タグ:広島カープ ( 64 ) タグの人気記事

ナゴヤドームで中日に3連勝した東京ヤクルトスワローズは、
今日からマツダスタジアムで広島カープとの3連戦
順調なら、既に優勝が決まっていたはずですが、連日、お預け状態が続く広島カープ
この3連戦で、果たしてヤクルトナインの目の前で胴上げとなるでしょうか?

初戦の先発は、広島が九里亜蓮投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンは6番サードに大引選手が入りました。

選手公示では、石川投手が抹消され、西田明央捕手が上がってきました。

初回、ヤクルトは三者凡退
青木選手はファールで粘って15球目を打ってファーストゴロでした。

1回裏、ブキャナン投手は先頭の田中広輔選手にヒットを打たれ、送りバントで1死2塁
丸選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ先制されます。0-1
鈴木選手は四球で1死1、2塁から、
松山選手の打球はショート手前でイレギュラーして高く跳ね、
センターへ抜けるタイムリーヒットとなって0-2

1死2、3塁から野間選手にピッチャーへのタイムリー内野安打を打たれ0-3
さらに、曾澤捕手にもレフト前タイムリーヒットを打たれ0-4
安部選手にはセンター犠牲フライを運ばれ0-5
九里投手は三振でようやく3アウト
しかし、初回に打者一巡、5安打され一挙5失点とは・・・。

2回、ヤクルトは三者凡退

2回裏、ブキャナン投手は、丸、鈴木選手にヒットを打たれますが、
無失点に抑えます。

3回、ヤクルトは三者凡退。
九里投手に、3回までパーフェクトに抑えられています。

3回裏2死後、ブキャナン投手は安部選手にヒットを打たれますが、
九里投手は三振で3アウト

4回、マツダスタジアムは雨が降ってきました。
二巡目に入り、先頭の坂口選手がセンター前ヒット
青木選手はライト前ヒットで無死1、3塁
山田選手は四球で歩き無死満塁
バレンティン選手は1塁フライで1死満塁
雄平選手はショートゴロ併殺打で3アウト
無死満塁から1点も奪えません。

4回裏、ブキャナン投手は1番からの打順を三者凡退に抑えます。

5回1死後、西浦選手が死球で出ます。
中村捕手はセカンドゴロ併殺崩れで2死1塁
ここで代打・村上選手を送りますが、ピッチャーゴロで3アウト

5回裏、ヤクルトはハフ投手が登板
先頭の鈴木選手がショート内野安打
5点差で4番バッターがヘッドスライディングで内野安打となりましたが、
ケガのリスクを考えると、やることではないでしょうね。
松山選手はセンターフライ
1死後、野間選手にライトへのタイムリー3塁打を浴び0-6
2死後、安部選手は申告敬遠で、2盗して2死2、3塁
九里投手投手は見逃し三振で3アウト

6回、ヤクルトは1番からも三者凡退
山田選手は、今日もまた低めボール球を振って空振り三振、116個め
選球眼もおかしいし、バットに当たらなさすぎ。

6回裏、ヤクルトは中尾投手が登板
先頭の田中選手にヒットを打たれ、
菊池選手の送りバントを中尾投手が1塁へ悪送球して無死1、3塁
丸選手のファーストゴロで、3塁ランナーが生還して0-7
1死2塁で、鈴木選手に四球を与え、
つづく松山選手にライトへタイムリー2塁打を打たれ0-8
中尾投手、一時は勝ちパターンの投手でしたが、
今や、敗戦処理もままならないとは悲しくなります。

7回、ヤクルトは三者凡退

7回裏、ヤクルトは中澤投手が登板
レフトに比屋根、サードに川端選手
先頭の安部選手にレフトへのヒットを打たれ、
比屋根選手が捕れず3塁打になります。
早速、比屋根選手がやらかしてくれました。

1死後、田中広輔選手にタイムリーヒットを打たれ0-9
今度は、青木選手と雄平選手が譲り合う形で追いきれずヒットとなりました。
この二人の右中間の連係は、依然ぎくしゃくしたまま改善されません。
菊池選手はライト前ヒットで1死1、2塁
丸選手にライト前にタイムリーヒットを打たれ0-10

8回、ヤクルトは三者凡退

8回裏、ヤクルトは風張投手が登板
センターに上田選手、マスクは西田捕手
先頭の野間選手にライト前ヒットを打たれ、
2死後、代打のバティスタ選手にセンターへ大飛球を打たれますが、
上田選手がフェンス際で捕球して3アウト

9回、広島は10点リードで中崎投手が登板
坂口選手からの攻撃も2死となり、
最後は山田選手が空振り三振でゲームセット
このシーンはスポーツニュースなどで何度も流されるので、
山田くんには何とか打ってほしかったですが、悔しい終わり方となりました。

広島東洋カープが10-0でヤクルトに圧勝し、
セ・リーグ3連覇、そして27年ぶりとなる本拠地での優勝を決めました。
いやいや強かったですね。おめでとうございます。

広島は胴上げに手間取り、今日はそのうっぷんを晴らすかのように打ちまくりましたね。

ヤクルトは、これだけ大敗すると、
たとえCSでカープと対戦しても、歯が立たないのではないでしょうか?
大瀬良投手は打てず、九里投手も苦手で、一方、ヤクルト投手陣は打たれまくり。

今日だって、負けるにしても、もう少し抵抗できなかったものでしょうか?
ヒットは坂口、青木選手のわずか2安打。
打たれたヒットは17安打で10得点・・・、ひどい試合でした。

ことカープ戦に限っては、負け犬根性が染みついているようで、
淡々とアウトを重ねるだけ。情けない限りです。
CSを見据えて、少しでもヤクルトは簡単な相手ではないぞという試合を
見せてほしかったと思います。

e0222575_21334617.jpg


あと広島戦は2試合残して、対戦成績は5勝18敗
ヤクルトは2位とは言え、広島に最も負け越しているチームです。
どう広島と戦うか、来季への大きな課題となりましたね。
目の前で緒方監督の胴上げを見て、
ベンチも選手たちも、改めて悔しい思いがあったと思います。
その悔しさを来季にぶつけてほしいですね。

さてと、明日は二日酔いのカープナインに負けるわけには行きません。
ヤクルトの意地を見せてください。

by misty2011 | 2018-09-26 21:35 | 東京ヤクルトスワローズ
本日、18:00よりマツダスタジアムで行われる予定の広島戦は、雨天のため中止となりました。
試合がないのは残念ですが、プレーボールがかかる前の中止でよかったです。

予告先発は、ヤクルトはブキャナン投手で、広島は九里亜蓮投手でしたが、
ブキャナン投手は明日へのスライドとなりました。
カープは大瀬良大地投手です。

今日は、下から藤井亮太選手が1軍に上がってきました。
サードの川端選手が不調なので、上がってきたからには藤井選手に期待したいですね。

試合がないので、何を書こうかと迷ったあげく、私が前サイトで遠征したことのある
旧市民球場と現マツダスタジアムでの思い出の1シーンでも。
このブログを始める前、2007年から2010年までの4年間、
私は元広島カープの高橋建投手のファンサイトをやっていて、(現在は阪神2軍投手コーチ)
両球場とも数回ずつ遠征していました。

あくまで選手個人の応援サイトで、カープ自体のファンでは決してありませんでした。
今ほど、カープファンが増長してはいませんでしたが、
このことでカープファンからは、相当な非難を受けましたが、まあ当然でしょうね。
ブラウン監督時代は、カープのことを好意的に見ていたんですが、
2010年の沖縄キャンプ見学で、
新しく就任したばかりの野村謙二郎監督のとある行動に怒りを覚えて以降、
カープを応援する気がしなくなっていました。

まずは、今は取り壊されてしまいましたが、旧広島市民球場公式戦最終戦のフォトから
写真はすべて前サイトのブログより転載しました。私自身が撮ったものです。
ウェブサイトは完全閉鎖しましたが、ブログは無料なので、まだ残しています。

2008年9月28日、広島市民球場の公式戦最終戦は、広島とどこのチームの対戦だったか
皆さんは覚えていますでしょうか?
そう、東京ヤクルトスワロ―ズが対戦相手でした。
先発は広島が2年目、この年からエースナンバー18をつけた前田健太投手、
ヤクルトは川島亮投手でした。

スコアボードのスタメンには
1番青木、2番川島慶三、3番福地、4番畠山 5番飯原、6番宮本、
7番田中浩康、8番川本、9番川島亮
10年前です。懐かしいですね・・・。

e0222575_17371933.jpg


真っ赤に染まった旧広島市民球場最終戦 クリックで拡大します。
この時の座席は、3塁側外野寄りの内野最上段付近でした。
傾斜がきつくて怖かったです。
e0222575_18494790.jpg


試合は6-3で広島が勝ち、市民球場最終戦を勝利で飾りました。
前田健太投手が、市民球場での最後の勝利投手となりました。
e0222575_18495831.jpg



こちらは新球場マツダスタジアム 2010年9月 クリックで拡大します。
e0222575_18553612.jpg


新しくなったマツダスタジアムは、内野の座席がゆったりして、
コンコースも広く、メジャーのボールパークのような素晴らしい球場です。

ただ、一つ残念なことがありました。
旧市民球場から、売店の「カープうどん」がとてもおいしくて、
遠征のたびに食べるのが楽しみのひとつでした。
旧市民球場は、老朽化して、お店はお世辞にも綺麗とは言えず、
ゴキブリでも出てきそうな雰囲気でしたが、
「カープうどん」はとても美味でした。

新しくなったズムスタで、初めて「カープうどん」を食べた時、
あれ??味が変わっていると、ちょっと戸惑いました。
コクがなくなったというか、薄味に私は感じて、何だか物足りなかったですね。
そう思ったファンが当時は多かったような記憶があります。
あれから随分年数が経つので、今はどんな味になっているんでしょう?

最後に私がマツダスタジアムに出かけたのは、高橋建投手の引退試合の2010年9月29日です。
e0222575_1938544.jpg


雨天の場合を考えて、次の30日も観戦しました。
それを最後に、そのあとは一度もズムスタには出かけていません。

その前に、下見を兼ねて1週間前にも遠征しました。
当時の小川淳司監督代行と青木宣親選手 マツダスタジアム
二人とも若いですね。
e0222575_1935554.jpg


9月23日は館山昌平投手と前田健太投手の投げ合いとなり、
3-0で館山投手がカープを完封しました。
その時のヒーローインタビューの館山投手
e0222575_19353112.jpg


明日は勝って、ブキャナン投手のヒーローインタビューが見られるといいですね。

by misty2011 | 2018-05-18 19:58 | 東京ヤクルトスワローズ
2016日本シリーズは、第5戦まで終わって、
北海道日本ハムファイターズが3勝2敗と広島カープに王手をかけました。

今日からは再びマツダスタジアムに戻り、第6戦を戦います。
日本ハムファイターズがこのまま押し切って日本一を決めるか、それとも広島が意地を見せるか、
注目の一戦となりました。

先発は、広島カープが野村祐輔投手、日本ハムは大谷投手ではなく増井浩俊投手
大谷選手は、打者としてもスタメンに名前はありませんでした。
今日、優勝が決まりそうなら胴上げ投手となるのでしょうか?
負ければ、第7戦の先発でしょうか。

と、ここまで試合前に書きました。
大谷選手は、8回に代打要員でネクストサークルに立ちましたが、結局、今日は試合に出ることなく、
日本一が決まりました。

試合経過は ニッカンスコア

試合は初回から動きます。
1回表、ファイターズは先頭の西川選手が3塁打で出ると、中島選手は四球で無死1、3塁から、
岡大海選手のショート内野安打で日本ハムが1点先制!

2回裏、広島は、松山、鈴木選手の連打後、増井投手の暴投で1-1の同点に。
このあと、レアード選手のエラーで広島が2-1と勝ち越します。

ファイターズは4回、田中賢介選手のタイムリーヒットで同点に追いつくと、
西川遥輝選手のタイムリー3塁打で4-2と2点リード
西川選手はサヨナラ満塁弾から、見違えるようにバットが振れてきました。

日本ハムは、増井投手を3回で早くも下げ、4回から鍵谷投手が登板
5回に丸選手にソロホームランを浴び4-3と1点差。

日本ハムは6回、石井→井口投手の継投しますが、
2死2、3塁から下水流選手の内野安打と、大野捕手の連係ミスで4-4の同点に追いつかれます。

広島はヘーゲンズ投手が5回から登板し、6回まで0点に抑え、
7回は今村投手が無失点に抑えます。
ファイターズは7回裏、バース投手がきっちり三者凡退に抑え流れを作ります。

8回、広島はジャクソン投手が登板
2死ランナーなしから、西川、中島、岡選手の3連打で2死満塁
ここで、中田翔選手が押し出しの四球をもぎ取り5-4と勝ち越します。
さらに、5番に入ったバース投手のタイムリーヒットで6-4
つづくレアード選手が、ジャクソン投手から満塁ホームランを放ち10-4と試合を決めました。

8回裏はバース投手が3人で片付け
9回は谷元投手が締めゲームセット
北海道日本ハムファイターズが10-4で広島カープを下し、
10年ぶり3度目の日本一に輝きました。おめでとうございます。

画像は、9月1日東京ドームでのファイターズ戦入場の際にプレゼントされたクリアファイル
e0222575_2340448.jpg


優勝の瞬間、陽岱鋼選手が号泣していた姿が印象的でした。
FAのことやらあるので、感無量だったんでしょうね。

10年前の2006年、私は当時、日本一を花道に引退した新庄剛志選手のファンサイトをやっていたので、
札幌ドームで日本一が決まった試合を観戦していました。
ファイターズはあれ以来の日本一なんですね。感慨深いものがあります。
引退する武田勝投手は、その日本一のメンバーでした。
有言実行の「勝さんのために日本一!」本当によかったですね。おめでとうございます。

今年の優勝メンバーで、2006年当時からファイターズにいた選手は、武田勝さん以外だと、
武田久投手、田中賢介、陽岱鋼、飯山裕志選手がいます。
若い選手が多い中、長くファイターズで頑張ってきてよかったですね。
彼らにとっては2度目の日本一、おめでとうございます。

MVPは、シーリズ3本のホームランを放ったレア―ド選手でした。
おめでとうございます。いいところで、試合を決める一発が出て頼もしかったです。

写真は9月1日東京ドーム
e0222575_2042391.jpg


MVPには選ばれませんでしたが、投手では、リリーフで好投しシリーズ3勝、
今日はタイムリーヒットも放ったバース選手がMVP級の活躍だったと思います。
バース投手は、優秀選手賞を獲得しました。おめでとうざいます。
そのほか、西川遥輝選手と中田翔選手が優秀選手賞、
まだエルドレッド選手が敢闘選手賞を受賞しました。


セ・リーグの覇者、広島カープは初戦、2戦目と圧勝して、さすが強いと思いましたが、
3戦目からは競り負け、結局第7戦はなくなり、
引退する黒田投手の2度目の登板がないままシリーズが終わりました。
お疲れさまでした。

広島の方が、五分に追いつかれて以降、緒方監督の采配に焦りが感じられました。
カープは、自慢のリリーフ陣が連投に次ぐ連投で、試合終盤に打ちこまれましたね。
栗山監督の方が、落ち着いていて、また思い切った采配ができていたように感じました。
リリーフ陣も、バース投手を筆頭に、競った場面でも好投しました。
その差が出たでしょうね。

どちらが日本一になってもおかしくない両チームの戦いは、
部外者が見ていても、特に3戦目以降は、しびれる展開が多くて面白かったです。

来年、ヤクルトは、まずは投手陣を整備して、
守りの面でもしっかり戦えるチームになってほしいと願います。

by misty2011 | 2016-10-30 00:04 | パ・リーグ
2016日本シリーズは、北海道日本ハムファイターズが本拠地・札幌ドームで2連勝して
対戦成績を2勝2敗の五分としました。

広島カープが初戦、2戦目と圧勝したときは、このままストレートで決まるのではないかと思いましたが、
さすがにパ・リーグの覇者が底力を発揮してきました。

第5戦は、両チームにとって、今シリーズでも最も重要な試合となるでしょう。
先発は日本ハムが加藤貴之投手、広島は中4日でジョンソン投手を持ってきました。
日本ハムは先発マスクに、シリーズ初めて市川友也捕手をスタメン起用。
大野捕手が、リード、打撃、守りとも精彩がないので、この方が私はいいと思います。

試合経過は ニッカンスコア

先発したルーキーの加藤投手は、CS同様、立ち上がりからピンチの連続
先頭の田中選手がヒット、送りバント後、丸選手もヒットで1死1、3塁
エルドレッド選手は打ち取りますが、鈴木誠也選手にセンターへはじき返され、広島が1点先制。

加藤投手は、2回も、先頭の小窪選手に四球、下水流選手にレフトフェンス直撃の2塁打を浴び無死2、3塁
1死後、田中選手に四球を与え1死満塁となったところで、早くも日本ハムはメンドーサ投手に交代。

ここで、メンドーサ投手が菊池選手をサードゴロ、丸選手を空振り三振に斬って取り、
無失点で切り抜けます。
早い回の登板で、厳しい局面でしたが、見事なリリーフでした。

この後、ジョンソン投手とメンドーサ投手が両者譲らず好投で0が並びます。
ジョンソン投手は、相変わらず安定したピッチング、
メンドーサ投手は、低めにコントロールよく投げ、カープ打線はゴロの山を築きます。
こんなことなら、メンドーサ投手が先発していれば・・・と思いました。

カープは7回からジョンソン投手に代わり、2番手で今村猛投手が登板。
ファイターズにとっては、5連投の今村投手に代わってくれてよかったかもしれません。
まず、先頭の田中賢介選手が四球を選び、市川捕手が送って1死2塁
中島卓也選手がレフト前ヒットで1死1、3塁から、
岡大海選手がセンターへ犠牲フライを運び、1-1の同点に追いつきます。
やや浅めのセンターフライでしたが、3塁の白井コーチが思い切って賢介選手を走らせました。

8回は谷元投手が無失点に抑えます。
その裏、カープは昨日打たれたジャクソン投手が、
日ハムクリーンナップをきっちり三者凡退に抑え笑顔がこぼれます。

9回、ファイターズはバース投手が登板
先頭の新井選手にヒットを打たれますが、こちらも0点に抑えます。

その裏、広島は中崎投手が登板
1死後、田中賢介選手が四球で歩き、市川捕手が送って2死2塁
中島選手はピッチャーへの内野安打で2死1、3塁
岡選手はお尻(訂正)にデッドボールを受け、中崎投手に怒りをあらわにし、
両軍の選手がベンチから出てきて一触即発状態も、乱闘騒ぎには至らず、すぐ収まります。

2死満塁となり、ここで、このシリーズ当たりが出ていない西川遥輝選手が打席に。
西川選手は、2球目のストレートを迷いなく振りぬくと、
打球はぐんぐん伸びてライトスタンドへ飛び込むサヨナラ満塁弾!!

日本ハムファイターズが、西川遥輝選手の起死回生のサヨナラ満塁弾で、5×-1で勝利!
2敗から始まった日本シリーズでしたが、本拠地・札幌ドームで3連勝となり、
ファイターズが、ついに王手をかけました。おめでとうございます。

それにしても、サヨナラ満塁弾とは劇的過ぎました。
シリーズ入って、不振だった西川選手は、これで吹っ切れるでしょうね。
今日で一気に取り戻しました。よかったですね。
リーグ打率2位で、よく打ってよく走ってチームをけん引していた西川選手に当たりが戻れば、
ファイターズはノッていけそうです。

写真は9月1日東京ドーム 西川遥輝選手
e0222575_20274259.jpg



それにしても、ファイターズは、本拠地3連勝のうち、2つがサヨナラ勝ちとは恐れ入りました。
しかも、日替わりヒーローで、順に大谷選手、レアード選手、そして今日の西川選手。
勢いがつく勝ち方ですね。

今年の日本シリーズは、今のところすべてホームチームが勝利の内弁慶シリーズとなりました。
王手をかけた日本ハムが有利には違いありませんが、1日置いて、今度はマツダスタジアムで2連戦。
どういう結末が待ち受けているのでしょう?想像もつきません。

広島カープとしては、中4日でジョンソン投手を先発させて勝てなかったのは誤算でしょうね。
カープのほうに焦りを感じます。
得点できるシーンは、もっとありましたが、結局、初回の1点のみでした。
あの強力打線のカープ打線が打てませんでした。
それもこれも、2番手でロングリリーフしたメンドーサ投手の好投が大きかったですね。
今日の、もう一人のヒーローです。ナイスピッチング、おめでとうございます。

広島が連勝したときは、すぐに終わるシリーズかと思いましたが、盛り上がってきました。
土日の試合を楽しみにしています。

by misty2011 | 2016-10-27 23:06 | パ・リーグ
2016日本シリーズは、ここまで2戦終了し、2勝した広島カープの強さだけが目立っています。

今日から札幌ドームに舞台を移して、第3戦が行われました。
先発は、北海道日本ハムファイターズが有原航平投手
広島は日本シリーズを最後に引退する黒田博樹投手


試合経過は ニッカンスコア

先制したのは日本ハム
初回1死後、近藤選手がヒット、大谷選手がレフトへの2塁打で1死2、3塁から、
中田翔選手のショートゴロの間に1点先制!

直後の2回、1死後、鈴木誠也選手がレフト前ヒットで出ると、
エルドレッド選手がライトへ2ランホームランを放り込み1-2とあっさり逆転!
今日もまた、インサイドに1球も投げず、真ん中から外の球ばかりを投げ、餌食となりました。
全くバッテリーは何も学習してないことに、私はあきれました。

4回裏、大谷選手が黒田投手から今度は右中間へ2塁打を放ちますが、後続が倒れます。

6回裏、黒田投手は大谷選手をレフトフライに打ちとり2アウトとなったところで、
アクシデント発生で、一旦ベンチに下がり再び出てきますが、続投を断念して降板。
急きょ、ヘーゲンズ投手に交代して、中田選手を打ち取ります。

7回裏、広島は今村投手が登板し、ランナーを出しますが無失点。

8回、日本ハムはバッテリーごと交代で、宮西投手-市川捕手のバッテリー
こちらも無失点に抑えます。

その裏、広島はジャクソン投手が登板
先頭の中島選手が粘って四球で出ます。
西川選手の送りバントで1死2塁
近藤選手は倒れ、2死2塁で、大谷選手は敬遠され2死1、2塁となり、
中田翔選手との勝負となります。
ここで、中田選手が意地を見せ、レフトへタイムリー2塁打を放ち、2者生還して
日本ハムが3-2と逆転に成功!
3戦目で、ようやくタイムリーヒットで得点できました。

9回、1点リードでファイターズは谷元投手をマウンドに送ります。
いきなり、先頭の鈴木誠也選手に右中間へ3塁打を打たれ無死3塁のピンチ。
エルドレッド選手は三振、松山選手はショートフライに打ち取り2死までこぎつけますが、
安部友裕選手に、高めに甘く入った初球をライト前に運ばれ、土壇場で3-3の同点に追いつかれます。

その裏、大瀬良投手の前に三者凡退で、試合は延長戦に!

10回はマーティン投手が登板し、0点に抑えます。

その裏、ファイターズは1死後、西川選手が四球を選び、2死後、打席には大谷選手。
西川選手が2盗に成功して2死2塁。
大瀬良投手は大谷選手との勝負となり、カウント1-2から
大谷選手が、インコースの難しいストレートをライト前に運ぶタイムリーヒットを放ち、
日本ハムファイターズが4×-3でサヨナラ勝ちを決めました。

いやいや、ファイターズは劇的なサヨナラでしたね。
決めたのは千両役者・大谷翔平選手でした。見事というしかありません。
打者・大谷選手がファイターズにシリーズ初勝利をもたらしました。
おめでとうございます。

写真は昨年9月3日東京ドーム 大谷翔平選手と有原航平投手
e0222575_0364745.jpg



終盤、ようやく日本シリーズらしく試合が面白くなっていましたが、
最後はサヨナラヒットで、やっぱり大谷くんがすべてを持っていきました。

伏線としては、8回に大谷選手を敬遠し、広島バッテリーは中田翔選手と勝負しましたが、
そこで、4番の意地を見せた中田選手が2点タイムリーヒットを放ち、
3-2と逆転したことが大きかったですね。

延長10回は、今度は大谷選手との勝負となり、そこで大谷選手がサヨナラ打~!
今日は2塁打2本と、最後はサヨナラヒット。まさにスーパースターにふさわしい活躍でした。
あらためて、ファイターズは、二刀流・大谷翔平のチームなんですね。

日本ハムは、今日とにかく勝ってよかったです。負ければあとがなくなりますからね。
ようやく1勝で、まだ広島が優位ですが、今日のサヨナラで少しは流れが変わるかもしれません。
ようやく日本シリーズらしい試合になって、明日からが楽しみになりました。


あと、これは部外者の余計なお世話かもしれませんが、
ファイターズの大野捕手のリードは、特にエルドレッド選手に対し何も学習できてなくて疑問です。
まだ、市川捕手の方がいいような気がしました。

by misty2011 | 2016-10-25 23:33 | パ・リーグ
昨夜から始まった2016日本シリーズ
初戦は、広島カープが、重盗と一発攻勢で大谷翔平投手を攻略、
投げてはジョンソン投手が好投して、大事な初戦をとりました。
日本ハムファイターズにとっては、大谷投手で負けたことは、1敗以上のダメージでした。

2戦目の先発は、広島が最多勝の野村祐輔投手、ファイターズは増井浩俊投手

試合経過は ニッカンスコア

初回、日本ハムは1死後、中島選手が2塁打で出塁。
2死後、中田翔選手が四球で歩き2死1、2塁のチャンスも、
今日5番に打順が上がったレアード選手がライトフライに倒れ先制ならず。

その裏、広島は1死後、菊池選手が2塁打、丸選手は四球で歩き、増井投手の暴投で1死1、3塁から、
松山選手のライトフライで、菊池選手がホームを狙いますが、
近藤選手のナイスバックホームで本塁でタッチアウトのダブルプレーで3アウト!

先制したのは今日も広島カープ
2回1死後、エルドレッド選手がヒット、今日スタメン・サードの小窪哲也選手が、
右中間へのタイムリー2塁打を放ち、
エルドレッド選手が1塁から一気にホームを駆け抜け、広島が1点先制!

日本ハムは4回、中田翔選手がシリーズ初ヒット、田中賢介選手が四球で2死1、2塁から、
大野捕手のセカンドゴロを名手・菊池涼介選手が後逸するタイムリーエラーで、
中田選手がホームインして1-1の同点に。

同点後、増井投手は4、5回とも三者凡退に抑える好投。

しかし6回裏、先頭の田中広輔選手に2塁打を打たれると、
菊池選手がバントから一転、高めのボールを打って出るバスターで、レフト前に転がし、
2塁から田中選手が一気にホームを狙います。
球審のジャッジはアウトも、ビデオ判定に持ち込まれ、セーフと判定が覆り、
広島が2-1と勝ち越します。
これで流れが一気に広島に傾きます。

直後に3番の丸選手がセーフティバントを試み、これを増井投手が1塁へ悪送球して、
2塁から菊池選手がホームインして3-1
タナキクマル同級生トリオの鮮やかな得点シーンとなりました。

1死後、日本ハムは増井投手から鍵谷陽平投手に交代
代わりっぱな暴投で、丸選手が3塁へ進むと、鈴木誠也選手が犠牲フライを運び4-1
さらに、エルドレッド選手がレフトスタンドへソロホームランを叩き込み5-1
今日はアウトハイのストレートを打ちました。
だから外の球はダメだって!
インハイか、外なら届かないボール気味じゃないと・・・。
初戦の失敗が活かされていませんでした。

この回、カープは畳みかける攻撃で一挙4得点!ファイターズを引き離します。
この回で勝負ありでした。

野村投手は6回まで投げ、わずか2安打、エラーによる1失点のみ(自責0)
凄い球はなくても、内外にきっちり投げ分け、シーズン同様、勝てるピッチングでした。

7回からは、今村→ジャクソン→中崎投手とつなぎます。
9回は、中田、レアード選手がヒットで1死1、2塁で代打で大谷翔平選手が打席に立ちましたが、
中崎投手のストレートに空振り三振。
最後は岡選手がセカンドゴロでゲームセット。
広島が5-1で日本ハムファイターズを下し、本拠地ズムスタで2連勝しました。

カープは7安打で5得点、ファイターズは4安打でタイムリーエラーの1得点のみ。
今日も広島は打線がつながり、ファイターズは打てずつながらず、
エラーや暴投もあっていいところなしで完敗でした。

広島が強すぎるのか、日本ハムが弱すぎるのか・・・。
ファイターズサイドからすると見どころがありませんでしたね。
打線がとにかく打てなさすぎます。
シーズンどうやって勝ってきたんだろうって思うくらい貧打ですね。
こんな弱いはずではないんですが・・・。

かたや、カープは、6回の攻撃を見てもそうですが、面白いように打線がつながります。
選手がそれぞれ、意図をもって打席に立っている感じです。
いやいや、ホントに強いです!

1日置いて、火曜日からは札幌ドームでの試合となります。
本拠地に戻って、日本ハムが少しは奮起してくれるよう期待したいと思います。
3戦目も負けると、一気にカープが決めそうですね。
ファイターズは、どうか意地を見せてほしいと願います。

by misty2011 | 2016-10-23 23:14 | セ・リーグ
今日から2016日本シリーズがマツダスタジアムで開幕となりました。
25年ぶりセ・リーグ優勝の広島東洋カープ、4年ぶりに日本シリーズ進出の北海道日本ハムファイターズ
シーズン前に、この2球団の日本シリーズを予想した評論家、ファンは果たしてどのくらいいたでしょう?
フレッシュで楽しみな初顔合わせとなりました。

初戦の先発は、広島カープがジョンソン投手、日本ハムファイターズは大谷翔平投手
大谷投手は8番投手で、日本シリーズでもリアル二刀流で試合に臨みます。

試合経過は ニッカンスコア

試合は、雨模様で寒い悪コンディションの中プレーボール
初回、日本ハムは、西川選手が内野安打、中島選手が送り、
3番の岡大海選手がレフトへのヒットで1死1、3塁のチャンス。
しかし、4番の中田翔、5番陽岱鋼選手が空振り三振に倒れ先制の好機を潰します。
結果的には、日ハムがこの初回に1点でもとれていればという展開となりました。

その裏、大谷投手は2死後、丸選手にヒットを打たれ、暴投で2塁へ進まれますが、
松山選手を空振り三振に仕留め3アウト。

しかし2回裏、大谷投手は先頭の鈴木誠也選手を四球で出し、
1死後、安部選手にヒットを打たれ1死1、3塁
石原捕手は空振り三振も、カープはダブルスティールを仕掛けてきました。
一塁走者の安部選手が2盗の間に、3塁走者鈴木がディレイドスチールでホームインして広島が1点先制!
足を絡めての鮮やかな先制点でした。

大野投手が、1塁ランナーの2盗につられて2塁へ送球の間に、3塁ランナー鈴木選手がホームに生還。
これ、大野捕手は2塁へ投げる必要はなく、
さらに、大谷投手が送球をカットすべきところをサインミスでもしたんでしょうね。
やらなくてもいい得点を与え先制されました。

直後の3回、ファイターズは、中島、岡選手が連続四球でチャンスメイクしますが、
中田選手がピッチャーゴロ併殺打で3アウト。

4回裏、大谷投手は、先頭の松山竜平選手に右中間スタンドへソロホームランを運ばれ2-0
さらに1死後、エルドレッド選手にもバックスクリーンにソロ弾を運ばれ3-0
どちらも、大谷投手のストレートを狙い撃ちされました。

松山選手は藤浪投手といい大谷投手といい速球派に強いですね。見事なホームランでした。
エルドレッド選手に対しては外の低めは腕が伸びるので、一番投げてはいけないコースでした。
アナがあるバッターなので、インハイに投げておけば打たれることはなかったでしょうに。

ファイターズ打線は、ランナーは出ますが、ジョンソン投手の前に得点できません。

ようやく7回、先頭のレアード選手がバックスクリーンにソロホームランを放り込み3-1

その裏、ファイターズは大谷投手から石井裕也投手に交代も、
田中広輔選手が2塁打を放ち、送って1死3塁から、
丸佳浩選手がライトへタイムリーヒットを放ち4-1

バース投手に交代も、新井、鈴木選手に連続四球で1死満塁から、
エルドレッド選手が犠牲フライを運び5-1

この辺は、カープはソツなく得点しますね。ヤクルトとは差を感じます。

ファイターズ打線は、7回途中から今村投手→ジャクソン投手に継投の前に得点できず
9回は、中崎投手が締めゲームセット
広島カープが5-1で日本ハムを下し、大事な初戦をとりました。

終わってみれば、ファイターズは大谷投手で完敗、広島の完勝でしたね。

大谷翔平投手は、今日はストレートのMAXは158キロ
雨で足元がぬかるんでいたこともあってか、あまり球が走っていませんでしたね。
カープ打線は150キロ台の大谷投手のストレートをきっちり捉えていました。
おそらく今シーズン両リーグの最強打線でしょうね。見事というしかありません。
むしろ、大谷投手はスライダーの方がよかったように感じました。

大谷投手は打つ方では左中間への2塁打と1塁内野安打のマルチヒットでしたが、
得点には結びつきませんでした。


ジョンソン投手は、雨の中でも相変わらず安定したピッチングで、
7回途中まで投げ、9安打されますが、ソロ被弾の1失点のみ。
低めにきっちり投げていました。

あとは、広島リリーフ陣が無失点リレー。
投打がかみ合い、広島カープの強さだけが際立った初戦でした。やっぱり強いですね。

日本ハムは、チャンスに中田翔選手が三振や併殺打などさっぱりでした。
初戦を見た限りでは、まだ気が早すぎますが、逆シリーズ男になりそうな・・・。
明日以降、奮起を期待したいですね。


ファイターズは、大谷投手で落としたのは痛すぎます。
一方、カープはジョンソン投手できっちり先勝。この差は大きいでしょうね。

ただ、まだ初戦が終わっただけなので、明日からの試合で、流れはどうにでもなりそうです。
ファイターズにとっては、明日の2戦目が大事になってきました。
打線が、何とかしなくては、特に4番、5番が。
打順を入れ替えてもと思いますが、今まで4番は動かしてないので、まあやらないでしょうね。

by misty2011 | 2016-10-22 23:22 | セ・リーグ
クライマックスシリーズファイナルステージは、セ・パともリーグ優勝チームが3勝と王手をかけてます。
このまま第4戦で日本シリーズ進出が決まるか否か、注目の一戦となりました。

まずはセ・リーグから
広島の3勝1敗で迎えた第4戦
先発は、広島カープが岡田明丈投手、横浜DeNAベイスターズは今永昇太投手のルーキー対決

初回に一気に試合が動きました。
1回裏、先発の今永投手は、先頭の田中広輔選手に際どい球をボール判定され四球で歩かせます。
これが尾を引いたのか?この後、今永投手は信じられないような崩れ方となりました。
菊池選手は送りバント、丸選手は四球で1死1、2塁から、新井貴浩選手のタイムリーヒットでまず1点
つづく鈴木誠也選手が、ファイナル初ヒットとなるタイムリーヒットで2点目。
さらに、エルドレッド選手がライトスタンドへ3ランホームランを運び5-0
このあと、小窪選手、岡田投手にも打たれ、
2死1、2塁から田中広輔選手タイムリーヒットを打たれ6-0

カープは打者11人、怒涛の攻撃で初回に一挙6得点!
今永投手は、腕が振れていませんでしたね・・・。
ストレートは走らず、思った所に球が行かず、コントロールもよくありませんでした。

これで試合は決まったかと思いましたが、このあともつれます。

2回、横浜は1死後、宮崎選手がフェンス直撃の2塁打、
エリアン選手のファーストゴロを岡田投手が捕球ミスして1死1、3塁から
倉本選手がライトへタイムリーヒットを放つと、
鈴木選手の3塁への悪送球で、ランナーが二者生還して6-2

その裏、DeNAは2番手で藤岡好明投手が登板し無失点に抑えます。

3回にはヒットの桑原選手をおいて、梶谷選手がライトスタンドへ2ランホームランを放り込み6-4
負けたくない強い気持ちが込められた2ランに感動しました。
とても骨折しているとは思えない一撃でした。
これで試合はわからなくなりました。

しかし、3回裏、3番手の砂田投手から菊池選手がタイムリーヒットを放ち7-4と3点差に。
5回裏には2死2塁から、田中広輔選手がタイムリーヒットを放ち8-4

直後の6回、四球の倉本選手を置いて、戸柱捕手がタイムリー3塁打を放ち8-5
桑原選手のショートゴロの間に3塁走者が生還して8-6と2点差に。

7回には、今村投手からロペス選手がソロホームランを放ち8-7と1点差に詰め寄ります。

1点を追う9回、2死からロペス選手が四球で歩きますが、
最後は中崎投手の前に筒香選手が3球三振に倒れゲームセット。

広島カープが8-7でルーズヴェルト・ゲームを制し、25年ぶりとなる日本シリーズ進出を決めました。
おめでとうございます。

写真は9月4日神宮 緒方孝市監督
e0222575_20145137.jpg


やはりレギュラーシーズンぶっちぎりで優勝した広島カープが強かったですね。
日本シリーズ進出は順当な勝ち上がりでしょう。

CSファイナルステージのMVPは、打率なんと.833をマークした田中広輔選手が選ばれました。
田中選手は17打席、12打数10安打5四球4打点。
打率。833、出塁率.882という脅威的な成績でチームをけん引しました。
シーズン終盤は調子を落としていましたが、CSファイナルでは大爆発でしたね。
おめでとうございます。

一方、敗れた横浜DeNAは、最後の打者が筒香嘉智選手だったのが象徴的なファイナルとなりました。
筒香選手は今日も5打数ノーヒットと、不調のままCSファイナルの幕を閉じました。
この4試合でヒットはわずか1安打、打点なし、打率.063と、
レギュラーシーズン2冠のハマの主砲としての打撃が全くできませんでした。

本人が一番悔しい思いをしていると思いますが、
チームをCSまで導いてきたのは、まぎれもなく筒香選手。
本当にお疲れさまでした。

そして、今日も2ランホームランを放ち、一時は2点差まで追い上げた梶谷隆幸選手。
素晴らしい活躍でしたね。このCSですっかり見直しました。
骨折の痛みをおしながらも、誰よりも勝負への執念を感じさせてくれるプレーには心打たれました。
このあとは、どうかケガを早く治して、ゆっくり休んでほしいですね。
心からお疲れままでした。


一方、パ・リーグの方は、今日はソフトバンクホークスが勝ち、日本ハムの3勝2敗ともつれてきました。

先発は、日本ハムファイターズが高梨裕稔投手、ソフトバンクホークスはバンデンハーク投手

ソフトバンクは2回、長谷川勇也選手のソロホームランで先制すると、
3回には2死3塁から、柳田選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち2-0
4回には、高梨投手から今宮健太選手が2ランホームランを放ち4-0

6回には白村投手から松田宣浩選手がソロホームランを放ち5-0

追いかけるファイターズは6回裏、四球で出た西川、中島選手を置いて、大谷翔平選手が
右中間への2点タイムリー2塁打を放ち5-2
しかし、ファイターズの得点はこの2点のみ

7回からは、岩嵜ー森福ースアレスーサファテ投手が無失点リレー
5-2でソフトバンクホークスが、王手をかけていた日本ハムファイターズを下し、
明日以降に望みをつなぎました。

今日は先発のバンデンハーク投手が、6回4安打2失点と、きっちり試合を作りました。
打線は一発攻勢で得点を重ね、じわじわ突き放しました。

明日5戦目で決まるか、ソフトバンクが意地を見せタイに追いつくか、しびれる試合を期待しています。

by misty2011 | 2016-10-15 20:17 | セ・リーグ
クライマックスファイナルステージはセ・パとも1位のチームが初戦に勝って2勝0敗となりました。
初戦は、セ・パともリーグ優勝チームの強さを感じました。
今日の2戦目はどういう結果になったでしょう。

まずは、第2戦目のセ・リーグから
先発は広島カープが最多勝の野村祐輔投手、横浜DeNAベイスターズは三嶋一輝投手

初回、広島は田中広輔選手が2塁打、送りバントで1死3塁から
丸佳浩選手がライトへタイムリーヒットを放ち1点先制!

3回には四球で出た田中選手を3塁において、丸選手の犠牲フライで2-0

8回には、三上投手から田中広輔選手がソロホームランを放ち3-0

わずか4安打でしたが、効率よく3得点

一方、横浜DeNA打線は、野村祐輔投手に3回までパーフェクトに抑えられます。
野村投手は6回まで投げ3安打無失点の好投

7回からは今村-ジャクソンー中崎投手に継投の前に、横浜は今日も0行進。
初戦は3安打、今日は5安打ながら1点も奪えず、
横浜DeNAは0-3で敗れ、2試合連続の完封負けを喫しました。

これで対戦成績は広島カープの3勝0敗となり、広島が早くも日本シリーズへ王手をかけました。
初戦同様、横浜打線が冷え冷えでした。
筒香選手にヒットは出ましたが、ロペス選手は2試合ノーヒット。
打順を下げた宮崎選手が2安打でしたが、つながりませんでした。

このまま無抵抗で終わってほしくないですね。明日は打線の奮起に期待したいです。


一方、パ・リーグは、9回にソフトバンクが逆転して、対戦成績は日本ハムの2勝1敗となりました。
先発は日本ハムファイターズが、増井浩俊投手、ソフトバンクホークスは中田賢一投手

先制したのはソフトバンク
2回、内川選手がヒット、明石選手が四球を選び2死1、2塁から、
今宮選手がセンターへタイムリーヒットを放ち1点先制。
つづく細川捕手のセカンドへのタイムリー内野安打で2-0とします。

4回、日本ハムは西川、近藤選手の連打後、1死1、2塁から
中田翔選手がセンターへタイムリーヒットを放ち1点かえして2-1

5回にはレアード選手のソロホームランで2-2の同点に!

6回には中田翔選手のタイムリー、陽岱鋼選手のタイムリーヒットで4-2と日本ハムが2点リード

8回、ソフトバンクの松田選手が宮西投手からソロホームランを放ち4-3

1点リードで9回はマーティン投手が登板
1死後、福田選手の足にデッドボールをぶつけ出塁を許すと2盗に成功。
中村晃選手は四球で1死1、2塁となり、このあとダブルスチール敢行で1死2、3塁

つづく本多選手がレフトへタイムリーヒットを放ち、土壇場で4-4の同点に!
さらに、柳田悠岐選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち5-4と勝ち越すと、
内川選手のショートゴロ併殺崩れの間に1点追加して6-4
この回、ソフトバンクが3点奪い逆転に成功!

その裏、サファテ投手が三者凡退に締めゲームセット。

ソフトバンクホークスが6-4で日本ハムに逆転勝ちして1勝を挙げました。
対戦成績は、これで日本ハムの2勝1敗。

9回迎えるときには、日ハムがこのまま勝って王手をかけるかと思いましたが、
ソフトバンクが意地を見せ、死四球から逆転勝ちを収め1勝をもぎ取りました。

打撃不振だった柳田悠岐選手が、今日は3打席目に、CS初ヒットとなるサード内野安打
9回は同点においついたあと、勝ち越しとなるセンター前タイムリーヒットを放ちました。
マルチヒット、それもタイムリーヒットが出てほっとしていることでしょう。

写真は7月16日ハマスタ オールスター第2戦より
e0222575_18521937.jpg


まだ本調子とはいきませんが、柳田選手にタイムリーが出たのはソフトバンクにとって大きいでしょうね。

ファイターズは、中田翔選手が今日も2安打2打点と4番の仕事をきっちりしましたが、
守護神のマーティン選手が誤算で、痛い敗戦となりました。
明日の3戦目はどちらにとっても大事な負けられない試合となりました。
いい試合を期待しましょう。

by misty2011 | 2016-10-13 22:44 | パ・リーグ
今日からクライマックスシリーズのファイナルステージが始まりました。

まずはセ・リーグから

広島カープの先発はジョンソン投手、横浜DeNAベイスターズはモスコーソ投手

試合はDeNAにとって、何の見どころもない完敗でした。
ジョンソン投手の前にわずか3安打で完封負けを喫しました。

ファーストステージで、左手薬指を骨折した梶谷隆幸選手が強行出場し、2安打と孤軍奮闘!
しかし、筒香選手は三振、ショートゴロ併殺打、セカンドフライ、ライトフライの
4打数ノーヒットで完全に抑え込まれました。

カープ打線は3回、先頭の田中選手が四球、菊池選手が送って1死2塁から、
丸佳浩選手がセンターオーバーのタイムリー2塁打で先制すると、
新井貴浩選手のライトへのタイムリーヒットで2-0

7回には、田中広輔選手のタイムリー2塁打と菊池涼介選手のタイムリーヒットで4-0
さらに、8回には、代打のエルドレッド選手のタイムリー2塁打で5-0

ジョンソン投手は横浜打線を寄せ付けず、9回3安打6奪三振でDeNAを完封!
初戦は5-0で広島が完勝しました。

横浜はファーストステージで力を出しきって、余力がなかったかのような完敗でした。
先発はモスコーソ投手なので、ある程度の失点は仕方なかったでしょう。
7回4失点で、2番手のサガスキー投手が1失点。
打線がわずか3安打ではどうしようもありませんでした。退屈な試合となりました。

明日は、野村祐輔投手と三嶋一輝投手が予想されるので、
横浜はまたまた苦しい試合となりそうですが、DeNAには打線の奮起をお願いします。


一方、パ・リーグの初戦の先発は
日本ハムファイターズが大谷翔平投手、ソフトバンクホークスは武田翔太投手
大谷投手は8番で打席にも立ち、CSファイナルでもリアル二刀流となりました。

こちらも大谷翔平投手が7回わずか1安打の圧巻のピッチング
内川選手に打たれた2塁打1安打のみに抑えました。

打線は、5回に一挙6得点で武田翔太投手をノックアウト!
レアード、大谷選手の連打、送りバントを武田投手がエラーをやらかし無死満塁から、
西川遥輝選手がセンターへタイムリーヒットを放ち2点先制。

中島選手の送りバント後、近藤選手がセンターへタイムリーヒットを放ち4-0

さらに、中田翔選手が左中間スタンドへ2ランホームランを叩き込み6-0

8回は谷元投手、9回はマーティン投手が三者凡退に締めゲームセット

日本ハムファイターズが6-0で完勝しました。
二刀流の大谷投手は、センター前ヒットと、送りバントを決めました。

写真は7月16日ハマスタ オールスターより大谷翔平選手
e0222575_1058481.jpg



どちらもリーグ優勝したチームが、圧勝でしたね。
あまりに完勝で、見ていて面白くありませんでした。

1位のチームに1勝のアドバンテージがあるので、両リーグとも1位チームが2勝0敗となりました。
今日の試合を見る限り、早くも、日本シリーズは日本ハム対広島カープに決まりそうって思いました。

セ・パともどちらが勝ってもいいんですが、
やはりもっと競った見ごたえのある試合展開になってほしいですね。
明日はそういう試合になるよう期待しています。

by misty2011 | 2016-10-12 21:54 | パ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011