タグ:中村悠平 ( 90 ) タグの人気記事

いよいよ今日から神宮でクライマックスファーストステージが始まりました。
セ・リーグ2位の東京ヤクルトスワロ―ズと3位の読売ジャイアンツが、
優勝した広島カープへの挑戦権を勝ち取るべく戦います。

初戦の先発は、ヤクルトが巨人キラーの小川泰弘投手
巨人は、エース菅野投手が初戦を回避し、左腕の今村信貴投手の先発

スタメンは、4番までシーズン終盤と同じで、
1番センター坂口、2番山田、3番バレンティン、4番雄平選手
以下、5番サード大引、6番ファーストに荒木、7番ショート西浦選手と続きます。
スタメンマスクは中村悠平捕手

左太ももを痛めている青木宣親選手は、本日付で上がってきましたがベンチスタート
無理はさせられません。
しかし、寒いですね。
寒がりの山田くんがバットまで冷えないかと心配です。

試合経過は ニッカンスコア

初回、小川投手は1死後、田中俊太選手に四球を与え、2盗を許します。
マギー選手にライトオーバーの2塁打を打たれ、1死2、3塁
田中選手の走塁ミスに助けられました。
しかし、このあと岡本選手にライトへ犠牲フライを運ばれ
1点先制されます。0-1

打たれたことより、田中選手への四球が悔やまれますね。

1回裏2死後、バレンティン選手が粘って四球で歩きますが、
雄平選手が初球を打ってファーストゴロに倒れ3アウト

2回、小川投手は三者凡退に抑えます。

2回裏、先頭の大引選手が四球で出塁
荒木選手はサードゴロ進塁打で1死2塁
西浦選手はショートゴロで2死2塁
ここで、中村捕手がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち
1-1の同点に!
 ナイスバッティング、ムチョー!
前進守備の頭を越えて行きました。

3回1死後、小川投手は坂本勇人選手にソロ弾を浴び1-2と勝ち越されます。
外の低めを泳ぎながらもレフトスタンドまで運ばれました。
失投というよりは、打った方が上手かったですね。

田中俊太選手にもレフト前ヒットを打たれますが、
後続を打ち取ります。

3回裏、先頭の坂口選手がショート内野安打で出塁
山田選手はセカンドゴロ併殺打で2死ランナーなし
バレンティン選手はセンターへの大飛球でしたが、あとひと伸び足りず3アウト

4回、小川投手は三者凡退に抑えます。

4回裏1死後、大引選手が四球で歩きます。
荒木選手はショートゴロ進塁打で2死2塁
西浦選手は空振り三振で3アウト

5回、小川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

5回裏2死後、坂口選手がレフト線への2塁打で出ます。
ここで、巨人は何と上原浩治投手に継投
山田哲人選手は甘いストライクを2球見逃して、最後はボール球を空振り三振。
こういう所なんですよね、積極性のなさがCSでも。
今日はブレーキの山田くん
負けたら叩かれるでしょうね。憂鬱だわ・・・。

6回、小川投手はファースト荒木選手の好守もあって2死となり、
岡本選手に四球を与えますが、阿部慎之助選手をセンターフライに打ち取ります。

6回裏、上原投手続投
バレンティン選手は捕邪飛、雄平、大引選手は空振り三振
上原選手の球はどうってことないですが、気合負けしている感じです。

7回、小川投手は先頭の長野選手に三週間を抜けるヒットを打たれます。
陽岱鋼選手にセンターへのタイムリー2塁打を打たれ、
エンドランで1塁から長野選手が一気にホームインして1-3

痛い追加点を奪われました。

小林捕手は送りバントを決め1死3塁
ここで、ヤクルトはハフ投手に交代
代打の亀井選手はセカンド後方へのフライで、
山田選手が背走も捕れず、タイムリーヒットとなり1-4

前進守備だったので難しい打球でしたが、山田くん、ことごとく上手く行きません。

1死1塁で、ヤクルトは梅野投手に交代
坂本選手を空振り三振に仕留め2死1塁
田中俊太選手はショートゴロで3アウト。ナイスリリーフ!

7回裏、巨人は畠投手が登板
先頭の荒木選手がセンター前ヒットで出ます。
西浦選手はセンターフライ、
中村捕手はショートゴロで2死2塁となり、
代打の西田選手は空振り三振で3アウト

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
マギー、岡本選手を連続三振に斬って取るなど三者凡退に抑えます。

8回裏、巨人は山口俊投手が登板
坂口選手はセカンドゴロ
山田選手は空振り三振、今日4タコ2三振、あ~ぁぁぁ
バレンティン選手はセカンドゴロで3アウト

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
きっち3人で片付けます。

9回裏、巨人は山口俊投手が続投
雄平選手はサードゴロ、大引選手は三振、
最後は西浦選手がライトフライに倒れゲームセット

CS1stステージ初戦、ヤクルトは1-4で巨人に敗れました。

先発の小川投手は7回途中まで投げ、5安打6奪三振で4失点
レギュラーシーズンでは対巨人戦は8連勝でしたが、
クライマックスでは痛い黒星となりました。
今日はストレートがあまり走ってなく、変化球の切れもイマイチでした。

打線はわずか4安打1得点
坂口選手がマルチ
荒木選手が1安打
中村捕手がタイムリー2塁打の1打点
e0222575_0241259.jpg


4安打では勝てません。

解説の谷繁さんが、今日のポイントは
5回、今村投手から上原投手に継投して、
山田哲人選手を空振り三振に仕留めた場面だと話していました。
あれで巨人に完全に流れが行きましたね。
上原投手の気迫に圧倒されました。

初戦を小川投手で落としたヤクルトはあとがなくなりました。
明日は菅野投手の先発なので、非常に苦しくなりましたね。

ただ、勝ちを計算していた巨人キラーの小川投手で負けたので、
絶対エースの菅野投手にも何が起きるかわかりません。
打線が今日のように冷えていては、どうしようもありませんが、
何とか食らいついて球数を放らせて、そこからチャンスを作りたいですね。

今さら打順は変えないでしょうね?
1番坂口選手は問題ありません。
2番から4番がどう打てるかですね。
特に、今日打てなかった山田、雄平選手に奮起をお願いしたいです。
坂口選手が出塁した場合、
2番の山田選手はケースバッティングがあまり出来ないので、つながりませんね。
そこを何とかしないと!
青木選手のアナがやはり響いています。

明日は負けたら終わりです。それこそ執念を見せて下さい!
原樹理投手の好投を祈っています。

それにしても、気温同様、ヤクルト的にはさむい試合でしたね。

by misty2011 | 2018-10-13 21:48 | 東京ヤクルトスワローズ
甲子園での阪神との初戦は、原樹理投手の投打にわたる活躍で快勝し、
貯金が2となった東京ヤクルトスワロ―ズ

2戦目の先発は、阪神が青柳晃洋投手、ヤクルトは山中浩史投手
今日はバレンティン選手がスタメンから外れ、4番は雄平選手
5番にファースト川端選手が入り、6番サード宮本選手、先発マスクは中村捕手と
大幅にいじってきました。
バレンティン選手は、青柳投手が右のサイドスローなので休養日にしたんでしょう。
出来れば、山田哲人選手もどこかで休養日を取ってほしいですけどね。
ここまでは試合前に書きましたが、
手痛い失策をやらかした試合後は、もっとその思いが強くなりました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは三者凡退
山田選手は、際どいコースでしたが外スラを見逃し三振。
今日は初球のインスラから腰が引けています。

1回裏、先頭の糸原選手に左中間への2塁打を打たれます。
植田選手は送りバントで1死3塁
大山選手のショートゴロで、3塁ランナーが生還して0-1と先制を許します。
糸井選手もライト前ヒットで2盗を決め2死2塁
陽川選手は空振り三振で3アウト。1点で済みました。

2回、先頭の雄平選手がライト前ヒット
川端選手は見逃し三振
宮本選手はレフトへのヒットで1死1、2塁。ナイスバッティング!
西浦選手は空振り三振で2死
ここで、中村捕手がレフト前にタイムリーヒットを放ち1-1の同点に
真ん中付近に浮いたスライダーの失投を捉えました。ナイスバッティング!
2死1、3塁となり、山中投手は粘りますが見逃し三振

2回裏、山中投手は三者凡退に抑えます。

3回、先頭の坂口選手は1塁ナバーロ選手の好守に阻まれ1死
青木選手は右中間への2塁打で出ます。
山田選手はレフトオーバーのタイムリー2塁打を放ち2-1と勝ち越します。
スライダーが真ん中に入ってきました。
あと、レフトの拙守にも助けられました。
2死後、川端選手がライト前にタイムリーヒットを放ち3-1

3回裏、山中投手は先頭の青柳投手にヒットを打たれますが、
糸原選手はピッチャーライナーでダブルプレー
後続も打ち取り3アウト

4回1死後、中村捕手が四球で歩き、山中投手が送って2死2塁
坂口選手は四球で歩き2死1、2塁
青木選手はセカンドゴロで追加点ならず。

4回裏2死後、山中投手は陽川選手に四球を与えますが、
ナバーロ選手をセカンドゴロに打ち取ります。

5回、先頭の山田選手がセンター前ヒットで出ます。今日マルチ
しかし、盗塁する気配はなし
雄平、川端、宮本選手が倒れ3アウト

5回裏、山中投手は先頭の伊藤隼太選手にセンター前ヒットを打たれ、
送りバントで1死2塁
青柳投手はショートゴロで2死2塁
糸原選手もショートゴロに打ち取り3アウト

6回1死後、中村捕手がセンター前ヒット。今日マルチ
山中投手は送りバントを決め2死2塁
阪神はここで岩崎投手に交代
坂口選手は見逃し三振で追加点ならず。

6回裏、山中投手は三者凡退に抑えます。

7回、岩崎投手続投
青木選手はセカンドゴロ
山田選手は四球で歩きます。
雄平選手はセンター前ヒットで無死1、2塁
川端選手はレフト前ヒットで1死満塁
ここで、ヤクルトは代打バレンティン選手登場
バレンティン選手は初球を打ってセンター前タイムリーヒット
4-1とリードを広げます。
 代走は大引選手
バレンティン選手118打点、山田選手は今日2得点で118得点(訂正)
なおも1死満塁で、西浦選手もサードグラブを弾くタイムリー内野安打で、
二者生還して6-1


7回裏、山中投手続投 サードに大引選手
先頭の陽川選手にレフトへのヒットを打たれ、
1死後、伊藤隼太選手の何でもないセカンドゴロを
山田選手が後逸するエラーで1死1、3塁のピンチを招きます。
併殺になるところで、痛すぎるエラーをやらかしました。これで12失策
山田くん、疲れがあるにしても、言い訳できない不注意ミスでした。
梅野捕手はサードゴロで、その間に3塁ランナーが生還して6-2
代打の鳥谷選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ6-3

雲行きが怪しくなってきました・・・。

ヤクルトはハフ投手に継投して、糸原選手をセカンドゴロに打ち取り3アウト
しかし、山田くんのエラーから、ブルペン陣に負担をかけることに。
懲罰交代でもいいくらいですが、代わりがいません。
下から奥村選手でも上げて下さい。
疲れているのは確かですが、だからと言って致命的なミスは擁護したくても出来ません。

8回、阪神は桑原投手が登板
先頭の坂口選手が四球で歩きます。
青木選手はセカンドフライ
山田選手は空振り三振で2死
以前なら、ミスのあとはバットで取り返していましたが、その覇気もなし。
雄平選手はセカンドゴロで3アウト

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
1死後、大山選手にヒット、糸井選手に2塁打を打たれ1死2、3塁から
陽川選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ6-4
原口選手に死球をぶつけ1死満塁のピンチ
伊藤隼太選手はショートフライに打ち取り2死満塁
梅野捕手はショートゴロで3アウト。
ヒヤヒヤしましたが、何とか1点でしのぎました。
近藤投手は球団最多タイの34ホールド、球団新の40HPをマーク

9回、阪神は藤川投手が登板
1死後、大引選手がセンター前ヒットも、
後続が連続三振に倒れます。

9回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板 1塁に武内選手
1死後、糸原選手にレフト前ヒットを打たれます。
俊介選手はセカンドゴロで2死2塁。2塁に打球が行くとドキッとします。
最後は大山選手を見逃し三振に斬って取りゲームセット

ヤクルトが6-4で阪神に連勝し、
前のカードから引き分けを挟んで4連勝、貯金は3となりました。


一時は6-1と楽勝ペースでしたが、
山田選手のトンネルエラーから追いあげられヒヤヒヤしましたが、
何とか逃げ切れてよかったです。

先発の山中浩史投手は7回途中まで投げ3失点(自責は1)で2勝目をあげました。
おめでとうございます。
山田くんが併殺に仕留めていれば、7回は0点で終わっていました。
その後のブルペン陣の起用の仕方も違っていたと思います。

e0222575_15273117.jpg


8回には、投げる予定ではなかった?近藤投手がピンチを招き、
追いつかれるんじゃないかと、山中投手はベンチでドキドキだったと思います。
心配をかけて申しわけありませんでした。

まあ、とにかく勝ってよかったです。
もし、同点に追いつかれたり、逆転までされたら、
山田くんへのヘイトは凄いことになっていたと思うと、ぞっとします。
本人だけじゃなく、私まで救われた気分です。

打線は13安打で6得点
1点先制されますが、2回に下位打線がつながり中村捕手のタイムリーで同点
3回には、青木、山田、川端選手の3本のヒットで3-1と勝ち越します。
7回にも四球と4本のヒットを集め3点追加して6-1
楽勝ムードでしたが、7回の山田くんのエラーから追いあげられ、
8回には2点差まで詰め寄られます。
最後は石山投手が0点に抑え逃げ切りました。
これで石山投手は29セーブ、ご苦労様です。

山田哲人選手がマルチヒットで1打点
川端選手もマルチヒットで1打点
バレンティン選手が代打で一振りのお仕事で1打点
西浦選手が2打点
中村捕手がマルチヒットで1打点でした。

せっかく山田くんが久々のタイムリーなどマルチヒットでしたが、
大きなエラーをやらかしたので、私は勝っても喜ぶ気分になれませんでした。

試合に出ずっぱりで、セカンドでトリプルスリーをやって、
やはり疲れがピークなんでしょう。
CSに向け、ここらで、一度休養日をとらせてあげても良さそうに思いますね。
ベンチにお願いしたいです。
今日はエラーをやらかし、疲れた体に、さらに気持ちの上でも追い討ちをかけたでしょうね。
山田くんの疲れた表情を見ると、こちらまでどっと疲れが出ます。

明日は神宮に戻って広島カープ戦
高橋奎二投手が、カープ打線にとんなピッチングをするか楽しみにしています。

by misty2011 | 2018-09-15 18:27 | 東京ヤクルトスワローズ
広島カープとの初戦は、4点リードから9回に追いつかれ、
延長で丸選手に一発を浴び、悔しい逆転負けを喫しました。
阪神戦には3連勝しましたが、やはり打線の迫力が違います。
カープ相手には、何点リードしていても不安しかありませんね。

2戦目の先発は、ヤクルトがカラシティー投手、広島は大瀬良大地投手
スタメン7番サードは今日も廣岡大志選手

選手公示では、中尾輝投手が上がってきて、風張蓮投手が抹消されました。
ただでさえ中継ぎ陣が登板過多となっているというのに、
なぜ風張投手が降格されるのかわかりません?ケガでしょうか??

試合経過は ニッカンスコア

初回、カラシティー投手は三者連続三振の圧巻のピッチング
菊池選手の打席で、雨が強くなり中断しましたが、全く問題ありませんでした。

2回、3回も三者凡退に抑え、パーフェクトピッチング
飛ばしています。
今日はゾーン広目の木内審判が球審なので、ピッチャーとしては投げやすそう。

一方、ヤクルトは初回に山田哲人選手が四球で出たのみで、
3回まで両チームノーヒットの投手戦の様相に。

4回、カラシュティー投手はカープ1番からの打順も三者凡退に抑え、
依然、パーフェクトピッチング継続中

4回裏、ヤクルトは2番からの攻撃も三者凡退
山田選手は角度はよかったですが、打球が伸びません。
疲れからかスイングスピードがめっちゃ落ちています。
まだ両チーム、ノーヒット

5回、カラシティー投手は、先頭の鈴木誠也選手に初球を狙い打たれ、
レフトスタンドに先制27号ソロホームランを放り込まれます。0-1

許した初ヒットがホームランでした。
この回から、また雨が強くなりました。
松山選手にもライト前ヒットを打たれ、田中選手には四球を与え無死1、2塁
西川選手の打席で、さらに雨脚が強まり、ここで、2度目の中断
もうこのまま終わってほしい!ノーゲーム来い!!

しかし、グラウンドに砂を入れて整備され、
無死1、2塁、1ボールから試合再開
中断前は雨でイラついていたカラシティー投手がどうなりますか?
再開直後、西川選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ0-2
なおも無死1、2塁で磯村捕手はショートゴロで1死1、3塁
大瀬良投手にセーフティスクイズを決められ0-3
このあと、1死1、2塁から野間選手にライト前ヒットを打たれ1死満塁
菊池選手は一邪飛で2死満塁

ここで、カラシティー投手は降板となり、2番手で中澤投手が登板
丸選手の右手に死球をぶつけ押し出しで0-4
この回2度目の打席となった鈴木誠也選手はライトフェンス手前のフライで3アウト
あわや満塁弾かと思いました。ふ~っ…

5回裏、先頭の雄平選手がサードエラーで2塁まで進みます。
西川選手のサードは穴ですね。
西浦選手はセカンドフライ、廣岡選手は空振り三振、
2死後、中村捕手がセンター前にタイムリーヒットを放ち1点かえし1-4
チーム初ヒットがタイムリーとなりました。ナイス、ムーチョ!

e0222575_23104972.jpg


2死1塁で、代打の宮本丈選手はファールで粘りますが空振り三振で3アウト

6回、ヤクルトは大下佑馬投手が登板
2死後、西川選手にライト前ヒットを打たれますが、後続を抑えます。

6回裏、ヤクルトは1番からの打順も三者凡退

7回、大下投手続投で三者凡退に抑えます。

7回裏、バレンティン選手は空振り三振
雄平選手は、低めのボール球を打ってセカンド内野安打。チーム2安打目
西浦選手はセンターフライ
廣岡選手は二邪飛に倒れ3アウト

8回、ヤクルトは今日上がってきた中尾輝投手が登板
1死後、鈴木選手四球を与え、中尾投手の暴投で3塁へ進みます。
松山選手はライトへ浅いフライを打ち上げますが、雄平選手が落球して、
3塁ランナーが生還して1-5

捕球していれば、タッチアップは出来ない浅さなので失点は防げました。
最近、雄平選手の守備ミスが目立ちます。
このあと、田中選手にライト前ヒットを打たれ、1死1、3塁
再び暴投で1死2、3塁となり、
西川選手に左中間へのタイムリー3塁打を浴び、二者生還して1-7
1死3塁となり、ここで、代打・新井選手が登場
初球をレフトへ犠牲フライを運び1-8

広島は簡単に犠飛が打てますね。
代打バティスタ選手は三振で、ようやく3アウト
中尾投手が抹消前から全くよくなっていませんね。

8回裏、広島は一岡投手が登板
2死後、坂口選手がセンター前ヒット
青木選手は空振り三振で3アウト
このあと、また強い雨が降ってきて、3度目の中断となりました。
もういいわ、コールドで終わりにしましょうよ。

終わるかと思ったら、10時過ぎにシートを取って、グラウンド整備して試合再開
9回は秋吉投手の登板で、ブルペンで肩を作り直しています。
ファーストに武内、センターに上田選手、マスクは井野捕手
秋吉投手は1番からの打順を三者凡退に抑えます。

9回裏、広島は今村投手が登板
山田選手はレフト前ヒットで出塁。よしよし一日一善!
バレンティン選手はセンターオーバーの2塁打で無死2、3塁。代走は田代選手
続く雄平選手がレフト前タイムリーヒットを放ち2-8
山田くん108得点

ここで、広島はフランスワ投手に交代
無死1、3塁で、西浦選手はピッチャーゴロ併殺打で、
その間に3塁ランナーが生還して3-8

最後は、廣岡選手が三振に倒れゲームセット

ヤクルトは3-8で広島カープに連敗し、このカードの負け越しが決まりました。

先発したカラシティー投手は、4回までパーフェクトも、
5回、鈴木選手に一発を浴び、その後、雨が強くなってイラつき、
中断再開後、タイムリーとスクイズで追加点を取られます。
出来れば、もう少し早く中断してほしかったですね。

2番手の中澤投手は押し出しの死球で1失点
大下投手は2回無失点の好投
8回には、今日上がってきた中尾投手が4失点
3度目の中断後、ヤクルトは2点かえしますが、反撃も届かず。

打線は、大瀬良投手の前にわずか2安打
1点取るのがやっとでした。
大瀬良投手は、画面上は、そう凄い球には見えませんが、
変化球でもそれぞれ球種ごとにスピードの変化をつけ、打者に的を絞らせません。
ヤクルト打線を得意としているだけに、力みもなく淡々と投げている感じでした。
これで、ヤクルトは大瀬良投手に10連敗となりました。

8回に坂口選手が一岡投手からヒット、これがチーム3安打目
9回に今村投手から3連打して2点かえすのが精いっぱいでした。

雨が降っても関係なく大瀬良投手は安定していました。
カラシティー投手が投げているときに、雨が強くなったのは不運でしたね。

打撃陣は、何度も対戦している大瀬良投手に対し、
なんの工夫もなくアウトを重ねました。
次こそ、対策を講じてほしいと思います。

今日もヤクルトの3、4番には一発が出ず、寂しい結果でした。
山田哲人選手は3打数1安打1四球
3度目の中断後、ヒットが出てホッとしました。
打率はジリジリ下がっていますが、1日1本は打って、
これ以上、下がらないようにしてほしいですね。

明日こそ、スカッとした試合が見たいものです。

by misty2011 | 2018-09-01 22:45 | 東京ヤクルトスワローズ
甲子園での阪神戦初戦は、小川ー近藤ー石山投手の完封リレーで
初回にあげたスミ1を守り切り、東京ヤクルトスワロ―ズが完封勝利を飾りました。

わずか1点でよく勝てたものだと改めて思います。
ひとえに、投手陣が1点もやらないという強い気持ちで投げたからこその勝利でしたね。
今日は野手陣が奮起しなくては。

先発は阪神タイガースがメッセンジャー投手、ヤクルトは古野正人投手
名前だけ見ると勝ち目はありませんが、試合はやってみないとわかりません。
今日のスタメン7番サードは宮本丈選手

選手公示では、古野投手のほか中澤雅人投手が昇格し、塩見泰隆選手が抹消されました。

試合経過は ニッカンスコア

初回は両チーム三者凡退

先制したのはヤクルト
2回、先頭のバレンティン選手がレフト前ヒットも、
雄平選手はピッチャーゴロ併殺打でチャンスが潰れたかと思いきや、
西浦選手がライトへの2塁打、宮本選手が四球で歩き2死1、2塁
ここで、中村悠平捕手がレフトスタンドに5号3ランホームランを放り込み
ヤクルトが3点先制!3-0

びっくりしました。ナイスホームラン!
古野投手、坂口選手が四球で歩き、
青木選手がレフトへのタイムリーヒットを放ち4-0
山田選手はピッチャーゴロで3アウト
この回、2死から一挙4点を奪いました。

メッセンジャー撃ち先制3ランの中村悠平捕手
e0222575_1884860.jpg



2回裏、古野投手は糸井選手にサード内野安打、
ナバーロ選手にセンターへのヒットを打たれ無死1、2塁
伊藤隼太選手のレフト線へのフライは、
バレンティン選手がスライディングキャッチして1死
鳥谷選手のセンターへの打球も青木選手が好捕して2死
梅野捕手は抜けようかという強いサードゴロでしたが、
宮本選手がダイビングキャッチ後、2塁へ送球して3アウト
いずれもヒット性の打球でしたが、ヤクルト守備陣の好守が光りました。

3回1死後、雄平選手がライトへの2塁打で出ますが、後続が倒れます。

3回裏、古野投手は先頭のメッセンジャー投手をサード内野安打で出しますが、
板山選手をショートゴロ併殺打に打ち取り2死ランナーなし
北條選手はセカンドゴロで3アウト

4回、ヤクルトは三者凡退

4回裏1死後、古野投手は糸井選手にライトオーバーの2塁打を打たれ
続くナバーロ選手にライト前タイムリーヒットを浴び4-1
雄平選手のバックホームが悪送球となり1死2塁
このあと古野投手の暴投で1死3塁
伊藤隼太選手には四球を与え1死1、3塁となり、
鳥谷選手のサードゴロで3塁ランナーが生還して4-2
宮本選手が1塁へ悪送球して1死1、2塁とピンチが続きますが、
後続を打ち取ります。
この回、2安打と悪送球が2つ、暴投など守りが乱れ2失点

5回、先頭の青木選手がショート内野安打
初戦の2塁打以降4三振などヒットがない山田選手は、
セカンド板山選手の好守に阻まれセカンドゴロ併殺打に倒れ2死ランナーなし
当たりはよかったんですけどね。ツキもありませんでした。
バレンティン選手はセンター前ヒットも、雄平選手はショートゴロで3アウト

5回裏、勝ち投手の権利がかかった古野投手は、
2死後、福留選手の打球が山田選手の前でイレギュラー、
高く弾んでライト前ヒットとなり出塁を許します。
このあと暴投で2死2塁となりますが、
糸井選手をショートゴロに打ち取り3アウト

6回、先頭の西浦選手がレフトへのヒット
宮本選手が送って1死2塁
中村捕手のセカンドゴロで2死3塁
ここで、代打の畠山選手は四球で歩き2死1、3塁 
坂口選手はセカンドゴロで3アウト
この回終了して、メッセンジャー投手は1500投球回を達成しました。
おめでとうございます。

6回裏、ヤクルトは中澤雅人投手が登板
二者連続三振など三者凡退に抑えます。

7回、阪神は岩崎投手が登板
先頭の青木選手が左中間への2塁打
山田選手は四球で歩き無死1、2塁
バレンティン選手は空振り三振
雄平選手はセカンドゴロで2死1、3塁
西浦選手はセカンドフライで追加点ならず。

7回裏、ヤクルトは梅野雄吾投手が登板
先頭・梅野-梅野対決はセカンドゴロに打ち取り1死
代打の糸原選手にセンターオーバーの2塁打を打たれます。
板山選手は空振り三振
北條選手はファーストフライで3アウト

8回、阪神は岡本投手が登板
2死後、代打の大村選手がセカンドエラーで出塁
坂口選手はピッチャーゴロで3アウト

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板。今日もですか…。 
さすがに投げすぎですね。代わりがいないので仕方ないですが。
先頭の福留選手がセンター前ヒット
糸井選手はサードゴロで1死1塁
ナバーロ選手はライトへ抜けるヒットで1死1、3塁
伊藤隼太選手はショートフライで2死となり、
鳥谷選手を空振り三振に仕留め無失点に抑えます。
ナイス、コンちゃ~ん!!!

9回、阪神は岡本投手続投 追加点が欲しいですね。
先頭の青木選手が右中間への2塁打で出ます。今日4安打固め打ち
山田選手はサードゴロで1死2塁。う~ん、打てません。
今日は4タコ1四球
バレンティン選手もサードゴロで2死
雄平選手は申告敬遠で2死1、2塁
西浦選手は三振に倒れ追加点ならず。
青木選手がこれだけヒットで出ても、
3、4番が機能しないので、青木選手の今日の得点は0、ホームに還れません。

9回裏、2点リードで石山泰稚投手が登板
サードに廣岡、1塁に谷内、レフトに坂口選手
先頭の梅野捕手に三遊間を抜けるヒットを打たれ、
糸原選手は空振り三振で1死
代打の原口選手にセンターへのヒットを打たれ1死1、2塁。代走は植田選手
北條選手はサードゴロで2死2、3塁
最後は福留選手をセカンドゴロに打ち取り3アウト
よくしのぎました。

ヤクルトが4-2で阪神に連勝し、ついに貯金1となりました。

先発した古野投手が、5回を投げ6安打2失点(自責は1)と粘り強く投げ、
2015年以来、3年ぶりとなる今季初勝利をあげました。
古野投手は地元での勝利、本当に良かったですね。
肩のケガで長く苦しいリハビリを経てつかんだ今季初勝利。
嬉しさもひとしおでしょう。おめでとうございます。

2回のピンチはバックの好守に助けられました。
4回は、逆に内外野の悪送球や自身の暴投などあって2失点
初回以外は毎回ランナーを出しましたが、何とか2失点にまとめました。
四球で自滅する心配がなく、打者と勝負するピッチングがいいですね。
女房役のムーチョの先制3ランが大きな援護となりました。

古野投手のあとをつないだ中澤―梅野ー近藤ー石山投手は
無失点リレーで2点のリードを死守しました。

僅差でなければ、近藤投手、石山投手をを休ませることも出来ましたが、
2点差では投げてもらうしかありませんでしたね。連日、お疲れさまです。

打線は10安打で2回にあげた4得点のみ
中村悠平捕手の値千金の5号先制3ラン
そして、青木選手のタイムリーヒットの1打点

以降は、拙攻続きで追加点が奪えませんでした。
上でも書きましたが、山田哲人選手がノーヒット、
バレンティン選手は2安打もチャンスには凡退など、3、4番が仕事せず、
休養明け青木選手の4安打4出塁を活かせませんでした。
これ以外には、西浦選手がマルチヒットでした。

山田くんの状態がまたガクッと落ちているので、私としては心配ですが、
今日は勝ったので愚痴るのはやめておきます。
もし、明日もノーヒットに終わるようなら、めいっぱい愚痴らせて下さい。
そうならないよう、打ってくれることを願います。
しかし、1試合のみの休養で、いきなり4安打の青木宣親選手はさすがですね。
ヒットを打つコツを、山田くんに教えてやってくださいな。

by misty2011 | 2018-08-29 22:16 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜、西勇輝投手の好投の前に、連勝が7で止まった東京ヤクルトスワロ―ズ
今日からまた仕切り直しとなります。

東京は今年初の真夏日となり、厳しい暑さの中でのデーゲーム
先発は、本日付で上がってきた原樹理投手、オリックスはディクソン投手
両投手とも、今季まだ勝ち星がありません。
バレンティン選手は無事スタメン出場で、
6番にサード藤井選手が上がり、西浦選手が7番に下がりました。

選手公示では、秋吉亮投手が、原樹理投手と入れ替わって抹消されました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、原樹理投手は先頭の小田選手に四球を与え2盗を許します。
送りバントで1死3塁となり、吉田正尚選手にライト前タイムリーヒットを打たれ、
早速、失点します。0-1
マレーロ選手は三振で2死1塁となり、T-岡田選手はセカンドゴロで3アウト

1回裏、先頭の山田選手が13打席ぶりとなるセンターへのヒットで出塁。ほっ…
青木選手は足への死球で無死1、2塁
川端選手のセーフティーバントが内野安打となり無死満塁
バレンティン選手はサードゴロ併殺打の間に
3塁から山田選手がホームインして1-1の同点に!
2死3塁で、雄平選手は四球を選び2死1、3塁から、
続く藤井選手の叩きつけた打球がピッチャーへの内野安打となり
2-1と勝ち越します。これはラッキー♪

なおも2死1、2塁で、西浦選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち3-1
つづく中村捕手がレフトスタンドへ2号3ランホームランを放り込み6-1と突き放します。
原樹理投手は三振で3アウト
ヤクルトは、初回にいきなりビッグイニングとなりました。
さすがに今日は樹理くん勝てますよね!?

2回、原樹理投手は先頭の西野選手に粘られライトオーバーの3塁打を打たれます。
安達選手にライト前タイムリーヒットを打たれ6-2
追い込んでも決め球がないので簡単に打たれます。
若月捕手は送りバントで1死2塁
オリックスは、ディクソン投手には早くも代打・西村選手を送り、
センター前ヒットで1死1、3塁
トップに戻り、小田選手に犠牲フライを運ばれ6-3
このあと、西村選手に2盗されますが、後続を打ち取り3アウト
原樹理投手は5点リードをもらいながらも、
追い込まれたようなグダグダの投球でピリッとしません。

2回裏、オリックスは山崎福也投手が登板
先頭の山田選手は四球で歩きます。今度こそ走れ~も盗塁せず。
青木選手はセカンドゴロで1死2塁
このあと、川端、バレンティン選手が倒れ3アウト

3回、ヤクルトは早くも原樹理投手に代え、カラシティー投手が登板
2回の原樹理投手の不甲斐ない投球に、ベンチは懲罰交代的な判断を下しました。
カラシティー投手は、クリーンナップをきっちり3人で片付けます。

3回裏、先頭の雄平選手がショート内野安打で出塁
藤井選手が送って1死2塁も、後続が倒れます。

4回、カラシティー投手はこの回も三者凡退に抑えます。

4回裏1死後、青木選手のセカンドゴロはリクエスト検証の結果、判定どおりアウト
川端選手はセンター前ヒットで2死1塁。今日も既にマルチ
バレンティン選手はセンター前ヒットで2死1、2塁
雄平選手はセンターフライで得点ならず。

5回、カラシティー投手続投
先頭の山崎福也投手がライト前ヒットを打たれますが、
小田選手をファーストゴロ併殺打に仕留め2死となり、
福田選手のセーフティーバントを、
カラシティー選手が倒れながらもタッチアウトとして3アウト
大きな体にしては俊敏な動きでした。ナイスファイト!

5回裏、オリックス山崎福也投手も続投
2死後、中村捕手が四球で出塁。カラシティー投手は三振で3アウト

6回、前の回、好守備でユニフォームが泥んこになったカラシティー投手は
最長の4イニング目に突入
3番からの打順を3人できっちり抑えます。

6回裏、オリックスは吉田一将投手が登板
山田、青木選手が外野正面へのフライに倒れ、
川端選手はレフト前ヒット、3安打猛打賞!天才が戻ってきました。
バレンティン選手はサードゴロで3アウト

7回、カラシティー投手が5イニング目も続投 レフトに田代選手が入ります。
これは、いよいよ先発に回るでしょうか?
この回も三者凡退に抑えます。ナイスピッチング!気合が半端じゃないですね。

7回裏、オリックスは吉田投手が続投
オリックスの好守もあって、ヤクルトも三者凡退

8回、ヤクルトは古巣相手に近藤一樹投手が登板
2死後、福田選手にヒットを打たれますが、
吉田正尚選手をショートゴロに抑え3アウト。

8回裏、オリックスは近藤大亮投手が登板
1死後、代打の畠山選手がライト前ヒットで出塁。代走は上田選手
山田選手はセンターフライで2死となります。
ミスショットが多く、結局ヒットは初回だけで4打数1安打1四球
このあと上田選手が2盗を決め、
青木選手はセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち7-3
ようやく追加点が入りました。
川端選手は申告敬遠で、田代選手は捕邪飛に倒れ3アウト

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
三者凡退締めでゲームセット 
ヤクルトが7-3でオリックスを下し、交流戦対オリックスの連敗を8で止めました。

今日は初回に1点先制されますが、その裏、一挙6得点で試合を有利に進めました。
原樹理投手にようやく勝ち星がつくかと思われましたが、
5点リードの2回裏に、すぐ2点吐き出し、3回には既にマウンドに姿はありませんでした。

3回からあとをつないだカラシティー投手が見事なピッチングで、4勝目をあげました。
おめでとうございます。
3回から7回まで5イニング投げ、
打たれたヒットはわずか1安打、4三振無四球無失点の快投!
力強いピッチングで、フォークやチェンジアップも小気味よく決まりました。
守備でも気迫のプレーで、転倒しながらもタッチアウトとしました。
これこそ、小川監督が言う執念ですね。

初回に5点もリードした原樹理投手の2回のマウンドに欠けているものを、
今日はカラシティー投手の投球が見せてくれたような気がしました。
勝てる投手と勝てない投手の明暗がくっきり分かれましたね。

写真は浦添キャンプよりカラシティー投手
e0222575_17103248.jpg


打つ方は、初回の6得点が効きました。
特に、中村悠平捕手の3ランが大きかったですね。
このあと、オリックス2番手以降の投手を打てなかったのは反省点でしょうね。
8回に、ようやく青木選手のタイムリー2塁打で欲しかった追加点が入りました。

中村捕手が3ランの3打点
川端選手が3安打猛打賞
青木選手が7点目となるタイムリー2塁打など、
先発野手全員安打となる11安打で7得点でした。
このうち初回だけで3ラン含む5安打と集中打が出ました。
相手の先発がディクソン投手でなければ、どうなったかわからなかったかもしれません。

連勝が7で止まったあと、すぐに勝てたのは、
しかも苦手の対オリックス交流戦の連敗を8で止めたのは大きいですね。
明日も勝って、再び連勝モードに入れたらと願います。

by misty2011 | 2018-06-09 17:25 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜は雨で試合が流れた甲子園

一日置いて、2戦目の先発は、阪神タイガースが秋山拓巳投手、
ヤクルトはスライドでハフ投手

昨日の選手公示では、古賀優大捕手が下がり、井野卓捕手が上がってきました。
本日付では、山本哲哉投手が抹消され、畠山和洋選手がいよいよ1軍に上がってきました。

スタメンは、青木選手が2番、坂口選手が3番ライト、
畠山選手は1軍即スタメンで5番ファースト、
6番西浦、7番谷内選手と組み替えてきました。
ようやく青木選手をクリーンナップから外す決断をしましたが、
これなら、坂口選手は1番のほうがよさそうなものなのに。
しかし、いきなり畠山選手をスタメンで使って大丈夫でしょうか?

写真は浦添キャンプより畠山和洋選手
e0222575_15564931.jpg



試合経過は ニッカンスコア

序盤3回まで、ヤクルトはバレンティン選手のヒット1安打のみ
ハフ投手は、初回2安打、2回1安打されますが、3回は三者凡退で、両チーム得点なし

4回1死後、3番の坂口選手が四球で歩きますが、バレンティン選手はサードゴロ併殺打

4回裏、ハフ投手は先頭の福留選手にセンター前ヒットを打たれますが、
ロサリオ選手をサードゴロ併殺打に打ち取ります。
糸井選手は守備妨害で3アウト

投手戦というか、貧打線の様相になってきました。

5回、ヤクルトは三者凡退

5回裏2死後、ハフ投手は梅野捕手にセンター前ヒットを打たれますが、
秋山投手をセカンドゴロに打ち取ります。

6回、先頭の中村捕手がライト前ヒット
ハフ投手は送れず2死となり、
山田選手はライトフライ、青木選手はセンターフライで得点ならず。
点が入る気がしませんね・・・。

6回裏1死後、ハフ投手は、糸原選手に谷内選手のグラブを弾くレフトへのヒットを打たれ、
福留選手は左中間への2塁打で1死2、3塁のピンチ
ロサリオ選手はショートゴロで、ホームに走ったランナーがアウトとなり2死1、3塁
糸井選手をセンターフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

7回、2死後、畠山選手はレフトへの大飛球も捕られます。
あとひと伸び足りませんでした。神宮なら・・・

7回裏、ハフ投手は先頭の中谷選手にライト前ヒットを打たれますが、
大山選手はセカンドフライで、走っていたランナー戻れずダブルプレーで2死ランナーなし
梅野捕手はサードゴロで、この回も0点に抑えます。

8回、先頭の西浦選手がセンター前ヒットで出塁
谷内選手はショートゴロで1死2塁
つづく秋山投手に強い中村捕手がレフト前ヒットで1死1、3塁
ここで、代打・荒木選手は見逃し三振で2死1、3塁となり、
山田選手はライトフライで得点ならず。
山田くんは、終盤のこういう所で打ってほしいんですけどね。
秋山投手に気合負けしました。

8回裏、ヤクルトは中尾投手が登板
1死後、植田選手がセーフティ―バントが内野安打となり出塁
糸原選手は送りバントで1死2塁
今日3安打の福留選手は申告敬遠で1死1、2塁となり、
ヤクルトはここで近藤一樹投手に継投
しかし、ロサリオ選手にセンターオーバーのタイムリー2塁打を浴び、
二者生還して0-2
スライダーが高く浮きました。

9回、阪神はドリス投手が登板
先頭の青木選手は四球で出塁
坂口選手はファーストゴロ併殺打で2死ランナーなし
バレンティン選手は空振り三振でゲームセット

ヤクルトは0-2で完封負けを喫しました。

先発のハフ投手は7回8安打無失点と好投しました。
代打を出された関係で、8回から中尾ー近藤投手への継投となりましたが、
ロサリオ選手勝負も、近藤投手の失投で2点タイムリー適時打を浴び、これが決勝点。

秋山投手が良かったとはいえ、打線はわずか4安打
打順を組み替えても効果なし
どんな打順でも、結局チャンスにタイムリーが出ないことには得点できません。

秋山キラーの中村悠平捕手が2安打と一人気を吐きましたが、
チャンスは作れど、相変わらず、あと1本が出ませんでした。

山田くんは4タコ、チャンスで打てず、打率は3割を切りました。
そして、坂口選手まで今日はノーヒットに終わりました。
打順も守備もコロコロ変えられて大変でしょうね。

これでヤクルトは5連敗で借金10と、危険水域に入ってきました。
次はDeNA戦ですが、筒香、ロペス選手が好調なので脅威ですね。
どうしたら勝てるかイメージが思い浮かびません。

by misty2011 | 2018-05-24 21:09 | 東京ヤクルトスワローズ
2018東京ヤクルトスワロ―ズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回はヤクルト扇の要、正捕手の中村悠平捕手です。

キャンプ初日 キャッチボール 1枚追加
e0222575_23104972.jpg



キャンプ初日 ブルペン ジャッジをしているのは西本欣司審判
e0222575_17462644.jpg


ブルペンの写真をもっと撮りたかったですが、前にいる取材陣に阻まれて撮れませんでした。

キャンプ初日 打撃練習
夜半からの降雨の影響で、グラウンドが湿っていたのもあって、ユニフォームが泥んこ
キャンプは何度も見学していますが、
選手全員のユニが、連日、泥んこになっているのは、初め見るような気がします。
e0222575_17463089.jpg


キャッチャーはブルペンほか忙しいので、打撃練習は最後です。
黄色のボールを打っているのは山田哲人選手
e0222575_17464087.jpg


2月2日 走塁練習 ベースランニング
e0222575_17491352.jpg


2日 キャッチボール ペアは古賀優大捕手
e0222575_17492529.jpg


e0222575_17493457.jpg


e0222575_17494590.jpg


2日 シートノック 1枚追加
e0222575_14484174.jpg


2日 打撃練習
e0222575_17512413.jpg


フェンスかぶりをモノクロにレタッチ
e0222575_18132467.jpg



2月3日 ランダウンプレー
e0222575_17555729.jpg


3日 内野シートノック
e0222575_17561521.jpg


e0222575_17563660.jpg


e0222575_17562520.jpg


e0222575_17564650.jpg


当初は1軍参加の捕手メンバーは、中村悠平、古賀優大、松本直樹捕手でしたが、
松本捕手が離脱して、代わって大村孟捕手が加わりました。
e0222575_1758743.jpg


e0222575_17583970.jpg


3日シートノックの動画も撮りましたが不出来なので略


2月4日 バント練習
中村悠平捕手はバントは得意
e0222575_17594149.jpg



2月5日 内野シートノック 
e0222575_17582697.jpg


e0222575_17584923.jpg


e0222575_1804017.jpg


e0222575_180523.jpg


しっかり本塁を死守してください。
e0222575_1802873.jpg


e0222575_0241259.jpg


5日 内野シートノック YouTube動画



2月7日 キャッチボール
e0222575_187273.jpg


e0222575_187415.jpg


e0222575_1875268.jpg


古賀優大捕手とペアでペッパー
e0222575_1882447.jpg


ハードな練習の中で、この時は笑顔を見せて楽しそうでした。
e0222575_1883254.jpg


e0222575_1884349.jpg


e0222575_1884860.jpg


7日 打撃練習 ロングティー 4枚追加
e0222575_0505583.jpg


e0222575_051867.jpg


e0222575_0511380.jpg


e0222575_0512266.jpg


2月8日 トスバッティング 3枚追加
e0222575_111461.jpg


e0222575_1111848.jpg


e0222575_1113476.jpg




中村捕手は今シーズンから選手会長とキャプテン(主将)を兼任し、
ただでさえ負担が大きい正捕手の上に、チームリーダとしての役割も担う重責となりました。

ただ、青木宣親選手のチーム復帰で、
リーダー的な役割は少し軽減されるのではないかと思います。

小川監督の打順構想の中には、中村捕手2番説がありますが、
これがいいのか悪いのか私は判断に迷います。
まあ、選択肢の一つとして、いろいろ試してみるのはいいことでしょうね。
青木選手が入ることによって、オーダーは様々なバリエーションができると思います。
これからの実戦で、その中からベストに近いものが出来上がってくることを待ちましょう。

by misty2011 | 2018-02-20 19:44 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ドームでの読売ジャイアンツとの2戦目は、
由規投手の好投と打線の奮起で、投打がかみ合い快勝でした。

1勝1敗で迎えた3戦目、先発は巨人が宮國椋丞投手、ヤクルトは石川雅規投手
選手公示では、由規投手が下がり、今浪隆博選手が上がってきました。
今浪選手、体調は大丈夫でしょうか。
心配な一方、待ちに待った1軍復帰で、とても嬉しく思います。

スタメンは、その今浪選手が6番ファースト、8番ショートに大引選手
巨人のスタメンからは阿部選手と小林捕手が外れました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 5投手の完封リレーで2試合連続零封勝利!先発・石川投手は今季4勝目

ヤクルトは初回は三者凡退
2回は、先頭の雄平選手がレフト前ヒットも、
バレンティン選手がセカンドゴロ併殺打でチャンスを潰します。

一方、石川投手は初回2死後、坂本選手を四球で出しますが、今日4番の村田選手を打ち取ります。
2回は先頭のマギー選手にヒットを打たれますが、
後続を併殺打に仕留めるなど、得点を許しません。

3回、ヤクルトは先頭の中村捕手がレフトへの2塁打で出ると、
大引選手のライトファールフライでタッチアップして3塁へ進み1死3塁
つづく石川投手のサードゴロで、3塁から中村捕手がホームインして1点先制!

その裏2死後、石川投手は立岡選手にセンター前ヒットを打たれますが、
坂本選手をショートフライに打ち取ります。

4回、ヤクルトは三者凡退
山田選手はここまで2打席凡退。サードゴロと外の球に空振り三振。
昨日は2安打も、今日はここまでさっぱり。
ちょっといいかと思っても、とにかく続きません。この繰り返し。
2割5分が遠い選手に、解説でトリプルスリーの話をするのは、もうやめて!
今年は見ての通りで、それどころじゃないんですから。

その裏1死後、石川投手はマギー選手にセンター前ヒットを打たれ、
2死後、長野選手に左中間への2塁打を打たれ2死2、3塁のピンチを招きます。
實松捕手は敬遠で、2死満塁で宮國投手と勝負となり、セカンドゴロに打ち取り、無失点に抑えます。

5回、先頭のバレンティン選手は四球で歩きます。
今浪選手はサードゴロで2塁フォースアウトとなり、1死1塁。
中村捕手はショートゴロ併殺打で3アウト。

その裏1死後、石川投手は立岡選手をショートへの内野安打で出します。
坂本選手はサードゴロで2死2塁
村田選手は空振り三振に仕留め、この回も無失点で切り抜けます。

6回、ヤクルトは2死後、坂口選手がセンター前ヒットも、藤井選手はファーストゴロで3アウト。

その裏、石川投手は、先頭のマギー選手に3安打目となる三遊間へのヒットを打たれます。
中井選手は送りバントで1死2塁
つづく長野選手のところで、、石川投手から近藤一樹投手に継投。

近藤投手は長野選手を空振り三振に仕留め2死2塁。
實松捕手も空振り三振で3アウトチェンジ。ナイスリリーフ!

7回、先頭の山田選手はショートゴロも、1塁村田選手の落球エラーで無死1塁
雄平選手は初球を打ってファーストゴロ併殺打で2死ランナーなし。
これでヤクルトは既に3併殺。
出来れば、山田くんを走らせてから打ってほしかったですね。
1点が重い試合なのに、選手に丸投げで無策すぎます。
バレンティン選手は四球も、今浪選手はファーストゴロで3アウト。

その裏、ヤクルトはルーキ投手。1塁には武内選手
2死後、立岡選手にライト前ヒットを打たれます。
坂本選手は空振り三振で3アウト。今季はヤクルト戦には優しい坂本くん?

8回、巨人はマシソン投手
1死後、大引選手が四球で歩きます。
武内選手はレフト前ヒットで1死1、2塁とチャンスが広がります。
坂口選手はライトフライで2死となり、ここで代打・大松選手を送ります。
大松選手は粘って四球を選び2死満塁。
うわ~、続いて山田くん、こういう緊迫した満塁の場面では打てそうもないのに・・・。
どうか打って~と手を合わせて祈りましたが。

結果は初球を打ち上げセンターフライ。
四球後の初球を打つのはいいとしても、狙って打ってストレートに力負け。
今日は4タコ、また打率が下がります。もう見てられん。
そのうちそのうちと言いながら、もう5月も半ばを過ぎました。いつまで待てばいいのやら・・・。
あってほしくないですが、今シーズンは、最後までそのうちで終わりそうな気配さえ・・・

本人も、どうすれば復調できるか、まだ手探り状態なんでしょうね。苦しいと思います。
今のところ、ネガティブな私のはるか上を行く山田くんの不振に、もう私は心身ともボロボロです。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1死後、マギー選手が4安打目となるヒットで出ます。代走は重信選手
その重信選手の2盗を中村捕手が刺して2死ランナーなし。これは大きい!
中井選手はライトフライで3アウト。やれやれ、よくしのぎました。

9回、巨人はカミネロ投手
先頭の雄平選手はライトフライ。バレンティン選手はセンターフライ。
代打の上田選手は三振であっさり三者凡退。

その裏、わずか1点リードで秋吉投手。怖いですね・・・。
センターは上田選手でレフトは坂口選手
先頭の亀井選手はショートゴロ
代打の橋本選手はレフトフライ
2死となり、代打の阿部慎之助選手を迎えます。
初球をセンターフライに打ち取りゲームセット。

ヤクルトが1-0で、2試合連続完封で巨人を下し、このカードの勝ち越しを決めました。

いやいや、重苦しい試合でしたね。
石川-近藤ールーキー石山ー秋吉の5投手で1-0完封のしびれる試合でした。
わずか1点でよく逃げ切れたと思います。

石川投手は6回途中まで投げ、7安打も無失点に抑え、4勝目を挙げました。おめでとうございます。
6回途中の近藤投手への継投がズバリ決まり、あとは必勝リレーで1点を守り切りました。

写真はキャンプ投内連係より 石川雅規投手と近藤一樹投手
ピンチで颯爽と登場し、きっちり抑える近藤投手の存在感がますます大きくなりました。
e0222575_1052564.jpg


得点は3回に、1死3塁から石川投手のサードゴロで挙げた1点のみ。
中村悠平捕手の2塁打が効きました。
ヤクルトは、自由に打たせると併殺が多いので、2塁打をどう得点に結びつけるかが大事です。
ヒットは巨人が9安打に対し、ヤクルトはわずか4安打で勝ちました。
宮國投手は、内外に投げ分け、丁寧に低めによくコントロールできていましたが、
それにしても、もう少し打ってほしかったですね。

最少スコアの勝利ですが、投手戦というよりは、どちらかというと貧打戦という感じで、
巨人の拙攻に助けられました。
巨人打線は、阿部選手がベンチで、村田選手が4番に入り、坂本選手がノーヒットでは、
迫力不足の感は否めませんでした。
巨人もこれでは優勝争いは苦しいでしょうね。

東京ドームで2試合連続完封勝利とは、ヤクルトとしては予想以上の結果に終わりました。
昨日の由規選手の好投が、いい流れで今日につながりましたね。よかったです。

それにしても山田くん・・・
明日からの阪神戦では、また岩貞、藤浪投手と当たりますが、
これ以上調子を落とさないことを願うだけです。しかし、気が重いですね・・・。

by misty2011 | 2017-05-18 21:45 | 東京ヤクルトスワローズ
開幕から4カード目、東京ヤクルトスワローズは、昨夜は神宮が雨天中止となり、
今日から中日との2連戦。

先発は、ヤクルトが山中浩史投手、中日はバルデス投手
スタメンは1番比屋根、2番大引選手で、雄平選手が外れ、畠山選手が5番に上がり、6番に鵜久森選手
サードには西浦選手が入りました。
選手の入れ替えでは、星野雄大捕手と山崎晃大朗選手が昇格し、土肥寛昌投手と三輪正義選手が降格


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・山中投手が7回2失点の好投も、今季3度目の延長戦を制せず6連敗…

初回は両チームとも三者凡退
ヤクルトは1死後、大引選手が四球で歩きますが、山田選手がサードゴロ併殺打。
力のないゴロで、またまた併殺打の山田くんに、私は早くも撤収モード。打てそうな気がしません。

2回、山中投手は先頭のビシエド選手に四球を与え、平田選手にレフト前ヒットを打たれ無死1、2塁
1死後、ルーキーの京田選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ1点失うと、
2死後、バルデス投手にセンターへタイムリーヒットを打たれ0-2
山中投手にしてはコントロールがよくなく、ストライクを取りに行って打たれました。

この後、3、4回は両チーム三者凡退。
ヤクルトは4回までノーヒット。フライアウトが続きます。
4回の山田選手はサードフライを打ち上げました。
凄い球を投げてるわけでもないのに、どうやったらヒットが打てるのか手がかりさえ見えません。

5回も山中投手は3人で片付けます。3回以降、山中投手らしいテンポの良さが戻ってきました。

その裏、ヤクルトは2死後、今日スタメンの鵜久森選手がレフト前ヒットで出塁。
ようやくチーム初ヒット!ノーノーを阻止しました。
中村悠平捕手もレフト前ヒットで続き2死1、2塁
ヤクルトはここから如何に点をとるかが問題!

つづく西浦選手は四球で歩き2死満塁。
代打は出さず、山中投手がそのまま打席に入ります。
山中投手はショートゴロで3アウトチェンジ。まあ、仕方ありませんか・・・。

6回、山中投手は亀澤選手にライトへ2塁打を打たれます。
鵜久森選手の守備の隙をつかれて2塁打となりました。
無死2塁のピンチから、この後、ゲレーロ、ビシエド、平田選手を抑え追加点を許しません。
よく抑えました。

その裏、比屋根、大引選手はショートゴロ、山田選手はライトへの大きなフライで3アウト。
腰が入ってないので、ひと伸び足りません。

7回、山中投手は、この回も危なげなく三者凡退に抑えます。
打線が何とかしなきゃ!

その裏、ヤクルトは2死後、鵜久森選手が左中間への2塁打で出塁。また2死からチャンスか・・・。
中村悠平捕手の打席でバッテリーミスが出て2死3塁。
もうムーチョしか頼る選手がいません。打って~!
中村捕手は四球、西浦選手も四球で2死満塁となります。

ここで、ヤクルトは代打に西田明央選手を送ります。
今日は戸田でデーゲームに出場し、夜は神宮へ!
西田選手ファーストフライを打ち上げますが、ビシエド選手がなんと落球。
この間にランナーが二者生還して2-2の同点に!
比屋根選手の打席で、西田選手が2盗して2死2、3塁も、
比屋根選手はライトフライで3アウト、勝ち越しならず。

2-2の同点となった8回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1死後、大島選手にサード内野安打を打たれますが、大島選手はけん制盗塁死で2アウト。
亀澤選手は見逃し三振で3アウト。

その裏、中日は三ツ間投手が登板
1死後、山田選手は外の球に見逃し三振。バレンティン選手も倒れあっさり三者凡退。

今日も上位打線はダメダメ、特に3、4番。下位打線と入れ替えてほしいくらいの絶望感。
山田くんは、すぐ2ストライクと追い込まれ、最後はボールくさい球でしたが見逃し三振。
不服そうにしていました。
不調で怖さがないので、相手バッテリーはどんどんトライクを取って追い込みます。
追い込まれると、粘ることも何もできず、三振か凡打の繰り返し。かなり重症ですね。
これ、ホントにそのうち打てるようになるんでしょうか??

9回は秋吉亮投手が登板
1死後、ビシエド選手に四球を与えますが、後続を抑えます。

その裏、三ツ間投手は続投
先頭の畠山は空振り三振。
期待の鵜久森選手も空振り三振。あらら・・・
中村悠平捕手は内野安打で2死1塁。またまた2アウトから
西浦選手はレフトファールフライに倒れ、サヨナラ逸し、延長戦に入ります。

10回、ヤクルトは星知弥投手が登板 ライトは雄平選手に交代
先頭の京田選手がショート内野安打で出塁
杉山捕手は送りバントで1死2塁。
ここで、中日は代打の藤井淳志選手が右中間へのタイムリー3塁打を放ち中日が1点勝ち越します。
大島選手はピッチャーゴロで2死3塁
つづく亀澤恭平選手にライトへ2ランホームランを放り込まれ2-5となります。あちゃ・・・

3点を追うその裏、中日は田島投手が登板
先頭の雄平選手は空振り三振、代打の山崎選手はライトフライ。
大引選手はセカンドゴロでゲームセット。

ヤクルトは2-5で中日に敗れ、これで6連敗。

山中投手は7回2失点。2回だけなんですよね。
これ以外は好投も、また勝ちにつながりませんでした。

問題は打線、それも上位打線が全く音なし。
スタメンの1番から5番が20打数ノーヒット1四球では話になりません。

6番の鵜久森選手と7番の中村悠平捕手がともに2安打と下位打線の方がよほど期待が持てました。
結局、ヒットはこの2選手の4安打のみ。
しかも、得点は相手落球エラーでもらった2点のみ。
あれがなければ完封されていたかもしれません。何ともさぶい試合となりました。

中村悠平捕手の打撃は好調なんですが・・・いっそのこと上位の打順におきますか?
e0222575_21372424.jpg



チャンスがあったとすれば、5回2死満塁の場面。
ヤクルトは山中投手に代打を出さず、そのまま打席に立たせました。
まだ回が浅かったので、続投はわかりますが、もし代打を送っていればどうだったでしょう?
ま、結果論なので何とでも言えます。同じく点が入らなかったような気もしますが。

同点で延長に入り、星投手が打たれましたが、やはりまだ競った場面では厳しいのかもしれませんね。
京田選手の打球がショート内野安打だったのも不運でしたが、そのあと、藤井選手に打たれ、
まさかの亀澤選手に被弾したのは大誤算でした。全部、左打者に打たれていますね。

3点ビハインドでは、今のヤクルト打線に挽回の力はありません。
どちらにしても、相手エラーがなければ1点も取れなかったので、勝ち目はありませんでした。

打線を何とかしないと、とてもじゃないですが勝てそうにありません。
投手陣が頑張っているだけに、これだけ打てないと気が滅入ってきますね。
開幕早々、もう試合を見るのが苦痛になってきました。
特に、山田くんの状態が一向にあがってきませんからね。
凡退の内容も悪いので、明かりが見えません。私は、どんどん落ち込むだけ・・・。

明日から、突然打ってくれないかしら? そう願っても打てそうにない雰囲気なんですよね。
今のところ、3番に置く価値が見いだせません。
1番で気分転換でもと思いますが、それでも打てそうにないですね。
山田くんに限らず、特に上位打線は何とかなりませんかね。

投手が打たれるのも辛いですが、こんな打てない打線を見るのは、マジで勘弁してほしいです。
ベンチは何か打開策を考えているんでしょうか?
それが見えてこないので、余計ストレスが溜まります。

by misty2011 | 2017-04-12 22:05 | 東京ヤクルトスワローズ
2017年日本プロ野球が開幕しました。

東京ヤクルトスワローズは、本拠地・神宮球場に横浜DeNAベイスターズを迎えての開幕3連戦。

東京ヤクルトスワローズ2017開幕戦のスターティングオーダーを
毎年、恒例となった選手の写真付きで並べました。
画像は、すべて2017ヤクルト春季沖縄浦添キャンプで私が撮ったものです。
今では当たり前のように大勢が平気でやっていて、誰も注意しませんが、
他人の撮った写真を盗用したり、球団やスポーツ紙などの写真を無断でコピペするのは、
著作権違反です。

e0222575_21441621.jpg


(敬称略)
1番ショート 大引啓次    2番センター 坂口智隆   3番セカンド 山田哲人
4番レフト バレンティン   5番ライト 雄平      6番ファースト 畠山和洋
7番キャッチャー 中村悠平  8番サード 西浦直亨    9番ピッチャー 石川雅規


栄えある開幕投手は、5年ぶり8度目の開幕投手となった石川雅規投手
横浜DeNAは石田健大投手

打順に関しては、真中満監督が「1番・山田哲人」構想をぶちあげたこともありましたが、
結局のところ、山田哲人選手は3番に落ち着きました。
WBCでは「1番DH」での出場が多かった山田選手ですが、真中監督は
「クリーンアップにかえす能力があれば、足もあるし機能する。現状は山田がかえし役の方がいい」と説明しました。
今のところ、もし山田選手が1番に入れば、主軸で頼れるのがバレンティン選手のみとなるので、
それなら、やはりチャンスメイクよりはポイントゲッターとして3番におく方がいいとの判断でしょう。

降りしきる雨の中、小池百合子東京都知事の始球式のあと、試合開始

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・石川投手が6回2失点の好投!中村選手は3安打3打点!投打が噛み合い開幕戦を制す!!


初回、石川投手は梶谷選手にヒットを打たれますが、ロペス選手をサードゴロ併殺打の仕留めます。

その裏、1死後、坂口選手が四球で歩くと、3番・山田選手はライトへの大きな飛球でしたが、
梶谷選手に捕られ、スタートを切っていた坂口選手が1塁へ戻れずダブルプレーで3アウト。
山田くん、右への惜しい打球でした。逆風でしたね。

2回、石川投手は先頭の筒香選手に四球を与え、シリアコ選手は空振り三振。
1死後、田中浩康選手にレフトフェンス直撃のヒットを浴び1死1、3塁のピンチ。
浩康選手、もうちょっとでスタンドインでした。入るかとヒヤヒヤしました。ホッ…。
石川投手は、この後、倉本選手を注文通りのショートゴロ併殺打に仕留め無失点で切り抜けます。

その裏、先頭のバレンティン選手がサードにシリアコ選手のトンネルエラーで出塁。
1死後、畠山選手は四球で歩き1死1、2塁となり、中村悠平捕手はセカンドゴロで2死1、3塁。
西浦選手は四球で歩き、2死満塁となりますが、石川投手が粘りながらも空振り三振で3アウト。

3回、石川投手は三者凡退に抑えます。

その裏、ヤクルトは1番からの攻撃も三者凡退。山田くんは空振り三振

4回、石川投手は1死後、ロペス選手にヒットを打たれますが、筒香選手はライトライナー、
シリアコ選手をサードゴロに打ち取り3アウト。

その裏、先頭のバレンティン選手がライトフェンス直撃のチーム初ヒットで出塁。
雄平選手はレフト前ヒットで無死1、2塁のチャンス!
畠山選手はサードファールフライに倒れますが、
中村悠平捕手がショート後方へのタイムリーヒットを放ち、
バレンティン選手が2塁から激走してホームイン!ヤクルトが1点先制。
西浦選手も、中村捕手と同じようなセンター前にタイムリーヒットを放ち2-0
下位打線で2点奪いました。
1死1、2塁でから石川投手は送りバント成功で2死2、3塁
しかし、大引選手はサードゴロで3アウト。

5回、2点援護をもらった石川投手は、浩康選手からの打順を3つの内野ゴロに打ち取ります。

その裏、先頭の坂口選手がライトフェンス直撃の2塁打で出塁。入ったと思いましたけどね。惜しい。
山田選手はサードゴロでランナー進めず、1死2塁。う~ん
バレンティン選手はライトへのタイムリー2塁打で3-0。引っ張り流す痛烈な打球でした。
ココちゃん、WBCからの好調をキープしています。
このあと、雄平選手は空振り三振で2死2塁。
畠山選手はライトフライで1点どまり。

6回2死後、梶谷選手がショート内野安打で出塁。大引選手の送球を畠山選手が捕れませんでした。
この後、石川投手はロペス選手にレフトスタンドに1号2ランホームランを運ばれ3-2と1点差に。
筒香選手は見逃し三振で3アウト。
試合がわからなくなってきました。

その裏、2死後、石川投手がセンター前ヒット
大引選手はレフトへの2塁打で2死2、3塁。
しかし、坂口選手はレフトフライで追加点ならず。

7回、石川投手は一旦マウンドに上がりますが、
前の回にランナーで3塁まで進んだ際に、左ふくらはぎを気にしていて、ここでルーキ投手に継投。
きっちり三者凡退に抑えます。

その裏、DeNAは須田幸太投手に交代
先頭の山田選手はレフト線への2塁打で出塁。泳ぎながらもレフトへうまく運びました。
会心の当たりではないものの、とりあえず1本ヒットが出てよかった~!
無死2塁で、バレンティン選手は四球を選んで2死1、2塁。代走は上田選手
雄平選手はライト前ヒットで無死満塁。
ここで、まだスタメンで唯一ヒットがない畠山選手は1塁ファールフライに倒れ1死満塁。

DeNAはピンチの場面でルーキーの進藤拓也投手に交代。
ここで、中村悠平捕手が初球を狙い打ち、センターオーバーの2点タイムリー2塁打を放ち
5-2とリードを広げます。
ナイスバッティング、ムーチョ!今年は打てるキャッチャーが期待できそう。

西浦選手はライトファールフライで、3塁から雄平選手がタッチアップしてホームに還り6-2
2死3塁で、つづく新加入の代打・大松尚逸選手はセンターフライで3アウト。
しかし、大きな3点の追加点が入りました。

8回は石山泰稚投手が登板
2者三振など3人でぴしゃりと抑えます。

その裏、DeNAは高崎健太郎投手が登板
先頭の大引選手がセンター前ヒット
坂口選手は四球で無死1、2塁
山田選手はレフトへタイムリー2塁打を放ち7-2。マルチ2塁打、今季初打点の山田くん!

上田選手はショートゴロ(倉本選手の好守)で、3塁から坂口選手がホームインして8-2
続いて、まだヒットがない畠山選手がセンター前タイムリーヒットを放ち9-2
これで先発全員安打となりました。畠山選手、よかった打てて。代走は荒木選手
この後、中村悠平捕手がライト線への2塁打を放ちます。開幕戦で3安打猛打賞!
2死2、3塁で、西浦選手は1塁ファールフライで3アウト。

7点リードで、9回は守護神の秋吉亮投手が登板
梶谷選手を空振り三振、ロペス選手はセカンドフライ、
最後は筒香選手を大きなセンターフライに打ち取りゲームセット

ヤクルトが9-2で横浜DeNAに快勝しました。
開幕投手の石川投手が今季初勝利を飾りました。おめでとうございます。

石川投手が6回を投げ5安打2失点。ロペス選手に浴びた2ランの2失点のみでした。
このあと、ルーキー、石山、秋吉投手と無失点リレー

打つ方は先発全員安打の15安打9得点
中村悠平捕手が3安打猛打賞(うち2塁打2本)、先制のタイムリーなど2適時打で3打点と大活躍!
大引、山田、バレンティン、雄平選手がマルチヒット

お立ち台は、石川雅規投手と中村悠平捕手のバッテリーでした。
ナイスピッチング、ナイスバッティング、そしてナイスリード、
怖い筒香選手をノーヒットに抑えたのもよかったですね。
寒い雨の中、開幕勝利おめでとうございます。

ヤクルトはいいスタートとなりましたね。明日の小川投手も続け~!

by misty2011 | 2017-03-31 21:47 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011