は四球で2死満塁のピンチ
ここで、北條選手をファーストフライに打ち取り無失点で切り抜けます。
よく踏ん張りました!

6回裏、阪神は望月投手に交代
山田選手はショートゴロ
バレンティン選手は三遊間を破るヒット
雄平選手はライト前ヒットで1死1、2塁
ここで、西浦選手がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち二者生還して5-2と3点差に
いいね~西浦選手!今日ここまで2適時打3打点と勝負強さが光ります。

藤井選手もライト前ヒットで続き、2盗を決め1死2、3塁
このあと、3塁ランナー西浦選手が原口捕手のけん制で帰塁が間に合わず
タッチアウトとなり2死2塁
中村捕手は空振り三振で3アウト

7回、ヤクルトは中澤雅人投手が登板
福留、糸井を打ち取り、2死後、ロサリオ選手にセンター前ヒットを打たれますが、
ナバーロ選手をセンターフライに打ち取り3アウト
左3人をきっちり抑えます。連日、地味ながらいい働きをしています。

7回裏、阪神は能見投手が登板
1死後、坂口選手がレフト前ヒット
青木選手はピッチャーゴロ併殺打で3アウト
うわ~、能見さんを得意の山田くんに回してほしかった・・・。

8回、ヤクルトは3連投の風張蓮投手が登板 センターに坂口、ファーストに谷内選手
先頭の陽川選手の左中間への飛球を坂口選手が好捕して1死
原口捕手は三振、伊藤隼太選手はセカンドゴロで3アウト。
今日も堂々たる投げっぷりでした。

8回裏、阪神は桑原投手が登板
先頭の山田選手がレフトスタンドに24号ソロ弾を放り込み6-2と突き放します。
いやいや、能見さんじゃなくても打てました♪
これでバレンティン選手に並びました。
しかも7試合連続打点!山田くんの勢いが止まりません。
明日は死球に要注意です!!

バレンティン選手もライト前ヒットで続き、代走は上田選手
雄平選手はサード悪送球で無死1、3塁から、雄平選手は2盗して無死2、3塁
1死後、藤井選手のファーストゴロの間に3塁ランナー上田選手が生還して7-2
中村捕手は死球で歩き2死1、3塁となり、
谷内選手がライト前タイムリーヒットを放ち8-2

6点リードとなり、9回は新加入のウルキデス 投手が初登板
センターに上田、レフトに坂口選手
先頭の糸原選手にセンター前ヒットを打たれますが、
北條選手をセンターフライに打ち取り、福留選手は見逃し三振
最後は糸井選手をショートフライに仕留めゲームセット

ヤクルトが8-2で阪神に圧勝し、
7連勝で借金を完済して勝率5割に戻しました。


いや~、マジでヤクルトが強いですね。嬉しすぎます♪

先発したカラシティー投手は、6回を投げ8安打されますが2失点にまとめました。
何度もピンチはありましたが、粘り強く投げましたね。
投げるだけじゃなく、勝ち越しとなった来日初ホームランが見事でした。
どこの主砲かと思うほど鋭い弾丸ライナーでしたね。
自らを勝利に導く大きな援護点となりました。

e0222575_163169.jpg


リリーフ陣は、今日も細かい継投で無失点リレー
連日、ホントによく投げています。ご苦労様です。
点差があったので、今日は中尾ー近藤ー石山投手を休ませることが出来て何よりです。

そして、最後は初登板の新外国人ウルキデス 投手が無失点で締めました。
まだどんな投手かわかりませんが、上々の初登板でした。

打つ方は12安打で8得点
ホームランが3発飛び出し、
バレンティン選手が先制の24号ソロ弾など3安打猛打賞
カラシティー投手が来日初ホーマー。これが勝ち越し弾となりました。
そして、山田哲人選手が7試合連続打点となる24号ソロホームラン

西浦直亨選手は、今日はチャンスに併殺打や、打球を弾いて併殺が取れなかったり、
3塁でけん制アウトになるなど、いろいろやらかしもありましたが、
2適時打で3打点とミスをバットで取り返しました。

ヤクルトは7連勝で勝率5割に戻したので、
明日からはさらに連勝を伸ばして貯金生活をスタートさせましょう!
なんだか負ける気がしなくなりましたね。
最近は逆転勝ちが多く、少々失点しても取り返すだけの攻撃力があります。

明日先発の石川投手には、早めの援護をお願いします。
いろいろ因縁のある岩貞投手には負けるわけには行きません。
ただ、台風の進路が気になりますね。

by misty2011 | 2018-07-27 22:01 | 東京ヤクルトスワローズ
読売ジャイアンツに連勝して、5連勝でリーグ2位に浮上した東京ヤクルトスワロ―ズ

3戦目の先発は、巨人がメルセデス投手、ヤクルトは原樹理投手
スタメン1番には、坂口選手が外れ、サード谷内選手。
ということで、川端選手もベンチスタート
坂口、川端選手は、おそらく休養日だと思いますが、
二人同時のベンチとは、ちょっとびっくりしました。
5番はライト雄平選手で、6番にファースト畠山選手

試合経過は ニッカンスコア

初回1死後、青木選手がショート内野安打で出ます。
山田選手のショートゴロで2死2塁。バレンティン選手は四球
雄平選手はサード内野安打で2死満塁も、畠山選手が見逃し三振で先制ならず。

1回裏、原樹理投手は先頭の長野選手に四球を与えます。
吉川尚選手のサードへの強い打球は谷内選手が好捕して1死となりますが、
マギー選手にセンター前ヒットを打たれ1死1、2塁
岡本選手は打ち取りますが、
亀井選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。0-1
陽選手は空振り三振で3アウト

原樹理投手は、課題の立ちあがりに先頭に四球を出したところから、簡単に失点しました。
初回は球が高目に浮き、コースも甘めでした。

2回、ヤクルトは三者凡退

2回裏、原樹理投手は三者連続三振に仕留めます。
前の回から四者連続三振
毎度ながらビハインドになると好投します。

3回、ヤクルトは1番からの攻撃も三者凡退

3回裏1死後、原樹理投手は吉川尚選手にライトへのヒットを打たれますが、
後続を抑えます。

4回、ヤクルトはあっさり三者凡退

4回裏、巨人も三者凡退

5回、ヤクルトはこの回も三者凡退。打てそうにありません。

5回裏、原樹理投手は先頭の宇佐美捕手にセンター前ヒットを打たれます。
メルセデス投手は送りバントを決め1死2塁
長野選手は三振で2死2塁となり、吉川尚選手は痛烈なセカンドライナーで3アウト
危ない打球でしたが、山田選手がナイスキャッチ

6回、ヤクルトは3巡目に入り1番からの打順
谷内選手はサードのグラブを弾く打球でしたが、足が遅くて1塁アウト
青木選手は初球を打ち上げライトフライ
山田選手もライトフライで3アウト。打てませんね。

6回裏、巨人3番からの攻撃
原樹理投手は2死後、亀井選手に四球を与え2盗を許しますが、
陽選手をライトフライに打ち取ります。

7回、ヤクルトはこの回も三者凡退

7回裏、巨人も三者凡退 試合が動きません。

8回、前の打席で左手がしびれたようですが、メルセデス投手続投
先頭の西浦選手が三遊間を破るヒットで出ます。
初回の内野安打以来のヒットです。
中村捕手は送りバントで1死2塁
ここで、原樹理投手の代打の川端選手は初球を打ってセンターフライに倒れ2死となり、
谷内選手はセカンドゴロで3アウト
メルセデス投手は、ここまで20イニング無失点

8回裏、ヤクルトは昨夜のヒーロー風張蓮投手が登板
サードに川端選手が入ります。
昨夜のピンチと同じ打順で、長野選手は空振り三振に仕留めますが、
吉川尚輝選手にライト前ヒットを打たれます。
マギー選手はライトフライで2死となり、
岡本選手もライトフライで3アウト。今日もナイスリリーフ!

9回、巨人はマシソン投手が登板
まだマシソン投手の方が何とかなりそう??
先頭の青木選手はセカンドゴロ
山田選手はライト前ヒットで出ます。ナイスバッティング!
さあ、走れ~!
初球から走って2盗成功!22個め
バレンティン選手はショートゴロで、山田選手は3塁へ走り2死3塁
ここで得点圏打率4割の雄平選手
雄平選手は、センター前に落ちるタイムリーヒットを放ち、
土壇場でついに1-1の同点に

詰まった当たりがいい所に落ちました。
ナイス雄平!!!やっぱり頼りになります。
代走に比屋根選手を送り、2盗成功
2死2塁で畠山選手に期待もファーストゴロに倒れ同点どまり

9回裏、ヤクルトは昨日1日だけ休養をとった近藤一樹投手が登板
ライトに比屋根選手(ちょっと怖い)
近藤投手は、きっちり3人で片付けます。

1-1の同点で延長戦に入ります。

10回、巨人は澤村投手が登板
先頭の西浦選手が粘ってライトフェンス直撃の2塁打で出ます。
ナイスバッティング!
中村捕手は送りバントを打ちあげますが、澤村捕手が落とし1死3塁
川端選手はショートゴロで3塁ランナー生還できず2死3塁
代打の坂口選手はセカンドゴロに倒れ勝ち越しならず。

10回裏、ヤクルトは大下佑馬投手が登板
先頭の重信選手に四球を与えます。これはマズい。
吉川大幾選手は送りバントで1死2塁
長野選手は四球で1死1、2塁

ここで、ヤクルトは中澤投手に交代
巨人は当たっている吉川尚選手に代打の阿部慎之助選手を送ります。
吉川選手の方がイヤでしたけどね。
阿部選手はレフトフライで2死となり、
代打・石川慎吾選手のところでヤクルトは星知弥投手に継投
石川選手をショートゴロに打ち取り3アウト

11回、巨人はトリプル100達成の上原浩治投手が登板
先頭の青木選手がライト線への2塁打で出塁
山田選手はセンターへのタイムリーヒットを放ち2-1と勝ち越します。
これで6試合連続打点!最近はチャンスでタイムリーが出ています。
バレンティン選手はライトフライ、比屋根選手はバント失敗で2死1塁となり、
畠山選手の打席で、山田選手の2盗を小林捕手に刺され3アウト
2個目の盗塁失敗となりました。
しかし、この回、山田くんのタイムリーで貴重な勝ち越し点が入りました。

e0222575_956171.jpg


11回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
比屋根選手がレフト、上田選手がライトに入ります。
先頭の岡本選手に四球を与え、亀井選手はレフトフライで1死1塁
陽選手はあわやサヨナラ弾かという大飛球も
レフトフェンス際で比屋根選手が捕って2死。神宮なら・・・
最後は田中俊太選手をレフトフライに打ち取りゲームセット

ヤクルトが2-1のロースコアで延長戦を制し、連勝を6に伸ばしました。

10回裏に投げた星知弥投手が今季初勝利をあげました。おめでとうございます。

先発の原樹理投手は初回の1失点のみで、その後は好投しました。
9回に同点に追いつき、黒星が消えたのはよかったです。
次は、どうか勝ち星がつきますように!

8回からは細かい投手継投で、サヨナラのピンチはありましたが、何とかしのぎました。
最後は石山投手が締め、これでヤクルトは怒涛の6連勝!
特に、終盤に強く、粘り強い見事な戦いぶりですね。

まあ、いろいろラッキーな面はありました。
メルセデス投手が続投なら得点できたでしょうか?
吉川尚選手に阿部選手の代打は、正直助かったかもしれません?

連勝中のチームと連敗中のチームでは、采配面でも明暗分かれたような気がします。

打つ方は、とにかくメルセデス投手を打てませんでした。
制球がよく、ストレートも変化球も低めに集まり、
ヤクルト打線は攻略の糸口が見つかりませんでした。
次回までには対策をお願いします。

しかし、よく勝てましたね。
1点を追う9回、マシソン投手から山田哲人選手がヒットで出て2盗
これが効きましたね~!
走ってなかったら、バレンティン選手のショートゴロ併殺打でゲームセットでしたからね。
この後、2死3塁から勝負強い雄平選手がセンター前に同点打!

さらに、延長サヨナラを切り抜けると、
11回、青木選手が2塁打後、山田選手がセンター前タイムリーヒットを放ちこれが決勝打!
最近は、チャンスで、しかも試合を決める一打を打ってくれるのが何より嬉しいです。

投手陣は連投や酷使で大変なことになっていますが、
とにかく勝つことで少しでも疲れが取れることを願います。
明日からは神宮に戻って阪神との3連戦。さらに連勝を伸ばしたいですね。
誰もぶつけられませんように!

by misty2011 | 2018-07-26 22:21 | 東京ヤクルトスワローズ
倉敷で読売ジャイアンツに勝ち4連勝と好調の東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から京セラドーム大阪に移動して2戦戦います。

先発は巨人がヤングマン投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンは右投手用のオーダーで雄平選手が5番に入りました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは1死後、青木選手が四球で歩き、山田選手は三振で2死
バレンティン選手はセンターへのヒットで2死1、3塁も、
雄平選手がショートゴロで3アウト

1回裏、ブキャナン投手は、長野久善選手にバックスクリーン左へ飛び込む
先頭打者ホームランを浴び、早くも1点先制されます。0-1


2回、先頭の川端選手がピッチャー強襲の内野安打で出ます。(左手首に当たりました)
1死後、中村悠平捕手がレフトへのヒットを放ち、1塁から川端選手がホームに突入しますが、
レフトから中継を経た好返球にタッチアウトとなります。
次が投手なので、河田コーチがおそらく回したんじゃないかと思いますが、
川端選手の走力では厳しかったですね。
2死2塁となりますが、ブキャナン投手は三振で3アウト

2回裏2死後、ブキャナン投手は田中俊太選手にヒットを打たれますが、
後続を抑えます。

3回1死後、青木選手が四球で歩きます。
山田選手はライトフライでランナー進めず2死となり、
バレンティン選手はレフト前ヒットで1死1、2塁
雄平選手はセカンド内野安打で1死満塁とチャンス拡大も、
川端選手はファーストゴロに倒れ得点なりません。
今日もここまで残塁が目立ちます。

3回裏1死後、ブキャナン投手は長野選手にセンター前ヒットを打たれ、
吉川尚選手はショートゴロで2死2塁
マギー選手はショートライナーで3アウト

4回、ヤクルトは三者凡退

4回裏、ブキャナン投手は先頭の岡本選手に四球を与え、
亀井選手にライト前ヒットを打たれ無死1、3塁
陽岱鋼選手のサードゴロで、3塁ランナーが生還して0-2
このあと、後続は抑えます。

5回、ヤクルトは1番からの攻撃
先頭の坂口選手がセンターへのヒットで出ます。
青木選手はレフト前ヒットで無死1、2塁
ここで、山田選手はレフト前にタイムリーヒットを放ち1-2
ナイスバッティング!
なおも無死1、2塁で、
バレンティン選手がレフトスタンドへ23号特大3ランホームランを叩き込み
4-2と逆転します。
ナイスココ~!

雄平選手はショート内野安打で1死1塁。(リクエストも1塁セーフ判定通り)
川端選手はセカンドゴロも田中選手の悪送球で無死1、3塁となり、
つづく西浦選手がレフトへ犠牲フライを運び5-2
中村捕手はショートゴロ併殺打で3アウト
なかなか点が取れませんでしたが、5回に長短打5連打、
犠飛もあって一挙5得点で試合をひっくり返しました。

5回裏1死後、ブキャナン投手は長野選手にレフトへの2塁打を打たれ、
吉川尚輝選手にライトへタイムリーヒットを打たれ5-3となります。
マギー選手には四球を与え1死1、2塁のピンチも、
岡本選手をショートゴロ併殺打に仕留め3アウト。これは助かりました。
ブキャナン投手、雄たけびをあげガッツポーズ!

6回、巨人は吉川光夫投手が登板
2死後、青木選手がレフト前ヒット、山田選手は四球で歩き2死1、2塁
バレンティン選手は見逃し三振で追加点ならず。

6回裏、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

7回、吉川投手続投
1死後、川端選手がレフトへのヒットで出塁
西浦選手はライト前ヒットで1死1、3塁
中村捕手はセーフティースクイズを決め、岡本選手のフィルダースチョイスとなり
6-3と3点差に


7回裏1死後、ブキャナン投手は先頭の代打の重信選手にライトへの2塁打を打たれ、
あと3塁打でサイクルの長野選手はセカンドゴロで2死3塁
つづく吉川尚輝選手にライトフェンス直撃のタイムリー3塁打を打たれ
6-4と2点差に

マギー選手は四球で2死1、3塁

ここで、ブキャナン投手は降板となり、2番手で大下投手が登板
岡本和真選手に三週間を破るタイムリーヒットを打たれ6-5と1点差

2死1、2塁となり、ヤクルトは中澤投手に継投
亀井選手を1球でセカンドゴロに打ち取り3アウト。ナイスリリーフ!

8回、巨人は澤村投手が登板
青木選手はライトフライ
山田哲人選手はサードゴロ
バレンティン選手は空振り三振で3アウト

8回裏、ヤクルトは中尾輝投手が登板
サードに藤井、ファーストに川端、ライトに坂口選手が入ります。
先頭の陽選手にセンター前ヒットを打たれ、
田中選手に四球を与え無死1、2塁
大城捕手は送りバントを決め1死2、3塁となり
代打・阿部慎之助選手もストライクが入らず四球を与え1死満塁

ヤクルトは風張蓮投手に交代し
長野選手はショートゴロでホームフォースアウトとなり2死満塁
吉川尚選手もショートゴロに打ち取り、無失点で切り抜けます。
このピンチを落ち着いてよく抑えましたね、メンタル半端ないって、風張投手!
リリーフにはこういうクソ度胸が大事だって改めて思いました。

9回、巨人は中川投手が登板
ヤクルトはあっさり三者凡退

1点リードで9回裏は石山泰稚投手が登板
2死後、亀井選手にライト前ヒットを打たれますが、
最後は陽選手をショートゴロに打ち取りゲームセット!

ヤクルトは6-5の1点差で逃げ切り、これで5連勝となりました。

先発のブキャナン投手は7回途中まで投げ8安打5失点と、フラフラの投球でした。
打線の援護で何とか7回途中まで持ちこたえたって感じでした。

あとをつないだリリーフ陣は、出来不出来が対照的でした。
大下投手は岡本選手にタイムリーを打たれ1点差まで追い上げられましたが、
3番手の中澤投手が亀井選手を1球で打ち取ったのは大きかったですね。

4番手の中尾投手はストライクが入らず苦しいピッチングでピンチを招きます。
1死満塁の絶対絶命の大ピンチに、
風張蓮投手が、当たっている長野、吉川尚選手をショートゴロに打ち取り
無失点で切り抜けます。
今日の勝利をもたらしたのは風張投手のナイスリリーフでしたね。
戸田で抑えを経験した強いメンタルが、ここぞの場面で発揮できました。
ふてぶてしく見える顔はダテじゃありません。
肝っ玉の据わった度胸満点の投球でした。

e0222575_20593456.jpg


今日は4連投の近藤一樹投手を休ませることになり、
風張投手が見事にその代役を果たしてくれましたね。
ありがとうございます。男をあげましたね~!

打つ方は、ヤクルトは先発野手全員安打の13安打(訂正)で6得点
残塁が10もあり、昨日に続き得点効率はよくありませんでした。
もう少し上手い試合運びをしてほしいものです。

しかし、バレンティン選手の超特大23号3ランが効きましたね。
これで逆転して、その後もお互い点を取りましたが、
何とか1点差で逃げ切る薄氷の勝利でした。

e0222575_114633.jpg


バレンティン選手が3ラン含む3安打猛打賞3打点
青木、雄平、川端選手がマルチヒット
山田哲人が適時打、中村悠平捕手がスクイズで1打点でした。

明日は原樹理投手の先発
連勝をさらに伸ばしたいですね。好投を祈ります。

by misty2011 | 2018-07-25 23:16
神宮で中日ドラゴンズに3連勝した東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から読売ジャイアンツとのビジターゲーム3連戦
初戦は倉敷マスカットスタジアム、2、3戦目は京セラドーム大阪で戦います。

倉敷は、今回の西日本豪雨で、河川の氾濫などで甚大な災害があった地域、
心よりお見舞い申し上げます。
幸いマスカットスタジアムは被災を免れ、
今日の試合を開催できたのは、不幸中の幸いかと思います。
試合前には募金活動などあり、またスタンドには被災地の子供たちが招待されました。
プロ野球が、少しでも地元の皆さんの復興への力となればと願います。

先発は巨人が内海哲也投手、ヤクルトは小川泰弘投手
スタメンは左投手用のいつものオーダー

選手公示では、昨日ハフ投手が抹消され、本日、比屋根渉選手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア

ヤクルトは初回、青木選手がヒット、バレンティン選手は四球でランナーを出しますが、
得点ならず。
2回は、先頭の川端選手がヒットも、西浦選手がショートゴロ併殺打でチャンスを潰します。

2回裏、小川投手は先頭の亀井選手をショートゴロに打ち取りますが、
西浦選手の悪送球で無死2塁のピンチ
このあと2死3塁となり、大城捕手は申告敬遠で2死1、3塁として、
内海投手をセカンドゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。

3回2死後、青木選手がショート内野安打で出ると、
山田哲人選手が左中間スタンドに23号2ランホームランを放り込み
ヤクルトが先制!2-0

山田選手は、自身初の4試合連続アーチとなり、リーグ単独トップに躍り出ました。
バレンティン、畠山選手もレフト前ヒットで続きますが、川端選手はセンターフライで3アウト

3回裏、小川投手は巨人1番からの攻撃を3人で片付けます。

4回1死後、中村悠平捕手が3号ソロホームランをレフトスタンドに運び3-0
小川投手もセンターへのヒットで続き、坂口選手はライト前ヒットで1死1、2塁
このあと、青木選手はセンターフライ、山田選手はセカンドフライで3アウト

4回裏1死後、小川投手は亀井選手に四球を与えますが、
陽選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト

5回、先頭のバレンティン選手がレフトへのヒット、亀井選手が弾いて2塁へ進みます。
1死後、川端選手はサードゴロで1塁アウト
3塁に走ったバレンティン選手もタッチアウトとなるダブルプレーで3アウト

5回裏1死後、小川投手は大城捕手にセンター前ヒットを打たれますが、
後続を抑えます。

6回、巨人は野上投手が登板
西浦選手が四球で歩き、中村捕手が送りバントを決め1死2塁
しかし、小川、坂口選手が倒れ3アウト

6回裏、小川投手は、先頭の吉川尚選手をセカンド山田選手が弾いくエラーで出します。
強い打球でしたが正面でしたからね。
山田くん、10個目のエラー。エラーが多すぎ、リーグワーストです。
前回も小川投手の時にエラーをやらかしています。
マギー選手は三週間を抜けるヒットを放ち無死1、3塁とピンチが広がります。
つづく岡本選手に3塁線を抜けるタイムリーヒットを打たれ3-1
この打球、川端選手では止めるは無理でしたかね?
なおも無死2、3塁で亀井選手は空振り三振に仕留めようやく1死
ここで、陽岱鋼選手にレフトへタイムリーヒットを浴び二者生還します。
2塁ランナー岡本選手のホームインが、リクエストによるリプレー検証となり、
判定が覆り岡本選手はホームタッチアウトとなり3-2


なおも2死2塁で田中俊太選手の打席で、
中村捕手にファールチップが当たり、一旦ベンチに下がり手当てを受けプレー続行
最後は、田中選手をピッチャーゴロに仕留め2失点で切り抜けます。

7回、野上投手続投で、先頭の青木選手がライトへの2塁打で出塁
さあ~エラーをバットで取り返せ!
山田選手はセンター前にタイムリーヒットを運び4-2と2点差に
よかった~タイムリーが出て!

無死1塁で、バレンティン選手はサードゴロ併殺打で2死ランナーなし
ちょっとちょっと、山田くんが走るまで待ってよ!
畠山選手はライトフライで3アウト

7回裏、小川投手は続投 ライトに上田、レフトに坂口選手が入ります。
大城選手はライトへの大飛球でしたが、地元凱旋の上田選手が好捕して1死
リクエストも判定通りアウトとなります。
つづく代打の石川慎吾選手にライト線への3塁打を浴び1死3塁
長野選手は浅いライトフライで2死3塁となります。

ヤクルトは、ここで中澤投手に交代
吉川尚選手をライトフライに打ち取り3アウト

8回、巨人は吉川光夫投手が登板
1死後、西浦直亨選手がライトスタンドへ7号ソロ弾を抛り込み5-2と3点差に
大きな追加点です、ナイスホームラン!
中村捕手、代打の谷内選手もレフト前ヒットで続き1死1、3塁
しかし、坂口選手はショートゴロ併殺打に倒れ3アウト

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
1死後、岡本、亀井選手に連打され1死1、2塁
続く陽岱鋼、代打・阿部慎之助選手を連続三振に斬って取り得点を許しません。

9回、巨人は中川投手が登板
1死後、山田選手が四球で歩き、
上田選手のセーフティーバントが内野安打となり、相手エラーを誘い1死1、3塁
2死後、川端選手は四球で歩き2死満塁
巨人は田原投手に交代で、西浦選手は三振で追加点ならず。

9回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
きっちり3人締めでゲームセット

ヤクルトが5-2で巨人を下し、これで4連勝となりました。

先発の小川泰弘投手は7回途中まで投げ、115球6安打2失点(自責1)で5勝目をあげました。
巨人戦は自身6連勝と勝ちを伸ばしました。おめでとうございます。

味方のエラーや、走塁ミスなどに足を引っ張られましたが、
動じることなく安定したピッチングはさすがでした。

あとをつないだ中澤ー近藤―石山投手は無失点リレーでリードを守り抜きました。

打線は先発全員安打16安打で3ホーマーながら5得点は、
ちょっと効率がよくありませんでしたが、勝ったので、まあヨシとします。

3回、山田哲人選手が自身初の4試合連続となる先制23号2ランを放ち、
4回には中村捕手にも一発が出て3-0と試合を優位に進めます。

しかし6回、山田選手のエラーからピンチを招き、
小川投手が岡本、陽選手にタイムリーヒットを打たれ3-2と1点差になります。

直後の7回に山田哲人選手がタイムリーヒットを放ち、
エラーをバットで取り返して4-2。つなぐ意識のナイスタイムリーでした。
今日はひとりで3打点をたたき出しました。
やっぱり山田くんが打つと嬉しいです。

e0222575_14182366.jpg


さらに、8回には西浦選手にも一発が出て5-2と3点差とします。

この間、ヤクルトは再三チャンスはありましたが、適時打が出ませんでした。
結局、16安打ながら得点は3本のホームランと山田選手のタイムリーによる5得点と
物足りさは残りましたね。

明日は、もっと効率よい攻めでブキャナン投手の援護をお願いしたいですね。

ヤクルトは4連勝で借金は3まで減らすことが出来ました。
この調子で借金完済まで突き進みましょう。

by misty2011 | 2018-07-24 22:29 | 東京ヤクルトスワローズ
連日の酷暑にぐったりしています。
今日は青梅市で東京都の観測史上最高となる40.8度を記録
埼玉の熊谷市では、国内観測史上最高を更新する41.1度まで気温が上がりました。
こんな炎天下でも、甲子園を目指す高校野球の地方大会は行われていて、
選手や応援の観客の方々の健康状態が心配ですね、
どうか熱中症にならないよう気をつけてほしいものです。

異常高温のせいかどうかわかりませんが、
昨日22日のプロ野球では、一日に27本のホームランが飛び出しました。
昨夜のフジONEプロ野球ニュース「今日のホームラン」でも、長い時間をかけて
その27発のホームランの映像が流れていました。

1日6試合以内で27本塁打は、1980年7月17日の27本(6試合)以来38年ぶり。
統一球が採用された2011年以降は最多となるホームラン数とのことです。

日刊スポーツ 統一球後最多6球場で27発 過去77年に28発

22日6試合の本塁打の内訳は
神宮 ヤクルト―中日戦 4本
 バレンティン22号 ソト2、3号 山田哲人22号

ハマスタ DeNA-阪神戦 6本
 ソト12号、ナバーロ1号、ロサリオ7号、糸井12号、陽川4号、梶谷7号

マツダ 広島―巨人戦 7本
 マギー12号、吉川尚3号、バティスタ14号、田中5号、丸19、20号、鈴木13号

札幌ドーム 日本ハムーソフトバンク戦 3本
 レアード18号、柳田23号、松田18号

メットライフ 西武―楽天戦 5本
 アマダー16号、田中8号、アマダー17号、山川25、26号

ZOZOマリン ロッテーオリックス 2本
 吉田正14号、田村2号

この27本塁打の中に、
わがヤクルトの主砲バレンティン選手と山田哲人選手が入っているのは嬉しく思います。
これだけ暑いと、投げている投手陣の消耗度は激しいでしょうね。

ただ、今シーズンは暑くなる前から、どうもボールがよく飛ぶような気が私はしていますが、
そう感じるファンも少なくはないでしょうね。
非力なバッターでも、軽々とスタンドインしている光景をよく見ます。

これは私のうがった見方ですが、今年は大物ルーキーの清宮幸太郎選手の入団もあって、
もちろん規格内ではあるでしょうが、
反発係数が比較的高めのボールを使っているのではないかと思っています。
あくまでも私の邪推です。

ここからが本題です。
山田哲人選手は、7月20日~22日の神宮・中日ドラゴンズ3連戦で、
3試合連続となる4本塁打を放ち、また、盗塁も4個決め、
自身3度目となるトリプルスリーへ向かって視界良好となってきました。

22日終了時点で、ヤクルトは83試合を消化して、
山田哲人選手は、打率.3069 本塁打22 盗塁21

これを143試合に換算して単純計算すると、
本塁打は37.9本、盗塁は36.2盗塁となります。
山田選手は2試合欠場しているので、実際の出場数は81試合、それを考慮して計算すると
本塁打は38.8本、盗塁は37盗塁になります。
あくまでも計算上でのことですが。

最も心配なのは打率ですが、夏場に上げてきたので、さらに上がることも期待できます。
例年だと9月はやや落ちますが、ひどく落ち込むことがなければ、
何とか3割キープは可能だと思います。
ホームランが増えれば、警戒されて四球も増えてくるので、
打数が減れば打率的には有利となります。

私は再三書いてきましたが、山田くんにはトリプルスリーよりも
プロ野球史上初の「40-40」を達成してほしいと希望しています。
好調が続けば、ふたつ同時達成も可能ですが、やはり「40-40」が難しいのは確かです。

e0222575_9554610.jpg


山田くんの場合、ホームランが増えてくると、ぶつけられる心配がありますからね。
特に阪神戦は恐怖です。
まさか相手ベンチからの指示はないとは思いますが?、
とにかく死球と、あとはケガが記録への大敵でしょうね。
何事もなく、後半戦も無事にシーズンを送ることが出来るよう願っています。

ここからは、あまり比較したくはないですが、
2度目のトリプルスリーが可能な柳田悠岐選手について少し触れておきます。

柳田選手は22日終了時点で、82試合消化して
打率はリーグトップの.3523と高打率をマーク
打率3割以上は間違いありません。2度目の首位打者も狙えます。
ホームランも23本で、こちらも30本以上は堅く、
首位打者とホームラン王の2冠も可能です。
打点に関しては、山川穂高選手が有利でしょうね。

柳田選手の場合、いちばん心配なのは盗塁です。現在16盗塁
最近はたて続けに2回失敗していて、数字が伸びていません。

柳田選手も山田くんと同様に143試合で単純計算すると
本塁打は40.1の大台も可能です。
盗塁は27.9となり、このままではトリプルスリーに黄色信号となります。
盗塁は減る数字ではないので、いざとなれば、走りまくれば何とかなりそうな気はします。
ただし、それでも「40-40」の40盗塁は、非常に厳しいでしょうね。

なので、「40-40」の可能性があるとすれば、山田哲人選手です。
今のところ、現役選手で可能なのは山田、柳田選手の二人だけなので、
ここまで来たら、山田くんには前人未到の「40-40」を目指してほしいと思います。

トリプルスリーは、2015年と同様、二人同時達成の可能性が、
かなりの確率であるでしょうね。

どちらにしても、もし達成できれば偉業です。
シーズン終了時に、どんな結果になっているか、今から楽しみに待ちたいと思います。

by misty2011 | 2018-07-23 20:09 | 東京ヤクルトスワローズ
天才の復活、川端慎吾選手の2試合連続決勝弾で勢いのついた東京ヤクルトスワロ―ズ
連日の劇的勝利に興奮冷めやらず、
今日はどんなことが起きるかなあと、ワクワクしながらテレビを見ています。

【訂正】
勘違いしていたのでタイトルを訂正しました。
バレ先制22号3ラン→1回の3ランは逆転でした、22号に訂正

3戦目の先発は、ヤクルトがハフ投手、中日は大野雄大投手

試合経過は ニッカンスコア

今日は所用があり、早朝の飛行機で四国に飛び、日帰りで東京に戻ってきました。
なので、試合は途中から見ました。

初回、ハフ投手は、先頭の京田選手にヒットを打たれ2盗を許します。
1死後、中村悠平捕手のパスボールで1死3塁となり、
大島選手にピッチャーへのタイムリー内野安打を打たれ1点先制されます。0-1

1回裏1死後、青木選手がヒット、山田選手は四球で歩き1死1、2塁から
バレンティン選手がレフトスタンドへ22号3ランホームランを叩き込み3-1と逆転します。

2回、ハフ投手はモヤ選手にソロホームランを浴び3-2

2回裏、先頭の西浦選手がセンターへのヒットで出ますが、後続が倒れます。

3回、ハフ投手は先頭の荒木選手にレフトへの2塁打を打たれ、
大島選手のファーストゴロで1死3塁
つづくビシエド選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ3-3の同点に

3回裏1死後、山田選手が四球で歩き2盗成功。20個めの盗塁
ここで、バレンティン選手がレフトへタイムリーヒットを放ち4-3と勝ち越します。

4回、ハフ投手は先頭のモヤ選手に2打席連続の3号ソロホームランを浴び4-4の同点に。
今日も点を取っては取られのシーソーゲームとなってきました。

5回、ヤクルトは2番手で大下佑馬投手が登板
畠山選手の好守もあって三者凡退に抑えます。

5回裏2死後、山田哲人選手がショート内野安打で出塁し、21個目の盗塁を決めます。
盗塁も量産モードに突入してきました!
大野投手の暴投で3塁へ進みますが、バレンティン選手は空振り三振で得点ならず。

6回、大下投手続投
2死後、福田選手にヒットを打たれますが、松井雅捕手を空振り三振に仕留めます。

6回裏、中日は佐藤優投手が登板
畠山、川端、西浦選手が三者凡退

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
先頭の代打・堂上選手にレフトへヒットを打たれ、送りバントで1死2塁となりますが、
後続を打ち取ります。

7回裏、中日は岩瀬投手が登板
ヤクルトは三者凡退

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
平田選手にヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

8回裏、中日は又吉投手が登板
1死後、山田哲人選手が22号ソロホームランをレフトスタンドに放り込み5-4と勝ち越します。
打った瞬間、入るとわかる見事なインコースさばきで、
これで、2年ぶりとなる3試合連続ホームラン!
嬉しそうな笑顔でしたね。
いよいよ日本の夏、山田くんの夏がやってきました。

1点リードで9回は石山泰稚投手が登板
きっちり3人締めでゲームセット

ヤクルトが接戦の末5-4で中日を下し、このカード3連勝となりました。
勝ち投手は8回を投げた近藤一樹投手が、今季2勝目をあげました。
このカードは毎日登板の3連投、しかも回マタギまでありました。
連日の奮闘、本当に頭が下がります。ありがとうございました。
球団は、近ちゃんの年俸をがっつり上げてほしいですね。

ヤクルトは中日の11安打より少ない6安打で5得点
バレンティン選手の22号3ラン、そして、山田哲人選手の決勝22号ソロ弾が
非常に効果的でした。
ヤクルトの誇る主砲の二人が22号弾で揃い踏み
これが勝ちゲームとなったのは何より嬉しいですね。
二人がホームランを打っても負けた試合がありましたからね。

バレンティン選手は22号3ランと、
3回に2塁に山田くんを置いてのタイムリーヒットの4打点

山田哲人選手は、2打数2安打2四球2盗塁で、
22号ソロホームランが決勝弾
となりました。
さらに、山田くんは今日は4打席全打席出塁で、3度ホームに生還して3得点
両リーグダントツの通算78得点となりました。
タイトルとは無関係ですが、この「得点」も凄い記録に向かっています。

e0222575_11114953.jpg


中日に3タテ喰らわせたこの3連戦は、ヤクルトの勝ちへの執念が素晴らしかったですね。
今日は先発のハフ投手は打たれましたが、その後をつないだブルペン陣が無失点リレー
そこから山田くんの勝ち越しホームランに繋がりました。
勝ちパターンの中尾ー近藤ー石山投手に加え、
ドラ2の大下投手も、ブルペンの縁の下の力持ち的存在となってきつつあります。
投げるたびに、自信をつけてきていますね。
これからも、しっかり役目を果たしてほしいです。

最高に盛り上がる形で3連勝をして、次は関西で巨人との3連戦
次も同一カード3連勝を目標に突き進んでほしいです。
今の両チームの勢いの差があれば可能です。
酷暑にヤクルトの勝利は一服の清涼剤となりますね。


by misty2011 | 2018-07-22 22:16 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011