タグ:広島カープ ( 69 ) タグの人気記事

福岡ソフトバンクホークスが3勝1敗1分けと日本一に王手をかけ、
今日はマツダスタジアムで日本シリーズ第6戦が行われました。

先発は広島がジョンソン投手、ソフトバンクはバンデンハーク投手

試合経過は ニッカンスコア

1回裏、バンデンハーク投手投手は田中広輔選手にヒットを打たれ出塁されますが、
菊池選手が送りバント失敗
このあと、2盗を甲斐捕手が刺し、広島の先制の好機を阻止します。
今日も初っ端から甲斐キャノンが炸裂して、試合の流れをカープに渡しませんでした。

2回裏にも甲斐拓也捕手は安部選手の2盗を刺し、
日本シリーズ新記録となる6連続盗塁刺を達成しました。
捕ってから投げるまでが速く、その強肩と見事な送球コントロールには感動しました。
キャッチャーに注目してシリーズを見たのは、私は古田敦也捕手以来のことです。

広島も、もう盗塁を仕掛けても無駄なのでやめれば良さそうなものなのに、
意地になっていたように感じましたね。
盗塁が勝つための手段ではなく、
甲斐捕手から一つでも盗塁を成功させるのが目的になっていたようにすら感じました。

ソフトバンクは4回、先頭の柳田選手が四球、中村晃選手がヒットで出ると、
内川選手がきっちり送りバントを決め1死2、3塁
ここで、西田選手がスクイズを決め1点先制!
広島バッテリーはスクイズに無警戒のようでしたね。

さらに5回には、好投のジョンソン投手から
グラシアル選手がレフトスタンドにソロホームランを放り込み2-0とします。

試合はそのまま2-0でソフトバンクが広島を完封
4勝1敗1分けで、2位からCSを勝ちあがったソフトバンクが、2年連続の日本一となりました。
おめでとうございます。

終わってみれば、ソフトバンクは3安打で2得点
一方、広島は4安打ながら、2度の盗塁失敗などがあり無得点
先日も、ソフトバンクの方が安打数は少ないながら、きっちり試合には勝ちました。
このへんは、ベンチワークを含め、
何度も日本一になっているソフトバンクの方が数段上でしたね。

写真は2105年10月29日神宮 工藤公康監督の優勝インタビュー
e0222575_1953593.jpg


この日本シリーズでは、結局、広島は8度盗塁を企図してすべて失敗
さらに、ソフトバンクの素晴らしい守備もあって、本塁憤死が2度など、
セ・リーグでは抜群の機動力とされた試合運びが、完全に封じられました。

シリーズのMVPには、甲斐キャノンで広島の足を完璧に封じた甲斐拓也選手が選ばれました。
おめでとうございます。

このシリーズの初戦の記事で、
最後まで一度も盗塁を許さないで終わってほしいと私の願望を書きましたが、
その通りになって、ちょっと嬉しく思います。
甲斐捕手、髙谷捕手、よく刺してくれたとの思いが強くあります。

レギュラーシーズン中、山田哲人選手と田中広輔選手の盗塁王争いの際にも触れましたが、
広島は下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるで、タイトル狙いのために、
何でもかんでも走りまくることを快く思っていなかった私としては、
今回の盗塁がすべて失敗に終わったことは「ざま~みろ!」って気分です。
つい本音が出てすみません。

パの西川遥輝選手やセの山田哲人選手のように、走っても成功率が高い選手こそ
盗塁王にふさわしい選手でしょう。
あらためて、1個差ながら、山田くんが盗塁王をとってよかったです!
盗塁技術がそれほどなくても、走る回数だけ多くて
盗塁数を稼ぎまくる選手に対して、今回、はっきりノーと答えが出たように思います。

まあ、それでも来シーズンも懲りずに走るでしょうけどね・・・。
セ・リーグには甲斐キャノンのような盗塁を刺す捕手がいないのが寂しい限りです。
巨人の小林捕手、もっと頑張ってよ~!
今回、これだけ盗塁阻止のキャッチャーが注目されたので、
ヤクルトでは、強肩の松本直樹捕手に期待したいですね。

緒方監督や選手たちがよく口にする「自分たちの野球」の集大成が、
この日本シリーズでは、守りが堅いソフトバンクの前ではなすすべなく、
すべて裏目となって出ましたね。

また、広島は田中ー菊池選手の二遊間はセではトップクラスの守備だと言われていましたが、
このシリーズでは、連係ミスが多発して、とてもそうは思えませんでした。
ソフトバンクの強肩の柳田、上林外野手もそうですが、
内外野とも、ソフトバンクの方が守りが堅かったですね。
ミスが出ませんでした。
広島の投手陣は頑張ったと思いますが、守備での差がでたシリーズだったように思います。

日本シリーズでソフトバンクにわずか1勝しかできなかったカープは、
セ・リーグでは敵なしの三連覇
早くから独走状態で、らくらく優勝しました。
どれだけ、セ・パの力の差があるんだろうと感じさせられたシリーズでもありました。

その広島に、今季は一方的にやられたヤクルトは、
まずは、来シーズンは広島と少しでも互角に戦えるよう力をつけてほしいと願います。
広島に勝てなければ、リーグ優勝云々はまだ言えないでしょうね。
まずは、カープアレルギーを払しょくしてほしいと思います。

日本シリーズが終わってみれば、パ・リーグの強さがより強く印象に残りました。
日本一のソフトバンクもペナントでは西武に敗れ2位ですからね。
今さらながら、ヤクルトが交流戦で勝率1位になれたのが不思議なくらいです。

来シーズンは、乗り越えなければいけない目標がさらに大きくなってきましたが、
チーム全体で底上げして、さらに個々の選手はレベルアップを図ってほしいと願います。

最後に、日本シリーズを戦った両チームの皆さん、お疲れさまでした。
普段は、ソフトバンクを応援することは、私はまずありませんが、
今回は、相手がカープだったので、どちらかというとソフトバンク側につきました。
4勝1敗1分けと、勝敗の差は大きくつきましたが、
接戦の試合も多く、楽しませてもらいました。
ありがとうございました。

大事なことを書き忘れていました。
引退する新井貴浩選手、お疲れさまでした。
どんな時でも、一生懸命にプレーする姿が印象に残っています。
憎めない誰からも好かれる人柄でしたね。

by misty2011 | 2018-11-03 23:35 | パ・リーグ
福岡ソフトバンクホークスと広島東洋カープとの日本シリーズ2018は
1勝1敗1分けのタイで4戦目を迎えました。

先発はソフトバンクが東浜巨投手、広島は野村祐輔投手

試合経過は ニッカンスコア 

初回、広島は1死後、菊池選手がレフト前ヒットで出ると、
大不振の丸選手が右中間への2塁打を放ち、菊池選手が1塁から一気にホームを狙いますが、
柳田選手から中継に入った2塁の明石選手の好返球でホームタッチアウトとなります。
柳田→明石選手→バックホームの見事な中継プレーでした。
続く鈴木選手は見逃し三振で、先制の好機を潰します。
終わってみれば、今日の試合の流れを決めることになった1回の本塁憤死でした。 
3塁ストップで、4番・鈴木選手に回した方がよかったかもしれませんね。

先制したのは今日もソフトバンク
3回裏2死後、甲斐捕手がヒットで出ると、
上林誠知選手がライトスタンドへシリーズ1号となる2ランホームランを放り込み2点先制!

4回表には鈴木誠也選手が3号ソロホームランを放2-1

その裏、今度はデスパイネ選手が2号ソロ弾を放ち3-1

5回には、甲斐捕手が安部選手の2盗を刺します。
ここまで、広島の足を完璧に封じています。

6回裏、ソフトバンクは広島3番手の今村投手を攻め、
柳田、中村晃選手のヒットで1死1、3塁となり、
代打の長谷川選手がセンター前に抜けるタイムリーヒットを放ち4-1
ショートゴロ併殺コースでしたが、田中選手と菊池選手がお見合いする形となり
打球がセンターに抜けていきました。
カープに痛い守備でのミスが出ました。

ソフトバンクは東浜投手が5回1失点と好投後、
モイネロー武田ー嘉弥真ー森投手が無失点リレーで広島打線を抑えゲームセット

ソフトバンクが4-1で広島に勝ち、対戦成績を2勝1敗1分けとし
ひとつリードしました。

広島はわずか4安打で鈴木誠也選手のソロ弾の1得点のみ
初回の走塁死、5回にはまたも盗塁失敗など、
セ・リーグでは足でかき回して得点するいつものカープ野球が出来ませんでした。
また、守備でも、毎試合のように細かいミスが出て、失点につながっています。

一方、ソフトバンクは初回の外野から内野を中継しての完璧なバックホームで
広島に流れを渡さず、
攻撃では、2本のホームランなどで得点を重ねました。
また、石川投手が離脱で苦しい投手事情の中、
6回からはリリーフ陣が無失点リレーで得点を許しませんでした。
得点は4点ですが、ソフトバンクの強い戦いぶりだったと思います。

広島は初回に丸選手に2塁打が出ましたが、これが得点に結びつかず、
この後、丸選手は3打席凡退しました。まだ、復調とは言えないでしょうね。

ソフトバンクが先に2勝目を挙げた今日の勝利は、
シリーズを戦う上でも大きな1勝でしょうね。

明日は、初戦と同じ先発で千賀投手と大瀬良投手に投げ合いとなります。
広島にとっては、負けると王手をかけられるので、
プレッシャーとしては大瀬良投手の方が大きいでしょうね。
どちらも好投して、いい試合を期待しています。

しかし、甲斐キャノンは素晴らしいですね。
盗塁阻止を見るだけでもワクワクします。
今のところ、甲斐捕手は4-4で、しかも、すべて余裕でアウトにしています。
強肩に加え、投げるまでがとにかく素早くて、送球のコントロールが抜群!
このまま、最後まで盗塁を許すことなくシリーズを終えてほしいです。
これ以外に、髙谷捕手も刺すなどカープの6盗塁すべてをアウトにしています。
日本シリーズでの盗塁阻止の何か記録ってあるんですかね?
交流戦で、その甲斐捕手から盗塁を決めた山田哲人選手は、やっぱり凄い!

                   
by misty2011 | 2018-10-31 23:20 | 東京ヤクルトスワローズ
日本シリーズは、広島カープが1勝1分けで、今日から福岡ヤフオクドームに移って、
3戦目が行われました。

試合経過は ニッカンスコア

先発はソフトバンクがミランダ投手、広島は九里亜蓮投手

先制したのはソフトバンク
4回1死後、柳田、デスパイネ選手が連続四球後、
中村晃選手がライト前にタイムリーヒットを放ち1点先制!
2死後、今宮選手がレフトへタイムリーヒットを放ち2-0とします。

広島は5回、安部友裕選手がライトスタンドへソロホームランを運び2-1

5回裏、ソフトバンクは上林、グラシアル選手がヒットで1死1、3塁から
柳田選手のファーストゴロをメヒア選手が2塁へ悪送球して、
その間に3塁ランナーが生還して3-1

1死1、3塁となり、ここで、広島はヘルウェグ投手に交代
デスパイネ選手のショートゴロで、3塁ランナーが生還して4-1
この回、ソフトバンクは二つの内野ゴロで渋く2点を奪いました。

6回表、鈴木誠也選手がシリーズ1号ソロホームランを放ち4-2
このあと、松山、野間選手がヒットでチャンスメイクし、
曾澤捕手がライトへタイムリーヒットを放ち4-3と1点差に

6回裏、広島は岡田投手に交代
2死後、明石、グラシアル選手が連打で2死1、3塁となり、
柳田悠岐選手のサードへのタイムリー内野安打で5-3
つづくデスパイネ選手がライトスタンドへシリーズ1号3ランホームランを放り込み
8-3とリードを広げます。


7回裏には、途中からマスクを被った高谷捕手がライトへソロ弾を運び9-3
6点差となり、これで今日はソフトバンクの勝ちが決まったかと思いましたが、
広島が追いあげてきます。

8回、加治屋投手から鈴木誠也選手が2打席連続となる2号ソロ弾を放ち9-4
1死後、バティスタ選手がヒット、野間選手は四球、曾澤捕手はヒットで
1死満塁となり、ここで、安部友裕選手が今日2本目となる2号満塁弾を
ライトスタンドに放り込み9-8と1点差
に迫ります。
まさかまさかのグランドスラムでしたね。驚きました!

写真は昨年5月11日神宮 安部友裕選手
e0222575_0135934.jpg


9回、1点リードでソフトバンクは守護神・森唯斗投手が登板
鈴木、バティスタ選手にヒットを打たれますが、
最後は野間選手をファーストゴロに打ち取りゲームセット

ソフトバンクが9-8で辛くも逃げ切り
対戦成績を1勝1敗1分けの5分に戻しました。

今日は両チーム合わせて6本のホームランが飛び出すなど、
広島は16安打、ソフトバンクは12安打の打撃戦となり、
最後までもつれましたが、ソフトバンクが何とか1点差で逃げ切りました。

7回裏には9-3と6点差がついたので、もう決まったと思いましたが、
そこからのカープの反撃が凄かったですね。
逆転されるんじゃないかと思いました。

鈴木誠也選手が打撃好調で2本塁打など3安打猛打賞で2打点
そして、恐怖のラストバッター安部友裕選手がソロ弾と満塁弾の2発で5打点の大暴れ!

ヒット数では広島が上回りましたが、好調の4番鈴木誠也選手の活躍の一方、
3番の丸選手はシーズン終盤からの不調が続いていて、
今日も5タコ4三振と大ブレーキ!
とにかくバットを振っても球にかすりもしない三振ばかり。
どうしちゃったの!?丸ちゃんって感じですね。
3番で打線を切るので、好調の鈴木選手につながりません。

明日以降、丸選手の打順をどうするでしょう?
まあ、いじらないとは思いますが、短期決戦で、ここまで打てないと深刻ですね。

ソフトバンクは本拠地に戻って、ようやく打線にエンジンがかかり始めました。
デスパイネ選手に待望の一発、それも3ランが飛びだしました。
また、不振だった柳田選手にも内野安打の他、レフト線への2塁打が出ました。
中村晃選手には勝負強さが戻ってきました。
伏兵の高谷捕手の一発も、終わってみれば大きな価値がありましたね。

1勝1敗となり、明日はどちらにとっても非常に大事な一戦となります。
広島の先発は野村祐輔投手なので、
今年の野村投手なら、ソフトバンク打線は、ある程度打てるのではないかと思います。
ソフトバンクとしては、ヤフオクドームでは、
すべて勝つつもりで戦わないと厳しいかもしれませんね。

それにしても、逆転のカープは最後まで手をゆるめないので、
点差があっても安心できません。
やはり底力はセ・リーグではダントツでしょう。
鈴木誠也選手を、これ以上、乗せないようにしないと厄介ですね。

まあ、どっちが勝っても高みの見物なので、私としては気楽なものです。

by misty2011 | 2018-10-30 23:51 | 東京ヤクルトスワローズ
日本シリーズ2018、昨夜の初戦は、延長12回2-2の引き分けに終わりました。

2戦目の先発は、広島がジョンソン投手、ソフトバンクはバンデンハーク投手

試合経過は ニッカンスコア

先制したのは今日も広島
初回、が田中広輔選手のレフト前への打球を、
レフトの守備についたデスパイネ選手捕れず2塁打となります。
菊池選手が送り、このあと、2死3塁から、
鈴木誠也選手の高く弾んだ打球がタイムリー内野安打となり
広島が今日も初回に先制!

3回裏には、先頭の田中選手がヒットで出ると、
菊池選手のセカンドゴロを今日スタメンの川島選手が2塁へ悪送球して
無死2、3塁とピンチが広がります。
丸選手のレフトへのファールフライが犠飛となり、2点目が広島に入ります。
この後、松山選手にレフトへのタイムリーヒットを打たれ3-0

ソフトバンク打線は、ジョンソン投手の前に3回までパーフェクトに抑えられます。
4回、先頭の川島選手が四球を選び、
今宮選手がセンター前にチーム初ヒットを放ち、丸選手がファンブルして
無死1、3塁のチャンス
しかし、3番グラシア選手はショートライナー
4番柳田選手は空振り三振
ジョンソン投手の暴投で2死2、3塁となりますが、
5番デスパイネ選手はショートゴロで得点なりません。

広島は5回には、菊池、丸選手の連打後、
鈴木誠也選手がセンターへタイムリーヒットを放ち、二者生還して5-0

追いかけるソフトバンクは7回、
柳田、デスパイネ選手の連打後、松田宣浩選手がセンターへタイムリーヒットを放ち
ようやく1点かえします。5-1

しかし、ソフトバンクの反撃は1点のみで、
8回はフランスワ投手、9回は中崎投手に抑えられ
そのまま5-1で広島が先勝しました。

広島は10安打で5得点
ソフトバンクはわずか4安打で1得点のみでした。
中でも、鈴木誠也選手が3安打猛打賞、2適時打で3打点と4番の仕事をしました。

写真は5月6日神宮 鈴木誠也選手
e0222575_22553674.jpg


同じ4番の柳田選手とは、今のところ明暗くっきりですね。

バンデンハーク投手は、好投しましたが、不運なヒットや
守備のミスから失点して、気の毒な部分がありました。

ソフトバンクは、今日は上林選手を下げ、レフトにデスパイネ選手を入れましたが、
初回の守備などで足を引っ張る形となり裏目となりました。
また、1番スタメンの川島選手にも手痛いエラーが出て、そこから失点しました。

それ以上に、とにかく打線が冷え冷えで、さっぱり打てません。
確かに、ジョンソン投手がシーズン中よりも安定して良かったというのはありますが。
特に、4回のチャンスに、クリーナップが何も出来なかったのがすべてでしょう。
あと、内川選手の昨夜の死球も痛かったですね。
今日は代打でも出られませんでしたから。

柳田選手は、7回にはようやくシリーズ初ヒットが出ましたが、
4回のチャンスで打ってほしかったですね。
広島バッテリーのインコース攻めが、今のところ柳田封じに奏功しているようです。
というか、シーズン中、パ・リーグのバッテリーは、インコース攻めが中途半端で、
真ん中から外の球を打たれまくっているような気がしますね。
もっと、イン攻めを徹底すれば、打率3割5分超の高打率は私は残せなかったと思います。

マツダでは勝てなかったソフトバンクは、火曜日からはヤフオクドームで3連戦
ここで、挽回するしかありません。
冷えた打線が、どう上向くかにかかっています。

今日のように打てない試合を見ていると、西武が戦った方が、まだ面白かったのにと、
つい思ってしまいます。
日本シリーズに行けなかった無念の西武ライオンズのためにも、
もう少し、鷹打線が意地を見せてほしいと強く思いました。

それから、甲斐捕手は今日も盗塁を阻止して、カープの足を封じています。
こうなりゃ、このシリーズ、ひとつも盗塁を許さないまま終わってほしいですね。
広島は、何でもかんでも走りすぎ!舐めてかかっていますよね。
それを刺せないセ・リーグの捕手陣も情けないですが・・・。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるで、あわよくば盗塁のタイトルを狙うって、
盗塁自体の価値を下げるようなことはしてほしくないですね。

それにしても、ソフトバンクの強さは、
ヤクルトが戦った2015年の日本シリーズがピークだったんでしょうか?
当時の勢いがないのは残念です。
どちっが勝ってもいいですが、3戦目からは、鷹打線がもっと打つシーンを見たいですね。

by misty2011 | 2018-10-28 22:59 | セ・リーグ
今日から2018年SMBC日本シリーズが始まりました。
セ・リーグはリーグ優勝して、CSも勝ち抜いた広島東洋カープ
パ・リーグは2位からCSファイナルで首位の西武を倒して勝ち上がってきた
福岡ソフトバンクホークスとの対戦となりました。

初戦は広島カープの本拠地マツダスタジアムで行われましたが、
まあ、初戦からがっぷり四つの緊迫した試合となりました。

見ている分には、どちらが勝ってもいいので、気楽に見始めましたが、
さすが、日本シリーズ、両者譲らぬ痺れる展開となり、引き込まれました。

試合経過は ニッカンスコア

先制したのは広島
初回、菊池涼介選手がソフトバンク先発の千賀投手から
先制のソロホームランを放ち1点先制!
このあと、丸選手が四球で歩き、鈴木誠也選手のライトへのヒットで1死1、2塁から
松山選手がライト前にタイムリーヒットを放ち2-0とします。

ソフトバンクは4回まで大瀬良投手の前にノーヒットに抑えられます。
5回、先頭の中村晃選手がチーム初ヒット
内川選手もヒットで続き無死1、3塁のチャンス
このあと、サードゴロとピッチャーゴロで2死2、3塁となり、
千賀投手の代打・デスパイネ選手がセカンドへの内野安打を放ち、
これを菊池選手が1塁へ悪送球して、1塁松山選手が捕球できず、
その間にランナーが二者生還して2-2の同点に追いつきます。
名手・菊池選手に手痛い送球ミスが出ました。(記録は松山選手に失策がつきました)

このあと、両チームとも小刻みな投手継投で得点を許しません。
2-2のまま延長に入りますが、
両チームともチャンスはありながらも、お互いの投手陣が踏ん張り、
あと1本が出ないまま、延長12回2-2の引き分けに終わりました。

初戦から延長戦となり、試合時間は4時間38分の熱戦となりました。
なかなか見応えがありましたね。

今日はメジャーのワールドシリーズでもドジャースとレッドソックス戦が
延長18回7時間20分の死闘となり、
こちらは18回裏にドジャースがサヨナラ勝ちとなりました。
この試合も、しばらく見ていましたが、今日は日米とも、長く痺れる試合でした。

広島とソフトバンクの日本シリーズは、私はどちらのチームも好きではありませんが、
川島慶三選手がいる分、ソフトバンク寄りで見ていました。
あと、広島は、どうも一部のファンが増長しているのが目につくので、
その意味で、応援する気がしません。

その川島慶三選手は、途中から代打で出場し、2安打1四球と3度出塁の活躍
クライマックスから好調をキープして、ラッキーボーイ的な存在となっています。
基本的には慶三君のスタメンは左投手先発の時ですが、
今日は右投手からもヒットを打ったので、
この際、相手の右左関係なくスタメンでいいように思いましたね。
そのくらい、打線の中ではつなぐ貴重な存在となっています。

写真は2015年神宮 日本シリーズでの川島慶三選手 
現在、背番号は「4」になっています。
e0222575_15432669.jpg


それにしても、ソフトバンクは、思ったほど打てませんでしたね。
特に、1番バッターの上林選手が6打数ノーヒット、うち4三振と大ブレーキ
柳田選手も四死球の他は3打数ノーヒット(2三振)でした。
全体的に、鷹打線は西武を倒した時ほどの勢いがまだ出ていません。
それだけ、広島の投手陣がいいってことなんでしょう。
明日からは、もう少し打線が活発になってほしいですね。
それから、ソフトバンクの甲斐、高谷捕手とも、カープの盗塁を刺したのは見事でした。

日本シリーズが開幕して、
この時季まで、野球をやっている両チームが改めて羨ましく思いました。
ヤクルトの選手たちも見ていたことでしょうね!?
来季は、この舞台に立てるよう願っています。

by misty2011 | 2018-10-28 00:20 | パ・リーグ
ナゴヤドームで中日に3連勝した東京ヤクルトスワローズは、
今日からマツダスタジアムで広島カープとの3連戦
順調なら、既に優勝が決まっていたはずですが、連日、お預け状態が続く広島カープ
この3連戦で、果たしてヤクルトナインの目の前で胴上げとなるでしょうか?

初戦の先発は、広島が九里亜蓮投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンは6番サードに大引選手が入りました。

選手公示では、石川投手が抹消され、西田明央捕手が上がってきました。

初回、ヤクルトは三者凡退
青木選手はファールで粘って15球目を打ってファーストゴロでした。

1回裏、ブキャナン投手は先頭の田中広輔選手にヒットを打たれ、送りバントで1死2塁
丸選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ先制されます。0-1
鈴木選手は四球で1死1、2塁から、
松山選手の打球はショート手前でイレギュラーして高く跳ね、
センターへ抜けるタイムリーヒットとなって0-2

1死2、3塁から野間選手にピッチャーへのタイムリー内野安打を打たれ0-3
さらに、曾澤捕手にもレフト前タイムリーヒットを打たれ0-4
安部選手にはセンター犠牲フライを運ばれ0-5
九里投手は三振でようやく3アウト
しかし、初回に打者一巡、5安打され一挙5失点とは・・・。

2回、ヤクルトは三者凡退

2回裏、ブキャナン投手は、丸、鈴木選手にヒットを打たれますが、
無失点に抑えます。

3回、ヤクルトは三者凡退。
九里投手に、3回までパーフェクトに抑えられています。

3回裏2死後、ブキャナン投手は安部選手にヒットを打たれますが、
九里投手は三振で3アウト

4回、マツダスタジアムは雨が降ってきました。
二巡目に入り、先頭の坂口選手がセンター前ヒット
青木選手はライト前ヒットで無死1、3塁
山田選手は四球で歩き無死満塁
バレンティン選手は1塁フライで1死満塁
雄平選手はショートゴロ併殺打で3アウト
無死満塁から1点も奪えません。

4回裏、ブキャナン投手は1番からの打順を三者凡退に抑えます。

5回1死後、西浦選手が死球で出ます。
中村捕手はセカンドゴロ併殺崩れで2死1塁
ここで代打・村上選手を送りますが、ピッチャーゴロで3アウト

5回裏、ヤクルトはハフ投手が登板
先頭の鈴木選手がショート内野安打
5点差で4番バッターがヘッドスライディングで内野安打となりましたが、
ケガのリスクを考えると、やることではないでしょうね。
松山選手はセンターフライ
1死後、野間選手にライトへのタイムリー3塁打を浴び0-6
2死後、安部選手は申告敬遠で、2盗して2死2、3塁
九里投手投手は見逃し三振で3アウト

6回、ヤクルトは1番からも三者凡退
山田選手は、今日もまた低めボール球を振って空振り三振、116個め
選球眼もおかしいし、バットに当たらなさすぎ。

6回裏、ヤクルトは中尾投手が登板
先頭の田中選手にヒットを打たれ、
菊池選手の送りバントを中尾投手が1塁へ悪送球して無死1、3塁
丸選手のファーストゴロで、3塁ランナーが生還して0-7
1死2塁で、鈴木選手に四球を与え、
つづく松山選手にライトへタイムリー2塁打を打たれ0-8
中尾投手、一時は勝ちパターンの投手でしたが、
今や、敗戦処理もままならないとは悲しくなります。

7回、ヤクルトは三者凡退

7回裏、ヤクルトは中澤投手が登板
レフトに比屋根、サードに川端選手
先頭の安部選手にレフトへのヒットを打たれ、
比屋根選手が捕れず3塁打になります。
早速、比屋根選手がやらかしてくれました。

1死後、田中広輔選手にタイムリーヒットを打たれ0-9
今度は、青木選手と雄平選手が譲り合う形で追いきれずヒットとなりました。
この二人の右中間の連係は、依然ぎくしゃくしたまま改善されません。
菊池選手はライト前ヒットで1死1、2塁
丸選手にライト前にタイムリーヒットを打たれ0-10

8回、ヤクルトは三者凡退

8回裏、ヤクルトは風張投手が登板
センターに上田選手、マスクは西田捕手
先頭の野間選手にライト前ヒットを打たれ、
2死後、代打のバティスタ選手にセンターへ大飛球を打たれますが、
上田選手がフェンス際で捕球して3アウト

9回、広島は10点リードで中崎投手が登板
坂口選手からの攻撃も2死となり、
最後は山田選手が空振り三振でゲームセット
このシーンはスポーツニュースなどで何度も流されるので、
山田くんには何とか打ってほしかったですが、悔しい終わり方となりました。

広島東洋カープが10-0でヤクルトに圧勝し、
セ・リーグ3連覇、そして27年ぶりとなる本拠地での優勝を決めました。
いやいや強かったですね。おめでとうございます。

広島は胴上げに手間取り、今日はそのうっぷんを晴らすかのように打ちまくりましたね。

ヤクルトは、これだけ大敗すると、
たとえCSでカープと対戦しても、歯が立たないのではないでしょうか?
大瀬良投手は打てず、九里投手も苦手で、一方、ヤクルト投手陣は打たれまくり。

今日だって、負けるにしても、もう少し抵抗できなかったものでしょうか?
ヒットは坂口、青木選手のわずか2安打。
打たれたヒットは17安打で10得点・・・、ひどい試合でした。

ことカープ戦に限っては、負け犬根性が染みついているようで、
淡々とアウトを重ねるだけ。情けない限りです。
CSを見据えて、少しでもヤクルトは簡単な相手ではないぞという試合を
見せてほしかったと思います。

e0222575_21334617.jpg


あと広島戦は2試合残して、対戦成績は5勝18敗
ヤクルトは2位とは言え、広島に最も負け越しているチームです。
どう広島と戦うか、来季への大きな課題となりましたね。
目の前で緒方監督の胴上げを見て、
ベンチも選手たちも、改めて悔しい思いがあったと思います。
その悔しさを来季にぶつけてほしいですね。

さてと、明日は二日酔いのカープナインに負けるわけには行きません。
ヤクルトの意地を見せてください。

by misty2011 | 2018-09-26 21:35 | 東京ヤクルトスワローズ
本日、18:00よりマツダスタジアムで行われる予定の広島戦は、雨天のため中止となりました。
試合がないのは残念ですが、プレーボールがかかる前の中止でよかったです。

予告先発は、ヤクルトはブキャナン投手で、広島は九里亜蓮投手でしたが、
ブキャナン投手は明日へのスライドとなりました。
カープは大瀬良大地投手です。

今日は、下から藤井亮太選手が1軍に上がってきました。
サードの川端選手が不調なので、上がってきたからには藤井選手に期待したいですね。

試合がないので、何を書こうかと迷ったあげく、私が前サイトで遠征したことのある
旧市民球場と現マツダスタジアムでの思い出の1シーンでも。
このブログを始める前、2007年から2010年までの4年間、
私は元広島カープの高橋建投手のファンサイトをやっていて、(現在は阪神2軍投手コーチ)
両球場とも数回ずつ遠征していました。

あくまで選手個人の応援サイトで、カープ自体のファンでは決してありませんでした。
今ほど、カープファンが増長してはいませんでしたが、
このことでカープファンからは、相当な非難を受けましたが、まあ当然でしょうね。
ブラウン監督時代は、カープのことを好意的に見ていたんですが、
2010年の沖縄キャンプ見学で、
新しく就任したばかりの野村謙二郎監督のとある行動に怒りを覚えて以降、
カープを応援する気がしなくなっていました。

まずは、今は取り壊されてしまいましたが、旧広島市民球場公式戦最終戦のフォトから
写真はすべて前サイトのブログより転載しました。私自身が撮ったものです。
ウェブサイトは完全閉鎖しましたが、ブログは無料なので、まだ残しています。

2008年9月28日、広島市民球場の公式戦最終戦は、広島とどこのチームの対戦だったか
皆さんは覚えていますでしょうか?
そう、東京ヤクルトスワロ―ズが対戦相手でした。
先発は広島が2年目、この年からエースナンバー18をつけた前田健太投手、
ヤクルトは川島亮投手でした。

スコアボードのスタメンには
1番青木、2番川島慶三、3番福地、4番畠山 5番飯原、6番宮本、
7番田中浩康、8番川本、9番川島亮
10年前です。懐かしいですね・・・。

e0222575_17371933.jpg


真っ赤に染まった旧広島市民球場最終戦 クリックで拡大します。
この時の座席は、3塁側外野寄りの内野最上段付近でした。
傾斜がきつくて怖かったです。
e0222575_18494790.jpg


試合は6-3で広島が勝ち、市民球場最終戦を勝利で飾りました。
前田健太投手が、市民球場での最後の勝利投手となりました。
e0222575_18495831.jpg



こちらは新球場マツダスタジアム 2010年9月 クリックで拡大します。
e0222575_18553612.jpg


新しくなったマツダスタジアムは、内野の座席がゆったりして、
コンコースも広く、メジャーのボールパークのような素晴らしい球場です。

ただ、一つ残念なことがありました。
旧市民球場から、売店の「カープうどん」がとてもおいしくて、
遠征のたびに食べるのが楽しみのひとつでした。
旧市民球場は、老朽化して、お店はお世辞にも綺麗とは言えず、
ゴキブリでも出てきそうな雰囲気でしたが、
「カープうどん」はとても美味でした。

新しくなったズムスタで、初めて「カープうどん」を食べた時、
あれ??味が変わっていると、ちょっと戸惑いました。
コクがなくなったというか、薄味に私は感じて、何だか物足りなかったですね。
そう思ったファンが当時は多かったような記憶があります。
あれから随分年数が経つので、今はどんな味になっているんでしょう?

最後に私がマツダスタジアムに出かけたのは、高橋建投手の引退試合の2010年9月29日です。
e0222575_1938544.jpg


雨天の場合を考えて、次の30日も観戦しました。
それを最後に、そのあとは一度もズムスタには出かけていません。

その前に、下見を兼ねて1週間前にも遠征しました。
当時の小川淳司監督代行と青木宣親選手 マツダスタジアム
二人とも若いですね。
e0222575_1935554.jpg


9月23日は館山昌平投手と前田健太投手の投げ合いとなり、
3-0で館山投手がカープを完封しました。
その時のヒーローインタビューの館山投手
e0222575_19353112.jpg


明日は勝って、ブキャナン投手のヒーローインタビューが見られるといいですね。

by misty2011 | 2018-05-18 19:58 | 東京ヤクルトスワローズ
2016日本シリーズは、第5戦まで終わって、
北海道日本ハムファイターズが3勝2敗と広島カープに王手をかけました。

今日からは再びマツダスタジアムに戻り、第6戦を戦います。
日本ハムファイターズがこのまま押し切って日本一を決めるか、それとも広島が意地を見せるか、
注目の一戦となりました。

先発は、広島カープが野村祐輔投手、日本ハムは大谷投手ではなく増井浩俊投手
大谷選手は、打者としてもスタメンに名前はありませんでした。
今日、優勝が決まりそうなら胴上げ投手となるのでしょうか?
負ければ、第7戦の先発でしょうか。

と、ここまで試合前に書きました。
大谷選手は、8回に代打要員でネクストサークルに立ちましたが、結局、今日は試合に出ることなく、
日本一が決まりました。

試合経過は ニッカンスコア

試合は初回から動きます。
1回表、ファイターズは先頭の西川選手が3塁打で出ると、中島選手は四球で無死1、3塁から、
岡大海選手のショート内野安打で日本ハムが1点先制!

2回裏、広島は、松山、鈴木選手の連打後、増井投手の暴投で1-1の同点に。
このあと、レアード選手のエラーで広島が2-1と勝ち越します。

ファイターズは4回、田中賢介選手のタイムリーヒットで同点に追いつくと、
西川遥輝選手のタイムリー3塁打で4-2と2点リード
西川選手はサヨナラ満塁弾から、見違えるようにバットが振れてきました。

日本ハムは、増井投手を3回で早くも下げ、4回から鍵谷投手が登板
5回に丸選手にソロホームランを浴び4-3と1点差。

日本ハムは6回、石井→井口投手の継投しますが、
2死2、3塁から下水流選手の内野安打と、大野捕手の連係ミスで4-4の同点に追いつかれます。

広島はヘーゲンズ投手が5回から登板し、6回まで0点に抑え、
7回は今村投手が無失点に抑えます。
ファイターズは7回裏、バース投手がきっちり三者凡退に抑え流れを作ります。

8回、広島はジャクソン投手が登板
2死ランナーなしから、西川、中島、岡選手の3連打で2死満塁
ここで、中田翔選手が押し出しの四球をもぎ取り5-4と勝ち越します。
さらに、5番に入ったバース投手のタイムリーヒットで6-4
つづくレアード選手が、ジャクソン投手から満塁ホームランを放ち10-4と試合を決めました。

8回裏はバース投手が3人で片付け
9回は谷元投手が締めゲームセット
北海道日本ハムファイターズが10-4で広島カープを下し、
10年ぶり3度目の日本一に輝きました。おめでとうございます。

画像は、9月1日東京ドームでのファイターズ戦入場の際にプレゼントされたクリアファイル
e0222575_2340448.jpg


優勝の瞬間、陽岱鋼選手が号泣していた姿が印象的でした。
FAのことやらあるので、感無量だったんでしょうね。

10年前の2006年、私は当時、日本一を花道に引退した新庄剛志選手のファンサイトをやっていたので、
札幌ドームで日本一が決まった試合を観戦していました。
ファイターズはあれ以来の日本一なんですね。感慨深いものがあります。
引退する武田勝投手は、その日本一のメンバーでした。
有言実行の「勝さんのために日本一!」本当によかったですね。おめでとうございます。

今年の優勝メンバーで、2006年当時からファイターズにいた選手は、武田勝さん以外だと、
武田久投手、田中賢介、陽岱鋼、飯山裕志選手がいます。
若い選手が多い中、長くファイターズで頑張ってきてよかったですね。
彼らにとっては2度目の日本一、おめでとうございます。

MVPは、シーリズ3本のホームランを放ったレア―ド選手でした。
おめでとうございます。いいところで、試合を決める一発が出て頼もしかったです。

写真は9月1日東京ドーム
e0222575_2042391.jpg


MVPには選ばれませんでしたが、投手では、リリーフで好投しシリーズ3勝、
今日はタイムリーヒットも放ったバース選手がMVP級の活躍だったと思います。
バース投手は、優秀選手賞を獲得しました。おめでとうざいます。
そのほか、西川遥輝選手と中田翔選手が優秀選手賞、
まだエルドレッド選手が敢闘選手賞を受賞しました。


セ・リーグの覇者、広島カープは初戦、2戦目と圧勝して、さすが強いと思いましたが、
3戦目からは競り負け、結局第7戦はなくなり、
引退する黒田投手の2度目の登板がないままシリーズが終わりました。
お疲れさまでした。

広島の方が、五分に追いつかれて以降、緒方監督の采配に焦りが感じられました。
カープは、自慢のリリーフ陣が連投に次ぐ連投で、試合終盤に打ちこまれましたね。
栗山監督の方が、落ち着いていて、また思い切った采配ができていたように感じました。
リリーフ陣も、バース投手を筆頭に、競った場面でも好投しました。
その差が出たでしょうね。

どちらが日本一になってもおかしくない両チームの戦いは、
部外者が見ていても、特に3戦目以降は、しびれる展開が多くて面白かったです。

来年、ヤクルトは、まずは投手陣を整備して、
守りの面でもしっかり戦えるチームになってほしいと願います。

by misty2011 | 2016-10-30 00:04 | パ・リーグ
2016日本シリーズは、北海道日本ハムファイターズが本拠地・札幌ドームで2連勝して
対戦成績を2勝2敗の五分としました。

広島カープが初戦、2戦目と圧勝したときは、このままストレートで決まるのではないかと思いましたが、
さすがにパ・リーグの覇者が底力を発揮してきました。

第5戦は、両チームにとって、今シリーズでも最も重要な試合となるでしょう。
先発は日本ハムが加藤貴之投手、広島は中4日でジョンソン投手を持ってきました。
日本ハムは先発マスクに、シリーズ初めて市川友也捕手をスタメン起用。
大野捕手が、リード、打撃、守りとも精彩がないので、この方が私はいいと思います。

試合経過は ニッカンスコア

先発したルーキーの加藤投手は、CS同様、立ち上がりからピンチの連続
先頭の田中選手がヒット、送りバント後、丸選手もヒットで1死1、3塁
エルドレッド選手は打ち取りますが、鈴木誠也選手にセンターへはじき返され、広島が1点先制。

加藤投手は、2回も、先頭の小窪選手に四球、下水流選手にレフトフェンス直撃の2塁打を浴び無死2、3塁
1死後、田中選手に四球を与え1死満塁となったところで、早くも日本ハムはメンドーサ投手に交代。

ここで、メンドーサ投手が菊池選手をサードゴロ、丸選手を空振り三振に斬って取り、
無失点で切り抜けます。
早い回の登板で、厳しい局面でしたが、見事なリリーフでした。

この後、ジョンソン投手とメンドーサ投手が両者譲らず好投で0が並びます。
ジョンソン投手は、相変わらず安定したピッチング、
メンドーサ投手は、低めにコントロールよく投げ、カープ打線はゴロの山を築きます。
こんなことなら、メンドーサ投手が先発していれば・・・と思いました。

カープは7回からジョンソン投手に代わり、2番手で今村猛投手が登板。
ファイターズにとっては、5連投の今村投手に代わってくれてよかったかもしれません。
まず、先頭の田中賢介選手が四球を選び、市川捕手が送って1死2塁
中島卓也選手がレフト前ヒットで1死1、3塁から、
岡大海選手がセンターへ犠牲フライを運び、1-1の同点に追いつきます。
やや浅めのセンターフライでしたが、3塁の白井コーチが思い切って賢介選手を走らせました。

8回は谷元投手が無失点に抑えます。
その裏、カープは昨日打たれたジャクソン投手が、
日ハムクリーンナップをきっちり三者凡退に抑え笑顔がこぼれます。

9回、ファイターズはバース投手が登板
先頭の新井選手にヒットを打たれますが、こちらも0点に抑えます。

その裏、広島は中崎投手が登板
1死後、田中賢介選手が四球で歩き、市川捕手が送って2死2塁
中島選手はピッチャーへの内野安打で2死1、3塁
岡選手はお尻(訂正)にデッドボールを受け、中崎投手に怒りをあらわにし、
両軍の選手がベンチから出てきて一触即発状態も、乱闘騒ぎには至らず、すぐ収まります。

2死満塁となり、ここで、このシリーズ当たりが出ていない西川遥輝選手が打席に。
西川選手は、2球目のストレートを迷いなく振りぬくと、
打球はぐんぐん伸びてライトスタンドへ飛び込むサヨナラ満塁弾!!

日本ハムファイターズが、西川遥輝選手の起死回生のサヨナラ満塁弾で、5×-1で勝利!
2敗から始まった日本シリーズでしたが、本拠地・札幌ドームで3連勝となり、
ファイターズが、ついに王手をかけました。おめでとうございます。

それにしても、サヨナラ満塁弾とは劇的過ぎました。
シリーズ入って、不振だった西川選手は、これで吹っ切れるでしょうね。
今日で一気に取り戻しました。よかったですね。
リーグ打率2位で、よく打ってよく走ってチームをけん引していた西川選手に当たりが戻れば、
ファイターズはノッていけそうです。

写真は9月1日東京ドーム 西川遥輝選手
e0222575_20274259.jpg



それにしても、ファイターズは、本拠地3連勝のうち、2つがサヨナラ勝ちとは恐れ入りました。
しかも、日替わりヒーローで、順に大谷選手、レアード選手、そして今日の西川選手。
勢いがつく勝ち方ですね。

今年の日本シリーズは、今のところすべてホームチームが勝利の内弁慶シリーズとなりました。
王手をかけた日本ハムが有利には違いありませんが、1日置いて、今度はマツダスタジアムで2連戦。
どういう結末が待ち受けているのでしょう?想像もつきません。

広島カープとしては、中4日でジョンソン投手を先発させて勝てなかったのは誤算でしょうね。
カープのほうに焦りを感じます。
得点できるシーンは、もっとありましたが、結局、初回の1点のみでした。
あの強力打線のカープ打線が打てませんでした。
それもこれも、2番手でロングリリーフしたメンドーサ投手の好投が大きかったですね。
今日の、もう一人のヒーローです。ナイスピッチング、おめでとうございます。

広島が連勝したときは、すぐに終わるシリーズかと思いましたが、盛り上がってきました。
土日の試合を楽しみにしています。

by misty2011 | 2016-10-27 23:06 | パ・リーグ
2016日本シリーズは、ここまで2戦終了し、2勝した広島カープの強さだけが目立っています。

今日から札幌ドームに舞台を移して、第3戦が行われました。
先発は、北海道日本ハムファイターズが有原航平投手
広島は日本シリーズを最後に引退する黒田博樹投手


試合経過は ニッカンスコア

先制したのは日本ハム
初回1死後、近藤選手がヒット、大谷選手がレフトへの2塁打で1死2、3塁から、
中田翔選手のショートゴロの間に1点先制!

直後の2回、1死後、鈴木誠也選手がレフト前ヒットで出ると、
エルドレッド選手がライトへ2ランホームランを放り込み1-2とあっさり逆転!
今日もまた、インサイドに1球も投げず、真ん中から外の球ばかりを投げ、餌食となりました。
全くバッテリーは何も学習してないことに、私はあきれました。

4回裏、大谷選手が黒田投手から今度は右中間へ2塁打を放ちますが、後続が倒れます。

6回裏、黒田投手は大谷選手をレフトフライに打ちとり2アウトとなったところで、
アクシデント発生で、一旦ベンチに下がり再び出てきますが、続投を断念して降板。
急きょ、ヘーゲンズ投手に交代して、中田選手を打ち取ります。

7回裏、広島は今村投手が登板し、ランナーを出しますが無失点。

8回、日本ハムはバッテリーごと交代で、宮西投手-市川捕手のバッテリー
こちらも無失点に抑えます。

その裏、広島はジャクソン投手が登板
先頭の中島選手が粘って四球で出ます。
西川選手の送りバントで1死2塁
近藤選手は倒れ、2死2塁で、大谷選手は敬遠され2死1、2塁となり、
中田翔選手との勝負となります。
ここで、中田選手が意地を見せ、レフトへタイムリー2塁打を放ち、2者生還して
日本ハムが3-2と逆転に成功!
3戦目で、ようやくタイムリーヒットで得点できました。

9回、1点リードでファイターズは谷元投手をマウンドに送ります。
いきなり、先頭の鈴木誠也選手に右中間へ3塁打を打たれ無死3塁のピンチ。
エルドレッド選手は三振、松山選手はショートフライに打ち取り2死までこぎつけますが、
安部友裕選手に、高めに甘く入った初球をライト前に運ばれ、土壇場で3-3の同点に追いつかれます。

その裏、大瀬良投手の前に三者凡退で、試合は延長戦に!

10回はマーティン投手が登板し、0点に抑えます。

その裏、ファイターズは1死後、西川選手が四球を選び、2死後、打席には大谷選手。
西川選手が2盗に成功して2死2塁。
大瀬良投手は大谷選手との勝負となり、カウント1-2から
大谷選手が、インコースの難しいストレートをライト前に運ぶタイムリーヒットを放ち、
日本ハムファイターズが4×-3でサヨナラ勝ちを決めました。

いやいや、ファイターズは劇的なサヨナラでしたね。
決めたのは千両役者・大谷翔平選手でした。見事というしかありません。
打者・大谷選手がファイターズにシリーズ初勝利をもたらしました。
おめでとうございます。

写真は昨年9月3日東京ドーム 大谷翔平選手と有原航平投手
e0222575_0364745.jpg



終盤、ようやく日本シリーズらしく試合が面白くなっていましたが、
最後はサヨナラヒットで、やっぱり大谷くんがすべてを持っていきました。

伏線としては、8回に大谷選手を敬遠し、広島バッテリーは中田翔選手と勝負しましたが、
そこで、4番の意地を見せた中田選手が2点タイムリーヒットを放ち、
3-2と逆転したことが大きかったですね。

延長10回は、今度は大谷選手との勝負となり、そこで大谷選手がサヨナラ打~!
今日は2塁打2本と、最後はサヨナラヒット。まさにスーパースターにふさわしい活躍でした。
あらためて、ファイターズは、二刀流・大谷翔平のチームなんですね。

日本ハムは、今日とにかく勝ってよかったです。負ければあとがなくなりますからね。
ようやく1勝で、まだ広島が優位ですが、今日のサヨナラで少しは流れが変わるかもしれません。
ようやく日本シリーズらしい試合になって、明日からが楽しみになりました。


あと、これは部外者の余計なお世話かもしれませんが、
ファイターズの大野捕手のリードは、特にエルドレッド選手に対し何も学習できてなくて疑問です。
まだ、市川捕手の方がいいような気がしました。

by misty2011 | 2016-10-25 23:33 | パ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011