タグ:坂口智隆 ( 55 ) タグの人気記事

2019東京ヤクルトスワロ―ズ春季沖縄キャンプの選手別写真のアップを続けます。
今回は、坂口智隆選手です。
女性ファンの人気が特に高く、ヤクルト移籍後4年目ですが、
生え抜き以上に、今やチームの顔となりつつあります。

キャンプ初日の坂口智隆選手
ウォームアップ
e0222575_14155659.jpg


いつも仲良しのバレンティン選手が傍らにいます。
e0222575_1415991.jpg


e0222575_14282153.jpg


e0222575_14232092.jpg



陸上トラック12分間走
e0222575_14172615.jpg


e0222575_18525457.jpg


走り終えると、みんなその場に倒れ込んでいました。
起き上がって、引きあげてくるグッチたち
山田哲人選手、バテ気味です!?
e0222575_1535016.jpg


e0222575_154577.jpg


水分補給に集まります。
露出のダイヤルが動いたようで、画像が白けてしまいました。
e0222575_14191767.jpg


走塁練習に集合
e0222575_14203481.jpg


e0222575_14211021.jpg


雄平選手と同時にスタートダッシュ
e0222575_14212747.jpg


ベースランニング
e0222575_1430025.jpg


引きあげる時もバレンティン選手と一緒
e0222575_14364488.jpg


キャチボール ペアはバレンティン選手
e0222575_1437585.jpg


e0222575_1438723.jpg


e0222575_14385388.jpg


e0222575_14391161.jpg


e0222575_14392034.jpg


ランチ特打 
坂口、青木、雄平、バレンティン選手は打撃ローテは免除され、
毎日、お昼ごろに打撃練習 ティーとロングティーとフリー打撃
e0222575_14403270.jpg


e0222575_14421520.jpg


e0222575_14422614.jpg


e0222575_14423973.jpg


e0222575_1442527.jpg


e0222575_1443297.jpg


e0222575_14431479.jpg


e0222575_14433161.jpg


ティーでも、最後までボールをよく見て、引きつけてスイング
e0222575_14434110.jpg


e0222575_14453126.jpg


e0222575_14454142.jpg


e0222575_14455331.jpg


e0222575_14461393.jpg


e0222575_14462139.jpg


e0222575_14463362.jpg


e0222575_14464592.jpg


e0222575_14465821.jpg


e0222575_1450193.jpg


e0222575_1447264.jpg


ランチ特打とブルペンが時間的にちょうど重なるので、
いつもどちらを見ようかと迷いました。
バレンティン、青木選手のランチ特打は見逃すことが多かったです。

以上、坂口選手のキャンプ初日でした。

by misty2011 | 2019-02-12 15:11 | 東京ヤクルトスワローズ

2019東京ヤクルトスワロ―ズ春季沖縄キャンプ3日目午後の練習の様子です。

ランチタイム特打の雄平選手と坂口智隆選手
雄平選手は、順番待ちの間、自分でトスしてロングティーをやっていました。
きちんと捉えた打球が多く、さく越えが多かったです。
e0222575_23373431.jpg


雄平選手のフリーバッティングYouTube動画
     

雄平選手はフリー打撃も好調でした。

坂口智隆選手
石井琢朗コーチのアドバイスをしっかり聞いていました。
e0222575_23412860.jpg


坂口選手のフリーバッティングYouTube動画
     

なお、動画は、球場内のBGMが流れているため、
著作権の関係で、公開を停止される可能性があります。

雄平選手の打撃投手を務めた宮出隆自コーチ
e0222575_2358381.jpg


坂口選手の打撃投手を務めた石井琢朗コーチ
e0222575_2359485.jpg



上田剛史選手のバント練習
e0222575_23533965.jpg


強い逆光の中、バックネット裏の金網フェンス越しに撮ったら、
光ってヘンなタマボケが出ましたが、いい笑顔の山田くん
e0222575_017198.jpg


ソフトボールを使った連続ティー 山田哲人選手
振り続けても体の軸がブレません。
e0222575_2354269.jpg


山田哲人選手の連続ティーYouTube動画
     

西浦直亨選手 ティーバッティング
トスは杉村繁コーチ
e0222575_05470.jpg


上田剛史選手 右打ちのティー
e0222575_051848.jpg


荒木貴裕選手と中村悠平捕手 打撃練習の合間にフィジカルトレーニング
e0222575_052952.jpg


中村悠平捕手
歯を食いしばって必死の形相でティーバッティング
e0222575_7153379.jpg


荒木貴裕選手 ティーバッティング
トスはすべて杉村コーチ
e0222575_053842.jpg


今回、荒木選手の写真が少ないと思ったら、
山田くんのフリーバッティングと荒木選手のティーが重なっていて、
荒木選手をほとんど見てなかったからでした。
今日は山田くんのフリーはチラ見だけで、荒木選手を優先しました。
キャンプ期間は、どうしても、山田選手と同じ班のメンバー(山崎、上田、西浦選手)を
撮る機会が多いですね。

以上、簡単ですが3日目午後でした。
日差しが強くて、途中からはスタンド上段の日陰に避難していたので、
3日は写真の枚数が少な目でした。

by misty2011 | 2019-02-04 07:18 | 東京ヤクルトスワローズ

東京ヤクルトスワロ―ズの選手の契約更改は今日が最終日となりました。
(つば九郎は後日、中村悠平捕手は保留で越年)

坂口智隆選手と山田哲人選手の二人がまだでしたが、
本日(12月21日)無事、契約更改を済ませました。

まずは、坂口智隆選手から
スポニチ ヤクルト・坂口 新たに3年契約結び「感謝」 来季年俸1億4000万円プラス出来高

坂口選手は、新たに変動制の3年契約を結び、
4000万円増となる来季年俸1億4000万円プラス出来高で更改しました。
よかったですね、おめでとうございます。

e0222575_17295629.jpg


今シーズンは、8年ぶりとなる3割到達となる打率.317をマーク、
出塁率は.406 の高い出塁率を残しました。
また、守備では本職の外野のほか、
プロ入り初となる1塁の守備がメインとなり、守備でもチームに献身的に貢献しました。

今季は、慣れないファーストの守備の負担もそうですが、
打順も当初はアレコレ変えられて大変だった中でも、一切不満を言わず、
きっちり好成績を残すあたりは立派のひとことですね。

プロ16年目、34歳での3年契約となったことに本人は感謝していますが、
安定したバッティングと守備、そして、野球に取り組む姿勢は首脳陣の信頼も厚く、
移籍3年間で、チームにとってかけがえのない存在となりました。
来季も円熟した打撃と守備で、チームを引っ張っていってほしいと期待しています。


続いて、契約更改の大トリとなった山田哲人選手は、
1億5000万円アップの年俸4億3000万円プラス出来高でサイン。
4億3000万円は球団史上日本人最高額となりました。
おめでとうございます。

スポニチ ヤクルト・山田哲 球団史上最高4・3億円でサイン「凄く評価してもらった」
スポーツ報知 【ヤクルト】山田哲が1・5億アップの4億3000万円+出来高でサイン 球団史上日本人最高額を更新
日刊スポーツ 山田哲人1・5億増4・3億円!ヤクルト日本人最高
サンスポ ヤクルト・山田哲、1億5000万円増!日本選手で球団史上最高「活躍しないといけない」
スワローズ球団公式サイト 契約更改について

昨年の契約更改では大幅ダウンとなりましたが、
今シーズンは2年ぶり3度目のトリプルスリーを達成し、
その分まで一気に取り返しました。頑張ったご褒美ですね。
おめでとうございます。

スポーツ報知Twitterの速報では単年、スポニチで一報が出た際には3年契約となっていて、
どっちがホントか一瞬混乱しました。
おそらく単年契約となるのではないかと予想していた私は、
3年契約だとすると意外だったので驚きましたが、
どうもスポニチは誤報だったようで、正しくは単年契約です。

日本人球団史上最高額の4億3000万円と凄い評価となり、
それだけ期待も責任も大きくなりますが、
プレッシャーになることなく励みとして、
来季も大きな目標に向かって突き進んでいってほしいと願います。

e0222575_9554610.jpg


来シーズンは目標の数字とともに、
ここぞで打てる勝負強さを発揮してもらいたいと願っています。
1年間、お疲れさまでした。

今シーズンは、何度か打撃が落ち込んだこともあり随分心配もしましたが、
終わってみれば復活となるいいシーズンとなり、ホントによかったです。


当ブログでは、これ以外の契約更改には触れませんでしたが、
最後に、少し書き足しておきます。
概ね、今年の契約更改は納得が出来ました。
ケガがちで規定未満の選手には厳しくしましたね。

嬉しかったことは、雄平選手が1億の大台に乗ったことですね。
自分のことのように嬉しくなりました。おめでとうございます。

それから、近藤一樹投手も大幅に上がりましたが、
もう一声、最低でも7000万円くらいまで奮発してほしかったと思いました。
以上です。

選手の皆さん、1年間お疲れ様、ありがとうございました!
来シーズンはもっといいシーズンになりますように!

by misty2011 | 2018-12-21 18:46 | 東京ヤクルトスワローズ

本日、「東京ヤクルトスワロ―ズ2018ファン感謝DAY」が神宮で開催されました。
気温は低めながら好天に恵まれ、大勢のヤクルトファンが神宮球場に詰めかけました。

昨年今年と、私は自宅でのんびり動画配信を視聴して、ファン感を楽しみました。
このブログを始めた2011年当時と比べると、ここ数年は、やたら人が多くなり、
私のような年寄りには、並んだり場所取りが大変なので、
出かけるのが億劫になってしまいました。
しかも内野席は有料になり、イベントによっては抽選になりましたからね。

幸い、YouTube動画の配信があるので、それで十分という感じです。
今年は、配信設置のカメラが3か所に増え、ステージ、スーパーカラービジョン、
そして今回は「つばくろうきゃめら」が新登場。
ブルペンキャッチャーの江花正直さんがMC役となり、
つば九郎や選手たちとのトークが繰り広げられました。
球場では、3か所もなかなか集中してはみられないので、いい企画だと思います。
結構面白かったです。


来季2019年東京ヤクルトスワロ―ズのチームスローガンは
「KEEP ON RISING~躍進~」に決定!
「さらなる高みを目指し続けよう」という願いが込められています。

また、お昼前には「2019CREWユニホーム」「2019TOKYO燕パワーユニホーム」
のデザイン発表があり、
ステージには、山田哲人、小川泰弘、青木宣親、坂口智隆選手が
新ユニフォームを着用してお披露目しました。
詳細は、球団公式サイトでご確認ください。
胸のSwallowsロゴが地味目になって、
全体的なデザインは、今年よりはマシかなあという程度で、
あまり代わりばえはしていません。

ファン感謝DAY2018の多くのプログラムの中から、当ブログでは
「2018ファンが選んだホームゲーム感動名場面ランキング」を取りあげます。
例年だと、最後のほうに紹介されますが、
今年はプログラムの2番目になっていて、早めでしたね。

ランキングは第5位から発表されました。
5. 6月28日対中日ドラゴンズ戦「山田サヨナラHR」

4. 8月16日対読売ジャイアンツ戦「原プロ初完封」

3. 7月21日対中日ドラゴンズ戦「川端サヨナラHR」

2. 9月4日対中日ドラゴンズ戦「上田サヨナラHR]

1. 5月6日対広島カープ戦「坂口サヨナラタイムリー」

スーパーカラービジョンに、それぞれ感動の名場面の映像が流れ、
ステージにはその主役たち、
山田哲人、原樹理、川端慎吾、上田剛史、坂口智隆選手が登場しました。

ほぼ私の予想通りでしたが、中でも第1位に選ばれたサヨナラシーンは、
現地観戦だったので、最も強く心に残った試合です。
今シーズン、私はわずか2回しか神宮観戦はしていませんが、
そのうちの1回が5月6日でした。(あと1回は高橋奎二投手の初勝利)

9回裏、1-2の1点ビハインドで代打・大引啓次選手が登場
この時点で、私は帰り支度を急いでいました。
ところが、大引選手がここで、中崎投手からまさかの同点弾をレフトスタンドに放り込み
土壇場で同点に追いつき延長に入ります。

延長10回、2イニング目の石山投手が勝ち越し打を浴び2-3と再びビハインド
その裏、2死から、川端選手が同点タイムリーを放ち3-3の同点に!

そして11回裏、2死から古賀捕手が四球で歩くと、
坂口選手が一岡投手からライト線へタイムリー2塁打を打ち、
1塁から古賀捕手が一気にホームインして4×―3でサヨナラ勝ち~!!

9回も10回も2死からの同点打、そして11回も2死からのサヨナラ打でした。
勝負への執念、粘り強いヤクルトの今季一番の名場面となったわけです。
当時から、この試合が名場面ランキング、
しかも上位に選ばれると多くのファンが予想していました。

写真は5月6日神宮 延長11回裏2死1塁からの坂口智隆選手のサヨナラ打
e0222575_19353193.jpg


1塁ランナー古賀優大捕手がサヨナラのホームイン
e0222575_19353819.jpg


e0222575_1112599.jpg


大引、川端、坂口選手のお立ち台
e0222575_3312849.jpg


青木選手に水をかけられびしょ濡れのグッチ
e0222575_3343491.jpg


当日の記事は下記をご覧ください。
https://digishot.exblog.jp/27261782/
https://digishot.exblog.jp/27260056/
https://digishot.exblog.jp/27260420/


今シーズンは終盤、特にヤクルトの9回の得点力は見事でしたが、
その象徴的な試合でしたね。
このサヨナラは5月の連休最後の試合でしたが、
これ以降も、終盤での同点や逆転劇は多く見られました。
ビハインドでも、9回は何かが起こるワクワク感がたまりませんでしたね。

今日のファン感デーでは、この他、〇×クイズの途中で、
会場のファンの期待もあって、プログラムにはなかった西浦直亨選手の歌声も聴けました。
アカペラでSMAPの「らいおんハート」の一部を熱唱しましたが、
思いがけず歌唱力が上がっていてびっくりしました。
ただし、最後に「東京音頭」を歌った際には、いつもの西浦選手でした。

この〇×クイズで最後まで残った勝者は女性で、
好きな選手のサイン入りバットがプレゼントされることになりましたが、
その選手の名前が、意外や?上田剛史選手だと明かされた時には場内がどよめきました。
サイン入りバットがもらえてよかったですね。おめでとうございます。

また、ヤクルトバッテリーとファンとの盗塁対決もあって、
2度とも参加した一般男性が盗塁を決めるシーンもありました。
中村、井野捕手は、甲斐キャノンのようにはいきませんでしたね。

選手と参加したファンの皆さん、楽しいひと時をありがとうございました。
ファン感デーに行けない人たちのためにも、
今後も動画配信は是非続けてほしいと思います。

by misty2011 | 2018-11-23 20:18 | 東京ヤクルトスワローズ

神宮10月9日最終戦の写真から、今回は雄平選手です。

ヤクルトは、打撃成績ベスト10(打率ランキング)に4選手がランクインしています。
青木宣親選手が4位で.327
雄平選手は7位で.318
坂口智隆選手は9位 .317
そして、トリプルスリーの山田哲人選手が10位で.315

この中で、雄平選手の得点圏打率はチーム1位の.356をマークしています。
ちなみに、チーム2位は青木選手の.340です。(規定打席以上の選手で)

そんなイメージはないと言うファンもいるかと思いますが、
以前から、私は雄平選手の勝負強さを買っています。
ランナーのいるなしにかかわらず、いい意味でKYなところがあって、
我が道を行くスタイルは、いい結果に結びつくことが多いような気がしています。
また、いい悪いは別にして、悪球打ちの名人?でもありますね。
あんな糞ボール球を振ってヒットにするかってくらい(笑)。

とにかく積極的に初球から振っていきますね。
その結果、初球ゲッツーなんてこともありますが、
それは結果論で仕方ないと思っています。
それを責めては、雄平選手の良さが半減しますから。

私は山田哲人選手の大ファンですが、
ファンであるからこそ、山田くんに対しては過小評価気味な面があります。
一方、雄平選手に対しては、攻守とも過大評価気味かなあと思うところがあります。
いつも元気で、あの屈託のない笑顔を見ていると、許されてしまうんですね。

では神宮10月9日の雄平選手の写真です。
球場入り、一人大きなキャリーバッグを引いて入ってきました。
e0222575_10583194.jpg


e0222575_10583897.jpg


e0222575_10584490.jpg


シートノック前のキャッチボール
e0222575_1111296.jpg


e0222575_1112652.jpg


e0222575_1113739.jpg


試合より、4回表2死2塁、筒香選手のライトフライをスライディングキャッチ
雄平選手のファインプレーで3アウトチェンジ!
笑顔でベンチに駆けてくる雄平選手
キャッチした瞬間を撮れたら最高でしたが、間に合いませんでした。
e0222575_115879.jpg


センターの坂口智隆選手と並んでベンチに戻ってきます。
坂口選手が手でタッチしていますね。
e0222575_1153345.jpg


今シーズン、雄平選手は失策が増えましたが、こういうファンプレーもあります。
シーズン通して、センター青木選手と、
ライト雄平選手の連係がどうもしっくりしていないように感じます。
ギクシャク感が半端ないです。そんなこともエラーにつながっているんでしょう?
昨年までの坂口選手がセンターの時は、こんなことはなかったので、
青木選手ともっと話合う必要があるでしょうね。
連係ミス後、青木選手もプイっとしないで、
もう少し雄平選手に耳を傾けてくれたらと願います。
e0222575_1154254.jpg


e0222575_1155070.jpg


以上です。CSでも、ここぞの雄平選手の一打を期待しています。

by misty2011 | 2018-10-13 11:36 | 東京ヤクルトスワローズ

今回も10月2日神宮での写真です。
ひとつ前の記事にも掲載しましたが、引き続き坂口智隆選手です。

球場入り 川端慎吾選手と並んで入ってきました。
e0222575_20532289.jpg


e0222575_20533490.jpg


e0222575_20153883.jpg


DeNAの石川雄洋選手と、しばし談笑
二人はどういうつながりなんでしょう!?
e0222575_20154469.jpg


e0222575_20155195.jpg


e0222575_2016021.jpg


e0222575_2016857.jpg


e0222575_2016169.jpg


e0222575_20162426.jpg


e0222575_20163178.jpg


e0222575_2016408.jpg


e0222575_2016576.jpg


ウォームアップ中
e0222575_2017745.jpg


試合より 3回、ヒットで出塁
e0222575_20171518.jpg


勝利のハイタッチ
e0222575_10442628.jpg


e0222575_2017223.jpg


前の記事で既出ですが、坂口選手とバレンティン選手のツーショットを再掲載
e0222575_16555832.jpg


e0222575_16562078.jpg


e0222575_16564212.jpg


今シーズンは、青木選手の復帰で、キャンプ途中から1塁の守備練習を始め、
シーズン入っては、主にファーストを守ることになりました。
もちろん、本職の外野も守ります。
どんなポジションであろうと、どんな打順であろうと、
文句ひとつ言わず、黙々とそこで結果を出す坂口選手。
プロの鑑ですね。頭が下がります。

by misty2011 | 2018-10-06 17:10 | 東京ヤクルトスワローズ

敵地・甲子園で連勝して貯金1とした東京ヤクルトスワロ―ズ
この2戦は、いずれも僅差となり、
リリーフ陣が無失点リレーで先発投手の勝ち星を守りました。
初戦は完封勝利、2戦目は古野正人投手が3年ぶりの勝利をあげました。
弱いと言われた投手陣の頑張りに尽きます。
今日は打撃陣がもっと打って、リリーフ陣の負担を出来るだけ減らしてくれたらと思います。

先発は阪神が才木浩人投手、ヤクルトは山中浩史投手
スタメンは2戦目と同じで7番サードに宮本丈選手

昨夜の古野投手は本日付けで抹消されました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、坂口選手がヒット
青木選手はショートゴロで1死1塁
山田選手はレフトへのヒットで1死1、2塁
第1打席でヒットが出たので、ほっとしました。
しかし、バレンティン選手がサードゴロ併殺打で3アウト

1回裏、山中投手は三者凡退に抑える上々の立ち上がり

2回、ヤクルトも三者凡退

2回裏、山中投手は糸井選手にライトオーバーの2塁打を打たれ、
1死後、俊介選手に四球を与え1死1、2塁のピンチでしたが、
後続を打ち取ります。

3回2死後、坂口選手が四球で出塁も、青木選手はセカンドゴロ

3回裏、阪神は三者凡退

4回、先頭の山田選手はセカンドゴロ
バレンティン選手はセンターフライ
雄平選手は粘ってセンター前ヒット
西浦選手はセンターフライで3アウト

4回裏1死後、山中投手は糸井選手にセンター前ヒットを打たれますが、
ナバーロ選手をショートゴロ併殺打に仕留め3アウト

5回1死後、中村捕手が四球で歩き、
山中投手の送りバントを梅野捕手が2塁へ悪送球して1死1、3塁
続く坂口選手がセンターへ犠牲フライを運びヤクルトが先制。1-0
2死2塁となり、青木選手はピッチャーゴロで3アウト

5回裏1死後、山中投手は鳥谷選手に四球を与え、
梅野捕手にセンター前ヒットを打たれ1死1、2塁
才木投手の3塁線への送りバントが内野安打となり1死満塁のピンチ
糸原選手のセンターへの犠牲フライを、青木選手から西浦選手中継で
サードに送球して梅野捕手がタッチアウトとなり、
サードランナーがホームインする前にセカンドランナーのアウトが成立したため、
ホーム生還は認められず3アウトチェンジ !
無失点で切り抜けます。
てっきり犠飛で同点と思いましたが、レアな犠飛アウトを見ましたね。
鳥谷選手がゆるめてホームに走るというボーンヘッドをやらかしました。

6回、ヤクルトは山田、バレンティン、雄平選手がすべて内野ゴロで3アウト
阪神内野陣がいい守備を見せました。

6回裏、山中投手は三者凡退に抑えます。

7回1死後、宮本選手が四球で出塁
中村捕手はファーストゴロ進塁打で2死2塁
山中投手はそのまま打席に入り、
センターに抜けようかという打球でしたが。北條選手に捕られます。
しかし、1塁への悪送球エラーを誘い2死1、3塁。
坂口選手は四球で歩き2死満塁
ここで、今日まだヒットがない青木選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち2-0
さすがです。ようやく追加点が入りました。

なおも2死満塁で、阪神は望月投手に交代
山田選手はセンターフライで1点どまり。
打ってほしい時に打てませんでした。

7回裏、2点リードで山中投手続投 サードに廣岡選手
すべてフライアウトで三者凡退に抑えます。

8回、望月投手続投
バレンティン選手はショートフライ
雄平選手はセカンドゴロ
西浦選手は空振り三振

8回裏、山中投手続投
レフトに坂口、ファーストに谷内選手が入ります。
先頭の梅野捕手に、サード廣岡選手のグラブを弾きレフトへ抜ける2塁打を打たれます。
止めてほしかったですね。
1死後、く糸原選手にライト前ヒットを打たれ、これを雄平選手が後逸
その間に2塁ランナーが生還して2-1

なおも1死2塁から、北條選手にライト前ヒットを打たれ1死1、3塁のピンチ

ここで、ヤクルトは梅野雄吾投手に交代
代打の福留選手は四球で1死満塁の大ピンチを招きます。
糸井選手は浅いライトフライで2死満塁
ナバーロ選手に粘られますがファーストゴロに仕留め3アウト。
無失点で切り抜けます。
ナイスリリーフ梅野くん!よくやった~!!

8回、阪神は桑原投手が登板
先頭の廣岡選手がライト前ヒット
中村捕手は送りバントで1死2塁
代打・畠山選手はサードゴロで2死ランナー進めず。
坂口選手は左中間へのタイムリー2塁打を放ち、
大きな追加点が入ります。3-1
ナイスグッチ!!
青木選手は空振り三振で3アウト

9回、2点リードでヤクルトは5連投の石山泰稚投手が登板
センターに上田選手
先頭の代打・原口選手はセンターへの大飛球でしたが、上田選手が好捕して1死
鳥谷選手はセカンドゴロで2死。山田選手が好守でアウトにしました。
最後は梅野捕手をピッチャーゴロに打ち取りゲームセット

ヤクルトが甲子園で阪神に3タテ喰らわせ、3-1で勝利!
ヤクルトはこれで5連勝となりました。

先発した山中浩史投手は8回途中まで投げ、7安打されながらも粘り強く投げ
1失点(自責は0)で、今季初勝利をあげました。
おめでとうございます。ホントに良かったです。
勝利の瞬間、嬉しそうな笑顔がこぼれました。
昨日に続き、ローテ谷間の先発が好投して連勝を伸ばしたのは大きいですね。

e0222575_1539297.jpg


今日は、2番手でピンチを0点に抑えた梅野雄吾投手の力投も光りました。
山中投手の「梅野ありがとう」の言葉がすべてでしょう!

連投の近藤投手をお休みさせ、
8回途中から、山中投手の勝ち星を死守すべく必死で投げましたね。
ナバーロ選手との対決は手に汗握って見守りましたが、
しっかり打ち取りました。大きな自信となったことでしょう。
投げるごとに、ベンチからの信頼を得られていることと思います。
勝ちパターンに若い力が加わり、頼もしく感じます。

最後は、5連投の石山泰稚投手がきっちり3人締めでゲームセット
バックの好守もあってランナーを出すことなく、ハラハラせずに終わりました。

打線は6安打で3得点
坂口選手が先制の犠牲フライと、
価値ある3点目のタイムリー2塁打ほか2四球などで4出塁

青木宣親選手が7回2死満塁からレフトへのタイムリーヒット
ここぞの1打が出ました。さすが、頼りになります。
途中出場の廣岡選手は、9回先頭でヒットで出て3点目のホームを踏みました。
昇格後、バッティングがいいですね。

両チームとも守備のミスが絡んで失点しましたが、
ヤクルトは、8回にわずか1失点でしのいのだのが勝利へとつながりました。

火曜日からは神宮に戻り首位・広島カープとの3連戦
5連勝の勢いのまま、カープを少しでも慌てさせてやりたいですね。
投手陣は予想以上に頑張っています。
あとは、打線がもっと打って点を取ってやらないと。
1、2番の活躍は文句なし。頭が下がります。
クリーナップに当たりが止まっているのが気がかりですが、
神宮では爆発するよう期待したいと思います。

by misty2011 | 2018-08-30 21:59 | 東京ヤクルトスワローズ

3カード連続で勝ち越した東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日からマツダスタジアムで広島東洋カープとの3連戦
マツダでは勝てないヤクルトですが、何とか意地をみせてほしいものです。

先発は広島がジョンソン投手、ヤクルトは小川泰弘投手
スタメンには6番サードで川端慎吾選手が戻ってきました。
スタメンマスクは中村悠平捕手

試合経過は ニッカンスコア

初回、先頭の坂口選手がレフトへのヒットで出塁し2盗成功
青木選手は倒れ1死後、山田哲人選手は四球で歩き1死1、2塁
バレンティン選手は見逃し三振、雄平選手も倒れ先制ならず。

1回裏、小川投手は三者凡退に抑えます。

2回2死後、中村捕手、小川投手は連続四球で出塁
つづく坂口選手がセンター前にタイムリーヒットを放ちヤクルトが1点先制。1-0
青木選手は四球を選び2死満塁となりますが、
山田選手は空振り三振で1点どまり。チャンスで打てません。
う~ん、ヤクルトは早くも残塁が5

2回裏、先頭の鈴木誠也選手に23号ソロ弾をレフトスタンドに放り込まれ、
たちまち1-1の同点に追いつかれます。


3回1死後、雄平選手が四球で歩き、川端選手がライト前ヒットで1死1、3塁
西浦選手は空振り三振で2死となり、
中村捕手はレフトフライで得点ならず。3回で7残塁

3回裏、小川投手は、先頭の石原捕手にセンター前ヒットを打たれますが、
ジョンソン投手は送りバント失敗で1死1塁
野間選手はセカンドゴロで、ランナーが入れ替わり2死1塁
菊池選手は空振り三振で3アウト

4回、先頭の小川投手がセンター前ヒットも、
今日2安打の坂口選手はサードゴロ併殺打で2死ランナーなし
青木選手は四球で歩きますが、山田選手はショートフライで3アウト。
山田くんのバットが湿ったまま、打率がみるみる下がります。

4回裏、先頭の丸選手にライトへの2塁打を打たれ、
好調・鈴木選手は空振り三振に仕留め1死2塁
しかし、松山選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ1-2
と勝ち越しを許します。

西川選手はショートゴロで、松山選手が2塁フォースアウトとなりますが、
広島のリクエストによるリプレー検証の結果もアウトで2死1塁
西川選手は2盗して、中村捕手の悪送球で3塁へ進み2死3塁
田中広輔選手はファーストゴロで、早くも2回目のリクエストとなり、
判定通りアウトで3アウト

5回、先頭のバレンティン選手がレフト前ヒット
雄平、川端選手は連続三振で2死となり、
このあと、バレンティン選手が今季初の2盗を決め2死2塁
西浦選手は四球で歩き2死1,2塁
中村捕手はピッチャーゴロで3アウト 5回で10残塁

5回裏1死後、小川投手は代打のバティスタ選手にソロ弾を浴び1-3

6回、広島は永川投手が登板
小川投手に代え宮本丈選手が粘ってレフトへのヒットで出塁
これで既に4安打!
ルーキーとは思えないほどバッティング技術は確かなモノを持っていますね。
坂口選手はサードゴロで2塁アウトとなり1死1塁
その前に、石原捕手なので盗塁してほしかったですね。
青木選手は死球で1死1、2塁
うわぁ~、またチャンスに山田哲人選手に回ってきました。
山田選手は四球で歩き1死満塁。四球をもらえてラッキーです。
バレンティン選手は押し出しの四球を選び2-3と1点差
つづく、雄平選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、
二者生還して4-3と勝ち越します!

ゲッツーと紙一重でしたがセンター前に抜けていきました。

広島は今村投手に交代
なおも1死1、2塁で、川端選手はセカンドゴロ併殺打に倒れ3アウト

6回裏、ヤクルトはハフ投手が登板
3番からの打順となり、2死後、松山選手を四球で出します。
西川選手はレフトへのヒットで2死1、2塁
つづく田中広輔選手にレフトへタイムリーヒットを浴び4-4の同点に
石原捕手は空振り三振で3アウト
しかし、この回、2死から四球と3連打で、あっさり同点に追いつかれました。

7回、広島は今村投手が続投
西浦選手の打球はセンター丸選手に好捕され1死
後続も倒れ三者凡退

7回裏、ヤクルトは梅野投手が登板
先頭の代打・下水流選手にセンター前ヒットを打たれ、
野間選手は送りバントで1死2塁
菊池選手はライトフライで2死となり、
丸選手は四球で2死1、2塁
このあと暴投で2死2、3塁となり、
鈴木誠也選手に詰まりながらもセンター前にタイムリーヒットを運ばれ
4-5と勝ち越されます。

なおも2死1、3塁で、松山選手でショートゴロに打ち取り3アウト

8回、広島はフランスワ投手が登板
先頭の坂口選手が四球で出ます。
青木選手はショートゴロ併殺打で2死ランナーなし。あらら、これで併殺3つめ
山田選手はストレートの四球で歩きます。よし、走れ!
バレンティン選手も四球で2死1、2塁
雄平選手はセカンドゴロで3アウト

8回裏、ヤクルトは秋吉投手が登板
きっちり3人で片付けます。

9回、広島は中崎投手が登板
先頭の川端選手が四球で歩きます。代走は田代選手
西浦選手は送りバントで1死2塁
代打の畠山選手は空振り三振で2死となり、
最後は谷内選手のサードゴロを上本選手が弾き、
3塁へ走った田代選手がタッチアウトとなり、ゲームセットとなるところで、
小川監督からリクエストとなり、リプレー検証の結果、
セーフと判定が覆り2死1、3塁

ここで、坂口選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち土壇場で5-5の同点に
ナイスバッティング!最後まであきらめない執念の一打でした。
それにしても、リクエスト制度がなければ、
そのままゲームセットで負けていました。リクエストが最高の形となりましたね!

e0222575_130536.jpg


なおも2死1、3塁で、青木選手はショートゴロに倒れ同点どまり。

9回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
マスクは井野、サードに谷内、センター坂口、ファーストに畠山選手が入ります。
先頭の代打・堂林選手にレフト前ヒットを打たれ、
野間選手はサードライナーで1死
菊池選手はセンターフライで2死となり、
丸選手は四球で2死1、2塁
ここで、鈴木選手をセンターフライに打ち取り無失点で切り抜けます。
ナイスコンちゃん!!

5-5で延長に入り、10回、広島はアドゥワ誠投手が登板
先頭の山田選手はレフトへの大飛球でしたが、あとひと伸び足りません。
神宮なら・・・
それならと、バレンティン選手がレフトスタンドへ31号ソロ弾を放り込み
6-5と勝ち越します。
ナイスココ!!!なんて頼れる4番
雄平選手はレフト前ヒットで出塁
井野捕手は送りバントで2死2塁
西浦選手はレフト前ヒットで2死1、3塁となり、
ここで、畠山選手がレフトスタンドへ5号3ランホームランを運び9-5と突き放します。

谷内選手もレフトへの2塁打、
坂口選手はライトへタイムリー2塁打を放ち10-5
代打の三輪選手はセカンドゴロで3アウト
リクエストも判定通りアウト
しかし、この回バレ弾とハタケ弾、坂口選手のタイムリーで一挙5点奪いました。

10回裏は金足農高OBの石山泰稚投手が登板
三者凡退で締めゲームセット

終わってみれば、ヤクルトが延長10回、10-5で広島カープを下しました。
ヤクルトは今季マツダスタジアム初勝利です。

9回裏のピンチを抑えた近藤一樹投手が4勝目をあげました。
おめでとうございます。

先発した小川投手は5回を投げ3失点
球が浮くと、カープ打線は見逃してくれず打たれました。

ハフ投手、梅野投手は1失点ずつ
ある意味、1失点で済んだことが逆転につながりました。
秋吉投手は8回1イニングを無失点
近藤投手はピンチを招きながらも鈴木誠也選手を打ち取りナイスリリーフ!
サヨナラの危機を無失点に抑えました。これが大きかったですね。

ヤクルトは14安打で10得点 15残塁3併殺
前半は残塁まつりと併殺などの拙攻が続きましたが、
最後に執念の集中打で延長戦を制しました。

坂口選手は4安打固め打ち、
先制タイムリーに始まり、9回の同点適時打など3適時打で3打点と活躍!
バレンティン選手は延長10回決勝弾などマルチ
雄平選手もマルチ2打点
そして、代打の畠山和洋選手が5号3ラン

青木選手と山田選手は、3四死球と3四球で出塁も、ノーヒットに終わりました。
明日こそ、山田くんに打ってほしいですね。

とにかく、敵地マツダスタジアムで、土壇場で同点に追いつき、
サヨナラの危機をしのぎ、延長戦を制して勝ったのは価値ある大きな1勝となりました。
これでヤクルトは勝率5割に戻しました。
明日も勝って連勝したいですね。

by misty2011 | 2018-08-21 23:03 | 東京ヤクルトスワローズ

東北楽天ゴールデンイーグルスとの初戦に勝って、
3連勝と勢いがついた東京ヤクルトスワロ―ズ

2戦目の先発は、楽天が則本昂大投手、ヤクルトは地元出身の由規投手
昨年の交流戦では、試合前には絶対不利と思いましたが、
則本投手の連続試合2ケタ奪三振記録を8で止め、ヤクルトが勝利しています。
今年もいい意味で予想を覆してほしいですね。

スタメンは畠山選手が外れ、5番に雄平選手が入り、あとは前日と同じで、
守備位置がレフト坂口、ライト雄平、ファーストに荒木選手

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは三者凡退
山田選手は空振り三振 16-0
青木選手も空振り三振。坂口選手はショートライナー
則本投手、球が速いですね。

1回裏、由規投手も三者凡退で上々の立ち上がり

2回、バレンティン、雄平、西浦選手が三者連続三振。すべて空振り
手も足も出ません。ここまで、前に打球が飛んだのは坂口選手のみ

2回裏、由規投手は先頭のベゲーロ選手にレフト前ヒットを打たれ、
今江選手のショートゴロ併殺打はリクエスト検証となり、1塁アウトで2死走者なし
銀次選手はセカンドゴロで3アウト

3回、先頭の大引選手のショートゴロがリクエスト検証となり、判定通りアウト
中村捕手がライト前ヒットで出塁。チーム初ヒットが出ました。
続く荒木選手が、何とレフトスタンドに3号2ランホームランを放り込み、
ヤクルトが2点先制! 2-0 
まっすぐ狙いで、150㌔ストレートにドンピシャでした。素晴らしい~~!!
今日も下位打線が元気です。

写真は浦添キャンプより荒木貴裕選手
e0222575_10263755.jpg


山田選手は1邪飛で2死 17-0 
もう打たないのが当たり前になってきて、悲しいかな、私は冷静にみられるようになりました。
青木選手は四球で歩き、坂口選手はショート悪送球で2死1、2塁
バレンティン選手は三振で3アウト

しかし、あれだけストレートが走っていた則本投手からホームランを打つとは、
これだから野球は面白いですね。

3回裏1死後、由規投手岡島選手をは四球で出し、
嶋捕手の送りバントを中村捕手が2塁送球してアウト
これがリクエスト検証となり、判定通りで2死1塁
続く茂木、藤田選手にも四球を与え2死満塁のピンチ
ここで、好調の田中和基選手を迎えますが、3邪飛に打ち取り無失点で切り抜けます。

4回、ヤクルトは三者凡退

4回裏2死後、由規投手は銀次選手にセンター前ヒットを打たれ、
ウィーラー選手にはレフトフェンス際に大飛球を打たれますが、坂口選手が捕球して3アウト
打った瞬間、入ったかと思ったヒヤッとした打球でした。

5回、ヤクルトは三者凡退。
山田くんはストライクを見逃しボール球に空振り三振で18-0

5回裏1死後、由規投手は嶋捕手に死球をぶつけ、
茂木選手にレフトへ2塁打を打たれ1死2、3塁
つづく藤田選手を捕邪飛に打ち取りますが、
田中和基選手にセンターへのタイムリー2塁打を打たれ、二者生還して2-2の同点に
ストレートが高めに入ったところを打たれました。

2死2塁でベゲーロ選手は四球で2死1、2塁となったところで、
ヤクルトはカラシティー投手に継投し、今江選手を空振り三振に仕留め3アウト
ナイスリリーフ!

6回、ヤクルトは2番からの攻撃も三者凡退

6回裏、カラシティー投手は危なげなく3人で片付けます。
なかなか、いいじゃないですか。

7回2死後、大引選手がセンター前ヒットで出ます。
これで12試合連続ヒット!
このあと、則本投手のけん制悪送球で2死2塁
しかし、中村捕手はライトフライで3アウト

7回裏、カラシティー投手が3イニング目も続投
三者凡退に抑えます。
回またぎでパーフェクトのナイスピッチング!

8回1死後、山田選手が四球で歩きます。さあ、走れ!
初球から走って1死2塁。14個めの盗塁。
打てないから、山田くんはもうこれしかない!
青木選手はファーストゴロ進塁打で2死3塁
ここで坂口選手がレフトへタイムリー2塁打を放ちヤクルトが3-2と勝ち越します。
ナイスグッチ~~~!!!

写真は5月6日神宮 坂口智隆選手
e0222575_19334757.jpg


8回裏、ヤクルトは中尾輝投手が登板し、きっちり三者凡退に抑えます。

9回、楽天は松井裕樹投手
ヤクルトは三者凡退

1点リードで9回裏は石山泰稚投手が登板
先頭の銀次選手をピッチャーへの内野安打で出します。代走は島井選手
ウィーラー選手はサードゴロ併殺打で2死ランナーなし
この後、四球でランナーを出しますが、
大引選手の好守もあって後続を打ち取りゲームセット

ヤクルトが3-2の接戦を制し、楽天に連勝。
これでロッテ戦から4連勝となりました。ナイスゲームでしたね!

先発の由規投手は5回途中まで投げ、88球4安打3三振5四死球で2失点
よく投げましたが、5回の田中選手へ球が悔やまれます。
ストレートが高く入り、勿体ない1球となりました。
球数が多いので5回を投げきれず降板となりましたが、
間隔をあけての登板なので、やはりもう少し長い回を投げてほしいです。

嬉しい誤算は、2番手で投げたカラシティー投手が、
5回途中から3イニングをまたぎロングリリーフ
打者7人を4三振パーフェクトに抑えました。これは明るい材料ですね。
このくらい安定していれば、勝ちパターンが1枚増えてきます。
カラシティー投手は、早くも3勝目をあげました。おめでとうございます。

中尾投手は、自信を持って投げていて頼もしい限りです。
石山投手は、先頭を出してピンチでしたが無失点で1点を守り抜きました。


一方、打つ方は、わずか4安打、3得点で勝ちました!!
則本投手には13三振、松井投手に1三振で計14三振喫しても勝ちました。

3回、1死から中村捕手がヒットで出て、
このあと9番の荒木貴裕選手の2ランホームランが飛び出しました。
それまでの打者が、則本投手にきりきり舞いでしたが、
自慢のストレートを狙いすまして放り込みました。見事なバッティングでしたね。
則本投手もショックだったと思います。

そして2-2の同点の7回、1死から山田選手が四球で出て2盗
このあと2死3塁となり、坂口選手がレフトへ勝ち越しのタイムリー2塁打を打ちました。
チャンスメイカーからポイントゲッターまで、最近の坂口選手は本当に頼りになります。

試合前、今日は正直、勝つのは難しいと思っていましたが、
則本投手に勝ったのは価値ある1勝ですね。
これで4連勝とますます勢いがついてきました。
明日も勝って、さらに連勝を伸ばしましょう。


最後に山田哲人選手について
山田くんは今日もノーヒットで、これで交流戦5試合18打数ノーヒット
打率は.283まで下がりました。
則本投手とは言え、打球が前に飛ばなくて上向く気配がありません。
打席では表情が冴えませんね。

これで打席が一番多く回る1番バッターって、まるで罰ゲームみたいです。
スタメンから外してほしいですが、外せないのなら、せめて下位に下げてもらえませんか?
ただ、今は下位打線が機能しているので、それも難しいですね・・・。
どうすればいいんでしょう??

昨年もそうでしたが、そのうち打つだろうって、
ベンチは楽観的に考えているんでしょうか?
死球のトラウマで、腰を引いているわけでもないのに打てないのは、
かなり重症のような気が私はしますが。タイミングがまるで取れていません。

ピッチャーが打たれても打たれても代えられず、
さらし投げをさせらることがたまにありますが、
山田くんは、打てないのに、ずっとトップバッターで打席に立たされていて、
心理的にはそれと同じように思えてきました。
メンタル的には随分キツイでしょうね。つらいですね・・。

ただ、勝ち越した7回は、四球で出て2盗を決め、坂口選手のタイムリー2塁打で
勝ち越しのホームを踏みました。
フルカウントから、よく三振をしないで四球を選んだと思います。
実際はバットが出なかったのかもしれませんが・・・。

打てなくても、チームの勝利に少しでも貢献できたことはよかったと思います。
これを前向きに捉えて、明日こそヒットが出ますように!


by misty2011 | 2018-06-02 19:21 | 東京ヤクルトスワローズ

神宮に戻って来て、ブキャナン投手先発で大敗した東京ヤクルトスワロ―ズ
投手が抑えれば打線が沈黙、野手が打てば、それ以上に打たれ、
投打が全くかみ合わない試合が続いています。


横浜DeNAベイスターズとの2戦目の先発は、ヤクルトが由規投手、DeNAは濵口遥大投手
スタメンは昨日と同じ

選手公示では、中澤投手が降格となり、カラシティー投手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、由規投手は2死後、ロペス選手に四球を与えますが、筒香選手を三振斬りで3アウト

1回裏、先頭の山田選手がライト前ヒットで出塁も、
青木選手がセカンドライナーダブルプレー
坂口選手は三振で3アウト

2回、由規投手は先頭の宮崎選手に一発を浴び0-1
今日も早々と先制されました。
柴田選手はセンター前ヒット、
高城捕手はショートゴロ併殺コースを西浦選手が弾いて1死2塁も、
後続を打ち取ります。

2回裏、バレンティン、畠山選手が連続四球で歩きます。
西浦選手は送りバント失敗で三振となり1死1、2塁
大引選手はいい当たりもピッチャーライナー、
飛び出したバレンティン選手は戻れずダブルプレーで3アウト
やることなすこと上手く行きません。

3回、由規投手は2死後、ロペス選手に四球を与えますが、
筒香選手をファーストゴロに打ち取り3アウト

3回裏、2死後、山田選手がライトスタンドへ12号ソロ弾を放り込み1-1の同点に!

4回1死後、四球、ヒットで1死1、2塁となり、濱口投手は送りバントで2死2、3塁
大和選手を空振り三振に斬って取り、無失点で切り抜けます。

4回裏2死後、畠山選手がレフトへの2塁打で出塁
西浦選手は右邪飛に倒れ3アウト

5回、由規投手はDeNA1番から3人を今日初めて三者凡退に抑えます。

5回裏、ヤクルトも三者凡退

6回1死後、由規投手は宮崎選手にセンター前ヒットを打たれますが、後続を抑えます。
ナイスピッチング!

6回裏、先頭の山田選手はショートゴロ
青木選手は四球で歩き、坂口選手はレフト前ヒットで1死1、2塁
ここで、DeNAは国吉投手に交代
バレンティン選手はファーストゴロで2死1、3塁となり、
畠山選手はいい当たりながらレフト正面へのライナーに倒れ得点ならず。

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
きっちり3人で片付けます。

7回裏、DeNAは三上投手が登板
先頭の西浦選手がセンター前ヒット
大引選手が送って1死2塁
中村捕手はレフト前ヒットで1死1、3塁
ここで、ヤクルトは代打・雄平選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち
2-1と勝ち越します。ここぞで頼りになります雄平選手!
なおも1死1、2塁で、山田選手はセンターフライで2死。う~ん、チャンスで打てません。
青木選手は四球で歩き2死満塁

ここで、DeNAは砂田投手に継投
坂口選手は左中間への走者一掃のタイムリー3塁打を放ち、5-1と突き放します。
やったね~グッチ!大きな追加点が入りました。
バレンティン選手は空振り三振で3アウト。

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
守備位置変更でレフト坂口、センター上田、ライト雄平選手
近藤投手は2番からをきっちり三者凡退に抑えるナイスリリーフ!

8回裏、砂田投手が続投で、
畠山選手が四球で歩き、代走は田代選手
西浦選手の送りバントは併殺打となり2死ランナーなし
大引選手はライト前ヒットで、中村捕手は三振で3アウト

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
あっさり三者凡退に締めゲームセット

ヤクルトが5-1で横浜DeNAを下し、連敗を6で止めました。
投打がかみ合ったナイスゲームでしたね。
連敗脱出、ほんとに良かったです!

先発の由規投手は、序盤はボールが多くてもたもたしましたが、
終わってみれば6回4安打8三振3四球で1失点。
宮崎選手に浴びたソロ弾のみに抑える好投。
途中からストレートが良かったですね。
昨夜、あれだけ打ちまくったDeNA打線を1失点に抑えたのは大したものです。
これほど抑えてくれるとは嬉しい誤算です。
勝ち星こそ中尾投手(3勝目)につきましたが、由規投手の好投あっての連敗脱出でした。

今日はリリーフ陣も、中尾―近藤ー石山投手が無安打無失点リレーと好投しました。

打つ方は、山田哲人選手が12号ソロホームランで1-1の同点に追いつき、
追加点がなかなか取れない中、やっと訪れたチャンスに、代打の雄平選手が勝ち越し打。
しびれる展開で、流れを変えるのは、やっぱり雄平選手でした!ありがとう♪

写真は浦添キャンプより雄平選手
決勝打を打って、塁上で嬉しそうでしたね。
雄平選手の笑顔を見るとほっこりします。
e0222575_106918.jpg


そして、満塁から坂口選手が走者一掃のタイムリー3塁打で試合を決めました。
グッチは調子がやや落ちてきたかなあと思っていた矢先でしたが、
さすが上手いバッティングでした。

交流戦まで残り1試合、とにかく連敗が止まって嬉しいです。
明日も勝って、勢いをつけたいですね。
明日こそ、チャンスで山田くんが打てますように!

by misty2011 | 2018-05-26 21:31 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。