タグ:山中浩史 ( 38 ) タグの人気記事

甲子園での阪神との初戦は、原樹理投手の投打にわたる活躍で快勝し、
貯金が2となった東京ヤクルトスワロ―ズ

2戦目の先発は、阪神が青柳晃洋投手、ヤクルトは山中浩史投手
今日はバレンティン選手がスタメンから外れ、4番は雄平選手
5番にファースト川端選手が入り、6番サード宮本選手、先発マスクは中村捕手と
大幅にいじってきました。
バレンティン選手は、青柳投手が右のサイドスローなので休養日にしたんでしょう。
出来れば、山田哲人選手もどこかで休養日を取ってほしいですけどね。
ここまでは試合前に書きましたが、
手痛い失策をやらかした試合後は、もっとその思いが強くなりました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは三者凡退
山田選手は、際どいコースでしたが外スラを見逃し三振。
今日は初球のインスラから腰が引けています。

1回裏、先頭の糸原選手に左中間への2塁打を打たれます。
植田選手は送りバントで1死3塁
大山選手のショートゴロで、3塁ランナーが生還して0-1と先制を許します。
糸井選手もライト前ヒットで2盗を決め2死2塁
陽川選手は空振り三振で3アウト。1点で済みました。

2回、先頭の雄平選手がライト前ヒット
川端選手は見逃し三振
宮本選手はレフトへのヒットで1死1、2塁。ナイスバッティング!
西浦選手は空振り三振で2死
ここで、中村捕手がレフト前にタイムリーヒットを放ち1-1の同点に
真ん中付近に浮いたスライダーの失投を捉えました。ナイスバッティング!
2死1、3塁となり、山中投手は粘りますが見逃し三振

2回裏、山中投手は三者凡退に抑えます。

3回、先頭の坂口選手は1塁ナバーロ選手の好守に阻まれ1死
青木選手は右中間への2塁打で出ます。
山田選手はレフトオーバーのタイムリー2塁打を放ち2-1と勝ち越します。
スライダーが真ん中に入ってきました。
あと、レフトの拙守にも助けられました。
2死後、川端選手がライト前にタイムリーヒットを放ち3-1

3回裏、山中投手は先頭の青柳投手にヒットを打たれますが、
糸原選手はピッチャーライナーでダブルプレー
後続も打ち取り3アウト

4回1死後、中村捕手が四球で歩き、山中投手が送って2死2塁
坂口選手は四球で歩き2死1、2塁
青木選手はセカンドゴロで追加点ならず。

4回裏2死後、山中投手は陽川選手に四球を与えますが、
ナバーロ選手をセカンドゴロに打ち取ります。

5回、先頭の山田選手がセンター前ヒットで出ます。今日マルチ
しかし、盗塁する気配はなし
雄平、川端、宮本選手が倒れ3アウト

5回裏、山中投手は先頭の伊藤隼太選手にセンター前ヒットを打たれ、
送りバントで1死2塁
青柳投手はショートゴロで2死2塁
糸原選手もショートゴロに打ち取り3アウト

6回1死後、中村捕手がセンター前ヒット。今日マルチ
山中投手は送りバントを決め2死2塁
阪神はここで岩崎投手に交代
坂口選手は見逃し三振で追加点ならず。

6回裏、山中投手は三者凡退に抑えます。

7回、岩崎投手続投
青木選手はセカンドゴロ
山田選手は四球で歩きます。
雄平選手はセンター前ヒットで無死1、2塁
川端選手はレフト前ヒットで1死満塁
ここで、ヤクルトは代打バレンティン選手登場
バレンティン選手は初球を打ってセンター前タイムリーヒット
4-1とリードを広げます。
 代走は大引選手
バレンティン選手118打点、山田選手は今日2得点で118得点(訂正)
なおも1死満塁で、西浦選手もサードグラブを弾くタイムリー内野安打で、
二者生還して6-1


7回裏、山中投手続投 サードに大引選手
先頭の陽川選手にレフトへのヒットを打たれ、
1死後、伊藤隼太選手の何でもないセカンドゴロを
山田選手が後逸するエラーで1死1、3塁のピンチを招きます。
併殺になるところで、痛すぎるエラーをやらかしました。これで12失策
山田くん、疲れがあるにしても、言い訳できない不注意ミスでした。
梅野捕手はサードゴロで、その間に3塁ランナーが生還して6-2
代打の鳥谷選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ6-3

雲行きが怪しくなってきました・・・。

ヤクルトはハフ投手に継投して、糸原選手をセカンドゴロに打ち取り3アウト
しかし、山田くんのエラーから、ブルペン陣に負担をかけることに。
懲罰交代でもいいくらいですが、代わりがいません。
下から奥村選手でも上げて下さい。
疲れているのは確かですが、だからと言って致命的なミスは擁護したくても出来ません。

8回、阪神は桑原投手が登板
先頭の坂口選手が四球で歩きます。
青木選手はセカンドフライ
山田選手は空振り三振で2死
以前なら、ミスのあとはバットで取り返していましたが、その覇気もなし。
雄平選手はセカンドゴロで3アウト

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
1死後、大山選手にヒット、糸井選手に2塁打を打たれ1死2、3塁から
陽川選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ6-4
原口選手に死球をぶつけ1死満塁のピンチ
伊藤隼太選手はショートフライに打ち取り2死満塁
梅野捕手はショートゴロで3アウト。
ヒヤヒヤしましたが、何とか1点でしのぎました。
近藤投手は球団最多タイの34ホールド、球団新の40HPをマーク

9回、阪神は藤川投手が登板
1死後、大引選手がセンター前ヒットも、
後続が連続三振に倒れます。

9回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板 1塁に武内選手
1死後、糸原選手にレフト前ヒットを打たれます。
俊介選手はセカンドゴロで2死2塁。2塁に打球が行くとドキッとします。
最後は大山選手を見逃し三振に斬って取りゲームセット

ヤクルトが6-4で阪神に連勝し、
前のカードから引き分けを挟んで4連勝、貯金は3となりました。


一時は6-1と楽勝ペースでしたが、
山田選手のトンネルエラーから追いあげられヒヤヒヤしましたが、
何とか逃げ切れてよかったです。

先発の山中浩史投手は7回途中まで投げ3失点(自責は1)で2勝目をあげました。
おめでとうございます。
山田くんが併殺に仕留めていれば、7回は0点で終わっていました。
その後のブルペン陣の起用の仕方も違っていたと思います。

e0222575_15273117.jpg


8回には、投げる予定ではなかった?近藤投手がピンチを招き、
追いつかれるんじゃないかと、山中投手はベンチでドキドキだったと思います。
心配をかけて申しわけありませんでした。

まあ、とにかく勝ってよかったです。
もし、同点に追いつかれたり、逆転までされたら、
山田くんへのヘイトは凄いことになっていたと思うと、ぞっとします。
本人だけじゃなく、私まで救われた気分です。

打線は13安打で6得点
1点先制されますが、2回に下位打線がつながり中村捕手のタイムリーで同点
3回には、青木、山田、川端選手の3本のヒットで3-1と勝ち越します。
7回にも四球と4本のヒットを集め3点追加して6-1
楽勝ムードでしたが、7回の山田くんのエラーから追いあげられ、
8回には2点差まで詰め寄られます。
最後は石山投手が0点に抑え逃げ切りました。
これで石山投手は29セーブ、ご苦労様です。

山田哲人選手がマルチヒットで1打点
川端選手もマルチヒットで1打点
バレンティン選手が代打で一振りのお仕事で1打点
西浦選手が2打点
中村捕手がマルチヒットで1打点でした。

せっかく山田くんが久々のタイムリーなどマルチヒットでしたが、
大きなエラーをやらかしたので、私は勝っても喜ぶ気分になれませんでした。

試合に出ずっぱりで、セカンドでトリプルスリーをやって、
やはり疲れがピークなんでしょう。
CSに向け、ここらで、一度休養日をとらせてあげても良さそうに思いますね。
ベンチにお願いしたいです。
今日はエラーをやらかし、疲れた体に、さらに気持ちの上でも追い討ちをかけたでしょうね。
山田くんの疲れた表情を見ると、こちらまでどっと疲れが出ます。

明日は神宮に戻って広島カープ戦
高橋奎二投手が、カープ打線にとんなピッチングをするか楽しみにしています。

by misty2011 | 2018-09-15 18:27 | 東京ヤクルトスワローズ
敵地・甲子園で連勝して貯金1とした東京ヤクルトスワロ―ズ
この2戦は、いずれも僅差となり、
リリーフ陣が無失点リレーで先発投手の勝ち星を守りました。
初戦は完封勝利、2戦目は古野正人投手が3年ぶりの勝利をあげました。
弱いと言われた投手陣の頑張りに尽きます。
今日は打撃陣がもっと打って、リリーフ陣の負担を出来るだけ減らしてくれたらと思います。

先発は阪神が才木浩人投手、ヤクルトは山中浩史投手
スタメンは2戦目と同じで7番サードに宮本丈選手

昨夜の古野投手は本日付けで抹消されました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、坂口選手がヒット
青木選手はショートゴロで1死1塁
山田選手はレフトへのヒットで1死1、2塁
第1打席でヒットが出たので、ほっとしました。
しかし、バレンティン選手がサードゴロ併殺打で3アウト

1回裏、山中投手は三者凡退に抑える上々の立ち上がり

2回、ヤクルトも三者凡退

2回裏、山中投手は糸井選手にライトオーバーの2塁打を打たれ、
1死後、俊介選手に四球を与え1死1、2塁のピンチでしたが、
後続を打ち取ります。

3回2死後、坂口選手が四球で出塁も、青木選手はセカンドゴロ

3回裏、阪神は三者凡退

4回、先頭の山田選手はセカンドゴロ
バレンティン選手はセンターフライ
雄平選手は粘ってセンター前ヒット
西浦選手はセンターフライで3アウト

4回裏1死後、山中投手は糸井選手にセンター前ヒットを打たれますが、
ナバーロ選手をショートゴロ併殺打に仕留め3アウト

5回1死後、中村捕手が四球で歩き、
山中投手の送りバントを梅野捕手が2塁へ悪送球して1死1、3塁
続く坂口選手がセンターへ犠牲フライを運びヤクルトが先制。1-0
2死2塁となり、青木選手はピッチャーゴロで3アウト

5回裏1死後、山中投手は鳥谷選手に四球を与え、
梅野捕手にセンター前ヒットを打たれ1死1、2塁
才木投手の3塁線への送りバントが内野安打となり1死満塁のピンチ
糸原選手のセンターへの犠牲フライを、青木選手から西浦選手中継で
サードに送球して梅野捕手がタッチアウトとなり、
サードランナーがホームインする前にセカンドランナーのアウトが成立したため、
ホーム生還は認められず3アウトチェンジ !
無失点で切り抜けます。
てっきり犠飛で同点と思いましたが、レアな犠飛アウトを見ましたね。
鳥谷選手がゆるめてホームに走るというボーンヘッドをやらかしました。

6回、ヤクルトは山田、バレンティン、雄平選手がすべて内野ゴロで3アウト
阪神内野陣がいい守備を見せました。

6回裏、山中投手は三者凡退に抑えます。

7回1死後、宮本選手が四球で出塁
中村捕手はファーストゴロ進塁打で2死2塁
山中投手はそのまま打席に入り、
センターに抜けようかという打球でしたが。北條選手に捕られます。
しかし、1塁への悪送球エラーを誘い2死1、3塁。
坂口選手は四球で歩き2死満塁
ここで、今日まだヒットがない青木選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち2-0
さすがです。ようやく追加点が入りました。

なおも2死満塁で、阪神は望月投手に交代
山田選手はセンターフライで1点どまり。
打ってほしい時に打てませんでした。

7回裏、2点リードで山中投手続投 サードに廣岡選手
すべてフライアウトで三者凡退に抑えます。

8回、望月投手続投
バレンティン選手はショートフライ
雄平選手はセカンドゴロ
西浦選手は空振り三振

8回裏、山中投手続投
レフトに坂口、ファーストに谷内選手が入ります。
先頭の梅野捕手に、サード廣岡選手のグラブを弾きレフトへ抜ける2塁打を打たれます。
止めてほしかったですね。
1死後、く糸原選手にライト前ヒットを打たれ、これを雄平選手が後逸
その間に2塁ランナーが生還して2-1

なおも1死2塁から、北條選手にライト前ヒットを打たれ1死1、3塁のピンチ

ここで、ヤクルトは梅野雄吾投手に交代
代打の福留選手は四球で1死満塁の大ピンチを招きます。
糸井選手は浅いライトフライで2死満塁
ナバーロ選手に粘られますがファーストゴロに仕留め3アウト。
無失点で切り抜けます。
ナイスリリーフ梅野くん!よくやった~!!

8回、阪神は桑原投手が登板
先頭の廣岡選手がライト前ヒット
中村捕手は送りバントで1死2塁
代打・畠山選手はサードゴロで2死ランナー進めず。
坂口選手は左中間へのタイムリー2塁打を放ち、
大きな追加点が入ります。3-1
ナイスグッチ!!
青木選手は空振り三振で3アウト

9回、2点リードでヤクルトは5連投の石山泰稚投手が登板
センターに上田選手
先頭の代打・原口選手はセンターへの大飛球でしたが、上田選手が好捕して1死
鳥谷選手はセカンドゴロで2死。山田選手が好守でアウトにしました。
最後は梅野捕手をピッチャーゴロに打ち取りゲームセット

ヤクルトが甲子園で阪神に3タテ喰らわせ、3-1で勝利!
ヤクルトはこれで5連勝となりました。

先発した山中浩史投手は8回途中まで投げ、7安打されながらも粘り強く投げ
1失点(自責は0)で、今季初勝利をあげました。
おめでとうございます。ホントに良かったです。
勝利の瞬間、嬉しそうな笑顔がこぼれました。
昨日に続き、ローテ谷間の先発が好投して連勝を伸ばしたのは大きいですね。

e0222575_1539297.jpg


今日は、2番手でピンチを0点に抑えた梅野雄吾投手の力投も光りました。
山中投手の「梅野ありがとう」の言葉がすべてでしょう!

連投の近藤投手をお休みさせ、
8回途中から、山中投手の勝ち星を死守すべく必死で投げましたね。
ナバーロ選手との対決は手に汗握って見守りましたが、
しっかり打ち取りました。大きな自信となったことでしょう。
投げるごとに、ベンチからの信頼を得られていることと思います。
勝ちパターンに若い力が加わり、頼もしく感じます。

最後は、5連投の石山泰稚投手がきっちり3人締めでゲームセット
バックの好守もあってランナーを出すことなく、ハラハラせずに終わりました。

打線は6安打で3得点
坂口選手が先制の犠牲フライと、
価値ある3点目のタイムリー2塁打ほか2四球などで4出塁

青木宣親選手が7回2死満塁からレフトへのタイムリーヒット
ここぞの1打が出ました。さすが、頼りになります。
途中出場の廣岡選手は、9回先頭でヒットで出て3点目のホームを踏みました。
昇格後、バッティングがいいですね。

両チームとも守備のミスが絡んで失点しましたが、
ヤクルトは、8回にわずか1失点でしのいのだのが勝利へとつながりました。

火曜日からは神宮に戻り首位・広島カープとの3連戦
5連勝の勢いのまま、カープを少しでも慌てさせてやりたいですね。
投手陣は予想以上に頑張っています。
あとは、打線がもっと打って点を取ってやらないと。
1、2番の活躍は文句なし。頭が下がります。
クリーナップに当たりが止まっているのが気がかりですが、
神宮では爆発するよう期待したいと思います。

by misty2011 | 2018-08-30 21:59 | 東京ヤクルトスワローズ
札幌ドームで北海道日本ハムファイターズとの初戦に大敗した東京ヤクルトスワロ―ズ
連敗だけは避けたいところです。

2戦目の先発は、日本ハムファイターズが村田透投手、ヤクルトは山中浩史投手
スタメンは守備含めていじってきました。
2番セカンドに荒木選手、川端選手が3番に入りサード、5番ファースト畠山選手、
レフト坂口選手が7番に下がり、9番にショート谷内選手が入り、西浦選手がスタメン落ち

打撃は落ちてきましたが、ショートの守備が安定している西浦選手を下げて、
不安な谷内選手と言うのは、う~~んと思いますが、しっかり守ってくれたらと願います。

山田哲人選手は、ティー打撃を再開しました。(Twitter@sponichiyakyuu)

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトはあっさり三者凡退

1回裏1死後、山中投手は大田泰示選手にライトフェンス直撃のヒットを打たれ、
2死後、中田翔選手にレフト前ヒットを打たれ2死1、3塁
続くレアード選手を捕邪飛に打ち取り無失点で切り抜けます。

2回、先頭のバレンティン選手がセンター前ヒット
雄平選手は三邪飛、畠山選手はレフトフライで2死となり、
坂口選手はショートゴロで3アウト

2回裏1死後、山中投手は横尾選手にセンター前ヒットを打たれますが、後続を抑えます。

3回、先頭に中村捕手がセカンド内野安打で出塁
谷内選手は送りバント失敗で2塁アウトとなり1死1塁
トップに戻り、青木選手はライトへ2塁打を放ち1死1、3塁
荒木選手は死球で1死満塁から、
川端選手のセカンドゴロの間に3塁ランナーが生還してヤクルトが1点先制。1-0

3回裏、2死後、山中投手は近藤健介選手に8号ソロホームランを浴び1-1の同点に

4回、先頭の雄平選手はピッチャー直撃のゴロで1死となりますが、
打球を右腕の受けた村田投手は負傷交代となり、急きょ、井口投手が登板

畠山はセンター前ヒットで1死1塁
坂口選手はセカンドゴロで2死1塁となり、2盗失敗で3アウト

4回裏1死後、山中投手は石井一成選手にセンターオーバーの3塁打を打たれ、
横尾選手には痛くない死球をぶつけ1死1、3塁も、後続を打ち取ります。

5回、井口投手の前にヤクルトは三者凡退

5回裏2死後、近藤選手に四球を与えます。
中田翔選手にレフト線への2塁打を打たれ2死2、3塁
レアード選手はストレートの四球で2死満塁となりますが、
石井一成選手をセカンドフライに打ち取り、無失点に抑えます。
山中投手、ピンチの連続も、よく粘っています。

6回、日本ハムは石川直也投手が登板
ヤクルトは2番からの攻撃も三者凡退

6回裏、ヤクルトは2番手で風張蓮投手が登板。ショートは西浦選手に交代
2死後、中島選手を四球で出し、2盗を許しますが、
西川選手をセカンドゴロに打ち取ります。

7回、日本ハムは宮西投手が登板
2死後、坂口選手がショートエラーで出塁も、中村捕手はレフトフライで3アウト

7回裏、1-1の同点で、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
1死後、近藤対決で、近藤健介選手にライトへヒットを打たれ、好走塁で2塁へ進まれます。
中田選手はセンターフライに打ち取り2死となり、
レアード選手はサードフライで3アウト
近藤投手は、相手主軸に投げることが多いですが、今日もきっちり抑えました。

8回、日本ハムはトンキン投手が登板
1死後、青木選手がライトへのヒット、荒木選手は死球で1死1、2塁
川端選手はファーストゴロで2死2、3塁
バレンティン選手はセンターフライに倒れ得点ならず。

8回裏、ヤクルトは中尾輝投手が登板
1死後、おにぎり君こと横尾俊建選手にセンターバックスクリーンにソロ弾を放り込まれ
1-2と勝ち越されます。あちゃ~打たれましたか。
清水捕手にもレフト前ヒットを打たれ、送りバントで2死2塁
西川選手は捕邪飛で3アウト

9回、日本ハムは有原航平投手が登板
先頭の雄平選手がレフトへの2塁打で出塁
畠山選手は四球で歩き無死1、2塁。
1塁ランナー代走は井野捕手(はぁ?勝ち越しのランナーに井野捕手とは?)
ここで、坂口選手に代え、代打の三輪ちゃんを送り、
きっちり送りバントを決め1死2、3塁(坂口選手が不調なので、まあこれはわかります)
3塁ランナー雄平選手に代走の田代選手を送り、代打は藤井選手(はぁ??×∞)
藤井選手はハーフスイングの空振りで3球三振
鶴岡捕手の3塁けん制で、飛び出した田代選手が戻りきれずタッチアウトでゲームセット
押せ押せムードが、三振ゲッツーの何とも最悪の幕切れとなりました。

この場面、ベンチはバットに当たった瞬間に走者が走りだす「ギャンブルスタート」を指示。
カウント2ストライクから代打藤井選手ががハーフスイングで空振り三振し、
三塁走者田代選手の帰塁が遅れ、けん制タッチアウトでジエンドとは・・・とほほ。

ヤクルトは1-2で日本ハムに連敗となり、最後のカードは勝ち越しならず。
今日も交流戦Vは決められず、最高勝率の決定は17日以降となりました。

ヤクルトは11勝5敗となり、ソフトバンク、オリックス、西武の3チームが
10勝6敗で2位につけています。混戦となりましたね。


先発した山中投手は、5回を投げ6安打、近藤選手に浴びたソロ弾の1失点のみ。
よく投げてくれました。
ピンチはありましたが、気持ちを込め、1球1球、丁寧に投げて要所を締めました。
今、自分の持っているものは出し切ったと思います。

写真は昨年浦添ブルペンより 山中浩史投手
e0222575_15255574.jpg


6回から継投に入り、風張投手が無失点に抑え、
7回は、近藤一樹投手も無失点に抑えましたが、
8回、中尾輝投手が横尾選手に一発浴び、それが決勝点となり2敗目を喫しました。

打線は6安打で1得点
3回に川端選手のセカンドゴロ併殺崩れの間にあげた1得点のみでした。
あそこで、タイムリーが出ていれば、流れが来たでしょうけどね。

青木選手が今日もマルチで、引っ張った打球が増えてきて調子を上げてきました。
チームとしては、ヒットがポチポチと出るだけで、つながりませんでした。
9回最後は、ベンチの代走、代打攻勢が空回りして、完全に裏目となりました。

しかし、坂口、雄平、中村選手まで下げて、
このあと延長になったらどうするつもりだったんでしょう?

小川淳司監督は、昨日のマシンガン継投といい、今日の9回といいい、
大局が見えず、何かチマチマとした策に溺れすぎているようにも感じます。
動き過ぎて墓穴を掘っているというか、勝負勘が冴えませんね・・・。

采配で、まあ納得できたのは、三輪ちゃんの送りバントくらいです。
最後の1死2、3塁では、代打・藤井選手じゃなく、
そのまま中村悠平捕手でよかったと思いますけどね。
ムーチョは犠飛となる外野フライを打つのは得意です。(打てたかどうかはわかりませんが)
ゴロゴーだったとしても、ムーチョはバットに当てるのは上手いですからね。
藤井選手は、このところちょっと打撃がいいといっても、空振りは多い選手。
リスクが大きすぎました。

まずは、中村捕手そのまま打たせて同点に追いつく、
そちらの可能性にかけてほしかったですね。タイムリーを打てた可能性だってありました。
バントが上手いのでスクイズも出来ました。
誰がどう見ても、ムーチョの方が得点の確率は高かったと思います。

ヤクルトにとっては最悪のゲームセット、
日本ハムにとっては、有原投手がアップアップしていたので、
ヤクルトの采配に助けられたラッキーな終わり方でした。

なお、山田くんは今日も出番はありませんでした。

交流戦Vが手に届くところまで来ているのに、
このままズルズル負けるわけにはいきません。
明日は一戦必勝で挑んでください。小川投手に望みを託します。

by misty2011 | 2018-06-16 19:26 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜は雨の中、試合を決行し、
東京ヤクルトスワロ―ズは、交流戦2戦目にして初勝利をあげました。
かなりの雨量でしたが、けが人もなく無事に試合が最後まで行われてよかったです。

千葉ロッテとの3戦目は、途中で小雨がぱらっと降る程度で、
雨の影響はほとんどありませんでした。

先発は、ヤクルトが山中浩史投手、ロッテはルーキーの渡邉啓太投手
昨夜の日吉投手に続き、この投手も私は知りません。
スタメンは畠山選手が外れ5番に雄平選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア  

立ち上がり、山中投手は三者凡退に抑えます。

1回裏、2死後、坂口選手が振り逃げ、バレンティン選手は四球で出塁も、
雄平選手はファーストゴロで3アウト

2回1死後、山中投手はドミンゲス選手にセンターオーバーの2塁打を打たれ、 
清田、田村選手は四球で2死満塁
渡邊投手を三振に仕留め無失点で切り抜けます。

2回裏、ヤクルトはあっさり三者凡退。
昨夜と同様、あまり知らない投手を打ちあぐねています。 

3回、山中投手は先頭の荻野選手にセンター前ヒットを打たれ、
藤岡選手にレフト前ヒット&ランで無死1、3塁  
中村奨吾選手はショートゴロ併殺打の間に3塁ランナーが生還して0-1
1塁アウトがリクエスト検証となり、判定が覆りセーフで1死1塁
山田くんの肩が・・・最近、併殺が取れなくなりましたね。
このあと、角中、ドミンゲス選手を打ち取り、何とか1点で済みました。

3回裏、ヤクルトは9番からの打順で三者凡退
ヤクルトはまだノーヒット。

4回、山中投手は清田、鈴木大地選手に連打され無死1、2塁のピンチ
田村捕手は空振り三振で1死となり、渡邊投手は送りバント失敗で2死となり
荻野選手はショートゴロで、この回も無失点で切り抜けます。

4回裏2死後、雄平選手が四球で歩きます。
西浦選手はセンターフライで3アウト。まだヤクルトはノーヒットとは、とほほ…。
そんな凄い球はないんですが、
シュートとスライダーを内外に投げ分けていて、絞りづらいんでしょうね?

5回1死後、山中投手は中村奨吾選手にセンター前ヒットを打たれますが、
角中選手をセカンドゴロ併殺打に打ち取り3アウト。
毎回のピンチを何とかしのいで追加点を与えません。よく投げてくれました。

5回裏、先頭の大引選手がセンター前ヒット、やっとチーム初ヒットが出ました!
中村捕手は送りバントで1死2塁
ここで、代打・畠山選手はセンターフライで2死となり、
交流戦まだヒットがない山田くん、今日こそお願い!
しかし、外のきわどい球を見逃し三振。本人、それはないわと苦笑いでした。
まあボール臭かったですけどね・・・。

それはそうだとしても、結果としてはやっぱり打てなかったと、私はがっくり。
判定も含め、バッテリーにいいようにやられて、もう泣きたくなりました。
ヤクルトファンの中には、チャンスで山田くんには
何も期待できないと思われているのが悲しすぎます。

6回、ヤクルトは2番手でカラシティー投手が登板
三者凡退に抑えます。

6回裏、先頭の青木選手がレフトへのヒットで出ます。
坂口選手はセカンドへの内野安打で無死1、2塁

ここで、ロッテは田中靖洋投手に継投
バレンティン選手は空振り三振で1死となり、
雄平選手はファーストへの内野安打で1死満塁
リクエスト検証の結果、判定通り1塁セーフ!

1死満塁から、西浦選手はセンターへ犠牲フライを運び1-1の同点に!
なおも2死1、2塁で、大引選手が左中間へのタイムリー2塁打を放ち、
二者生還して3-1と勝ち越します。ビッキー、ナイスバッティング!
打撃好調、しかも勝負強いバッティングが光ります!

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
荻野選手にヒットを打たれますが、無失点に抑えます。

7回裏、ロッテは南投手が登板
田代、山田、青木選手が三者凡退
山田くんは、またセンターフライを打ち上げました。
交流戦まだノーヒットだし、好機では打てないし、打席では焦りを感じます。
内心そうとうイライラしているかもしれませんね。
私はもう凹みまくりで、打席が怖くて見たくない心境。

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
1死後、角中選手を四球で出し、暴投で1死2塁も、後続を打ち取ります。

8回裏、ロッテはシェッパーズ投手が登板
坂口選手がライト前ヒットで出塁
バレンティン選手は空振り三振後、
雄平選手はライトへのヒットでつなぎ1死1、2塁
2死後、大引選手は四球で歩き2死満塁も、
中村捕手は1塁ファールフライで追加点ならず。

2点リードで9回は石山泰稚投手
1死後、代打の加藤、福浦選手に連打され1死1、2塁のピンチでしたが、
後続を打ち取りゲームセット

ヤクルトが3-1でロッテに連勝!
これで、交流戦最初のカードを2勝1敗と勝ち越しました。
上出来ですね!よかったです。

先発した山中投手は、毎回のようにランナーを出す苦しいピッチングでしたが、
5回1失点にまとめました。よく踏ん張ったと思います。
6回からは、カラシティー、中尾、近藤、石山投手と無失点リレー
勝ち投手はカラシティー投手で2勝目をあげました。

打線は、ロッテのルーキー渡邊投手に苦戦しましたが、
チーム初ヒットが大引選手なら、勝ち越し適時2塁打も大引選手でした。
10試合(訂正)連続ヒットと打撃好調が続いていて、
ベテランならではの勝負強さが頼もしい限りです。
打順の巡り合わせで、意外や7番にチャンスが回ることが多く、
そこに大引選手がいるのがハマっていますね。

写真は浦添キャンプ初日より大引啓次選手
e0222575_16365079.jpg


チームとしては7安打で3得点
坂口、大引選手の元パ・リーグ戦士が2安打
雄平選手もマルチ、あとは青木選手が1安打で、西浦選手が犠牲フライの1打点でした。
全体的には、いくら初対戦とは言っても、もっと打ってほしいですね。
この先が思いやられます。

心配なのは山田哲人選手
交流戦3試合ノーヒット
2四球はあるものの11打数0安打で打率は3割を切り.294まで下降しました。
打てそうな気配がありませんね。
交流戦に入ってからの守備ミスや走塁ミスを取り返せないままです。
引きずるタイプですからね・・・。

しかし、こんなに一気に不調モードになるとは思いませんでした。
先日のファインプレ―の時、肩を痛そうに回していましたが、
まさか痛めているってことはないでしょうね?何もなければ、いいのですが。
次のカードでは、どうかヒットが出ますように!
山田くんにヒットが出ないと、勝っても、私はイマイチすっきりしません。
  
by misty2011 | 2018-05-31 21:57 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズは、神宮での阪神戦初戦をとって3連勝。
ゴールデンウィーク真っただ中の神宮で、この勢いで連勝ウィークと行きたいですね。

先発は、ヤクルトがまだ勝ち星がない山中浩史投手、阪神は岩貞祐太投手
岩貞投手とは、公式戦ではあの昨年9月11日以来の対戦となります。
今日は、今まで以上に不調の山田選手の打席に注目が集まります。
スタメンは、中村捕手が6番に上がり、7番ファーストに荒木選手が入りました。
一方、阪神もガラッとオーダーをいじってきて、スタメンマスクは岡崎捕手でした。あら!?


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・山中投手が6回2失点(自責点1)の力投も、終盤突き放され4連勝ならず

初回、山中投手はテンポよく3人で片付けます。

その裏、先頭の坂口選手がセンター前ヒットで出塁。
大引選手が送って1死2塁
山田選手はサード内野安打でつなぎ1死1、3塁。
打球そのものは、まずまずの当たりで、鳥谷選手が弾いてくれました。
因縁の対決第1ラウンドに、とりあえずヒットが出ました。よかった♪
バレンティン選手は空振り三振で2アウト。山田くん、やはり走りません。
雄平選手は右足に死球を受け2死満塁。
ここで、中村悠平選手がフルカウントから押し出しの四球を選び、ヤクルトが1点先制!

なおも満塁で、荒木選手はセカンドゴロで1点どまり。
こういうところなんですよね。カープなら一気呵成に畳みかけるんですけどね。

2回、山中投手は福留選手にライト線へのヒットを打たれます。
2塁打になるところでしたが、福留選手が1塁ベースを回ったところで転びました。
つづいて、今日5番に入った髙山選手にもライトへヒットを打たれ無死1、2塁のピンチを招きます。

鳥谷選手はファーストゴロで、荒木選手が弾きますが、山田選手がカバーして1塁アウトで1死2、3塁。
糸原選手はセカンドフライで2アウト。岡崎捕手は敬遠で2死満塁。
岩貞投手には粘られフルカウントとなりますが、最後は空振り三振に仕留め無失点で切り抜けます。
やれやれ・・・。

その裏、2死後、坂口選手がセンター前ヒットで出塁。
大引選手はピッチャー返しのセンター前ヒットで続き2死1、2塁。
明日の藤浪投手の時に、こういうのをお願いします。
つづく山田選手は、フルカウントから外の球を見逃して三振。がっくッ。
四球待ちだったとしたら消極的。きわどい球はせめてカットしなきゃ。それが出来ないんですよね。
ここで、打てれば復活(訂正)への足掛かりとなりましたが、また遠のきました。

3回、山中投手は三者凡退に抑えます。

その裏、バレンティン選手は強烈なレフト前ヒットで出塁。さっき打て!こういうのが多すぎ。
雄平選手は謎バントの構えのあと見逃し三振。中村悠平捕手はセンターフライで2アウト。
荒木選手はセカンドゴロで3アウト。後続が進塁打すら打てませんでした。
ベンチの指示もなさそうで、基本、選手がヒットを打つのを待つだけ。
これが真中自主性野球なんでしょう。

4回、先頭の福留選手にライトへヒットを打たれます。
1死後、鳥谷選手のショートゴロを、大引選手が弾いて併殺がとれず2塁アウトのみ。
う~ん、昨日からいろいろビッキーのやらかしが目立ちます。
こんな状態でも、西浦選手が使えないのは寂しすぎます。
このあと鳥谷選手が盗塁を試み、1、2塁間で挟んで3アウト。無失点で切り抜けます。

その裏、ヤクルトは三者凡退。

5回、山中投手は3人で片付けます。

その裏、1死後、山田選手はライトへの大飛球もひと伸び足りず。
惜しい当たりも、最後は失速しました。
バレンティン選手は浅いライトフライで三者凡退。

6回、山中投手は先頭の荒木選手にレフト前に2塁打を打たれます。
打球がイレギュラーして跳ね、バレンティン選手が素手で捕りますがファンブルして、
悠々と2塁へ行かれました。記録はシングルヒットとバレンティン選手の失策。

つづく上本選手の送りバントを、山中投手が3塁へ投げますがフィルダースチョイスとなりセーフ。
無死1、3塁のピンチで、糸井選手のファーストゴロがタイムリー内野安打となり、
3塁走者が生還して1-1の同点に追いつかれます。
荒木選手、バックホームできなかったですかね?1塁もセーフで1死1、2塁。
福留、髙山選手は打ちとり2死となりますが、
鳥谷選手にセカンド横を抜けるセンターへのタイムリーヒットを打たれ、1-2と逆転されます。
山田くん、出来れば止めてほしかったですね・・・。

なおも2死1、3塁で糸原選手に四球を与え2死満塁。
岡崎捕手はショートフライに打ち取り、ようやく3アウト。
しかし、この回、バレンティン選手に始まり、内外野のミスが重なりました。

その裏、岩貞投手の前に三者凡退。

7回、ヤクルトはルーキ投手が登板。きっちり3人で片付けます。

その裏、阪神は桑原投手が登板
ヤクルトは三者凡退。

8回、ヤクルトはギルメット投手が登板
先頭の糸井選手に四球を与え出塁を許します。
福留選手にはライト線へのヒットを打たれ無死1、3塁。髙山選手は空振り三振で1アウト。
つづく鳥谷選手のファーストゴロを荒木選手がバックホームもセーフとなり、1-3と2点差に。
この時、ホームでのクロスプレーで、中村捕手のブロックに対し、糸井選手が怒っていました。

岡崎捕手は打ちとり2死満塁となりますが、
代打の中谷選手にレフトへ2点タイムリーヒットを浴び1-5となります。

その裏、阪神はマテオ投手が登板
先頭の大引選手がセンターへのヒットで出塁。
山田選手は三遊間へのヒットで無死1、2塁。泳ぎながらもヒットにしました。
外野に抜けるヒットはいつ以来でしょう?

バレンティン選手はセカンドフライ
雄平選手はセカンドゴロで2死1、2塁。
中村捕手は死球で2死満塁。
ここで、代打の大松選手は押し出しの四球をもらい2-5
谷内選手の打席では、パスボールで3-5

なおも2死2、3塁で、谷内選手のピッチャーゴロをマテオ投手がファンブルするエラーで4-5
もう、お互い草野球ですね。
ゴールデンウィークでスタンドに来ている大勢の子供たちに見せる野球ではありません。

2死1、3塁で、代打の鵜久森選手はセカンドフライで3アウト。

9回、ヤクルトは原樹理投手が登板
先頭の左打ちの大和選手はセカンド内野安打。やっぱりスイッチバッターになっているんですね。
1死後、福留選手に左中間へのタイムリー2塁打を打たれ4-6と2点差に。
北條選手にもライト前タイムリーヒットを浴び4-7


せっかく1点差まで追い上げたのに、これだもんね・・・。
鳥谷選手もライト前ヒットで1死1、2塁。
糸原選手にはレフトオーバーのタイムリー2塁打を打たれ4-8
このあと、二者連続三振に仕留め、ようやく3アウト。

9回裏、阪神はドリス投手が登板
4点を追うヤクルトは、先頭の坂口選手が3安打目となるセンター前ヒットで出塁
大引選手は四球で無死1、2塁
山田選手はフルカウントから低めのボール球をひっかけショートゴロ併殺打。
う~~ん、選べば四球でした。1塁へも全力疾走していません。
キツイことを言うようですが、もし、足に不安があるとしても、
試合に出ている以上は、最後まであきらめないで走ってほしいです。
大谷くんみたいに、全力疾走禁止令が出ているわけでもないでしょう。
自分でセーブしているんだと思いますが、見ていて悲しくなります。

このあと、バレンティン選手は見逃し三振でゲームセット

ヤクルトは4-8で敗れ、連勝は3で止まりました。

先発の山中投手は6回を投げ2失点(自責は1)で、今日も勝てず3敗目。
e0222575_15273117.jpg


あまり調子がよくないながら、最少失点で踏ん張っていましたが、あのバント処理が痛かったですね。
あの6回は、バレンティン選手のエラーから始まり、山中選手の野選ほかミスが重なりました。
タラレバで、いろいろ防げた失点でした。

ルーキ投手は抑えましたが、ギルメット投手、原樹理投手が試合を壊したのが悔やまれます。
ベンチも早々と試合をあきらめたのか、打たれても放置していました。

打線は、8安打で4得点。ただし、相手ミスでもらった4点です。
二つの押し出しの四球と、パスボール、マテオ投手のエラーで、
チャンスにタイムリーがナシでは、やはり勝てません。

序盤で岩貞投手を攻略できず、途中からは立ち直らせてしまいました。

坂口選手が好調で3安打猛打賞、大引、山田選手がマルチヒットでした。

山田選手は、初回に岩貞投手からサード内野安打、
8回にはマテオ投手からレフトへのヒットの2安打で、打率は2割台に乗りました。
これで上向くかと期待しましたが、2回にはチャンスで見逃し三振、
9回のチャンスにも、フルカウントからボール球を打ってショートゴロ併殺打。
特に、9回は点差を考えれば、四球を選んでほしかった場面でした。
最後の打席で、私はマルチヒットを帳消しにするくらい落胆しました。

あと、上でも書いた走塁ですね・・・。
足がホントに悪いのなら、だましだましよりは、治すことを優先してほしいです。
足が大丈夫なら、盗塁も含めちゃんと走ってほしいです。
走れない山田くんでは魅力が半減です。

打順は、真中監督が頑として機能しない3・4番を固定しているので、もうあきらめました。
それなら、せっかく1、2番でおぜん立てした打席では、山田くんはまずはつなぎに徹してほしいですね。
今の状態のバッティングなら、無理に打ちに行くことは賢明ではないと思います。
最後の打席だけは、ファンの私でも擁護できません。
またこれで、山田くんへのヘイトが集まりそうで気が滅入ります。
まあ、つないだところで、後ろの4番もチャンスには頼りないですが・・・。

いろいろあった今日の試合、阪神の守備も大概ですが、それでも負けました。
昨夜、一丸となっていい形で勝って3連勝した勢いを吹き飛ばすようなヤクルトの負け方でした。
一気に後味が悪くなりました。

明日は、怖い藤浪投手との対戦。
右打者は全員フェイスガード付きのヘルメット着用で、出来るだけ左バッターを揃えてほしいです。
山田くんは、ベンチスタート出来ないなら、一日限定の左バッターになることをすすめます。
また、頭付近に危ない球が向かって来たら、せっかくヒットが出始めたのに、
また逆戻りしそうで心配です。

by misty2011 | 2017-05-03 19:50 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズは、今日から中日ドラゴンズとの3連戦

その初戦は豊橋市民球場で開催されました。
先発は中日がジョーダン投手、ヤクルトは好投しながらもまだ勝ち星がない山中浩史投手
スタメンオーダーは前試合23日と同じ。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 山田選手の2点タイムリー二塁打で追い上げるも、反撃及ばず2連敗…

ヤクルトは初回2死後、 山田選手がレフト前ヒットで出塁。
サードのゲレード選手が打球のバウンドを合わせ損ね、外野に抜けて行きましたが、
エラーでもおかしくない打球でした。ヒットになってラッキー。
しかし、バレンティン選手がレフトフライで3アウト。
山田くん、今日も走りませんね・・・。

1回裏、山中選手は先頭の京田選手をセカンドゴロエラーで出します。
山田選手がファンブルしました。今季初失策。
地方球場、土のグランドはやはり鬼門なんでしょうか?
2死後、京田選手に2盗されますが、山中投手は後続を抑え無失点で切り抜けます。

2回、ヤクルトは三者凡退

2回裏、山中投手は先頭のビシエド選手にレフト前ヒット、藤井選手に四球を与えると、
つづくゲレーロ選手にレフトスタンドに3ランホームランを運ばれ0-3と先制を許します。

3回、ヤクルトは2死後、坂口選手が四球で歩きますが、荒木選手が空振り三振

その裏、山中投手は3人で片付けます。

4回、ヤクルトは山田選手からの攻撃も三者凡退。
山田選手はショートゴロ。第1打席と同様、タイミングが全く合いません。


その裏、山中投手は藤井、ゲレーロ選手に連打されピンチでしたが、後続を抑え3アウト。

5回、先頭の中村捕手は、いい当たりのレフトフライもひと伸びたりず1アウト。
西田選手は四球で出塁。
続く大引選手が左中間への2塁打を放ち1死2、3塁。
西田選手は3塁ストップでしたが、回したらどうだったでしょう?
この後、山中投手は空振り三振で2アウト。
坂口選手も空振り三振に倒れ、得点なりません。

その裏、山中投手は先頭の亀澤選手にライト前ヒットを打たれ、
このあと、平田選手のセンターフライの中継プレーでミスが出て、2死2塁のピンチを招きますが、
ビシエド選手をセンターフライに打ち取り0点で切り抜けます。

6回、ヤクルトは3番からの攻撃も、あっさり三者凡退。
山田くんは、またまた引っかけてボテボテのショートゴロ。
全く合っていません。打てそうな気配なし。バレンティン選手もさっぱり。

その裏、2死後、山中投手は松井雅人捕手にライトスタンドへ1号ソロホームランを放り込まれ0-4
今日は、これで決まりかなあと思ってしまう痛い一発でした。

7回、ヤクルトはまたまたあっさり三者凡退。やる気なし。

その裏、続投の山中投手は、大引、雄平選手の好守もあって三者凡退に抑えます。

8回1死後、ヤクルトは山中投手に代打の鵜久森選手を送りますが、藤井選手に好捕され2アウト。
このあと、坂口選手がセンター前ヒット、荒木選手はレフト前ヒットで2死1、3塁

つづく山田選手の打席で、中日は三ツ間投手に交代。
ジョーダン投手に合ってなかったので、代えてくれてよかったかも??
山田選手は初球を捉え、ライトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち、2-4と2点差に!
ナイスバッティング!

e0222575_9425416.jpg


やはり、山田くんには初球から振っていくくらいの積極性がほしいですね。
いつもファーストストライクを簡単に見逃しすぎます。
しかし、バレンティン選手は空振り三振で2点どまり。

この回、ヤクルとは1番から3番が珍しくつながり、3連打で2点かえしました。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板。三者凡退に抑えます。

9回、中日は田島投手が登板
ヤクルトは、あっさり三者凡退でゲームセット

ヤクルトは、毎度の追いつかない程度の反撃で、2-4で中日に敗れ、最下位に転落しました。

それにしても、ジョーダン投手の前に4安打9三振と軽くひねられましたね。

8回に3連打で2点奪いましたが、ジョーダン投手からは、結局4安打しか打てませんでした。
山田選手の打席で交代してくれたのはラッキーとしか言えません。
あのまま続投なら、おそらく打てなかったと思われます。
交代後、三ツ間投手の初球を叩いて2点タイムリー2塁打が出ましたが、
それまでの打席はさっぱりでしたからね。

山田選手は、たしか開幕戦以来のマルチヒット、そして久しぶりのタイムリーが出ました。
しかし、3打席目までの打撃内容はいいところなしでした。
今日のタイムリー2塁打が明日につながることを願います。

それから、再度書いておきますが、やはり3番、4番の並びは私は反対です。
今日の8回も、2点差に追いつき、バレンティン選手がつないでいれば、まだ何とかなったかもしれません。
しかし、強振して三振。こういうのが目立ちます。
結局、バレンティン選手は4打数ノーヒットでブレーキとなりました。

調子が上がらない3、4番の並びでは、得点できるような気がしません。
また、チームで唯一盗塁ができる山田選手にとって、
次がバレンティン選手というのは走りにくそうです。
間に雄平選手を挟んだ方が、まだ期待が持てそうです。
それか、バレンティン選手をもっと下位に置くか、山田選手を1番にするか、いろいろ考えられます。
しかし、ベンチは動かないんでしょうね・・・。

山中投手は、今日は打たれてはいけない2選手に被弾したので、まあ負けは致し方ありません。
相変わらず援護がないのは可哀想ですね。次こそ、たっぷり援護してあげてください。

それから、今日は山田選手に今季初失策、大引選手にもエラーがつきました。
これ以外にも、土の地方球場だったのもあって、内野陣がバタバタしていました。
打てないのなら、しっかり守ってほしいです。お願いします。

明日からはナゴヤドームで2連戦。
いつまで打線は冷えているんでしょう。打たないと見ていてホントに試合が面白くありません。
野手陣よ、いい加減に目を覚ましてください!

by misty2011 | 2017-04-25 21:15 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズは、今日から読売ジャイアンツとの2連戦

その初戦は熊本藤崎台県営野球場で開催されました。
先発は、巨人が菅野智之投手、ヤクルトは地元熊本出身の山中浩史投手
勝利で凱旋登板を飾ってほしいものです。

スタメンは、またまたいじってきました。
2番に山崎、5番に雄平選手、8番ショートは西浦選手となりました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発の山中投手が故郷・熊本で7回2失点の力投!しかし打線の援護なく完封負け…

初回、ヤクルトは三者凡退

その裏、山中投手は1死後、熊本出身の立岡選手にサード横を抜けるレフトへ前にヒットを打たれると、
2死後、阿部慎之助選手にセンターへのタイムリーヒットで、
1塁から立岡選手が一気にホームインして、1点先制を許します。
山崎→西浦選手と中継してバックホームも悠々セーフとなりました。
立岡選手の打球は谷内選手には捕ってほしかったし、
本塁生還を許した外野からの中継プレーもお粗末でした。

2回、先頭の畠山選手がセカンドゴロで、走りだした途端に足を痛めて負傷交代。
心配ですね。軽症ならいいのですが。
追記
サンスポ 燕・畠山、左脚痛め抹消へ…肉離れの疑い強く 真中監督「歩けないような状況なので…」
いや~これは踏んだり蹴ったりですね。どうかお大事に!

このあと、中村捕手が四球で歩きますが、谷内選手はセンターフライで3アウト。

その裏、その裏、ヤクルト1塁の守備に鵜久森選手が入ります。
山中投手は2死後、小林捕手、菅野投手に連打されますが、後続を打ち取ります。
開幕後、打撃不振の小林捕手ですが、相変わらずヤクルト戦ではよく打ちます。

3回、ヤクルトは三者凡退。山田選手は見逃し三振でした。

その裏、山中投手は先頭の立岡選手にピッチャー強襲内野安打を打たれますが、
坂本、阿部選手を打ち取り、立岡選手の2盗を中村捕手が刺し3アウト。

4回、ヤクルトはあっさり三者凡退。まだここまでノーヒット。

その裏、1死後、山中投手は2段モーションを取られた後、石川慎吾選手にセンターへヒットを打たれます。
2死後、小林捕手のセンターへ抜けようかという打球に山田選手が飛びつき、セカンドゴロで3アウト!
ナイスキャッチ! 打てないので、哀しいかな今日も山田くんは守備の人。

5回、先頭の雄平選手がセカンド内野安打で出塁。ヤクルト初ヒットでノーノーを阻止!
中村捕手はエンドランでファーストゴロとなり1死2塁。
谷内選手はキャッチャーファールフライで2死となり、西浦選手は四球で2死1、2塁。
山中投手はファーストゴロで3アウト。

その裏、山中投手は菅野投手にセンター前ヒットを打たれます。
投手なのにセンターが深く守っていて、山崎選手が突っ込んできましたが捕れませんでした。
1死後、立岡選手に今日3安打目となるライト前ヒットを打たれ1死1、3塁
坂本選手は初球を打ちあげキャッチャーファールフライで2アウト。これは優しい坂本くん。
このあと、阿部選手にライト前タイムリーヒットを打たれ0-2
しかし、この場面、阿部選手と勝負するかな??致命的な2点目とならなければいいんですが。
マギー選手はサードゴロで3アウト。

6回、先頭の山田選手はショートゴロ。間一髪アウトとなりました。
山崎選手は見逃し三振、バレンティン選手はショートゴロ。打てません。

その裏、山中投手は初めて三者凡退に抑えます。

7回、ヤクルトはこの回も三者凡退。中村捕手はいい当たりのレフトフライでしたが、ひと伸び足りず。
その裏、山中投手は3人で片付けます。

8回2死後、山中投手の代打で上田選手が打席に立ちますが、空振り三振。

その裏、ヤクルトは村中恭兵投手が登板
先頭の坂本選手はショートゴロでで1死と思いきや、
1塁の足が離れてる??の審判の判断でセーフとなります。これはないわ、アウトでしょ。
記録は西浦選手の悪送球エラー

1死後、マギー選手にセンターへヒットを打たれ1死1、3塁
つづく代打・村田選手には四球を与え1死満塁
ここで、代打・長野選手が登場。ライトへ犠牲フライを運ばれ0-3
小林捕手は敬遠して2死満塁。ここで敬遠してもね・・・。
菅野投手はいい当たりのセカンドゴロも、山田選手がきっちり捕って3アウト。やれやれ…

3点を追う9回、先頭の山田選手はサードゴロで今日4タコ
山崎選手はショートゴロ
バレンティン選手は高めのボールをセンター前にはじき返します。
鵜久森選手はセンター前ヒットで2死1、3塁
雄平選手はセンターフライでゲームセット

ヤクルトは0-3で菅野投手の前に完封負けを喫しました。

先発の山中浩史投手は7回9安打6奪三振で2失点と粘りましたが、
故郷熊本で凱旋勝利とはならず、今季初黒星となりました。
相変わらず援護がなくて気の毒です。

初回の失点は、守備がきっちりしていれば、無失点で切り抜けられたように思います。
打てず守れずの野手は大いに反省してほしいです。
山田選手ところに飛んだ打球だけは安心して見ていられました。

e0222575_15402892.jpg




まあ、今日は相手が菅野投手だから打てなくても仕方ないわと言いたいところですが、
ここまで打線が冷えてくると、相手投手がどうこうの問題ではないような・・・。
一体、だれなら打てるのやら!?今のところDeNAの石田投手だけですね。

9回最後は2死から連打が出ましたが、反撃が遅すぎて虚しいだけ。

山田選手は4打数ノーヒットで2試合連続ノーヒット。打率は.222まで落ちました。
山田くんにしても、打てないのは苦手の菅野投手という以前の問題のような気がします。

とにかく打線が死んでいます。
チームで狙い球を絞っているようにも見えず、ファールで粘ることもできず、
今日は追い込まれると打てないので、早めに打って出ても、
なんの工夫もなく振るだけでは相手の思うツボ。
今さらながら、川端選手の離脱や、今浪選手がまだ復帰できないのが痛すぎますね。

ベンチはおそらく、もう何回も対戦している菅野投手なので、
各自の自主性に任せて打たせているんでしょうけど、
これだけ打てないのなら、チームとして何らかの策を講じてほしかったですね。

毎度のことながら、選手に丸投げで、ベンチからはそういう姿勢が全く見えてきませんでした。
今日は、たしかに菅野投手は好投しましたが、それほど絶好調とまでは行かず、
(中日は別として)他のチームなら、もう少し苦しめられたのではないかと思います。


最後に、山田選手はティーを続けていれば、そのうち上がってくるというのは、
ある種の自分へのおまじないみたいなもの、よりどころにはなっていますが、
根本的な不振脱出とはなっていないように私は感じます。

この際、基本に帰って自分の弱点を見つめ直し、そこから打撃練習に取り組まないと、
この先も、長いトンネルから抜け出せないような気がしてなりません。
もう少しバッティング技術を身につけないと。
苦手な球はカットするとか、バットコントロールを磨くとか等々。
この辺は、杉村コーチとよく話し合って、何らかの手を打ってほしいと願います。
ティー効果が、昨年の後半以降、特に死球以降、私はほとんど感じられないのです。
今日は、始球式ですら腰が引けていたので、死球の影響がやはりまだあるんでしょうか?

とにかく、打順はどこであれ、山田くんが打たないとこのチームは勝てません。
チーム全体としても、中村捕手以外みんな打てないので、
この際、打順がどうこう語るのが虚しくなりました。
明日は、もうちょっと抵抗してください!お願いします。

by misty2011 | 2017-04-18 21:42 | 東京ヤクルトスワローズ
開幕から4カード目、東京ヤクルトスワローズは、昨夜は神宮が雨天中止となり、
今日から中日との2連戦。

先発は、ヤクルトが山中浩史投手、中日はバルデス投手
スタメンは1番比屋根、2番大引選手で、雄平選手が外れ、畠山選手が5番に上がり、6番に鵜久森選手
サードには西浦選手が入りました。
選手の入れ替えでは、星野雄大捕手と山崎晃大朗選手が昇格し、土肥寛昌投手と三輪正義選手が降格


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・山中投手が7回2失点の好投も、今季3度目の延長戦を制せず6連敗…

初回は両チームとも三者凡退
ヤクルトは1死後、大引選手が四球で歩きますが、山田選手がサードゴロ併殺打。
力のないゴロで、またまた併殺打の山田くんに、私は早くも撤収モード。打てそうな気がしません。

2回、山中投手は先頭のビシエド選手に四球を与え、平田選手にレフト前ヒットを打たれ無死1、2塁
1死後、ルーキーの京田選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ1点失うと、
2死後、バルデス投手にセンターへタイムリーヒットを打たれ0-2
山中投手にしてはコントロールがよくなく、ストライクを取りに行って打たれました。

この後、3、4回は両チーム三者凡退。
ヤクルトは4回までノーヒット。フライアウトが続きます。
4回の山田選手はサードフライを打ち上げました。
凄い球を投げてるわけでもないのに、どうやったらヒットが打てるのか手がかりさえ見えません。

5回も山中投手は3人で片付けます。3回以降、山中投手らしいテンポの良さが戻ってきました。

その裏、ヤクルトは2死後、今日スタメンの鵜久森選手がレフト前ヒットで出塁。
ようやくチーム初ヒット!ノーノーを阻止しました。
中村悠平捕手もレフト前ヒットで続き2死1、2塁
ヤクルトはここから如何に点をとるかが問題!

つづく西浦選手は四球で歩き2死満塁。
代打は出さず、山中投手がそのまま打席に入ります。
山中投手はショートゴロで3アウトチェンジ。まあ、仕方ありませんか・・・。

6回、山中投手は亀澤選手にライトへ2塁打を打たれます。
鵜久森選手の守備の隙をつかれて2塁打となりました。
無死2塁のピンチから、この後、ゲレーロ、ビシエド、平田選手を抑え追加点を許しません。
よく抑えました。

その裏、比屋根、大引選手はショートゴロ、山田選手はライトへの大きなフライで3アウト。
腰が入ってないので、ひと伸び足りません。

7回、山中投手は、この回も危なげなく三者凡退に抑えます。
打線が何とかしなきゃ!

その裏、ヤクルトは2死後、鵜久森選手が左中間への2塁打で出塁。また2死からチャンスか・・・。
中村悠平捕手の打席でバッテリーミスが出て2死3塁。
もうムーチョしか頼る選手がいません。打って~!
中村捕手は四球、西浦選手も四球で2死満塁となります。

ここで、ヤクルトは代打に西田明央選手を送ります。
今日は戸田でデーゲームに出場し、夜は神宮へ!
西田選手ファーストフライを打ち上げますが、ビシエド選手がなんと落球。
この間にランナーが二者生還して2-2の同点に!
比屋根選手の打席で、西田選手が2盗して2死2、3塁も、
比屋根選手はライトフライで3アウト、勝ち越しならず。

2-2の同点となった8回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1死後、大島選手にサード内野安打を打たれますが、大島選手はけん制盗塁死で2アウト。
亀澤選手は見逃し三振で3アウト。

その裏、中日は三ツ間投手が登板
1死後、山田選手は外の球に見逃し三振。バレンティン選手も倒れあっさり三者凡退。

今日も上位打線はダメダメ、特に3、4番。下位打線と入れ替えてほしいくらいの絶望感。
山田くんは、すぐ2ストライクと追い込まれ、最後はボールくさい球でしたが見逃し三振。
不服そうにしていました。
不調で怖さがないので、相手バッテリーはどんどんトライクを取って追い込みます。
追い込まれると、粘ることも何もできず、三振か凡打の繰り返し。かなり重症ですね。
これ、ホントにそのうち打てるようになるんでしょうか??

9回は秋吉亮投手が登板
1死後、ビシエド選手に四球を与えますが、後続を抑えます。

その裏、三ツ間投手は続投
先頭の畠山は空振り三振。
期待の鵜久森選手も空振り三振。あらら・・・
中村悠平捕手は内野安打で2死1塁。またまた2アウトから
西浦選手はレフトファールフライに倒れ、サヨナラ逸し、延長戦に入ります。

10回、ヤクルトは星知弥投手が登板 ライトは雄平選手に交代
先頭の京田選手がショート内野安打で出塁
杉山捕手は送りバントで1死2塁。
ここで、中日は代打の藤井淳志選手が右中間へのタイムリー3塁打を放ち中日が1点勝ち越します。
大島選手はピッチャーゴロで2死3塁
つづく亀澤恭平選手にライトへ2ランホームランを放り込まれ2-5となります。あちゃ・・・

3点を追うその裏、中日は田島投手が登板
先頭の雄平選手は空振り三振、代打の山崎選手はライトフライ。
大引選手はセカンドゴロでゲームセット。

ヤクルトは2-5で中日に敗れ、これで6連敗。

山中投手は7回2失点。2回だけなんですよね。
これ以外は好投も、また勝ちにつながりませんでした。

問題は打線、それも上位打線が全く音なし。
スタメンの1番から5番が20打数ノーヒット1四球では話になりません。

6番の鵜久森選手と7番の中村悠平捕手がともに2安打と下位打線の方がよほど期待が持てました。
結局、ヒットはこの2選手の4安打のみ。
しかも、得点は相手落球エラーでもらった2点のみ。
あれがなければ完封されていたかもしれません。何ともさぶい試合となりました。

中村悠平捕手の打撃は好調なんですが・・・いっそのこと上位の打順におきますか?
e0222575_21372424.jpg



チャンスがあったとすれば、5回2死満塁の場面。
ヤクルトは山中投手に代打を出さず、そのまま打席に立たせました。
まだ回が浅かったので、続投はわかりますが、もし代打を送っていればどうだったでしょう?
ま、結果論なので何とでも言えます。同じく点が入らなかったような気もしますが。

同点で延長に入り、星投手が打たれましたが、やはりまだ競った場面では厳しいのかもしれませんね。
京田選手の打球がショート内野安打だったのも不運でしたが、そのあと、藤井選手に打たれ、
まさかの亀澤選手に被弾したのは大誤算でした。全部、左打者に打たれていますね。

3点ビハインドでは、今のヤクルト打線に挽回の力はありません。
どちらにしても、相手エラーがなければ1点も取れなかったので、勝ち目はありませんでした。

打線を何とかしないと、とてもじゃないですが勝てそうにありません。
投手陣が頑張っているだけに、これだけ打てないと気が滅入ってきますね。
開幕早々、もう試合を見るのが苦痛になってきました。
特に、山田くんの状態が一向にあがってきませんからね。
凡退の内容も悪いので、明かりが見えません。私は、どんどん落ち込むだけ・・・。

明日から、突然打ってくれないかしら? そう願っても打てそうにない雰囲気なんですよね。
今のところ、3番に置く価値が見いだせません。
1番で気分転換でもと思いますが、それでも打てそうにないですね。
山田くんに限らず、特に上位打線は何とかなりませんかね。

投手が打たれるのも辛いですが、こんな打てない打線を見るのは、マジで勘弁してほしいです。
ベンチは何か打開策を考えているんでしょうか?
それが見えてこないので、余計ストレスが溜まります。

by misty2011 | 2017-04-12 22:05 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜は藤浪投手の畠山選手への死球を巡り大乱闘となり、
両軍から二人も退場者が出るなど大荒れの試合でした。
しかし、本当に退場しなきゃいけないのは藤浪晋太郎投手だったでしょ!
明らかに危険球。一発退場になっていれば、乱闘騒ぎまで発展しなかったと思います。
改めて、審判の不手際も感じた試合でした。
「危険球じゃない」との審判の判断に対し、真中監督はNPBに抗議文を出すとのことです。

一般社会で、危険運転の常習者が野放しにされていれば、
生命にかかわる大事故がいつ起きても不思議じゃありません。
いちばん悪いのは当人ですが、そういう者を放置しておく方にも大いに問題があると思います。

藤浪投手は、まさにそういう投球をします。
自動車運転の場合は、違反したり事故を起こせば罰が科せられます。
運転でなくても、業務上で注意を怠り人にケガをさせれば、業務上過失傷害の罪に問われます。

野球は、下記のように頭部付近への死球でない限り危険球一発退場させられません。
「投手の投球が打者の顔面、頭部、ヘルメット等に直接当たり、
審判員がその投球を危険球と判断したとき、その投手は即退場となる」
また、危険球は「打者の選手生命に影響を与える、と審判員が判断したものをいう」と定義されています。

ある意味、投手に対して過保護で、野手に対しては、頭以外ならぶつけられ損的なところがありますね。
前にも書きましたが、この際「危険球」に対する解釈をもっと広げて、
体のどの部分であっても、骨折させるような死球に対しては、何らかのペナルティを科すべきだと思います。
(これとは別に、バレンティンがよくやらかし、昨日は楽天の嶋捕手が負傷しましたが、
打者がバットで捕手の頭を叩くのも、防ぎようはあるとしても、ペナルティがあっていいように思います)

藤浪投手は、今まで何度もぶつけているのに、退場処分になったことは一度もありません。
コントロールは改善されるどころか年々ひどくなってきているように感じます。

藤浪投手は試合後、死球について
「もちろんわざとじゃないですけど、抜けるのはよくないですし、畠山さんに申し訳ない」
今後について
「引きずらないようにしたい。ちょっとしたきっかけで、よくなるような気はしているので」
とコメントしました。

これを聞いて、ダメだこりゃと思いました。
少しは引きずれよ!
ちょっとしたきっかけでよくなるくらいなら、今までによくなってなきゃおかしいでしょ。
プロ野球ニュース解説の江本さんは、あれは直らないと話していました。

わざとでないのは誰もがわかっています。だからこそ怖いんです。
いつぶつけられるか打者は命がけで打席に立たなきゃいけませんから。特に右バッターは。
何度ぶつけても、軽い反省の言葉はあっても、それが一向に改善されないのは、
その気がないととられても仕方ありません。

藤浪投手の代名詞=荒れ球と、危険球は全く異なります。
自分が投げる頭部付近への危険球は、球速が出るだけに、一歩間違えば命にかかわる凶器となります。
藤浪投手は、まさに危険運転常習者ならぬ危険投球常習者ノーコンピッチャーそのものです。
その意識が、藤浪投手はいまだに希薄なような気がしてなりません。
ぶつけるのに慣れ過ぎてしまったとか!?困ったもんです。

退場となった矢野コーチは「藤浪投手を守るため」と言ったようですが、守るより先に叱れよ!
金本監督に至っては、
バレンティン選手が「横から不意打ちに殴ってきたら、許せないでしょ」とコメントしていますが、
矢野コーチが最初に倒れたのは、金本監督が腕を振り払ったからでしょうに!?
自分でもわかっているはずなのに・・・。

そもそも、これほど危ない球を投げる投手を、その後も続投させるんじゃない。
せめて交代させろよと思いました。プロのマウンドで投げさせるのも問題なくらいです。

こんなピッチングをしても、下で調整させるようなことはやらないようで、あくまでも藤浪投手には大甘。
これでは、藤浪投手も反省も成長もないでしょうね。才能があるだけに勿体ないことです。
一からコントロールを改善しない限り、この先も同じことの繰り返しのような気がします。
どの球団の打者も対戦したくないでしょうね。極力、左バッターを並べた方がよさそです。


昨夜のことが長くなりすぎました。

阪神タイガースとの2戦目、先発は阪神が秋山拓巳投手、ヤクルトは山中浩史投手
きょうも8番サードは谷内選手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・山中投手が6回1失点の好投も、終盤に勝ち越し許し3連勝ならず

初回、ヤクルトはあっさり三者凡退

その裏、山中投手は先頭の髙山、上本選手に連打され無死1、2塁
糸井選手には四球を与え無死満塁。
福留選手はショートゴロ併殺で、3塁ランナーが生還して、阪神が1点先制。
このあと、原口選手の足にデッドボールをぶつけますが、後続を抑えます。
いつもより、テンポが悪い立ち上がりとなりました。

2回、ヤクルトは三者凡退。
秋山投手は、昨夜の藤浪投手と違って、思うところに球がコントロールされています。

その裏、山中投手は先頭の北條選手に四球を与えますが、0点に抑えます。

3回、先頭の中村捕手がチーム初となるライトへのヒットで出塁。
谷内選手もセンター前ヒットで続き無死1、2塁。
山中投手は送りバント失敗で1アウト。
大引選手はショートゴロ併殺打で3アウト。開幕してまだ5試合目ですが、併殺が目立ちますね。

その裏、山中投手は、いい当たりをされますが三者凡退に抑えます。
今日はコントロールが甘めです。

4回1死後、山田選手がレフト線への2塁打で出塁。
ここで、昨夜はチーム愛から退場となったバレンティン選手が、センター前にタイムリーヒットを放ち
1-1の同点に。ナイス、ココちゃん!

その裏、山中投手は先頭の原口選手にレフト前ヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

5回、先頭の中村悠平捕手がライト前ヒット。好調です、ムーチョ。
しかし、後続が2三振など、何もできないまま3アウト。

その裏、山中投手は先頭の秋山投手にライト前ヒットを打たれますが、
後続を併殺打に打ち取るなど無失点。

6回1死後、山田選手が四球で出塁。
バレンティン選手はレフトフライで2死1塁。ここは走らないと。
で、走ったら余裕でアウトで3アウトチェンジ。スタートが悪かったか。
今シーズンは成功率が今のところ5割。強化試合でも余裕のアウトがありましたね。う~ん。

その裏、山中投手は先頭の糸井選手にライトへヒットを打たれます。
福留選手は四球で無死1、2塁のピンチ。
原口選手は送りバント失敗で1死1、2塁。ヒッティングの方が嫌だったのでこれは助かりました。
鳥谷選手はセンターフライで2塁ランナーがタッチアップして2死1、3塁
つづく北條選手をセカンドゴロに打ち取り、無失点で切り抜けます。よく抑えました。
阪神打線もたいがいですね。金本采配にも助けられました。

7回、先頭の雄平選手がレフト前ヒット
畠山選手は四球で無死1、2塁。

阪神はここで、桑原投手に継投。
中村悠平捕手は送りバント成功で1死2、3塁。
手堅く送るのはわかりますが、チーム首位打者にバントは勿体ないような気がします。
ここから代打攻勢で、大松、鵜久森選手を送りますが、
浅いライトフライ、ショートゴロで不発に終わり3アウト。


その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板。サードには西浦選手が入ります。
ルーキ投手は先頭の梅野捕手にセンター前ヒットを打たれますが、代打の俊介選手はスリーバント失敗。
髙山選手は空振り三振で2アウト。
上本選手は四球で2死1、2塁となり、つづく糸井嘉男選手にライトスタンドへ3ランホームランを運ばれ
1-4と勝ち越されます。
上本選手の四球が痛すぎました。

このあと、福留選手に四球、原口選手にレフト前ヒットを打たれ2死1、2塁で中澤雅人投手に継投。
しかし、鳥谷選手にライト前ヒットを打たれ2死満塁。
ここで杉浦稔大投手に交代し、北條選手を見逃し三振に仕留め3アウト。
Max148キロと球速が出ていました。見違えるほど素晴らしいストレートでした。

8回、阪神はマテオ投手が登板
1死後、坂口選手がライト前に久しぶりにヒットを打ちます。
山田選手はライトフライで2死となり、バレンティン選手は空振り三振3アウト。
山田くんは、まだ本来のバッティングでははありませんが、何とか一日一善はできています。

その裏、続投の杉浦投手はきっちり3人で片付けます。

9回、阪神はドリス投手が登板
雄平選手からの攻撃も三者凡退でゲームセット。
ヤクルトは1-4で阪神に敗れました。

途中までは拙攻合戦でしたが、7回に2死後に四球を出し、好調の糸井選手に回したのが敗因でしょうね。
結局、ヤクルトの得点は4回に3、4番コンビであげた1点のみでした。

先発の山中投手は6回を投げ、5安打4四死球で1失点
6回のうち5回も先頭を出しながら、初回の1失点にとどめました。
今日は良くありませんでしたが、悪いなりにも1点に抑えるのはさすがです。
ただ、昨年同様に援護がもらえませんでした。自身も送りバントの失敗がありましたね。

e0222575_1528120.jpg



リリーフしたルーキ投手は、2死からの上本選手への四球が悔やまれます。
そのあと3ラン被弾ですからね。
ビジターゲームで打たれるのも昨年から続いています。

ただ、ビハインドとなって、上がってきた杉浦投手の好投を見られたのが今日のポジ要素でした。
まだ1試合なので何とも言えませんが、これが続けば、中継ぎ陣の大きな戦力となりますね。
ストレートがとにかくキレていました。

明日は勝って、このカードの勝ち越しを決めましょう。

by misty2011 | 2017-04-05 21:39 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズは、今日は神宮で埼玉西武ライオンズとのオープン戦

WBC準決勝終了後、途中からフジONEの中継を見ました。
神宮は快晴も風が強く吹いていました。

先発は、ヤクルトが山中浩史投手、西武はガルセス投手

試合経過は ニッカンスコア

初回、山中投手はヒットと盗塁で1死2塁となりますが、後続を打ち取り無失点。

その裏、ヤクルトは先頭の西浦選手がセンターへのヒット、
1死後、鵜久森選手が1塁ファンブルエラーで1死1、3塁から、
雄平選手が、センターへタイムリーヒットを放ち1点先制!
畠山選手は四球で1死満塁となり、荒木選手は押し出しの死球で2-0
大引選手のライトへのタイムリーヒットで3-0
幸先よく、初回に3点奪います。

2回、山中投手は1死後、栗山選手にヒット、このあと自身の悪送球で1死1、2塁から、
中田捕手にライトへタイムリー2塁打を浴び3-1
2死後、田代選手に2点タイムリー2塁打を打たれ3-3の同点に。
さらに、斎藤選手にもタイムリーヒットを打たれ3-4と逆転されます。

4回、大引選手がレフトへヒット、中村捕手は四球を選び、山中投手が送って1死2、3塁。
ここで、西浦選手がライトへ犠牲フライを運び4-4の同点に追いつきます。

山中投手は5回を投げ、8安打と打たれ4失点も自責は0(自身のエラー)

6回からヤクルトは平井諒投手が登板
先頭の山川選手の打球がグラブを持った左手首付近に当たり、センター前ヒットとなります。
平井投手はベンチに下がり、そのまま負傷交代となり、ギルメット投手がマウンドに。
大事に至らなければいいですね。

中田捕手が送って1死2塁となり、源田選手は四球で1死1、2塁も、
ギルメット投手は、田代選手をセカンドゴロ併殺打に打ちとり得点を許しません。

その裏、西武は福倉投手に交代
2死後、代打の榎本葵選手がライトへヒットを打ちますが、西浦選手が倒れ3アウト。

7回、ヤクルトは星知弥投手が登板
先頭を四球で出しますが、中村捕手が2盗を刺します。
しかし、浅村選手にも四球を与え1死1塁でおかわり中村くんを迎えます。
ライトへ大飛球を運ばれますが、雄平選手が捕って2死1塁。
木村選手はショートゴロで3アウト。

その裏、先頭の坂口選手がレフトへのヒットで出塁も、
1死後、雄平選手のセカンドゴロ併殺打で3アウト。

8回はルーキ投手。3人でぴしゃりと抑えます。

その裏、西武はシュリッター投手が登板
先頭の畠山和洋選手がライトスタンドへ1号ソロホームランを放り込み5-4と勝ち越します。
ハタケに待望の一発が飛び出しました。

写真は沖縄浦添キャンプより畠山和洋選手
e0222575_12191393.jpg


荒木選手もヒットで続き、暴投で2塁へ進みます。
1死後、グリーン選手は四球で代走は三輪ちゃん
しかし、代打の飯原選手、1番・西浦選手も倒れ3アウト。

1点リードで、9回は石山泰稚投手-西田明央捕手のバッテリーに交代
1死後、田代選手にショート内野安打を打たれますが、後続を抑えゲームセット。

ヤクルトが5-4で西武ライオンズを下しました。

最初の方を見てないので、何とも言えませんが、
山中投手は5回8安打と今日のように打たれる試合もありますが、四球は0と自滅はしません。
リリーフ5投手は無失点で抑える好投。星投手は、2四球がちょっと反省点。

打つ方は、何と言っても畠山選手の勝ち越し決勝弾が良かったですね。
待ちに待ったハタケらしい右への一発でした。
これで調子がグーンと上がることを期待しています。

あと、トップバッターの西浦選手は1安打ながら、きっちり犠牲フライを打って1打点。
下位では大引選手がマルチヒット1打点と活躍しました。
また、代打で登場の榎本葵選手が、今日もヒットを打ってアピール。
楽しみな外野手です。

これで、山田選手とバレンティン選手、秋吉投手がWBCから戻ってくるので、
戦力はさらにアップすることでしょう。
ケガなく無事にチームに戻れることが何よりよかったです。
あっ、ココちゃんの足はどうなんでしょう?

今日はWBCの準決勝戦がありましたが、
神宮で応援した熱心なヤクルトファンの皆さん、ヤクルトが勝ってよかったです。

by misty2011 | 2017-03-22 16:17 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011