タグ:原樹理 ( 38 ) タグの人気記事

クライマックスファーストステージの初戦を
小川泰弘投手で落とした東京ヤクルトスワロ―ズ
あとが無くなりました。
今日、明日、二つ勝つしかありません。

2戦目の先発は、ヤクルトが原樹理投手、巨人は菅野智之投手
昨夜4安打のヤクルトはスタメンを組み替えてきました。
1番ファースト坂口 2番にサード川端選手が入り、
3番山田哲人、4番バレンティン、5番雄平選手
6番西浦、7番にセンター上田選手が入り、スタメンマスクは井野捕手

試合経過は ニッカンスコア

1回表裏、両チーム三者凡退
原樹理投手、落ち着いた上々の立ち上がり
菅野投手は、抑えているのか疲れなのか、
初回は、いつもよりストレートの球速が出ていません。
山田選手の第1打席は空振り三振

2回2死後、原樹理投手は長野選手にバックスクリーン左にソロホームランを運ばれ
先制されます。0-1


2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回2死後、原樹理投手は坂本選手に四球を与えますが、後続を打ち取ります。

3回裏、ヤクルトは三者凡退。
ここまで原樹理投手のレフトフライが最もいい当たりでした。
菅野投手は3回までパーフェクトピッチング

4回、原樹理投手は先頭のマギー選手に一発を浴び0-2
菅野投手相手には1点でもキツイのに、この2点目でさらに厳しくなりました。
1死後、阿部選手に四球を与え、長野選手は三振に仕留め2死となりますが、
亀井選手にライトスタンドに2ランホームランを放り込まれ0-4

シーズン3被弾の原樹理投手が今日だけで既に3被弾
巨人打線にポンポンさく越えされました。
e0222575_16223655.jpg



4回裏、ヤクルトは三者凡退
山田選手は空振り三振 これでCSいまだノーヒット6タコ4三振
全くいいとこなし。

5回、ヤクルトはカラシティー投手に交代
2死後、田中俊太選手に四球を与え2盗されます。
マギー選手にも四球を与えますが、岡本選手をセンターフライに打ち取ります。

5回裏、ヤクルトは三者凡退
菅野投手はパーフェクト継続中

6回、ヤクルトはハフ投手が登板
三者凡退に抑えます。

6回裏、ヤクルトは三者凡退
依然、菅野投手はパーフェクトピッチング
どこまで続くことやら・・・。

7回、ヤクルトは梅野雄吾投手が登板 マスクは西田捕手
先頭の小林捕手はセーフティーバントを試みますがアウト
こういうのを打てないヤクルトの打者がやらないと!
2死後、坂本、田中俊太選手に連打され2死1、2塁
マギー選手をレフトフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

7回裏、ヤクルトは1番からの打順
2死後、山田選手はフルカウントまで粘り四球をもぎ取ります。
初めてのランナーは山田くん!ついにパーフェクト阻止!
バレンティン選手は空振り三振で3アウト

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
2死後、長野選手に左中間への2塁打を打たれ、亀井選手は申告敬遠
小林捕手をサードゴロに打ち取り3アウト

8回裏、雄平、西浦、大引選手が三者凡退
菅野投手、ノーヒットノーランは継続中

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
2死後、田中俊太選手にライト前ヒットを打たれますが、
後続を空振り三振に仕留め3アウト

9回裏、ノーノー阻止なるかヤクルト打線
荒木選手はレフトフライ
西田捕手はライトフライ
最後は、坂口選手がセンターフライに倒れゲームセット

ヤクルトは0-4で菅野投手にノーヒットノーランを喰らい、
CSファーストステージで一つも勝てず敗退となりました。


菅野智之投手は、史上初のクライマックスシリーズでの
ノーヒットノーランを達成しました!
いやはや、参りました。
立ち上がりからすると、ここまで完璧に抑えられるとは思いませんでしたが、
それにしても見事なピッチングでしたね。
自由自在に球を操っていました。脱帽です。
辛くも、山田哲人選手が7回に四球を選び、完全試合だけは阻止しました。

2位のヤクルトは意地も執念も見せることなく、
CSファーストステージで連敗を喫し、ファイナルステージ進出はなりませんでした。
あまりに打てなさ過ぎましたね。
今日はノーノーされたので当然ノーヒット
初戦に4安打したのみで、強力打線がこれでは泣きますね。
最後は、惨憺たる結果で今シーズンの全日程を終了しました。

私は明日だけチケットを用意していましたが、払い戻しとなりました。がっくり

巨人は高橋由伸監督の辞任ブーストなのか、見違えるような采配と戦いぶりでしたね。
特に、初戦の上原投手投入やエンドランなど
思い切った采配が功を奏しましたね。
借金を抱えた3位からの下剋上を目指し、ある意味開き直りの凄みを感じました。
この勢いで、もしも広島を撃破したら、面白いことになりますね!?
CSの在り方自体が問われることになるかも知れません。

一方、ヤクルトは打線が冷えて全くなすすべなく敗退
大舞台に弱い選手が多くて、ちょっと悲しくなりました。
こういう大一番に、普段通りの力が出せるような気持ちの強さを持ってほしいですね。
技術とともにメンタルトレーニングをもっと取り入れてほしいと思いました。


今シーズンの総括は、後日書くことにして、今日は簡単にまとめます。
ヤクルトのシーズン2位は大健闘でしたが、
CSでの戦いぶりは、まだまだ力のなさを痛感するものでした。
来季への大きな宿題となりましたね。
この悔しさを糧にして、秋季キャンプ、沖縄キャンプで、
さらにチームとしても個人としてもレベルアップを図ってほしいと願います。

「再起」をかけた今シーズン1年間、本当にお疲れさまでした。
監督、コーチ陣、スタッフ、そして選手の皆さん、ありがとうございました。


by misty2011 | 2018-10-14 21:31 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ドームで2勝1分けの好成績をあげ、
3位巨人とのゲーム差を3.0とした東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から甲子園で4位阪神タイガースとの2連戦

先発は阪神が小野泰己投手、ヤクルトは原樹理投手
スタメン6番サードは大引選手
阪神の先発マスクは、梅野捕手ではなく坂本誠志郎捕手

試合経過は ニッカンスコア

初回、先頭の坂口選手が左中間への2塁打で出塁
青木選手はレフトフライで1死となり、
山田選手はストレートの四球で歩き1死1、2塁
続くバレンティン選手が三遊間を破るタイムリーヒットを放ち
ヤクルトが先制!1-0

雄平選手はファーストゴロ併殺打で3アウト

1回裏、原樹理投手は三者凡退に抑えます。
先頭の北條選手はライトフライでしたが、雄平選手と青木選手が交錯して、
ちょっと危ない場面がありました。
この二人の連係は、いつもぎくしゃくしていますね。
仲でも悪いのかと勘繰りたくなります。(半分本気、半分冗談ですが)
坂口選手がセンターの時は、こんなことはなかったんですが。

2回、大引、西浦選手の連打で無死1、2塁
小野投手の暴投で、大引選手が3塁へ進み無死1、3塁
井野捕手は四球で歩き無死満塁
原樹理投手は空振り三振で1死満塁
坂口選手はファーストゴロで2死満塁
青木選手もファーストゴロで、無死満塁から1点も取れず、はぁ…

2回裏、原樹理投手は三者凡退に抑えます。

3回、先頭の山田選手がセンター前ヒットで出ます。
今季、小野投手から初ヒット
バレンティン選手はセカンドゴロで1死2塁。
雄平選手はショートゴロで2死3塁
大引選手は三振で3アウト
ランナーを出しますが、小野投手の時は、こういう展開が多く点が取れません。

3回裏、原樹理投手は三者凡退に抑え、ここまでパーフェクト!

4回1死後、井野捕手がショート内野安打で出ます。
この時、飛び込んだ北條選手が左肩を痛め(脱臼っぽい?)、
担架で運ばれ負傷退場。ショートに植田選手が入ります。
原樹理投手は送りバントを決め2死2塁
坂口選手は空振り三振で3アウト

4回裏、原樹理投手はこの回も三者凡退に抑え、パーフェクト継続中

5回、先頭の青木選手が四球で歩きます。
山田選手は見逃し三振で、走った青木選手は2塁余裕でタッチアウト
青山コンビで、またも三振ゲッツー。なんど見たことか!

山田くん、際どくもないストライクを平然と見逃すんじゃありません。
シーズンが終わろうとしているのに、いまだにゾーンの見極めができていません。
自分のゾーンにこだわって、何度失敗を繰り返していることか。
コーチも、もっとバットを振るように指導できないものですかね?
せめてカットくらいしないと。そのカット技術がないのも問題ですが。

山田くんファンとして、あえてキツイことを言うようですが、
打てないのなら、打てないなりに、せめてチームバッティングを心掛けてほしいです。
もう8年目にもなって、それも出来ませんでは困ります。
キャンプで意識を持って徹底的に練習してほしい点です。

バレンティン選手はセカンドゴロで3アウト

5回裏2死後、原樹理投手はナバーロ選手にピッチャー強襲の内野安打を打たれます。
許した初ヒット。
後続を抑え3アウト

試合直後から、小雨が降り出しが、中盤に差し掛かって雨あしが強まってきました。

6回2死後、西浦選手がセンター前ヒットで出ます。
井野捕手は四球で歩き2死1、2塁
バッティングがいい原樹理投手がレフト前にタイムリーヒットを放ち2-0
野手が打たないのなら自援護するしかありません!ナイスバッティング!

坂口選手は四球で歩き2死満塁
ここで、阪神は能見投手に交代
青木選手はセンター前にタイムリーヒットを放ち、二者生還して4-0
さすが、満塁の青木選手!頼れるチームリーダーです。
2死1、2塁となり、山田選手は四球で歩き2死満塁。
得意の能見さんでも打てそうな雰囲気ではなかったので、四球はありがたい。
バレンティン選手はサードゴロで3アウト
この回、3点追加して4点差、俄然優位に立ちました。

雨がかなり強くなってきました。
6回裏、原樹理投手は三者凡退に抑えます。

7回、阪神は望月投手が登板
1死後、大引選手がライト前ヒットで出ますが、
西浦選手はファーストライナーダブルプレーで3アウト

7回裏、ぬかるんだマウンドに砂が入れられ試合続行
原樹理投手は、この回も三者凡退に抑えます。

8回、阪神は望月投手が続投
2死後、坂口選手が死球で歩きます。
ここで、バッターボックスに砂が入れられます。
青木選手はセカンドフライでアウト

8回裏2死後、原樹理投手は代打の鳥谷選手にレフト前ヒットを打たれます。
これで2安打目
このあと、代打の原口選手を空振り三振に仕留め3アウト

9回、阪神は伊藤和雄投手が登板 マスクは原口捕手に交代
先頭の山田選手は初球を打ち上げセカンドフライ
バレンティン選手も初球を打ち上げ1塁飛邪飛
雄平選手はファーストゴロであっさり3アウト
はやく終わりたい様子?

9回裏、4点リードで石山泰稚投手が登板 1塁には武内選手が入ります。
石山投手は三人締めでゲームセット

ヤクルトが4-0で阪神を完封して初戦をとりました。

原樹理投手は完投完封こそなりませんでしたが、
8回121球を投げ、2安打9奪三振・無四球・無失点の快投で5勝目をあげました。

おめでとうございます。

原樹理投手は雨が強まっても、全く乱れることがありませんでしたね。
力のあるストレート、そして、シュートとスライダーを内外にきっちり投げ分け、
阪神打線に付け入るスキを与えませんでした。
負けが続いていた時は、自分で追い込んで不安そうな表情が見えましたが、
今は、自信を持って自分の球を投げ込んでいますね。
見事なピッチングでした。

e0222575_1623533.jpg


また、得意のバッティングでも6回に自援護するレフトへのタイムリーヒットを放ち
なかなか取れなかった追加点の2点目を自らたたき出しました。

打線は10安打で4得点
雄平選手以外、先発全員安打で、大引、西浦選手がマルチでした。
初回に1点取ったものの、その後はランナーを出しながらも拙攻続き。
6回に原樹理投手の適時打で2点目をとると
2死満塁から青木選手が2点タイムリーヒットを放ち4-0
4点あれば、今日の原樹理投手には十分すぎました。

初戦で阪神打線を黙らせたので、明日もこの流れのまま抑えたいですね。
山中投手の好投を期待しています。
打線は早めの援護と、粘り強いバッティングをお願いします。

by misty2011 | 2018-09-14 21:27 | 東京ヤクルトスワローズ
中日3戦目で大敗し、再び貯金0となった東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日からハマスタで横浜DeNAベイスターズとの3連戦

先発はDeNAが井納翔一投手、
ヤクルトは下半身のコンディション不良から今日1軍復帰の原樹理投手
スタメン6番サードは大引選手、先発マスクは井野捕手

試合経過は ニッカンスコア

初回、坂口選手に打球が井納投手の右足に直撃しますが、ベンチで治療後続投。
2死後、山田選手がレフト前ヒットで出ますが、バレンティン選手はライトフライ

1回裏、原樹理投手は三者凡退に抑えます。

2回1死後、原樹理投手はソト選手に右中間への2塁打を打たれますが、
後続を打ち取ります。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回、ヤクルトも三者凡退

3回裏、ヤクルトは青木選手が下がり上田剛史選手がセンターに入ります。
第1打席で青木選手はサードゴロに倒れますが、走り方がちょっとヘンでした。
どこか痛めたんでしょうか?心配ですね。
【追記】青木選手は背中の張りを訴え交代。
8日の出場については「様子を見ながら。以前にもこういうことはあったので」

4回、ヤクルトは2番上田選手からの打順も三者凡退

4回裏、原樹理投手はこの回も三者凡退に抑えます。
両チームともヒットは1本ずつ。
両先発の好投で、テンポよく試合が進みます。

5回、ヤクルトはこの回も三者凡退
井納投手は力あるストレート、変化球もキレて打てそうにありません。

5回裏、原樹理投手も三者凡退に抑えます。
ここまで、両先発譲らずの投手戦

6回1死後、原樹理投手が三遊間を破るヒットで出塁。チーム2安打目
しかし、坂口選手はファーストゴロ併殺打で3アウト
リクエストによるリプレー検証の結果、1塁アウトとなりました。

6回裏1死後、原樹理投手は石川雄洋選手にショート内野安打を打たれますが、
後続を抑えます。

7回2死後、バレンティン選手が四球で歩きますが、
雄平選手はショートゴロで3アウト

8回1死後、原樹理投手は筒香、ソト選手に連打され1死1、2塁
つづく桑原選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ先制されます。0-1
上田選手の送球の間にランナーが進塁して1死2、3塁から、
代打・佐野選手は空振り三振で2死となり、
井納投手の代打・楠本選手も空振り三振に仕留め、1失点で切り抜けます。

8回裏、ヤクルトは梅野投手ー中村捕手のバッテリーに交代
先頭の石川雄洋選手をセカンド内野安打で出します。
山田選手、捕ってほしかった打球です。足が動いていません。
大和選手が送って1死2塁から。
宮崎選手にライトスタンドに24号2ランホームランを放り込まれ0-3
さらに、ロペス選手にもバックスクリーン左に19号ソロ弾を運ばれ、
二者連続アーチで0-4と突き放されます。

ロペス選手の捕邪飛を中村捕手が捕球できず、その後の被弾でした。
つづく筒香選手に四球を与えますが、山田選手の好守もあって後続を抑えます。

9回、DeNAは山崎康晃投手が登板
代打の畠山選手が3塁線を破る2塁打で出ます。ナイスバッティング!
坂口選手は四球を選び無死1、2塁
上田選手も四球で歩き無死満塁
ここで山田選手はサードゴロ併殺打で1点かえすも2死3塁
中途半端なバッティングでチャンスを潰します。最悪の結果にため息です。
打席に入るときの表情が、不安そうな目をしていたので、
打てそうもないと思いましたが、それにしても…。
制球に苦しんでいるんだから、早打ちせずに、もっとじっくり攻めてほしかったです。
また、山田くんへのヘイトが集まりそう・・・。
最後はバレンティン選手がレフトフライに倒れゲームセット

ヤクルトが1-4でDeNA戦の初戦を落としました。

原樹理投手は6回まで井納投手との素晴らしい投手戦でしたが、
7回に筒香ーソトー桑原選手に3連打され1点失います。
ここだけでしたね。
7回5安打1失点で、打線の援護なく7敗目を喫しました。
ただ、ケガ明けの復帰初戦としては、不安は一切感じられなく、
好投を見せてくれてよかったと思います。

e0222575_16223655.jpg



2番手の梅野投手は宮崎、ロペス選手に二者連続被弾して3点失い0-4

打線は井納投手を打てず0行進

9回は無死満塁のチャンスに、山田哲人選手がサードゴロ併殺打の間にあげた1点のみ
山田くんの調子が悪いのはわかっていますが、
チャンスで打てないにしても、この場面、どういうバッティングをしなきゃいけないかを
もっと考えてほしかったですね。
最低限も出来ず、反撃の芽を潰したのは悔やまれます。
好機にいつもそうですが、何となく打席に立って、
来た球を何となく振っているだけの感じがします。

打線はわずか3安打
チャンスらしいチャンスは9回だけでした。
DeNAは主力が2発のホームランやヒットなどきっちり仕事をしました。
一方、ヤクルトは、3、4番が不調の上に、青木選手が1打席だけでベンチに下がり、
打線の核を失った形となりました。
井納投手に今季一番の好投をされたので打てないにしても、
もう少し抵抗してほしかったですね。

しかし、青木宣親選手の状態が心配ですね。
今シーズンはケガの情報が出なくコンディション不良とだけアナウンスされるので、
状態がわからくて、かえって不安ですね。
どうか無事で、明日からの試合に出られますように!

山田くんは打てないだけでなく、守備でも動きが悪く、
こんな状態なら、チームに迷惑をかけるので、私の本音はもう休ませてほしいですが、
もし青木選手が離脱なら、そうも言ってられませんからね。
復調を待つしかありませんが、よくなる気配がないので、
このまま、不調が続くような気がします。困りましたね。
バレンティン選手も一発が出なく、3、4番で得点できないのは痛すぎます。
明日、山田選手は汚名返上の一打をお願いします!

by misty2011 | 2018-09-07 21:25 | 東京ヤクルトスワローズ
マツダスタジアムは台風接近の中、予想された雨は降らず、風は強いものの
試合が強行されました。

1勝1敗のタイで迎えた3戦目
先発は広島カープが岡田明丈投手、ヤクルトは原樹理投手
今日も7番サードで宮本丈選手がスタメン 先発マスクは井野卓捕手
試合経過は ニッカンスコア

選手公示では、館山昌平投手が抹消され、大村孟選手が上がってきました。


初回、坂口、青木選手が連打、山田哲人選手は四球で歩き無死満塁のチャンス
バレンティン選手がセンターへ犠牲フライを運びヤクルトが先制 1-0
雄平選手はレフトへのヒットで1死満塁
このあと、岡田投手のボークで2-0
西浦、宮本選手は倒れ3アウト
(当ブログのスコア表記は、常にヤクルト側からです)

1回裏、原樹理投手は先頭の野間選手にセンター前ヒットを打たれ2盗成功
菊池選手のファーストゴロで1死3塁
丸選手は空振り三振
鈴木選手をセンターフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

2回1死後、原樹理投手は左中間への2塁打で出塁
坂口選手はセンターへのヒット、青木選手は四球で歩き1死満塁
ここで、山田哲人選手がレフトスタンドに29号満塁ホームランを放り込み
6-0と突き放します。

満塁での打率がよくない山田選手なので、私はイヤだなあと心配しましたが、
結果は最高!!
決してやさしくない内角150㌔のストレートを、
山田くんならではの見事なインコースさばきでスタンドまで運びました。
久しぶりの一発がグラウンドスラムとは、嬉しさが半端ないです。
バレンティン選手もレフトへのヒットで続きますが、後続が倒れ3アウト

山田くんのグランドスラムで、カープ贔屓の解説・笘篠さんの声のトーンが落ち、
静かになったのは喜ばしいことです。

2回裏、原樹理投手は、先頭の松山選手にセンター前ヒットを打たれますが、
西川選手をレフトフライ、
田中広輔選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト

3回裏2死後、原樹理投手は野間選手をセカンド内野安打で出しますが、
菊池選手を三振に仕留め3アウト

4回、先頭の青木選手がライト線への3塁打で出塁
山田選手の打球はセンターバックスクリーンフェンス手前まで伸び、
丸選手に好捕されますが、大飛球の犠牲フライとなり7-0

風の影響がなければ、2打席連続弾だったでしょうね。
惜しい当たりでしたが、今日はいい感じでバットが振れています。
ここまで、一人で5打点

4回裏、原樹理投手は先頭の丸選手を四球で出しますが、
鈴木、松山選手をレフトフライに打ち取り2死
西川選手にセンターへヒットを打たれますが、後続を打ち取り、
この回も0点に抑えます。

5回、ヤクルトは三者凡退

5回裏、原樹理投手は先頭の曾澤捕手にレフト前ヒットを打たれ、
代打の曽根選手に右中間へのタイムリー3塁打を浴び1点失います。7-1
曽根選手はプロ初ヒットがタイムリーとなりました。
つづく野間選手のショートゴロの間に3塁から曽根選手が生還して7-2

6回、広島は高橋樹也投手が登板
1死後、坂口選手がセンター前ヒット、今日3安打
青木選手は三振で2死となり、
山田選手はサードフライで3アウト

6回裏、原樹理投手は先頭の鈴木選手に三遊間を破るヒットを打たれ、
このあと、原樹理投手の暴投で無死2塁
松山選手はショートフライ
西川選手はセカンドゴロで2死3塁となり、
つづく田中広輔選手にレフト前タイムリーヒットを打たれ7-3
じわじわ追いあげられてきました。
曾澤捕手はセカンドライナーで3アウト
センターへ抜けるかという打球でしたが、
2塁ベースカバーに入ろうとした山田くんがナイスキャッチ!
ピンチを断ち切りました。

7回1死後、続投の高橋樹也投手から雄平選手がセンターへのヒット
西浦選手がレフトへのタイムリー2塁打を放ち、雄平選手が1塁から一気にホームイン
8-3となります。

ようやく追加点が入りました。

7回裏1死後、原樹理投手は野間選手にライト前ヒットを打たれます。
山田選手の前でイレギュラーして高く弾みました。
バティスタ選手は空振り三振。野間選手は2盗して2死2塁
丸選手は四球で2死1、2塁
ここで、鈴木誠也選手に右中間へタイムリー2塁打を打たれ、
二者生還して8-5と3点差

笘篠さんが元気になってきました。
丸選手と勝負した方がよかったかも?

ここで、ヤクルトはハフ投手に交代
松山選手をショートゴロに打ち取り3アウト。

8回、広島はジャクソン投手が登板
3点差では不安なので、追加点がさらにほしいところ。
2死後、青木選手がレフト前ヒット。今日3安打猛打賞
山田選手はライト線への技ありの2塁打を放ち2死1、3塁
低めの球をうまく逆方向へ打ちました。
しかし、2死であの打球で、青木選手、ホームに還って来れませんか?
代打の畠山選手はサードフライに倒れ追加点ならず。

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
きっちり三者凡退に抑えます。

9回、広島は今村投手が登板
先頭の雄平選手はレフト前ポテンヒット 3安打猛打賞
西浦選手は送りバントを決め1死3塁
しかし、谷内、井野選手が倒れ追加点ならず。

9回裏、3点リードで石山泰稚投手が登板
ベンチでは右手をアイシングしているバレンティン選手の姿がありました。
1死後、野間選手のショートゴロがリクエストとなり、
リプレー検証の結果、判定が覆りセーフとなって1死1塁
バティスタ選手にセンター前ヒットを打たれ1死1、2塁のピンチ
ここで、なんと丸選手に28号3ラン同点ホームランを浴び8-8
さらに、鈴木誠也選手に24号サヨナラホームランを打たれゲームセット

守護神の石山投手が9回2被弾で4点失い、
ヤクルトは8-9×でサヨナラ負けを喫しました。

なんという悪夢!!!
ショックが大きすぎて言葉を失いました。
カープの怖さを最後に思い知らされました。

一時は7-0と大量リードでしたが、これで勝てないとは・・・
しかも山田くんが29号満塁弾など5打点と活躍した試合だというのに、
何てことなの、ウソだと言ってよ!

今日のヒーロー間違いないと思って、あらかじめ用意した笑顔の山田くんの写真でしたが、
そのまま載せておきます。
山田くんが笑顔で終わらなきゃいけない試合でしたよ!
ショックで写真を差し替える気力もありません。
e0222575_153516.jpg



序盤の楽勝ムードで、中盤以降、追加点が1点しか取れなかったのが痛かったですね。
まさか、こんなことになるとは思いませんでしたが、
やはりカープ相手には何点リードしていても、
セーフティーリードではないってことですね。

原樹理投手は7回途中まで投げ、119球10安打浴び5失点
前回は完封勝利も、カープ打線にはよく打たれました。
それでも、今日は勝てると思いましたが、甘くありませんでした。
今日は、勝ち運の無い頃の原樹理投手に戻りましたね。残念です。

原樹理投手登板時には井野捕手とのバッテリーがいいですが、
リリーフ陣は、どちらかというと中村悠平捕手の方が良さそうに思います。
9回のチャンスには、井野捕手に代打を出してほしかったですね。

打線は11安打で8得点
坂口、青木、雄平選手が3安打猛打賞!
山田哲人選手はマルチヒット、29号満塁弾と犠牲フライの5打点
バレンティン選手が初回の犠飛で1打点
西浦選手が7回にタイムリー2塁打を放ち1打点でした。

今日のヒーローは山田くんのはずでしたが、最後でスルリ
丸ちゃんと鈴木誠也選手に持って行かれました・・・。
チームにとっても、大活躍の山田哲人選手にとっても、
ダメージが半端ないサヨナラ負けとなりました。

明日は神宮に戻ってDeNAとの3連戦
筒香選手に当たりが戻って来ているのが怖いですね。
切り替えてと言っても、これだけショックが大きい負けだと、
そうは行かないかもしれませんが、今日の負けを引きずらないことを願うのみです。

by misty2011 | 2018-08-23 22:10 | 東京ヤクルトスワローズ
昨日、セ・リーグは広島カープに早くもマジック32が点灯しました。
2位以下は混戦模様となっていますが、
東京ヤクルトスワロ―ズは、現時点で2位の読売ジャイアンツとの直接対決に
勝ち越すことが重要です。

1勝1敗で迎える3戦目の先発は、ヤクルトが原樹理投手、巨人は山口俊投手
スタメンマスクは井野卓捕手
昨夜、死球を受けた川端選手は、無事スタメンです。

選手公示では、古野正人投手が抹消され、宮本丈選手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、原樹理投手は重信、マギー選手を三振に仕留めるなど三者凡退に抑えます。

1回裏1死後、青木選手が死球で出塁
2死後、バレンティン選手がレフトへの2塁打で1死2、3塁
続く雄平選手がワンバウンドのボールを打った打球がライト前タイムリーヒットとなり、
二者生還してヤクルトが2点先制!2-0

ワンバウンドをヒットにするのはイチロー選手ぐらいでしょう。
これにはベンチの首脳陣もにこにこ顔です。
昨日に続き、完全なボール球を曲芸のようにヒットにします。
悪球打ちの名人ですね。
よい子の皆さんは、決してまねをしないように!

2回2死後原樹理投手は亀井選手にヒットを打たれますが、
田中俊太選手を3球三振に仕留めます。

2回裏、ヤクルトは三者凡退
打撃のいい原樹理投手は、あとちょっとでスタンドインの大きなレフトフライでした。

3回、原樹理投手は三者凡退の抑えます。

3回裏1死後、青木選手が四球で出ます。
山田選手はセンターフライで2死となり、
バレンティン選手は見逃し三振で3アウト

4回、原樹理投手はマギー選手空振り三振の2死後、
岡本選手にヒット打たれますが、
阿部慎之助選手を空振り三振に斬って取り3アウト
息の合ったヤクルトバッテリーに巨人打線が翻弄されています。

4回裏、先頭の雄平選手はセンターへの大飛球でしたが、
重信選手に好捕されます。
川端選手は四球で歩き、西浦選手はセンター前ヒットで1死1、2塁
井野捕手はセカンドゴロで2死1、3塁
ここで、原樹理投手がセンター前にタイムリーヒットを放ち3-0
見事なバッティングで自援護して追加点を奪いました。

2死1、3塁で、坂口選手は四球で歩き2死満塁
青木選手はライト前タイムリーヒットを放ち4-0
なおも2死満塁で、山田哲人選手はセンタ―前にタイムリーヒットを運び、
二者生還して6-0と突き放します。

2死1、3塁となり、山田選手が久しぶりに2盗を決め2死2、3塁 
27個めの盗塁。よしよし♪
バレンティン選手はセンターフライで3アウト

書き間違いで3回裏が3回もありました。訂正しました。
かなりボケが進んでいます。

5回、原樹理投手は三者凡退に抑えます。

5回裏、巨人は中川投手-大城捕手のバッテリーに交代
2死後、西浦選手がレフトへの2塁打で出塁
つづく井野捕手が左中間へのタイムリー2塁打を放ち7-0
一方的な展開になりました。

6回、原樹理投手は二者連続三振など、危なげなく3人で片付けます。

6回裏、中川投手続投
2死後、山田選手がレフト線への2塁打で出ます。
バレンティン選手は四球で歩き2死1、2塁 代走は田代選手
雄平選手は当たり損ねながら1塁への内野安打となり2死満塁
川端選手はセカンドゴロで3アウト

7回、センターに上田、レフトに田代選手が入ります。
1死後、岡本選手にショートへの内野安打を打たれますが、
阿部選手を空振り三振に仕留め2死。今日10個めの三振です。
亀井選手は右中間への打球を打たれますが、上田選手が好捕して3アウト
守備固めで最も頼もしいのは上田選手でしょうね。ポカさえなければ。

7回裏、中川投手の前に、ヤクルトは三者凡退

8回、原樹理投手は先頭の田中俊太選手にライト前ヒットを打たれますが、
後続を抑え3アウト。この回まで12奪三振の快投!

8回裏、巨人は宮國投手が登板
ヤクルトは1番からの打順も三者凡退
山田選手は空振り三振を取られましたが、バットに当たっていたようです。
審判に文句を言わずに引きあげるところが、いかにも山田くんらしい。

9回、完投完封を目指して原樹理投手が最終回のマウンドに
山本、マギー、岡本選手を打ち取りゲームセット
最後の打球はちょっとヒヤッとしましたが、フェンス前で田代選手がキャッチしました。

3戦目はヤクルトが7-0で巨人を下し、このカードの勝ち越しを決めました。

先発の原樹理投手は、9回123球4安打12奪三振、
そして無四球完封勝利で4勝目をあげました。おめでとうございます。
巨人打線を寄せ付けない自己最多12奪三振の圧巻のピッチングでしたね。

開幕前に、エース候補と期待されていましたが、なかなか勝てず、
中継ぎを経て再び先発に戻り、
先発投手冥利に尽きる最高の完封勝利を無四球で飾りました。
勝てない時期に中継ぎを経験したのも無駄ではなかったですね。

何が原樹理投手をここまで変えたのでしょう。
先発で勝ち星がついてからは、
マウンドでは不安な表情を見せることなく、自信を取り戻してきたように感じます。
自分の球を信じて、思いっきり投げるようになりました。

また、何より井野卓捕手とのバッテリーが、ホントによく息が合って、
ベテランの井野捕手が、原樹理投手の良さを引き出していますね。
ストライク先行で、遊び球もほとんどなく、
打者にシュートを意識させながらのスライダーの使い方が絶妙でした。
井野捕手にとっても、今日の原樹理投手の完封勝利は、何よりも嬉しいことだったと思います。
おめでとうございます。

前回、カツオくんが途中までパーフェクトだった際も、
井野捕手のリードで、球数が少なくテンポのいい試合でしたね。
井野捕手の今までのキャリアの中で、これほど先発マスクを被ったのは初めてでしょうね。
ベテランが、ここへ来て自分の働き場所をしっかり確保できたというのは
素晴らしいことだと思います。
これからも、好リードで投手陣を引っ張っていって下さい。

今日は井野捕手はタイムリーも打ったことだし、
出来れば、バッテーリー二人揃ってお立ち台に呼んで欲しかったですね。

e0222575_162226100.jpg


原樹理投手は、勝てない投手と言われた日々が嘘のように、
今は原樹理投手なら勝てるといわれるまでに頼もしくなりました。
上位につけるためには、原樹理投手には、今日のような投球を続けてほしいですね。

打線は初回から原樹理投手を援護
10安打で7得点と効率よく点を取りました。
まずは、初回の雄平選手の、ベンチも笑顔がこぼれるワンバウンド打法による2点タイムリー
4回には、原樹理投手が自らタイムリーを打って3点目
青木選手のタイムリーで4点目
山田哲人選手の2点タイムリーで6点目
5回には、井野捕手のタイムリー2塁打で7点目
今日の原樹理投手には十分すぎるほどの得点でした。

巨人に勝ち越して、再び2位に浮上
明日は、ブキャナン投手に、今日の原樹理投手に続く好投を期待したいと思います。

by misty2011 | 2018-08-16 21:28 | 東京ヤクルトスワローズ
神宮での横浜DeNA戦は、台風接近で昨夜は中止となりましたが、
今日は、やや風はあるものの晴れ間がのぞき、予定通り試合が行われました。

先発は両チームともスライドせず当初の予定通り
ヤクルトは原樹理投手、DeNAはウィーランド投手
ヤクルトの先発マスクは、前回、先発初勝利となった時と同じ井野卓捕手

選手の上げ下げは、昨日、塩見選手が抹消され、
本日付で田代将太郎選手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア

初回2死後、原樹理投手はロペス選手に三塁線を抜けるヒット、
筒香選手は四球で2死1、2塁も、宮崎選手をサードゴロに打ち取り3アウト

1回裏1死後、青木選手が粘って四球で出ますが、
山田哲人選手がピッチャーライナー、
飛び出した青木選手が戻れずダブルプレーで3アウト
山田くんの打球は抜けるかと思いましたが、ウィーランド投手に好捕されました。

2回、原樹理投手は危なげなく三者凡退に抑えます。

2回裏1死後、雄平選手がセンターへの2塁打で出ますが、後続が倒れます。

3回2死後、柴田選手に3塁線を破る2塁打を打たれ、
ロペス選手にレフトへのタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。0-1
川端選手の右横を抜けていきました。止めてほしかったですね。
守備範囲が狭い川端選手が狙われています!?
続く筒香選手にはライトへのタイムリーヒットを打たれ0-2
宮崎選手は見逃し三振で3アウト
この回、2死から3連打を浴び2点失いました。

3回裏1死後、原樹理投手がライト前ヒットで出ます。
坂口選手は四球を選び1死1、2塁
青木選手はレフトフライで2死となりますが、
山田選哲人手がバックスクリーンに27号3ランホームランを放り込み3-2と逆転に成功!
やった~~!!
2試合音無しで心配しましたが、
3試合ぶりのヒットが、なんと逆転3ランでした。めっちゃ嬉しい♪♪♪

バレンティン選手は四球で歩き、
つづく雄平選手がライトスタンドに6号2ランホームランを叩き込み
5-2とリードを広げます。
ナイスホームラン!!

川端選手は四球で歩き、西浦選手はショートゴロで3アウト
この回、山田、雄平選手の2発のホームランで、逆転さらに勝ち越しました。

4回、原樹理投手は先頭のソト選手に死球をぶつけますが、
嶺井捕手をサードゴロ併殺打に仕留め2死ランナーなし
ウィーランド投手はピッチャーゴロで3アウト

4回裏、ヤクルトは三者凡退

5回、原樹理投手は先頭の石川雄洋選手に3塁線を破る2塁打を打たれます。
ま~た、川端選手の横を抜けました。
このあと2死3塁となりますが、ロペス選手をサードゴロに打ち取り3アウト
今度は川端選手がしっかり守りました。

5回裏、青木選手がセカンドのファンブルエラーで出塁
山田選手はセンターフライで1死となり、
つづくバレンティン選手がセンターバックスクリーン右に27号2ランを放り込み
7-2とリードを広げます。
ナイスココ弾!!
雄平選手はレフトへのヒット出ます。今日既に3安打猛打賞!

ここで、DeNAは田中健二朗投手に交代
川端選手はライト前ヒットで1死1、2塁
西浦選手はレフトへのタイムリーヒットを放ち8-2
井野捕手はサードゴロ併殺打で3アウト

この回、ヤクルトは4連打で3点追加して6点リードとなりました。

6回、原樹理投手は宮崎選手に19号ソロ弾をライトスタンドに運ばれ8-3

6回裏、田中健二朗投手続投
1死後、坂口選手がセンター前ヒット
青木選手はレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち9-3
山田選手は空振り三振で2死となり、
バレンティン選手は申告敬遠で、代走は田代選手
雄平選手は空振り三振で3アウト

7回、ヤクルトはハフ投手が登板 レフトに田代選手
先頭の田中浩康選手をピッチャーゴロ
石川雄洋選手は三振で2死後、
桑原選手にピッチャーへの内野安打を打たれますが、柴田選手を三振に仕留め3アウト

7回裏、DeNAは藤岡投手が登板
先頭の川端選手がレフトへのヒットも後続が倒れます。

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板 サードに谷内選手
ロペス選手はレフトフライ
筒香選手は3球三振
宮崎選手にはライト前ヒットを打たれますが、
ソト選手を3球三振に斬って取り3アウト。カッコいい、コンちゃん!

8回裏、藤岡投手続投
2死後、山田選手がセンター前ヒット 今日マルチ
途中出場の田代選手もセンター前ヒットで続きます。
2軍戦では打てなくても、上でいきなりヒットが出ました。
このあと、あと3塁打でサイクルの雄平選手は、
ライトオーバーのタイムリー2塁打を放ち二者生還して11-3

今日4安打4打点!素晴らしい♪
e0222575_0524661.jpg


代打の畠山選手は捕邪飛で3アウト

9回、ヤクルトは風張投手が登板
三者凡退に締めゲームセット

ヤクルトが11-3の大勝でDeNAを下し、連敗を3で止めました。
今回もまた、原樹理投手が連敗ストッパー役を見事に果たしました。

先発した原樹理投手は6回108球を投げ6安打3失点
打線の援護もあり、まずまずのピッチングで3勝目をあげました。
DeNA戦では初勝利となりましたね。おめでとうございます。
3回にはヒットを放ち、自ら逆転のおぜん立てをしました。
やはり、バッティングがいい投手は見ていて楽しいですね。
勝ち星が増えてきて、これからのピッチングにも大いに自信となったことでしょう。

ブルペン陣は、今日はハフー近藤ー風張投手とつないで無失点リレー
よく投げました。

打線は14安打で11得点と久々に打線が爆発
クリーナップの山田哲人、バレンティン、雄平選手が、
それぞれ3ラン、2ラン、2ランと3発揃い踏み
神宮に華やかな花火が打ちあがりました。
連敗脱出への大きな3発でしたね。

中でも雄平選手は、惜しくもサイクルはなりませんでしたが、
2ラン含む4安打4打点と大暴れ!
雄平選手は、いつも楽しそうで、こちらまで気持ちがほっこりしますね。

逆転27号3ランを打った山田哲人選手は、
その前の2試合が、死球もあって全く打てなくて心配していましたが、
とにかく打てて良かったです。今日はマルチ3打点

バレンティン選手も山田くんに負けじと27号2ランなどマルチ
川端選手もマルチヒット
青木選手と西浦選手がそれぞれ適時打で1打点でした。

猛打爆発で連敗を止め、明日からのナゴヤドームでの中日戦に弾みがつきましたね。
再び連勝モードとなりますように!

by misty2011 | 2018-08-09 21:40 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜は、カープ打線に16安打6発浴び、
力の差をまざまざと見せつけられ連敗した東京ヤクルトスワロ―ズ
このまま、やられっぱなしで終わるわけには行きません。

3戦目の先発は、ヤクルトが原樹理投手、広島は岡田明丈投手
スタメンは塩見選手が外れ5番ライトは雄平選手
そして、先発マスクは井野卓捕手

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは昨夜のお返しとばかり先制点をあげます。
先頭の坂口選手がショート内野安打で出ると、
ランエンドヒットで青木選手がレフトへタイムリー2塁打を放ち1点先制 1-0
山田哲人選手もレフト前ヒットで続き無死1、3塁
すかさず2盗を決め無死2、3塁 25個めの盗塁
ここで、バレンティン選手がバックスクリーンに26号3ランホームランを放り込み
4-0とリードを広げます。


このあと、雄平選手もセンター前ヒットで出て2盗を決め、暴投で無死3塁となりますが、
後続が倒れます。
しかし、初回に4得点は、原樹理投手にとって大きな援護点となりました。

3回には先頭の山田選手がレフト前ヒットで出て26個目の盗塁を決めますが、
後続が倒れ追加点ならず。
広島戦は、山田くんにとって盗塁の稼ぎ時です。

原樹理投手は、昨日あれだけ打ちまくったカープ打線を4回までパーフェクトに抑えます。

4回裏、ヤクルトは三者凡退

5回、先頭の鈴木誠也選手に詰まりながらもセカンド後方への初ヒットを許します。
松山選手のサードゴロで1死2塁となりますが、落ち着いて後続を打ち取ります。

5回裏1死後、青木選手が四球で歩きますが、
山田選手は空振り三振、2塁へ走った青木選手はタッチアウトの三振ゲッツー
前にも同じシーンがありましたね。
坂口-青木選手でエンドランは、当てるのが上手い青木選手なので成功しますが、
最近は好調とは言え、
三振が多い山田選手にエンドランのサインは裏目となりがちです。

6回、原樹理投手は代打の曾澤捕手に死球をぶつけます。
動揺したのか?続く代打の西川選手に四球を与え無死1、2塁
これはイケません。
しかし、田中選手をセカンドゴロ併殺打、
菊池選手をサードゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。
いつもなら崩れるところでしたが、踏ん張りました!

6回裏、広島は薮田投手が登板
先頭のバレンティン選手がレフト前ヒット
雄平選手は四球を選び無死1、2塁
川端選手も四球で歩き無死満塁の大チャンス
西浦選手はサードゴロで、ホームに走ったバレンティン選手が本塁アウトとなり、
さらに、打者西浦選手が守備妨害を取られ2死2、3塁となります。
スリーフットライン(訂正)の内側フェアゾーンを走り守備妨害となりました。
井野捕手はショートゴロに倒れ、無死満塁から1点も取れず。
この拙攻で流れが変わらなければいいのですが・・・。

7回1死後、原樹理投手は鈴木選手に四球を与え、
松山選手にセンター前ヒットを打たれ1死1、3塁
バティスタ選手はセカンドフライで2死1、3塁となり、
このあと安部選手にライト前にタイムリーヒットを運ばれ1-4
つづく曾澤捕手のセンターへ抜けようかという打球を
西浦選手が捕って1塁へ送球して3アウト!!
西浦選手が、前の回のミスを取り返す好守で、原樹理投手のピンチを救いました。

7回裏、薮田投手続投
原樹理投手の代打・上田選手からの攻撃となり、2死後、青木選手が四球で出ます。
ここで、山田哲人選手は25号2ランホームランをレフトスタンドに叩き込み
6-1と突き放します。
大きな追加点が入りました!
これで11試合連続打点、素晴らしい♪ 
だから~、山田くんの打席ではヘンに策を仕掛けないようお願いします!

バレンティン選手はセンター前ヒット、今日3安打猛打賞!代走は谷内選手
つづく雄平選手がライトスタンドへ4号2ランを放り込み8-1となります。
ナイスホームラン!だから、もっと先発で使って下さいよ!

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
先頭の西川選手にヒットを打たれ、
1死後、メヒア選手に2ランホームランを浴び8-3
ちょっと、コンちゃんが心配・・・。
2死後、鈴木選手に四球を与え、松山選手にライト前ヒットを打たれ再びピンチ
続くバティスタ選手をレフトフライに打ち取り3アウト
この打球もヒヤッとする大きな打球で、スタンドインしなくてほっとしました。
近藤投手は、少し休ませた方がいいかもしれませんね。

8回裏、広島は飯田投手が登板
先頭の西浦選手がセンターフェンス直劇の2塁打
井野捕手はライトへのヒットで無死1、3塁
続く上田選手のピッチャーへのタイムリー内野安打で9-3
1死後、代打の畠山選手は四球で歩き1死満塁
つづく山田哲人選手はライトへ犠牲フライを運び10-3
ライト鈴木選手から好返球されましたが、井野捕手が上手く滑り込みました。
山田くん、今季初犠飛です。

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
安部選手の打球は、センター上田選手のファインプレーもあって1死
2死後、西川選手にヒット、田中広輔選手に右中間へのタイムリー3塁打を打たれ
10-4となります。

メヒア選手はサードゴロでゲームセット

ヤクルトが10-4で広島カープを下し、連敗を3で止めました。

先発の原樹理投手は、7回を投げ3安打8奪三振1失点の好投で、
今季2勝目をあげました。先発としては今季初勝利、おめでとうございます。
カープ強力打線を4回までパーフェクトに抑えるナイスピッチングは圧巻でした。
ピンチもありましたが、最少失点の1点で抑えました。
やればできる子、樹理くん、おめでとうございます。
今日の先発勝利が自信となって、これからは勝てる投手になってくれたらと願います。
e0222575_16251757.jpg


ただ、近藤一樹投手がお疲れぎみで心配ですね。
登板間隔が少しあいた石山投手も失点しました。
ヤクルト勝ちパターンの二人なので、まずは疲れをとることが大事ですね。
特に近藤投手は登板過多と年齢も考えると、壊れかかっているようにも見えるので、
今後の登板には十分配慮してあげてほしいです。

打つ方は、昨夜の真逆のような展開となりました。
ヤクルトは13安打で10得点と2ケタ得点
初回に青木宣親選手のタイムリー2塁打で先制すると、
バレンティン選手が26号3ランで初回に4得点!
この援護が原樹理投手の大きな力になりました。

2回以降はなかなか追加点が取れませんでしたが、
7回に山田哲人選手の25号2ランと雄平選手の4号2ランで4点追加して引き離します。
8回にも2点追加して計10得点!

青木選手が1安打2四球で先制の1打点
山田哲人選手が25号2ラン、犠飛など3安打猛打賞で3打点、そして2盗塁!
これで11試合連続打点!
バレンティン選手は26号3ランなど3安打猛打賞で3打点
雄平選手が4号2ランなどマルチヒットで2打点
途中出場の上田剛史選手がタイムリー内野安打の1打点でした。
また、守備でも西浦選手や上田選手にファインプレーが飛び出しました。

ヤクルトは連敗を3で止め、広島の優勝マジック点灯を阻止しました。
やられっぱなしではなく、今日はきっちりやっつけてお返しできたのが何よりです。
連敗が止まったので、これからはまた連勝が出来ますように!
先発が頑張れは、あとは打線が打ってくれるので何とかなります。
後ろのリリーフ陣が疲労困憊なので、
先発はできるだけ長い回を投げてほしいですね。

by misty2011 | 2018-08-02 22:04 | 東京ヤクルトスワローズ
後半戦2戦2勝で、幸先いいスタートを切った東京ヤクルトスワロ―ズ

3戦目の先発はDeNAがウィーランド投手、ヤクルトは原樹理投手
中継ぎを経て再び先発に復帰の原樹理投手が、どんなピッチングをするか注目です。

スタメンは雄平選手が5番に入り、畠山選手はベンチスタート

今日は試合開始が17時45分

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトはあっさり三者凡退

1回裏、原樹理投手は2死後、梶谷選手に左中間への2塁打を打たれ、
ソト選手に3塁線を破るタイムリー2塁打を浴び先制されます。0-1
筒香選手三振後、宮崎選手に四球を与えますが、倉本選手を打ち取り1点どまり。
初回から、原樹理投手は慎重になりすぎたのかテンポが悪く、
早々と失点しました。

2回、バレンティン、雄平選手が連続三振、川端選手はセカンドゴロ
ウィーランド投手はテンポよく投げ込みます。

2回裏、原樹理投手は三者凡退に打ち取ります。

3回、ヤクルトは三者凡退。ここまでパーフェクトに抑えられます。

3回裏、原樹理投手は、DeNA1番からの攻撃を三者凡退に抑えます。

4回1死後、青木選手が四球で歩きます。チーム初のランナーです。
山田選手はインのストレートを見逃し三振。
バレンティン選手はセンターフライで3アウト

4回裏、原樹理投手は、筒香、宮崎選手を連続三振に仕留め、
倉本選手をセカンドゴロに打ち取り3アウト
原樹理投手が良くなってきました。

5回、先頭の雄平選手は見逃し三振 
1死後、川端選手がセンター前ヒット。チーム初ヒットが出ました。
西浦選手はショートゴロで2死2塁
しかし、中村捕手は見逃し三振で3アウト。
ここまでチーム6個の三振で、そのうち見逃しが5個

5回裏2死後、原樹理投手は石川雄洋選手にストレートの四球を与えます。
これはいけません。
桑原選手にセンター前ヒットを打たれ1死1、2塁のピンチを招きますが、
梶谷選手をセカンドゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。

6回、原樹理投手の代打で奥村選手を送りますが、空振り三振
2死後、青木選手がライト前ヒットで出塁。チーム2本目のヒット
山田選手は空振り3球三振で3アウト。

6回裏、ヤクルトは星知弥投手が登板
先頭のソト選手にライトスタンドへソロホームランを運ばれ0-2
筒香選手にも左中間スタンドへ20号ソロ弾を放り込まれ0-3
ここまで2試合、筒香選手は抑えていたんですけどね・・・。
宮崎選手は四球で歩き、倉本選手にライトへの2塁打を打たれ無死1、2塁

1死もとれず星投手は降板となり、3番手で大下佑馬投手が登板
星投手、これは大誤算ですね。

代わりっぱな、大下投手は伊藤光捕手に右中間へのタイムリー2塁打を打たれ
0-5と突き放されます。

なおも無死2塁で、ウィーランド投手は送りバントを決め1死3塁
石川雄洋選手はレフトへ犠牲フライを運び0-6
1点を争う試合が、投手交代をしたこの回、一挙5点奪われました。

7回、先頭のバレンティン選手が右中間スタンドへ21号ソロを放り込み1-6

7回裏、ヤクルトは中澤投手が登板
2死後、筒香選手に21号ソロホームランをライトスタンドへ運ばれ1-7
バレンティン選手、ホームラン単独トップは一瞬で、再び並ばれました。
今季も、バレンティン選手ホームラン王への敵は、味方投手陣かもしれませんね?

8回、代打の上田選手がレフト前ヒット出ます。
代打の畠山選手はショートゴロ併殺打で2死ランナーなし
坂口選手はライト前ヒットで、暴投で2塁へ進みます。
青木選手はレフトフライで3アウト

8回裏、ヤクルトは風張投手が登板 マスクは松本直樹捕手
センターは上田選手、1塁は谷内選手
風張投手は3人で片付けます。

9回、DeNAは三嶋投手が登板
先頭の山田選手はセンター前ヒット。とりあえず一日一善は出来ました。
暴投で2塁へ進み、バレンティン選手はショートゴロ
続く今日3三振の雄平選手がセンター前タイムリーヒットを放ち2-7
さすが、得点圏ではよく打ちます。
しかし、後続が倒れゲームセット

ヤクルトは2-7で横浜DeNAに敗れ、同一カード3連勝はなりませんでした。

先発した原樹理投手は、5回87球を投げ3安打5三振2四球で、
初回にソト選手に打たれたタイムリー2塁打の1失点のみですが、
6敗目を喫しました。
結局、立ち上がりだけでしたね。
好投しながら今日も勝てず、どこまでも勝ち運がない投手なんだろうと思います。
結果論ですが、もう少し長い回を任せてもよかったかもしれませんね。

e0222575_16193598.jpg


2番手の星投手が大誤算。2発浴び、1死もとれず降板となり、
大下投手も打たれ、中澤投手も一発を浴びました。
風張投手だけが無失点に抑えました。

2ケタ安打を続けていたヤクルト打線ですが、今日はウィーランド投手を打てず
三振の山を築きました。
8回までに5安打で9三振を喫し、得点はバレンティン選手のソロ弾1得点のみ
9回は三嶋投手から1点奪いましたが、2-7で敗れ、連勝が2で止まりました。

まあ、ウィーランド投手がよかったので、なかなか厳しい試合でした。
ただ、5回まで1点差で原樹理投手が粘り強く投げていたので、
早めの継投の結果、2番手以降の投手陣が簡単に失点したのが残念です。
星投手は、まだ本調子に戻るには時間がかかりそうですね。

一日置いて、次は神宮で中日戦
どのカードも勝ち越しを目指して、一つ一つ借金を返していってほしいですね。
バレンティン選手はホームラン量産モードになってきましたが、
山田くんは打球が上がらないのが気がかりです。
そろそろ一発が見たいです。

by misty2011 | 2018-07-18 21:08 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワロ―ズは、今日から広島東洋カープとの3連戦
初戦は、呉市二河野球場で行われました。

先発は広島が九里亜蓮投手、ヤクルトは原樹理投手
今日は、15日阪神戦での変則スタメンからほぼ通常のスタメンに戻りました。
2番ショート西浦、4番に青木選手が戻り、5番雄平、6番サード川端、7番1塁坂口選手

試合経過は ニッカンスコア

初回、先頭の山田選手が、初球を打って右中間への2塁打で出塁
西浦選手の送りバントで1死3塁
バレンティン選手は四球で歩き1死1、3塁となり、
青木選手はレフトへ犠牲フライを運びヤクルトが先制 1-0
川端選手も四球で2死満塁となり、坂口選手は押し出しの四球を選び2-0
なおも2死満塁に、中村捕手は2ボールから打って出てショートゴロに倒れ2点どまり
もう少しボールを見て行ってもよかったように思います。

1回裏、2点の援護をもらった原樹理投手でしたが、
1死後、菊池選手に1塁線を破る2塁打を打たれ、
2死後、松山選手にレフトスタンドへ2ランホームランを放り込まれ、
たちまち2-2の同点に

2回、ヤクルトは2死後、西浦選手がレフトへの2塁打で出ますが、
バレンティン選手がライトフライで得点ならず。
当たっている西浦選手が2番なので、
初回は送りバントより打たせた方がよかったかもしれませんね。

2回裏、原樹理投手は先頭のバティスタ選手にレフトへ2塁打を打たれ、
野間選手は四球で無死1、2塁から、曾澤捕手にレフトへヒットを打たれ無死満塁のピンチ
1死後、田中広輔選手にライトへタイムリーヒットを打たれ、2者生還して2-4
原樹理投手、球が高くて打ちごろになっていました。

3回、青木、雄平選手が倒れ2死後、川端選手がセンター前ヒット
坂口選手は四球で2死1、2塁も、中村捕手が三振に倒れ3アウト

3回裏、原樹理投手は2死後、バティスタ選手を四球で出しますが、後続を打ち取ります。

4回、先頭の原樹理投手がレフト前ヒットで出塁すると、
山田哲人選手がレフトスタンドへ3号2ランホームランを放り込み4-4の同点に!
1死後、バレンティン選手は四球で歩くと、
広島は九里投手から早くも薮田投手に継投

青木選手はセンター前ヒットで1死1、2塁
雄平選手もライト前ヒットで続き1死満塁
しかし、川端選手が最悪、ピッチャーゴロ1-2-3の併殺打で3アウト、得点ならず。
ホームゲッツーとは、先日の青木選手のデジャブのよう。
満塁のチャンスで、左の好打者がこれはないわ!

4回裏、原樹理投手は先頭の曾澤捕手にレフトへ2塁打を打たれ、
薮田投手は送りバントで1死3塁
トップに戻り、田中広輔選手にライト前にタイムリーヒットを打たれ4-5
せっかく追いついても、すぐ失点するようでは、樹理くん勝てませんね。

5回、先頭の坂口選手がレフト前ヒットで出ます。
中村捕手はショートへの内野安打で無死1、2塁から、
代打・山崎選手は送りバントを打ち上げ1死1、2塁となります。
山崎選手、送りバントくらい決めてほしい。ほとんど失敗しているイメージです!
バントなら、廣岡選手が失敗なしですべて決めているので、いっそ廣岡くんがよかったかも。

続く山田選手はセカンドフライで2死となり、
西浦選手はショートゴロで得点なりません。
送れなかった時点で、こうなりますよ・・・。

5回裏、ヤクルトは2番手で中尾輝投手が登板
先頭の松山選手にセンター前ヒットを打たれ、1死後、バティスタ選手は四球で1死1、2塁
野間選手は打ち取り2死となりますが、
曾澤捕手にレフトへタイムリーヒットを打たれ4-6と2点差に

6回、広島は一岡投手が登板
バレンティン選手からの打順も三者凡退

6回裏、中尾投手は続投で、先頭の田中選手の右手に死球をぶつけます。
ひやっとしましたが、手当てを受け1塁へ出ます。
菊池選手はラン&ヒットを決めレフト前へ抜けるヒットとなり無死1、3塁のピンチ
川端選手の守備範囲では捕れないんですかね・・・。

ここで、丸選手はセカンドゴロで、山田選手がバックホーム
しかし、田中選手を三本間で挟殺するのにもたもたして、1死2、3塁となり、
松山選手は四球で1死満塁
安部選手はピッチャーゴロに打ち取りますが、
中尾投手がホームにふんわり投げ、菊池選手がセーフとなって4-7
(記録は中尾投手のフィルダースチョイス)

ヤクルトは、ここで風張投手に継投し、後続二人を打ち取りようやく3アウト
この回、ヤクルト内野に草野球並みの守備が続きました。

7回、広島は今村猛投手が登板
1死後、坂口、中村選手が四球で歩きますが、
代打・鵜久森選手はショートゴロ併殺打で3アウト
去年のような野球に戻りました。

7回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
3人で片付けます。ナイスピッチング!

8回、広島はジャクソン投手が登板
先頭の山田選手は、ちょっと怖がって、打席の後ろの方に立っていました。
そして、オールスライダーに3球三振。
やる気がないのではなく、全くタイミングが合わないってこと。
スライダー攻めで徹底されると、また打てなくなりそう・・・。
これだけやられているのに、何とか対策ができないものでしょうか!?
この2年くらいずっとだもの。コーチ何とかしてよ!

2死後、バレンティン選手は四球で歩き、青木選手はライト前ヒットとエラーで2死2、3塁
雄平選手は空振り三振で得点ならず。

8回裏、ヤクルトは秋吉亮投手が登板
先頭の菊池選手がセンター前ヒット。
同じ外スライダーでも踏み込んで打つのでヒットになります。これなんでしょうね。
丸選手はショートゴロ併殺打で2死ランナーなし。今日は癒しの丸ちゃんです。
堂林選手も打ち取り3アウト

9回、広島は中崎投手が登板
川端、坂口、大村選手が倒れゲームセット
ヤクルトは4-7で広島に敗れました。

先発した原樹理投手はまたも勝てず3敗目となりました。
4回を投げ7安打で5失点。効率よく失点しました。

初回に2点先制も、その裏、2ラン被弾してすぐ追いつかれ、
2回には3安打1死球で2点失います。
4回には山田選手の2ランで一時は4-4の同点に追いつきますが、
その裏、再び失点して勝ち越しを許します。
こういうピッチングをしていたら、勝ち星からは見放されますね。
野手の信頼も得られません。

2番手の中尾投手は、常に先頭を出す苦しいピッチングで2失点
最後のピッチャーゴロでホームでアウトにできなかったフィルダースチョイスは、
大きな反省点です。

風張、近藤、秋吉投手は無失点に抑えました。

打線は、初回に2点取って、なおも満塁の場面で、ストライクが入らない九里投手に対し、
中村捕手がカウント2-0から打って出てアウトになったのが悔やまれます。
もう少し、じっくり攻めれば大量点につながった可能性がありました。

4回には山田くんの2ランで追いつきますが、
その後はチャンスは作れども得点できずの繰り返し。
ヒット数は11安打も、残塁13の残塁まつり
昨年の野球に戻ってしまいました。

山田、バレンティン選手以外がほとんど単打マンなので、塁上は賑わしても、
なかなか得点に至りませんでした。
特に、1死満塁での川端選手のホームゲッツーが痛すぎましたね。
頭部死球以降、守備を含めて、まだ本調子には程多い感じがします。

打順は、まだこのまま4番青木選手で行くんでしょうかね・・・。
ヒットメーカーの坂口選手が7番というのが疑問なのと、
2番に西浦選手を置くのなら、初回から送りバントは勿体ないような気がしました。
西浦選手は守備でもはつらつとしていました。攻守ともこれがつづくことを願います。

山田哲人選手は2塁打と2ランで2打点なんですが、やっぱり外スラを何とか克服しないと…。

e0222575_15382751.jpg



それから、辛辣なことを書きますが、
山崎晃大朗選手は、バントが上達するまで2軍でみっちり鍛えてほしいです。
外野手としては肩が致命的、打つ方ではバントが出来ず、
足は速いですが、盗塁はそれほど上手くありません。使い勝手が悪すぎます。

ベンチからは、期待されているようで、
オープン戦から、控えの中では最も多く出番はもらえていますが、
私は、むしろそれが不思議なくらいです。
何か光るものがあるのかもしれませんが、素人の私にはよくわかりません。
練習を一生懸命やっているのはもちろんわかっていますが。
バントをこうも失敗するのなら、
肩のいい田代選手に、もっとチャンスをあげていいように思いました。

最後に、両チームとも打線は好調とされていますが、
勝負どころではやはり広島が一枚も二枚も上でした。
今日は丸ちゃんは抑えましたが、明日以降、菊池選手を何とか止めてほしいです。
私からすると、打たれると最も腹が立つ相手です。

by misty2011 | 2018-04-17 22:15 | 東京ヤクルトスワローズ
開幕3カードを6勝3敗と勝ち越し上々のスタートとなった東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日からナゴヤドームで中日ドラゴンズとの3連戦

先発は、中日が柳裕也投手、ヤクルトは原樹理投手
スタメンは先日と同じで、2番西浦(3塁)、5番荒木(1塁)、6番坂口(ライト)
相手投手の左右に係わらず、打撃好調な選手を起用するのはいいことだと思います。

試合経過は ニッカンスコア

 ※当ブログのスコア表記はヤクルト側からです。

しかし、平日とは言え、ナゴヤドームは空席が目立ちガラガラですね。

1回表裏は両チーム三者凡退

2回1死後、荒木選手がセンター前ヒットも、坂口選手が併殺打で3アウト
2回裏、原樹理投手は、いい当たりをされましたが、坂口選手の好守もあり三者凡退

3回、ヤクルトも三者凡退

3回裏、先頭の福田選手は振り逃げ(暴投)、松井雅捕手には四球を与え無死1、2塁
柳投手は送りバントで1死2、3塁のピンチ
つづく大島選手にライト前にタイムリーヒットを打たれ、中日に先制されます。0-1
大島選手に2盗を許し1死2、3塁から、京田選手は空振り三振で2死
ここで、アルモンテ選手にライト線への2点タイムリーヒットを打たれ0-3
その前に投げて空振りした球とほぼ同じ球を投げて打たれました。
低めの難しい球で、これは打った方が1枚も2枚も上でした。

ヤクルトは3点を追う4回、先頭の山田選手はライトフライ。
西浦選手は見逃し三振
バレンティン選手はサードフライで、あっさり3者凡退。
柳投手が乗ってきました。まずいですね・・・。

4回裏、原樹理投手は先頭の平田選手に四球を与え、
高橋周平選手は、セカンドゴロ併殺打で2死ランナーなし(リクエスト成功)
福田選手は空振り三振で3アウト

5回、先頭の青木選手はレフトフライ
荒木選手はサードゴロ。坂口選手はレフトフライで3アウト
5回終わって、まだ1安打に抑え込まれています。打線が全くもって淡泊

5回裏、原樹理投手は3人で片付けます。

6回、廣岡選手からの下位打線で、この回もあっさり三者凡退

6回裏1死後、原樹理投手はアルモンテ選手にヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

7回、ヤクルトは1番からの打順も三者凡退 サクサク終わりすぎ。

7回裏、中日も三者凡退

8回、先頭の青木選手が四球を選び出塁。柳投手はこれが初のフォアボール。
唯一ヒットを打っている荒木選手は見逃し三振で1死となり、
坂口選手は四球で1死1、2塁とチャンスを広げます。
しかし、廣岡選手はライトフライ、代打の大村選手は空振り三振で得点ならず。

8回裏、原樹理投手続投で、大村選手がマスクをかぶります。
9番からを3人で片付けます。

9回、ヤクルトは先頭の代打・山崎選手はピッチャーゴロ
山田選手はレフト前ヒットで出塁。ようやくチーム2本目のヒット
しかし、3点差では走れません。
つづく代打の奥村選手はサードゴロで2死1塁
バレンティン選手は初球ピッチャーゴロでゲームセット
試合時間は2時間18分 あまりにあっけなく終了。

ヤクルトは0-3で、柳投手の前に111球わずか2安打で完封負けを喫しました。
柳投手はヤクルト相手にプロ初完封勝利となりました。

神宮であれだけ打線が爆発したというのに、ナゴヤドームに移った途端これですからね。
打線は水ものと言いますが、極端すぎます。

最後まで柳投手の球を絞り切れず、かといって粘ることもできず、淡々と終わりました。
言いようがないくらい完敗です。

原樹理投手は、立ち上がりは良かったんですが、3回が勿体なかったですね。
振り逃げ、四球から2本の適時打を打たれ、
相手投手の出来からすると致命的な3点を奪われました。
結局、あの3回だけなんですよ。
他の回は、まずまずのピッチングでしたから。

原樹理投手は、8回を投げ3安打5三振2四球で3失点。
決して打たれたわけではないですが、点の取られ方が悪かったですね。

前の登板の際にも、四球から崩れましたが、
今日も松井雅捕手に与えたストレートの四球が命取りとなりました。
このバッターと勝負できないようでは勝てる投手にはなれません。

オープン戦は好調で、今年は期待されていただけに、
開幕後の勝てないピッチングが残念でなりません。

写真は浦添ブルペンより原樹理投手
e0222575_1623533.jpg


次回は、同じような過ちをしないよう気持ちをしっかり持って、
勝てるピッチングをお願いしたいですね。

8回は、大村捕手がマスクをかぶりましたが、1年目のTwitter騒動もあったので、
先入観かもしれませんが、何となく中村捕手とは合ってないような気がしなくもないですね。
たまには別の捕手とバッテリーを組んでみたらと思いました。

まあ、それにしても今日は打てなさ過ぎました。
他球団は柳投手は結構打っているのに、ヤクルトは昨年もあまり打てず、今年もこれではね…。
天敵にならないよう、次に当たった時には攻略してください!

山田くんは、4打席目でようやくスライダーを捉えてヒットが出ましたが、
点差があって盗塁はできませんでした。
他の打者も、もっと早い回からスライダーを狙って打てば、
柳投手は、これほどスイスイ投げられなかったと思います。

山田くんは打率が低く、一日一善でも打率は上がるので、
毎試合1本でもヒットが出ることを願っています。
早めに2割に乗せたいですね。

by misty2011 | 2018-04-10 20:58 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011