タグ:古賀優大 ( 4 ) タグの人気記事

東京ヤクルトスワロ―ズは、中日ドラゴンズとの北陸シリーズ初戦を、
降雨コールドで引き分けました。
2戦目は、金沢市にある石川県立野球場で行われました。

先発は中日が吉見一起投手、ヤクルトは原樹理投手
吉見投手とは、今季これで3度目の対戦となります。
スタメンは7番にサード西浦選手が入り、先発マスクは古賀優大捕手

試合経過は ニッカンスコア

初回、先頭の山田選手がレフトへのヒットで出ます。
走る様子はなく、川端選手のセカンドゴロで1死2塁
青木選手はサードゴロで2死となり、バレンティン選手は四球で2死1、2塁も、
雄平選手がショートゴロで得点ならず。

1回裏、原樹理投手は2死後、アルモンテ選手にヒットを打たれますが、
無失点に抑えます。

2回、先頭の坂口選手が左中間への2塁打で出塁
西浦選手の送りバントで1死3塁となり、
古賀優大捕手がスクイズを決め、ヤクルトが1点先制!1-0

2回裏2死後、原樹理投手は高橋、松井雅選手に連打され2死1、3塁のピンチも、
吉見投手を三振に仕留め3アウト

3回、先頭の山田選手は、毎度の外スラに空振り三振
いい加減、対応してほしいですが、同じようにやられます。
川端、青木選手は内野ゴロで三者凡退

3回裏2死後、原樹理投手はアルモンテ選手に左中間への2塁打を打たれ、
ビシエド選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ1-1の同点に
2死から、中日主軸にあっさり点を取られました。

4回、ヤクルトは4番からの攻撃も、すべてショートゴロで三者凡退

4回裏、2死後、原樹理投手は松井雅捕手に四球を与えますが、
吉見投手はセカンドライナーで3アウト

5回、ヤクルトは7番からの下位打線が三者凡退

5回裏が始まる頃、雨が降ってきました。
2死後、アルモンテ選手に今日3安打目となるレフトへの2塁打を打たれます。
ビシエド選手に暴投、その間にランナーは3塁へ
2死3塁となり、ビシエド選手にライトへのタイムリー2塁打を打たれ
1-2と勝ち越されます。
3回と同じように、2死から外国人二人に打たれました。
このあと、暴投で2死3塁となり、福田選手は四球で2死1、3塁
藤井選手はライトフライに打ち取り3アウト

6回、先頭の山田選手は、またも外スラに空振り三振
見逃せばボールの球にまた引っかかりました。
前の打席と全く同じことの繰り返しに、さすがに私はイラっとしました。
川端選手は四球で歩き、青木選手も四球で1死1、2塁
バレンティン選手も四球で1死満塁
ここで、雄平選手はサードゴロで、3塁ランナーがホームアウトとなり2死満塁
坂口選手は空振り三振で得点ならず。

6回裏、原樹理投手は先頭の高橋周平選手の右中間への2塁打を打たれ、
松井雅捕手の送りバントは失敗で2塁ランナーが挟殺され、
その間に松井雅捕手は2塁まで進みます。

1死2塁となり、中日は代打の野本選手の打席で、
古賀捕手がボールをこぼす間にランナーが3塁へ
野本選手は見逃し三振で2死3塁

ここで、ヤクルトは中澤投手に継投
まだ6回だし、原樹理投手の続投でいいと思いますけどね・・・。
大島選手はファーストゴロで無失点で切り抜けます。

7回、中日は祖父江投手が登板
先頭の西浦選手が四球で歩き、代打・上田選手は送りバントで1死2塁
ここで、代打・荒木選手を送りますが、空振り三振で2死となり、
山田選手は四球を選んで2死1、2塁
川端選手の打席でパスボールがあり、
西浦選手が2塁から一気にホームインして2-2の同点に
暴走気味でしたが結果ナイスラン&ラッキーでした。
川端選手は四球で歩き2死1、3塁となり、青木選手はレフトフライで同点どまり。

写真は浦添キャンプより西浦直亨選手
e0222575_201103.jpg


7回裏、ヤクルトは近藤一樹投手
2番からをきっちり三人で片付けます。

8回、中日は鈴木博志投手
バレンティン選手は空振り三振
雄平選手はショートゴロ、坂口選手はレフト前ヒットで2死1塁
西浦選手はライトへヒットを放ち2死1、3塁
ここで代打・大引選手。西浦選手は暴投の間に2塁へ進み、2死2、3塁
大引選手は四球を選び2死満塁
代打の中村悠平捕手はセカンドフライで得点ならず。
どうしても満塁であと1本が出ません。

8回裏、近藤投手続投
先頭の福田選手に右中間への3塁打を浴びます。
続く藤井選手にレフト前タイムリーヒットを打たれ2-3と勝ち越されます。
このあと、1死1塁から松井雅捕手は送りバントで2死2塁
代打の亀澤選手はセンターフライで3アウト

9回、中日は田島投手
先頭の山田選手がレフトへのヒットで出ます。今日マルチ
代打・廣岡選手は送りバントを決め1死2塁
山田くんを走らせてからならわかりますが、
何の策もなく将来の主砲候補が送りバントでは寂しい限り。同点では勝てないのに。
青木選手はショートゴロでランナー進めず2死2塁
バレンティン選手は四球で2死1、2塁。代走は田代選手
雄平選手はセカンドゴロでゲームセット
ヤクルトは2-3で競り負けました。

先発の原樹理投手は6回途中まで投げ8安打2失点
2度、アルモンテービシエド選手の同じパターンで失点しました。
もう少し先発を引っ張らないと、ただでさえリリーフ陣がフル回転なのに壊れてしまいます。
結果、近藤一樹投手が回またぎをして決勝点を奪われました。
打たれた近藤投手の責任ではなく、投手継投がとにかく行き当たりばったり。

得点はスクイズと相手バッテリーミスによる2点のみ。
ランナーは出しても毎度のあと1本が出ませんでした。

打線はわずか5安打
山田、坂口選手がマルチ、あとは西浦選手が1安打でした。

昨夜のブログで、私は打順に関しては、もうあきらめていると書きましたが、
やっぱり、この打順は機能しているとは思えません。
思っているのはベンチだけでしょ!
タクローコーチ推しのWチャンス打線どころか、
主軸に回しても、バレンティン選手を挟む3番と5番が内野ゴロのオンパレード
相手からすると、ちっとも怖さがありません。
2番の川端選手も内野ゴロが多いバッター

最近はフライボール革命へと流れが行っているのに、
それに逆行する左のゴロ打者がずらり。

また、バントもケースバイケースで、いつもお決まりのバントで1点を取りに行っても、
それ以上に失点しては何もなりません。
打線の組み替えと同時に、もう少し頭を柔らかくした采配をお願いしたいですね。

あと、山田選手ですが、昨日の走塁ミスといい、今日も塁に出ても全く走る気配がないのは、
また足の状態でも悪いんでしょうか?
走らないのであれば、なおさら山田くんの1番はあまり意味がないように思います。

話が飛びますが、今日はベンチスタートだった廣岡選手、バントは上手いですが、
あそこでバント要員になるようでは、本当に大成するんでしょうか?
守備は、西浦選手のショートの方が、やはり安定していました。
廣岡選手はショートの守備としても、かなり無理があるように私は感じます。
一歩目が遅いのは致命的でしょうね。
これって、川端選手を見てもわかりますが、練習してもそう上達するものではありませんから。
ショートの練習をするのが時間の無駄なような気さえします。せめてサードなら。
今のままでは、攻守とも何とも中途半端な選手が出来上がりそうで不安ですね。

by misty2011 | 2018-05-09 22:13 | 東京ヤクルトスワローズ
今日は(といってもとっくに日付が変わりましたが)ゴールデンウィーク最終日、
私の今季神宮球場初観戦の日でした。

まさか、最後にこんな劇的なことが起きるとは夢にも思いませんでした。
グッチがやってくれましたね!
坂口選手がライト線へ打って、古賀くんが1塁から激走してホームイン!
延長11回裏、サヨナラの場面に、
スタンドはこれ以上ないくらい最高の盛り上がりとなりました。

その前に、9回裏2死から、大引啓次選手の同点弾で追いつき、
延長10回に勝ち越されますが、
その裏、2死後、川端慎吾選手のタイムリーヒットで再び追いつき、
11回裏には、ここでも2死から古賀優大捕手が四球を選び、
続く坂口智隆選手がライトへ線への2塁打を運び、古賀くんがサヨナラのホームイン!
感動で胸が熱くなりました。

時間が遅くて、写真の整理が出来ないので、
取り急ぎ、11回裏、坂口選手のサヨナラ打の場面をアップします。
試合編、お立ち台編は、このあと準備が出来次第アップします。

3-3で迎えた延長11回裏、2死後、途中からマスクをかぶった古賀優大捕手が、
粘って四球を選んで出塁します。これが劇的サヨナラの始まりでした。
e0222575_0372689.jpg


打席には今日3番に入った坂口選手がフルカウントから
ライト線へサヨナラ2塁打を放ち、
e0222575_0383799.jpg


1塁から古賀捕手が一気にホームイン 
ヤクルトが4×―3で広島にサヨナラ勝ちをしました。
古賀くん、懸命の走塁。足が速かったですね!
e0222575_0421645.jpg


その瞬間、ナインが一斉にベンチを飛び出します。
坂口選手の歓喜のジャンプは、私は座席からネット際に移動中で撮り逃がしました。
e0222575_0435579.jpg


ペットボトルの水が坂口選手にかけられます。
e0222575_0444329.jpg


もみくちゃにされ手荒い祝福を受けます。
e0222575_0445380.jpg


e0222575_045280.jpg


坂口選手が先頭になってベンチに戻ってきます。
e0222575_0514293.jpg


e0222575_0515360.jpg


e0222575_052725.jpg


ベンチ前で勝利のハイタッチ
e0222575_0522231.jpg


河田コーチと抱き合う坂口選手 本日のマイベストショットかな!?
e0222575_1112599.jpg


e0222575_0523525.jpg


青木宣親選手が嬉しそうな笑顔です。
e0222575_0524811.jpg


勝利のあいさつに整列 坂口選手と川端選手
e0222575_053127.jpg


坂口選手だけを追っていたので、他の選手は全く撮れていません。
e0222575_0531128.jpg


深々とお辞儀をするグッチ
e0222575_173311.jpg



お立ち台は9回裏2死から同点弾を放った大引啓次選手
10回2死から同点タイムリーヒットを打った川端慎吾選手
そして延長11回裏2死1塁からライト線へサヨナラ2塁打を打った坂口智隆選手
e0222575_0532035.jpg


ヒーローインタビューのお立ち台フォトは、このあとアップする予定です。
しばらくお待ちください。遅いので明日の午前中になりそうです。
しかし、すごい試合でした。こんな試合は滅多にないでしょうね。
やはり今年のヤクルトは何か違います。それだけは確かでしょうね。

by misty2011 | 2018-05-07 01:24 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワロ―ズは、神宮に戻って来ても連敗が止まりません。
最近は、勝てそうな試合をことごとく落とす悔しい負けが続いています。

中日ドラゴンズとの2戦目は、雨模様の中、試合が始まりました。
先発は、ヤクルトが原樹理投手、中日は笠原祥太郎投手
今日こそ勝ちたいですね。

スタメンは昨日と同じで、1番山田、2番川端、3番青木、
4番バレンティン、5番雄平、6番坂口、7番廣岡選手
そして、古賀優大捕手がプロ初のスタメンマスクで、
原樹理投手とバッテリーと組みます。

試合経過は ニッカンスコア

原樹理投手は、初回、2回とテンポよく三者凡退に抑えます。

ヤクルトは初回、山田哲人選手が初球を捉え先頭打者7号ホームランで先制!1-0
1死後、青木選手がヒット、バレンティン選手四球で出塁も、
雄平選手が三振に倒れ1点どまり

3回、原樹理投手は先頭のモヤ選手にセンター前に初ヒットを許し、
2死後、送りバントで2死2塁
大島選手は四球で歩き2死1、2塁
京田選手はショート内野安打で2死満塁のピンチ
つづくアルモンテ選手にライト前にタイムリーヒットを打たれ1-2と逆転されます。
このあと、ビシエド選手に四球を与え2死満塁となりますが、
福田選手をセンターフライに打ち取り3アウト

3回裏、先頭の山田選手がレフト前ヒット
川端選手は送りバントで1死2塁となり、
青木選手はサードライナーで2死、バレンティン選手は四球で2死1、2塁
しかし、雄平選手は空振り三振に倒れ得点ならず。

4回、原樹理投手は大野奨太捕手に2塁打を打たれますが、後続を抑えます。

4回裏、先頭の坂口選手が四球で出ます。
廣岡選手はセンターフライで1死となり、
古賀捕手はプロ初ヒットとなるセンター前ヒットで1死1、2塁
原樹理投手は送りバント失敗で2死1、2塁となり、
山田選手は四球で歩き2死満塁
川端選手は見逃し三振で得点ならず。川端選手、得意のカットもできませんでした。

5回、原樹理投手は3人で片付けます。

5回裏、1死後、バレンティン選手が四球、雄平選手はレフトへのヒットで1死1、2塁
続く坂口選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち2-2の同点に!
ナイスぐっち~!

ここで、中日は伊藤準規投手に交代
廣岡選手がレフトへのタイムリーヒットを放ち、ヤクルトが3-2と勝ち越します。
この回、ヤクルトは3連打!久しぶりに打線がつながりました。

勝ち越して、原樹理投手のピッチングどうなるでしょう?
6回2死後、高橋周平、モヤ選手に連打され2死1、3塁のピンチも後続を抑えます。

6回裏、伊藤準規投手続投で、
2死後、川端選手がライトへのヒットで出塁。代走は西浦選手
青木選手もライト前ヒットで続き2死1、3塁
バレンティン選手は四球で2死満塁
しかし、雄平選手はセカンドゴロで追加点ならず。

7回、原樹理投手は代打の亀澤選手にレフトへのヒットを打たれ、
これをバレンティン選手が後逸するエラーで無死3塁のピンチ
大島選手は四球で無死1、3塁
京田選手のセカンドゴロを山田選手が弾いて、3塁ランナーが生還して3-3の同点に
この回2つの痛いエラーが出ました。

なおも無死1、2塁で、アルモンテ選手は三振に仕留め、
ビシエド選手はサードゴロで2死2、3塁
続く福田選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ、
二者生還して3-5と勝ち越されます。

ヤクルトは中澤投手に交代し、高橋選手を三振に仕留め3アウト

7回裏、中日は祖父江投手
先頭の坂口選手が四球で出塁
廣岡選手はショートフライで1死となり、古賀捕手はセカンドゴロ併殺打で3アウト

8回、ヤクルトは秋吉投手が登板
先頭の平田選手にセンター前ヒットを打たれますが、後続を抑えます。

8回裏、中日は祖父江投手が続投
先頭の荒木選手が四球で歩き、
山田選手はショートゴロ併殺崩れで1死1塁。
2盗に成功し、西浦選手は空振り三振で2死2塁
青木選手は四球で歩き2死1、2塁
しかし、バレンティン選手がセンターフライに倒れ得点ならず。

9回、ヤクルトは松岡投手が登板
レフトに坂口、1塁に荒木選手が入ります。
2死後、ビシエド選手にセンター前ヒットを打たれ、
福田選手に死球をぶつけ2死1、2塁
代打・藤井選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ3-6と3点差に

9回裏、中日は岩瀬投手が登板
雄平、坂口、廣岡選手が三者凡退でゲームセット

ヤクルトは3-6で中日に敗れ、これで6連敗となり借金は8に膨らみました。
う~ん、どうやってもトンネルから抜け出せませんね・・・。

今日も勝てそうな試合でしたが、
7回にヒット→エラー→四球→エラー→タイムリーの悪い流れで、
同点から勝ち越しを許しました。
ヤクルトの失策、また四球は必ずのように失点につながりますね。

エラーしたバレンティン、山田選手には、
終盤のチャンスにバットで取り返してほしかったですが、出来ませんでした。

原樹理投手は7回途中まで投げ、8安打5失点(自責は2)で、4敗目となりました。
今日は野手に足を引っ張られて可哀そうな部分がありました。
あえて言うと、そこでもうひと踏ん張り出来れば、勝てる投手になれるでしょうね。

古賀捕手とのバッテリーは、なかなかよかったと思います。
いつもよりストレートが多めで、力もあったように思います。
ただ、ピンチになると、無駄な四球を与えたり、簡単にヒットを打たれ、
苦しい投球になりました。
次回こそ白星がつきますように。

打線は9安打9四球で3得点。
チャンスにあと1本が出ず、13残塁と拙攻が目立ちました。

山田選手が先頭打者ホームランとヒットのマルチで1打点と、久しぶりの盗塁(8個め)
左の笠原投手は打てましたが、右投手からは打てませんでした。
青木選手が2安打
バレンティン選手は4四球
坂口、廣岡選手がタイムリーヒットの1打点ずつ
プロ初スタメンマスクの古賀捕手がプロ初ヒットを放ちました。
おめでとうございます。

写真は浦添キャンプより古賀優大捕手
e0222575_15314946.jpg



開幕直後の効率のいい攻撃はいずこへというほど、打線が上手く回りませんね。
各打者の力量もありますが、打順の組み方にも問題があるような気がします。
2番の川端選手は久しぶりにヒットが出ましたが、
頭部死球以降、カットもできず、らしさが全くありません。
チャンスに山田選手に回ってくると、歩かされて川端選手との勝負になります。

何がベストかわかりませんが、ヒットは出ても得点効率が悪いのは確かなので、
この辺も含めて、もっと点の入る可能性が高い打順に組み替えてほしいと希望します。
1点や2点をとっても、今の投手事情では勝てないので、
できればビッグイニングが作れたらと思います。

by misty2011 | 2018-05-02 22:28 | 東京ヤクルトスワローズ
今日26日で、東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプは打ち上げとなりました。
昨年96敗の歴史的大敗からのチーム「再起」を目指して、
小川監督と新コーチ陣のもと、厳しい練習の毎日でした。
選手をはじめ、監督、コーチ陣、スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。

例年とは違って、様々な練習に対して、
選手一人一人が意識を持って取り組むことの大切さを知り、
中身の濃いキャンプが過ごせたことと思います。
これからは、そのキャンプでやってきたことが、
少しずつでも試合で発揮できるよう願っています。

キャンプ打ち上げというのに、写真の更新は滞ったままです。
1軍当初のメンバー42名中、まだ25選手の写真の更新が終わっただけで、焦っています。
メインの山田哲人選手に至っては、前夜の交流会のみで、
キャンプ初日からの写真のアップは、まだ手が付けられないままです。
開幕までには、何とか全選手の写真のアップを終わらせたいと思っています。

今回は高卒2年目で1軍キャンプメンバーに選ばれた古賀優大捕手です。

私は2軍の試合は、2011年に1度しか見たことがありません。
(山田哲人選手ルーキーイヤーの1度だけ、読売ジャイアンツ球場)
また、戸田球場には秋季練習以外では出かけたことがないので、
今キャンプで初めて古賀捕手の顔を覚えました。

元気があって、19歳のあどけなさはありますが、しっかりした感じを受けました。
2年目で初の1軍浦添キャンプに呼ばれたのは、首脳陣の期待の表れでもあるんでしょうね。
楽しみなキャッチャーです。


キャンプ初日 ベースランニングに集合
e0222575_14381374.jpg


初日 キャッチボール 1枚追加
e0222575_104179.jpg


初日 ブルペン 球審は佐藤純一審判
e0222575_14382348.jpg


初日 打撃練習
e0222575_14382955.jpg


e0222575_14383525.jpg


e0222575_14384246.jpg


2月2日 シートノック 大きな声を出しています。
e0222575_15304996.jpg


2日 打撃練習
e0222575_15313455.jpg


フォロースルーが大きくて綺麗です。
e0222575_15314479.jpg


e0222575_15314946.jpg


2月3日 ランダウンプレー
e0222575_15334199.jpg


3日 シートノック
e0222575_1534244.jpg


e0222575_15343590.jpg


e0222575_15345385.jpg


e0222575_1535156.jpg


2月4日 キャッチボール ペアは松本直樹捕手
e0222575_153607.jpg


e0222575_15363913.jpg


4日 シートノック
e0222575_15375631.jpg


e0222575_15372083.jpg


e0222575_15432410.jpg


e0222575_1537767.jpg


e0222575_15534462.jpg


e0222575_15381317.jpg


e0222575_15382589.jpg


e0222575_15383564.jpg



2月5日 内野シートノック YouTube動画 12分と長いです。




2月7日 ペッパー
e0222575_15514372.jpg


e0222575_15444423.jpg


e0222575_15445521.jpg


7日 シートノック
e0222575_15452828.jpg


e0222575_15454132.jpg


e0222575_15455245.jpg


7日 打撃練習 ロングティー
e0222575_15463861.jpg


e0222575_15465032.jpg


e0222575_15465719.jpg


石井琢朗コーチのトスでバッティング練習
e0222575_1624864.jpg


e0222575_1625944.jpg


e0222575_1631069.jpg


e0222575_1632398.jpg


e0222575_1633013.jpg



2月8日 ベースランの練習に集合
癒される笑顔ですね~!
e0222575_163506.jpg


e0222575_164185.jpg


初めて古賀捕手を見た感想は、堅実な守備で、打撃はセンスを感じました。
中村悠平正捕手を脅かすまでには、まだ時間がかかりますが、
意外と早いうちに1軍に定着するのではないかと期待しています。
西田明央捕手が、キャンプイン前にケガをして出鼻をくじかれ、
またキャッチャーとしてはイマイチ伸び悩んでいます。
古賀捕手には、第2捕手になる大きなチャンスかもしれませんね。
今キャンプで学んだことを試合に生かして、さらに成長してほしいです。

by misty2011 | 2018-02-26 17:27 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011