タグ:宮本丈 ( 7 ) タグの人気記事

ナゴヤドームで中日に連勝して、
神宮でのCS開催に向け、また一歩近づいた東京ヤクルトスワロ―ズ

3戦目の先発は、中日が藤嶋健人投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンからは村上選手が外れ、6番サードに川端慎吾選手が入りました。

選手公示では、石川投手と入れ替わりで大村選手が抹消されました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、石川投手は平田選手に9号ソロホームランを打たれ先制されます。0-1

2回は、アルモンテ、大島選手の連打で無死1、3塁のピンチを招き、
福田選手はサードゴロで3塁ランナーがホームタッチアウトとなり1死1、2塁
このあと、松井雅人捕手にライト前にタイムリーヒットを打たれ0-2

3回には、ビシエド選手に26号ソロホームランを浴び0-3

ヤクルトは3回まで、雄平選手の内野安打1本のみ

4回、先頭の青木宣親選手がライトスタンドへ10号ソロ弾を放り込み1ー3
ヤクルトはこれで4人目の2ケタ本塁打
2死後、雄平選手がレフトへのヒット
川端選手はレフト線への2塁打で2死2、3塁も、
西浦選手はショートゴロで1点どまり

4回裏、石川投手は初めて三者凡退に抑えます。

5回、ヤクルトも三者凡退

5回裏2死後、石川投手は平田選手に四球
ビシエド選手はショート内野安打で、2-3塁間に平田選手を挟みますが、
川端選手が2塁へ悪送球して2死2、3塁とピンチが広がります。
アルモンテ選手は申告敬遠で2死満塁から、
大島選手をセカンドゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。
カツオくん、よくしのぎました。

6回、先頭の青木選手がライトへのヒットで出ます。
山田選手はレフト前ヒットでつなぎ無死1、2塁
つづくバレンティン選手が三遊間を抜けるタイムリーヒットを放ち、
青木選手が生還して2-3


ここで、中日は岡田投手に交代
雄平選手はショートライナーで1死1、2塁となり、
川端選手はピッチャーゴロ併殺打に倒れ、追加点ならず。

6回裏、ヤクルトは中尾投手が登板
1死後、松井雅捕手に四球を与え、
2死後、荒木雅博選手に左中間へタイムリー2塁打を打たれ2-4
中尾投手、ストレートも変化球も、球のキレが戻ってきませんね・・・。

7回、中日は祖父江投手が登板
先頭の西浦選手が四球で歩き、
井野捕手はショートゴロで1死2塁
代打・畠山選手はサードゴロでランナー進めず2死2塁
坂口選手は空振り三振で3アウト

7回裏、ヤクルトは風張蓮投手が登板
風張投手、ちょっと見ない間に、少し太った??
平田、ビシエド、アルモンテ選手を三者凡退に抑えます。

8回、中日はロドリゲス投手が登板
青木、山田、バレンティン選手が三者凡退

8回裏、風張投手続投
三者凡退に抑えます。
風張投手は2イニングで4奪三振無安打と好投

9回、中日は佐藤優投手が登板
先頭の雄平選手が三遊間を抜けるヒットで出塁。今日3安打
川端選手は空振り三振
西浦選手は四球を選び1死1、2塁
このあとパスボールで1死2、3塁となり、
代打の大引選手がライト前にタイムリーヒットを放ち3-4と1点差
1死1、3塁で、代打の村上宗隆選手が登場も、空振り三振に倒れ2死
坂口選手は初球を打ってライト前にタイムリーヒットを運び
ついに4-4の同点に!

なおも2死1、3塁で、青木選手はセカンドゴロで同点どまり
しかし、ヤクルトの9回の粘り腰、得点力は見事ですね。

9回裏、ヤクルトは梅野投手が登板 
マスクは中村捕手、大引選手がサード、川端選手は1塁
1死後、荒木選手にライト前ヒットを打たれ、
京田選手は送りバントで2死2塁
続く平田選手を空振り三振に斬って取り3アウト。延長戦へ!

10回、中日は鈴木博志投手が登板
先頭の山田選手は四球で歩きます。
久しぶりに2盗を決め無死2塁
バレンティン選手は四球で歩き無死1、2塁
ここで、雄平選手の代打・上田選手がきっちり1球で送りバントを決め1死2、3塁
川端選手のファーストゴロで、山田哲人選手がスタートよくホームインして
5-4と勝ち越します。ナイスラン!
 山田選手121得点
送りバント成功、そして山田くんの足が最高の形で勝ち越し点となりました!

2死後、大引選手は四球で歩き2死満塁
代打の宮本丈選手がショート後方、ライト前にしぶとくタイムリーヒットを運び、
二者生還して7-4と3点差!

大きな追加点が入りました。

10回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
2死後、大島選手にヒットを打たれますが、
最後は高橋選手を三邪飛に打ち取りゲームセット

ヤクルトが延長10回7-4で中日を下し、このカード3連勝を飾りました。

今日は広島がまた負けたため胴上げはお預けとなり、
明日からのマツダスタジアムでのヤクルト戦に持ち越されました。

9回裏に投げた3連投の梅野雄吾投手が2勝目を挙げました。
おめでとうございます。
これで7試合無失点の好投が続いています。
安定しましたね。素晴らしい!
e0222575_10252576.jpg


先発の石川投手は5回3失点
6回に投げた中尾投手が1失点

それ以降は、風張投手が2回を投げ、パーフェクト4奪三振の好投
梅野投手が1回無失点で勝ち投手
最後は石山投手が締めました。

打線は11安打で7得点
青木選手が10号ソロなどマルチで1打点
大引選手は9回に1点差に迫るタイムリーヒット
坂口選手は9回に貴重な同点タイムリーヒット
山田選手は1安打1盗塁で、10回は3塁ランナーで、
ゴロゴーで抜群のスタートを切り余裕でホームイン!
久しぶりに足で魅せました。
その前の上田選手の送りバントもよかったですね。
宮本丈選手が価値ある2点タイムリーヒット
雄平選手は3安打猛打賞

9回を迎えた時には、今日は負けかと思いましたが、
さすが、ヤクルトの9回のあきらめない執念は見事でした。
大引、坂口選手の元オリックスコンビで2点差を追いつき4-4の同点で延長に!

10回には、先頭の山田くんが四球で出て2盗、
この後、無死1、2塁で上田選手が送りバントを決め、
そこからゴロゴーと宮本選手の2点タイムリーで3点奪いました。

ヤクルトの土壇場での攻撃力は、もう神レベルですね。
四球を絡めて打線がつながり、チーム一丸で得点を奪います。
昨年なら、もう2点差であきらめるところを、
今年のヤクルトは、最後まで粘り強くあきらめません。
それが逆転勝利につながりました。

明日からマツダスタジアムで広島との3連戦ですが、
この勢いなら、目の前で胴上げを見なくても済むかもしれません。
ちょっとカープに意地悪してほしいですね。

by misty2011 | 2018-09-25 22:40
敵地・東京ドームで3位の読売ジャイアンツに先勝した東京ヤクルトスワロ―ズ
これでゲーム差は2.0となりました。
今日も勝って、さらに2位固めと行きたいものです。

2戦目の先発は、巨人が吉川光夫投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメン5番ファーストは今日も畠山選手
雄平選手は下半身のコンディション不良で、昨日からスタメンを外れています。
どんな状態か心配ですね。

選手公示では、川端慎吾選手が上がってきて、三輪正義選手が抹消されました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは青木、山田選手が連続三振に倒れるなど三者凡退

1回裏、ブキャナン投手は先頭のゲレーロ選手にセンターへの大飛球を打たれますが、
青木選手がフェンス際でジャンプいちばんナイスキャッチ
後続も抑え三者凡退に抑えます。

2回表裏、両チームとも三者凡退

3回表裏も両チーム三者凡退
両投手、テンポよく投げ込みノーヒットピッチングが続いています。

4回、ヤクルトは1番からの打順もすべて内野ゴロで三者凡退
吉川投手はストレートがキレキレ、変化球との緩急もあって、打てそうにありません。

4回裏、ブキャナン投手は先頭のゲレーロ選手を死球で出します。
重信選手は送りバント失敗で1死1塁
このあと、中村捕手が重信選手の2盗を刺し2死となりますが、
坂本選手に四球を与え2死1塁
岡本選手をショートゴロに打ち取り3アウト

5回1死後、畠山選手が四球で歩きます。ヤクルトは初めてのランナー
大引選手はサードゴロで2塁フォースアウトとなり2死1塁
1塁セーフがリクエストとなり、検証の結果も判定通りで2死1塁
西浦選手はショートゴロで3アウト

5回裏、ブキャナン投手は、先頭のマギー選手に、レフトスタンドに
20号ソロ弾を放り込まれ先制されます。0-1

両チーム初ヒットがホームランとなり均衡が破れました。
亀井選手に四球を与えますが、1死後、小林捕手をセカンドゴロ併殺打の打ち取ります。

6回表裏、両チームとも三者凡退

サクサク試合が進み、午後7時半前に7回表を迎えます。
先頭の青木選手がチーム初ヒットのレフト前ヒットで出ます。ノーノー阻止!
山田選手はピッチャーライナーで青木選手は1塁へ戻れず
ダブルプレーで2死ランナーなし
捉えた打球でしたが、吉川投手のグラブに収まりました。アンラッキー
バレンティン選手は四球で歩きますが、畠山選手はセカンドフライで3アウト

7回裏2死後、ブキャナン投手はマギー、亀井選手に連打され、2死1、2塁
2塁代走は吉川大樹選手
田中俊太選手はセカンドゴロで3アウト

8回、巨人は今季初登板の畠世周投手に交代 こちらの方がまだ打てそう?
先頭の大引選手がレフト前ヒット 代走に廣岡選手
西浦選手は送りバント失敗でランナー進めず1死1塁
代打の雄平選手はセンター前ヒットで1死1、3塁
今日1軍に上がってきた代打の川端選手は空振り三振で2死となり、
坂口選手も空振り三振で得点ならず。

8回裏、ヤクルトはハフ投手が登板
2死後、ゲレーロ選手に四球を与え、重信選手にセンター前ヒットを打たれ2死1、2塁
ここで、ヤクルトは梅野雄吾投手に交代
坂本選手を空振り三振に仕留め得点を許しません。ナイスリリーフ!

9回、巨人は山口俊投手が登板
1点を追うヤクルトは、先頭の青木選手がライトフライ
山田選手は死球で歩きます。
左の肘付近ですが、ひじ当てをつけているので大丈夫そう。
バレンティン選手も四球で歩き1死1、2塁
畠山選手も四球で1死満塁
山口選手、ああ見えてビビりですからね、逆転のチャンスです。
ここで、ヤクルトは廣岡選手に代わり宮本丈選手を送ります。
宮本選手はセンターへ犠牲フライを運び、ついに1-1の同点に!
この回、ノーヒットで同点に追いつきました。


e0222575_10564674.jpg


なおも2死1、2塁で、西浦選手はファーストゴロで3アウト、1点どまり。

9回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
三者連続三振に斬って取ります。

10回、巨人は中川皓太投手が登板
雄平、上田、井野選手が三者連続三振

10回裏、ヤクルトは中澤雅人投手が登板
先頭の田中俊太選手は叩きつける打球でセカンド内野安打
小林捕手が送って1死2塁
ヤクルトは、ここで秋吉亮投手に交代
途中出場の陽岱鋼選手はレフト前ヒットで1死1、3塁

ヤクルトは中尾輝投手に継投
阿部慎之助選手をピッチャーゴロに打ち取り2死2、3塁
ダブルプレーが取れましたけどね。1塁へ送球しました。
つづく代打・石川慎吾選手を三振に仕留め無失点で切り抜けます。

11回、巨人は上原浩治投手が登板
先頭の青木選手は空振り三振
山田選手はセンターフライ。今日4タコ1死球で打率は.312
バレンティン選手はセカンドフライで3アウト。
う~ん、上原選手を打てませんかね?

11回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1死後、岡本選手は四球、
吉川大樹選手の送りバントを石山投手が2塁へ送球して封殺し2死1塁
亀井選手を三振に仕留め3アウト

12回、巨人は池田駿投手が登板
武内、宮本、西浦選手が三者凡退
ヤクルトの勝ちはなくなりました。

12回裏、石山投手が2イニング目も続投
いやいやご苦労様です。
先頭の田中俊太選手のファーストゴロを武内選手が後逸するエラーで出します。
うわ~、またやらかしました。
小林捕手は送りバントを打ち上げ1死1塁
巨人もやらかしてくれました。
陽岱鋼選手は見逃し三振で2死となり、
代打・大城選手にレフト前にヒットを打たれ2死1、3塁
最後は、代打の宇佐美選手はセカンドゴロ
山田選手が弾きますが、1塁アウトで試合終了
ふ~っ、アウトになってよかった。心臓に悪すぎ~!

延長12回、両チーム総力戦の末、1-1の引き分けに終わりました。

引き分けたのは2位のヤクルト的にはよかったのかもしれませんが、
どっちもどっちの譲り合いで、なんとも言いようのない引き分けでした。

先発のブキャナン投手は、吉川光夫投手との息詰まる投手戦を、
よく耐えて投げました。
7回まで投げ3安打1失点で、マギー選手のソロ弾の1失点のみ

9回には山口俊投手を攻め、四死球から宮本選手の犠牲フライで、
ノーヒットで土壇場で1-1に追いつきます。

延長に入ってからは、両チーム決め手に欠け、
勝ちがなくなった12回も石山投手を回またぎで続投させ、
味方エラーからピンチを招きますが、辛くも引き分けに終わりました。

負けなくてよかったものの、石山投手が2イニング36球も投げて勝てなかったのは、
明日使えないことを考えると痛いですね。

打線は12回を戦ってわずか3安打。これでは勝てません。
好投の吉川光夫投手からは青木選手の1安打のみでした。

畠投手から2安打して作った8回のチャンスに、
川端、坂口選手で得点できなかったのが残念です。

投手陣は、ブキャナン投手のあと、ハフー梅野―近藤ー中澤ー秋吉ー中尾ー石山投手と
よく無失点に抑えてくれました。お疲れさまでした。
残るは大下投手のみでした。

あと、毎度ですが、ランナーに代走を出すなどすぐ交代させるので、
回が進むにつれ、期待できる打者がいなくなるのは困ったものですね。
最後は野手は大村選手しか残っていませんでした。

今日は投手陣が総動員で投げたので、明日は打線が仕事をしてください!

by misty2011 | 2018-09-12 22:22 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜は原樹理投手の好投が報われず、横浜DeNAベイスターズとの初戦を落とし、
再び借金1となった東京ヤクルトスワロ―ズ

試合後、ネット上では山田哲人選手が叩かれまくっていて、
正直、私は今日の試合は観たくない心境です。
いちばん辛いのは山田くん本人。叩いたからって打てる訳ではありません。
じっと耐えるしかありませんね。今日こそ見返してほしい!

2戦目の先発は、DeNAが今永昇太投手、ヤクルトはカラシティー投手
スタメンは、背中の張りで昨夜途中交代した青木選手が外れ
2番センターに上田剛史選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは今永投手の前に三者連続三振

1回裏、カラシティー投手は、桑原選手に四球、宮崎選手はヒット後、
ロペス選手に20号3ランホームランを浴び早くも3失点 0-3

2回1死後、雄平選手が左中間スタンドに8号ソロ弾を運び1-3
クリーナップで一人元気です。
大引選手はセンター前ヒットで続き、
西浦選手は空振り三振、
スタートを切っていた大引選手は2塁タッチアウトの三振ゲッツーで3アウト

2回裏、カラシティー投手は三者凡退に抑えます。

3回2死後、坂口選手がライト前ヒットも上田選手は空振り三振

3回裏、カラシティー投手は三者凡退に抑えます。

4回、先頭の山田選手がレフトへの2塁打で出ます。ほっ、取りあえず1安打
バレンティン選手はセカンドゴロで1死3塁
このあと雄平選手のセカンドゴロで3塁から山田選手が生還して2-3
大引選手は3塁線を破る2塁打で2死2塁も、
西浦選手は一邪飛に倒れ3アウト

4回裏2死後、カラシティー投手は伊藤捕手に四球を与え、
今永投手に粘られてセンター前ヒットを打たれ2死1、2塁
石川雄洋選手はサードゴロで無失点で切り抜けます。

5回1死後、カラシティー投手がレフトへの2塁打で出ます。さすが主砲!
投げない日は、代打要員で待機をお願いしたいくらい。
坂口選手はセンター前ヒットで1死1、3塁
このあと上田選手の打席で、今永投手のワイルドピッチで、
カラシティー投手が3塁から本塁に果敢にスライディングしてセーフとなり
3-3の同点に

リクエストとなりリプレー検証の結果もセーフとなります。
上田選手は四球を選び1死1、2塁

ここで、DeNAは藤岡投手に交代 うわ~、代えないで欲しかった。
山田選手はセンターフライで、坂口選手がタッチアップして2死1、3塁
昨日のような併殺打でないだけでもよかったと思うしかありません。
バレンティン選手はショートゴロで追加点ならず。
今日も3、4番で得点できません。

どの選手も疲労は相当なものだと思いますが、
山田選手の場合は、打席やその他の仕草を見ていると、
どうも腰に疲労がたまっているように私は感じます。
腰が入ってなくて手打ちなので、フライの打球に伸びも力もありませんね。

5回裏、ヤクルトは大下佑馬投手が登板
1死後、宮崎選手がレフトへのヒットで出ます。
ロペス選手のレフトフライでタッチアップして2塁へ走り2死2塁
筒香選手は死球で2死1、2塁から、
ソト選手にバックスクリーンに3ランホームランを放り込まれ3-6と再び3点差

6回、DeNAはエスコバー投手が登板
1死後、大引選手は四球、西浦選手はライト前ヒットで1死1、2塁

DeNAは三上投手に交代
代打の武内選手はレフトフライに倒れ2死となり、
このあと、三上投手の暴投で2死2、3塁
代打の畠山選手は四球を選び2死満塁。代走は井野捕手
続く坂口選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、
二者生還して5-6と1点差
に追いあげます。ナイスタイムリー!

2死1、2塁で、DeNAは、またまた投手交代で砂田投手に継投
上田選手は空振り三振で3アウト。

6回裏、ヤクルトは秋吉亮投手が登板 マスクは井野卓捕手
三者凡退に抑えます。

7回、DeNAは6番手で三嶋投手が登板
山田選手はセンター前ヒット。よしよし今日2安打、いつ以来のマルチでしょう!?
バレンティン選手はショートゴロ併殺打で2死ランナーなし。
山田くんが走っていれば・・・。
山田くん以上にバレンティン選手の状態が悪そうです。
雄平選手は空振り三振で3アウト

7回裏、秋吉投手続
先頭の桑原選手に左中間への2塁打を打たれます。
宮崎選手はピッチャーゴロで、2、3塁間に桑原選手を挟殺して1死2塁
ロペス選手はショートフライで2死となり、
筒香選手は敬遠、ソト選手は四球で2死満塁

ヤクルトは中澤投手に交代
柴田選手はサードライナーで大引選手がナイスキャッチ!
無失点に抑えます。

8回、DeNAは三嶋投手が続投
先頭の大引選手は四球で歩き、西浦選手は送りバントで1死2塁
ここで、代打・宮本丈選手がライトへタイムリー2塁打を放ち6-6の同点に
よく打ちました、ナイスバッティング!

1死2塁で、井野捕手は三振で2死となり、
坂口選手は申告敬遠され2死1、2塁
上田選手は空振り三振で追加点ならず。
上田選手はスタメン起用に応えられず今日4三振。
う~ん、こういうところですね、レギュラーになれないのは。
青木選手不在が大きな穴となっています。

同点となり、8回裏は近藤一樹投手が登板
先頭の伊藤捕手がライトへのヒット
代打の佐野選手はファーストゴロで1死2塁
石川雄洋選手は見逃し三振で2死となり、
桑原選手はセンターフライで、無失点に抑えます。ナイスリリーフ!

9回、DeNAはパットン投手が登板
山田選手はサードゴロ
バレンティン選手はライトフライで2死
ここで、雄平選手がレフトスタンドへ今日2本目となる9号ソロホームランを放り込み
7-6と勝ち越します。

3・4番がダメでも5番雄平選手は癒しの存在、頼もしい!

e0222575_92144.jpg


1点リードで9回裏は石山泰稚投手が登板。レフトに三輪選手
先頭の宮崎選手は空振り三振
ロペス選手はショートゴロで2死
筒香選手にライトへの2塁打を打たれ、代走は関根選手
ソト選手は申告敬遠で2死1、2塁
最後は柴田選手との勝負となり、ファーストゴロに打ち取りゲームセット

ヤクルトが7-6の接戦でDeNAに競り勝ちました。

先発のカラシティー投手は、4回3安打3失点
球に力はあるものの、不安定なピッチングで球数を要しました。
今日も投げるより、むしろバッティングと走塁で勝利に貢献
5回に2塁打で出塁し、その後3塁まで進んで、
今永投手のワイルドピッチの間にホームへ突っ込んできて同点に追いつきました。
そのスライディングでアクシデントがあって、次の回から交代となりました。

2番手の大下投手はソト選手に3ラン被弾して再び3点ビハインド
秋吉ー中澤ー近藤ー石山投手は無失点リレーの好投
リリーフ陣の頑張りが大きかったですね。

結局、DeNAに与えた得点は初回のロペス選手の3ランと
5回のソト選手の3ランの計6点でした。

打つ方は、なんと言っても雄平選手!
3番4番の不調を、5番の雄平選手が救ってくれました。
ありがとう雄平選手!
2回に8号ソロ、5回にはセカンドゴロで1打点
そして、9回、バットン投手から決勝の9号ソロ弾を放ち3打点
見事な活躍でした。二けた本塁打まであと1本ですね。

チームは12安打で7得点
坂口選手は3安打猛打賞で2打点
山田哲人選手は久々のマルチヒット
大引選手は2安打2四球で4度出塁とファインプレー
そして、ルーキーの宮本丈選手が8回に同点に追いつくタイムリー2塁打

3点ビハインドから2度追いつき、
最後は勝ち越して逆転勝ちしたしぶとい戦いぶりでした。

欠場した青木選手の代わりに2番に入り、4三振を喫した上田選手や、
不調のバレンティン選手などを、
雄平、坂口、大引、宮本選手らその他の選手がよくカバーしたチーム一丸の勝利でした。
これでヤクルトは再び5割復帰。
競り勝った今日の1勝は大きな価値がありました。
明日も勝って、このカードの勝ち越しを決めたいですね。

by misty2011 | 2018-09-08 22:46 | 東京ヤクルトスワローズ
神宮に戻って、横浜DeNAベイスターズとの初戦に敗れ、
3連敗となった東京ヤクルトスワロ―ズ。
昨夜は、カープ戦のサヨナラ負けのショック、また、当日移動日だったのもあってか、
元気がなかったナインでしたが、今日は再び粘り強い戦いを見せてほしいものです。

2戦目の先発は、ヤクルトがカラシティー投手、DeNAはウィーランド投手
どちらもバッティングがいい投手です。

スタメンは昨夜と同じ

試合経過は ニッカンスコア

初回、カラシティー投手は三者凡退に抑える上々の立ち上がり

1回裏、先頭の坂口選手が四球で歩きますが、
青木選手はショートゴロ併殺打
山田選手もショートゴロで3アウト

2回1死後、カラシティー投手は宮崎選手にレフトへのヒットを打たれ、
伊藤捕手のショートゴロでランナーが入れ替わって2死1塁
このあと、伊藤捕手に2盗を許し2死2塁から、
桑原選手にレフト前タイムリーヒットを打たれ、DeNAが先制。0-1

2回裏、先頭のバレンティン選手がレフトへのヒット
雄平選手はショートゴロでランナーが入れ替わって1死1塁
西浦選手はライトフライで2死となり、
雄平選手が2盗後、宮本選手は四球で歩き2死1、2塁
中村捕手は死球(DeNAのリクエスト失敗)で2死満塁
ここで、主砲カラシティー投手が三遊間を抜けるタイムリーヒットを放ち、
二者生還して2-1と逆転!
ナイスバッティング!

坂口選手は四球を選び2死満塁
青木選手はライト前タイムリーヒットを放ち、二者生還して4-1
2死1、3塁となり、山田選手はサードゴロで3アウト。
一気に畳みかけたかったですが、山田くん、今日もチャンスで打てません。

3回、カラシティー投手は先頭の柴田選手にセンターへの2塁打を打たれますが、
後続を打ち取り3アウト

3回裏、先頭のバレンティン選手がレフトへのヒット
雄平選手もレフトへのヒットで続き無死1、2塁
西浦選手はバスターを決めセンター前ヒットで無死満塁
宮本丈選手は叩きつけた打球がセンター前タイムリーヒットとなり、
二者生還して6-1
 久しぶりのヒットがプロ初打点となりました。
無死1、2塁となり、中村捕手は三振で1死1、2塁
カラシティー投手は初球で見事送りバントを決め2死2、3塁
打たせてほしかったような気もしますが。
坂口選手はセカンドタイムリー内野安打で7-1
なおも2死1、3塁で、青木選手は捕邪飛で3アウト
この回、ヤクルトは4連打含む5本のヒットで3点を追加しました。

4回、カラシティー投手は先頭の筒香選手に
センターバックスクリーン左に飛び込む29号ソロ弾を浴び7-2

宮崎選手にもヒットを打たれ、
つづく伊藤光捕手のレフトフライをバレンティン選手が落球するエラーで無死1、2塁
このあと、桑原選手にセンター前ヒットを打たれ無死満塁のピンチ
ウィーランド投手にセンターへ犠牲フライを運ばれ7-3
ヒットでなくてよかったという打球でした。
1死1、2塁となり、柴田選手はピッチャーゴロで2死2、3塁
大和選手はライトライナーで3アウト

4回裏、先頭の山田選手はセンターフライ。う~ん、3打数ノーヒット
ここまでヒットを打ってないのは中村捕手と山田くんだけ。
バレンティン選手はレフトフライ
雄平選手は空振り三振。
クリーンナップが三者凡退に終わりました。
これはちょっと流れがよくありません。

5回、カラシティー投手は、先頭のソト選手を四球で出しますが、
ロペス選手はセンターフライで1死1塁
芯でとらえられていますが、DeNAの打球は正面に飛んで助かっています。

次の筒香選手の打席で、ヤクルトはハフ投手に継投
筒香選手をレフトフライに打ち取り2死1塁
宮崎選手はセンター前ヒットで2死1、2塁
伊藤捕手はサードフライで3アウト

5回裏2死後、中村捕手が四球で歩きます。
代打の塩見選手は痛烈なピッチャーライナー
ウィーランド投手に捕られました。初ヒットならずアンラッキー

6回、ヤクルトは秋吉投手が登板
2死後、柴田選手にレフト線への2塁打を打たれ、
大和選手は四球で2死1、2塁
続くソト選手をライトフライに打ち取り3アウト

6回裏、DeNAは三上投手が登板
先頭の坂口選手が四球で出塁
青木選手はライト前ヒットで無死1、3塁
さあ、ここでまだノーヒットの山田くん
センターへ犠牲フライを運び8-3

ヒットは打てませんでしたが、苦手の三上投手から最低限は出来ました。ほっ…
バレンティン選手はセンターフライ、
雄平選手はショートゴロで3アウト

7回、ヤクルトは梅野投手が登板
ロペス、筒香、宮崎選手を三者凡退に抑えるナイスリリーフ
昨年は、いいストレートはあっても、おどおどしながら投げていましたが、
今年は落ち着いて、自信を持って投げ込んでいます。随分成長しました。
これなら、勝ちパターンの7回を任せられそうです。

7回裏、DeNAは藤岡投手が登板
1死後、宮本選手がライト前ヒットで出ます。今日マルチ
中村捕手はライト前ヒットで1死1、2塁
代打の畠山選手は空振り三振で2死となり、
坂口選手は四球で歩き2死満塁 
青木選手の代打・上田選手はファーストゴロで3アウト
えっ?青木選手に代打って・・・?

8回、ヤクルトは近藤一樹投手 サードに谷内、センター上田選手
レフトは前の回から田代、ファーストは畠山選手
既に主力のバレンティン、青木、坂口選手はベンチに下がりました。

先頭の伊藤捕手にレフトへのヒット、
桑原選手はサード内野安打を打たれ無死1、2塁
代打の佐野選手にライトスタンドへ3ランホームランを運ばれ8-6と2点差に
柴田選手にもレフトへヒットを打たれ、
大和選手はセンターフライでようやく1死1塁
ソト、ロペス選手を連続三振に仕留め3アウト

8回裏、DeNAは砂田投手が登板
先頭の山田選手がセンターオーバーフェンス直撃の3塁打で出塁
もうチョイでホームランでしたが、これで先発全員安打となりました。
田代選手は四球で歩き2盗を決め無死2、3塁
雄平選手は三振に倒れ、西浦選手は申告敬遠で1死満塁
続く谷内選手がライトへ犠牲フライを運び9-6と3点差に
貴重な追加点が入りました。

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の筒香選手に今日2本目となる30号ソロホームランを打たれ9-7
宮崎選手にはレフトへの2塁打を打たれ、
楠本選手にライト前ヒットを打たれ無死1、3塁
桑原選手は空振り三振で1死1、3塁
佐野選手は捕邪飛で2死となり、
柴田選手に四球を与え2死満塁
最後は大和選手を空振り三振に斬って取りゲームセット
ふ~~~っ、よかった。心臓がバクバクでしたね。

ヤクルトが乱打戦を制し、9-7で辛くも逃げ切り、連敗を3で止めました。

7回に、DeNAクリーンナップを三者凡退に抑えた梅野雄吾投手が、
嬉しいプロ初勝利をあげました。おめでとうございます。
去年に比べると格段に安定していますね。
これから、まだまだ大きな伸びしろを感じます。
どうか大事に使ってほしいですね。

e0222575_102417.jpg


ヤクルトは先発全員安打の12安打で9得点
DeNAは15安打で7得点
乱打戦を制しました。

先発カラシティー投手は勝ち投手の権利直前で交代となりました。
力強い球は投げていますが、制球がアバウトで高めに浮き不安定でした。
ピッチングより今日は満塁からの2点タイムリーヒットが見事でした。
打撃が抜群にいいので、マジで代打で使えそうに思います。

ハフ投手への継投は成功しましたね。
秋吉投手も何とか無失点に抑え、
梅野投手が、最も厳しい打順を3人で見事片付けました。

近藤一樹投手は酷使しすぎでしょ。功労者を今年で使い潰す気かと腹が立ちます。
石山泰稚投手も、ここへ来て球威がガクッと落ちていて心配ですね。
これから佳境に入るペナントレース終盤、ちょっと不安ですね。
何とか最後まで持ってほしいと願います。

打線は2回3回と、集中打が見事でした。
特に下位打線が頑張りましたね。
宮本丈選手はプロ初打点をマークするなど今日マルチヒット

坂口選手は4四球とタイムリー内野安打で5打席全出塁
青木選手はマルチヒットで2打点
山田哲人選手は1安打1犠飛で1打点
バレンティン選手はマルチヒット
谷内選手が貴重な犠牲フライの1打点

先発全員安打はよかったですが、主力選手をちょっとリードしたからって、
早めに引っ込めるのはどうかと思います。
これで何度も痛い目に合っているというのに・・・。
勝負は下駄を履くまでわかりません!
終盤、追いあげられてきた際には、山田、雄平選手しか残っていませんでしたからね。
ベンチは大いに反省してほしいです。
逃げ切れてとにかくよかったです。

連敗が止まったので、明日からは連勝と行きましょう。

by misty2011 | 2018-08-25 22:39 | 東京ヤクルトスワローズ
阪神タイガースとの初戦は、1点リードを守って逃げ切った東京ヤクルトスワローズ

2戦目の先発は、ヤクルトがカラシティー投手、阪神は小野泰己投手
今日は宮本丈選手がサード7番で初スタメン 先発マスクは中村悠平捕手
川端選手は、やはり体調が万全ではないんでしょうか?

試合経過は ニッカンスコア

初回、カラシティー投手は2死後、
今日初スタメンのサード宮本選手がファンブルするエラーで福留選手を出し、
糸井選手は四球で2死1、2塁
このあと、ロサリオ選手をピッチャーゴロに打ち取り3アウト

1回裏1死後、青木選手が左中間への2塁打で出て、山田選手は四球を選び1死1、2塁
バレンティン選手が右中間へタイムリーヒットを運びヤクルトが1点先制 1-0
なおも1死1、3塁のチャンスに、雄平選手はショートゴロ併殺打に倒れ1点どまり。

2回、カラシティー投手は先頭の伊藤隼太選手をショート内野安打で出します。
1死後、梅野捕手をショートゴロ併殺打に仕留め3アウト

2回裏、西浦、宮本選手はショートゴロ、中村捕手はセカンドゴロで3アウト

3回1死後、カラシティー投手は糸原選手に右中間への3塁打を打たれ、
北條選手にレフト前にタイムリーヒットを運ばれ1-1の同点に
2死後、糸井選手に四球を与え2死1、2塁
ロサリオ選手はライトフライで同点どまり

3回裏2死後、青木選手がライトへのヒット
山田哲人選手は四球で歩き2死1、2塁も、
バレンティン選手は見逃し三振で3アウト

4回、カラシティー投手は先頭の伊藤隼太選手に四球を与え、
鳥谷選手にセンター前ヒットを打たれ無死1、2塁
梅野捕手はショートゴロ併殺崩れで1死1、3塁
1塁ランナー梅野捕手が2盗して1死2、3塁
小野投手は高く弾むファーストゴロで、その間に3塁ランナーが生還して1-2

4回裏、先頭の雄平選手が四球で出塁
西浦選手はセカンドゴロ併殺崩れで1死1塁
宮本選手は、プロ初ヒットとなるライト前ヒットで1死1、2塁
中村捕手はセカンドゴロ併殺打で3アウト

5回2死後、糸井選手にセンター前ヒットを打たれますが、
ロサリオ選手を見逃し三振に仕留めます。

5回裏、先頭のカラシティー投手がセンター前ヒット
さすが主砲、ナイスバッティング!
坂口選手はレフトへの2塁打で無死2、3塁
青木選手はショートゴロでバックホームされ、カラシティー投手はホーム憤死
1死1、2塁となり、山田選手は空振り三振
ファーストストライクを見逃し、追い込まれて強振して三振とは・・・。
悪い時の山田くんに逆戻り。
この2試合、山田くんは四球か三振で、前に打球が一度も飛んでいません。
阪神戦とは言え、急に冷えるのは何とかならないものでしょうか。

バレンティン選手はセカンドゴロに倒れ1点も取れず。
無死2、3塁で、2・3・4番が何もできず3アウトとは情けない。
カラシティー投手のヒットと走塁が無駄に疲れるだけになりました。

6回、カラシティー投手は鳥谷、梅野選手に二者連続ホームランを浴び1-4
前の回に、自らお膳立てしたチャンスを主軸が潰すと、まあこうなりますね。
2死後、糸原選手にサードのグラブを弾くヒットを打たれますが、後続を抑えます。
宮本選手は下でも失策が多いですが、その通りの不安定な守備ですね。
キャンプで見た時は、それほど下手とは思えなかったんですけどね。
これから相当鍛え甲斐がありますね。

6回裏、雄平、西浦選手が連続四球で歩きます。
続く宮本選手がレフト前にヒットを放ち無死満塁
今日既にマルチ。守備より打撃型の選手のようですね。

e0222575_13451984.jpg


ここで、阪神は桑原投手に交代
ヤクルトは中村捕手に代打・上田剛史選手を送りますが、
空振り三振で1死満塁
ここで代打・畠山選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、
二者生還して3-4と1点差に!

さすが、勝負強いハタケ、期待に応えてくれました。代走は井野捕手
1死1、2塁で、坂口選手は空振り三振
青木選手はレフトフライで3アウト
あと一押しできません。

7回、ヤクルトはハフ投手が登板
1死後、糸井選手に四球を与えますが、後続を打ち取ります。

7回裏、阪神は藤川球児投手が登板
山田選手は粘りますがセカンドフライ。
この2試合で、初めて前に打球が飛びました。
バレンティン選手はセンターフライ
雄平選手はセカンドフライで3アウト

8回、ヤクルトは風張投手が登板
先頭の鳥谷選手にライト前ヒットを打たれ、送りバントで1死2塁
このあと2死3塁となりますが、糸原選手を三振に斬って取り3アウト

8回裏、阪神は能見投手が登板
西浦、宮本、谷内選手があっさり三者凡退

9回、ヤクルトは梅野投手が登板
2死後、糸井選手に四球を与えますが、原口選手を空振り三振に仕留め3アウト
ランナーを出しましたが、今日も無失点。いいですね。

9回裏、阪神はドリス投手が登板
先頭の井野捕手がライト前ヒットで出塁
坂口選手は送りバントを決め1死2塁 代走は田代選手
青木選手は深めのセンターフライで2死。
田代選手、タッチアップできなかったかなぁ?
山田選手は四球で歩き2死1、2塁
バレンティン選手も四球で2死満塁
最後は、雄平選手が三邪飛に倒れゲームセット

ヤクルトは3-4で1点届かず阪神に敗れました。

先発のカラシティー投手は6回を投げ2被弾など8安打され4失点
ついに黒星がつき、6勝1敗となりました。
球が高く、制球も不安定でした。
特に、5回裏に先頭で自らヒットで出て無死2、3塁から1点も取れず、
直後の6回に2発浴びたのが致命的でした。
5回のチャンスに打てなかった中軸バッターにも大きな責任があるでしょうね。

ハフー風張ー梅野投手は無失点に抑える好リリーフ
特に、梅野投手は昇格後、まだ無失点
四球は出すものの、崩れることなくよく抑えています。成長していますね。

問題は打線
1回に1点先制して、なおもチャンスに雄平選手が併殺打
極めつけは、上でも書きましたが、5回裏、無死2、3塁から2・3・4番で1点も取れず。
どちらかで、あと1本出ていれば、流れはヤクルトに来たでしょうね。

最後も2死満塁で一打サヨナラで得点できませんでした。
最後のバッターになった雄平選手が、
試合後しばらくベンチから立ち上がれませんでした。

チームは9安打で7四球もらいながらも3得点で11残塁
拙攻が目立ちました。
バレンティン選手は初回の先制打の1打点
青木、宮本丈選手がマルチ
代打の畠山選手が2点タイムリーヒット。さすがです!

負け試合の中でも、初スタメンとなったルーキーの宮本丈選手が、
嬉しいプロ初安打などマルチヒットを放ち、明るい材料となりました。
だたし、守備には大きな不安があるので、
これをクリアしないことには、常時スタメンとは行かないでしょうね。
守備固めも無理です。
それにしても、2試合ともベンチだった川端選手はどういう状態なんでしょう?

山田哲人選手は、阪神戦2試合で四球は選んでいますが、まだノーヒット
甘いファーストストライクにバットが出ません。
結果はどうあれ、初球からもっと積極的に振ってほしいですね。
心理的なものだとは思いますが、向かっていく強い気持ちを持ってほしいものです。

畠山選手以外、揃いも揃って、これだけチャンスに打てないとがっくりします。
明日は、スカッとする試合を見せてほしいと願います。

それから、昨夜に続き、今日もまたブログ村で障害が発生していて、
「にほんブログ村」の新着記事に表示されないかもしれません。
一旦、復旧していましたが、また不具合が出ました。

by misty2011 | 2018-08-18 22:28 | 東京ヤクルトスワローズ
2018東京ヤクルトスワロ―ズ春季沖縄浦添キャンプより選手別の写真のアップを続けます。
今回は、宮本丈(たけし)選手です。
履正社から奈良学園大学を経て、ドラフト6位でヤクルトスワローズに入団
浦添1軍キャンプに参加しています。

1月31日 浦添協力会主催の交流会より、挨拶する宮本丈選手
動画より静止画を切り出しました。
e0222575_10455719.jpg





キャンプ初日 陸上トラックで12分間走 廣岡選手の右隣
宮本丈選手は、比較的前の方を走っていました。
e0222575_1046529.jpg



初日のベースランニング ホームから1塁へ
e0222575_10543654.jpg


キャッチボール
e0222575_10552658.jpg


e0222575_10553486.jpg


内野ノック
e0222575_10555723.jpg


e0222575_10561279.jpg


e0222575_10563680.jpg


ショートは世代交代が進みつつあります。
e0222575_1201371.jpg


e0222575_10564674.jpg


宮本丈選手の送球を連続写真 Gifで
腕がよくしなっています。
e0222575_11361938.gif



初日のバント練習
e0222575_10574462.jpg


e0222575_10575777.jpg


宮本慎也ヘッドが見ています。
e0222575_10581129.jpg


初日の打撃練習 6か所の打撃ローテで大勢の選手が一度に打撃練習
e0222575_10592533.jpg


2月2日 早出の守備練習
e0222575_1111638.jpg


2日 シートノックでは大きな声が出ていました。
e0222575_1114080.jpg


e0222575_11204.jpg


e0222575_1121411.jpg


2日の内野シートノック YouTube動画で
画像が多くてページが重くなるのでリンク先のアドレスを貼っておきます。
https://youtu.be/s6nMR4oBXjQ 



2月3日 投内連係
e0222575_1131299.jpg


大引選手がリタイアで、ショートは西浦、宮本、廣岡選手の3人
e0222575_1132628.jpg


よく腰が落ちていて安定した捕球
e0222575_1174362.jpg


3日 ロングティー
e0222575_13451984.jpg


2月4日 他の選手のベースランニングを見ています。
履正社出身の山田選手と一緒の写真は、ほとんど撮れませんでした。
山田くんが声をかけているシーンは何度か見ました。
e0222575_1182088.jpg



2月5日 ノック前の集合時
e0222575_11115244.jpg


5日の内野シートノック 2日よりこちらの方が視聴回数が多いです。
12分と長いです。
ショートでは、西浦、廣岡選手のミスが出ますが、
新人の宮本丈選手が最も安定した堅実なプレーでした。
動きが滑らかで、なかなか上手いんじゃないかと思いました。



5日 本塁へのスライディング
e0222575_11131442.jpg


2月7日 早出の守備練習
e0222575_11141480.jpg


キャッチボール終了間際
e0222575_11143780.jpg


7日 内野シートノック
e0222575_11144756.jpg


e0222575_11151646.jpg


e0222575_11152824.jpg


低く構えます。
e0222575_11154056.jpg


丁寧にセカンドへトス
e0222575_11155117.jpg


e0222575_11162174.jpg


e0222575_11163274.jpg


7日打撃練習
e0222575_11165354.jpg


まだ体が細くて、打撃はこれからでしょうね。
まずは、守備でアピールしてほしいと思います。
e0222575_1117446.jpg


e0222575_11173377.jpg


e0222575_1118135.jpg


e0222575_1118164.jpg



バント練習 ちょっと目とボールが離れているような・・・
e0222575_11184043.jpg


2月8日 早出の守備練習 2日からほぼ連日早出でノックを受けていました。
e0222575_1120889.jpg


この日は、宮本ヘッドコーチも早出の守備練習を指導
e0222575_11201581.jpg


8日 2塁からホームへのベースランニング
e0222575_11202545.jpg


8日 陸上トラックでのトレーニング YouTube動画で
画像が多くてページが重くなるのでリンク先のアドレスを貼っておきます。
https://youtu.be/_kIP74tkSq4

その他、ランダウンプレーほかの動画もありますが、ここでは省略します。

by misty2011 | 2018-02-13 11:57 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンは、今日7日から第2クール。
メジャーから古巣ヤクルトに復帰した青木宣親選手が、今日キャンプに合流となり、
浦添市民球場には、多くのファンと取材陣が訪れていました。

青木選手合流の写真と動画は一つ前に投稿して、あと何を書こうか迷いましたが、
今回は、外野と同じく競争が激しくなったヤクルト内野陣のシートノックです。

まずは1塁手から
畠山和洋選手 やわらかいグラブさばきと、捕ってからも素早い送球で、
センスを感じる守備です。うまいですね。
e0222575_117464.jpg


e0222575_118143.jpg


武内晋一選手もファーストの守備には定評があります。堅実そのもの
e0222575_1215584.jpg


鵜久森淳志選手 鵜久森選手の場合は、守備よりは打撃の人でしょう。
e0222575_1244100.jpg


続いてセカンドの守備に就いていた3選手
セカンドは山田哲人選手がいるので、ポジションを奪うのはちょっとキツイですね。
e0222575_1314429.jpg


e0222575_1262043.jpg


奥村展征選手 ショートよりセカンドの方が適正があるように思います。
下半身がどっしりして、守備も滑らかで上達しました。
e0222575_1285395.jpg


この日は2塁の守備についていた荒木貴裕選手
1塁、外野、2塁と、生き残りのために複数ポジションでアピール
e0222575_1332636.jpg


サードは、手術あけの川端慎吾選手しだいでしょうね。
このキャンプでは、思いのほか良く動けています。
e0222575_1361399.jpg


忍者・藤井亮太選手の守備も面白いですけどね。
e0222575_1354898.jpg


ショートは、大引啓次選手がコンディション不良で、2軍西都キャンプ行となりました。
誰が次の正遊撃手を奪うのか目が離せません。
サードではなくショートとして育てるようですね、期待の廣岡大志選手
e0222575_1415429.jpg


昨年はチャンスをもらいながら、自ら手放した感がある西浦直亨選手
今キャンプでは、声は良く出ていますが、今のところややミスが目立っています。
挽回しましょう。
e0222575_1422335.jpg


ルーキーの宮本丈選手は、安定感があって、この3人の中では最も堅実です。
打撃次第ではチャンスが出てくるかもしれませんね。
e0222575_1394744.jpg


7日は動画は撮ってないので、5日第1クール最終日の内野シートノックの動画です。
守備位置は違っている選手がいます。
荒木選手は5日は1塁です。


2日の内野シートノックもありますが、5日の方だけ貼っておきました。
以上です。

by misty2011 | 2018-02-08 06:28 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011