<   2018年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

甲子園で阪神に三タテ喰らわせ5連勝と勢いに乗る東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から神宮に首位・広島東洋カープを迎えての3連戦

初戦の先発は、ヤクルトがブキャナン投手、広島は野村祐輔投手
今日のスタメン7番サードは廣岡大志選手

選手公示では、大引啓次選手と武内晋一選手が昇格し、
山中浩史投手と谷内亮太選手が抹消されました。

試合経過は ニッカンスコア

ブキャナン投手は初回、2回とランナーを出しますが無失点に抑えます。

ヤクルトは1回裏、青木選手がピッチャー強襲内野安打で出ますが、
山田選手がショートゴロ併殺打

2回裏、バレンティン選手がサードエラーで出塁
雄平選手はレフト前ヒットで無死1、2塁
西浦選手は送りバント失敗後、廣岡選手は四球で歩き1死満塁
中村捕手は空振り三振で2死となり、
ブキャナン投手はセカンドゴロに倒れ得点ならず。

3回、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

3回裏1死後、青木選手がライト前ヒット
山田選手はレフトへの大飛球でしたが、あとひと伸び足りず1死
打った瞬間、行ったと思いましたが・・・。
続くバレンティン選手が右中間へのタイムリー2塁打を放ち、
青木選手が1塁から一気に生還してヤクルトが先制。1-0


4回、ブキャナン投手はカープクリーンナップを三者凡退に抑えます。
4回裏、ヤクルトも三者凡退

5回1死後、ブキャナン投手は曾澤捕手にセンター前ヒットを打たれますが、
後続を打ち取ります。

5回裏、ヤクルトは三者凡退

6回、ブキャナン投手はカープ1番からの打順を3人で片付けます。

6回裏2死後、雄平選手がセカンド内野安打で出塁も、
西浦選手は右邪飛に倒れ3アウト

7回1死後、ブキャナン投手は松山選手にレフトへの2塁打を打たれ、
田中広輔選手に右中間へのタイムリー3塁打を浴び1-1の同点に
雄平選手が突っ込んできて止められず、3塁打まで進まれました。
曾澤捕手はサードライナーで、3塁ランナーが戻れずダブルプレーで3アウト
これは助かりました。

7回裏1死後、中村捕手がセンター前ヒット
ブキャナン投手は送りバントを決め2死2塁
坂口選手はセカンド内野安打安打で2死1、3塁
青木選手がバックスクリーン右横に7号3ランホームランを放り込み
4-1と勝ち越します。

ナイスホームラン!今日3安打猛打賞3打点、素晴らしい♪
メジャーに行く前の全盛期より、今の方が勝負強いですね。頼もしい!

e0222575_239334.jpg


山田選手は三遊間を破るヒットで出ます。よし、30盗塁決めろ~!
再三けん制されますが、見事2盗を決め、これで30盗塁
トリプルスリーに向け、本塁打と盗塁の2つをクリア、あとは打率だけ!
バレンティン選手は四球で歩き、代走は武内選手
雄平選手はレフトへのヒットで2死満塁となり、
西浦選手がライト前タイムリーヒットを放ち5-1とリードを広げます。
なおも2死満塁で、廣岡選手はサードゴロで3アウト
ヤクルトはこの回、打者一巡、6本の長短打を集め一挙4得点

8回、レフトに坂口、ファーストに武内選手が入ります。
ブキャナン投手は西川選手にセンター前ヒットを打たれ、
代打バティスタ選手にレフトスタンドへ2ランホームランを運ばれ5-3と2点差に
1死後、菊池選手にセンター前ヒットを打たれ、
丸選手の打球を1塁武内選手がファンブルするエラーをやらかし、
1死1、2塁のピンチを招きます。
守備固めがエラーをしてはイカンでしょ!

ここで、ヤクルトは近藤一樹投手に交代
鈴木誠也選手に四球を与え1死満塁の大ピンチ
松山選手にレフト前タイムリーヒットを打たれ5-4と1点差。ヤバい
田中広輔選手は空振り三振で2死満塁となり、
曾澤捕手をサードゴロに打ち取り3アウト
コンちゃん、よく抑えました。

8回裏、広島は今村投手が登板
先頭の中村捕手がセンター前ヒット
代打の三輪ちゃんが送りバントを決め1死2塁
坂口選手は四球で歩き1死1、2塁
青木選手はセカンドゴロはリクエスト検証となり、
判定通りアウトとなり2死2、3塁
山田選手は申告敬遠となり2死満塁
ここで、武内選手に代打・畠山選手を送りますがショートゴロで3アウト
やはり、バレンティン選手を下げるのが早すぎましたね。

1点リードで9回は石山泰稚投手が登板
先頭の西川選手にレフト前ヒットを打たれ、
バティスタ選手は空振り三振も、西川選手が2盗
中村捕手の2塁送球が悪送球となり1死3塁
バティスタ選手が空振り後、中村捕手の送球妨害したように見えましたが、
守備妨害とはならず盗塁は認められました。
このあと野間選手にレフトへ犠牲フライを運ばれ、ついに5-5の同点に
ホームクロスプレーがリクエスト検証となりますが、判定通りセーフ

9回裏、広島は中崎投手が登板
1死後、西浦選手がレフト前ヒット
廣岡選手はバント失敗後、左中間への2塁打を放ち1死2、3塁
中村捕手は申告敬遠となり1死満塁
ここで、今日上がってきた大引選手を代打で送りますが、
浅いセンターフライを打ち上げタッチアップできず。
2死満塁となり、坂口選手はセンターフライに倒れサヨナラならず。

延長に入り、10回は梅野投手が登板
先頭の丸選手に右中間へ31号ソロホームランを放り込まれ5-6
初球、空振りした後、同じような2球目ストレートを捉えられました。
鈴木誠也選手は四球
堂林は送りバントで1死2塁
曾澤捕手は見逃し三振で3アウト

10回裏、広島はジャクソン投手が登板
1点を追うヤクルトは先頭の青木選手がセカンドゴロ
菊池選手の好守に阻まれました。
山田選手はサードゴロ
畠山選手は三振でゲームセット

ヤクルトは5-6で延長でカープに屈しました。

何度も勝てるチャンスはあったんですけどね・・・。
やはり広島は強い。

ヤクルトは広島の11安打を上回る15安打も5得点

先発のブキャナン投手は8回途中まで投げ8安打され4失点(自責は3)
8回にバティスタ選手に2ランを浴びたところで交代だったでしょうね。
後ろのブルペンのことがあるので、引っ張りましたが、
結局、近藤投手を出すことになったので、継投が少し遅れたように思います。

それよりも、守備固めに入った武内選手のエラーがあまりに痛すぎましたね。
おまけに、バレンティン選手を7回裏に下げていたので、
終盤での反撃が弱まりました。
4-1の時点で下げるのは、特にカープ相手には早すぎたでしょうね。
代走となった武内選手が、その後、痛恨のエラーですからね。
何点リードしても、カープ相手にはセーフティーリードとはなりません。

決勝点は、梅野投手が丸選手に一発を浴びたホームランでしたが、
まあ、これは相手が上ということで仕方ありません。

それよりも、9回裏、サヨナラの場面で得点できなかったのが悔やまれます。
何か策はなかったものでしょうか。残念です。

7回は、青木選手の3ランで勢いがつき盛り上がりましたが、
あの7回、6安打しながらも長打は青木選手の3ランのみで、
あとはシングルヒットばかり。
3ラン後は1点しか追加点が取れませんでした。
あそこで、もっと畳みかける攻撃が出来ていればと思いました。

勝ちパターンの連投に次ぐ連投の近藤ー石山ー梅野投手を
つぎ込んでの逆転負けはダメージが残りますね。

明日先発のカラシティー投手も、それほど長い回を投げられないので、
勝ちパターン以外のブルペン陣で、何とかやりくりしてほしいと願います。
やはり打線が何とかするしかありません。
山田くんが調子を落としているのが、得点が伸びないひとつの原因でしょうね。
今日も惜しい当たりはありましたが、ひと伸び足りませんでした。
明日こそ、クリーンナップに長打が出ますように。
 

by misty2011 | 2018-08-31 22:44 | 東京ヤクルトスワローズ
敵地・甲子園で連勝して貯金1とした東京ヤクルトスワロ―ズ
この2戦は、いずれも僅差となり、
リリーフ陣が無失点リレーで先発投手の勝ち星を守りました。
初戦は完封勝利、2戦目は古野正人投手が3年ぶりの勝利をあげました。
弱いと言われた投手陣の頑張りに尽きます。
今日は打撃陣がもっと打って、リリーフ陣の負担を出来るだけ減らしてくれたらと思います。

先発は阪神が才木浩人投手、ヤクルトは山中浩史投手
スタメンは2戦目と同じで7番サードに宮本丈選手

昨夜の古野投手は本日付けで抹消されました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、坂口選手がヒット
青木選手はショートゴロで1死1塁
山田選手はレフトへのヒットで1死1、2塁
第1打席でヒットが出たので、ほっとしました。
しかし、バレンティン選手がサードゴロ併殺打で3アウト

1回裏、山中投手は三者凡退に抑える上々の立ち上がり

2回、ヤクルトも三者凡退

2回裏、山中投手は糸井選手にライトオーバーの2塁打を打たれ、
1死後、俊介選手に四球を与え1死1、2塁のピンチでしたが、
後続を打ち取ります。

3回2死後、坂口選手が四球で出塁も、青木選手はセカンドゴロ

3回裏、阪神は三者凡退

4回、先頭の山田選手はセカンドゴロ
バレンティン選手はセンターフライ
雄平選手は粘ってセンター前ヒット
西浦選手はセンターフライで3アウト

4回裏1死後、山中投手は糸井選手にセンター前ヒットを打たれますが、
ナバーロ選手をショートゴロ併殺打に仕留め3アウト

5回1死後、中村捕手が四球で歩き、
山中投手の送りバントを梅野捕手が2塁へ悪送球して1死1、3塁
続く坂口選手がセンターへ犠牲フライを運びヤクルトが先制。1-0
2死2塁となり、青木選手はピッチャーゴロで3アウト

5回裏1死後、山中投手は鳥谷選手に四球を与え、
梅野捕手にセンター前ヒットを打たれ1死1、2塁
才木投手の3塁線への送りバントが内野安打となり1死満塁のピンチ
糸原選手のセンターへの犠牲フライを、青木選手から西浦選手中継で
サードに送球して梅野捕手がタッチアウトとなり、
サードランナーがホームインする前にセカンドランナーのアウトが成立したため、
ホーム生還は認められず3アウトチェンジ !
無失点で切り抜けます。
てっきり犠飛で同点と思いましたが、レアな犠飛アウトを見ましたね。
鳥谷選手がゆるめてホームに走るというボーンヘッドをやらかしました。

6回、ヤクルトは山田、バレンティン、雄平選手がすべて内野ゴロで3アウト
阪神内野陣がいい守備を見せました。

6回裏、山中投手は三者凡退に抑えます。

7回1死後、宮本選手が四球で出塁
中村捕手はファーストゴロ進塁打で2死2塁
山中投手はそのまま打席に入り、
センターに抜けようかという打球でしたが。北條選手に捕られます。
しかし、1塁への悪送球エラーを誘い2死1、3塁。
坂口選手は四球で歩き2死満塁
ここで、今日まだヒットがない青木選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち2-0
さすがです。ようやく追加点が入りました。

なおも2死満塁で、阪神は望月投手に交代
山田選手はセンターフライで1点どまり。
打ってほしい時に打てませんでした。

7回裏、2点リードで山中投手続投 サードに廣岡選手
すべてフライアウトで三者凡退に抑えます。

8回、望月投手続投
バレンティン選手はショートフライ
雄平選手はセカンドゴロ
西浦選手は空振り三振

8回裏、山中投手続投
レフトに坂口、ファーストに谷内選手が入ります。
先頭の梅野捕手に、サード廣岡選手のグラブを弾きレフトへ抜ける2塁打を打たれます。
止めてほしかったですね。
1死後、く糸原選手にライト前ヒットを打たれ、これを雄平選手が後逸
その間に2塁ランナーが生還して2-1

なおも1死2塁から、北條選手にライト前ヒットを打たれ1死1、3塁のピンチ

ここで、ヤクルトは梅野雄吾投手に交代
代打の福留選手は四球で1死満塁の大ピンチを招きます。
糸井選手は浅いライトフライで2死満塁
ナバーロ選手に粘られますがファーストゴロに仕留め3アウト。
無失点で切り抜けます。
ナイスリリーフ梅野くん!よくやった~!!

8回、阪神は桑原投手が登板
先頭の廣岡選手がライト前ヒット
中村捕手は送りバントで1死2塁
代打・畠山選手はサードゴロで2死ランナー進めず。
坂口選手は左中間へのタイムリー2塁打を放ち、
大きな追加点が入ります。3-1
ナイスグッチ!!
青木選手は空振り三振で3アウト

9回、2点リードでヤクルトは5連投の石山泰稚投手が登板
センターに上田選手
先頭の代打・原口選手はセンターへの大飛球でしたが、上田選手が好捕して1死
鳥谷選手はセカンドゴロで2死。山田選手が好守でアウトにしました。
最後は梅野捕手をピッチャーゴロに打ち取りゲームセット

ヤクルトが甲子園で阪神に3タテ喰らわせ、3-1で勝利!
ヤクルトはこれで5連勝となりました。

先発した山中浩史投手は8回途中まで投げ、7安打されながらも粘り強く投げ
1失点(自責は0)で、今季初勝利をあげました。
おめでとうございます。ホントに良かったです。
勝利の瞬間、嬉しそうな笑顔がこぼれました。
昨日に続き、ローテ谷間の先発が好投して連勝を伸ばしたのは大きいですね。

e0222575_1539297.jpg


今日は、2番手でピンチを0点に抑えた梅野雄吾投手の力投も光りました。
山中投手の「梅野ありがとう」の言葉がすべてでしょう!

連投の近藤投手をお休みさせ、
8回途中から、山中投手の勝ち星を死守すべく必死で投げましたね。
ナバーロ選手との対決は手に汗握って見守りましたが、
しっかり打ち取りました。大きな自信となったことでしょう。
投げるごとに、ベンチからの信頼を得られていることと思います。
勝ちパターンに若い力が加わり、頼もしく感じます。

最後は、5連投の石山泰稚投手がきっちり3人締めでゲームセット
バックの好守もあってランナーを出すことなく、ハラハラせずに終わりました。

打線は6安打で3得点
坂口選手が先制の犠牲フライと、
価値ある3点目のタイムリー2塁打ほか2四球などで4出塁

青木宣親選手が7回2死満塁からレフトへのタイムリーヒット
ここぞの1打が出ました。さすが、頼りになります。
途中出場の廣岡選手は、9回先頭でヒットで出て3点目のホームを踏みました。
昇格後、バッティングがいいですね。

両チームとも守備のミスが絡んで失点しましたが、
ヤクルトは、8回にわずか1失点でしのいのだのが勝利へとつながりました。

火曜日からは神宮に戻り首位・広島カープとの3連戦
5連勝の勢いのまま、カープを少しでも慌てさせてやりたいですね。
投手陣は予想以上に頑張っています。
あとは、打線がもっと打って点を取ってやらないと。
1、2番の活躍は文句なし。頭が下がります。
クリーナップに当たりが止まっているのが気がかりですが、
神宮では爆発するよう期待したいと思います。

by misty2011 | 2018-08-30 21:59 | 東京ヤクルトスワローズ
甲子園での阪神戦初戦は、小川ー近藤ー石山投手の完封リレーで
初回にあげたスミ1を守り切り、東京ヤクルトスワロ―ズが完封勝利を飾りました。

わずか1点でよく勝てたものだと改めて思います。
ひとえに、投手陣が1点もやらないという強い気持ちで投げたからこその勝利でしたね。
今日は野手陣が奮起しなくては。

先発は阪神タイガースがメッセンジャー投手、ヤクルトは古野正人投手
名前だけ見ると勝ち目はありませんが、試合はやってみないとわかりません。
今日のスタメン7番サードは宮本丈選手

選手公示では、古野投手のほか中澤雅人投手が昇格し、塩見泰隆選手が抹消されました。

試合経過は ニッカンスコア

初回は両チーム三者凡退

先制したのはヤクルト
2回、先頭のバレンティン選手がレフト前ヒットも、
雄平選手はピッチャーゴロ併殺打でチャンスが潰れたかと思いきや、
西浦選手がライトへの2塁打、宮本選手が四球で歩き2死1、2塁
ここで、中村悠平捕手がレフトスタンドに5号3ランホームランを放り込み
ヤクルトが3点先制!3-0

びっくりしました。ナイスホームラン!
古野投手、坂口選手が四球で歩き、
青木選手がレフトへのタイムリーヒットを放ち4-0
山田選手はピッチャーゴロで3アウト
この回、2死から一挙4点を奪いました。

メッセンジャー撃ち先制3ランの中村悠平捕手
e0222575_1884860.jpg



2回裏、古野投手は糸井選手にサード内野安打、
ナバーロ選手にセンターへのヒットを打たれ無死1、2塁
伊藤隼太選手のレフト線へのフライは、
バレンティン選手がスライディングキャッチして1死
鳥谷選手のセンターへの打球も青木選手が好捕して2死
梅野捕手は抜けようかという強いサードゴロでしたが、
宮本選手がダイビングキャッチ後、2塁へ送球して3アウト
いずれもヒット性の打球でしたが、ヤクルト守備陣の好守が光りました。

3回1死後、雄平選手がライトへの2塁打で出ますが、後続が倒れます。

3回裏、古野投手は先頭のメッセンジャー投手をサード内野安打で出しますが、
板山選手をショートゴロ併殺打に打ち取り2死ランナーなし
北條選手はセカンドゴロで3アウト

4回、ヤクルトは三者凡退

4回裏1死後、古野投手は糸井選手にライトオーバーの2塁打を打たれ
続くナバーロ選手にライト前タイムリーヒットを浴び4-1
雄平選手のバックホームが悪送球となり1死2塁
このあと古野投手の暴投で1死3塁
伊藤隼太選手には四球を与え1死1、3塁となり、
鳥谷選手のサードゴロで3塁ランナーが生還して4-2
宮本選手が1塁へ悪送球して1死1、2塁とピンチが続きますが、
後続を打ち取ります。
この回、2安打と悪送球が2つ、暴投など守りが乱れ2失点

5回、先頭の青木選手がショート内野安打
初戦の2塁打以降4三振などヒットがない山田選手は、
セカンド板山選手の好守に阻まれセカンドゴロ併殺打に倒れ2死ランナーなし
当たりはよかったんですけどね。ツキもありませんでした。
バレンティン選手はセンター前ヒットも、雄平選手はショートゴロで3アウト

5回裏、勝ち投手の権利がかかった古野投手は、
2死後、福留選手の打球が山田選手の前でイレギュラー、
高く弾んでライト前ヒットとなり出塁を許します。
このあと暴投で2死2塁となりますが、
糸井選手をショートゴロに打ち取り3アウト

6回、先頭の西浦選手がレフトへのヒット
宮本選手が送って1死2塁
中村捕手のセカンドゴロで2死3塁
ここで、代打の畠山選手は四球で歩き2死1、3塁 
坂口選手はセカンドゴロで3アウト
この回終了して、メッセンジャー投手は1500投球回を達成しました。
おめでとうございます。

6回裏、ヤクルトは中澤雅人投手が登板
二者連続三振など三者凡退に抑えます。

7回、阪神は岩崎投手が登板
先頭の青木選手が左中間への2塁打
山田選手は四球で歩き無死1、2塁
バレンティン選手は空振り三振
雄平選手はセカンドゴロで2死1、3塁
西浦選手はセカンドフライで追加点ならず。

7回裏、ヤクルトは梅野雄吾投手が登板
先頭・梅野-梅野対決はセカンドゴロに打ち取り1死
代打の糸原選手にセンターオーバーの2塁打を打たれます。
板山選手は空振り三振
北條選手はファーストフライで3アウト

8回、阪神は岡本投手が登板
2死後、代打の大村選手がセカンドエラーで出塁
坂口選手はピッチャーゴロで3アウト

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板。今日もですか…。 
さすがに投げすぎですね。代わりがいないので仕方ないですが。
先頭の福留選手がセンター前ヒット
糸井選手はサードゴロで1死1塁
ナバーロ選手はライトへ抜けるヒットで1死1、3塁
伊藤隼太選手はショートフライで2死となり、
鳥谷選手を空振り三振に仕留め無失点に抑えます。
ナイス、コンちゃ~ん!!!

9回、阪神は岡本投手続投 追加点が欲しいですね。
先頭の青木選手が右中間への2塁打で出ます。今日4安打固め打ち
山田選手はサードゴロで1死2塁。う~ん、打てません。
今日は4タコ1四球
バレンティン選手もサードゴロで2死
雄平選手は申告敬遠で2死1、2塁
西浦選手は三振に倒れ追加点ならず。
青木選手がこれだけヒットで出ても、
3、4番が機能しないので、青木選手の今日の得点は0、ホームに還れません。

9回裏、2点リードで石山泰稚投手が登板
サードに廣岡、1塁に谷内、レフトに坂口選手
先頭の梅野捕手に三遊間を抜けるヒットを打たれ、
糸原選手は空振り三振で1死
代打の原口選手にセンターへのヒットを打たれ1死1、2塁。代走は植田選手
北條選手はサードゴロで2死2、3塁
最後は福留選手をセカンドゴロに打ち取り3アウト
よくしのぎました。

ヤクルトが4-2で阪神に連勝し、ついに貯金1となりました。

先発した古野投手が、5回を投げ6安打2失点(自責は1)と粘り強く投げ、
2015年以来、3年ぶりとなる今季初勝利をあげました。
古野投手は地元での勝利、本当に良かったですね。
肩のケガで長く苦しいリハビリを経てつかんだ今季初勝利。
嬉しさもひとしおでしょう。おめでとうございます。

2回のピンチはバックの好守に助けられました。
4回は、逆に内外野の悪送球や自身の暴投などあって2失点
初回以外は毎回ランナーを出しましたが、何とか2失点にまとめました。
四球で自滅する心配がなく、打者と勝負するピッチングがいいですね。
女房役のムーチョの先制3ランが大きな援護となりました。

古野投手のあとをつないだ中澤―梅野ー近藤ー石山投手は
無失点リレーで2点のリードを死守しました。

僅差でなければ、近藤投手、石山投手をを休ませることも出来ましたが、
2点差では投げてもらうしかありませんでしたね。連日、お疲れさまです。

打線は10安打で2回にあげた4得点のみ
中村悠平捕手の値千金の5号先制3ラン
そして、青木選手のタイムリーヒットの1打点

以降は、拙攻続きで追加点が奪えませんでした。
上でも書きましたが、山田哲人選手がノーヒット、
バレンティン選手は2安打もチャンスには凡退など、3、4番が仕事せず、
休養明け青木選手の4安打4出塁を活かせませんでした。
これ以外には、西浦選手がマルチヒットでした。

山田くんの状態がまたガクッと落ちているので、私としては心配ですが、
今日は勝ったので愚痴るのはやめておきます。
もし、明日もノーヒットに終わるようなら、めいっぱい愚痴らせて下さい。
そうならないよう、打ってくれることを願います。
しかし、1試合のみの休養で、いきなり4安打の青木宣親選手はさすがですね。
ヒットを打つコツを、山田くんに教えてやってくださいな。

by misty2011 | 2018-08-29 22:16 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワロ―ズは、今日から甲子園で阪神タイガースとの3連戦

先発は、阪神が岩貞祐太投手、ヤクルトは小川泰弘投手
今日は青木選手が休養日ということで、2番センターに塩見泰隆選手が入りました。
7番サードは廣岡大志選手

選手公示では、ハフ投手が抹消されました。
落とす理由がないので、おそらく甲子園入りしてからのケガでしょうね。
ただでさえブルペンが疲弊しているのに、下から誰か上げないと回していけませんね。

試合経過は ニッカンスコア

初回、坂口選手が四球で歩き、塩見選手は空振り三振
つづく山田哲人選手左中間へのタイムリー2塁打を放ち、
1塁から坂口選手が一気にホームインしてヤクルトが先制!1-0

山田くん、インハイのストレートを捉えました。
なおも1死2塁で、後続は倒れ1点どまり

1回裏、小川投手は1死後、北條選手にレフト前ヒットを打たれますが、
福留選手をショートゴロ併殺打に仕留め3アウト

2回1死後、廣岡選手がレフト線への2塁打を放ちますが、
後続が倒れます。

2回裏2死後、小川投手は大山選手に四球を与え、
俊介選手にセンターへのヒットを打たれ2死1、3塁となりますが、
梅野捕手をショートゴロに打ち取ります。

3回、先頭の坂口選手がセンター前ヒット
塩見選手はライトフライで1死1塁
山田哲人選手は空振り三振で、走った坂口選手は2盗成功
2塁セーフになったのはよかったですが、
空振りが多い山田くんにエンドランはやめて下さいよ!
何度も失敗しているのに、宮本ヘッドも懲りませんね。
初回のようにフリーで打たせた方がいいって!
バレンティン選手は四球で2死1、2塁
雄平選手はレフトフライで福留選手に好捕され3アウト

3回裏、小川投手は三者凡退に抑えます。

4回1死後、廣岡選手がセンター前ヒットで出ます。
廣岡くん、ノリノリです。一昨日のホームランから3打席連続ヒット!
下での成績はアテになりませんね。
抹消前よりストレートを打てるようになっています。
中村捕手はセカンドゴロで2死2塁
小川投手はショートゴロで3アウト

4回裏、この回も小川投手は三者凡退に抑えます。

5回、先頭の坂口選手がレフト前ヒット
塩見選手の送りバントを岩貞投手が2塁へ悪送球して無死1、2塁
このあと、岩貞投手の2塁けん制が悪送球となり、
坂口選手は3塁へ進み無死1、3塁
山田選手は見逃し三振で1死1、3塁
低いとしても、追い込まれているんだから、際どい球は振って行かないと。
その前の球もそう。
こういう形で見逃し三振をとられることが多いですよね。
選球眼の良さがアダになっているので、
もう少しゾーンを広げて積極的に打ってほしいです。

バレンティン選手は1邪飛に倒れ2死
坂口選手がタッチアップしてホームに走りかけますが、途中から引き返しました。
そのままホームに走っていればセーフだったでしょうね?
雄平選手はサードゴロで追加点ならず。
追加点の絶好のチャンスに、クリーナップが何も出来ませんでした。
こんなことをしていたら、流れを渡すことになりますね。

5回裏2死後、小川投手は梅野選手にレフト前ヒットを打たれますが、
岩貞投手を三振に仕留めます。

6回、ヤクルトは三者凡退

6回裏1死後、小川投手は北條選手に四球を与えますが、
福留、糸井選手を打ち取り得点を許しません。

7回、ヤクルトは三者凡退
塩見選手は、まだヒットが出ません。

7回裏2死後、小川投手は俊介選手のセンターへの2塁打を打たれます。
この時、塩見選手の足がつって上田選手と交代
塩見選手は、いい所なくベンチに下がりました。
梅野捕手はショートゴロで3アウト
西浦選手が深い所から1塁へ好送球しました。ナイスプレー!

8回、阪神は桑原投手が登板
先頭の山田選手は高目のボール球を強振して空振り三振、今日3三振。
バレンティン選手も空振り三振
雄平選手は四球で歩きますが、西浦選手も空振り三振で3アウト

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
レフトに田代選手
きっちり三者凡退に抑えます。

9回、阪神は望月投手が登板
廣岡選手は見逃し三振
中村捕手はライトフライ
代打の宮本選手は三邪飛で3アウト

9回裏、わずか1点リードでヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の福留選手を空振り三振
つづく糸井選手に1塁線を破る2塁打を打たれます。代走は江越選手
ここで、代打の原口選手にレフト前ヒットを打たれ1死1、3塁。ヤバい
代走は植田選手
大山選手はショートフライで2死となり、
最後は、俊介選手をファーストフライに仕留めゲームセット

ヤクルトがスミ1を守り切り1-0で逃げ切りました。

最後はヒヤヒヤしましたが、石山投手が抑えてくれてよかったです。

先発した小川投手は、7回を投げ131球4安打8奪三振無失点の力投で6勝目をあげました。
おめでとうございます。
球数は多めでしたが、ストレートがよかったですね。
強い気持ちで強い球を投げ込みました。
とにかく勝ってよかったです。
e0222575_1803527.jpg


リリーフした近藤投手は3人でぴしゃり
石山投手はピンチはありましたが得点を許さず、初回の1点を守り抜きました。

打線はわずか5安打1得点
初回に山田哲人選手の先制タイムリー2塁打で挙げた1点のみでした。
山田選手は唯一の得点をたたき出しましたが、あとは3三振でした。
これがまた、崩れる前兆とならないことを願います。

坂口選手がマルチヒットと四球で3出塁
廣岡選手がマルチで、ヒットを打ったのはこの3人だけでした。

岩貞投手に黒星を付けましたが、いつも打てなくて、すっきりしませんね。
もう少し何とかならないものかと思います。

5回には無死1、3塁からクリーナップが揃って倒れ1点も取れず
苦しい展開となりました。
逃げ切れたからよかったものの、
もし、追いつかれていたら、野手陣は小川投手に大きな借りが出来たでしょうね。
大いに反省してほしいと思います。

今日はノーヒットでしたが、ショートの西浦選手が再三好守備で小川投手も守り立てました。
守備が安定して、随分上手くなったものですね。

また、セカンド後方のフライで、
山田選手と雄平選手が接触して危ないシーンがありましたが、
どちらもケガしなくてよかったです。

青木選手が休養日で、塩見選手は、2番で起用されましたがノーヒット
送りバントも相手エラーがなければ併殺打になるところでした。
守備でも足がつるなど、全くアピールできず精彩がありませんでした。
2軍では抜群の結果を出していますが、
1軍ではまだ対応できていませんね。焦りもあるでしょう。
1本ヒットが出れば、また違ってくると思います。

明日はメッセンジャー投手
青木選手はスタメン復帰するでしょうから、打線がつながることを願います。

by misty2011 | 2018-08-28 21:57 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワロ―ズは、昨日8月27日終了時点で、
110試合消化し、54勝55敗1分け、借金1となり、リーグ2位につけています。

今季も残すところあと33試合
広島カープの独走状態は置いとくとして、2位以下の5チームは、
Aクラス入りをかけ、熾烈な戦いとなってきました。

それと同時に、個人タイトルなどの成績も気になるところです。

今日は、山田哲人選手の「トリプルスリー」など個人成績について、
再度、今後の予想をしてみます。

110試合消化して、山田哲人選手は3度目の「トリプルスリー」に向け
順調に突き進んでいます。

8月26日終了時点での3部門の成績は
打率.3200 本塁打30 盗塁29 となっていて、
既にホームランはクリア 
盗塁は、昨日の盗塁が幻となり29ですが、あと1個なので、30は確実でしょう。

最も心配されるのは打率ですが、
残り33試合で4打数1安打のペースであれば、打率.3028となり、条件をクリアできます。
もっと細かく見ると、4.1打数で1安打でも、打率は.301となるのでクリアできます。

打率をキープするためには、出来るだけノーヒットの試合をなくすこと
四球を選んで打数を減らすこと
マルチ以上のヒットを打てば、さらに打率は上がります。

以上のことから、3度目のトリプルスリーは、
現時点では「ほぼ」がつきますが、達成できると思います。
山田選手は、昨日までに497打席で、既に規定打席(143×3.1)には到達しているので、
残り1盗塁を決めて、あとは欠場すればトリプルスリーは確定しますが、
そんなことは出来るはずもなく、あり得ません。

タイトル部門で見ると、3度目の盗塁王は確実だと思われます。
これ以外では、ホームラン王がどうかという所ですが、
バレンティン選手が本命で、対抗は丸選手か筒香選手のような気がします。
下にも書きましたが、ビジターの試合が多くなるので、山田選手は厳しいと思います。
神宮でホームランの固め打ちでもすれば、可能性は出てくるでしょうけど。

e0222575_9562593.jpg



続いて、プロ野球史上前人未到の「40-40」に関しては、
かなり厳しいのではないかと思います。
計算上は、本塁打は110試合で30本なので、143試合換算では39本
盗塁は、143試合換算で37.7盗塁

不可能ではありませんが、ヤクルトは残り33試合のうち、
神宮が14試合、ビジターが19試合
そのうち、苦手の阪神戦が9試合も残っていて、これがネックです。
しかも、6試合が甲子園となっていて、ハードルがさらに上がります。

山田哲人選手は、今季は甲子園では1本しかホームランを打っていません。
また、梅野捕手に盗塁を刺されるなど、盗塁でも厳しい対戦相手です。

阪神戦で打てない理由は、やはり、あの死球のトラウマがあるからでしょうね?
前回の阪神戦でも、かかと体重になっていて腰が引けていた打席がありました。
あと、山田選手が得意としている能見投手が、先発からリリーフに回って、
対戦できないこともありますね。
リリーフだと、山田ーバレンティン選手の右バッターの並びで、
能見投手が投げることはまずありません。
だいたいが、スライダーのいい桑原投手か、
今季好調の藤川投手との対戦となるので、打てません。

まずは、明日からの甲子園3連戦、初戦は因縁の岩貞投手ですが、
これをどう乗り切るかが重要です。
私は、岩貞投手に関しては、再び故意死球をぶつけてくることはないと思っています。
むしろ、右投手の方が危ないでしょうね。(メッセンジャー投手は除く)
阪神戦で。山田選手が抑え込まれるようなことがあれば、チームは苦しくなりますし、
自身の「40-40」も、さらに遠のくと思います。

ただねぇ・・・、今年はボールがよく飛ぶし、
山田選手は昨年と違って足の状態も悪くなさそうだし、
「40-40」のチャンスではあるんですけどね・・・。
トリプリスリーでも難しいのに、
さらに「40-40」を狙うには、これから先もそう度々チャンスがあるとは思えません。
なので、最後まであきらめないで狙ってほしいと願っています。


これ以外で、タイトルとは無関係ですが、「得点」が凄い数字になって来ています。
(個人記録としての得点とは、本塁へ生還した回数)
昨日、110試合終了時点で106得点をマーク
12球団見渡してもぶっちぎりの高い数字です。

シーズン最多得点の記録は、1950年小鶴誠 選手(松竹)の 143 得点となっていて、
山田選手の110試合106得点を143試合で換算すると、137.8得点となり、
小鶴選手には及ばないものの、歴代2位となります。
2000年に小笠原道大選手 (日本ハム) が126 得点をマークして歴代5位ですが、
このまま山田選手が順調に得点を伸ばすと、
それを軽く超え、歴代ベスト3以上となる可能性があります。
この「得点」の記録にも注目です。

by misty2011 | 2018-08-27 16:08 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜の最終回はヒヤヒヤしましたが、逃げ切れてよかったです。

9回のピンチの場面で、山田哲人選手がマウンドに行かなかった件で、
いろいろ言われていますが、まあ、どれも憶測の域を出ず、捉え方もさまざま。
特に、解説者が取りあげたことで、山田選手に非難の目が向けられるのは残念です。

山田選手は誰も行かない時にマウンドに行って声をかけることもあり、
昨夜の一件だけで、周りが姑みたいにチクチク言うのは何だかなあと私は思います。
別に擁護するわけではありませんが、本人に何か考えがあったかもしれないし、
なかったかもしれないし、特に目くじら立てるほどのことでもないように思います。
ただ、今回のようにいろいろ言われるくらいなら、
行った方がいいに越したことはありません。

山田選手に対しては、中心選手としてのリーダー的資質が問わるようですが、
キャラ的に向き不向きがあり、強制できるものでもありません。
それは、これからの成長を見守るしかないと思います。
メジャー移籍前の青木選手と、年月を経て復帰後、
チームの精神的な支柱となっている青木選手も、そういう段階を経ています。


また、ゲームセットの瞬間も笑顔がなくて、それもアレコレ言われていますが、
その後、石山投手と満面の笑みでハイタッチしている現地観戦者の写真もあり、
テレビに映った画面だけで、近視眼的に判断しないでほしいと思います。

3戦目の先発は、ヤクルトが石川雅規投手、DeNAは今永昇太投手
今永投手とは今季初対戦となります。

選手公示では、藤井亮太選手が下がり、廣岡大志選手が上がってきました。
廣岡選手は2軍でも打っているわけではないですが、
今日はPlayersシリーズの廣岡ボブルヘッドデーとなっていて、
その関係もあるんでしょうね。
と思っていたら、いきなりスタメン7番サードでした。

試合経過は ニッカンスコア

試合は初回から点の取り合いとなりました。

初回、石川投手は、大和、宮崎、ロペス選手に3連打浴び2失点。0-2
なおもピンチでしたが、筒香選手以下後続を3人を打ち取ります。

1回裏2死後、山田選手が右中間への2塁打
バレンティン選手はサード悪送球、雄平選手は四球で2死満塁
ここで、西浦選手がレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち、
たちまち2-2の同点に

なおも2死2、3塁の好機に、スタメン出場の廣岡選手は空振り三振

2回、DeNAは三者凡退

2回裏1死後、石川投手が四球で歩き、
坂口選手はライト前ヒットで1死1、2塁
青木選手はセカンドゴロ併殺打に倒れ3アウト

3回、石川投手は先頭の大和選手にレフトへの2塁打を打たれ、
宮崎選手のファーストゴロで1死3塁
ロペス選手は浅いライトフライでタッチアップできず2死となり、
筒香選手を空振り三振に斬って取り無失点に抑えます。

3回裏、先頭の山田選手が四球で歩き、2盗成功、29個め、あと一つ!
今永投手の暴投で3塁へ進みます。(訂正)
このあとバレンティン選手がセンターバックスクリーンに33号2ランホームラン、
通算250号メモリアル本塁打を叩き込み、4-2と勝ち越します。

おめでとうございます。

4回2死後、石川投手は桑原選手にレフトフェンス直撃の3塁打を打たれますが、
今永投手を三振に仕留めます。

4回裏、ヤクルトは三者凡退

5回2死後、宮崎選手に23号ソロ弾をレフトスタンドに運ばれ4-3
ロペス選手には四球を与え、暴投で2塁へ進まれますが、
筒香選手をファーストゴロに打ち取り3アウト

5回裏1死後、山田選手が四球で歩きます。
ここで、DeNAは、早くも2番手藤岡投手に交代
バレンティン選手は空振り三振で、山田選手は2盗を決めますが、
バレンティン選手のフォロースルーが嶺井捕手に当たり送球の守備妨害とジャッジされ、
山田選手は1塁へ戻されます。
(正確には守備妨害ではなく、ボールデッドでランナーが戻される)
いつものフォロースルーですけどね・・・。
続く雄平選手のレフトフライを筒香選手が落球して後逸するエラーで、
山田選手が1塁から一気にホームインして5-3

山田選手、今日ここまで3得点で、110試合目で通算106得点
西浦選手のショートゴロはリクエスト検証となりますが、判定通りアウトで3アウト

6回、ヤクルトは大下佑馬投手が登板
先頭ソト選手に四球を与えますが、
嶺井捕手をピッチャーゴロ併殺打の仕留め2死ランナーなし
桑原選手はサードゴロで3アウト

6回裏1死後、DeNAは平田投手が登板
井野捕手が3塁線を破る2塁打で出ます。
代打の塩見選手は空振り三振で2死2塁
このあと、坂口選手がライトへタイムリーヒットを放ち井野捕手がホームイン
リクエスト検証となりますが、判定通りセーフで6-3


7回、ヤクルトは昨夜プロ初勝利を挙げた梅野投手が登板 3連投
2死後、大和選手にレフト前ヒットを打たれますが、
宮崎選手をライトフライに打ち取り3アウト

7回裏、DeNAは三上投手が登板
山田選手はレフトフライ
バレンティン選手は痛烈なレフトフライでしたが、
筒香選手に好捕されます。
雄平選手はピッチャー強襲の内野安打も、西浦選手は1邪飛で3アウト

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板 レフトに田代選手
ロペス、筒香、ソト選手を三者凡退に抑えます。ナイスリリーフ!

8回裏、DeNAは三嶋投手が登板
先頭の廣岡大志選手がライトスタンドへ2号ソロ弾を放り込み7-3
151㌔のストレートを捉えました!
バットに当たれば飛びます。
ベンチの宮本ヘッドの嬉しそうな顔ったら・・・。
廣岡デーにきっちり打つあたりは持っていますね。
e0222575_11174050.jpg


2死後、坂口選手が四球で歩きます。
青木選手はファーストゴロで3アウト。
珍しく今日ノーヒット。相当疲れているんでしょうね。

9回、ヤクルトは石山投手ー中村捕手のバッテリー
センターに上田選手
今日はきっちり三者凡退に締めゲームセット

ヤクルトが7-3で横浜DeNAを下し、このカードの勝ち越しを決めました。

先発した石川雅規投手は、5回を投げ101球6安打3失点で6勝目をあげました。
おめでとうございます。

あとをつないでリリーフ陣は大下、梅野、近藤、石山投手が無失点リレー
石川投手の6勝目に向け、怖いDeNA打線をよく抑えました。

打線は8安打で7得点
初回に西浦選手が2点タイムリー2塁打
3回にはバレンティン選手がプロ野球史上62人目となるメモリアル250号となる33号2ラン
5回には相手エラーで、四球で出た山田選手が1塁からホームインして1得点
6回には坂口選手のタイムリー
そして、8回には今日昇格即スタメンの廣岡選手が2号ソロ

今日は投打がかみ合ったナイスゲームでした。
また、山田、雄平選手など好守もあって、締まった試合となりました。
何より、バレンティン選手のメモリアル250号を勝利で飾れてよかったです。

火曜日からは甲子園で阪神との3連戦
また関西に移動ですね。
阪神戦では調子を落とす山田哲人選手がちょっと心配です。
今日は30盗塁が幻となりましたが、
トリプルスリーへ向け早めに決めてほしいですね。

by misty2011 | 2018-08-26 21:53 | 東京ヤクルトスワローズ
神宮に戻って、横浜DeNAベイスターズとの初戦に敗れ、
3連敗となった東京ヤクルトスワロ―ズ。
昨夜は、カープ戦のサヨナラ負けのショック、また、当日移動日だったのもあってか、
元気がなかったナインでしたが、今日は再び粘り強い戦いを見せてほしいものです。

2戦目の先発は、ヤクルトがカラシティー投手、DeNAはウィーランド投手
どちらもバッティングがいい投手です。

スタメンは昨夜と同じ

試合経過は ニッカンスコア

初回、カラシティー投手は三者凡退に抑える上々の立ち上がり

1回裏、先頭の坂口選手が四球で歩きますが、
青木選手はショートゴロ併殺打
山田選手もショートゴロで3アウト

2回1死後、カラシティー投手は宮崎選手にレフトへのヒットを打たれ、
伊藤捕手のショートゴロでランナーが入れ替わって2死1塁
このあと、伊藤捕手に2盗を許し2死2塁から、
桑原選手にレフト前タイムリーヒットを打たれ、DeNAが先制。0-1

2回裏、先頭のバレンティン選手がレフトへのヒット
雄平選手はショートゴロでランナーが入れ替わって1死1塁
西浦選手はライトフライで2死となり、
雄平選手が2盗後、宮本選手は四球で歩き2死1、2塁
中村捕手は死球(DeNAのリクエスト失敗)で2死満塁
ここで、主砲カラシティー投手が三遊間を抜けるタイムリーヒットを放ち、
二者生還して2-1と逆転!
ナイスバッティング!

坂口選手は四球を選び2死満塁
青木選手はライト前タイムリーヒットを放ち、二者生還して4-1
2死1、3塁となり、山田選手はサードゴロで3アウト。
一気に畳みかけたかったですが、山田くん、今日もチャンスで打てません。

3回、カラシティー投手は先頭の柴田選手にセンターへの2塁打を打たれますが、
後続を打ち取り3アウト

3回裏、先頭のバレンティン選手がレフトへのヒット
雄平選手もレフトへのヒットで続き無死1、2塁
西浦選手はバスターを決めセンター前ヒットで無死満塁
宮本丈選手は叩きつけた打球がセンター前タイムリーヒットとなり、
二者生還して6-1
 久しぶりのヒットがプロ初打点となりました。
無死1、2塁となり、中村捕手は三振で1死1、2塁
カラシティー投手は初球で見事送りバントを決め2死2、3塁
打たせてほしかったような気もしますが。
坂口選手はセカンドタイムリー内野安打で7-1
なおも2死1、3塁で、青木選手は捕邪飛で3アウト
この回、ヤクルトは4連打含む5本のヒットで3点を追加しました。

4回、カラシティー投手は先頭の筒香選手に
センターバックスクリーン左に飛び込む29号ソロ弾を浴び7-2

宮崎選手にもヒットを打たれ、
つづく伊藤光捕手のレフトフライをバレンティン選手が落球するエラーで無死1、2塁
このあと、桑原選手にセンター前ヒットを打たれ無死満塁のピンチ
ウィーランド投手にセンターへ犠牲フライを運ばれ7-3
ヒットでなくてよかったという打球でした。
1死1、2塁となり、柴田選手はピッチャーゴロで2死2、3塁
大和選手はライトライナーで3アウト

4回裏、先頭の山田選手はセンターフライ。う~ん、3打数ノーヒット
ここまでヒットを打ってないのは中村捕手と山田くんだけ。
バレンティン選手はレフトフライ
雄平選手は空振り三振。
クリーンナップが三者凡退に終わりました。
これはちょっと流れがよくありません。

5回、カラシティー投手は、先頭のソト選手を四球で出しますが、
ロペス選手はセンターフライで1死1塁
芯でとらえられていますが、DeNAの打球は正面に飛んで助かっています。

次の筒香選手の打席で、ヤクルトはハフ投手に継投
筒香選手をレフトフライに打ち取り2死1塁
宮崎選手はセンター前ヒットで2死1、2塁
伊藤捕手はサードフライで3アウト

5回裏2死後、中村捕手が四球で歩きます。
代打の塩見選手は痛烈なピッチャーライナー
ウィーランド投手に捕られました。初ヒットならずアンラッキー

6回、ヤクルトは秋吉投手が登板
2死後、柴田選手にレフト線への2塁打を打たれ、
大和選手は四球で2死1、2塁
続くソト選手をライトフライに打ち取り3アウト

6回裏、DeNAは三上投手が登板
先頭の坂口選手が四球で出塁
青木選手はライト前ヒットで無死1、3塁
さあ、ここでまだノーヒットの山田くん
センターへ犠牲フライを運び8-3

ヒットは打てませんでしたが、苦手の三上投手から最低限は出来ました。ほっ…
バレンティン選手はセンターフライ、
雄平選手はショートゴロで3アウト

7回、ヤクルトは梅野投手が登板
ロペス、筒香、宮崎選手を三者凡退に抑えるナイスリリーフ
昨年は、いいストレートはあっても、おどおどしながら投げていましたが、
今年は落ち着いて、自信を持って投げ込んでいます。随分成長しました。
これなら、勝ちパターンの7回を任せられそうです。

7回裏、DeNAは藤岡投手が登板
1死後、宮本選手がライト前ヒットで出ます。今日マルチ
中村捕手はライト前ヒットで1死1、2塁
代打の畠山選手は空振り三振で2死となり、
坂口選手は四球で歩き2死満塁 
青木選手の代打・上田選手はファーストゴロで3アウト
えっ?青木選手に代打って・・・?

8回、ヤクルトは近藤一樹投手 サードに谷内、センター上田選手
レフトは前の回から田代、ファーストは畠山選手
既に主力のバレンティン、青木、坂口選手はベンチに下がりました。

先頭の伊藤捕手にレフトへのヒット、
桑原選手はサード内野安打を打たれ無死1、2塁
代打の佐野選手にライトスタンドへ3ランホームランを運ばれ8-6と2点差に
柴田選手にもレフトへヒットを打たれ、
大和選手はセンターフライでようやく1死1塁
ソト、ロペス選手を連続三振に仕留め3アウト

8回裏、DeNAは砂田投手が登板
先頭の山田選手がセンターオーバーフェンス直撃の3塁打で出塁
もうチョイでホームランでしたが、これで先発全員安打となりました。
田代選手は四球で歩き2盗を決め無死2、3塁
雄平選手は三振に倒れ、西浦選手は申告敬遠で1死満塁
続く谷内選手がライトへ犠牲フライを運び9-6と3点差に
貴重な追加点が入りました。

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の筒香選手に今日2本目となる30号ソロホームランを打たれ9-7
宮崎選手にはレフトへの2塁打を打たれ、
楠本選手にライト前ヒットを打たれ無死1、3塁
桑原選手は空振り三振で1死1、3塁
佐野選手は捕邪飛で2死となり、
柴田選手に四球を与え2死満塁
最後は大和選手を空振り三振に斬って取りゲームセット
ふ~~~っ、よかった。心臓がバクバクでしたね。

ヤクルトが乱打戦を制し、9-7で辛くも逃げ切り、連敗を3で止めました。

7回に、DeNAクリーンナップを三者凡退に抑えた梅野雄吾投手が、
嬉しいプロ初勝利をあげました。おめでとうございます。
去年に比べると格段に安定していますね。
これから、まだまだ大きな伸びしろを感じます。
どうか大事に使ってほしいですね。

e0222575_102417.jpg


ヤクルトは先発全員安打の12安打で9得点
DeNAは15安打で7得点
乱打戦を制しました。

先発カラシティー投手は勝ち投手の権利直前で交代となりました。
力強い球は投げていますが、制球がアバウトで高めに浮き不安定でした。
ピッチングより今日は満塁からの2点タイムリーヒットが見事でした。
打撃が抜群にいいので、マジで代打で使えそうに思います。

ハフ投手への継投は成功しましたね。
秋吉投手も何とか無失点に抑え、
梅野投手が、最も厳しい打順を3人で見事片付けました。

近藤一樹投手は酷使しすぎでしょ。功労者を今年で使い潰す気かと腹が立ちます。
石山泰稚投手も、ここへ来て球威がガクッと落ちていて心配ですね。
これから佳境に入るペナントレース終盤、ちょっと不安ですね。
何とか最後まで持ってほしいと願います。

打線は2回3回と、集中打が見事でした。
特に下位打線が頑張りましたね。
宮本丈選手はプロ初打点をマークするなど今日マルチヒット

坂口選手は4四球とタイムリー内野安打で5打席全出塁
青木選手はマルチヒットで2打点
山田哲人選手は1安打1犠飛で1打点
バレンティン選手はマルチヒット
谷内選手が貴重な犠牲フライの1打点

先発全員安打はよかったですが、主力選手をちょっとリードしたからって、
早めに引っ込めるのはどうかと思います。
これで何度も痛い目に合っているというのに・・・。
勝負は下駄を履くまでわかりません!
終盤、追いあげられてきた際には、山田、雄平選手しか残っていませんでしたからね。
ベンチは大いに反省してほしいです。
逃げ切れてとにかくよかったです。

連敗が止まったので、明日からは連勝と行きましょう。

by misty2011 | 2018-08-25 22:39 | 東京ヤクルトスワローズ
悪夢のサヨナラ負けから一夜明け、東京ヤクルトスワロ―ズは当日移動で、
今日から神宮に横浜DeNAベイスターズを迎えての3連戦

今日は風が強いので、フライが上がると怖いですね。
先発は、ヤクルトがブキャナン投手、横浜DeNAは濵口遥大投手
スタメンには、昨夜、手をアイシンングしていたバレンティン選手の名前があり、
ほっとしました。
7番サードは宮本丈選手で、先発マスクは中村悠平捕手

ひとつ心配なことが
今日の公示で、昨夜投げた原樹理投手が抹消されました。
ローテを飛ばすような理由は見当たらないので、どこか痛めたってことでしょうか?
【追記】下半身のコンディション不良とのことです。
上がって来るのはルーキーの塩見泰隆選手

試合経過は ニッカンスコア

初回、ブキャナン投手は、大和、ソト選手に連打され無死1、3塁
ロペス選手のサードゴロ併殺打の間に
3塁ランナーが生還して先制されます。0-1

筒香選手には2塁打を打たれますが、宮崎選手を抑え3アウト

1回裏2死後、
山田哲人選手が30号ソロホームランをレフトスタンドに放り込み1-1の同点に
完璧な当たりでした。トリプルスリーの一つ本塁打はこれでクリア

2回、ブキャナン投手は先頭の伊藤捕手を四球で出し、
桑原選手のレフトへのヒットで無死1、3塁
送りバントで1死2、3塁となり、
柴田選手にライト線へのタイムリー2塁打を浴び、二者生還して1-3
2死後、ソト選手にレフトへのタイムリー2塁打を打たれ1-4
ロペス選手にもレフトへタイムリーヒットを打たれ1-5
この回、4安打を集められ一挙4失点。ボコボコに打たれました。

2回裏、先頭の雄平選手がレフトへのヒット
西浦選手のショートゴロで2塁フォースアウト。リクエストも判定どおりアウト
2死後、中村捕手のセンターへのヒットで2死1、3塁も、
ブキャナン投手は空振り三振で3アウト

3回1死後、ブキャナン投手は伊藤捕手にライトオーバーの2塁打を打たれますが、
後続を打ち取ります。

3回裏1死後、青木選手がライト前ヒット
山田選手は四球で歩き1死1、2塁
バレンティン選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち、
青木選手が生還して2-5

雄平選手は三振、西浦選手はショートゴロで追加点ならず。

4回、ブキャナン投手は先頭の柴田選手にレフト前ヒットを打たれ、
大和選手はサードゴロも、宮本選手の2塁フィルダースチョイスで無死1、2塁
宮本選手は打球を待って捕球、送球もゆるめ。
守備がイマイチなのは残念です。
ソト選手はショートゴロ併殺打で2死3塁となり、
ロペス選手を見逃し三振に斬って取り無失点で切り抜けます。

4回裏2死後、ブキャナン投手がレフトへのヒットで出ます。
ピッチングよりバッティングの方が頼もしいブキャナン投手。
坂口選手はレフト前ヒットで続き2死1、2塁
青木選手はボテボテの内野安打で2死満塁
ここで、山田選手、2試合連続の満塁弾イケ~!
しかし、空振り三振に倒れ得点ならず。ガクッ…

5回、ブキャナン投手は先頭の筒香選手に四球を与え、
宮崎選手はサードゴロで2塁フォースアウト。
前の回と同じで、宮本選手は捕球動作も送球もゆるめで、
守備に関しては相当時間がかかりそう。ポテンシャルはあまり感じません。
鍛えて上手くなればいいのですが・・・。
ブキャナン投手は後続を打ち取り0点に抑えます。

5回裏、先頭バレンティン選手は3球三振
雄平選手は見逃し三振
ヤクルトは、前の回から3者連続三振
西浦、宮本選手は連続四球で歩き2死1、2塁
両者ともストライクと思われる球がありましたが、球審の手が上がらずラッキー
中村捕手はファーストライナーで得点ならず。

6回2死後、ブキャナン投手は大和選手にセンターへの2塁打を打たれますが、
ソト選手をファーストゴロに打ち取り3アウト

6回裏、DeNAは三嶋投手が登板
1死後、坂口選手が四球で歩きます。
青木選手はサード宮崎選手のエラーで1死1、2塁
山田選手はサードゴロ併殺打で3アウト
今日は一発以外は好機でブレーキ。流れが来ません。

7回、ヤクルトは梅野投手が登板
先頭のロペス選手にレフト前ヒットを打たれ、
筒香選手には全球ストレートで、最後は147㌔で空振り三振に仕留め1死
筒香選手を抑えるには速いストレートに限ります。
遅いストレートはダメ。甘い変化球はもっとダメ
宮崎選手はショートゴロ併殺打に仕留め3アウト。
ナイスピッチング!

e0222575_10213943.jpg


7回裏、DeNAは三嶋投手続投
バレンティン選手は空振り三振
雄平選手はレフト前ヒット
西浦、宮本選手は空振り三振で3アウト

8回、ヤクルトは秋吉投手が登板
宮本選手の好守もあって、DeNA打線を今日初めて三者凡退に抑えます。

8回裏。DeNAはパットン投手が登板
代打の藤井選手は見逃し三振
代打の田代選手も空振り三振
2死後、坂口選手がライトスタンドへ3号ソロ弾を運び3-5と2点差に

9回、ヤクルトは大下佑馬投手ー井野卓捕手のバッテリー
先頭・柴田選手のファーストゴロを坂口選手が後逸するにエラーで出し無死2塁
大和選手の送りバントで1死3塁
続くソト選手に前進守備の三遊間を抜けるタイムリーヒットを打たれ3-6
代走の関根選手が2盗を決め1死2塁
ロペス選手は空振り三振で2死となり
筒香選手は四球で2死1、2塁
宮崎選手をショートライナーに打ち取り3アウト

9回裏、DeNAは山崎康晃投手が登板
3点ビハインドで、先頭の山田選手はセンターフライ
バレンティン選手はサードフライ
雄平選手はセカンドゴロであっさり三者凡退でゲームセット

ヤクルトは3-6でDeNAとの初戦を落とし、これで広島戦から3連敗となりました。

先発のブキャナン投手は6回を投げ10安打浴び5失点で9敗目
特に、初回、2回とDeNA打線につかまり2回までに7安打で5失点
その後は、粘り強く投げただけに、序盤に打たれ過ぎたのが悔やまれます。
最近は球が高くて、打たれるべくして打たれています。
去年もそうでしたが、暑くなってからのピッチングがよくありませんね。

梅野投手はストレートがよかったです。
1軍昇格後、まだ1失点と頑張っています。
秋吉投手も今日は無失点
大下投手はエラーがらみで1失点(自責は0)
リリーフ陣はよく頑張りました。

打線は10安打3得点で11残塁
山田哲人選手は30号ソロ弾を打ちましたが、
4回の満塁のチャンスに空振り三振
ここで、一打出ていれば流れを引き寄せられたでしょうね。
さらに、6回には好機でサードゴロ併殺打と、今日はブレーキでした。

バレンティン選手はタイムリーヒットの1打点
坂口選手が8号ソロ弾などマルチヒットで1打点
青木選手と雄平選手がマルチヒットでした。

DeNAに主導権をとられたまま、チャンスにあと1本が出ず、
最後までひっくり返せそうな気配がなく終わりました。

3連敗で借金は3.このままズルズル負けないよう、
明日は粘り強い戦いを見せてほしいと思います。

by misty2011 | 2018-08-24 21:56 | 東京ヤクルトスワローズ
マツダスタジアムは台風接近の中、予想された雨は降らず、風は強いものの
試合が強行されました。

1勝1敗のタイで迎えた3戦目
先発は広島カープが岡田明丈投手、ヤクルトは原樹理投手
今日も7番サードで宮本丈選手がスタメン 先発マスクは井野卓捕手
試合経過は ニッカンスコア

選手公示では、館山昌平投手が抹消され、大村孟選手が上がってきました。


初回、坂口、青木選手が連打、山田哲人選手は四球で歩き無死満塁のチャンス
バレンティン選手がセンターへ犠牲フライを運びヤクルトが先制 1-0
雄平選手はレフトへのヒットで1死満塁
このあと、岡田投手のボークで2-0
西浦、宮本選手は倒れ3アウト
(当ブログのスコア表記は、常にヤクルト側からです)

1回裏、原樹理投手は先頭の野間選手にセンター前ヒットを打たれ2盗成功
菊池選手のファーストゴロで1死3塁
丸選手は空振り三振
鈴木選手をセンターフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

2回1死後、原樹理投手は左中間への2塁打で出塁
坂口選手はセンターへのヒット、青木選手は四球で歩き1死満塁
ここで、山田哲人選手がレフトスタンドに29号満塁ホームランを放り込み
6-0と突き放します。

満塁での打率がよくない山田選手なので、私はイヤだなあと心配しましたが、
結果は最高!!
決してやさしくない内角150㌔のストレートを、
山田くんならではの見事なインコースさばきでスタンドまで運びました。
久しぶりの一発がグラウンドスラムとは、嬉しさが半端ないです。
バレンティン選手もレフトへのヒットで続きますが、後続が倒れ3アウト

山田くんのグランドスラムで、カープ贔屓の解説・笘篠さんの声のトーンが落ち、
静かになったのは喜ばしいことです。

2回裏、原樹理投手は、先頭の松山選手にセンター前ヒットを打たれますが、
西川選手をレフトフライ、
田中広輔選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト

3回裏2死後、原樹理投手は野間選手をセカンド内野安打で出しますが、
菊池選手を三振に仕留め3アウト

4回、先頭の青木選手がライト線への3塁打で出塁
山田選手の打球はセンターバックスクリーンフェンス手前まで伸び、
丸選手に好捕されますが、大飛球の犠牲フライとなり7-0

風の影響がなければ、2打席連続弾だったでしょうね。
惜しい当たりでしたが、今日はいい感じでバットが振れています。
ここまで、一人で5打点

4回裏、原樹理投手は先頭の丸選手を四球で出しますが、
鈴木、松山選手をレフトフライに打ち取り2死
西川選手にセンターへヒットを打たれますが、後続を打ち取り、
この回も0点に抑えます。

5回、ヤクルトは三者凡退

5回裏、原樹理投手は先頭の曾澤捕手にレフト前ヒットを打たれ、
代打の曽根選手に右中間へのタイムリー3塁打を浴び1点失います。7-1
曽根選手はプロ初ヒットがタイムリーとなりました。
つづく野間選手のショートゴロの間に3塁から曽根選手が生還して7-2

6回、広島は高橋樹也投手が登板
1死後、坂口選手がセンター前ヒット、今日3安打
青木選手は三振で2死となり、
山田選手はサードフライで3アウト

6回裏、原樹理投手は先頭の鈴木選手に三遊間を破るヒットを打たれ、
このあと、原樹理投手の暴投で無死2塁
松山選手はショートフライ
西川選手はセカンドゴロで2死3塁となり、
つづく田中広輔選手にレフト前タイムリーヒットを打たれ7-3
じわじわ追いあげられてきました。
曾澤捕手はセカンドライナーで3アウト
センターへ抜けるかという打球でしたが、
2塁ベースカバーに入ろうとした山田くんがナイスキャッチ!
ピンチを断ち切りました。

7回1死後、続投の高橋樹也投手から雄平選手がセンターへのヒット
西浦選手がレフトへのタイムリー2塁打を放ち、雄平選手が1塁から一気にホームイン
8-3となります。

ようやく追加点が入りました。

7回裏1死後、原樹理投手は野間選手にライト前ヒットを打たれます。
山田選手の前でイレギュラーして高く弾みました。
バティスタ選手は空振り三振。野間選手は2盗して2死2塁
丸選手は四球で2死1、2塁
ここで、鈴木誠也選手に右中間へタイムリー2塁打を打たれ、
二者生還して8-5と3点差

笘篠さんが元気になってきました。
丸選手と勝負した方がよかったかも?

ここで、ヤクルトはハフ投手に交代
松山選手をショートゴロに打ち取り3アウト。

8回、広島はジャクソン投手が登板
3点差では不安なので、追加点がさらにほしいところ。
2死後、青木選手がレフト前ヒット。今日3安打猛打賞
山田選手はライト線への技ありの2塁打を放ち2死1、3塁
低めの球をうまく逆方向へ打ちました。
しかし、2死であの打球で、青木選手、ホームに還って来れませんか?
代打の畠山選手はサードフライに倒れ追加点ならず。

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
きっちり三者凡退に抑えます。

9回、広島は今村投手が登板
先頭の雄平選手はレフト前ポテンヒット 3安打猛打賞
西浦選手は送りバントを決め1死3塁
しかし、谷内、井野選手が倒れ追加点ならず。

9回裏、3点リードで石山泰稚投手が登板
ベンチでは右手をアイシングしているバレンティン選手の姿がありました。
1死後、野間選手のショートゴロがリクエストとなり、
リプレー検証の結果、判定が覆りセーフとなって1死1塁
バティスタ選手にセンター前ヒットを打たれ1死1、2塁のピンチ
ここで、なんと丸選手に28号3ラン同点ホームランを浴び8-8
さらに、鈴木誠也選手に24号サヨナラホームランを打たれゲームセット

守護神の石山投手が9回2被弾で4点失い、
ヤクルトは8-9×でサヨナラ負けを喫しました。

なんという悪夢!!!
ショックが大きすぎて言葉を失いました。
カープの怖さを最後に思い知らされました。

一時は7-0と大量リードでしたが、これで勝てないとは・・・
しかも山田くんが29号満塁弾など5打点と活躍した試合だというのに、
何てことなの、ウソだと言ってよ!

今日のヒーロー間違いないと思って、あらかじめ用意した笑顔の山田くんの写真でしたが、
そのまま載せておきます。
山田くんが笑顔で終わらなきゃいけない試合でしたよ!
ショックで写真を差し替える気力もありません。
e0222575_153516.jpg



序盤の楽勝ムードで、中盤以降、追加点が1点しか取れなかったのが痛かったですね。
まさか、こんなことになるとは思いませんでしたが、
やはりカープ相手には何点リードしていても、
セーフティーリードではないってことですね。

原樹理投手は7回途中まで投げ、119球10安打浴び5失点
前回は完封勝利も、カープ打線にはよく打たれました。
それでも、今日は勝てると思いましたが、甘くありませんでした。
今日は、勝ち運の無い頃の原樹理投手に戻りましたね。残念です。

原樹理投手登板時には井野捕手とのバッテリーがいいですが、
リリーフ陣は、どちらかというと中村悠平捕手の方が良さそうに思います。
9回のチャンスには、井野捕手に代打を出してほしかったですね。

打線は11安打で8得点
坂口、青木、雄平選手が3安打猛打賞!
山田哲人選手はマルチヒット、29号満塁弾と犠牲フライの5打点
バレンティン選手が初回の犠飛で1打点
西浦選手が7回にタイムリー2塁打を放ち1打点でした。

今日のヒーローは山田くんのはずでしたが、最後でスルリ
丸ちゃんと鈴木誠也選手に持って行かれました・・・。
チームにとっても、大活躍の山田哲人選手にとっても、
ダメージが半端ないサヨナラ負けとなりました。

明日は神宮に戻ってDeNAとの3連戦
筒香選手に当たりが戻って来ているのが怖いですね。
切り替えてと言っても、これだけショックが大きい負けだと、
そうは行かないかもしれませんが、今日の負けを引きずらないことを願うのみです。

by misty2011 | 2018-08-23 22:10 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜は9回2死、3塁で田代選手がタッチアウトでゲームセットとなるところで、
今季から設けられたリクエスト制度により判定が覆り、そこから同点。
そして延長10回には一挙5得点をあげて
東京ヤクルトスワロ―ズが、まさかの逆転勝利!
広島にとってはダメージの大きな負けだったでしょうね。
野球は最後まで何が起きるかわからないという凄い試合でした。

今日は館山昌平投手が久しぶりに1軍で先発します。
広島カープの先発は九里亜蓮投手

その館山投手と入れ替わって抹消されたのが、なんと川端慎吾選手でした。
これにはびっくりです。
昨日はほぼ最後まで試合に出ていたので、もう大丈夫と思っていましたが、
状態がよくないんでしょうか?
おそらく腰だと思われますが、
どこを痛めているか公表されていないのでよくわかりません。

スタメン7番サードはルーキーの宮本丈選手、先発マスクは井野卓捕手

試合経過は ニッカンスコア

初回2死後、山田哲人選手がレフト線への2塁打で出塁
初回にヒットが出てホッとしました。
続くバレンティンん選手がレフトへタイムリー2塁打を放ちヤクルトが先制 1-0
雄平選手は四球、西浦選手はショート内野安打でで2死満塁となりますが、
宮本選手が見逃し三振に倒れ1点どまり

1回裏1死後、館山選手は菊池選手にレフトへのヒットを打たれ、
丸選手には四球を与え1死1、2塁
鈴木選手は見逃し三振に仕留めますが、
松山選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ、たちまち1-1の同点に
バレンティン選手がファンブルする間にランナーが進塁し2死1、3塁
西川選手は空振り三振で3アウト

2回、ヤクルトは三者凡退

2回裏、先頭の田中広輔選手にセンター前ヒットを打たれ、
館山投手の悪送球で2塁はセーフとなり、曾澤捕手のセカンドゴロで1死3塁
九里投手は四球で1死1、3塁
館山投手は、相変わらずコントロールが定まりません。
このあと野間選手にレフトへ犠牲フライを運ばれ1-2と勝ち越されます。

3回、先頭の青木選手がライトフェンス直撃の2塁打で出ます。
山田選手は四球で歩き無死1、2塁
ここで、バレンティン選手が左中間スタンドへ32号3ランホームランを放り込み
ヤクルトが4-2と逆転

バレンティン選手は今日早くも4打点。山田くんは2得点で今季100得点!

3回裏、先頭・鈴木誠也選手の痛烈な打球が、
館山投手の右腕ひじ付近に直撃する内野安打となり、
館山投手は負傷交代となります。
何度も手術をした右ひじ付近に直撃したので非常に心配ですね。
内出血していました。

無念の負傷降板となった館山昌平投手 
e0222575_11411968.jpg



2番手で風張蓮投手が登板
松山選手にセンター前ヒットを打たれ無死1、3塁
西川選手はショートゴロ併殺打で、その間に3塁ランナーが生還して4-3

4回、ヤクルトは三者凡退

4回裏、風張投手は曾澤捕手に11号ソロ弾を浴び4-4の同点に
今日も点の取り合いで、もつれた試合になりそうです。

5回、青木選手はセカンドゴロ
山田選手は甘いストライクを見逃し、最後はフォークに空振り三振
バレンティン選手は三遊間を抜けるヒットで出ますが、
雄平選手はショートライナーで3アウト

5回裏、先頭の丸選手がセンター前ヒット
鈴木選手は四球で無死1、2塁
松山選手はファーストゴロでランナーが進塁して1死2、3塁

ここで、ヤクルトは秋吉亮投手に交代
その初球、西川選手に3ランホームランをライトスタンドに放り込まれ4-7
不用意な1球でしたね。
左バッターにサイドの秋吉投手っていうのがわかりませんね。
風張投手のままでよかったように思います。

6回、ヤクルトは三者凡退

6回裏、秋吉投手続投
1死後、野間選手がサード内野安打
菊池選手はライトフライ、スタートを切っていた野間選手は1塁へ戻れず
ダブルプレーで3アウト

7回、広島は一岡投手が登板
ヤクルトは三者凡退

7回裏、ヤクルトは広島出身のルーキー大下佑馬投手が登板
センターに上田選手が入ります。
丸、鈴木、松山選手を三者凡退に抑えるナイスピッチング

8回、広島はフランスワ投手が登板
先頭の山田選手がサードのグラブを弾くレフト前ヒット、今日マルチ
バレンティン選手は空振り三振
雄平選手はレフトフライ
西浦選手の打席で山田選手が2盗してアウトとなり、
リクエストとなりますが判定通りアウト。微妙でしたけどね…4個目の失敗

8回裏、大下投手続投で、3人で片付けます。
地元初登板で、2イニングパーフェクトに抑えました。

9回、広島は中崎投手が登板
先頭の西浦選手がライト前ヒットで出塁
代打攻勢で谷内選手は空振り三振
畠山選手はセカンドゴロで2死2塁
最後は上田選手がショートゴロに倒れゲームセット
今日は9回に粘れませんでした。

ヤクルトは4-7で広島に敗れ、このカード1勝1敗のタイ。
再び借金1となりました。

先発の谷間ということで、他に投げる先発がいないことから館山投手が登板しましたが、
3回に負傷交代というのが、本人にとって無念だったと思います。
館山投手は2回 0/3を投げ3失点(自責2)
どの程度のケガかまだ分かりませんが、
このまま終わることなく、再びマウンドに立ってほしいと願います。

2番手の風張投手は曾澤捕手に一発を浴び4敗目
3番手の秋吉投手は西川選手に3ラを浴び勝負が決まりました。
7回から2イニング投げた大下投手がパーフェクトに抑えるナイスピッチングでした。

ヤクルト打線は8安打で4得点
バレンティン選手が先制のタイムリー2塁打と、3回には32号3ランを放ち、
一人で4打点をたたき出しました。
あと3塁打が出ればサイクルでしたが、それはなりませんでした。
絶好調ですね。

あとは、山田哲人選手と西浦選手がマルチヒット
青木選手が1安打でした。

3回までに4得点でしたが、それ以降は九里投手とカープリリーフ陣に抑えられました。
最終回は先頭が出たので期待しましたが、いつもの粘りはなく、
3点差のままゲームセット。

負け自体はそれほどショックではありませんが、館山投手の状態が心配です。

明日は、台風の影響で、試合が出来るかどうか危ぶまれています。
原樹理投手なので、出来れば試合をやってほしいですけどね。

by misty2011 | 2018-08-22 21:50 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011