タグ:井野卓 ( 4 ) タグの人気記事

東京ヤクルトスワロ―ズは、今日からナゴヤドームで中日ドラゴンズとの3連戦
2位を確かなものにするためにも、このカードは勝ち越さなければいけません。

初戦の先発は、中日がガルシア投手、ヤクルトは原樹理投手
スタメンから坂口選手が外れ1番は西浦選手
久しぶりに西青山の打順となりました。
6番サードに大引選手、7番ファーストに川端選手が入りました。
先発マスクは井野卓捕手

選手の上げ下げは、秋吉亮投手が抹消され、風張蓮投手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、先頭の西浦選手がセンター前ヒットで出塁
青木選手は死球をぶつけられ無死1、2塁。腰付近に当たりました。
山田選手はライトフェンス際への大飛球で、神宮なら…という打球でした。
しかし、西浦選手はタッチアップせず1死1、2塁。これは走塁ミスですね。
バレンティン選手は四球で1死満塁
しかし、雄平選手はピッチャーゴロ1-2-3の併殺打に倒れ得点ならず。

1回裏、原樹理投手は平田選手にレフト前ヒットを打たれ、
京田選手のセカンドゴロを山田選手が弾きますが、2塁アウトで1死1塁
山田くん、相変わらず守備が不安定。
このあと京田選手が2盗を決め1死2塁
大島選手は四球で1死1、2塁
ビシエド選手はセンター前ポテンヒットで1死満塁
このあと、アルモンテ選手をショートゴロ併殺打に仕留め、
無失点で切り抜けます。
原樹理投手は、初回だけで27球要しました。

1回表裏、両チームとも、満塁のチャンスを同じように併殺打で潰しました。

2回、ヤクルトはあっさり三者凡退。
ガルシア投手が立ち直りました。

2回裏1死後、原樹理投手は亀澤選手にセンター前ヒットを打たれ、
2死後、ガルシア投手にもセンター前ヒットを打たれ2死1、2塁
ヒットで、ガルシア投手は左手がしびれたようです。
平田選手はショートゴロで3アウト

3回2死後、青木選手が3塁線を破る2塁打で出ます。
ここで、山田哲人選手がライト前にタイムリーヒットを放ち、
ヤクルトが1点先制!1-0
 初回と同じように右打ちに徹しました。
バレンティン選手はセカンドゴロで3アウト

3回裏、原樹理投手は先頭の京田選手に四球を与えますが、
大島選手のセンターフライで、タッチアップして2塁へ走りタッチアウト
2死後、ビシエド選手にレフト前ヒットを打たれますが、
アルモンテ選手をセカンドゴロに打ち取ります。

4回1死後、大引選手が四球で歩き、
川端選手はピッチャーゴロで2死2塁
ここで、井野捕手がセンター前にタイムリーヒットを運び2-0
ナイスバッティング!
2死2塁から、松井雅捕手のパスボールで2死3塁となりますが、
原樹理投手はファーストゴロで3アウト
しかし、下位打線で貴重な追加点を奪いました。

4回裏、原樹理投手は、高橋周平、亀澤選手に連打され無死1、2塁のピンチ
松井雅人捕手はセカンドゴロ併殺打で2死3塁
ガルシア投手はセカンドゴロで、この回も無失点に抑えます。

5回、ヤクルトは西青山が三者凡退

5回裏、先頭の平田選手のショートゴロ。
京田選手はショート内野安打、大島選手は四球で1死1、2塁
つづくビシエド選手をサードゴロ併殺打に仕留め、この回も0点に抑えます。
原樹理投手は、5回までに3四球8安打浴びながらも、
中日は4併殺など拙攻に助けられ得点を許しません。

6回、先頭のバレンティン選手が右中間への2塁打で出ます。
雄平選手はピッチャーゴロで、ランナー進めず1死2塁
大引選手は空振り三振
川端選手はセカンドゴロで3アウト

6回裏、ヤクルトはハフ投手に交代
2死後、亀澤選手に四球を与えますが、後続を抑えます。

7回1死後、代打で比屋根選手が打席に立ちますが、サードゴロ
西浦選手も三振に倒れ3アウト

7回裏、ヤクルトは梅野雄吾投手が登板
三者凡退に抑えます。

8回、2点ビハインドで中日はロドリゲス投手が登板
先頭の青木選手はショート内野安打
山田選手は四球を選び無死1、2塁
バレンティン選手はセカンドゴロで1死1、3塁
代打の畠山選手はショートゴロ併殺打で追加点ならず。

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
ライトに上田選手、レフトに坂口選手が入ります。
近藤投手は3番からの打順をきっちり三者凡退に抑えます。

9回、中日は佐藤優投手が登板
1死後、川端選手がサードベースに当たる内野安打で出ます。
井野捕手は空振り三振
坂口選手は見逃し三振で3アウト

9回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
高橋選手を三振、亀澤選手はライト上田選手のファインプレーで2死
代打の藤井選手にライト前ヒットを打たれますが、
最後は代打の福田選手を捕邪飛に打ち取りゲームセット

ヤクルトが、原ーハフー梅野―近藤―石山の5投手のリレーで、
2-0で中日を完封して先勝しました。



先発した原樹理投手は、今日は球数が増え、5回92球を投げ、
3四球8安打されながらも、
中日の拙攻もあって無失点に抑え、6勝目をあげました。
おめでとうございます。
奪った三振はわずか1、調子がよくないながらも粘って要所を抑えました。

後をつないだブルペン陣も、無失点リレー!
わずか2点を守り逃げ切りました。
そして、石山泰稚投手が節目の30セーブをあげました。
他チームの抑えが打ち込まれる中、本当によく投げてくれています。
ご苦労様です。

打線は7安打で2得点
初回に満塁の好機はつぶしましたが、
3回に2塁打の青木選手を置いて、山田哲人選手がライトへ先制のタイムリーヒット
4回には四球で出た大引選手を2塁に置いて、
井野卓捕手がセンター前にタイムリーヒット
この2点でした。
特に、井野捕手のタイムリーが貴重な追加点となりましたね。
原樹理投手先発では、いつも井野卓捕手がマスクを被り、
女房役として、今日はバットでも援護しました。

e0222575_11121788.jpg


ナゴヤドームで、まずは原樹理投手で初戦をとりました。
明日の予告先発は小川泰弘投手ではなく大下投手です。
小川投手に何かアクシデントでもあったんでしょうか?気になりますね。
【追記】小川投手は腰の張りだそうです。
その意味でも、初戦をロースコアで競り勝ったのは価値ある1勝となりました。

最後に、山田哲人選手は、調子はいいとは言えませんが、
今日は上手い右打ちで先制打!
心配される打率は何だかんだで.310を何とかキープしています。
最後まで3割を切らないよう粘ってほしいです。

by misty2011 | 2018-09-23 18:53 | 東京ヤクルトスワローズ
昨日、セ・リーグは広島カープに早くもマジック32が点灯しました。
2位以下は混戦模様となっていますが、
東京ヤクルトスワロ―ズは、現時点で2位の読売ジャイアンツとの直接対決に
勝ち越すことが重要です。

1勝1敗で迎える3戦目の先発は、ヤクルトが原樹理投手、巨人は山口俊投手
スタメンマスクは井野卓捕手
昨夜、死球を受けた川端選手は、無事スタメンです。

選手公示では、古野正人投手が抹消され、宮本丈選手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、原樹理投手は重信、マギー選手を三振に仕留めるなど三者凡退に抑えます。

1回裏1死後、青木選手が死球で出塁
2死後、バレンティン選手がレフトへの2塁打で1死2、3塁
続く雄平選手がワンバウンドのボールを打った打球がライト前タイムリーヒットとなり、
二者生還してヤクルトが2点先制!2-0

ワンバウンドをヒットにするのはイチロー選手ぐらいでしょう。
これにはベンチの首脳陣もにこにこ顔です。
昨日に続き、完全なボール球を曲芸のようにヒットにします。
悪球打ちの名人ですね。
よい子の皆さんは、決してまねをしないように!

2回2死後原樹理投手は亀井選手にヒットを打たれますが、
田中俊太選手を3球三振に仕留めます。

2回裏、ヤクルトは三者凡退
打撃のいい原樹理投手は、あとちょっとでスタンドインの大きなレフトフライでした。

3回、原樹理投手は三者凡退の抑えます。

3回裏1死後、青木選手が四球で出ます。
山田選手はセンターフライで2死となり、
バレンティン選手は見逃し三振で3アウト

4回、原樹理投手はマギー選手空振り三振の2死後、
岡本選手にヒット打たれますが、
阿部慎之助選手を空振り三振に斬って取り3アウト
息の合ったヤクルトバッテリーに巨人打線が翻弄されています。

4回裏、先頭の雄平選手はセンターへの大飛球でしたが、
重信選手に好捕されます。
川端選手は四球で歩き、西浦選手はセンター前ヒットで1死1、2塁
井野捕手はセカンドゴロで2死1、3塁
ここで、原樹理投手がセンター前にタイムリーヒットを放ち3-0
見事なバッティングで自援護して追加点を奪いました。

2死1、3塁で、坂口選手は四球で歩き2死満塁
青木選手はライト前タイムリーヒットを放ち4-0
なおも2死満塁で、山田哲人選手はセンタ―前にタイムリーヒットを運び、
二者生還して6-0と突き放します。

2死1、3塁となり、山田選手が久しぶりに2盗を決め2死2、3塁 
27個めの盗塁。よしよし♪
バレンティン選手はセンターフライで3アウト

書き間違いで3回裏が3回もありました。訂正しました。
かなりボケが進んでいます。

5回、原樹理投手は三者凡退に抑えます。

5回裏、巨人は中川投手-大城捕手のバッテリーに交代
2死後、西浦選手がレフトへの2塁打で出塁
つづく井野捕手が左中間へのタイムリー2塁打を放ち7-0
一方的な展開になりました。

6回、原樹理投手は二者連続三振など、危なげなく3人で片付けます。

6回裏、中川投手続投
2死後、山田選手がレフト線への2塁打で出ます。
バレンティン選手は四球で歩き2死1、2塁 代走は田代選手
雄平選手は当たり損ねながら1塁への内野安打となり2死満塁
川端選手はセカンドゴロで3アウト

7回、センターに上田、レフトに田代選手が入ります。
1死後、岡本選手にショートへの内野安打を打たれますが、
阿部選手を空振り三振に仕留め2死。今日10個めの三振です。
亀井選手は右中間への打球を打たれますが、上田選手が好捕して3アウト
守備固めで最も頼もしいのは上田選手でしょうね。ポカさえなければ。

7回裏、中川投手の前に、ヤクルトは三者凡退

8回、原樹理投手は先頭の田中俊太選手にライト前ヒットを打たれますが、
後続を抑え3アウト。この回まで12奪三振の快投!

8回裏、巨人は宮國投手が登板
ヤクルトは1番からの打順も三者凡退
山田選手は空振り三振を取られましたが、バットに当たっていたようです。
審判に文句を言わずに引きあげるところが、いかにも山田くんらしい。

9回、完投完封を目指して原樹理投手が最終回のマウンドに
山本、マギー、岡本選手を打ち取りゲームセット
最後の打球はちょっとヒヤッとしましたが、フェンス前で田代選手がキャッチしました。

3戦目はヤクルトが7-0で巨人を下し、このカードの勝ち越しを決めました。

先発の原樹理投手は、9回123球4安打12奪三振、
そして無四球完封勝利で4勝目をあげました。おめでとうございます。
巨人打線を寄せ付けない自己最多12奪三振の圧巻のピッチングでしたね。

開幕前に、エース候補と期待されていましたが、なかなか勝てず、
中継ぎを経て再び先発に戻り、
先発投手冥利に尽きる最高の完封勝利を無四球で飾りました。
勝てない時期に中継ぎを経験したのも無駄ではなかったですね。

何が原樹理投手をここまで変えたのでしょう。
先発で勝ち星がついてからは、
マウンドでは不安な表情を見せることなく、自信を取り戻してきたように感じます。
自分の球を信じて、思いっきり投げるようになりました。

また、何より井野卓捕手とのバッテリーが、ホントによく息が合って、
ベテランの井野捕手が、原樹理投手の良さを引き出していますね。
ストライク先行で、遊び球もほとんどなく、
打者にシュートを意識させながらのスライダーの使い方が絶妙でした。
井野捕手にとっても、今日の原樹理投手の完封勝利は、何よりも嬉しいことだったと思います。
おめでとうございます。

前回、カツオくんが途中までパーフェクトだった際も、
井野捕手のリードで、球数が少なくテンポのいい試合でしたね。
井野捕手の今までのキャリアの中で、これほど先発マスクを被ったのは初めてでしょうね。
ベテランが、ここへ来て自分の働き場所をしっかり確保できたというのは
素晴らしいことだと思います。
これからも、好リードで投手陣を引っ張っていって下さい。

今日は井野捕手はタイムリーも打ったことだし、
出来れば、バッテーリー二人揃ってお立ち台に呼んで欲しかったですね。

e0222575_162226100.jpg


原樹理投手は、勝てない投手と言われた日々が嘘のように、
今は原樹理投手なら勝てるといわれるまでに頼もしくなりました。
上位につけるためには、原樹理投手には、今日のような投球を続けてほしいですね。

打線は初回から原樹理投手を援護
10安打で7得点と効率よく点を取りました。
まずは、初回の雄平選手の、ベンチも笑顔がこぼれるワンバウンド打法による2点タイムリー
4回には、原樹理投手が自らタイムリーを打って3点目
青木選手のタイムリーで4点目
山田哲人選手の2点タイムリーで6点目
5回には、井野捕手のタイムリー2塁打で7点目
今日の原樹理投手には十分すぎるほどの得点でした。

巨人に勝ち越して、再び2位に浮上
明日は、ブキャナン投手に、今日の原樹理投手に続く好投を期待したいと思います。

by misty2011 | 2018-08-16 21:28 | 東京ヤクルトスワローズ
2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回は、井野卓捕手のフォトです。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

2月1日 キャンプ初日 ウォームアップ
e0222575_1134393.jpg


初日 内野ノック YouTube動画
 https://youtu.be/v6dCe3OZir8

初日 ティーバッティング
e0222575_1144787.jpg



2月2日 ウォームアップ
e0222575_11255795.jpg



2月3日 シートノック前のキャッチボール
e0222575_1161455.jpg


e0222575_116257.jpg


e0222575_1165072.jpg



2月4日 朝集合時
e0222575_1175615.jpg



2月4日 走塁練習
e0222575_1183162.jpg


4日 ティーバッティング
e0222575_1194346.jpg


e0222575_11101669.jpg


e0222575_11103042.jpg



2月6日 走塁練習
e0222575_1185167.jpg



2月7日 シートノック
e0222575_11112176.jpg


e0222575_11114661.jpg



2月8日 シートノック前のキャッチボール
e0222575_11121788.jpg


e0222575_1113262.jpg


8日 審判が各塁について内野総合守備練習
e0222575_11134770.jpg


8日 内野守備総合練習 YouTube動画
 https://youtu.be/CP-8x-0B0FA


第3捕手という地味な立場ですが、黙々と真面目に練習しています。
いつもベンチを温めるだけなので、大差のゲームなどに出場機会を与えてあげてほしいですね。

by misty2011 | 2017-03-08 11:26 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズ春季沖縄キャンプより、今回は井野卓(すぐる)捕手のフォトです。

井野捕手は昨年10月、読売ジャイアンツから戦力外通告を受け、その後ヤクルトスワローズに入団が決まりました。
今キャンプでは1軍参加となり、他の若手捕手陣に交じって頑張っていました。

昨日倉敷でのオープン戦では小川泰弘投手とバッテリーを組み、5回3安打無失点と好投を導きました。
まあ、ライアン小川投手の場合は安定しているので、
誰とバッテリーを組んでも、いい結果を出すことには変わりないですが、好リードでした。

ヤクルト捕手陣は、現時点で24歳の中村悠平選手が正捕手、2番手以降の捕手も西田明央捕手が22歳、
26歳の藤井亮太捕手は、どうも捕手よりはメインは外野手として起用されそうです。

その点、井野捕手は31歳のベテランの域に入ったキャッチャー。
新加入で、まだどんなリードをするのか、バッティングはどうなのかわかりませんが、
チームの縁の下の力持ちで、若い捕手陣を支えてほしいと思います。

では浦添キャンプの写真です。

キャンプ初日 ティーバッティング
e0222575_9392712.jpg


e0222575_9393780.jpg


随分気合が入っていて、大きな声で吠えていました。
e0222575_9394990.jpg


2日 ブルペン
e0222575_9411723.jpg


e0222575_9412883.jpg


e0222575_941361.jpg


2日 ティーバッティング なかなかの男前です。
e0222575_9421345.jpg


e0222575_9422527.jpg


e0222575_9423626.jpg


3日 シートノック前のキャッチボール
e0222575_9523777.jpg



3日 ティーバッティング
e0222575_9435942.jpg


e0222575_944278.jpg


4日 ブルペン 村中投手の球を受けていました。
e0222575_948464.jpg


4日 杉村コーチのアドバイスを聞く井野捕手 1枚追加
e0222575_11374534.jpg



井野卓捕手が登場するMY動画は
 2月3日 内野シートノック3本
  http://youtu.be/AUJgkIpIFfk
  http://youtu.be/Ov5xQP1dDIE
  http://youtu.be/e_mJJOCcPX4

 2月6日 内野シートノック
  http://youtu.be/6WVj0xF1FZ0
 同日 投内連係
  http://youtu.be/QD9Hy51wgcE

今キャンプでは、捕手陣の特守を見られなかったのが心残りです。

これで1軍キャンプ参加の4捕手全員の写真のアップは終了しました。
まだ、投手陣、内野陣と多く残していますが、開幕までにはアップし終えたいと思います。


ヤクルトスワローズ沖縄キャンプ見学レポの記事は、「浦添キャンプ」のタグでご覧ください。
試合関連は 「ヤクルトスワローズ」のタグです。


私が撮ったヤクルトキャンプ動画51本の一覧は、YouTube My動画ページ tokyoysmistyで、ご覧いただけます。
by misty2011 | 2015-03-07 10:07 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011