タグ:ブキャナン ( 27 ) タグの人気記事

神宮で中日ドラゴンズに2試合続けて逆転勝ちした東京スワローズ
今日も勝って3連勝を決めたいですね。

3戦目の先発は、ヤクルトが中5日のブキャナン投手、中日は吉見一起投手
今日は、大引啓次選手が6番サードに入り、西浦選手は7番に下がりました。


試合経過は ニッカンスコア

初回、ブキャナン投手は平田、大島、ビシエド、アルモンテ選手に4安打浴び、
早々と2失点。0-2
さらに、高橋周平選手のショートゴロ併殺崩れの間に
3塁ランナーが生還して0-3


1回裏、先頭の坂口選手が2塁打
青木選手がライトへタイムリーヒットを放ち1-3
山田選手はショートゴロで1死1塁から、吉見投手の暴投で2塁へ進みます。
2死後、雄平選手がライトへタイムリーヒットを放ち2-3と1点差
今日もまた、見逃せばボールの低めの球をヒットにしました。
ナイスタイムリー!
雄平選手にボール球を振るなは通用しません。
独自のストライクゾーンを持っているんでしょう!?

2回、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

2回裏、1死後、中村捕手がライトへのヒット
ブキャナン投手が送りバントを決め2死2塁
坂口選手は見逃し三振で追加点ならず。

3回2死後、ブキャナン投手はビシエド選手にライトフェンス直撃の2塁打を打たれ、
続くアルモンテ選手にセンター前タイムリーヒットを浴び2-4
ホームインがリクエスト検証されますが、判定通りセーフ
さらに、高橋周平選手にライトオーバーのタイムリー2塁打を浴び2-5
雄平選手の送球エラーの間に3塁へ進まれますが、後続を打ち取ります。

3回裏、1死後、山田選手がレフト線への2塁打で出塁
久々のクリーンヒット!よかったぁ、早めにヒットが出て。
バレンティン選手は四球で1死1、2塁
雄平選手は三邪飛に倒れ2死となり、
続く大引選手のファーストゴロは、
吉見投手とベース上で交錯する形でセーフとなりますが、
リクエスト検証の結果、アウトとなり3アウト
結果的にはアウトでしたが、吉見投手が転んでいる間に、
山田選手はホームに走っていませんでした。

4回、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

4回裏、ヤクルトは三者凡退

5回1死後、ブキャナン投手は大島選手に四球を与えますが、
4番、5番を打ち取ります。

5回裏1死後、青木選手がレフトフェンス直撃の2塁打
山田選手は背中への死球で1死1、2塁。
今季3個目の死球ですが、そのうち吉見投手から2個目の死球
バレンティン選手は内野フライで2死となり、
雄平選手はセンターフライで3アウト

6回1死後、ブキャナン投手は福田永将選手にバックスクリーン右にソロ弾を運ばれ
2-6と4点差に

松井雅捕手にも右中間への2塁打を浴び、
2死後、平田選手にライトへタイムリーヒットを打たれ2-7

6回裏、中日は福谷投手が登板
ヤクルトは三者凡退

7回、ヤクルトは中澤雅人投手が登板
1死後、大島選手にレフト前ヒットを打たれると、
ヤクルトは秋吉亮投手に交代
大島選手に2盗され、ビシエド選手はサードゴロで2死2塁
アルモンテ選手は四球で2死1、2塁から、
高橋周平選手に右中間へのタイムリー2塁打を浴び、二者生還して2-9
果たして7点ビハインドから逆転なるでしょうか?ちと厳しい。

7回裏、中日はロドリゲス投手が登板
1死後、坂口選手がセカンド内野安打で出塁
青木選手はファーストゴロ併殺打で3アウト

8回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
ファーストに武内、センターに上田選手が入ります。
2死後、平田選手にレフトへヒットを打たれます。3安打
調子がいい選手は初球から迷いなく振ってきますね。
京田選手は三振で3アウト

8回裏、中日は祖父江投手が登板
死球後の山田選手、ここでもう1本ヒットが欲しいですね。
しかし、センターフライ。スイングが別人のように遅いですね。
解説の谷繁さんは、疲れが取れたらと話していますが、
フルに出ていますからね。
平田選手は1日お休みしたら元気いっぱい。鈴木誠也選手もそうでしたね。
山田くんも丸一日くらい休養日にしてほしいですけどね。
バレンティン、雄平選手も倒れ3アウト

9回、ヤクルトは大下佑馬投手が登板
セカンドに宮本選手、レフトに三輪ちゃん
山田くんを、ようやく下げてくれました。
大下投手はクリーンナップをきっちり三者凡退に抑えます。

9回裏、中日は佐藤優投手が登板
先頭の大引選手がセンター前ヒット。代走は廣岡選手
西浦選手もセンター前ヒットで続き無死1、2塁
代打の大村選手はレフトフライで1死
上田選手はサード内野安打で1死満塁
ここで、武内晋一選手がライトフェンス直撃のタイムリーヒットを放ち3-9
あわや満塁弾かと思いました。
しかし、あの打球で一人しかホームインしていません。
なおも1死満塁で、宮本選手は空振り三振で2死となり、
最後は三輪選手がセカンドゴロに倒れゲームセット

ヤクルトは3試合連続の逆転とはならず、3-9で中日に大敗しました。

先発のブキャナン投手は、中5日ということで、私は試合前から不安でした。
初回にいきなり3失点して、3回と6回にも2失点
6回を投げ10安打で7失点と散々な出来でした。これで9勝10敗目

去年もそうですが、夏以降、パフォーマンスガクンと落ちて、
それ以降、上向くことがありません。
もちろん、打線の援護で勝っている試合もありますが、投球内容はよくありません。
日本の夏、とりわけ今年は酷暑だったので、2年目でも対応しきれてないんでしょうね。
今後も、ある程度の失点はあるでしょう。
先発の柱としては不安要素が大きいですね。

e0222575_2124792.jpg


2番手の中澤投手と3番手の秋吉投手もそれぞれ1失点
中尾投手はランナーは出しましたが無失点。ただ、あまりいい状態ではありません。
大下投手はクリーンナップをしっかり抑えました。
今日投げさすのが勿体ないくらい。

打線は、初回に2点取って、それ以降0が並び、最後は9回に粘って1点かえすのがやっと。
11安打放ちながら3得点
何度も対戦している吉見投手を、今日も捉えきれませんでした。

坂口選手がマルチ
青木選手はマルチで1打点
雄平選手がタイムリーの1打点
9回に武内選手がタイムリーヒットの1打点。好調です。

山田選手は2塁打が出て3打数1安打1死球で打率は.311
バレンティン選手はノーヒットで、
今日、丸選手が33号34号を放ち、ついに抜かれました。
ホームラン王のタイトルがヤバいですね。

今日は7点差があって、さすがに最後は主力をほとんどベンチに下げましたが、
まあ、こういう日があってもいいでしょう。
大敗だったので、勝ちパターンの投手陣がお休みできて何よりよかったです。

明日からはハマスタで横浜DeNAとの3連戦
初戦、原樹理投手の好投を期待しています。

by misty2011 | 2018-09-06 21:56 | 東京ヤクルトスワローズ
甲子園で阪神に三タテ喰らわせ5連勝と勢いに乗る東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から神宮に首位・広島東洋カープを迎えての3連戦

初戦の先発は、ヤクルトがブキャナン投手、広島は野村祐輔投手
今日のスタメン7番サードは廣岡大志選手

選手公示では、大引啓次選手と武内晋一選手が昇格し、
山中浩史投手と谷内亮太選手が抹消されました。

試合経過は ニッカンスコア

ブキャナン投手は初回、2回とランナーを出しますが無失点に抑えます。

ヤクルトは1回裏、青木選手がピッチャー強襲内野安打で出ますが、
山田選手がショートゴロ併殺打

2回裏、バレンティン選手がサードエラーで出塁
雄平選手はレフト前ヒットで無死1、2塁
西浦選手は送りバント失敗後、廣岡選手は四球で歩き1死満塁
中村捕手は空振り三振で2死となり、
ブキャナン投手はセカンドゴロに倒れ得点ならず。

3回、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

3回裏1死後、青木選手がライト前ヒット
山田選手はレフトへの大飛球でしたが、あとひと伸び足りず1死
打った瞬間、行ったと思いましたが・・・。
続くバレンティン選手が右中間へのタイムリー2塁打を放ち、
青木選手が1塁から一気に生還してヤクルトが先制。1-0


4回、ブキャナン投手はカープクリーンナップを三者凡退に抑えます。
4回裏、ヤクルトも三者凡退

5回1死後、ブキャナン投手は曾澤捕手にセンター前ヒットを打たれますが、
後続を打ち取ります。

5回裏、ヤクルトは三者凡退

6回、ブキャナン投手はカープ1番からの打順を3人で片付けます。

6回裏2死後、雄平選手がセカンド内野安打で出塁も、
西浦選手は右邪飛に倒れ3アウト

7回1死後、ブキャナン投手は松山選手にレフトへの2塁打を打たれ、
田中広輔選手に右中間へのタイムリー3塁打を浴び1-1の同点に
雄平選手が突っ込んできて止められず、3塁打まで進まれました。
曾澤捕手はサードライナーで、3塁ランナーが戻れずダブルプレーで3アウト
これは助かりました。

7回裏1死後、中村捕手がセンター前ヒット
ブキャナン投手は送りバントを決め2死2塁
坂口選手はセカンド内野安打安打で2死1、3塁
青木選手がバックスクリーン右横に7号3ランホームランを放り込み
4-1と勝ち越します。

ナイスホームラン!今日3安打猛打賞3打点、素晴らしい♪
メジャーに行く前の全盛期より、今の方が勝負強いですね。頼もしい!

e0222575_239334.jpg


山田選手は三遊間を破るヒットで出ます。よし、30盗塁決めろ~!
再三けん制されますが、見事2盗を決め、これで30盗塁
トリプルスリーに向け、本塁打と盗塁の2つをクリア、あとは打率だけ!
バレンティン選手は四球で歩き、代走は武内選手
雄平選手はレフトへのヒットで2死満塁となり、
西浦選手がライト前タイムリーヒットを放ち5-1とリードを広げます。
なおも2死満塁で、廣岡選手はサードゴロで3アウト
ヤクルトはこの回、打者一巡、6本の長短打を集め一挙4得点

8回、レフトに坂口、ファーストに武内選手が入ります。
ブキャナン投手は西川選手にセンター前ヒットを打たれ、
代打バティスタ選手にレフトスタンドへ2ランホームランを運ばれ5-3と2点差に
1死後、菊池選手にセンター前ヒットを打たれ、
丸選手の打球を1塁武内選手がファンブルするエラーをやらかし、
1死1、2塁のピンチを招きます。
守備固めがエラーをしてはイカンでしょ!

ここで、ヤクルトは近藤一樹投手に交代
鈴木誠也選手に四球を与え1死満塁の大ピンチ
松山選手にレフト前タイムリーヒットを打たれ5-4と1点差。ヤバい
田中広輔選手は空振り三振で2死満塁となり、
曾澤捕手をサードゴロに打ち取り3アウト
コンちゃん、よく抑えました。

8回裏、広島は今村投手が登板
先頭の中村捕手がセンター前ヒット
代打の三輪ちゃんが送りバントを決め1死2塁
坂口選手は四球で歩き1死1、2塁
青木選手はセカンドゴロはリクエスト検証となり、
判定通りアウトとなり2死2、3塁
山田選手は申告敬遠となり2死満塁
ここで、武内選手に代打・畠山選手を送りますがショートゴロで3アウト
やはり、バレンティン選手を下げるのが早すぎましたね。

1点リードで9回は石山泰稚投手が登板
先頭の西川選手にレフト前ヒットを打たれ、
バティスタ選手は空振り三振も、西川選手が2盗
中村捕手の2塁送球が悪送球となり1死3塁
バティスタ選手が空振り後、中村捕手の送球妨害したように見えましたが、
守備妨害とはならず盗塁は認められました。
このあと野間選手にレフトへ犠牲フライを運ばれ、ついに5-5の同点に
ホームクロスプレーがリクエスト検証となりますが、判定通りセーフ

9回裏、広島は中崎投手が登板
1死後、西浦選手がレフト前ヒット
廣岡選手はバント失敗後、左中間への2塁打を放ち1死2、3塁
中村捕手は申告敬遠となり1死満塁
ここで、今日上がってきた大引選手を代打で送りますが、
浅いセンターフライを打ち上げタッチアップできず。
2死満塁となり、坂口選手はセンターフライに倒れサヨナラならず。

延長に入り、10回は梅野投手が登板
先頭の丸選手に右中間へ31号ソロホームランを放り込まれ5-6
初球、空振りした後、同じような2球目ストレートを捉えられました。
鈴木誠也選手は四球
堂林は送りバントで1死2塁
曾澤捕手は見逃し三振で3アウト

10回裏、広島はジャクソン投手が登板
1点を追うヤクルトは先頭の青木選手がセカンドゴロ
菊池選手の好守に阻まれました。
山田選手はサードゴロ
畠山選手は三振でゲームセット

ヤクルトは5-6で延長でカープに屈しました。

何度も勝てるチャンスはあったんですけどね・・・。
やはり広島は強い。

ヤクルトは広島の11安打を上回る15安打も5得点

先発のブキャナン投手は8回途中まで投げ8安打され4失点(自責は3)
8回にバティスタ選手に2ランを浴びたところで交代だったでしょうね。
後ろのブルペンのことがあるので、引っ張りましたが、
結局、近藤投手を出すことになったので、継投が少し遅れたように思います。

それよりも、守備固めに入った武内選手のエラーがあまりに痛すぎましたね。
おまけに、バレンティン選手を7回裏に下げていたので、
終盤での反撃が弱まりました。
4-1の時点で下げるのは、特にカープ相手には早すぎたでしょうね。
代走となった武内選手が、その後、痛恨のエラーですからね。
何点リードしても、カープ相手にはセーフティーリードとはなりません。

決勝点は、梅野投手が丸選手に一発を浴びたホームランでしたが、
まあ、これは相手が上ということで仕方ありません。

それよりも、9回裏、サヨナラの場面で得点できなかったのが悔やまれます。
何か策はなかったものでしょうか。残念です。

7回は、青木選手の3ランで勢いがつき盛り上がりましたが、
あの7回、6安打しながらも長打は青木選手の3ランのみで、
あとはシングルヒットばかり。
3ラン後は1点しか追加点が取れませんでした。
あそこで、もっと畳みかける攻撃が出来ていればと思いました。

勝ちパターンの連投に次ぐ連投の近藤ー石山ー梅野投手を
つぎ込んでの逆転負けはダメージが残りますね。

明日先発のカラシティー投手も、それほど長い回を投げられないので、
勝ちパターン以外のブルペン陣で、何とかやりくりしてほしいと願います。
やはり打線が何とかするしかありません。
山田くんが調子を落としているのが、得点が伸びないひとつの原因でしょうね。
今日も惜しい当たりはありましたが、ひと伸び足りませんでした。
明日こそ、クリーンナップに長打が出ますように。
 

by misty2011 | 2018-08-31 22:44 | 東京ヤクルトスワローズ
悪夢のサヨナラ負けから一夜明け、東京ヤクルトスワロ―ズは当日移動で、
今日から神宮に横浜DeNAベイスターズを迎えての3連戦

今日は風が強いので、フライが上がると怖いですね。
先発は、ヤクルトがブキャナン投手、横浜DeNAは濵口遥大投手
スタメンには、昨夜、手をアイシンングしていたバレンティン選手の名前があり、
ほっとしました。
7番サードは宮本丈選手で、先発マスクは中村悠平捕手

ひとつ心配なことが
今日の公示で、昨夜投げた原樹理投手が抹消されました。
ローテを飛ばすような理由は見当たらないので、どこか痛めたってことでしょうか?
【追記】下半身のコンディション不良とのことです。
上がって来るのはルーキーの塩見泰隆選手

試合経過は ニッカンスコア

初回、ブキャナン投手は、大和、ソト選手に連打され無死1、3塁
ロペス選手のサードゴロ併殺打の間に
3塁ランナーが生還して先制されます。0-1

筒香選手には2塁打を打たれますが、宮崎選手を抑え3アウト

1回裏2死後、
山田哲人選手が30号ソロホームランをレフトスタンドに放り込み1-1の同点に
完璧な当たりでした。トリプルスリーの一つ本塁打はこれでクリア

2回、ブキャナン投手は先頭の伊藤捕手を四球で出し、
桑原選手のレフトへのヒットで無死1、3塁
送りバントで1死2、3塁となり、
柴田選手にライト線へのタイムリー2塁打を浴び、二者生還して1-3
2死後、ソト選手にレフトへのタイムリー2塁打を打たれ1-4
ロペス選手にもレフトへタイムリーヒットを打たれ1-5
この回、4安打を集められ一挙4失点。ボコボコに打たれました。

2回裏、先頭の雄平選手がレフトへのヒット
西浦選手のショートゴロで2塁フォースアウト。リクエストも判定どおりアウト
2死後、中村捕手のセンターへのヒットで2死1、3塁も、
ブキャナン投手は空振り三振で3アウト

3回1死後、ブキャナン投手は伊藤捕手にライトオーバーの2塁打を打たれますが、
後続を打ち取ります。

3回裏1死後、青木選手がライト前ヒット
山田選手は四球で歩き1死1、2塁
バレンティン選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち、
青木選手が生還して2-5

雄平選手は三振、西浦選手はショートゴロで追加点ならず。

4回、ブキャナン投手は先頭の柴田選手にレフト前ヒットを打たれ、
大和選手はサードゴロも、宮本選手の2塁フィルダースチョイスで無死1、2塁
宮本選手は打球を待って捕球、送球もゆるめ。
守備がイマイチなのは残念です。
ソト選手はショートゴロ併殺打で2死3塁となり、
ロペス選手を見逃し三振に斬って取り無失点で切り抜けます。

4回裏2死後、ブキャナン投手がレフトへのヒットで出ます。
ピッチングよりバッティングの方が頼もしいブキャナン投手。
坂口選手はレフト前ヒットで続き2死1、2塁
青木選手はボテボテの内野安打で2死満塁
ここで、山田選手、2試合連続の満塁弾イケ~!
しかし、空振り三振に倒れ得点ならず。ガクッ…

5回、ブキャナン投手は先頭の筒香選手に四球を与え、
宮崎選手はサードゴロで2塁フォースアウト。
前の回と同じで、宮本選手は捕球動作も送球もゆるめで、
守備に関しては相当時間がかかりそう。ポテンシャルはあまり感じません。
鍛えて上手くなればいいのですが・・・。
ブキャナン投手は後続を打ち取り0点に抑えます。

5回裏、先頭バレンティン選手は3球三振
雄平選手は見逃し三振
ヤクルトは、前の回から3者連続三振
西浦、宮本選手は連続四球で歩き2死1、2塁
両者ともストライクと思われる球がありましたが、球審の手が上がらずラッキー
中村捕手はファーストライナーで得点ならず。

6回2死後、ブキャナン投手は大和選手にセンターへの2塁打を打たれますが、
ソト選手をファーストゴロに打ち取り3アウト

6回裏、DeNAは三嶋投手が登板
1死後、坂口選手が四球で歩きます。
青木選手はサード宮崎選手のエラーで1死1、2塁
山田選手はサードゴロ併殺打で3アウト
今日は一発以外は好機でブレーキ。流れが来ません。

7回、ヤクルトは梅野投手が登板
先頭のロペス選手にレフト前ヒットを打たれ、
筒香選手には全球ストレートで、最後は147㌔で空振り三振に仕留め1死
筒香選手を抑えるには速いストレートに限ります。
遅いストレートはダメ。甘い変化球はもっとダメ
宮崎選手はショートゴロ併殺打に仕留め3アウト。
ナイスピッチング!

e0222575_10213943.jpg


7回裏、DeNAは三嶋投手続投
バレンティン選手は空振り三振
雄平選手はレフト前ヒット
西浦、宮本選手は空振り三振で3アウト

8回、ヤクルトは秋吉投手が登板
宮本選手の好守もあって、DeNA打線を今日初めて三者凡退に抑えます。

8回裏。DeNAはパットン投手が登板
代打の藤井選手は見逃し三振
代打の田代選手も空振り三振
2死後、坂口選手がライトスタンドへ3号ソロ弾を運び3-5と2点差に

9回、ヤクルトは大下佑馬投手ー井野卓捕手のバッテリー
先頭・柴田選手のファーストゴロを坂口選手が後逸するにエラーで出し無死2塁
大和選手の送りバントで1死3塁
続くソト選手に前進守備の三遊間を抜けるタイムリーヒットを打たれ3-6
代走の関根選手が2盗を決め1死2塁
ロペス選手は空振り三振で2死となり
筒香選手は四球で2死1、2塁
宮崎選手をショートライナーに打ち取り3アウト

9回裏、DeNAは山崎康晃投手が登板
3点ビハインドで、先頭の山田選手はセンターフライ
バレンティン選手はサードフライ
雄平選手はセカンドゴロであっさり三者凡退でゲームセット

ヤクルトは3-6でDeNAとの初戦を落とし、これで広島戦から3連敗となりました。

先発のブキャナン投手は6回を投げ10安打浴び5失点で9敗目
特に、初回、2回とDeNA打線につかまり2回までに7安打で5失点
その後は、粘り強く投げただけに、序盤に打たれ過ぎたのが悔やまれます。
最近は球が高くて、打たれるべくして打たれています。
去年もそうでしたが、暑くなってからのピッチングがよくありませんね。

梅野投手はストレートがよかったです。
1軍昇格後、まだ1失点と頑張っています。
秋吉投手も今日は無失点
大下投手はエラーがらみで1失点(自責は0)
リリーフ陣はよく頑張りました。

打線は10安打3得点で11残塁
山田哲人選手は30号ソロ弾を打ちましたが、
4回の満塁のチャンスに空振り三振
ここで、一打出ていれば流れを引き寄せられたでしょうね。
さらに、6回には好機でサードゴロ併殺打と、今日はブレーキでした。

バレンティン選手はタイムリーヒットの1打点
坂口選手が8号ソロ弾などマルチヒットで1打点
青木選手と雄平選手がマルチヒットでした。

DeNAに主導権をとられたまま、チャンスにあと1本が出ず、
最後までひっくり返せそうな気配がなく終わりました。

3連敗で借金は3.このままズルズル負けないよう、
明日は粘り強い戦いを見せてほしいと思います。

by misty2011 | 2018-08-24 21:56 | 東京ヤクルトスワローズ
読売ジャイアンツに勝ち越して、借金は2となり2位に浮上した東京ヤクルトスワロ―ズ
今日から神宮に阪神タイガースを迎えての3連戦

初戦の先発は、ヤクルトがブキャナン投手、阪神は秋山拓巳投手

阪神は、昨夜の広島戦で好調の曾澤捕手に対し、頭部死球をぶつけましたが、
ヤクルト戦でも、禍根を残す死球が多く、
いつ誰がぶつけられるか冷や冷やします。
偶然とは思えないほど、好調な選手ほど狙われます。
この3連戦で、両チームとも誰もけが人が出ないことを祈ります。
今日先発の秋山投手は、制球がいいので、まあ大丈夫と思いますが、
リリーフ陣はちょっと怖いです。

スタメンは川端選手が外れ、7番サード谷内選手、スタメンマスクは中村捕手

試合経過は ニッカンスコア

初回、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

1回裏、坂口選手がレフトへのヒット
青木選手は左中間へのタイムリー2塁打で、ヤクルトが早くも先制!1-0
山田選手は見逃し三振で1死後、
バレンティン選手がレフトへのタイムリーヒットを放ち2-0
雄平選手はライトへのヒットで1死1、2塁
しかし、西浦、谷内選手は連続三振に倒れ2点どまり。
初回、4安打も、アウトはすべて三振でした。

2回、ブキャナン投手はロサリオ選手にライトへのヒット打たれ、暴投で1死2塁
鳥谷選手にライト前ヒットを打たれ1死1、3塁
俊介選手は浅いセンターフライで2死となりますが、
梅野捕手に3塁線を破るタイムリー2塁打を浴び2-1
2死2、3塁で、秋山投手にセンター前タイムリーヒットを打たれ2-2の同点に
ホームを目指した梅野捕手はタッチアウトで3アウト
先制したのもつかの間、すぐ同点に追いつかれました。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回、阪神も三者凡退

3回裏1死後、山田選手はストレートの四球で出塁
続くバレンティン選手が右中間へのタイムリー2塁打を放ち、
1塁から山田選手がホームインして3-2と勝ち越します。


4回2死後、ブキャナン投手は、鳥谷、俊介、梅野選手に3連打され
2死満塁のピンチを招きます。
ここで、前の打席でタイムリーを打った秋山投手をセカンドゴロに打ち取り、
無失点で切り抜けます。
この時、ファースト坂口選手がランナーに足を踏まれて痛めたようですがプレー続行。

4回裏、ヤクルトは三者凡退

5回1死後、ブキャナン投手は北條、福留選手にレフト前ヒットを打たれ1死1、2塁
このあと、糸井選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト

5回裏、先頭の坂口選手がセンター前ヒット
青木選手はセカンドゴロで1死1塁
山田選手は四球で歩き1死1、2塁
ここで、早くも秋山投手は降板となり、2番手で岡本洋介投手が登板
バレンティン選手はレフトフライで2死となり、
雄平選手もレフトフライで追加点ならず。

6回、阪神は三者凡退

6回裏、先頭の西浦選手がセンター前ヒット
谷内選手はピッチャーフライに倒れ送れず、
中村捕手が送りバントを決め2死2塁
代打の畠山選手は四球で歩き2死1、2塁。代走は宮本選手

阪神は岩崎投手に交代
坂口選手はショートゴロで得点ならず。

7回、ヤクルトは梅野雄吾投手が登板
先頭の梅野捕手に四球を与えます。
中谷選手はセカンドゴロ併殺打で2死ランナーなし
糸原選手に死球をぶつけますが、北條選手をショートフライに打ち取り3アウト

7回裏、先頭の青木選手はショートゴロ
阪神は岩崎投手から桑原投手に交代。この投手は、ちょっとヤバい、要注意!
山田選手は今日2個目の三振 
今日はまともなスイングを一度もしていません。
特に、この打席は腰が引けていました。
阪神戦は、ぶつけられるかもという恐怖心があって、
心理的に負けている感じ、打てそうもありません。
バレンティン選手も見逃し三振で3アウト

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板 レフトに田代選手が入ります。
2死後、ロサリオ選手にヒットを打たれますが、鳥谷選手をセカンドゴロに打ち取ります。

8回裏、阪神は望月投手が登板
2死後、谷内選手がライト前ヒットで出ます。
中村捕手はセンター前ヒットで2死1、3塁
代打の上田剛史選手はセカンドゴロで追加点ならず。

1点リードで9回は石山泰稚投手が登板
先頭の大山選手にホームラン性の大ファールを打たれますが、三振に仕留め1死
梅野、原口選手を打ち取りゲームセット

ヤクルトが3-2で阪神を下しました。

先発したブキャナン投手は、6回を投げ9安打されますが、何とか2失点に抑え、
9勝目をあげました。おめでとうございます。
決していい状態ではありませんでしたが、粘り強く投げました。

7回に投げた梅野投手は先頭を四球で出しましたが、
無失点に抑え、まずまずのピッチング。
プロ初ホールドをあげました。
これで昇格後、2イニング無失点で、使えるメドが立ちそうです。

近藤投手はヒットを打たれましたが、強気のピッチングで無失点
石山投手も落ちついて0点に抑えました。

打線は9安打で3得点
何といっても初回の2点が大きかったですね。
2点後、なおもチャンスでしたが追加点が取れず苦戦しました。
3回には、四球の山田選手を置いて、
バレンティン選手がタイムリー2塁打を放ち3点目

坂口選手がマルチ
青木選手が先制のタイムリー2塁打
バレンティン選手は2安打2打点と活躍
e0222575_11182598.jpg


雄平、西浦、谷内、中村選手が1安打
野手でヒットがなかったのは、2四球選びましたが、山田哲人選手だけでした。
阪神戦は山田くんが冷えないかと、明日以降も心配です。

今日はサードスタメンが谷内選手で、最後に1本ヒットが出ましたが、
スタメンが川端選手と谷内選手では、
やはり相手投手へのプレッシャーは大きな違いがあるでしょうね。
控えとレギュラーの差を感じた試合でもありました。

阪神はヤクルトを上回る10安打でしたが、
両チームとも、点が取れそうで取れないジリジリする試合展開。
そんな中、接戦を制して、ヤクルトが初戦を取れたのはよかったです。
明日はカラシティー投手に頑張ってもらいましょう。

by misty2011 | 2018-08-17 21:55 | 東京ヤクルトスワローズ
クリーンナップ揃い踏みの3発など、
打線が爆発して連敗を3で止めた東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日からナゴヤドームで中日ドラゴンズとの3連戦

初戦の先発は、中日が吉見一起投手、ヤクルトはブキャナン投手
今日のスタメンマスクは中村悠平捕手

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトはあっさり三者凡退

1回裏2死後、ブキャナン投手は大島選手に内野安打、
ビシエド選手にセンター前ヒットを打たれますが、
アルモンテ選手を打ち取ります。

2回1死後、雄平選手がセカンド内野安打で出塁も、
川端選手がショートゴロ併殺打で3アウト
リクエストによるリプレー検証の結果、2塁アウトとなり併殺となりました。

2回裏2死後、ブキャナン投手は松井雅捕手にセンター前ポテンヒットを打たれますが、
吉見投手をセカンドゴロに打ち取ります。

3回2死後、ブキャナン投手がレフト前ヒットも、
坂口選手はセンターフライで3アウト

3回裏2死後、ブキャナン投手は大島選手にセンター前ヒットを打たれますが、
ビシエド選手をセカンドゴロに打ち取ります。

4回、青木、山田選手はショートゴロ
バレンティン選手はサードゴロで3アウト
淡々とアウトを重ねます。

4回裏、ブキャナン投手はアルモンテ選手にレフト前ヒットを打たれ、
初めて先頭バッターを出します。
平田選手は四球で無死1、2塁
高橋周平選手をショートゴロ併殺打に打ち取り2死3塁
松井雅捕手は申告敬遠で2死1、3塁から
吉見投手にレフト前タイムリーヒットを打たれ先制されます。0-1

なおも2死1、2塁で亀澤選手はファーストゴロで3アウト
しかし、敬遠が裏目となりピッチャーに打たれました。

5回、雄平選手からの打順もあっさり三者凡退

全盛期の吉見投手ならいざ知らず、いくら制球がいいといっても打てなさすぎですね。
昨夜は猛打爆発のヤクルト打線でしたが、
ナゴヤドーム独特の雰囲気がそうさせるんでしょうか?

5回裏2死後、ブキャナン投手はビシエド選手に16号ソロ弾を浴び0-2
1点でさえ重いのに、さらに重い追加点を奪われました。

6回、先頭の中村捕手がセンター前ヒットで出塁
ヤクルトは初めての先頭打者が出ました。
ブキャナン投手は送って1死2塁
坂口選手はピッチャーゴロで、中村捕手が二、三塁間に挟まれタッチアウト
2死1塁となり、青木選手はセカンドゴロで得点ならず。

6回裏、先頭の平田選手がレフトへのヒット
1死後、松井雅捕手はピッチャーのグラブを弾く内野安打で1死1、2塁
吉見投手は送りバントを決め2死2、3塁
トップに戻り、亀澤選手をサードゴロに打ち取り無失点に抑えます。

7回、先頭の山田選手はインスラに見逃し三振
今日は甘いファーストストライクを見逃しているのがすべてでしょうね。
バレンティン選手はサードゴロ
雄平選手はいい当たりながらセカンドゴロで3アウト

7回裏、中日は三者凡退

8回、川端、西浦、中村選手が、あっさり三者凡退
無抵抗すぎます。

8回裏、ヤクルトは星知弥投手が登板
先頭のアルモンテ選手にレフトへの2塁打を打たれ、
平田選手に四球を与え無死1、2塁
高橋周平選手はライト前ヒットで無死満塁
松井雅人捕手にレフトへ犠牲フライを運ばれ0-3

9回も吉見投手がマウンドに
代打の畠山選手は空振り三振
坂口選手はセンターフライ
青木選手はショートゴロでゲームセット
青木選手の連続出塁は37試合で止まりました。

昨夜は11得点と爆発したヤクルトは、今日は打線が沈黙
0-3で吉見一起投手の前に完封負けを喫しました。


吉見投手は2012年以来6年ぶりとなる完封勝利で、今季4勝目をあげました。

ブキャナン投手は7回を投げ9安打2失点で8敗目を喫しました。
打線がこれだけ打てないと勝ち目はありませんでしたが、
吉見投手に打たれて先制点を与えたのが勿体なかったですね。
e0222575_20165540.jpg


2番手の星投手は1回1失点でした。

打線は昨夜の猛打が嘘みたいに沈黙
吉見投手の前にわずか3安打無四球で無抵抗のまま完封されました。

打線は水ものと言いますが、
それにしてもナゴヤドームでは、どうしてこうも打てないんでしょう?
広いドーム球場、高いマウンド、いろいろ条件はあると思いますが、
いい加減、苦手意識を払しょくしてほしいものです。

吉見投手は、相変わらず安定したコントロールでテンポよく投げられましたが、
今季だけでも、もう何回も対戦しているにしては、
ヤクルト打線は、あまりに策がなさ過ぎましたね。
終始、吉見投手のペースでした。

しかし、打たないので何の見どころもなく面白くない試合でした。
明日は、打線が仕事をして下さい。

by misty2011 | 2018-08-10 21:03 | 東京ヤクルトスワローズ
試合の前に嬉しいニュースを
山田哲人選手が「6月スカパー!サヨナラ賞」に選ばれました。
6月28日の中日ドラゴンズ戦で、サヨナラ3ランホームランを放ち、初受賞となりました。
おめでとうございます。

昨夜は8回まではイライラする展開でしたが、
9回に一気にひっくり返し、見事な逆転勝ち。
東京ヤクルトスワロ―ズは、後半戦のスタートと同時に連敗を8で止めました。

2戦目の先発は、DeNAが濵口遥大投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンは雄平選手が外れ、5番に畠山選手が入り、川端選手が6番
西浦選手は7番に下がりました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、坂口、青木選手が連打で、山田選手のサードゴロ併殺崩れで1死1、3塁
バレンティン選手がレフトへタイムリーヒットを放ち、
ヤクルトが1点先制 1-0

1死1、3塁となり畠山選手は技ありのライト前にタイムリーヒットを運び2-0
再び1死1、3塁から、川端選手はレフトへ犠牲フライを運び、
バレンティン選手がタッチアップして激走、ナイススライディングで 3-0


1回裏、ブキャナン投手はソト選手に四球を与えますが、
筒香選手をセカンドゴロに打ち取ります。

2回2死後、坂口選手が内野安打、青木選手は四球で2死1、2塁も、
山田選手はサード正面へのゴロで3アウト
昨日からサードゴロが多くて、打球が上がりません。

2回裏2死後、ブキャナン投手は伊藤光捕手にDeNA初ヒットを打たれますが、
後続を抑えます。

3回2死後、川端選手がレフト前ヒットで出塁も、西浦選手はライトフライで3アウト

3回裏1死後、ブキャナン投手は桑原選手にショート内野安打
2死後、ソト選手にレフト前ヒットを打たれ2死1、2塁も、
筒香選手をレフトフライに打ち取ります。

4回、ヤクルトは三者凡退

4回裏、ブキャナン投手は初めて三者凡退に抑えます。

5回、ヤクルトは2番からの攻撃も三者凡退
山田選手はセンターへの大飛球でしたが、あとひと伸び足りませんでした。
濱口投手が立ち直ってきました。

5回裏2死後、ブキャナン投手は桑原選手にセンター前ヒットを打たれますが、
佐野選手をサードゴロに打ち取り3アウト

6回、先頭の畠山選手が四球で歩きます。
しかし、川端、西浦選手が連続三振、
中村捕手は桑原選手に好捕されセンターフライに倒れ3アウト

6回裏、ブキャナン投手はDeNAのクリーナップを三者凡退に打ち取ります。

7回、DeNAは砂田投手が登板
2死後、青木選手が四球で歩きます。
山田選手は力ないレフトフライで3アウト

7回裏、DeNAは加賀投手が登板
先頭のバレンティン選手が20号ソロ弾をバックスクリーンに放り込み4-0
これは大きな追加点。
もう加賀投手に苦手意識はありません。

2死後、西浦選手がレフト線への2塁打で出塁
つづく中村悠平捕手が前進守備レフトオーバーのタイムリー3塁打を放ち
5-0と突き放します。

2死3塁で、代打の雄平選手もライト前タイムリーヒットで6-0

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手 田代選手がレフト、雄平選手がライトの守備につきます。
きっちり3人で片付けます。

9回、DeNAは須田投手が登板
先頭の青木選手がレフト前ヒットで出塁。代走は藤井選手
先発野手で唯一ノーヒットの山田選手は、
またもサードゴロで今季初併殺打となり2死ランナーなし 
また、強引に引っ張りにかかっています。
しかし、5タコは痛いですね。せっかく上げた打率が3割を切りました。
上田選手はライトフライで3アウト

9回裏、ヤクルトは大下佑馬投手が登板 センターに上田選手
先頭のソト選手にセンター前ヒットを打たれ、筒香選手はファーストゴロで1死1塁
宮崎選手はセカンドゴロで2死2塁
蔵本選手は空振り三振でゲームセット

ヤクルトは、ブキャナン―近藤―大下投手の無失点レリーで、
6-0でDeNAを完封して、後半戦2連勝となりました。


先発したブキャナン投手は、7回115球4安打無失点の好投で7勝目をあげました。
おめでとうございます。
ほとんどを内野ゴロに打ち取る安定したピッチングが光りました。
暑い日本の夏は、やはり中6日の方がいいようですね。

e0222575_11334553.jpg


打線は、初回に4安打を集め3点先制
中盤は得点できませんでしたが、
8回にバレ弾、中村、雄平選手のWゆうへいのタイムリーで3点追加して
6-0と突き放します。

先発野手で山田選手以外は全員ヒットの11安打6得点
これで、ヤクルト打線は前半戦から6試合連続2ケタヒットとなりました。

坂口選手はマルチ
青木選手もマルチと2四球で4度出塁
バレンティン選手は先制のタイムリーと20号ソロで2打点
畠山、中村、雄平選手がそれぞれタイムリーヒットで1打点。
川端選手は1安打1犠飛で1打点
西浦選手は2塁打の1安打
山田哲人選手は5打数ノーヒットで、ひとり蚊帳の外
明日は打って、また3割に乗せてください。

投手が完封リレー、打線は2ケタ安打と投打がかみ合ったナイスゲームでした。
明日は再び先発として起用される原樹理投手の先発です。
明日も打って早めに援護したいですね。

by misty2011 | 2018-07-17 21:32 | 東京ヤクルトスワローズ
オールスター前の9連戦の初戦が雨で中止となり、
マツダスタジアムでの広島カープ戦は今日から2試合を戦う東京ヤクルトスワローズ
天候次第では、また中止となる試合がありそうです。

記事タイトルの一部を変更しました。

選手公示では、右ひじ疲労骨折の手術明けの星知弥投手が1軍に上がってきました。

先発は、広島がジョンソン投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンには今日も青木選手の名前はなく、2番に山崎晃大朗選手が入りました。
日刊スポーツによると、
青木選手は先発予定でしたが、
試合前の練習で、死球後初めて外野守備に就いた際に不調を訴え、
大事を取ってスタメン回避が決まったとのこと。
守備練習後に本人がフラフラすると話したそうです。まだ無理は出来ませんね。
【追記】
試合後、小川監督は脳振とう特例措置で、
5日に青木宣親選手を登録抹消することを明らかにしました。
青木選手は「ちょっと気持ち悪さがある」と話し、5日に帰京して病院で検査を受ける予定。


試合経過は ニッカンスコア 


初回、ヤクルトはジョンソン投手の前に三者連続三振に倒れます。

1回裏、ブキャナン投手は先頭の田中広輔選手に初球・先頭打者ホームランを浴び
いきなり先制されます。0-1

続く菊池選手に2塁打、丸選手にタイムリーヒットを打たれ0-2
鈴木誠也選手は四球を与え無死1、2塁となりますが、
後続を打ち取り、何とか2点で切り抜けます。

2、3回もヤクルトは三者凡退。3回までに既に5三振

4回表裏は両チームとも三者凡退 
ヤクルトは依然ノーヒット、ここまで6三振
ブキャナン投手は立ち直ってきました。

5回、先頭のバレンティン選手がレフト線への2塁打で出塁
ようやくチーム初ヒットが出ました。
1死後、畠山選手は四球を選び1死1、2塁
しかし、川端選手がフルカウントから空振り三振、
スタートを切っていたバレンティン選手が2、3塁間で挟殺され3アウト。
勿体ない攻撃でした。

5回裏、ブキャナン投手は、先頭の田中広輔選手にレフトへのヒットを打たれ、
バレンティン選手がこれを後逸するエラーで無死3塁
1死後、丸選手にライト前にタイムリーヒットを打たれ0-3
鈴木誠也選手にはセンターオーバーのタイムリー2塁打を打たれ0-4

今日のジョンソン投手相手に4点は重すぎます。

6回、先頭の中村捕手がセンター前ヒットで出ます。
代打の三輪選手は見逃し三振に倒れ、
西浦選手はピッチャーゴロ併殺打で3アウト

6回裏、ヤクルトは今日1軍復帰の星知弥投手が登板
2者連続三振後、ジョンソン投手にライト前ヒットを打たれ、
田中、菊池選手に連続四球を与え2死満塁のピンチ
しかし、好調の丸選手をセカンドゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。

7回、ヤクルトは代打の荒木選手が三振
山田選手はショートゴロ、バレンティン選手はサードゴロで三者凡退

7回裏、ヤクルトは中澤投手が登板
センターに坂口、ライトに荒木選手が入ります。
三者凡退にきっちり抑えます。

8回2死後、川端選手が四球で出ますが、中村捕手がショートゴロで3アウト

8回裏、ヤクルトは風張投手が登板
1死後、石原捕手に四球を与えますが、後続を打ちとります。

9回、先頭の代打・雄平選手が当たりそこねの内野安打、
西浦選手はセンター前ヒットで無死1、2塁
ジョンソン投手の暴投で無死1、3塁となり、
荒木選手のショートゴロで3塁ランナーが生還して1死1塁 1-4

山田選手はライト前ヒットを放ち1死1、3塁。
久々の右へのヒットが出ました。
引っ張るだけじゃなく、こういう打ち方が出来れば、
チャンスでつなぐことも、タイムリーも生まれます。
こんな打席が増えればと思います。

ここで、ジョンソン投手は降板となり、抑えの中崎投手に継投
続くバレンティン選手がレフトへのタイムリーヒットを放ち2-4と2点差に!
代走は上田選手
1死1、2塁で、坂口選手は三振に倒れ2死となり、
畠山選手は四球を選んで2死満塁。代走は田代選手
しかし、最後は川端選手が見逃し三振に倒れゲームセット
えっ!?最後の球はちょっと低くなかった!??

マツダでの初戦、ヤクルトは首位の広島カープに2-4で敗れました。
9回は追いあげましたが届きませんでした。

まあ、今日はジョンソン投手がよかったですね。
ヤクルト打線は、ジョンソン投手に5安打9三振を喫し、
9回に完封負けを免れるのがやっとでした。

バレンティン選手がジョンソン、中崎投手から1安打ずつの2安打で1打点
あとは、西浦、山田、中村、雄平選手が1安打
最後は、押せ押せの中、中崎投手から2三振を喫しました。

先発したブキャナン投手は不安定な立ち上がりとなり、初回につかまりました。
ただ、2失点で切り抜け、その後は立ち直ったかに見えましたが、
5回に、また上位打線に打たれ2点失い、
6回7安打4失点(自責3)で、5敗目を喫しました。

2番手で投げた星投手が、満塁のピンチは招きましたが0点に抑え、
復帰の調整登板としてはまずまずでしたね。
2死後、コントロールが安定しませんでしたが、ストレートは150㌔台が出ていました。
小川投手同様、手術明けなので、様子を見ながら大事に使ってほしいです。

今年の写真はないので、昨年のキャンプより星知弥投手
e0222575_0495610.jpg


中澤、風張投手も1イニングを無失点に抑えました。

明日は試合ができるかどうか微妙ですが、連敗だけは避けたいですね。
カラシティー投手の好投を期待しています。
打線は、今日の9回の反撃が明日に繋がりますように!

by misty2011 | 2018-07-04 21:23 | 東京ヤクルトスワローズ
前のカード巨人戦で連敗を3で止め、借金4で4位につけている東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から神宮での6連戦。最初は中日ドラゴンズとの3連戦です。

先発はヤクルトがブキャナン投手、中日は小笠原慎之介投手
スタメンは1番・西浦、3番・山田選手など巨人戦3戦目と同じ
出来れば、山田選手はもっと下位に下げてほしいのですが。

選手公示では、昨日、谷内亮太選手が抹消され、
本日付で宮本丈選手が上がってきました。
そして、小川泰弘投手が抹消されました。何かあったんでしょうか?
右ひじ手術明けなので、これは心配ですね。

試合経過は ニッカンスコア 

初回、ブキャナン投手は大島選手にセンター前ヒットを打たれ、送りバントで2塁、
暴投で1死3塁となりますが、3、4番を打ち取り3アウト

1回裏、西浦、青木選手の連打で無死1、2塁も
山田選手は捕邪飛、バレンティン選手は三振、川端選手はショートゴロで先制ならず。
悲しいかな、山田選手が打ちあげるか三振は予想通りという感じで、
私はやけくそで、もう送りバントでもさせておけよと思いました。
まだ左ひじのケガの影響があるようで、それならなおさら3番に置くなんてありえません!

肘が痛くて打てないのなら、軽打するとか、外の球は右に打ってみるとか、
それなりに工夫したバッティングが出来ればいいんですが、
打撃技術の引き出しがないばっかりに、常に同じスイングをして同じように打ち上げる。
その繰り返し。

それにしても、クリーナップでランナーが一歩も進めずとは情けない。

2回、ブキャナン投手は1死後、高橋選手に内野安打を打たれますが、
福田選手をショートゴロ併殺打に仕留めます。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回、中日は三者凡退

3回裏、先頭のブキャナン投手が全力疾走でセカンドへの内野安打で出ます。
西浦選手は四球で無死1、2塁
つづく青木選手がライトへ5号3ランホームランを放り込み、
ヤクルトが3点先制!3-0
 ナイスホームラン!! 
山田くんに回しても打てないので、その前に得点できてほっとしました。

山田選手はセンターフライで1死となり(リーグ戦再開後、15打数ノーヒット)、
バレンティン選手はショートゴロ。この3、4番はそろって不調。
真ん中で打線をぶった切っています。
川端選手はライト前ヒット、畠山選手は1邪飛で3アウト

4回、ブキャナン投手はビシエド選手に死球をぶつけますが、後続を打ち取ります。

4回裏、先頭の坂口選手がレフト前ヒット、中村捕手は送って1死2塁
つづくブキャナン投手がレフトへタイムリー2塁打を放ち4-0
今日は投打に大活躍!

西浦選手は四球で歩き1死1、2塁
青木選手はレフト前ヒットで1死満塁と思ったら、
3塁を回ったところで、河田コーチがブキャナン投手を止めた際に接触し、
ランナーがアウトとなり2死1、2塁。
このあと、山田選手はセンターフライで3アウト。
これまでよりはマシな当たりでしたが伸びませんでした。(16-0)
どこまでノーヒットが続くのやら・・・。

5回、ブキャナン投手は三人で片付けます。

5回裏、ヤクルトは三者凡退

6回、先頭の坂口選手がレフト前ヒットで出塁
2盗後、中村捕手が送って1死3塁
ブキャナン投手はショートゴロ。京田選手のフィルダースチョイスで1死1、3塁
ここで、1番の西浦選手がレフトスタンドへ6号3ランホームランを叩き込み7-0
と突き放します。
西浦選手、素晴らしい!
長打があるので、安定した打撃が出来るようになれば、クリーンナップも夢ではありません。

2死後、山田選手がレフトへのヒットで出ますが、バレンティン選手はサードゴロで3アウト
ようやく山田くんにヒットが出ました。
リーグ戦再開後、4試合目で初ヒットです。やれやれ。
これがきっかけになればと思いますが、とにかく山田くんは、凡人にはわかりません。
予測不能。去年も今年も、ちょっと打ってはすぐまた不調モードに入りますからね。

7回裏、中日は又吉投手が登板
先頭の川端選手がレフト前ヒット
今日1軍昇格の代打・宮本丈選手はショートゴロ併殺打
このあと、坂口選手が左中間への2塁打で出ます。今日3安打
中村捕手は三振で3アウト

8回、ブキャナン投手は先頭の高橋選手にレフトへヒットを打たれますが、
後続を打ち取ります。

8回裏、中日は木下雄投手が登板
1死後、西浦選手がセンター前ヒット。3安打猛打賞、勢いが止まりませんね。
青木選手はセカンドゴロで2死1塁。代走は上田選手
続く山田選手がバックスクリーン左に飛び込む15号2ランホームランを放り込み
9-0

3週間前の6月5日ぶりとなる一発です。
1本ヒットが出たら気持ちがラクになったでしょうか。

9回、ブキャナン投手は先頭の大島選手にレフトへの3塁打を打たれます。
守備に入った田代選手がクッションボールの処理にもたつきました。
1死後、アルモンテ選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ9-1
完封は逸しました。
このあと、ビシエド選手に今日2個目の死球をぶつけ1死1、2塁。申し訳ありません。
しかし、後続を打ち取りゲームセット

ヤクルトが9-1で中日に圧勝しました。

完封こそなりませんでしたが、ブキャナン投手が5安打1失点で、
2回目の完投で6勝目をあげました。おめでとうございます。
打っても2安打1打点と二刀流で大活躍でしたね!

e0222575_11303764.jpg


打線は15安打で9得点
青木宣親選手が先制の3ランホームランを含む3安打猛打賞3打点
西浦直亨選手が同じく3ランホームランを含む3安打猛打賞2四球で全打席出塁
ノリノリですね。ショートの守備も安心して見ていられます。

坂口智隆選手が3安打猛打賞
山田哲人選手が久々のヒットと2ランのマルチで2打点
そして、野手ブキャナン投手が2安打1打点

神宮に戻って来た途端に、久々の大勝でしたね。
エースが投げ、打線が爆発。会心の勝利でした。

中でも、西浦選手と青木選手が好調をキープしています。
不振の山田くんにも一発が出て、センターラインで今日は豪華に3発でました。

あとは、当たりが止まっているバレンティン選手が戻ってくれば完全体になりそうですね。
山田くんは今日打ったので明日も3番でしょうか?
まあ、これが復調の足掛かりになることを願います。
出来れば一日一善はしてほしいですね。

とにかくナイスゲームでした♪♪♪
明日はカラシティー投手の好投を期待しています。
                 
by misty2011 | 2018-06-26 21:22 | 東京ヤクルトスワローズ
最初に、中村悠平捕手について、
昨日、頭部死球を受けたヤクルト中村悠平捕手は、埼玉県内の病院でCT検査を受け、
異常なしと診断されました。
大事に至らずよかったですが、頭だけに、しばらく無理は出来ませんね。

今日の公示では、強肩の松本直樹捕手が上がってきて、
昨日好投した石川雅規投手が抹消されました。
ということは、来週19日(火)のソフトバンクとの振り替え試合の先発は、
ブキャナン投手で決まりでしょうね。

埼玉西武ラインズとの2戦目は、所沢のメットライフドームに移動して行われました。
先発は、西武が、2年目プロ初登板となる20歳の今井達也投手、
ヤクルトは中5日でブキャナン投手

スタメンを見てびっくり!?
あれれ、山田くんがいない!どうしたの???
昨日、源田選手と2塁上で交錯して倒れ、そのまま最後までプレーしていましたが、
痛かったんでしょうね。
左腕の負傷(左ひじ)ということで、今日はスタメンを外れました。
スポニチによると、この日は病院で検査を受け、練習にも参加せず。
小川監督は「もう少ししてから判断する」と話したとのこと。心配ですね。

いつものスタメンから山田、中村選手が外れ、
1番にはセカンド荒木選手が入り、8番は井野捕手、それ以外は前日と同じです。

試合経過は ニッカンスコア

初回、2回と今井投手の前にヤクルトは三者凡退。
150㌔超のスピードが出ています。

ブキャナン投手は初回、2回ともランナーを出しますが、無失点に抑えます。
初回の浅村選手から2回の栗山選手まで三者連続三振に斬って取りました。

3回、先頭の西浦選手がセンターへの2塁打で出塁
井野捕手はバント失敗後、セカンドゴロが内野安打となり、
浅村選手の悪送球の間に(訂正)、
西浦選手が2塁から一気にホームイン!ヤクルトが1点先制 1-0
リクエスト検証となりますが、判定通りセーフとなりました。
キャンプで練習した回り込んで手からのスライディングがしっかりできていました。
ただ、ノーアウトだったので暴走気味ではありましたね。
結果オーライの積極走塁ってことで。

2死後、青木選手がセンタ前ヒットで2死1、2塁となりますが、
川端選手は空振り三振で1点どまり

3回裏1死後、ブキャナン投手は秋山選手にセンター前ヒットを打たれます。
2死後、浅村選手には四球を与え、山川選手はショート内野安打で2死満塁
西浦選手が横っ飛びでよく止めました。
栗山選手はショートフライに打ち取り、無失点で切り抜けます。

4回1死後、雄平選手が四球、坂口選手はセンター前ヒットで1死1、2塁
西浦選手はサードゴロ、井野捕手は三振に倒れ追加点ならず。

4回裏、先頭の外崎選手にレフトスタンドへソロ弾を運ばれ1-1の同点に
ここで、アップルパンチが出ましたね・・・。
つづくメヒア選手にもバックスクリーン右横に放り込まれ1-2と逆転されます。

5回、先頭の藤井選手はレフトフェンス際への大飛球も栗山選手に好捕されます。
1死後、荒木選手が四球で出塁
青木選手は三振、荒木選手は2盗成功で2死2塁
川端選手はショートゴロで3アウト

5回裏、先頭の源田選手のショートゴロアウトがリクエスト検証となり、
判定通りアウトとなり1死。西浦選手、深い所からナイス送球
浅村、山川選手も打ち取り3アウト

6回2死後、坂口選手がセカンド内野安打で出塁も2盗失敗で3アウト

6回裏、ブキャナン投手は先頭の栗山選手に右中間への2塁打を打たれます。
代走は斉藤彰選手
外崎選手はセンターフライで1死となり、メヒア選手は四球で1死1、2塁
岡田捕手にレフト前ヒットを打たれ1死満塁のピンチを招き、
金子選手はレフトライナーで2死満塁
秋山選手はフルカウントから押し出しの四球を献上して1-3となります。
なおも2死満塁で、源田選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ1-4

ここで、ブキャナン投手は降板となり、松岡健一投手に交代
しかし、代わりっぱな二者連続押し出しを献上して1-6と5点差に
継投が遅れた上に、松岡投手も不調でした。
リードされていたので、勝ちパターンの投手を出すわけにもいかず、まあ仕方ありません。

7回、西武はヒース投手に交代
1死後、古巣相手に代打で田代選手が登場すると、西武ファンからも拍手が送られます。
空振り三振で2死となり、藤井選手も倒れ3アウト

7回裏、ヤクルトは風張投手ー松本捕手のバッテリーに交代
風張投手は三者連続三振に斬って取るナイスピッチング!

8回、西武はワグナー投手が登板
荒木、青木選手が連続四球で無死1、2塁。始まりましたか?西武の自爆のリリーフ陣!?
川端選手はショート内野安打となり無死満塁
続くバレンティン選手はショートゴロで2塁アウトも荒木選手がホームインして2-6
1死1、3塁で、雄平選手はライトへの犠牲フライで、
3塁から青木選手がタッチアップして生還。3-6と3点差に
バレンティン選手に代わり、1塁代走に山田哲人選手が送られ、2盗成功!15個め。
リプレーで見るとアウトでした。足もちょっと不調気味?
西武は既にリクエスト2度失敗したので、もう出来ません。ラッキー!
坂口選手は四球も、西浦選手が倒れ3アウト
しかし、西武のリリーフ陣はきっちり失点してくれますね。
3点差ならまだわかりません。

8回裏、ヤクルトは村中恭兵投手が登板
いきなり先頭の金子侑司選手の背中に死球をぶつけます。
申し訳ありません、報復じゃなく単なるノーコンなんです。
金子選手はかなり痛そうでしたが起き上がって1塁へ歩き、2盗を決めます。
大丈夫そうでよかったです。
秋山、源田選手を打ち取り2死3塁
つづく浅村選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ3-7

ここで、ヤクルトは配置転換された原樹理投手が登板
山川選手をセンターフライに打ち取り3アウト

9回、西武は抑えの増田達至投手
代打の三輪ちゃんが粘りますがセカンドライナー
藤井選手はセンター前ヒット、荒木選手はピッチャーゴロで2死2塁
このあと青木選手がセンター前タイムリーヒットを放ち4-7
川端選手はレフトフライでゲームセット

ヤクルトは4-7で西武に敗れ、連勝は3で止まり、勝率5割復帰もなりませんでした。
西武は初登板初先発の今井達也投手がプロ初勝利となりました。
ヤクルトは初物に弱く、その上、プロ初勝利を献上することも多いですが、
今日は残念ながらそういう試合となりました。

先発したブキャナン投手は、昨日の石川投手に比べると、西武打線が捉えやすそうでした。
6回途中まで投げ、9安打6失点で4敗目を喫しました。
1点リードの4回、外崎、メヒア選手に二者連続被弾して逆転され、
6回は満塁から押し出しの四球とタイムリーヒットを浴び1-4
代わった松岡投手も二者連続押し出しで6点目を献上
この回で勝負が決まりました。

中5日の先発が続いているので、少しずつ疲れが溜まっているんでしょうね。
来週の振り替え試合も中5日になりますが、大丈夫でしょうか?

e0222575_21523912.jpg



リリーフ陣では、前回打たれた風張蓮投手が三者連続三振斬りでよかったです。

今日はスタメンから山田くんとムーチョ二人が外れるオーダーだったので、
全体的に打線に元気がありませんでした。
8安打5四球もらって4得点。青木、坂口選手がマルチヒットでした。

今日負けて、念願の5割復帰はなりませんでしたが、
明日は勝って、西武に是非勝ち越してほしいですね。
相手先発が降りた後が、やはりねらい目でしょう。
今日も勝ちパターンのワグナー、増田投手で計3失点しています。
3~4点くらいのビハインドなら、何とかなりそうです。

打線がもっと打ってほしいですね。
西武打線は、一時ほど当たっているようには見えません。
明日のハフ投手に勝ち越しを託します。
山田哲人選手は、無理をしないように!
明日の先発・十亀投手はスライダーがいい投手なので、
今日のような代走でいいと思います。

by misty2011 | 2018-06-13 22:08 | 東京ヤクルトスワローズ
交流戦が開幕して、最初のカード・千葉ロッテマリーンズに、
2勝1敗と勝ち越した東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から楽天生命パーク宮城で東北楽天ゴールデンイーグルスとの3連戦

先発は、楽天が辛島航投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンは。4番DHにバレンティン選手、5番は畠山選手で、
9番にレフト荒木選手が入りました。

選手公示では、山中投手が抹消され、奥村展征選手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、2死後、坂口選手がセンター前ヒットもバレンティン選手はサードゴロで3アウト
山田選手は初球を打ってサードゴロ。
ヒットが出ないどころか、ドンドン悪くなってきました。

1回裏、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

2回1死後、西浦選手が死球で出塁。
大引選手は四球で歩き1死1、2塁
中村捕手は見逃し三振で2死となり、
ここで、DH荒木選手が三遊間を抜けるタイムリーヒットを放ち、
ヤクルトが1点先制!1-0 ナイスバッティング!

なおも2死1、2塁から、辛島投手の暴投で2死2、3塁となり、
山田選手は空振り三振で1点どまり。またチャンスに三振ですか・・・
いくら何でもひどすぎ。ホントどうしちゃったの山田くん!?
これ、ケガでもしてる!??明らかにヘンです。まさかあの時に肩を・・・??
これで13打数ノーヒット。どこまで続くのか数えるのが怖い。
チームのためには、もうスタメンから外してほしいと思うくらいです。

2回裏、ブキャナン投手は先頭の今江選手にレフトへのヒットを打たれます。
1死後、ウィーラー選手にレフトへヒットを打たれ1死1、3塁
つづく内田選手にライト前にタイムリーヒットを打たれ1-1の同点に
なおも1死1、3塁で、岡島選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト。
何とか1点で済みました。

3回、先頭の青木選手がライト前ヒットで出ます。
坂口選手はショートゴロ併殺打で2死ランナーなし
バレンティン選手はレフト前ヒット。なんともチグハグ・・・。
畠山選手は三振で3アウト。畠山選手もよくないですね。

3回裏、ブキャナン投手は先頭の嶋捕手にセンター前ヒットを打たれ、
茂木選手は空振り三振、2塁へ走ったランナーもアウトで三振ゲッツー。
このあと銀次選手に四球を与えますが、田中選手を打ち取ります。
こちらもチグハグのお付き合い。

4回、ヤクルトは三者凡退

4回裏、ブキャナン投手は先頭の今江選手に四球を与え、ベゲーロ選手は三振で1死
ウィーラー選手に3塁線を破る2塁打を打たれ1死2、3塁
内田選手はサードゴロで3塁ランナーがホームアウトとなり、2死1、2塁
岡島選手はレフト前ヒットも、荒木選手が好返球でホームタッチアウト!
得点を阻みます。

5回、ヤクルトは三者凡退
荒木選手はサードゴロ
山田選手は見逃し三振。いつも同じように外の際どい球を見逃してばかり。
この打席、大きな打球はありましたがファールで切れました。
これで14打数ノーヒット。
もうチャンスでどうのこうのという問題ではありません。全く打てないんですから。
青木選手はセカンドゴロ

5回裏、楽天も三者凡退

6回、先頭の坂口選手がショート内野安打で出ます。
バレンティン選手は大きなレフトフライで1死となり、
このあと、坂口選手が2盗失敗で2死
畠山選手は右邪飛で、結局三者凡退。

6回裏、ブキャナン投手は先頭の田中選手に四球を与え、2盗を許します。
今江選手も四球で、つづくベゲーロ選手をセカンドゴロ併殺打に打ち取り2死3塁
ウィーラー選手は申告敬遠で、内田選手に死球を与え2死満塁
つづく岡島選手をピッチャーゴロに仕留め無失点で切り抜けます。
ブキャナン投手、よく踏ん張りました。
しかし、さすが最下位同士の戦い、両チームとも決め手に欠きますね・・・。

7回1死後、大引選手がレフトへのヒットで出ます。これで11試合連続ヒット!
中村捕手はライト前ヒットで1死1、3塁とチャンス拡大

楽天は、ここで池田投手に交代
荒木選手は初球スクイズがファールとなり、このあと見逃し三振で2死1、3塁
うわぁ~、またチャンスに山田くん。ヤバい
今度はフルカウントから四球を選んで2死満塁。
際どいボールでしたが、ふ~っ助かりました。
打てそうもないので後ろに丸投げするしかありません。

楽天はここで、左の高梨投手に交代し、
青木選手の叩きつけた打球がセンター前に抜けて、
二者生還して3-1と勝ち越します。
ショート手前でバウンドが高く弾んでラッキーなタイムリーとなりました。
欲しかった追加点がようやく入りました。

写真は浦添キャンプより青木宣親選手
e0222575_9303163.jpg


7回裏、リードをもらったブキャナン投手は、きっちり3人で片付けます。

8回、楽天は青山投手が登板
先頭のバレンティン選手が四球で歩き、代走は藤井選手
暴投で2塁へ進み、畠山選手も四球で無死1、2塁。代走は田代選手
西浦選手は送りバントで1死2、3塁
好調・大引選手は2ボールから申告敬遠となり1死満塁
中村捕手は押し出しの四球で4-1
荒木選手はライトへ犠牲フライを運び5-1
2死1、3塁で、山田選手はセンターフライで3アウト。
気楽な場面でも打てませんでした。これで15-0、4試合ノーヒット

8回裏、秋吉投手が登板
先頭の田中和基選手にソロホームランを浴び5-2
1死後、ベゲーロ選手にヒットを打たれますが、
ウィーラー選手をセカンドゴロ併殺打に打ち取ります。

9回、楽天は森雄大投手が登板
先頭の青木選手が四球で出て、代走は上田選手
坂口選手はセカンドゴロで1死1塁
代打・谷内選手はセンターオーバーの飛球を打ちますが、田中選手に好捕され、
坂口選手は1塁へ戻れずダブルプレーで3アウト
谷内くん、ハードラック!相手が超ファインプレーでした。

9回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の内田選手にレフトへのヒットを打たれ、
1死後、藤田選手のファーストゴロを西浦選手が捕球ミスして
1死1、2塁のピンチを招きます。
茂木選手はレフトフライで2死となり、銀次選手はセンターフライでゲームセット

ヤクルトは、敵地で楽天を5-2で下し、初戦を取りました。
これでロッテ戦から3連勝!
ここまで、決しててラクな試合はありませんが、上々の滑り出しです。
明日は則本投手なので、今日勝っておいて良かったです。

先発したブキャナン投手は7回を投げ6安打6四死球1失点で5勝目をあげました。
おめでとうございます。
思ったところに制球出来ず、球も浮いていて不安定な投球でしたが、
要所を締め、よく1点に抑えたと思います。
相手が楽天打線で、拙攻に助けられたというのもあるでしょうね。
ブキャナン投手は、春先に比べると、コントロール、キレとも落ちているような気がします。
これからの夏場が正念場となりそうですね。

秋吉投手は、相変わらず不安定でソロ被弾の1失点
石山投手も少し調子が下降気味。エラーがありましたが、よく0点に抑えました。

打線は、楽天9安打より少ない8安打で5得点
青木宣親選手が決勝タイムリーなど2安打2打点
坂口選手もマルチヒットでした。
大引選手は11試合連続ヒットと好調をキープ
DH出場の荒木選手は先制のタイムリーヒットを打ちました。

山田選手は上にも書きましたが、どん底ですね。
交流戦いまだヒットなしで、4試合15打数ノーヒット
チャンスでも気楽な場面でも関係なくヒットが出ませんでした。

何が原因かわかりませんが、ケガをおして出ているのではないかとすら心配します。
ベンチは、これだけ打てなくても、打順を下げることなどやらないでしょうね。
突然の絶不調に、ファンも戸惑います。
本人はもっと苦しいと思いますが、強い気持ちで打席に立ってほしいです。
明日こそ、どうか山田くんにヒットが出ますように!

by misty2011 | 2018-06-01 22:10 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011