タグ:オリックス・バファローズ ( 7 ) タグの人気記事

ソフトバンクホークスとの首位決戦に連勝して、
ついに交流戦単独首位に躍り出た東京ヤクルトスワロ―ズ

ロッテ戦の2戦目から、これで7連勝となり、リーグ順位も3位に浮上しました。
まさかまさかの快進撃に驚いています。
ヤクルトの7連勝は、優勝した2015年以来、3年ぶりとのこと。
さらに連勝を伸ばしたいですね。

ひとつ残念なことがあります。
昨日、5回にセンター前ヒットを打った大引啓次選手が、
1塁へ向かう際に下半身を痛め負傷交代しましたが、本日付で登録抹消されました。
下からは三輪正義選手が上がってきました。

オリックスとのカードなのに、元オリックス戦士の坂口、大引選手がいないのは残念です。

オリックスバファローズとの初戦の先発は
ヤクルトがハフ投手、オリックスは西勇輝投手
スタメンは、7番に藤井亮太選手が入り、3番ファーストは今日も川端選手で、
坂口選手は外れています。

試合経過は ニッカンスコア

初回、ハフ投手は四球でランナーを出しますが、2盗を中村捕手が刺し、三者凡退
2回も危なげなく三者凡退の上々の立ち上がり

ヤクルトも初回は西投手の前に三者凡退
2回も、あっさり三者凡退

3回、ハフ投手は先頭の武田選手にセンター前ヒットを打たれ、送りバントで1死2塁
西投手のセカンドゴロで2死3塁となり、トップに戻って、
ルーキー西村凌選手にプロ初ホームランとなる2ランをレフトスタンドに運ばれ
先制を許します。0-2
2球続けたチェンにアップを打たれました。
西村選手は私は初めて見るので、よくわかりませんが、風にも乗って打球が伸びました。

続く福田選手のショートゴロはリクエスト検証となり、判定通りアウトで3アウト
西浦選手が三遊間深い所から遠投してアウトにしました。ナイスプレー!

3回もヤクルトは三者凡退。いい当たりはあっても正面に飛びます。
ここまで、西投手を打てそうにありません。

4回、ハフ投手はクリーンナップを3人で片付けます。

4回裏2死後、川端選手がセカンド内野安打で、チーム初ヒットとなり出塁
とりあえずノーノーは阻止しました。
バレンティン選手はショートゴロで3アウト

5回2死後、ハフ投手は若月捕手に左中間への2塁打を打たれますが、
西投手を三振に仕留め3アウト

5回裏、西投手を打ちあぐねるヤクルト打線
こうなると流れを変える雄平選手に期待も、粘りますが見逃し三振
西浦、藤井選手も倒れ3アウト
攻略の糸口が見えないままサクサク進みます。

6回、先頭の西村選手はセカンド山田選手のファンブルエラーで出します。
今季は集中力欠如のエラーが多いですね。これで5個め。これではGGは到底無理!
打てない、守れない、走れないと、最近はいいところがまるでなし。
せめて、しっかり守ってほしいです。

代走は小田選手で、送りバントで1死2塁となり、
吉田選手は三振、マレーロ、小谷野選手の連続四球で2死満塁
つづく安達選手をセンターフライに打ち取り無失点で切り抜けます。
やれやれ、山田くん、助かりました。

6回裏、中村捕手、代打の三輪ちゃん、山田選手が三者凡退
山田くん、これまでのミスも積み重なっているので、
バットで取り返さなきゃいけませんが、打てそうにありません。

7回、ヤクルトは風張蓮投手が登板
三者凡退に抑えます。

7回裏、先頭の青木選手が四球を選んで出塁。西投手は初の与四球となりました。
川端選手はセカンドゴロで2塁フォースアウトとなり1死1塁
バレンティン選手はライトフライで2死となり、
雄平選手はピッチャーゴロで3アウト

8回、ヤクルトは松岡健一投手が登板
バレンティン選手がファールを捕りそこなったあと、右手を痛そうにしていますが、
大丈夫でしょうか?それとも、いつもの痛いンティン!?
2死後、吉田選手にセンター前ヒットを打たれますが、マレーロ選手を三振に仕留めます。

8回裏、オリックスは山本由伸投手に交代
2死後、中村捕手がライトへのヒットで出塁
代打・畠山選手は四球を選んで2死1、2塁。代走は坂口選手
ここで、終盤の好機に山田くん・・・。
ライトポール際にホームラン性の打球を打ちますが、ファールとなります。
ポールに当たったようにも見えたんですが、リクエストしませんでした。
このあとボール球に空振り三振で得点ならず。何もそんなに強振しなくても・・・。
あれが入っていれば…ヒーローになれたのにと思いましたが、
結果はやっぱり同じことの繰り返しでした。
序盤や中盤くらいなら、打つこともあるんですが、
こういう終盤の勝負所での勝負弱さには、やっぱり萎えます。
果たして、私がこのブログを続けている間に、そういう場面で打ってくれるでしょうか?

9回、ヤクルトは秋吉投手が登板し、レフトはバレンティン選手が下がりに荒木選手、
ショートには谷内選手
その谷内選手が早速エラーでランナーを出します。
下でもエラーが多かったようですね。
このあと、2死3塁となり、代打・T-岡田選手は敬遠で2死1、3塁
つづく大城選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ0-3と突き放されます。
このあと、またも谷内選手にエラーが出て2死満塁となりますが、
後続を三振に仕留めます。

9回裏、オリックスは増井投手
3点を追うヤクルトは1死後、川端選手がサード内野安打で出塁。今日マルチ
代打・上田選手はショートフライ、雄平選手はショートライナーでゲームセット

ヤクルトは0-3でオリックス3投手の前にわずか3安打で完封負けを喫しました。
これで一昨年からオリックスには2年連続3連敗と今日の1敗で7連敗ですね。
2015年からだと、2勝と勝ち越し後、3戦目で負けているので8連敗となりました。

ヒットは川端選手が内野安打二つと中村捕手が1安打でした。

連勝はいつか止まるので、それが今日だったということでしょう。
西くんがよかったですね。
内外ともコントロールはいいし、低めに球が集まるし、打てる気がしませんでした。
打ったのは川端選手の内野安打の1安打のみで2塁も踏めませんでした。
これで勝ち星が3勝目と言うのが可哀そうなくらい。
それだけ、パのレベルが高いんでしょうね。
今日は菅野投手が山賊打線に5回10安打5失点したくらいですから。

8回からは山本ー増井投手の継投で、チームはわずか3安打で完封されました。

ハフ投手もよかったんですが、被弾した1球に泣きました。
これで勝ち星は1勝のまま4敗目となりました。

写真は浦添キャンプよりハフ投手
e0222575_21255812.jpg


ヤクルトに唯一チャンスがあるとしたら、8回でしたが、
2死1、2塁(訂正)で山田選手が空振り三振で1点も取れず。

山田哲人選手は、6月5日に14号3ランを打ってから、また不調モードに突入
好調時が短く、すぐ打てなくなって、ノーヒットが再び続きますね。
まあ、相手投手が良かったというのもありますが、凡打の内容もよくありません。

最近は、終盤のチャンスに山田くんに回ってこないで!と、私は願うようになっています。
期待しようにも、打てないだろって結果が見えているので、
怖くて打席が見ていられないんです。

それにしても、ここへ来てけが人が続出ですね。
好調だった大引選手が抹消され、
坂口選手は代走のみの出場ということは、
死球の影響で、まだバットが振れないんでしょうね。
そして、今日はバレンティン選手が右手を痛がって途中交代しました。
明日は出られるでしょうか?

そして、明日の先発は、今季まだ勝ち星がない原樹理投手
連勝が止まったので、逆に原樹理投手の連敗もそろそろ止まるのではないかと期待しましょう。

by misty2011 | 2018-06-08 21:37 | 東京ヤクルトスワローズ
本日、2014年の三井ゴールデン・グラブ賞受賞者の発表がありました。

詳細は、三井ゴールデン・グラブ賞
2014年結果・得票数は こちら
NPB公式サイト 2014年度 三井ゴールデン・グラブ賞 投票結果


G・G受賞の選手の皆さま、おめでとうございます。
残念ながら、東京ヤクルトスワローズからは2年連続選出されませんでした。
まあ、あれだけ守備が破たんしていれば致し方ありません。

セ・リーグ ゴールデングラブ賞の選手 
写真掲載の選手は今シーズン撮ったものです。
出来るだけグローブが写っているショットを選びました。(グラブなしの選手もいます)

投手 前田健太投手(広島東洋カープ)3年連続4回目
e0222575_13291491.jpg


捕手 阿部慎之助捕手(読売ジャイアンツ)2年連続4回目
e0222575_15314242.jpg


一塁手 森野将彦選手(中日ドラゴンズ)初受賞
e0222575_15103092.jpg


二塁手 菊池諒介選手(広島東洋カープ)2年連続2回目 菊池選手のグラブはSSK
e0222575_1321333.jpg


三塁手 村田修一選手(読売ジャイアンツ)2年連続2回目
e0222575_15143143.jpg


遊撃手 鳥谷敬選手(阪神タイガース)2年連続3回目
e0222575_1323377.jpg


外野手 丸佳浩選手(広島東洋カープ)2年連続2回目 (画像差し替え)
e0222575_13551221.jpg

外野手 大島洋平選手(中日ドラゴンズ)2年ぶり3回目
e0222575_15212095.jpg


外野手 大和選手(阪神タイガース)初受賞 写真なし


パ・リーグ
投手 金子千尋投手(オリックス・バファローズ)初受賞 写真なし

捕手 伊藤光捕手(オリックス・バファローズ)初受賞
e0222575_15222348.jpg

イケメンキャッチャーなので、おまけで2枚
e0222575_15221174.jpg


一塁手 T-岡田選手(オリックス・バファローズ)初受賞
e0222575_1671854.jpg

こちらも2枚 交流戦で履正社の後輩・山田哲人選手と2ショット
e0222575_19193612.jpg

二塁手 藤田一也選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)2年連続2回目 写真なし

三塁手 松田宣浩選手(福岡ソフトバンクホークス)2年連続3回目 写真なし

遊撃手 今宮健太選手(福岡ソフトバンクホークス)2年連続2回目 写真なし

外野手 陽岱鋼選手(北海道日本ハムファイターズ)3年連続3回目
e0222575_15412951.jpg


外野手 糸井嘉男選手(オリックス・バファローズ)6年連続6回目
e0222575_13403511.jpg


外野手 柳田悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)初受賞 (写真はオールスターより)
e0222575_15292735.jpg


今シーズン目立ったのは、惜しくも優勝を逃したオリックス・バファローズから4選手が選ばれたことです。
糸井選手はこの中でも最多の受賞で、もうゴールデングラブ賞の常連となっています。
金子千尋投手は、沢村賞も初受賞。
また、金子ー伊藤のバッテリーは、ベストバッテリー賞も受賞で、パ・リーグを代表するバッテリーとなりました。
心よりおめでとうございます。T-岡田選手も初受賞でよかったですね。


セ・リーグの場合、今シーズンは捕手部門の阿部慎之助捕手の受賞は、ちょっと疑問でしょうね。
得票数を見ても分かるように、阿部捕手が96票でトップですが、それとほぼ同数の該当者なしが94票もあります。
該当者なしでよかったかもしれません。
来季は阿部選手は1塁へコンバートされるので、最後のご祝儀かもと思いました。
来シーズンは、中村悠平捕手が選ばれるよう頑張ってもらいたいと思います!

あとは、まあ妥当でしょうね。セカンドは菊池選手がぶっちぎりの1位で、
山田くんは当分はゴールデングラブはもらえそうにないですね・・・。相手が手ごわすぎます。
そのぶん、打つほうで頑張りましょう!

やはり強いチームは守備がいいですね。
個人的には、阪神の大和選手が選ばれてよかったと思います。
レギュラーシーズンもですが、特に日本シリーズの守備には感動しました。
まさに守備の名手、ゴールデングラブに最もふさわしい選手でしょうね!

来季はヤクルトからも選ばれるよう、キャンプでしっかり守備を鍛えてほしいと願っています。
by misty2011 | 2014-11-06 16:58 | セ・リーグ
マツダオールスター2014のファン投票の結果が27日発表されました。
前の記事ではセ・リーグの主に1位で選出された広島カープの選手のフォトをアップしましたが、
今回はパ・リーグ編で、ファン投票で球団最多の5名が選ばれたオリックス・バファローズの選手他です。
数字はオールスター出場回数


マツダオールスター2014 ファン投票結果

【先発投手】 西勇輝投手 2回目
e0222575_9173647.jpg


【中継ぎ投手】 佐藤達也投手 2回目
e0222575_9175179.jpg
e0222575_918054.jpg


【抑え投手】 平野佳寿投手 6回目 写真なし
オリックスが投手部門すべてトップで独占しました。

【捕手】 嶋基宏捕手 6回目

【1塁手】 中村剛也選手 6回目

【2塁手】 浅村栄斗選手 2回目

【3塁手】 松田宣浩選手 4回目

【遊撃手】 今宮健太選手 初

以上5選手は今季の写真なし

【外野手】 糸井嘉男選手 6回目 
e0222575_9193740.jpg

2年連続最多得票数487,246票を獲得した糸井選手
e0222575_9194656.jpg
e0222575_920878.jpg


【外野手】 中田翔選手 4回目
e0222575_9523992.jpg

5月28日は金髪でした。

【外野手】 陽岱鋼選手 3回目
e0222575_9552188.jpg


【DH】 ペーニャ選手 2回目
e0222575_9203215.jpg
e0222575_9203755.jpg


オリックス4選手の写真はすべて6月21日神宮交流戦より
日本ハムファイターズ2選手は、5月28日神宮交流戦より

オールスターの選手間投票は6月30日(月)、監督推薦を含む出場メンバーは7月3日(木)に発表されます。

選手間投票の結果が発表されました。選手間投票結果
by misty2011 | 2014-06-30 16:38 | パ・リーグ
東京ヤクルトスワローズは、今日から京セラドーム大阪でオリックスバファローズとの2連戦。
先発はオリックスが松葉貴大投手、ヤクルトは古野正人投手
アキレス腱痛が再発したバレンティン選手は、スタメン出場しました。

まあ、ヤクルトサイドからすると、実につまらない試合でした。
自慢の打線が打てず、投手陣は相変わらず四球が絡んで失点。
見どころなしの試合で書きようがありません。完敗です。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 54試合目で今季初完封負け…借金8で6位までゲーム差なし

ヤクルトは開幕以来ずっと続けていた53試合連続得点記録が、今日ついに止まりました。
54試合目にして今季初の完封負け。
打線は、散発わずか4安打。

一番チャンスだったのは6回。
2四球とヒットで2死満塁となりますが、オリックスはここで先発の松葉投手から佐藤達也投手に継投。
荒木選手が空振り三振に倒れ得点できませんでした。

これ以外は、特にチャンスらしいチャンスもなく、淡々とゲームが終わりました。

オリックスは先発の松葉投手にしても、2番手の佐藤投手、3番手の馬原投手と
出てくるピッチャーが140キロ後半から150キロ台のストレート。
かたや、今日ヤクルト投手陣は、ほとんどが130キロ台ではね・・・。勝負になりません。
もちろんスピードだけじゃないですが、かといってヤクルト投手陣はコントロールがいいわけでもありません。

e0222575_21543949.jpg

4回4失点で3敗目 古野正人投手 写真は4月24日神宮


オリックスはさすが、パ・リーグ首位だけのことはありますね。
12球団一の防御率を誇る投手陣の前には、燕打線も沈黙でした。

YouTube プロ野球チャンネル パシフィックリーグ ハイライト 

     


明日は西投手ですが、防御率1点台の投手から果たして点をとれるでしょうか?
厳しい試合となりそうです。
by misty2011 | 2014-06-03 21:50 | 東京ヤクルトスワローズ
3連勝して敵地京セラドーム大阪に乗り込み、、さあこれから上昇気流に乗ろうという燕軍団でしたが、
オリックス・バファローズの前に無抵抗に終わりました。

先発はオリックスがマクレーン投手、東京ヤクルトスワローズは増渕竜義投手で試合開始。

試合経過は ニッカンスコア スワローズ公式サイトスコア

初回、ヤクルトは2死から川端選手、畠山選手にヒットが出ますが、飯原選手が凡退。
その裏、増渕投手は2四球でピンチも、怖いイ・デホ選手を併殺打に打ち取り得点を許しません。

しかし4回裏、増渕投手は1死からスケールズ選手に2塁打を打たれ(ライト飯原選手が照明が目に入ったのか?捕れず)、
ピンチを招くと、このあと2四球で満塁となり、川端選手に押し出しの四球を与え先制されます。
さらにワイルドピッチで2点目を献上。
増渕投手は決して調子が悪いわけではありませんでしたが、制球難から自滅という悪い形で2失点しました。

ヤクルトはヒット数では上回りながら打線がつながりません。
7回には、2番手平野投手から田中浩康選手が2塁打、代打藤本選手がヒットで1死1、3塁となりますが、
中村悠平捕手が併殺打に倒れ得点できません。

8回裏には3番手押本投手が北川博敏選手にダメ押しの3ランホームランを浴び0-5となり、
9回の攻撃も三者凡退に終り、そのままゲームセット。
ヤクルトは連勝を伸ばすどころか完封負けで完敗終わりました。

ヤクルトは7安打で無得点、オリックスは5安打で5得点と対照的な試合運び。
連敗中に逆戻りしたかのような遠いホームでした。

警戒していた李大浩選手はノーヒットに抑えましたが、7回の3四球+暴投が悔やまれます。
久しぶりにマスクを被った中村悠平捕手でしたが、試合から遠ざかったせいもあるんでしょう?
リードにもバッティングにもイマイチ思い切りの良さが出ませんでした。

まあ、それにしても点をとらなきゃ勝てません。
今日も2番は野口祥順選手でしたが、3回に先頭ミレッジ選手が出塁後、またも送りバント失敗し、その後ファーストゴロ。
前試合では失敗しても結果オーライでしたが、やっぱり送りバントが出来ない選手を2番に置きながら
懲りずに送りバントのサインを出すというもの何だかなあ・・・という感じでした。
もう2番野口選手は今日まででしょう??

主軸では畠山選手は2安打しましたが、3番川端慎吾選手の当たりが止まっているのが気がかりです。
一応、内野安打は出ましたが、あれは単にピッチャーがはじいただけで、当たりそのものは良くありませんでした。
他の打席でも振りが鈍く、いつもの鋭い打球では全くなかったですね・・・。
また、腰が痛いのかなあ??と心配になりました。

飯原選手もバッティングが下降気味。守備でも2塁打となった打球は捕ってほしかったですね。
8番DHの宮出選手が2安打と当たっていました。

ヤクルトはこれで神宮からオリックスには3連敗。
また、鬼門・京セラドームでは10連敗となりました。
何故か呪われたように勝てません。
今日は全くいいところがなかったので、明日は何とか一矢報いてほしいものです。
連敗したらまた悪い流れになりそうなので、絶対に勝ちにいってください!
ベンチに塩でも盛って下さい。
by misty2011 | 2012-06-05 21:52 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズは、今日から京セラドーム大阪でオリックスバファローズとの2連戦です。

思えば、交流戦は初戦ソフトバンクに大勝していいスタートを切りましたが、次の試合からは負け続けました。
何といってもオリックス戦の一戦目にバーネット投手が9回にイ・デホ選手に逆転弾を浴び、
その裏、同点となりますが、延長で意味不明の敬遠満塁策が裏目に出て、走者一掃の勝ち越し打を許し、3-6で負けました。
非常にダメージの残る敗戦でした。私の中では、今シーズンワーストの試合です。

この悔やまれる敗戦が暗い影を落とし、ヤクルトは39年ぶりの10連敗と失速しました。
そう、きっかけはオリックス戦でした!?
日ハム戦2戦目でようやく連敗から脱出し、目下3連勝しているヤクルトは、
今回は敵地で何としてもリベンジを果たし、波に乗りたいところです。
オリックス戦で勝てるかどうかは今後を占う大事な試合となると思います。

私が観戦した5月20日神宮でのオリックス戦より、
メンバー表交換 小川淳司監督と岡田彰布監督
e0222575_21371747.jpg

オリックスバファローズのマスコット 「バファローベル」
e0222575_21373018.jpg

e0222575_21415686.jpg

選手が守備位置につくとき、Passionが出迎えます。 一番手前の方、すごく綺麗ですね。
e0222575_21374517.jpg


ここからは、打たれてはいけない要注意選手の写真をアップしておきます。
一番手は、5月19日守護神バーネット投手から2ランホームランを打った李大浩(イ・デホ)選手
e0222575_21361074.jpg

20日の試合でも2ランホームランを浴びました。怖い打者です。
【追記】イ・デホ選手は5月の月間MVPに選ばれました。
e0222575_2135518.jpg

e0222575_21405833.jpg

e0222575_21392091.jpg

ヤクルトが育てた!?ルーキー川端崇義選手
5月19日延長11回、川端選手にライトオーバー走者一掃のタイムリーヒットを打たれジ・エンド
20日もヒットを打たれました。今回は抑えましょう!
e0222575_21393730.jpg


e0222575_2140564.jpg

20日の試合では先制ホームランを浴びたバルディリス選手
e0222575_21402923.jpg


前回は2試合ともスタメンマスクは鈴木郁洋捕手でした。
およそキャッチャーには見えないスリムで端正な容姿、まるでファッション雑誌のモデルのようです。
オリックスの先発キャッチャーは齋藤俊雄捕手との併用が多いようですね。
日高剛捕手は干されてる??
ヤクルトも捕手併用してほしいですけどね。中村悠平捕手を使わないのはもったいないと思います。
e0222575_2139683.jpg


それから、ヤクルトの明るいニュースとしては、右足スネに打球が直撃し離脱していた村中恭兵投手が一軍に合流。
当面は中継ぎ待機する予定で、状態を見ながら先発に復帰するそうです。

今日からのオリックス・バファローズ戦に連勝して、さらに勢いをつけましょう!
by misty2011 | 2012-06-05 09:52 | パ・リーグ
連日、スワローズ以外の記事で申し訳ありません。
日本プロ野球の開幕を前に、井川慶投手がオリックスバファローズに入団することが決まりました。

サンスポ 井川、オリ入団を発表「岡田監督を胴上げ」
日刊スポーツ 【オリックス】井川獲得を発表

私としてはちょっとびっくりしました。
井川投手の日本球界復帰はないと思っていたもので・・・。

井川投手はニューヨークヤンキースとの5年契約が切れ、今季も米国でのプレーを希望していましたが
結局どこからも声がかからず、岡田監督の強い獲得希望もあって、6年ぶりに日本球界に復帰となります。

2003年阪神タイガースがセ・リーグ優勝した年には、20勝を挙げ沢村賞を斎藤和巳投手とW受賞しました。
写真は2003年9月19日東京ドーム 練習中の井川投手(コンデジ撮影 Panasonic FZ-1  200万画素)
e0222575_16505330.jpg


楽天の星野監督も獲得の意向を見せていましたが、井川投手が決めたのはオリックス。
まあ、楽天入りは私は絶対ないと確信していました。
元々、井川投手と星野監督とは折り合いが悪く、(井川投手が星野監督をうとましく思っていた節があります)
また、佐藤義則投手コーチとも阪神時代の後半はいい関係ではなかったので、楽天入りはあり得ないと思っていました。

本人にとっては、メジャーの夢を捨て切れなかった部分はあると思いますが、
また野球が出来ることに感謝しているでしょう。
私は、2002年頃までの井川投手には思い入れがあったので、(それ以降は失望の連続でしたが・・・)
日本で再びどういうピッチングをするか、ちょっとだけ興味があります。

もう全盛期は過ぎているので、日本復帰と言っても力は落ちているんでしょうね。
相変わらずコントロールが悪かったりして!?

余談ですが、投手にとって球のスピードは先天的なもので、制球力は練習で何とかなると言われますが、
私はむしろ逆じゃないかと最近思うようになりました。
井川投手を見ても、松坂投手もそうだし、ヤクルトにも制球難のピッチャーは大勢いますが、
練習を重ねても、それほど良くなってはいませんよね・・・。一進一退という感じで。
コントロールをつけるって、ホントに難しいことなんだろうと思います。

とにかく、岡田監督の熱意に応えるためにも、井川投手には精一杯頑張ってほしいと思います。
by misty2011 | 2012-03-28 15:34 | パ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011