タグ:小川泰弘 ( 136 ) タグの人気記事

マツダスタジアムでの初戦に、ブキャナン投手で敗れた東京ヤクルトスワロ―ズ
敗戦のダメージは大きなものでした。

2戦目の先発は、広島が九里亜蓮投手、ヤクルトは小川泰弘投手
スタメンは、6番にサード大引選手が入りました。
しかし、坂口選手の出塁がこれほど無駄になっているっていうのに、
ベンチはいつまで経っても、1、3、4、5番は固定ですね。
もう、言うのも虚しくなります。

試合経過は ニッカンスコア

初回、先頭の山田選手がセンター前ヒット
西浦選手はファーストへの強い打球も新井選手に好捕され1死2塁
青木選手はレフトへの大飛球も捕られて2死2塁
バレンティン選手はショートゴロで3アウト

1回裏、小川投手は先頭の田中選手に四球を与え、1死後、2盗を許します。
タイミングはアウトでしたが、西浦選手がボールをこぼしました。
松山選手も四球で1死1、2塁
続く鈴木、新井選手を二者連続空振り三振に仕留め3アウト

2回、ヤクルトは三者凡退

2回裏、小川投手は野間、曾澤選手に連打され無死1、2塁のピンチ
安部選手は三振で1死となり、九里投手は送りバントで2死2、3塁
田中広輔選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ先制されます。0-1
小川投手は、立ち上がりからストレートが高いですね。
菊池選手は見逃し三振で1点でしのぎます。

3回、ヤクルトは三者凡退
守りが長く攻撃はあっという間に終了

3回裏、小川投手は3番からの3人を三者凡退に抑えます。

4回、先頭の西浦選手がライト前ヒット
青木選手はセカンドゴロで2塁フォースアウト
バレンティン選手は三振で、坂口選手はセンターへのヒットで2死1、3塁
大引選手はショートゴロで3アウト
ま~~~た、坂口選手のヒットが無駄になりました。
せめて青木選手が進塁打を打っていれば点が入りましたね。

4回裏、小川投手は先頭の野間選手に粘られ四球を与えますが、後続を抑えます。

5回、ヤクルトは、雄平、中村、代打・鵜久森選手が三者凡退

5回裏、ヤクルトは2番手で中尾輝投手が登板
先頭の田中選手にライト前ヒットを打たれ、
1死後、松山選手にセンター前ヒットを打たれ1死1、2塁
このあと、暴投で1死2、3塁となり、鈴木誠也選手は空振り三振で2死、
新井選手をショートゴロに打ち得点を許しません。

6回2死後、青木選手が四球で出塁も、バレンティン選手はライトフライに倒れます。

6回裏、中尾投手が続投で、三者凡退に抑えます。

7回1死後、大引選手がヒットで出塁も、
雄平選手がセカンドゴロ併殺打で3アウト

7回裏、ヤクルトは風張蓮投手が登板
1死後、田中広輔選手にライトフェンス直撃の2塁打を打たれます。
2死後、松山選手は四球で2死1、2塁
鈴木誠也選手を空振り三振に斬って取り3アウト。鈴木選手今日3三振。
つくづく昨日、警戒し過ぎての鈴木選手への四球が悔やまれます。
前カードで一発は打ちましたが、それほど状態がいいとは思えませんからね。

8回、九里投手に対し、ヤクルトは代打攻勢で、
藤井選手は空振り三振、田代選手も空振り三振で2死後、
山田選手がセンター前ヒットで出ます。
九里投手のけん制悪送球で2死2塁となりますが、
西浦選手はライトフライに倒れ得点なりません。

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板 マスクは古賀捕手
1死後、野間選手にヒットを打たれ、暴投で1死2塁となります。
曾澤捕手は四球で1死1、2塁
安部はファーストゴロで2死1、3塁
代打・バティスタ選手はショートゴロに打ち取り0点に抑えます。

9回、広島は中崎投手が登板
青木選手は初球を打ってショートゴロ。今日はこけずに1塁に走っていました。
バレンティン選手は四球で歩き、代走は上田選手
坂口選手は四球を選び1死1、2塁
大引選手はショート内野安打で1死満塁
ここで、代打・荒木選手を送りますが、空振り三振で2死となり、
最後は代打・川端選手がレフトライナーに倒れゲームセット

ヤクルトは0-1で、広島に連敗しました。
最後まで、わずか1点が届かずホームが遠い試合でした。

先発した小川投手は4回を投げ、89球3安打6三振3四球で1失点
九里投手がテンポよく投げたのとは対照的に、投球リズムが悪かったですが、
よく1失点に抑えたとも言えます。
4回で降板となったのは、ベンチがどういう判断だったのかちょっとわかりません。
あれが限界だったんでしょうか?

e0222575_17221212.jpg


リリーフ陣は、1点もやれない中、それぞれピンチはありましたが、
中尾ー風張ー近藤投手と無失点リレーと好投しました。
こういう試合こそ勝たなくてはいけません!

打線は、久里投手を打てませんでした。
8回まで0点に抑えられ、9回は中崎投手から満塁のチャンスは作りましたが、
毎度のあと1本が出ず試合終了。

今日は6安打で残塁が8
山田哲人選手と大引選手が2安打
あとは西浦選手と坂口選手が1安打ずつで、3、4番がノーヒット。

ファンの間ではさんざん言われていることですが、
青木選手の3番はいつまで続けるつもりでしょう?
確かに復帰1号弾で勝った試合もありますが、
最近はチャンスで進塁打さえ打てません。
今日も、セカンドゴロが進塁打になっていれば、1点取れた場面がありました。

バレンティン選手は、雨でコールドになった試合から、
ヤル気があるのかないのかわからないような打席と、1塁へのチンタラ走塁が続いています。
まあ、四球は選んでいますが。
宮本ヘッド、喝を入れてください。

ヤクルトに、チャンスに強いバッターは、あまり見当たりませんが、
1番、5番が当たっていて、出塁率も高いので、やはり得点するためには、
打順は山田、坂口選手と、一発のあるバレンティン選手を固めた方が良さそうに思いますね。
3人の順番はどうすればいいかわかりませんが。

当たっているバッターをわざわざ離してWチャンス打線なんて言っても、
1点も取れない打線では機能しているとは言えません。
正直、3番から青木選手は違う打順に回して様子を見てほしいです。
この際、忖度なしで!
ベンチは、得点するための執念をみせてほしいものです。
次のカードからの打線の組み替えを希望します。

今日は投手陣は頑張りました。
打線が何とかしないと勝てないチームなのに、
大瀬良投手はもとより、九里投手にまで0封されるとは情けない限りです。
カープ打線だって、決して当たっているわけではありませんが、
1点で逃げ切るあたりは、やはり強いんでしょうね。
カープの方に勝ちへの執念を感じました。

次は阪神との3連戦ですが、
金本監督が、何とまたヤクルト戦に藤浪投手をぶつけてくるようですね。
何事もないことを祈ります。

by misty2011 | 2018-05-20 17:58 | 東京ヤクルトスワローズ
敵地ハマスタで横浜DeNAに連勝した東京ヤクルトスワロ―ズ

今日は、右ひじ疲労骨折から復帰の小川泰弘投手が、今季1軍初先発となります。
DeNAの先発は、すでに4勝を挙げている京山将弥投手

スタメンは、2番にサード川端、西浦選手が6番に下がりました。

試合経過は ニッカンスコア

本日は、出かけていて、帰宅した時には、小川投手が降板するところでした。
なので、途中までは5回終了後のハイライトで確認しました。

初回、ヤクルトは、山田、川端、青木選手が連続四球で無死満塁から、
バレンティン選手がレフトへのタイムリーヒットを放ち2点先制!2-0
1死後、西浦選手も四球で歩き1死満塁から、
雄平選手がレフトへ犠牲フライを運び3-0

1回裏、小川投手は、四球、ヒットでピンチを招き、
筒香選手にライトへタイムリーヒットを打たれ3-1
ロペス選手は併殺打に仕留めますが、
宮崎選手に2ランホームランを打たれ3-3の同点に

3回、ヤクルトは先頭の青木選手がヒット、バレンティン選手が2塁打で無死2、3塁
坂口選手は四球で無死満塁のチャンスでしたが、
西浦、雄平、中村選手が倒れ得点なりません。

3回裏、小川投手は先頭のソト選手に死球をぶつけ、
1死後、ロペス選手に2ランホームランを浴び3-5と勝ち越しを許します。

4回1死後、山田選手がセンターへのヒットで出ますが、後続が倒れます。

4回裏、小川投手は2死後、大和選手に3塁打を打たれ、
神里選手は四球で、2盗して2死2、3塁。ソト選手にも四球を与え2死満塁。
ここで山本哲哉投手に交代
山本投手は1球で筒香選手をファーストゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。

5回、先頭のバレンティン選手が四球で歩き、坂口選手はセカンドゴロ、
西浦選手は四球で1死1、2塁となり、ここで京山投手は降板で、砂田投手に継投
代打の荒木選手、中村捕手が倒れ、得点なりません。

5回裏、坂口選手がライト、荒木選手が1塁に入ります。
続投の山本哲哉投手は、1死後、宮崎選手を内野安打で出し、
続く途中出場の柴田選手にライトへ2ランホームランを運ばれ3-7と4点差に

5回終了後、雨でぬかるんだグラウンドの整備が入念に行われます。
砂を入れても雨が止むわけでもないし、グラウンドは水が浮いたまま。
5回裏、嶺井捕手の危ないスライディングで、山田くんがケガしそうだったので、
正直、もうコールドでいいのにと思いました。

6回、DeNAは三上投手が登板
ヤクルトは上田、山田、川端選手があっさり三者凡退

6回裏、ヤクルトは中澤投手が登板
ショートに廣岡、サードに西浦選手が回りました。
筒香選手に2塁打を打たれますが、無失点に抑えます。

7回、三上投手が続投で、
ヤクルトは、廣岡、バレンティン、坂口選手が三者凡退
打者の方は、もうやる気がなさそう・・・。

7回裏、中澤投手が続投 ライトに田代選手が入ります。
先頭の宮崎選手にライトへの2塁打を打たれ、柴田選手は四球で無死1、2塁
嶺井捕手の送りバントで1死2、3塁
続く代打・田中浩康選手にレフト前にタイムリーポテンヒットを打たれ3-8
内野が前進守備なのに、廣岡選手が中途半端に深追いして、結局、外野も捕れませんでした。
もう、さっさとコールドにしてよ。
さらに神里選手に右中間へのタイムリー2塁打を打たれ10-3
DeNAの選手が打率と打点を稼いだけ

1死2塁となり、ここで、ようやく審判からコールドの宣告があり試合終了
やれやれ、5回終了後、砂を入れる前にコールドでよかったでしょうに。
ダラダラ引っ張って、ヤクルト的には無駄とも思える時間となりました。
ヤクルトは3-10で大敗し、同一カード3連勝はなりませんでした。

先発した小川泰弘投手は、2軍戦でも好投していたわけではないので、
打たれるのは想定内でした。やはり、上げるのが早すぎたのかもしれませんね。
おまけに、今日は雨は降ってコンディションも悪く、気の毒な復帰登板となりました。
4回途中まで投げ、6安打5失点と打ち込まれました。

今年の写真はないので、昨年の浦添ブルペンより小川泰弘投手
e0222575_1803527.jpg


小川投手が調整不足だと、ヤクルトはこれからも先発陣がコマ不足で苦しくなりますね。
ただ、中途半端な状態で投げても、またブルペンに迷惑をかけます。困りました。

2番手の山本哲哉投手、3番手の中澤雅人投手も失点
この雨の中、DeNAの選手たちは、コールドになるまでヤル気満々でした。
このへんはヤクルトの打者とは対照的でした。

打線は、結局、初回に3四球をもらって挙げた3得点のみ。
3回、無死満塁から1点も取れなかったのが最後まで響きました。
あそこで得点できていれば、また違った展開になったかもしれません。

ヤクルトは大敗の上、投打とも収穫がない試合でした。

来週は鹿児島で巨人との2連戦、そのあとマツダスタジアムで広島との3連戦
しんどい遠征が続きます。
体調に気をつけて、勝ち越しは難しいかもしれませんが、
できれば5分で戦ってくれたらと願います。

by misty2011 | 2018-05-13 17:08 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜の中日ドラゴンズとの初戦は、9回2死ランナーなしからの、まさかのサヨナラ負け。
「勝負は下駄を履くまでわからない」と言いますが、まさにそういう試合で、
ヤクルトにとってはダメージの大きな1敗となりました。
最近は、勝てる試合、勝たなくてはいけない試合をことごとく落としていて、
負の連鎖が止められません。

ナゴヤドーム2戦目の先発は、中日が又吉克樹投手、ヤクルトは小川泰弘投手
日替わりオーダーは、2番サード今浪、5番バレンティン、6番ファースト大松、7番に大引選手が入り、
今日は元パ・リーグ戦士が4人スタメンに並びました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 2点のリード守り切れず、逆転許し5連敗…

初回1死後、今浪選手が四球で出塁。
山田選手はフルカウントから三遊間を破るヒットで1死1、2塁。
併殺打の心配をしましたが、とりあえずシングルヒットでつなぎました。ほっ・・・。
雄平選手はサードフライで2死となり、バレンティン選手は肘に死球を受け2死満塁
大松選手は押し出しの四球で1点先制!これはラッキー

大引選手はフルカウントからライトフライに倒れ、3四死球1安打で1点どまり。
相手がくれたチャンスなので、もう一押ししてほしかったですね。
これが、あとあと・・・何てことにならなければいいのですが。

その裏1死後、小川投手は荒木選手にセンター前ヒット
2死後、ビシエド選手には四球を与え2死1、2塁も、ゲレード選手をセンターフライに打ち取ります。
初回だけで30分経過。両先発ともテンポの悪い立ち上がりとなりました。

2回、ヤクルトは三者凡退
その裏、1死後、小川投手は平田選手にセンター前ヒットを打たれますが、後続を抑えます。

3回2死後、雄平選手がショート内野安打で出塁。リーグ3位の12個目の内野安打。
バレンティン選手はライナー性のライトフライで、平田選手が好捕して3アウト。
山田選手もライトフライでしたが、力ないポップフライ。
バレンティン選手とは打球音が全く違います。

3回裏、雄平選手がなかなか守備につきません。何かアクシデントでも?
しばらく経って、守備位置に小走りに駆けて行きましたが、
走り方がなんかヘンなような気がしなくもありません??どこか痛めた?
この回、小川投手は3人で片付けます。

4回、先頭の大松選手がライト前ヒットも、大引選手がショートゴロ併殺打。
今日も出ましたヤクルト恒例行事の併殺打。
中村捕手は三振で3アウト。

その裏2死後、小川投手は藤井選手にレフト前ヒットを打たれますが、平田選手を打ち取ります。
平田選手も調子が上がりませんね。

5回1死後、坂口選手がショート内野安打で出塁
今浪選手はセンター前に詰まったヒットで1死1、2塁
ここで山田くん。1-2から外のストレートを空振り三振。気のないスイングでした。
ほんま無力・・・。
調子が悪いのはわかっているので、せめて喰らいつくなど必死さを見せてほしい。
かばいたいですが、これでは出来ません。またヘイトが溜まりそう・・・。
チームに迷惑をかけるので、もうこの際、3番から外してほしい!

つづく雄平選手はライト前にタイムリーヒットを放ち、
2塁から坂口選手が激走してホームイン!2-0となり、欲しかった追加点が入ります。

なおも2死1、3塁から、バレンティン選手はショートゴロで3アウト。

その裏、小川投手は2死後、京田選手にヒットを打たれますが、後続を抑えます。

6回、先頭の大松選手がライト前ヒット、大引選手はショート内野安打で無死1、2塁のチャンス。
中村捕手はショートゴロで、中日・荒木選手の頭脳プレーもあって6-4-5のダブルプレーとなり2死1塁。
あ…ぁ、、ヤクルト今日2個目の併殺打
小川投手はライトフライで、追加点ならず。

その裏、小川投手は先頭の大島選手にセンターオーバーの2塁打を打たれます。
ビシエド選手は四球で無死1、2塁
ここで、マウンドに伊藤コーチ、選手が集まります。
小川投手に何かアクシデントがあったのか?
結局、事情がわからないまま小川投手は降板で、2番手で近藤一樹投手
おそらく急いで肩を作ったでしょうね。

代わりっぱなゲレーロ選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ2-1
藤井井選手はファーストゴロ併殺打で2死3塁となりますが、
平田選手にセカンドへのタイムリー内野安打を打たれ2-2の同点に

7回、ヤクルトは、あっさり三者凡退
山田選手はど真ん中ストレートを打つもセカンドポップフライ。
甘い球を打ち損じばかりですね。こんな姿を見るのは悲しすぎて堪えます。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板
先頭の亀澤選手にショート内野安打を打たれ、京田選手には死球で無死1、2塁のピンチを招きますが、
後続を打ち取り無失点で切り抜けます。
この回も、審判団が集まって何やら協議していましたが、よくわかりませんでした。

8回、中日は岩瀬投手が登板
先頭の雄平選手は右腕に死球を受け出塁
バレンティン選手はショートゴロ併殺打で2死ランナーなし。今日3つ目の併殺打。
この2試合で6併殺、トータル47に増えました。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭のゲレーロ選手にレフト前ヒットを打たれ、
藤井選手に右中間真っ二つを割るタイムリー3塁打を浴び2-3と勝ち越され、
さらに、大引選手の3塁悪送球の間に藤井選手がホームインして2-4


1死後、石山投手は松井捕手にもヒットを打たれたところで、成瀬投手に交代
後続を打ち取ります。

9回、中日は田島投手が登板
2死後、武内選手がレフト前ヒットも、坂口選手がセカンドゴロでゲームセット。

ヤクルトは先制したものの、2-4で中日に敗れ5連敗、最下位に転落しました。

それにしても、途中交代の小川投手が気がかりですね。
何かアクシデントがあったようですが、ケガだとしたら軽症であることを祈るのみです。
ライアンまで離脱したら、もうヤクルトは終戦になりますからね。
続報があれば追記します。
サンスポによると 小川泰弘投手は背中の張りを訴え途中降板、
明日、出場選手登録を抹消される見込みです。

サンスポ ヤクルト・ライアン小川が背中を痛め降板・・・伊藤コーチは重症ではないことを強調

ガ―――ン、これは緊急事態ですね。
完治させて、できるだけ早く戻ってきてください。どうかお大事に!

e0222575_1721371.jpg


2番手の近藤一樹投手は、同点には追いつかれましたが、
緊急登板だったので、肩が十分作れてなかったかもしれません。自責は依然0点です。

ルーキ投手もピンチをよく0点に切り抜けました。
石山投手がこのところ打たれているが心配です。スタミナ切れですかね?

打線は、初回に3四死球1安打で、押し出しでもらった1点どまりだったのが、
いかにも今のヤクルト打線の状態の悪さを表していました。

そのあと、雄平選手のタイムリーで1点追加しましたが、
これ以外では、チャンスに3併殺と、もうヤクルト打線の様式美となりつつあります。

明日は交流戦前の最後の一戦。
連敗を止めて、少しでも明るい気分で交流戦に臨みたいですね。

最後に山田哲人選手について
相変わらず山田選手の調子が上がりません。上がるどころかまた落ちてきました。
これでは、交流戦ですごいのがくるなんて思えません。
山田くんは、昨年の死球でホントに壊れてしまったんじゃないかと思うほど・・・。
今さら遅いですが、死球後遺症のメンタルケアが必要なのではないでしょうか?

昨年からの長期の大不振を見ていると、少なくとも、半分は壊れているような気がしますね。
オールスター前からなので、もうすぐ1年になります。

ティーでは問題はないとしても、試合で結果が出ないのでは、何のための練習かと疑問です。
山田くんにとって、ティーバッティングは気休めにはなっていても、
そろそろ別の練習を取り入れた方がいいんじゃないかと思います。

評論家の山崎武司さんは、打つ練習より、軸足の粘りと体のキレを取り戻すために、
短距離ダッシュを多く取り入れて、下半身を鍛え直したほうがいいとアドバイスしています。
いろいろ方法はあると思いますが、練習から何か変えていくこともアリでしょうね。

打線の低迷で、山田くんは自分が打たない責任を感じていると思います。
辛そうな表情で打席に入っては、打てる球も打てません。
まあ、無理な話しだと思いますが、打席では、どうかポジティブになってほしいです。

私の本音は、もうベンチでもいいくらいに思っています。
もし万が一、イップスであれば、試合に出ることはかえって症状が長引きますからね・・・。
大げさなようですが、そこまで私は心配しています。

山田くんは「ティー打撃はすごくいいんです。でもフリー打撃から違う感じがあるし、
試合でもうまくいかない」と話しています。これが、まさに当てはまるんです。
私は自分がテニスでイップスになった経験上、そう思います。
頭ではわかっていても、試合になると体がどうやっても思うように動かないんです。
心身とも病みます。

by misty2011 | 2017-05-27 18:49 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズは、今日から松山坊っちゃんスタジアムで中日ドラゴンズとの2連戦。

先発はヤクルトが小川泰弘投手、中日は又吉克樹投手
一昨日のヒーロー藤井選手は今日も2番サードでスタメン


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・小川投手が8回3安打1失点、7奪三振の好投も、リード守れず逆転負け

初回、小川投手は、危なげなく三者凡退に抑える上々の立ちあがり
その裏、ヤクルトも三者凡退
山田選手は捉えた打球でしたが、ライト平田選手に捕られました。

2回も、小川投手はテンポよく3人で片付けます。

2回裏、先頭の雄平選手がレフト前ヒット、おや、今日はシングルヒットです。
バレンティン選手は四球で無死1、2塁
武内選手はセカンドゴロ併殺打で2死3塁
中村捕手は四球で歩き2死1、3塁となると、ディレードスチールを仕掛け2死2、3塁
つづく大引選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち、二者生還してヤクルトが2点先制!
小川投手もレフト前ヒットで2死1、2塁
坂口選手はライトフライで3アウト

3回、小川投手は、先頭のゲレーロ選手に、7号ソロホームランをレフトスタンドに運ばれ2-1
インハイのストレートでした。

その裏1死後、山田選手がレフト前ヒットで出塁。
ライナー性の打球で、あとはこの打球が上がれば、もっと良くなるでしょうね。
雄平選手はレフトフライで2死
バレンティン選手はセンター前ヒットで2死1、3塁も、
武内選手は大きなレフトフライで追加点ならず。

4回、小川投手は三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の中村捕手がレフト前ヒット
大引選手は、いい当たりもサードゴロ併殺打で2死ランナーなし。
小川投手は、2打席連続となるレフト前ヒット
坂口選手もライト前ヒットで続き2死1、2塁
藤井選手はファーストゴロで3アウト。
この回、3安打も、間に併殺があったため得点なしで終わり、効率悪い攻めとなりました。

5回、小川投手はこの回も3人で片付けます。

その裏、先頭の山田選手はユニをかする死球で出塁。来ますね容赦なく危ない球が…。
雄平選手はピッチャーゴロでランナーが入れ替わって1死1塁
バレンティン選手はレフト前ヒットで1死1、3塁
ここで、またもチャンスで武内晋一選手。
前の打席のレフトフライなら御の字なのに、今度はファーストフライで2死となり、
中村捕手はライトフライで得点ならず。
う~ん、残塁野球に逆戻り。流れが悪いですね。

6回、小川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

その裏、2死後、坂口選手がライト前ヒットで出ます。
しかし、藤井選手が初球を打ってファーストゴロで3アウト

7回2死後、小川投手はビシエド選手にレフトへ2塁打を打たれます。
平田選手には四球を与え2死1、2塁
ここで中日は藤井選手を代打に送りますが、小川投手は空振り三振に斬ってとり3アウト。

その裏、中日は伊藤準規投手に交代。相変わらず足が長いこと!
先頭の山田は四球を選んで出塁。今度こそ走らないと。
雄平選手はレフト線への2塁打で無死2、3塁
このチャンスに今日2安打のバレンティン選手。しかし、見逃し三振で1アウト。

続いて、またまた好機で問題の6番バッター
武内選手はファーストゴロも、3塁ランナー山田選手のスタートがよく、
ナイススライディングでホームインして3-1

記録はビシエド選手のフィルダースチョイスですが、山田選手の好走塁でようやく追加点が入りました。

中村捕手は四球で1死満塁。
大引選手はセカンドライナーで2死満塁となり、小川投手は空振り三振で3アウト。
しかし、形は何であれ欲しかった追加点が入りました。

8回、小川投手は先頭のゲレーロ選手にレフトへヒットを打たれます。
この回から、センターは上田選手、坂口選手がレフトに回り、サードは谷内選手。
木下捕手はファーストゴロ併殺打、途中出場の高橋周平選手はセカンドフライで3アウト。

その裏、中日はアラウホ投手
1死後、上田選手が死球で出塁。ボークとけん制悪送球で上田選手は3塁まで走り1死3塁
山田選手は足の後ろを通る危ないボールが来た後、外の球を見逃し三振。
判定に納得いかない顔をしていました。ボールくさかったですが、まあ、仕方ありません。
しかし、またとんでもない球を投げられ、山田くん、よく避けました。普通なら当たっていたでしょう。
雄平選手はショートゴロで3アウト。

2点リードで9回は秋吉投手
先頭の京田選手はセンター前ヒット、亀澤選手はライト前ヒットで無死1、2塁のピンチを招きます。
先日から、秋吉投手があまりよくないですね。甘い球が多すぎます。
大島選手はセンターフライで2塁走者がタッチアップして1死1、3塁
ここで、ビシエド選手に6号3ランホームランを打たれ3-4と逆転されます。
初球、浮いたスライダーでした。
なんてこったぁぁぁ~!8回まで好投した小川投手の勝ち星が消えました。

9回裏、中日は田島投手が登板
代打の榎本選手は空振り三振。
武内選手はキャッチャーゴロ、中村捕手はショートゴロでゲームセット。

ヤクルトは、勝利目前で3-4で中日に逆転負けを喫しました。

今日の負けはキツイですね。
先週、小川投手が5点リードの8回、梶谷選手に同点に追いつかれる満塁弾を浴び、
延長で秋吉投手がサヨナラ打を打たれ負けた試合を、私は今季ワーストゲームと書きましたが、
今日の逆転負けもそれに劣らないくらいダメージが大きいものです。

e0222575_17225385.jpg


特に、好投していた小川投手が、こんな形でまた勝ち星から見放されたショックが、
どれほどのものか心配になります。
こういうことが続くと、調子を落としていきますからね。
秋吉投手が普通の出来なら勝てる試合でした。勝たなくてはいけない試合でした。
小川投手に勝たせてあげたかったですね・・・。

ヤクルトは11安打放ちながら3得点。
2回に大引選手が2点タイムリーヒットを打って以降、チャンスを作りながらもあと1本が出ず、
ズルズルと行きました。

今日は打順の巡り合わせが上手く行かず、ちぐはぐな攻めとなりました。
6番の武内選手は5打数ノーヒット。
そのうち4度のチャンスに打席に立つことになり、最低限も打てませんでした。
7回は1塁ゴロ野選で、これは山田選手の足で奪った1点のようなもの。

1塁の守備ではいいところも見せましたが、これだけ好機を潰しては擁護しようがありません。
以前から、武内選手の好調な期間はごく限定的で短いのが通常のこと。
今日は又吉投手ということでスタメンだったと思いますが、もう考え直すときが来たようです。
もしスタメンなら6番より下位でお願いします。

かと言って、スタメンの鵜久森選手もあまり打てないし、守備は不安。
今日は、地元愛媛なので、こんな結果なら、鵜久森選手がスタメンでよかったかもと思います。
代打での登場もありませんでしたね。

明日は誰がファーストのスタメンなんでしょう?
ベンチの置物になっている西田選手を、たまには使っても良さそうに思いますが。
これだけ出番がないと、ますます打てなくなりそうで、少しはチャンスをあげてほしいものです。
または、中村捕手に疲れが見えて、被弾も多くなってきたので、
休養がてら、たまには西田捕手のスタメンマスクでもいいかもしれません。

あと、2番藤井選手は、俊足なので転がすなら左方向でしょうね。
またはセーフティバントを試みるとか。このままスタメンなら、もっと打席で工夫してほしいです。

ベンチも、臨機応変にいろいろ試してほしいものです。

しかし、秋吉投手が不安定なのは困りますね・・・。肩が軽すぎるとか??
石山投手も調子を落とし気味なので、他に抑えに代わる投手がいません。
守護神の中では、他球団見てもまあ安定している方なので、秋吉投手にしっかり投げてもらうしかありませんね。

このまま中日に連敗してはなりません。
中日の両外国人が調子を上げているので要注意!
明日は今日の負けを引きずらないで、きっちり勝ち切って下さい。

by misty2011 | 2017-05-13 17:35 | 東京ヤクルトスワローズ
ハマスタでの横浜DeNAとの初戦は、ローテを変更してまで由規投手を先発させましたが惨敗となりました。

2戦目の先発は、DeNAが今永昇太投手、東京ヤクルトスワローズは小川泰弘投手
今日はエースが投げる日なので落とせません。
スタメンは、2番ショート西浦、6番ファーストに鵜久森、8番サードに谷内選手が入りました。

選手公示は、由規投手が下がり、榎本葵選手が上がってきました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 山田選手が先制の4号2ランも、リード守りきれず4連敗…

初回、先頭の坂口選手がレフトへのヒットで出塁
西浦選手は空振り三振後、山田選手がライトスタンドへ4号2ランホームランを放り込み2点先制!
今日はストレートを捉えてスタンドイン。風にも乗って、右方向へ強く引っ張り流しました。
2試合連続弾で、これはいい感じになってきたでしょうか!?
あとは引っ張った長打が出ることを期待しましょう。

その裏、2点援護をもらった小川投手でしたが、
先頭の桑原選手にレフトフェンス直撃の3塁打を打たれます。
1死後、ロペス選手はライトフライも、雄平選手の強肩が抑止力となりタッチアップできず。
筒香選手は四球で2死1、3塁となり、宮崎選手をピッチャーゴロに打ち取り、無失点で切り抜けます。
よくしのぎました。

2回、先頭の鵜久森選手がレフト線への2塁打。
中村捕手はショートゴロの進塁打となり1死3塁。
谷内選手は空振り三振で2死3塁。
小川投手はレフトフライで追加点ならず。これを谷内選手が打ってほしかったですね。

その裏、小川投手は下位打線を三者凡退に抑えます。

3回2死後、山田選手がレフト前ヒット。走るかな!?走れ~
雄平選手は粘りますが、空振り三振で3アウト。

その裏、小川投手は3人で片付けます。

4回1死後、鵜久森選手が四球で出て、2死後、珍しく2盗に成功。
しかし、谷内選手は空振り三振で3アウト。

その裏1死後、小川投手は筒香選手にレフト前ヒットを打たれますが、
宮崎選手をショートゴロ併殺打に打ちとり3アウト。

5回表裏は、両チーム三者凡退
この頃から、私はだんだん眠くなってきて、必死で目をあけています。

6回、ヤクルトは山田、雄平選手が連続三振、バレンティン選手はショートゴロで3アウト。

その裏、小川投手は三者凡退に抑えます。

7回、横浜は須田投手に交代。
先頭の鵜久森選手がセンターフェンス直撃の2塁打で出塁。代走は榎本選手
中村悠平捕手もライトフェンス直撃のヒットで無死1、3塁。
榎本選手、これでホームに走れませんか!?
谷内選手はセカンドゴロも、相手フィルダースチョイスとなり3塁ランナーが生還して3-0

なおも無死1、2塁で、小川投手は送りバント成功で1死2、3塁

ここで、横浜は田中健二朗投手に継投
坂口選手が、センター前に2点タイムリーヒットを放ち5-0と突き放します。
この追加点は大きいです。
西浦選手はサードフライで2アウト。
続く山田選手、もう1本打ってほしかったですが、ショートフライで3アウト。
今シーズン、3安打猛打賞はまだ一度もありません。
今の状態で贅沢は言えませんが、固め打ちが早く見たいですね。

その裏、小川投手は3番からの打順も三者凡退に抑えます。
筒香選手は全球ストレートで見逃し三振に仕留めました。素晴らしい!

8回、横浜は加賀投手が登板
雄平選手は三邪飛。
バレンティン選手は、天敵の前にファーストゴロで、今日はノーヒット。
途中出場の武内選手は四球を選びますが、中村捕手はライトライナーで3アウト。

その裏、小川投手は先頭の荒波選手をファーストゴロに打ち取りますが、
武内選手がボールをこぼすエラーで1塁セーフ。
石川雄洋選手にはストレートの四球で無死1、2塁。
ここで、昨年はヤクルトキラーだったエリアン選手が登場も、空振り三振に斬って取ります。
倉本選手はセンターへの飛球で、途中出場の上田選手が、グラブに当てながらも捕れず、
実質エラーも記録はタイムリーヒットとなって5-1


なおも1死1、3塁から、桑原選手に四球を与え1死満塁の大ピンチ!
つづく梶谷選手にライトスタンドへ7号満塁弾を浴び、一気に5-5の同点に追いつかれます。
よりもよって、アッパースイングの梶谷選手の一番好きなインコース低めにストレートが行きました。
風のことを考えたら、一発だけは避けないといけない場面だったので、
慎重の上にも慎重になってほしかったです。
すべてアウトコースでもよかったくらいでしょう。中村捕手のリードに疑問が残ります。

ここで、小川投手は無念の降板で、石山泰稚投手に交代。
交代が遅かったですね。
倉本選手を打ち取った打球がタイムリーになって気落ちした時点か、
遅くとも、桑原選手に粘られ四球を出した時点で交代だったでしょうね。悔やまれます。

石山投手は、ロペス選手は打ち取りますが、筒香選手にレフトト前に落ちる2塁打を打たれ、
この後、宮崎、荒波選手を抑え、何とか同点どまりで3アウト。

しかし、守備固めの選手のエラーが続いたあと同点満塁被弾とは、ショックが大きすぎます。
この試合を落とすようなことがあっては、お先真っ暗です・・・。

9回、横浜はパットン投手が登板。ヤクルトは三者凡退。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板。3人できっちり片付けます。

延長に入り10回、横浜は山﨑康晃投手
先頭の西浦選手は空振り三振
山田選手も空振り三振。
う~ん、せっかく復調のメドがついたかと思ったら、また逆戻り?
いい感じがホントに続きませんね。
雄平選手はレフト前ヒット。
ここで、ミスをした上田選手。取り返せ~!しかし、空振り三振で3アウト。

その裏、ルーキ投手が続投
先頭の桑原選手がセンターへのヒット、梶谷選手のサードゴロで1死2塁
ロペスは前進守備のセンターオーバーの打球を放ちますが、上田選手が好捕して2死2塁。
上田選手、サヨナラを阻止するファインプレー!さっき、捕っていれば・・・と。
筒香選手は敬遠し、宮崎選手をサードゴロに打ち取り3アウト。

11回、横浜は三上投手
先頭の武内選手、エラーの汚名返上なるか、センター前ヒットで出ます。
中村捕手は送りバント、谷内選手は四球でで1死1、2塁
代打の大松選手は筒香選手に好捕されレフトフライ。坂口選手も倒れ得点ならず。

その裏、ヤクルトは秋吉投手が登板
先頭の高城選手にヒット、送りバントで1死2塁から、
柴田竜拓選手にセンターオーバーのサヨナラ2塁打を浴びゲームセット。

ヤクルトは5点差をひっくり返され5-6×で延長サヨナラ負け。4連敗となりました。

それにしても、好投していた小川泰弘投手にとっては、悪夢の8回となりましたね。
守備固めの武内選手のエラー、センター上田選手の実質エラーがつづきピンチを招くと、
梶谷選手へは配球ミスとも思われるインコース低めのストレートを投げ、
あろうことか満塁被弾を浴び5-5の同点に。

延長に入ってからは、正直サヨナラの場面しか浮かびませんでした。
で、その通り、私は名前も顔も知らない選手にサヨナラ打を浴びジ・エンド。
今シーズンは、数々の負けを重ねてきましたが、その中でも今日は極めつけのワーストゲームでしょう!
エースの小川投手の力投で、8回5-0から、まさかの逆転負けとは・・・。

今シーズンは守りでの失策が目立ちますが、エラーのつかないミスも毎試合のようにあって、
それが今日は決定的な場面で続きました。

中村捕手も、ここまで打って守って、リードでも頑張ってきましたが、
今日のあの梶谷選手への1球は信じられない配球でした。
小川投手の球威が落ちてきていたこともあって、ムーチョが外から内に構えた瞬間、
私はヤバいと思いました。
満塁弾を浴びた球は、中村捕手の構えた所でしたからね・・・。
悔やんでも悔やみきれない1球となりました。

打者は1球でヒーローになれますが、
それまでどれだけ好投していても、投手は1球で奈落の底に突き落とされてしまいます。

その前に、倉本選手に打たれたあとか、桑原選手に粘られ四球を出したところで交代でしょ!
ベンチの継投の遅れが、今日の悲劇を招いたといっても過言ではありません。

小川投手は、今日は眠れないでしょうね。気の毒すぎてかける言葉がありません。
よく投げてくれました。お疲れさまでした。

本来なら、山田哲人選手が先制2ランを放ち、エース小川投手が好投で連敗ストップ!
絶対に勝たなくてはならない試合でした。
次回は今日のライアンの1勝を野手陣が取り戻してあげてください!
e0222575_17345327.jpg


しかし、ダメージが大きすぎる負けでした。
真中監督もいくら何でも危機感を感じていることでしょうね!??

by misty2011 | 2017-05-06 19:36 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズは、28日、神宮での読売ジャイアンツ戦初戦に完封負けを喫し、
47年ぶり同一カードで3戦連続零封負けとなりました。

2戦目、先発はヤクルトが小川泰弘投手、巨人は田口麗斗投手
スタメンは6番ファーストに鵜久森選手が入り、中村捕手は7番
今日も3番山田選手は動かさなんですね。本人が辛いだけなのに。潰す気かい!?
しかも、ここに至っても3番山田ー4番バレンティン選手の並びも動かさず。
この3、4番がどれだけ機能してないかわかってないのでしょうか?

選手公示では、杉浦投手が抹消され、中尾輝投手が上がってきました。
杉浦投手はなぜ?また故障発生でしょうか??

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 雄平選手の2号2ランで息詰まる投手戦を制す!先発・小川投手は8回途中1失点の好投で3勝目!


初回、小川投手は先頭の立岡選手に左中間への2塁打を打たれ、中井選手のショートゴロで1死3塁。
しかし、坂本、阿部選手を打ち取り無失点で切り抜けます。

その裏、ヤクルトは先頭の坂口選手がセンター前ヒット、大引選手が送って、山田選手は四球で1死1、3塁
しかし、 バレンティン選手がファーストゴロで、ホームに走った坂口選手がタッチアウトとなり、
ダブルプレーで先制点ならず。

山田くんは、今日も1死1、3塁の最も走りやすい場面でも、全く走る気配なし。
これは、やはり足、右脚っぽいですが、何か不安を抱えていると確信しました。
それにしても、ヤクルトはどうやっても点が取れませんね。

2回、小川投手は三者凡退に抑えます。

その1死後裏、ヤクルトは鵜久森選手が四球で出ますが、後続が倒れます。

3回1死後、小川投手は田口投手にセンター前ヒットを打たれますが、後続を抑えます。

その裏、2死後、山田選手はまたまた四球を選んで歩きます。ラッキー!
真ん中でも、どんな球でも全くバットを振りませんでした。振れないのかもしれません。
悲しかな、今の山田くんは四球をもらうしことしかできなさそう。ただ、走れませんからね…。
つづくバレンティン選手も四球で2死1、2塁。
しかし、雄平選手はサードフライで3アウト。

4回、小川投手はクリーンナップを高速4球で片付け3アウト。
その裏1死後、中村捕手がレフト前ヒットで出塁も後続が倒れます。

5回1死後、小川投手は石川慎吾選手にヒットを打たれ、小林捕手にライト前ヒットを打たれ1死1、2塁。
田口投手は送りバントで2死2、3塁。
ここで、苦手の立岡選手を空振り三振に斬ってとり、無失点で切り抜けます。

その裏、先頭の坂口選手がセンター前ヒット、大引選手は送りバントで1死2塁。
山田選手は初球サードゴロで2死2塁。これまでよりは幾分いい当たりでしたが、ほぼ正面でした。
バレンティン選手は四球で2死1、3塁。
雄平選手も四球で2死満塁のチャンス、いやピンチか!?
つづく満塁弾男の鵜久森選手は、フルカウントからサードフライに倒れ得点ならず。

6回、小川投手はこの回も、2番からの打順をわずか6球で三者凡退に抑えます。
巨人の早打ちが目立ちますが、小川投手のストレートが勝っています。

その裏、ヤクルトは先頭の中村捕手が四球を選びます。
西浦選手はセンターフライで1死となり、小川投手は送りバントで2死2塁
ここで、今日2安打の坂口選手は右手に死球を受け、手当て後プレー続行で1塁へ出ます。
2死1、2塁となりますが、大引選手はセンターフライで、この回も得点できません。

7回1死後、小川投手は長野選手にセンター前ヒットを打たれ、けん制悪送球で2塁へ進まれます。
石川選手はライトフライで2死2塁。
小林捕手はフルカウントから空振り三振に仕留め得点を許しません。いやいやしびれました。

その裏、巨人は篠原投手が登板
先頭の山田選手はセンターフライ。
今の山田選手としては、打球が上がるだけでもマシというしかありません。
ついに打率は2割を切って1割台に突入しました。
バレンティン選手は四球で歩くと、
ここで雄平選手がライトスタンドへ2号2ランホームランを叩き込み、ヤクルトが2点先制!
ヤクルト実に25イニング目の得点です。よく打ちました雄平選手。
やっぱり、こういう展開では一発の力は大きいですね。

このあと、鵜久森選手がヒットも、中村捕手がショートゴロ併殺打で3アウト。

2点の援護をもらった小川投手は8回1死後、立岡選手にレフト前ヒットを打たれます。
2死後、坂本選手はサードベースに当たる内野安打で2死1、2塁
ここで、阿部慎之助選手にライト線へタイムリーヒットを打たれ2-1と1点差。

2死1、3塁となり、小川投手はここで降板して、石山泰稚投手に交代
阿部選手の代走は寺内選手
石山投手の暴投で2死2、3塁となりますが、マギー選手を見逃し三振に斬ってとり3アウト。
よく抑えました。

その裏、巨人は中川投手が登板
2死後、坂口選手は四球、大引選手はライト前ヒットで2死1、3塁も、
山田選手はライトフライで追加点ならず。ストレートに完全に振り遅れました。
これで、山田選手は4試合20打席ノーヒット、打率は.195まで落ちました。
その間に出塁したのは4度の四球のみ 打数だと16打数連続ノーヒット。
昨年終盤のワーストに近づいてきました。これでもまだ3番固定ですか!?

1点リードで9回は秋吉亮投手
2死後、亀井選手を四球で出しますが(代走は重信選手)、
代打の村田選手をショートゴロに打ち取りゲームセット。

ヤクルトが2-1のロースコアを制し、25イニング目に雄平選手の2ランで得点し、連敗を2で止めました。
巨人戦での完封負けもこれで止めました。

8回途中まで投げた小川泰弘投手が、121球8安打6奪三振無四球1失点で3勝目を挙げました。
おめでとうございます。
力強さがライアン小川投手に戻ってきましたね。
開幕投手こそ石川投手に譲りましたが、今日の勝利で間違いなくエースは小川投手です。
e0222575_17291940.jpg


とにかく、小川投手の力投が報われてよかったです。

そして、殊勲の2号2ランホームランを打った雄平選手、おめでとうございます。
何だかんだ言って、今の打線の中では、最も頼りになる存在です。
対巨人戦での完封負けを阻止する素晴らしいホームランでした。
なかなか点が取れなくて、重い雰囲気がこれで少しはすっきりしました。

もっと点をとってあげれば、小川投手はもっとラクに投げられたでしょうね。
味方の援護がなかなかもらえない中、先取点を与えず、よく耐えました。


最後に、今日もヒットが出ず4試合連続ノーヒットとなり、打率が1割台まで落ちた山田選手について。
若松勉さんは、昨夜の試合後、山田選手の不調の原因について、
「インハイ、アウトコースのスライダーで結構やられている。
 昨年インサイドで死球を食らっていますよね。あれが頭にあるのかなという感じで、
 体が開くのが早い」と打てていない原因を説明していて、昨年の死球に言及しています。

また、プロ野球ニュースでも、解説者が「インサイド恐怖症の影響もある」と話しています。

山田くん本人は、「(調子は)見ての通り、最悪」と話しているのに対し、
真中監督は「大丈夫でしょう」
杉村打撃コーチは
「内容がよくない。気分的なところだと思う。ティー(打撃)では悪くないし振れているように思う」
また、杉村コーチは、別の記事では
「WBCでフォームが崩されている」とWBC後遺症との見方ももあります。

ヤクルト首脳陣は、昨年の死球のことには決して触れません。
それは、むしろ不自然に私は感じます。
まあ、言えないことがあるとしたら、山田くんの問題はより深刻なんでしょう・・・。
本人は否定しても、打席での体の反応を見ていると、
死球から来るイップスの可能性が全くないとは言い切れないかもしれません。

もうお願いですから、3番からは下げてあげてください。
四球をもらう以外、ヒットの期待が持てない山田くんを3番に置いて、
チャンスには打てない4番バレンティン選手の打順は、限界でしょう。
昨シーズン、山田選手がまだ好調の時でさえ、私はこの並びには反対していました。
どうか、再考をお願いします。

これ以外でも、今日は田口投手から8四死球、それ以降で合わせて10四死球もらい、7安打放ちますが、
決めたのは雄平選手の2ランと言うのは、打順の組み方に大いに問題があるからでしょうね。
いいかげん、考え直す段階に来ていると思います。

今日競り勝ったのは大きいです。明日は是非連勝して、このカードの勝ち越しを決めましょう。

by misty2011 | 2017-04-29 21:55 | 東京ヤクルトスワローズ
神宮で広島カープに先勝した東京ヤクルトスワローズ
2戦目は雨が降り続く中、予定通りプレーボール

先発はヤクルトが小川泰弘投手、広島は岡田明丈投手
スタメンオーダーは昨日と同じ

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・小川投手が7回2安打無失点、5奪三振の好投で完封勝利!試合は降雨コールド

立ち上がり、小川投手は先頭の田中広輔選手に四球を与え、菊池選手の送りバントで1死2塁
丸選手のライトフライで田中選手がタッチアップして3塁へ進み、
鈴木選手は四球後に2盗して2死2、3塁
続く松山選手はピッチャーゴロで3アウト。無失点で切り抜けます。

その裏、2死後、山田選手がレフト前ヒットも、バレンティン選手はライトフライで3アウト。
山田くんは体が泳ぎながらのヒットですが、とりあえず1本ヒットが出ました。

2回表裏は両チーム三者凡退。
3回も両チーム三者凡退。

4回、小川投手は先頭の丸選手に右中間へ2塁打を打たれます。
鈴木誠也選手は高めのストレートで空振り三振に仕留め、松山選手はショートフライ。
エルドレッド選手は四球で2死1、2塁
つづく安部選手はセンターフライで3アウト。

その裏、先頭の山田選手は初球を打ってぼてぼてのショートゴロ。
自分のスイングではありません。
バレンティン選手は空振り三振
2死後、雄平選手がライトへの2塁打で出塁も、西田選手は見逃し3球三振で3アウト。

5回2死後、小川投手は田中選手に粘られ四球を与えますが、
菊池選手を空振り三振に仕留め3アウト。
うるさい菊池選手を、前日からここまでノーヒットに抑えているのは大きいですね。

その裏、先頭の中村悠平捕手がセンターオーバーの3塁打で出塁!いいね~ムーチョ
大引選手は3球三振で1死3塁
小川投手は1ストライク後スクイズ敢行もファールとなり、このあと空振り三振で2死3塁
坂口選手もフルカウントから空振り三振で先制の好機を潰します。
あぁ・・・何もできませんでした。

6回、小川投手はカープ3番からの打順を三人で片付けます。
この回、山田くんに二つ好守がありました。今日も「守備の人」で頑張っています。

その裏、荒木選手がレフト前ヒットで出塁。
山田選手は四球を選び無死1、2塁
ここで、バレンティン選手が粘ってレフト線へタイムリー2塁打を放ち、ヤクルトが1点先制!
雄平選手はファーストゴロで、3塁ランナー山田選手は三本間で挟まれタッチアウトも、
その間に雄平選手が2塁へ進み1死2、3塁
しかし、西田、中村選手が倒れ1点どまり。追加点が取れないのが痛いですね。1点では…

7回1死後、小川投手は安部選手にライト前にヒットを打たれます。これが2安打目
石原捕手は送りバントで2死2塁
ここで、広島は代打・新井選手を送りますが、
小川投手が冷静にショートゴロに打ち取り、得点を許しません。
小川投手にガッツポーズが出ました。

その裏、広島は薮田投手が登板
2死後、坂口選手が死球で出塁
荒木選手は四球を選んで2死1、2塁
ここで、雨でぬかるんだマウンドに砂を入れて整備
再開後、山田くん、ここで打て!と思ったら初球いきなりおなか近くに危ないボール
3ボール1ストライクとなった後、雨が強くなり中断となります。

このあと、午後9時過ぎ、降雨コールドとなり、ヤクルトが1-0で広島を下し2連勝となりました!

7回を投げ2安打5奪三振無失点と力投した小川泰弘投手が2勝目を挙げました。
おめでとうございます。
雨でコンディションが悪い中、なかなか味方の援護がなく苦しい展開でしたが、よく踏ん張りました。
首位カープを力でねじ伏せましたね。あの頼もしいライアンが今シーズンは戻ってきました。

e0222575_17221212.jpg




打つ方は、6回無死1、2塁のチャンスに、バレンティン選手が粘ってのタイムリー2塁打。
執念を感じる打席でした。

その6回は、荒木選手がヒットで出てチャンスメイク、そして山田選手が四球を選んでつなぎました。
そこから唯一の得点となったわけです。
なおもチャンスでしたが、あと一押しできず、1点どまりだったのが今のヤクルト打線なんでしょうね。

この2戦は、荒木貴裕選手を2番スタメンに起用したのが当たりました。
もう少し早く使ってあげてもよかったでしょうね。

山田選手は今日は2打数1安打1四球。打てなくても四球を選んだのが大きかったですね。
守備ではファインプレーを度々魅せました。抜けたかと思う打球によく追いつきました。
さりげなくやるので派手さはありませんが、堅実なプレーで小川投手を助けました。

打撃はまだまだですが、こうして守りで貢献できるのが山田選手の強みです。
守りからリズムを作って、打つ方は1日1本でもヒットが打てるよう、
徐々に自分のタイミングを思いだしてくれたらと願います。

今日の試合を見ていて、打順は中村悠平捕手を上げて6番か、
または負担が大きくなりますが、5番あたりの方が得点できるような気がしました。
真中監督、どうか考えてほしいです。

雨の中、選手そしてスタンドで応援した皆さんお疲れさまでした。
風邪などひかれませんように!
明日も勝って、カープに3タテ喰らわせたいです!

by misty2011 | 2017-04-22 21:49 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜は横浜DeNAに延長サヨナラ負けを喫した東京ヤクルトスワローズ

先発投手は頑張ってはいるものの、先制を許し常に後手後手。
打線は追いつくのが精いっぱいで、勝ち越す力がありません。
そして、回またぎの失敗。
スタメンオーダーにしても、継投にしても、真中采配に何かちょっとしたズレを感じます。

今日の先発は、横浜DeNAが石田健大投手、ヤクルトは小川泰弘投手
スタメンオーダーは、ショートに大引選手が入った以外は昨夜と同じ。あらら・・・

もし2番雄平選手にこだわるのなら、山田選手が出塁した場合、どういうバッティングをすべきか、
噛んで含めるように言い聞かせておいてほしいものです。
言って理解できるかどうかは別にしても(笑)!?
それでなくても、雄平選手の自主性に任せては、つながるものもつながりません。
それと、1~3番の3人とも小細工ができないフリースインガーが並ぶのもどうかと思います。


横浜DeNAは、梶谷選手はベンチですが、筒香選手がスタメン出場でした。あら、出るんかい…。
今日のハマスタは強風が舞っています。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・小川投手が投打の活躍で今季初勝利!山田選手は先頭打者ホームラン!

初回、先頭の山田選手が、フルカウントからレフトスタンドへ2号ソロホームランを放り込み1点先制!
前日の桑原選手の先頭打者弾のお返しがきっちりできました。
やっと山田くんらしいスイングができましたね。これでいい形を思いだしてくれたらと願います。
昨夜の小指への死球は何ともなかったようで何よりよかったです。

先頭打者ホームランのあと、後続倒れ3アウト。

その裏、小川投手は2死後、ロペス選手にセンター前ヒットを打たれますが、
筒香選手をファーストフライに打ち取ります。

2回、先頭の鵜久森選手がレフト前ヒット、中村捕手もレフト前ヒットで無死1、2塁
大引選手はバント2つファール後、空振り三振。
1死後、谷内選手が、フルカウントからレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち2-0
なおも1死2、3塁

つづく小川投手はセンターへ自援護の2点タイムリーヒットを放ち4-0と突き放します。
山田選手はセンターフライ、雄平選手はライトフェンス直撃の2塁打で2死2、3塁
バレンティン選手は空振り三振で3アウト。

その裏、小川投手は3人できっちり片付けます。

3回、先頭の畠山選手がレフトへヒットを放ち、ワイルドピッチで2塁へ進みます。
鵜久森選手のサードゴロで、畠山選手がサードへ進む好走塁を見せ1死3塁
中村捕手はセカンドゴロも、柴田選手が後逸するタイムリーエラーとなり5-0
大引、谷内選手は倒れ3アウト。

その裏、小川投手は、センター雄平選手のダイビングキャッチの好守もあって三者凡退に抑えます。

4回、2死後、雄平選手は振り逃げで出塁
バレンティン選手はレフト前ヒットで2死1、2塁も、畠山選手は空振り三振で3アウト

その裏1死後、小川投手はロペス選手にセンター前ヒットを打たれます。
筒香選手には四球を与え1死1、2塁
宮崎選手はライトフェンス際への飛球で2死となりますが、
倉本選手にライトへタイムリーヒットを打たれ5-1

5回、ヤクルトはあっさり三者凡退。石田投手が立ち直ってきました。

その裏、小川投手は先頭の柴田選手にセンター前ヒットを打たれます。
石田投手の送りバントで1死2塁も、後続を抑え3アウト

6回2死後、山田選手は四球で歩きます。さあ~走れ!
雄平選手、走るのを待ってよと思う間もなく初球から打ってファール。
すぐ追い込まれますが、この後、山田選手が2盗を決め2死2塁。これで3個目の盗塁。
雄平選手は粘りましたが、空振り三振で3アウト。

その裏1死後、小川投手は筒香選手に四球、宮崎選手にセンター前ヒットを打たれ、1死1、2塁。
倉本選手はショートフライ、戸柱捕手は四球で2死満塁のピンチを招きますが、
柴田選手を見逃し三振に斬ってとり無失点で切り抜けます。最高のストレートが決まりました。

7回、DeNAは進藤投手
先頭のバレンティン選手が三週間を抜けるヒットで出塁
畠山選手は空振り三振で、走ったバレンティン選手は2塁アウトの三振ゲッツー
ヤクルトの場合、ランエンドヒットがことごとく裏目に出ます。
鵜久森選手も空振り三振で3アウト

その裏、小川投手は、先頭の白崎選手のセンター前ヒットを打たれますが、後続を抑えます。

8回、ヤクルトは進藤投手の前に三者凡退

その裏、小川投手は筒香選手からの打順を3人で片付けます。

9回、DeNAは田中健二朗投手
代打の比屋根選手がセンター前ヒット、ワイルドピッチで2塁へ進みます。
山田選手は四球で歩き無死1、2塁
ホームランを打つと、やはり相手が警戒して四球が増えてきました。
ここは、比屋根、山田選手で、たまにはダブルスチールをしてほしいな。
雄平選手はバントをファール後、ショートゴロで2塁フォースアウトも、
宮崎選手が1塁へ悪送球して、その間に比屋根選手がホームインして6-1

バレンティン選手はファーストゴロで2死2塁から、
畠山選手がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち7-1

9回裏は、原樹理投手が登板
先頭の戸柱捕手にセンター前ヒットを打たれ。
2死後、桑原選手にセンター前タイムリーヒットを浴び7-2
点差があるのにピリッとしません。
最後は、乙坂選手をサードファールフライに打ちとりゲームセット

ヤクルトが7-2で横浜DeNAに快勝しました。

先発した小川泰弘投手は8回を投げ1失点と好投して、今季初勝利を飾りました。
おめでとうございます。
写真はキャンプブルペンより小川泰弘投手
e0222575_1803527.jpg


2回には自らを援護する2点タイムリーヒットを打つなど、投打で活躍。
前回の投球もまずまずでしたが勝てず、今日はストレートに力があり、攻めのピッチングができました。

打線は、山田哲人選手が先頭打者アーチで先制すると、
2回には5安打を集め3点奪い、3回には相手ミスで1点追加し、3回までに5得点と優位に試合を進めました。
9回にはダメ押しとなる2点を追加して7得点。
大引選手以外の先発全員安打の11安打で7得点と、久しぶりに打線が働きました。

やはり、このチームは山田くんが打つと勢いが出ますね。
その山田くんは、3打数1安打(2号ソロホームラン)2四球で盗塁も決めました。
先頭打者アーチは、山田くんらしいシャープなスイングでした。
この感触を大事に明日へとつなげてほしいです。
まだ、固め打ちはできませんが、底は脱出したようなので、
これから徐々に調子を上げてくれたらと思います。

開幕初戦以来の投打がかみ合った快勝に、久しぶりにスッキリしました。

by misty2011 | 2017-04-15 18:00 | 東京ヤクルトスワローズ
本日4月11日の神宮での中日戦は、15:25分、雨天中止となりました。
振替試合は未定です。
なお、本日配布予定の来場者先着ピンバッジ(山田選手トリプルスリー打率Ver.ピンバッジ)は、
4月21日(金)広島戦(18:00試合開始)に配布するとのことです。

試合がないので、今日は毎年恒例となった故障者のリストをアップします。
開幕してまだ9試合経過したばかりなので、けが人は比較的少な目です。
ただ、当ブログのキーワード検索で、昨年の故障者リストの記事が多くヒットしているので、
今シーズンは早めに記事にすることにしました。

これまでにわかる範囲で、2017年けが人・故障者のリストをあげておきます。(復帰情報も含めて)
なお、私は2軍情報には疎いので、主に1軍メンバーの故障者です。

昨年から引き続いてのの故障者は 2016年スワローズ「ヤ戦病院」けが人・故障者リスト でご覧ください。

2018年編は こちら 2018年スワローズ「ヤ戦病院」けが人・故障者リスト 


◆投手陣 (敬称略)

 松岡健一 2月6日 腰痛で別メニュー 13日から宮崎・西都の2軍キャンプに合流 2軍調整
      6月25日 1軍復帰 

 寺島成輝 2月12日 那覇市内の病院でMRI検査を受け、「左内転筋筋膜炎」と診断される。
        全治は不明 13日に2軍の宮崎・西都キャンプに合流
      2軍での登板は、まだありませんが、ブルペンでは投げています。 
      4月29日2軍戦で初登板
      5月6日 登板予定も左ひじの張りで回避 
      9月30日 1軍初登板 New

 成瀬善久 2月20日、浦添市内の病院でMRI検査を受け「左内転筋肉離れ」と診断される。
      全治は不明
      4月26日 2軍戦に登板 


 山本哲哉 2015年9月 右肘内側側副じん帯再建手術を受け、長期リハビリを経て、
      今年3月20日 2軍戦で登板
      4月23日 1軍復帰  

 平井諒  4月2日 右肩の違和感で登録抹消
      5月30日 1軍復帰

 杉浦稔大 4月29日 登録抹消 右肩の違和感
      7月24日 杉浦投手と日本ハム・屋宜照悟投手とのトレード発表 

 ジュリアス 5月10日 館林市の病院でトミー・ジョン手術(左ひじ靭帯再建手術)。全治1年

 山中浩史 5月17日 下半身の張りで登録抹消 
      7月4日  1軍登録 

 小川泰弘 5月27日 中日戦で背中の張りを訴え、28日登録抹消
      5月29日 都内の病院でMRI検査を受け、左内腹斜筋の肉離れと診断される。
      復帰のめど立たず。
      6月30日 1軍復帰
      9月16日 4回の投球後に右肘の張りで降板。17日抹消
      9月20日 精密検査を受け「右肘の疲労骨折」と診断される。
      10月2日 手術 New
  

 秋吉亮  6月30日 阪神戦9回、右肩違和感で降板 
      7月1日  登録抹消       
      7月4日 都内の病院で精密検査を受け、「右肩甲下筋(けんこうかきん)の肉離れ」と診断される。
          全治は未定。
      8月29日 1軍復帰 


 原樹理  8月6日 右背部の張りを訴え抹消 
      8月17日 1軍復帰 

 オーレンドルフ  8月17日 右肩検査のため、一時帰国と発表
          9月7日 今季終了を待たず退団へ 

 ブキャナン 9月3日 右小指球(しょうしきゅう)筋の筋挫傷のため抹消
       伊藤投手コーチは「(登板を)1回飛ばす感じ。最短で戻ってこれれば?
       9月18日 1軍復帰  

 星知弥  9月8日 右ひじの張りで登録抹消 
      9月13日 都内の病院で検査の結果、右ひじ疲労骨折で今季絶望
      10月12日 手術  New

 館山昌平 10月上旬 館林市内の病院で右肩・右ひじの手術 全治不明  New


◆野手陣 (敬称略)

 上田剛史 2月2日 体調不良でキャンプリタイア
      2月6日 練習に復帰

 川端慎吾 2月14日 那覇市内の病院で椎間板ヘルニアと診断され、
       帰京して、20日都内の病院で再検査を受けた結果、手術はせず2軍調整
       3月28日2軍戦から実戦復帰して4試合DHで出場も、その後は欠場が続く事態に。
      真中監督は「長期離脱。見通しはゼロ」とコメント。復帰は5月以降に
      7月10日 2軍戦で実戦復帰 
      8月16日 都内の病院で精密検査を受け、今季中にヘルニアの手術を決断
      8月31日 都内の病院で腰椎間板ヘルニアの手術無事終了 New
 

 坂口智隆 4月10日 インフルエンザA型と診断され登録抹消
      坂口選手は、キャンプで見た限りでは、右ひじをかなり気にしていたので、
      万全ではないのでしょう。抹消期間中に、肘の状態がよくなるといいですね。
      4月21日 1軍復帰 

 畠山和洋 4月18日 2塁ゴロで走り出した際に左足を負傷し途中交代
      「左膝の真裏。プチっといった。肉離れという感じ」と畠山。
      19日に登録抹消となり、同日に病院で検査を受ける。
      4月21日 東京都内の病院で左ふくらはぎの肉離れと診断される。
      9月18日 2軍戦DHで実戦復帰 New

 グリーン 4月23日 守備練習中に左ふくらはぎの肉離れを発症し、長期離脱の見込み
      現在は2軍戦に出場       
      6月4日 1軍昇格 

 今浪隆博 4月28日 (昨秋、甲状腺機能低下症で抹消)2軍戦でDH出場 
      5月18日 1軍復帰       
      5月29日 抹消 
      8月23日 腰痛発症
      10月3日 引退表明(病名は甲状腺機能低下症、橋本病) New

 バレンティン 6月8日 右足の違和感 抹消 
        6月9日 都内の病院で右足の再検査、右内側ハムストリングスの軽度の肉離れと診断され、
        全治は未定。
        6月30日 1軍復帰 

 中村悠平 6月13日 楽天戦でファールチップが右ひざ付近に当たる。
      6月14日 東京都内の病院で検査を受け、右大腿(だいたい)骨の骨挫傷と診断され
      6月15日 登録抹消
      さらに右膝蓋骨の骨折の疑いがあるため、15日に再検査→骨折なし 
      7月1日  2軍イースタン戦で復帰 
      7月4日 1軍復帰 

 雄平   6月28日 巨人戦でファールを打った際に右手首を痛め負傷交代
      6月29日 登録抹消 
           都内の病院で右有鉤(ゆうこう)骨骨折と診断される。
      7月3日 手術 全治2~3カ月の見込み 
      9月27日 2軍イースタン戦で実戦復帰
      10月3日 1軍復帰 New


 大引啓次 7月7日 左肩負傷で登録抹消
      8月3日 1軍復帰
      8月6日 右ふくらはぎを痛め8日抹消 
      9月8日 1軍復帰 
 

写真は2月沖縄浦添キャンプより雄平選手
e0222575_21103066.jpg



各選手とも、回復に努め、一日も早い復帰をお待ちしています。
今シーズンは、ヤ戦病院が賑わうことがないよう願っています。

2017開幕後、ヤクルト投手陣は、昨年と違って健闘していますが、
打線が開幕初戦を除いて低調で、特にチャンスに打てず得点できません。
椎間板ヘルニアの川端慎吾選手の長期離脱が痛すぎますね。
手術しないままで回復できるのかどうか心配ですが、焦らず万全の状態になってから戻ってきてほしいです。



by misty2011 | 2017-04-11 19:50 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜は、プロ初登板の広島のドラ1ルーキー加藤拓也投手の前に、
あわやノーヒットノーラン寸前まで大苦戦した東京ヤクルトスワローズ
9回1死から、バレンティン選手がノーノー阻止するヒット、
そして雄平選手のタイムリーヒットで完封を阻止しました。
それで喜んでいる場合ではありませんが、ルーキー初登板ノーノーの歴史的屈辱だけは免れました。

今日は昨夜の鬱憤を晴らしてもらいたいものです。

先発は広島カープが岡田明丈投手、ヤクルトは小川泰弘投手
小川投手で勝ちを計算できなくなっているのが辛いところですが、意地を見せてほしいものです。
スタメンの選手は同じままで、1番坂口、2番大引選手と打順を入れ替えました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 鵜久森選手がタイムリー、終盤の追い上げ及ばず惜敗

初回1死後、大引選手がヒットで出塁も、山田選手がライトフライ、バレンティン選手は空振り三振。
とりあえず、初回に(訂正)ヒットが出たのでノーノーを阻止しました(苦笑)


その裏、小川投手はテンポよく三者凡退に抑えます。
立ち上がり、ストレートの球速は出ています。

2回、先頭の雄平選手がセカンド内野安打で出塁も、畠山選手がショートゴロ併殺打。
早くもカープ寄りの解説者・笘篠さんがうるさくて不快!
達ちゃんがいなくなってやれやれと思っていたのに、コヤツがいましたか。

2死後、中村捕手が四球で出塁。
谷内選手はショートゴロで3アウト。

その裏、先頭の新井選手がレフトへのヒットで出塁。
ま~た、インコースを引っ張られました。
1死後、エルドレッド選手は四球で1死1、2塁
安部選手はセカンドゴロで、併殺ならず2死1、3塁
このあと、安部選手の2盗に中村捕手が小川投手へ送球も、
小川投手が避けてカットせず、その間に3塁ランナーが生還して1点献上。
広島ダブルスチールの仕掛けに、まんまと引っかかりました。
これは、サイン見落とした小川投手のミスでしょう。
昨年も同じようなシーンがありましたね・・・。

このあと、石原捕手にライトへタイムリーヒットを打たれ0-2

3回、ヤクルトは2死後、大引選手がセンター前ヒットで出塁
山田くん、そろそろ打ってよとの願いも虚しく、力ないライトフライで3アウト。
初回の打席とほぼ同じ打球でした。右へは打球がホントに伸びません。
この打席、ど真ん中のフォークを空振りし、ストレートには遅れて、全く打てる気配なし。
石原捕手に手玉にとられています。

その裏、小川投手は先頭の田中広輔選手にレフトへのヒットを打たれると、
けん制で田中選手をタッチアウトにし1アウト。
菊池選手に粘られますが、センターフライ、丸ちゃんは見逃し三振で3アウト

4回、先頭のバレンティンは空振り三振、雄平選手はサードファールフライ。
畠山選手は空振り三振。何なんだ、この打線は・・・。
もうテレビを見るのもブログを書くのも放棄したい気分。

その裏、小川投手は2死後、エルドレッド選手にレフトへヒットを打たれますが、後続を抑えます。

5回1死後、谷内選手が四球で歩き、小川投手の送りバントで2死2塁
坂口選手は四球を選んで2死1、2塁。グッチは四球数がすごいことになっています。
ここで、今日2安打の大引選手に期待も、ファーストゴロで3アウト。
抜けるかと思いましたが、新井さんの好守に阻まれました。

その裏、小川投手は2死後、田中選手にレフト前ヒットを打たれます。
菊池選手には、ファールで11球粘られて四球を与え2死1、2塁。空振りがとれません。
しかし、丸選手を空振り三振に仕留め3アウト。

6回、先頭の山田選手は、全球変化球攻めをされサードゴロ。
甘い球にもバットを振りませんでした。
粘りも工夫もなく、淡々と凡打を重ねます。
バレンティン選手はセカンドフライ。雄平選手はセカンドゴロであっさり三者凡退。
わずか2点差なのに、クリーンナップがこれでは絶望感が漂います。

その裏、小川投手は鈴木選手からの打順を3人で片付けます。

7回、続投の岡田投手は152キロを出すなど力強いピッチングで、ヤクルトはこの回も三者凡退。

その裏、小川投手は安部選手にライトへ2塁打を打たれます。
記録は2塁打も、雄平選手が捕球ミスした実質エラー。
小川投手は、このあと踏ん張り、無失点で切り抜けます。

8回、ヤクルトは代打の荒木選手を送りますが、見逃し三振
坂口選手は捕手前の内野安打で出塁。この回から雨が降りだしてきました。
大引選手はファーストゴロで2死2塁
山田選手は四球で歩き2死1、2塁。打てそうもないので、これはラッキー!
続くバレンティン選手に託しますが、空振り三振で得点ならず。
オランダ代表のバレンティン選手は何処へ!?

その裏、ヤクルトは星知弥投手が登板
Max153キロ(訂正)計測で、2番からの打順を3人で片付けます。
ズムスタのスピードガンはちと甘めかも?

9回、カープは岡田明丈投手が続投
1死後、畠山選手がセンターへ意地の2塁打を放ちます。
中村捕手は四球で歩き1死1、2塁

広島はここで、岡田投手からジャクソン投手に継投
ヤクルトは代打の大松選手を送り、フルカウントからセンター前ヒットを放ち1死満塁
2塁ランナーが畠山選手なので、3塁はストップとなりました。
1死満塁で、あのサヨナラ満塁弾の鵜久森選手を代打で送ります。
鵜久森選手は期待に応え、初球をレフト前に運び、1点かえして1-2
中村捕手は3塁ストップ。回していたらどうだったでしょう?
なおも満塁で、坂口選手はファールフライに倒れ2死満塁
大引選手はライトフライでゲームセット

ヤクルトは9回、代打攻勢で追いあげましたが届かず、1-2で敗れました。

ヤクルト的には、9回だけは盛り上がりましたが、それまでは打線が死んでいました。
8回も2死1、2塁までは行きましたが、バレンティン選手が空振り三振。
それ以外は、ほとんどチャンスさえ作れずじまい。
最後は追いつかない程度の反撃に終わりました。

代打でタイムリーヒットを打った鵜久森淳志選手
e0222575_22235888.jpg



9回満塁で、坂口選手の打席で、代打策ってなかったでしょうかね?
西田選手や、三輪ちゃんもいましたが。ま、結果論なので何とでも言えますが。

カープ2年目の岡田投手は、前日のルーキー加藤拓也投手のノーノー未遂の快投が、
大きな刺激になったでしょうね。
昨日に続き、活きのいいカープ若鯉にやられました。
ヤクルト打線が育てて、自信をつけたことと思います。

先発の小川投手は、終わってみればあの2回だけなんですよね。
あの回は、ミスが重なりました。
まず、セカンドゴロで併殺がとれなかったこと。
ダブルプレーがとれていれば3アウトチェンジでした。
山田くんの動きがゆっくりで、大引選手の送球もぬるかったのが悔やまれます。
そして、このあとダブルスチールを仕掛けられ、サインを見落とした小川投手のうっかりミスで先制されると、
つづく石原捕手と勝負してライトへタイムリーヒットを打たれ2点目となりました。
後ろが投手なので、歩かせるという選択肢はなかったのか?
まだ、2回だったのもありますが、結果的には、これが決定打となりましたからね。

1点目も2点目も、防げる失点だっただけに悔やまれます。
小川投手は、スピードも出ていて前回よりはよくなっていました。
打線の援護がなかったのは気の毒ですが、自身のミスから負け投手になったので、仕方ない部分もあります。

投手が粘り強く投げても、打線はあっさり凡打の山。
カープのように粘ることもできません。結局、岡田投手を9回まで行かせましたからね。
全く投打がかみ合わなくてストレスが溜まる試合が続きますね・・・。

ヤクルトは、これで阪神戦から4連敗。
明日は勝って、カープ戦で3タテ喰らうのだけは避けてほしいものです。
とにかく打線が仕事をしないと話しになりません。

山田選手を筆頭に、主軸が打てなく、1、2番もかみ合わなく、どうしようもありません。
まだ、畠山選手からの下位打線の方が希望が持てます。
打てないのなら、粘るとかボール球に手を出さないとか、いろいろ各自が考えて打席に立ってほしいです。

しかし、山田くんはど真ん中の変化球が全く打てない、かといってストレートも振り遅れる。
不調なのは確かですが、一体どうなっているんでしょう?打席で目が死んでいます。
相手にすれば、安全パイとなっているのが悔しすぎます。奮起してください!

by misty2011 | 2017-04-08 18:00 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011