タグ:川端慎吾 ( 198 ) タグの人気記事

東京ヤクルトスワロ―ズは、今日から神宮で6連戦
まずは、3位ヤクルトとは0.5ゲーム差の2位読売ジャイアンツとの3連戦

初戦の先発は、ヤクルトが小川泰弘投手、巨人は内海哲也投手
勝たなくてはいけない試合です。
今日のスタメンマスクは中村悠平捕手

試合経過は ニッカンスコア

初回、小川投手は先頭の重信選手にレフトへヒットを打たれますが、
後続を抑え得点を許しません。

1回裏、坂口、青木選手がレフトへのヒットで無死1、2塁とチャンスメイク
山田選手のセカンドゴロでそれぞれ進塁して1死2、3塁
このあと、バレンティン選手のショートゴロで、
3塁ランナーが生還してヤクルトが1点先制 1-0

2死3塁となり、雄平選手はショートフライで3アウト

2回、小川投手は二者連続三振など三者凡退に抑えます。
今日はストレートが走っています。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回2死後、小川投手は重信選手に右中間への3塁打を打たれますが、
山本選手をショートフライに打ち取ります。

3回裏、ヤクルトは三者凡退

4回1死後、小川投手は岡本選手に三週間を抜けるヒットを打たれますが、
後続を打ち取ります。

4回裏、先頭の山田哲人選手が左中間への2塁打で出塁
続くバレンティン選手が左中間スタンドへ29号2ランホームランを放り込み3-0
ナイスホームラン!本塁打、単独トップに立ちました。
1死後、川端選手がレフト前ヒット
2死後、中村捕手はライト前ヒットで2死1、2塁も、
小川投手はピッチャーゴロで3アウト

5回、小川投手は先頭の大城捕手にセンター前ヒットを打たれ、
1死後、内海投手の送りバントで2死2塁
ここで、今日2安打の重信選手をセカンドゴロに打ち取り3アウト

6回裏1死後、西浦選手が右中間への2塁打で出塁
中村捕手のライトフライで、西浦選手がタッチアップして3塁へ走り2死3塁
ここで、小川投手がセンター前にタイムリーヒットを放ち4-0
ナイスバッティング!小川投手が自援護でリードを広げました。
坂口選手はセカンドゴロ1塁アウトも、リクエストによるリプレー検証の結果、
セーフの内野安打となり2死1、2塁。
青木選手はレフトへのヒットで2死満塁

ここで、巨人は田原投手に交代
山田選手はサードゴロで3アウト

7回、小川投手は三者凡退に抑えます。

7回裏、巨人は田原投手が続投
バレンティン選手からの攻撃も三者凡退

8回、小川投手続投 
レフトに坂口、サードに藤井選手、ファーストに川端選手
先頭の田中俊太選手にライト前ヒットを打たれ
重信選手に内野安打を打たれ、無死1、2塁のピンチ
山本選手はピッチャーゴロで、ランナーが進塁して1死2、3塁
マギー選手はピッチャーゴロで三本間にランナーを挟殺して2死1、3塁
続く、岡本和真選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ4-1

なおも2死1、2塁となり、ここで、ヤクルトは近藤一樹投手に交代
亀井選手にセンター前ヒットを打たれ2死満塁
代打の阿部慎之助選手に、レフト前に落ちるタイムリー2塁打を浴び、
二者生還して4-4の同点に。
うわぁぁぁ・・・なんてこっちゃ!
打ち取った打球でしたが、藤井選手が目測を誤って深追いし、
坂口、西浦選手もあと一歩追いつきませんでした。
守備固めが守備ゆるめなっていたという最悪の結果に。
レフト三輪選手の時もそうでしたね・・・。
サードが川端選手なら、あそこまで追わないので、
西浦選手か坂口選手が捕れたように思います。
これで、小川投手の勝ち星が消えました。

大城捕手は四球で2死1、2塁となり、
代打の長野選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ、4-5と逆転されます。
田中俊太選手のもライト前ヒットを打たれ2死満塁

ヤクルトはここでハフ投手に交代
重信選手を空振り三振に仕留め、ようやく3アウト
しかし、この回、一挙5点奪われ逆転されました。

8回裏、巨人は澤村投手ー小林捕手のバッテリーに交代
1死後、上田選手が四球で歩き、代打・奥村選手は三振で2死1塁
坂口選手はレフトフライで得点ならず。

9回、ヤクルトは風張投手ー井野捕手のバッテリーに交代
先頭の山本選手を四球で出し、
2死後、亀井選手にライトへヒットを打たれ2死1、3塁も、
小林捕手を空振り三振に仕留め3アウト

9回裏、巨人はアダメス投手が登板
1点を追うヤクルトは、先頭の青木選手がライト前ヒット。代走は田代選手
山田哲人選手はレフト前ヒットで続き無死1、2塁
4番バレンティン選手は既に引っ込めていて、
藤井選手に代わり代打・三輪選手が送りバントを決め1死2、3塁
雄平選手は申告敬遠され1死満塁

ここで、川端選手がライトオーバーの2塁打を放ち、
ヤクルトが6×―5で巨人に逆転サヨナラ勝ちを飾りました。

慎吾くん、すご~い!さすが天才!迷いなく思いっきり引っ張りましたね。
ナイスバッティング!
川端選手、今季2度目のサヨナラ打、おめでとうございます。

悪い流れだったので、とにかく勝てて良かったです。
勝ち投手は、9回に投げた風張蓮投手が今季2勝目をあげました。おめでとう!

先発の小川泰弘投手は7回までは無失点の好投も、8回に3失点
途中交代後、近藤投手が味方の拙守もあって逆転されます。
これで小川投手の勝ち星が消えましたが、
8回までよく投げてくれました。

1点ビハインドの9回裏、青木、山田選手の連打でサヨナラのお膳立てをし、
満塁から川端選手が逆転サヨナラのライトオーバーの2塁打で劇的勝利を飾りました。

チームは16安打放ち6得点
川端選手がサヨナラ打などマルチ2打点
青木宣親選手と山田哲人選手が3安打猛打賞
バレンティン選手が内野ゴロと29号2ランで3打点
小川投手が適時打の1打点
坂口選手がマルチなど、雄平選手以外の先発全員安打となりました。

それにしてもよく勝ちましたね。慎吾様々です。
e0222575_2150221.jpg


そのサヨナラをおぜん立てした、9回の青山コンビもナイスヒットでした。
三輪ちゃんもきっちり送りバントを決めました。

最後まであきらめない全員野球で、巨人に逆転勝ちして、
これでリーグ2位に浮上しました。
今日の勝利は1勝以上の価値がありますね。
この勢いで明日も連勝と行きましょう。
古野投手の好投を祈ります。

最後にベンチにお願いします。
守備固めが決して守備固めになっていないことを認識してほしいですね。
むしろ守備ゆるめになっています。下手に守備交代をしないでください。


by misty2011 | 2018-08-14 22:41 | 東京ヤクルトスワローズ
中日との初戦は、3本の効果的なホームランが飛び出し、
逆転、再逆転でシーソーゲームを制した東京ヤクルトスワロ―ズ

2戦目の先発は、ヤクルトが石川雅規投手、中日は小笠原慎之介投手
スタメンは左投手用で、雄平選手が外れ、畠山選手が5番ファーストに入りました。

試合経過は ニッカンスコア

初回表裏は、それぞれ四死球でランナーが出ますが無得点

先制したのは中日
2回1死後、石川投手は荒木選手にレフトへの2塁打を打たれ、
つづく福田永将選手にバックスクリーン左に飛び込む2ランホームランを浴びます。0-2
大野捕手にもヒットを打たれ、送りバントで2塁へ進まれますが、
大島選手の抜けようかという打球を畠山選手がダイビングキャッチする好守で3アウト

2回裏2死後、西浦選手が三遊間を破るヒットで出ますが、
中村捕手はセンターフライに倒れます。

3回、石川投手は先頭の京田選手にライト前ヒットを打たれますが、
平田選手を空振り三振、2塁へ走った京田選手を中村捕手が刺す
三振ゲッツーで2死ランナーなし。
後続も打ち取り3アウト

3回裏2死後、青木選手が四球で歩きますが、
山田選手はキャッチャーフライに倒れます。

4回1死後、またも荒木選手にセンター前ヒットを打たれます。
相性なんですかね、荒木選手には何を投げても打たれるって感じです。
このあと、福田選手、大野奨太捕手を連続三振に仕留め3アウト

4回裏1死後、畠山選手が四球で歩き、
川端選手がライト前ヒットで1死1、2塁
西浦選手はセンターフライで2死ランナー進めず。
中村捕手もセンターフライで3アウト

5回1死後、石川投手は大島選手にレフトへのヒットを打たれ、
京田選手のファーストゴロで2死2塁
続く平田選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ0-3

5回裏、代打の谷内、坂口、青木選手が三者凡退に倒れます。

6回、ヤクルトは風張蓮投手が登板
きっちり三者凡退に抑えます。ナイスピッチング!

6回裏、先頭の山田哲人選手がバックスクリーン左に、
2夜連続となる21号ソロホームランを放り込み、
ようやく1点かえします。1-3

バレンティン選手はレフト前ヒットも、畠山選手は三邪飛に倒れ1死1塁
川端選手はセンター前ヒットで1死1、3塁
ここで、西浦選手がレフト前にタイムリーヒットを運び2-3と1点差に
今日2安打、ナイスバッティング西浦選手!

中日は、ここで佐藤優投手に交代
1死1、2塁で、代打で6打席連続ヒット中の雄平選手が代打で登場も、
セカンドゴロで2死1、3塁。う~ん、残念、記録が6で止まりました。

中日は岡田俊哉投手に交代し、代打の上田剛史選手はショートゴロに倒れ3アウト
この回2点どまりでした。

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板 マスクは井野捕手
三者凡退に抑えます。

7回裏、中日は祖父江投手が登板
先頭の坂口選手が意表をついたセーフティーバントが内野安打となり出塁
青木選手はライト前ヒットで無死1、2塁
このチャンスに山田くん
私は併殺打だけはやめて~と祈ります!(チャンスに弱いので、えらい後ろ向き)
山田選手はハーフスイングを取られ空振り三振。
1死となり、バレンティン選手は四球で歩き1死満塁

ここで、畠山選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち3-3の同点に!
さすが、何とかしてくれるハタケ~!!
なおも1死満塁で、川端選手の叩きつけたショートゴロで3塁から青木選手が生還して
4-3と勝ち越します。

2死1、3塁となり、西浦選手はセンターフライで3アウト
しかし、この回2点を奪い逆転に成功しました。

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板 昨夜は回またぎで、今日も連投となります。
先頭の京田選手に左中間への3塁打を打たれ、いきなりピンチ
平田選手は三邪飛で1死となり、
ビシエド選手はサード内野安打となり1死1、3塁
ここで、代打の藤井選手にセンターへ犠牲フライを運ばれ4-4の同点に

8回裏、中日は又吉投手が登板
1死後、代打の奥村選手がライトオーバーの2塁打で出ます。
坂口選手はセンターフライで、奥村選手がタッチアップして3塁へ進みます。
2死3塁となり、青木選手は空振り三振で勝ち越しならず。

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の福田選手にレフトスタンドへ勝ち越しとなる8号ソロを放り込まれ4-5となります。
ヤクルトキラーの福田選手に今日2発浴びました。

9回裏、中日は鈴木博志投手が登板
1点を追うヤクルトは山田哲人選手からの攻撃
山田選手はストレートの四球で歩き、2盗に成功して無死2塁
19個めの盗塁。いいね~!
バレンティン選手のショートゴロで、山田選手は3塁へ走り1死3塁
さあ、ここで頼れる畠山選手
叩きつけた打球がライト前に抜けるタイムリーヒットとなり、
土壇場で5-5の同点に追いつきます。


1死1塁で、川端選手が打席に
何と何と、川端選手がライトスタンドに3号サヨナラ2ランホームランを放り込み
ヤクルトが7×―5でサヨナラ勝ちを決めました!


石山投手は、負けから一転、勝ち星が転がり込み3勝目をあげました。
よかったです。

川端選手、2夜連続の決勝弾、それも今日はサヨナラ弾で決めました。
おめでとうございます!!
実況アナが、完全復活と何度も叫んでいましたが、イヤイヤ、マジすごいですね。
今日も完璧なホームランで、震えが来たくらいです。

e0222575_1143244.jpg


9回のサヨナラもそうですが、打順こそ違いますが、
今日は2015年の川端、山田、畠山選手の活躍が蘇ったきたかのようでした。

2点ビハインドから、6回、まず山田哲人選手がホームランを打ち反撃開始
9回には、山田選手が四球で出て2盗してサヨナラのおぜん立てをしました。
山田くんはチャンスでは打てませんでしたが、
試合全体の流れとしては、今日はいい働きだったと思います。

畠山和洋選手は7回と9回に2打席連続のタイムリーヒットで2打点
さすが勝負強いバッティング! 何とかしてくれるハタケは健在です!

そして、川端慎吾選手は3安打猛打賞、サヨナラ2ランで3打点、連夜のお立ち台!

昨年はお休みしたりケガに泣いたり、不振だったV戦士打撃3冠の3選手が、
今日はそろって活躍してサヨナラ勝利をもたらしました。
復活組の活躍は何より嬉しいことです。
本当に感動的で素晴らしい試合をありがとうございました。

9回に福田選手の一発で勝ち越されましたが、最後まであきらめずにしぶとく戦いましたね。
まさに執念の勝利でしょう。
この勢いがあれば、明日も勝てそうですね。同一カード3連勝を期待しています。

by misty2011 | 2018-07-21 22:16 | 東京ヤクルトスワローズ
連勝が止まり、再び最下位に転落した東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から神宮で5位中日ドラゴンズとの3連戦

こうも暑いと、試合前の練習も大変でしょうね。
選手の皆さんも熱中症にならないよう、くれぐれも気をつけてほしいです。

先発はヤクルトがカラシティー投手、中日は山井大介投手
いい時の山井投手はなかなか打てませんが、今日はどうでしょう?

スタメンは通常の右投手用のオーダー

試合経過は ニッカンスコア

先制したのはヤクルト
1回裏2死後、山田哲人選手がレフトスタンドに先制の19号ソロ弾を放り込み1-0
クルっと軸回転させてインコースを捌いた山田くんらしいホームラン
久しぶりに一発が出てホッとしました。

3回、カラシティー投手は大島、京田選手に連打され、平田選手は四球で1死満塁のピンチ
続くビシエド選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ、
二者生還して1-2と逆転されます。

なおも1死1、2塁で、アルモンテ選手はセカンドゴロ併殺打に打ち取り3アウト

ヤクルトは3回まで、山田選手ソロ弾の1安打のみ
4回裏1死後、山田哲人選手が今度はバックスクリーン左に飛び込む20号ソロ弾で2-2の同点に
今季初の1試合2発、しかも2打席連続ホームラン!
これで山田哲人選手は2014年から5年連続20本塁打以上となり、球団4人目の偉業です。

バレンティン選手は左中間への2塁打を放ち、
2死後、川端選手がライト線へのタイムリー2塁打を放ち3-2と勝ち越します。
西浦選手はいい当たりながらサードライナーで3アウト

5回、カラシティー投手は先頭の山井投手を2塁山田選手の悪送球で出します。9個目のエラー
大島選手はセカンドゴロでは併殺とれず1死1塁
京田選手は送りバントを決め2死2塁
暴投で2死3塁となり、平田選手にレフトへタイムリー2塁打を打たれ3-3の同点に
さらに、ビシエド選手にもセンターへタイムリーヒットを打たれ3-4
この回、再逆転されます。

5回裏、先頭の中村悠平捕手がレフトフェンス直撃の2塁打で出ます。
代打の三輪ちゃんが送りバントを決め1死3塁
坂口選手は三振に倒れ2死となり、
青木選手の打席で山井投手の暴投により3塁ランナーが生還して4-4の同点に
青木選手はライトフェンス際への大飛球も、あとひと伸び足りず3アウト。

6回、ヤクルトは大下佑馬投手が登板
先頭の亀澤選手はファーストゴロで1塁セーフ
リクエストによるリプレー検証の結果、アウトとなり1死
後続も抑え、きっちり3人で片付けます。

6回裏、先頭の山田選手は四球で歩きます。今日こそ走って~!
初球から走って2盗成功!7月1日以来の盗塁で18個め
バレンティン選手は三振で1死2塁となり、
雄平選手は初球をレフト前に運び1死1、3塁
続く川端慎吾選手が、ライトスタンドへ開幕戦以来となる2号3ランホームランを放り込み
7-4と勝ち越します!

ノーストライク3ボールから打って出ました。ナイスホームラン慎吾くん♪

ここで、中日は佐藤優投手に交代
西浦選手は振り逃げで1塁へ出ます。
中村捕手は送りバントで2死2塁
代打の畠山選手はライトフライで3アウト

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
1死後、大島、京田選手に連打されたところで、近藤一樹投手に継投
1死1、2塁で、平田選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め無失点で切り抜けます。

7回裏、中日は岡田俊哉投手が登板
1死後、青木選手が四球で歩きます。
山田選手は空振り三振
暴投で2死2塁となり、バレンティン選手は四球で2死1、2塁。代走は藤井選手
つづく雄平選手は左中間へのタイムリー2塁打を放ち、
二者生還して9-4とリードを広げます。

さすが、チャンスに強い雄平選手!
川端選手は三振で3アウト

8回、近藤一樹投手が続投
ビシエド、アルモンテ、亀澤選手を三者連続三振に斬って取る圧巻のピッチング!

8回裏、中日は福谷投手が登板
ヤクルトは三者凡退

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1死後、代打の藤井選手がレフトへのヒットを打ち3塁に走りますが、
レフト上田選手の好返球でタッチアウトとなり2死
最後は、モア選手をファーストゴロに打ち取りゲームセット

ヤクルトが3本の効果的なホームランで9-4で中日を下しました。

先発のカラシティー投手は打たれましたが、
5回に投げたドラ2ルーキーの大下佑馬選手がプロ初勝利をあげました。
良かったですね。おめでとうございます。
意外と早い初勝利でしたね。勝ち運があるかもしれませんね。
これで弾みをつけて、中継ぎとして大きな戦力になってほしいと思います。

打つ方は8安打で9得点と効率よく得点しました。
山田哲人選手が先制と、2打席連続の同点となる2本のホームラン
打球が上がらなくて心配していた矢先の2発に、一安心です。
これで、ホームランペースが上がるといいですね。

5回には一時は逆転されますが、
6回に4-4の同点から、川端選手が2号3ランホームランを放ち勝ち越します。
引っ張った美しい完璧なホームランでしたね。
この決勝弾で、大下投手に初勝利が転がり込みました。
4回のライトへのタイムリー2塁打もそうですが、流し打ちだけじゃなく、
こういう引っ張った打球をもっと見たいですね。
今日の感触を大事にしてほしいです。
川端選手はマルチヒットで4打点と勝負強さが戻ってきました。

e0222575_2147306.jpg



この他、雄平選手が2点タイムリー2塁打を含むマルチヒット
ランナーを置いてのバッティングは見事です。左からも打ちました!

それにしても、谷沢さんの解説の日は、ヤクルトは勝ちますね。
試合が始まる前から、今日は勝てそうって思いましたもの。
今後ともどうかよろしくです!

神宮に戻って、中日との初戦に打ち勝ったのは大きいですね。
明日はカツオくんの先発なので、早めに援護して、
効果的な得点で連勝と行きましょう。

by misty2011 | 2018-07-20 21:54 | 東京ヤクルトスワローズ
西日本の記録的豪雨による災害では、多数の死者、行方不明者が出ていることに心が痛みます。
被災地の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
中でも、甚大な災害となった広島では、
マツダスタジアムでの試合が、今日から3試合が中止となりました。

大雨の影響がそれほどなかった東日本では、普通に野球の試合が行われていることを、
改めてありがたいことだと思います。

5連敗で借金5となり、5位に転落した東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から読売ジャイアンツとの3連戦
初戦は、静岡草薙球場で行われました。

草薙球場には、このブログを始めた7年前に1度だけ遠征したことがあります。
2011年4月26日~28日の3連戦で、
ヤクルトは石川ー由規ー館山投手で、巨人に3連勝して連勝を9と伸ばした時です。

現在は5連敗中ですが、今日で連敗をストップできるでしょうか。
先発はヤクルトがカラシティー投手、巨人はヤングマン投手
初物、198㎝の長身、外国人投手と、ヤクルトにとっては苦手そうな投手ですね・・・。

スタメンは坂口選手が6番ファースト、7番にセンター山崎選手が入り、
畠山選手が外れました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、カラシティー投手は先頭の坂本選手をショート西浦選手の悪送球で出します。
畠山選手が1塁なら、おそらく捕れていたでしょうね。
1死後、マギー選手がライト前ヒット
続く岡本選手にレフトへタイムリー2塁打を浴び先制されます。0-1
亀井選手は四球で1死満塁となり、
長野選手のファーストゴロで3塁ランナーが生還して0-2

1回裏1死後、川端選手がセンター前ヒット、山田選手はレフト前ヒットで1死1、2塁も、
バレンティン選手がショートゴロ併殺打で3アウト

2回、巨人は三者凡退

2回裏、雄平選手がレフトへのヒット、坂口選手が四球で無死1、2塁も、
山崎晃大朗選手がショートゴロ併殺打で2死ランナーなし。
初回に続き早くも2併殺
中村捕手も倒れ3アウト

3回、カラシティー投手は1死後、マギー選手に四球を与えますが、
岡本選手をショートゴロ併殺打に打ち取り3アウト

3回裏1死後、西浦選手がレフトフェンス直撃の2塁打で出ます。
川端選手はセンター前ヒットで1死1、3塁
山田哲人選手は四球を選び1死満塁
草薙球場は、このころから雨が降ってきました。
バレンティン選手は空振り三振で2死となり、
雄平選手はセンターフライで3アウト、毎度のチャンスは作れど得点ならず。

4回、カラシティー投手は三者凡退に抑えます。

4回裏、先頭の坂口選手がセカンド内野安打で出塁
山崎選手の打席で、ベンチはエンドラン?を仕掛けますが、空振りして坂口選手は2盗失敗
下手に動きすぎでは!?
山崎選手はセンターフライ、中村捕手はファーストゴロで3アウト

5回2死後、カラシティー投手は坂本選手に左中間への2塁打を打たれます。
暴投で3塁へ進まれますが、吉川尚選手をセカンドゴロに打ち取り3アウト

5回裏2死後、川端選手がライト前ヒットで出塁。今日3安打猛打賞
つづく山田哲人選手が、レフトポール直撃の18号2ランホームランを放ち
2-2の同点に!
 ナイスホームラン!
カーブをよく溜めて振り抜きました。

6回、巨人は三者凡退

6回裏、先頭の雄平選手が四球で歩き、坂口選手は送りバントで1死2塁
山崎選手はレフトフライを打ち上げランナー進めず2死2塁
せめて転がさなきゃ!
それ以前に、山崎選手ヒッティングより、坂口選手に打たせておくべきでしょけどね。
中村捕手の代打の畠山選手は申告敬遠で、代走は井野捕手
ベンチは、畠山選手が敬遠されるとは思ってなかったんでしょうか!?
続いてカラシティー投手の代打に荒木選手を送りますが、
ファーストゴロに倒れ得点なりません。

この回、坂口選手にバントまでさせて送らすんだったら、山崎選手に代打でしょう。
ベンチの采配がとんちんかんで、自ら流れを手放しています。
昨日のヒットで山崎選手をスタメン起用したと思いますが、
正直、山崎選手は打つにしても守りにしても、スタメンで使うべきではないと私は思います。

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
先頭の長野選手の打球はショート後方、センター前に落ちる2塁打となります。
今日もまた、内外野の連係ミスが出ました。
中尾投手の暴投で無死3塁となり、
陽岱鋼選手にライトへタイムリー3塁打を打たれ2-3と勝ち越されます。
2死後、坂本選手は申告敬遠で、
つづく吉川尚輝選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ2-4と2点差に。

ここで、ヤクルトは風張投手に交代
マギー選手に8号3ランホームランを浴び2-7
岡本選手にも16号ソロ弾を浴び2-8 一方的になりました。

このあと、四球、暴投、四球でランナーを溜めますが、後続を抑えます。
しかし、7回に一挙6点を奪われました。

7回裏、巨人は上原浩治投手が登板 確かヤクルト戦では初登板ですよね。
2死となり山田哲人選手とは楽しみな対決!
山田くんは、入ったかと思いましたが、レフトフェンス直撃の2塁打!惜しい~!
いつ以来か思い出せないくらい超久しぶりの3安打猛打賞、
続くバレンティン選手がセンターへタイムリーヒットを放ち3-8

8回、ヤクルトは中澤投手が登板
きっちり三者凡退に抑えます。

8回裏、巨人はアダメス投手が登板
1死後、代打の上田選手がセカンド内野安打で出塁も後続が倒れます。

9回、ヤクルトは原樹理投手が登板
先頭の吉川尚選手をセカンド山田選手の悪送球で出します。9個めのエラー
肩がねぇ・・・。
1死後、岡本選手には四球を与えますが後続を打ち取ります。

9回裏、巨人は谷岡投手が登板
1死後、川端選手が四球で歩きます。
山田選手、あと3塁打が出ればサイクルです。
その期待に応えて、ライトへタイムリー3塁打を放ち、4-8となります。
ライトの長野選手が突っ込んできて後逸して、ちょっと忖度してくれたでしょうか!?
今日4安打固め打ち、さらに初のサイクルヒットおめでとう♪

続いてバレンティン選手はライトへのタイムリーヒットを放ち5-8
2死後、坂口選手がレフトへヒットを放ち2死1、2塁

3点差となり、たまらず、巨人はマシソン投手を投入
上田選手がセンターフライに倒れゲームセット

ヤクルトは9回追いあげましたが届かず5-8で敗れ、これで6連敗となりました。

ヤクルトは、初回、2回とチャンスを作りながらも
初回はバレンティン選手、2回は山崎選手が併殺打で好機を潰します。

5回に、山田哲人選手の2ランで同点に追いつきますが、
7回に一挙6失点して劣勢となります。

その前の6回裏、チャンスがありながらもベンチのとんちんかんな采配で得点機会を逸します。
小川監督の勝負勘が冴えませでした。
解説の高木豊さんも、坂口選手の送りバントほか采配に疑問を呈していましたね。
カラシティー投手は交代させない方がよかったとも話していました。
とにかくベンチが動くと裏目裏目でしたからね。

9回は、山田くんのサイクル達成となるタイムリー3塁打と
バレンティン選手にタイムリーで2点かえしますが、反撃もここまででした。

一時は6点ビハインドから3点差まで追い上げましたが、まあ7回の6点で勝負ありでした。

負けの中にも、山田哲人選手の自身初となるサイクルヒットが出たことが
ファンにとっては嬉しいことでした。おめでとうございます。
e0222575_9511343.jpg


3安打以上の固め打ちさえほとんどなかった山田くんが、一気に4安打猛打賞で、
おまけにサイクルヒットとは驚きました。
これが勝ちゲームだと最高の盛り上がりでしたが、それだけが残念です。
このサイクルヒットが明日に、
さらには今後のペナントレースへの山田くんの完全復調に繋がることを願っています。
今日のように引っぱっても、また右へ流しても長打が出だしたのは明るい材料だと思います。

打線は、巨人を上回る14(訂正)安打ながら5得点。効率の悪さが際立ちました。
チャンスを作ることが目的とならず、いかに得点できるかを考えてほしいです。
中尾投手が不運なヒットからですが、失点を重ねたのが心配です。

by misty2011 | 2018-07-09 22:06 | 東京ヤクルトスワローズ
5月6日、東京ヤクルトスワローズは、坂口選手のサヨナラ打で劇的勝利を飾りました。
前の記事では、先にそのサヨナラのシーンのフォトをアップしましたが、
今回はお立ち台編のフォトです。

3選手がお立ち台に上がりました。
9回2死土壇場で、同点に追いつく今季初となるソロホームランを放った大引啓次選手
延長10回、1点ビハインドで、2死からセンター前に同点タイムリーを打った川端慎吾選手
そして、11回裏、自身初となるサヨナラ打の坂口智隆選手の3人
(坂口選手は、ヤクルト移籍後、サヨナラ犠牲フライを打ったことはありましたね。)
e0222575_323968.jpg


インタビュアーはプロ野球ニュースなどでお馴染みの山田透アナ
フジテレビのアナウンサーとは違って、要所をおさえて手際よく仕切っていました。
e0222575_3232976.jpg


お立ち台は、もっと正面から撮りたかったですが、入り込めそうになかったので、
斜めからのショットになりました。
e0222575_324423.jpg


大引選手の9回裏2死の打席では、私は申し訳ないことに、帰り支度をしていました。
まさかという感じでしたね。ごめんなさい。
スタンドインした瞬間、びっくりしました。
周りのヤクルトファンとタッチしまくりでした。
e0222575_3241428.jpg


e0222575_3244541.jpg


e0222575_3245464.jpg


元オリックス戦士ふたり同時お立ち台は初めてではないですかね?
オリックスには大感謝です。この日投げた近藤投手にも頭が下がります。
e0222575_3252553.jpg


川端選手は同点タイムリーなど2安打
復調のきっかけになるでしょうね。とても嬉しそうでした。
e0222575_3253513.jpg


e0222575_326544.jpg


e0222575_3261655.jpg


e0222575_3263044.jpg


e0222575_3264176.jpg


お立ち台ボードの裏で、青木選手と荒木選手が、かける水を用意して待機しています。
e0222575_3265539.jpg


e0222575_3272378.jpg


e0222575_328364.jpg


e0222575_3285791.jpg


e0222575_3293417.jpg


e0222575_3295092.jpg


e0222575_330551.jpg


e0222575_330281.jpg


荒木貴裕選手が自分がやられた分を今度はやるので楽しそう。
e0222575_3304392.jpg


e0222575_3312849.jpg


e0222575_3315617.jpg


e0222575_3321220.jpg


青木選手がヒーローインタビューが終わるのを今か今かと待ち構えています。
e0222575_3322631.jpg


e0222575_3323927.jpg


荒木選手の顔がちらっと見えます。
e0222575_3324953.jpg


ついたての後ろから回って坂口選手にペットボトルの水をかけています。
e0222575_333313.jpg


青木宣親選手はポリバケツの水を坂口選手にかけました。
e0222575_3331261.jpg


青木選手が楽しそう~♪
e0222575_3333282.jpg


e0222575_3334581.jpg


びしょ濡れで、水も滴るいい男になりました。
手荒い(誤変換訂正)祝福に、喜びをかみしめているようでした。
e0222575_3335392.jpg


e0222575_3343491.jpg


e0222575_3344596.jpg


e0222575_335144.jpg


ファンとハイタッチする川端選手
e0222575_3351617.jpg


坂口選手は握手しています。
e0222575_3352649.jpg


大引選手のハイタッチでは、モザイクをかけましたが、後ろのファンが盛り上がっていました。
e0222575_3353750.jpg


タオルを持って記念撮影
e0222575_3354863.jpg


ライトスタンドへ出向きサインボールの投げ入れ
e0222575_3355895.jpg


一本締め
e0222575_336769.jpg


両手を掲げてファンの声援に応える3選手
e0222575_336151.jpg


ここまで見終わると、時計の針は10時を回っていました。
e0222575_3362363.jpg


以上がお立ち台編フォトでした。
このあと、試合編フォトの準備にかかります。眠いので時間がかかりそうです。


by misty2011 | 2018-05-07 09:25 | 東京ヤクルトスワローズ
今日3月30日、2018年日本プロ野球が開幕しました。

東京ヤクルトスワロ―ズは、横浜スタジアムで開幕初戦のカードを迎えます。

先発は横浜DeNAベイスターズが石田健大投手、ヤクルトはブキャナン投手

栄えある2018開幕スターティングオーダーを、毎年当ブログでは恒例となっている
浦添キャンプで撮った写真で並べてみました。

e0222575_10264215.jpg


上左から順番に(敬称略)
1番 山田哲人(セカンド)
2番 山崎晃大朗(ライト)
3番 バレンティン(レフト)
4番 青木宣親(センター)
5番 川端慎吾(サード)
6番 坂口智隆(ファースト)
7番 廣岡大志(ショート)
8番 中村悠平(キャッチャー)
9番 ブキャナン(ピッチャー)

この画像は、一応前もって用意していましたが、
私の希望とは山崎選手が違っていたので、慌てて画像を差し替えました。
オープン戦でもよく使われていたので、首脳陣の評価はいいようです。

試合経過は ニッカンスコア
日が落ちて寒い中、試合前のセレモニーが長くてダラけ気味。
さっさと初めてよと、試合前からブーたれていました。
開幕初戦は6時33分にプレーボール

まずは先頭の山田選手がショートエラーで出塁し、すかさず初球から走って2盗に成功!
山崎選手は送りバントを打ち上げ送れず、飛び出した山田選手は素早く2塁へ戻り1死2塁
バレンティン選手は四球で1死1、2塁
4番青木選手は死球で1死満塁のチャンス

5番の川端選手は浅いセンターフライで、山田くんはタッチアップして3塁へ戻り2死満塁
6番坂口選手は、レフトへタイムリー2点タイムリー2塁打を放ち
ヤクルトが2点先制!2-0
ナイスバッティング、グッチ!
なおも2死2、3塁で、廣岡選手は空振り三振に倒れ追加点ならず。
ヤクルトは相手ミスと四死球をもらい、ヒット1本で2点奪いました。

1回裏、1死後、ブキャナン投手は大和選手にレフトへヒットを打たれ、
筒香選手は打ち取りますが、ロペス選手に四球を与え2死1、2塁
宮崎選手はピッチャーゴロに打ち取り3アウト

2回、ヤクルトは中村、ブキャナン、山田選手が三者凡退。
山田くんは外ストレートに反応できず見逃し三振
石田投手、球は走っています。

2回裏、ブキャナン投手は三人で片づけます。

3回、先頭の山崎選手がストレートの四球で出塁
バレンティン選手は見逃し三振
青木選手はセカンドゴロで2死2塁
続く川端選手がライトスタンドへ今季チーム初ホームランとなる2ランを放り込み4-0
いやいや、これは恐れ入りました。
坂口選手はライト前ヒットで早くもマルチ!
廣岡選手はライト前へのポテンヒットが2塁&ライトとも捕れず2塁打となり、
送球エラーも絡んで、その間に坂口選手がホームインして5-0
中村捕手は申告敬遠で2死1、3塁
ブキャナン投手は三振で3アウト

しかし、川端選手の打った瞬間のホームランにはびっくりしました。
ホームランバッターのような美しいアーチ、素晴らしい打球でしたね。
3回で5点リードとは、ヤクルトが序盤で主導権を握りました。

3回裏、ブキャナン投手は先頭の倉本選手にセンターへのヒットを打たれますが、
後続を抑えます。

4回、先頭の山田選手はセンターフライ 
1番なので打席が早く回ってきますね。4回で早くも3打席 
山崎選手三振後、バレンティン選手はセンター前ヒット
青木選手はピッチャーゴロで3アウト

4回裏、ブキャナン投手は先頭ロペス選手にソロホームランを打たれ5-1

5回1死後、坂口選手がレフトへのヒット、今日早くも3安打猛打賞!
廣岡選手はレフト前ヒットで1死1、2塁。開幕スタメンで既にマルチ
中村、ブキャナン選手が倒れ追加点ならず。

5回裏、ブキャナン投手は先頭の楠本選手を死球で出し、
2死2塁で大和選手の1塁ヘッドスライディング判定アウトがリクエストとなり、
リプレー検証となりますが、判定通りで3アウトチェンジ。

6回、DeNAは三嶋一輝投手に交代
先頭の山田選手は外スラに見逃し三振 今日2三振目
以前から森球審のゾーンの傾向としては、右打者の外が広めなので、
微妙なコースでしたが、ストライクを取られました。
それより、その前の球を振ってほしかったですね。
山田くんはクサい球をカットできないのがね…。今年も三振は多そうかな。

山崎選手は四球で歩きますが、
バレンティン選手は3球三振で2死となり、青木選手も空振り三振で3アウト。


6回裏、ブキャナン投手は筒香選手、宮崎選手にヒットを打たれ1死1、2塁
戸柱捕手はセカンドライナーで2死となり、神里選手を空振り三振に斬って取り3アウト

7回、続投の三嶋投手から2死後、廣岡選手が四球を選んで出塁も、
中村捕手はレフトフライで3アウト

7回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板 サードは藤井選手に交代
2死後、桑原選手にレフトへ2塁打を打たれますが、大和選手を空振り三振に仕留めます。

8回、DeNAは国吉投手が登板
先頭の藤井選手がライト前ヒット
5打席目の山田選手はサードゴロ、2塁フォースアウトで1死1塁。今日ノーヒット
山崎選手は今日3個目の四球を選び1死1、2塁
バレンティン選手はセカンドライナーで2死となり、
まだヒットがない青木選手が、ここでレフト前にタイムリーヒットを放ち6-1
初ヒットが4番のタイムリーとなって、本人もほっとしたでしょうね。
なおも2死1、3塁で、代打の畠山選手は空振り三振で3アウト

8回裏、5点リードでヤクルトは秋吉亮投手が登板
先頭の筒香選手の場外大飛球がファールとなり、この後、四球を与えます。
ロペス選手は空振り三振で1死後、
宮崎選手にライトスタンドへ2ランホームランを運ばれ6-3

9回、DeNAは田中健二朗投手
先頭の坂口選手が今日4安打目となるレフト前ヒットで出塁
廣岡選手が送りバントで1死3塁から(坂口選手の代走は田代選手)、
中村捕手がセンターへ犠牲フライを運び7-3
いい形で追加点が取れました。

9回裏、4点差でヤクルトはカラシティー投手が登板
三人できっちり締めゲームセット
開幕カード初戦は、ヤクルトが7-3で横浜DeNAに快勝しました。

初の開幕投手を務めたブキャナン投手が今季初勝利、おめでとうございます。
コントロールがバラけていて構えた所に行っていませんでしたが、
球に力があったようで、DeNA打線がボール球に手を出してくれていました。
開幕試合の重圧の中、6回107球を投げ、5安打ソロ一発の1失点と好投しました。

打線は10安打で7得点と効率よい攻めでした。
何といっても、先制の2点タイムリー2塁打で2打点を挙げた坂口智隆選手が、
初回につづき4安打固め打ちの素晴らしいバッティングを魅せてくれました。
オープン戦でも打撃好調でしたが、ポイントゲッターというより
チャンスメイカーだと私は思っていましたが、
今日はポイントゲッターとチャンスメイクで、これ以上ないくらいの大活躍でした。
見事でしたね。

そして、腰痛から今季復帰の川端慎吾選手が、会心のチーム1号2ランホームランで2打点
こちらもオープン戦では打点0でしたが、それを振り払うようなスカッとした2ランでした。

また、3年目で開幕初スタメンの廣岡大志選手が2安打1四球1犠打と3回出塁の活躍
良かったですね。

2番の山崎晃大朗選手は、初回に送りバントを失敗しましたが、
その後3四球を選び、2番バッターとしての役目を果たしました。

4番の青木宣親選手も5打席目でヤクルト復帰初ヒットがタイムリーヒットとなりました。

1番の山田哲人選手は5打数ノーヒット2三振と打つ方はさっぱりでしたが、
初回に先制につながる盗塁を決めました。
また、9回最後は、山田選手の好守でゲームセットとなりました。
明日は1本でもヒットが欲しいですね。
やはり、山田くんに早めにヒットが出ないとヤキモキします。

石川雅規投手で明日も勝って開幕ダッシュの勢いをつけたいですね!

by misty2011 | 2018-03-30 22:41 | 東京ヤクルトスワローズ
試合がない日は、まだ残っている浦添キャンプの写真のアップです。

今回は、川端慎吾選手その2です。
前回その1は2月2日まででしたので、3日から8日ぶんです。

川端選手はオープン戦復帰はしましたが、まだ1試合に2~3打席しか打席には立っていません。
守備機会もその分少なくて、腰への負担がどうなのかはよくわかりませんね。
元々、守備範囲が広いわけではないので、今のところ無難な守備をしていると思います。
開幕までに1試合フル出場できるのかどうか、微妙ですね。
無理してまた離脱しては困るので、しばらくは途中交代で様子見かもしれません。

昨日のソフトバンク戦では1塁を守りました。
畠山選手のコンディション不良がどの程度か不明で、開幕に間に合うかどうかもわかりません。
オプションとして、坂口選手同様、1塁を守ることもありそうですね。
ただし、1塁は坂口選手の方が上手いような気がします。
とにかく、試合に出られる選手でやりくりするしかありません。


キャンプ2月3日 投内連係
e0222575_2125953.jpg


e0222575_2131675.jpg


ランダウンプレー
e0222575_2133074.jpg


e0222575_214566.jpg


打撃練習の合間の強化トレーニング
e0222575_2143320.jpg


手前の雄平選手は水の入ったタンクを抱えたトレーニング
川端選手は、他の選手とすべて同じ強化トレをやっていましたが、
腰への負担を考えたら、一部免除してもよかったかと思います。
まあ、これに耐えられないようでは1年間戦えないというのはありますが。
e0222575_2145256.jpg


走塁練習
e0222575_2152679.jpg


e0222575_216965.jpg



3日 打撃練習
e0222575_2162537.jpg


e0222575_2165088.jpg


e0222575_217653.jpg


e0222575_2174186.jpg


e0222575_2175381.jpg


e0222575_218816.jpg


e0222575_2181818.jpg



2月4日 午前の練習に集合
e0222575_2184470.jpg


e0222575_2194150.jpg


4日 ランダウンプレーの練習
e0222575_2195571.jpg


e0222575_21101471.jpg


4日午後 本塁へのスライディング練習
川端慎吾選手のスライディング GIF
スライディングして、ホームに置いたボールに触れないようにギリギリ端っこにタッチ
e0222575_13273075.gif

        
e0222575_21105460.jpg


4日 打撃練習
e0222575_21154466.jpg


e0222575_2116918.jpg


e0222575_2116217.jpg


e0222575_21163314.jpg



4日 フリーバッティング YouTube動画



2月5日 午前中は雨で室内で練習
午後、実戦形式の練習にグラウンドに出てきましたが、また大粒の雨が降り出しました。
e0222575_21164992.jpg


内野ノック
e0222575_21195356.jpg


5日 内野シートノック YouTube動画
雨が本降りとなっていた中、シートノック


ゲーム形式の練習 指をさしながら、大きな声を出して指示を出す川端選手
e0222575_2120594.jpg


5日 バント練習
e0222575_2122986.jpg


5日 打撃練習
e0222575_21465154.jpg


e0222575_2147526.jpg


e0222575_2147306.jpg


e0222575_21474081.jpg


e0222575_21475361.jpg


e0222575_2148373.jpg


e0222575_21481796.jpg


e0222575_21482982.jpg


e0222575_21483925.jpg


e0222575_21485563.jpg


e0222575_21493598.jpg


e0222575_21494771.jpg


e0222575_2150221.jpg


e0222575_21503093.jpg


e0222575_21505021.jpg


e0222575_2151463.jpg


e0222575_21511683.jpg



2月8日 
e0222575_21514751.jpg


8日 ランダウンプレー
e0222575_2152674.jpg


8日 強化トレーニング
ジャンプしてバットを飛び越え、かがんでバットの下を通る その繰り返し
e0222575_2152567.jpg


e0222575_2153745.jpg


8日 打撃練習
e0222575_21531892.jpg


e0222575_21533143.jpg


e0222575_21534491.jpg


e0222575_21535579.jpg


e0222575_2154663.jpg


e0222575_21541674.jpg


e0222575_21542690.jpg


e0222575_21543450.jpg


e0222575_21544117.jpg


川端選手はブランクがあっても、バッティングはさすが天才
いつでもヒットは打てる感じですね。
フル出場は無理だとしても、今シーズンはケガで離脱しないようお願いします。

by misty2011 | 2018-03-19 11:25 | 東京ヤクルトスワローズ
2018東京ヤクルトスワロ―ズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回は、昨年8月、椎間板ヘルニアの手術を受けましたが、
1軍浦添キャンプに参加の川端慎吾選手です。

私が見学したキャンプ序盤では、手術明けとは思えないほど元気で、
他の選手と同じメニューを一生懸命こなしていました。
無理してなければいいのにと思いながら見ていましたが・・・。

ここへきて、ヤクルト1軍キャンプでは、離脱者が続々と増えて心配していた矢先、
ついに16日、川端選手も腰に張りが出たため別メニューとなりました。
川端選手の場合は、どうしてもケガが多い体質で、
リタイアしても、私は特に驚くことはありませんでした。

本人は「「大丈夫です。様子を見ながら」と軽症を訴えていますが、どうなんでしょう?

今年のキャンプはそれでなくても例年よりハードは練習をしています。
まあ結果論ですが、2軍西都キャンプスタートでもよかったような気がしますね・・・。

ヤクルト打線にあっては、最も重要なキーマンの一人なので、
とにかく大事に至らないことを祈るのみです。

逆に、若手にとっては、川端選手次第で、サード定位置奪取の大きなチャンスです。
どちらも頑張ってください。

では、川端慎吾選手のキャンプの写真その1です。

キャンプ初日 陸上トラックで12分間走
これはスタート直後 
川端選手は山田選手よりは速くて、野手全体では真ん中付近だったと思います。
e0222575_11323724.jpg


メイングラウンドでベースランニングの練習
まずはホームから1塁へダッシュ
e0222575_11333617.jpg


キャッチボール
私が見学中は、ずっと山田哲人選手とペアでした。
e0222575_1134030.jpg


初日なので、取材カメラが多いです。
e0222575_11341138.jpg


シートノック もちろんサード
e0222575_11361357.jpg


送球は正確で安定しています。
e0222575_11362552.jpg


打撃ローテの合間に強化トレ―二ング
10キロの”LifeFitness”を抱えて、片足ずつ前に屈伸
e0222575_11373398.jpg


きつそうでした。こういうのって、腰には負担がかかりそう!?
バレンティン、畠山選手は、強化トレはやってなかったので(免除?)、
川端選手もそうすればよかったような・・・。
e0222575_11375058.jpg


初日 走塁練習
e0222575_11395156.jpg


e0222575_11401559.jpg


e0222575_11403014.jpg


初日 打撃練習 小雨が降っていました。
e0222575_11412698.jpg


e0222575_11413850.jpg


e0222575_11415190.jpg


e0222575_1142448.jpg


e0222575_11424239.jpg


e0222575_1143190.jpg


e0222575_11431254.jpg


e0222575_1143244.jpg


バント練習
e0222575_11433693.jpg


e0222575_11434876.jpg


2月2日 ペッパー
e0222575_1146956.jpg


2日 内野シートノック
e0222575_11464163.jpg


e0222575_1147390.jpg


YouTube動画 
サードは廣岡、藤井、川端選手の順でノックを受けています。



2日 打撃練習
e0222575_11501244.jpg


e0222575_11504530.jpg


e0222575_1151327.jpg


e0222575_1151165.jpg


e0222575_11513267.jpg


e0222575_1152454.jpg


枚数の関係で2日分まで あとは次回に回します。

by misty2011 | 2018-02-17 12:04 | 東京ヤクルトスワローズ
2月8日、私の沖縄滞在最終日、
東京ヤクルトスワロ―ズ春季沖縄浦添キャンプレポの続きです。

もっと晴れるかなあと思いましたが、相変わらず曇りがちですっきりしない一日でした。
結局、私がキャンプ見学をしている間に、スカッとした晴れの日はありませんでしたね。
まあ、快晴だと日焼けの心配があるので、曇りがちの方が見学には良かったかもしれません。

まとまりがないまま、気が向いたものからアップします。
8日、メイングラウンドで、ケースバッティングが終わり、
お昼休みに入るので、私はテントの売店に焼きそばを買いに行きました。
その時、初日からずっと見学しているバズーカ砲のカメラ女子が、
陸上競技場トラックに大慌てで走っている姿を見ました。
これは何かあるわと思い、私も陸上トラックに向かいました。

選手のファンで見学に来たキャンプ見学初心者の方は、
Twitterやインスタをやっていそうなカメラ女子の動きを見ていると、
選手の移動先がだいたいわかって便利です(笑)。
私は70歳近くのばあさんなので、もうそれほどあちこち走り回れないので、
彼女らの動きを参考にさせてもらいました。
あと、取材陣の動きも、もちろん見ておく必要があります。

陸上トラックに行くと、野手陣が2班に分かれて、
ステップコーンを使ってのトレーニングを始めるところでした。
手前のグループに山田くんがいたので、私はこちらを見ることに。

昨年までだと、野手陣は、午後の後半には陸上で強化トレーニングを必ずしていましたが、
今年のキャンプは、野手陣のトレーニングを陸上トラックで見るのは、
私は初日の12分間走以来のことです。
やっていたかもしれませんが、気づかなかったのかもしれませんが。
e0222575_17221233.jpg


e0222575_17224199.jpg


e0222575_17232164.jpg


e0222575_17225779.jpg


同じ陸上トラックでは、投手陣が強化メニューをやっていました。
e0222575_1442573.jpg


e0222575_14312458.jpg


山田くんは、曇っていましたが、サングラスをかけていました。
e0222575_17284296.jpg


ブキャナン投手が見学しているファンに手を振るサービス
e0222575_14422191.jpg


e0222575_1447963.jpg


野手陣のステップをYouTube動画で


こちらはメイン球場での強化トレーニング
毎日、少しずつ違うメニューをやっています。
チューブを付けた棒を引っ張ています。
e0222575_1452188.jpg


これはバットの上をジャンプして、腰をかがめてバットの下を通る強化メニュー
e0222575_1512876.jpg


e0222575_1514338.jpg


山田くんはジャンプまではいいんですが・・・
e0222575_1515783.jpg


1塁側に回ってみると
e0222575_15123446.jpg


腰が高くて、バットの下をくぐるのがどうやら苦手そう
e0222575_15125661.jpg


倒れこみました。
e0222575_15131264.jpg



連日の打撃練習(20分×6の打撃ローテ)で、数多くバットを振っているので、
山田、川端選手とも、手にマメができているようでテーピングをしています。
おそらく皮もむけて痛いでしょうね。
e0222575_1620436.jpg


e0222575_1621490.jpg



2塁での走塁練習
フリー打撃の打球に合わせてスタートを切ったり戻ったりの練習
e0222575_14584692.jpg


e0222575_14585472.jpg


バッティングローテより
坂口智隆選手 自分でトスしてロングティー
e0222575_16261679.jpg


山田哲人選手 石井琢朗コーチがトス担当のティーにやってきました。
山田くんは、石井琢朗コーチとは早くも打ち解けて、信頼関係を築いているようです。
e0222575_16263471.jpg


チームを引っ張る存在になることを期待されていますが、
まだまだ可愛いみんなの弟・哲ちゃん
e0222575_17122934.jpg


バットスイングは怖いほど真剣な表情
e0222575_1627576.jpg


山田哲人選手、8日のフリーバッティングYouTube動画で
いつもの角度を変えて、スタンド上段からの撮影です。



1球ごとに大きな声が響き渡っています、荒木貴裕選手
e0222575_16343460.jpg


選手会長とキャプテンの重責 中村悠平捕手
e0222575_16344193.jpg


川端慎吾選手が明るい表情でキャンプを送っています。
1シーズン、どうか無事でありますように!
e0222575_16344927.jpg


以上です。
写真は出来るだけ連写をしないで数を減らしているんですが、
それでも、どこから手を付けてアップすればいいのかパニックになっています。
キャンプ見学中は、ほとんど曇天か雨まじりだったので、写真の発色がよくないのが残念です。

by misty2011 | 2018-02-09 17:58 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワロ―ズ2018春季沖縄浦添キャンプ2日目その2は、
午後からの打撃練習です。

ランチタイム特打(といっても実際は午後1時半過ぎでした)の川端慎吾選手
e0222575_758146.jpg


ロングティー 最後までボールをよく見ています。
打つ方は全く問題ないようです。
午前の守備では、ちょっミスがでていました。
e0222575_7581536.jpg


イケメン荒木貴裕選手
e0222575_80133.jpg


元気いっぱい廣岡大志選手 ティーバッティング
e0222575_801596.jpg


強化トレーニング中 10キロの重りを頭の上に掲げて、その場で足踏み
e0222575_88987.jpg


全員がやっている杉村式ティーバッティング 西浦直亨選手
e0222575_803741.jpg


上の3選手、荒木、廣岡、西浦選手は強化トレの際に、めちゃ大きな声を張り上げていて、
場内の笑いをとっていました。
おとなしそうな荒木選手は、私は意外でしたね。

フリーバッティングのケージは3か所 一部はマシンピッチング使用の時もあり
手前はバントのケージほかの練習2か所
左ネット裏ではティーバッティング
フリーケージの向こう3塁側ではロングティー
多くの選手が次から次へと休みなしにバッティング練習
その合間に強化トレとなっています。
e0222575_810343.jpg


坂口智隆選手 キツイ練習に笑顔が絶えませんでしたが、真剣な顔がシブい
e0222575_820871.jpg


ルーキーの松本直樹捕手 歯を食いしばって一生懸命です。
e0222575_8201832.jpg


鵜久森淳志選手 ロングティー
e0222575_8203143.jpg


2年目、古賀優大捕手
e0222575_8243590.jpg


1塁側ケージで、小さくて細い金属棒を持ってスイング練習 山田哲人選手
YouTube動画で
フリー打撃の動画も撮りましたが、あまりよくなかったのでボツとします。



走塁練習後、3種類のロングティーをこなす山田哲人選手 
自分でトス、ティースタンドに置いてとチューブを巻いてのロングティー3種類
これは自分でボールをトスして打つ山田哲人選手 打球を行方を見ています。
山田くんは、自分でトスして打つロングティーの要領がイマイチの感じでした。
e0222575_8262558.jpg


雄平選手
e0222575_8264085.jpg


チューブを巻いて、軽い訂正、重いソフトボールを連続スイングする山田哲人選手
YouTube動画で
打つ前は余裕の笑顔でしたが
スイングは途中からの動画なので、回数が少ないですが、実際はこの数倍くらい


午後5時前、雨が一時的に強くなりました。
びしょ濡れになりながらティーバッティングをする山田哲人選手
e0222575_826508.jpg


まだ、練習は続いていましたが、5時をまわったので、私は引きあげました。

by misty2011 | 2018-02-03 08:53 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011