タグ:梅野雄吾 ( 4 ) タグの人気記事

神宮に戻って、横浜DeNAベイスターズとの初戦に敗れ、
3連敗となった東京ヤクルトスワロ―ズ。
昨夜は、カープ戦のサヨナラ負けのショック、また、当日移動日だったのもあってか、
元気がなかったナインでしたが、今日は再び粘り強い戦いを見せてほしいものです。

2戦目の先発は、ヤクルトがカラシティー投手、DeNAはウィーランド投手
どちらもバッティングがいい投手です。

スタメンは昨夜と同じ

試合経過は ニッカンスコア

初回、カラシティー投手は三者凡退に抑える上々の立ち上がり

1回裏、先頭の坂口選手が四球で歩きますが、
青木選手はショートゴロ併殺打
山田選手もショートゴロで3アウト

2回1死後、カラシティー投手は宮崎選手にレフトへのヒットを打たれ、
伊藤捕手のショートゴロでランナーが入れ替わって2死1塁
このあと、伊藤捕手に2盗を許し2死2塁から、
桑原選手にレフト前タイムリーヒットを打たれ、DeNAが先制。0-1

2回裏、先頭のバレンティン選手がレフトへのヒット
雄平選手はショートゴロでランナーが入れ替わって1死1塁
西浦選手はライトフライで2死となり、
雄平選手が2盗後、宮本選手は四球で歩き2死1、2塁
中村捕手は死球(DeNAのリクエスト失敗)で2死満塁
ここで、主砲カラシティー投手が三遊間を抜けるタイムリーヒットを放ち、
二者生還して2-1と逆転!
ナイスバッティング!

坂口選手は四球を選び2死満塁
青木選手はライト前タイムリーヒットを放ち、二者生還して4-1
2死1、3塁となり、山田選手はサードゴロで3アウト。
一気に畳みかけたかったですが、山田くん、今日もチャンスで打てません。

3回、カラシティー投手は先頭の柴田選手にセンターへの2塁打を打たれますが、
後続を打ち取り3アウト

3回裏、先頭のバレンティン選手がレフトへのヒット
雄平選手もレフトへのヒットで続き無死1、2塁
西浦選手はバスターを決めセンター前ヒットで無死満塁
宮本丈選手は叩きつけた打球がセンター前タイムリーヒットとなり、
二者生還して6-1
 久しぶりのヒットがプロ初打点となりました。
無死1、2塁となり、中村捕手は三振で1死1、2塁
カラシティー投手は初球で見事送りバントを決め2死2、3塁
打たせてほしかったような気もしますが。
坂口選手はセカンドタイムリー内野安打で7-1
なおも2死1、3塁で、青木選手は捕邪飛で3アウト
この回、ヤクルトは4連打含む5本のヒットで3点を追加しました。

4回、カラシティー投手は先頭の筒香選手に
センターバックスクリーン左に飛び込む29号ソロ弾を浴び7-2

宮崎選手にもヒットを打たれ、
つづく伊藤光捕手のレフトフライをバレンティン選手が落球するエラーで無死1、2塁
このあと、桑原選手にセンター前ヒットを打たれ無死満塁のピンチ
ウィーランド投手にセンターへ犠牲フライを運ばれ7-3
ヒットでなくてよかったという打球でした。
1死1、2塁となり、柴田選手はピッチャーゴロで2死2、3塁
大和選手はライトライナーで3アウト

4回裏、先頭の山田選手はセンターフライ。う~ん、3打数ノーヒット
ここまでヒットを打ってないのは中村捕手と山田くんだけ。
バレンティン選手はレフトフライ
雄平選手は空振り三振。
クリーンナップが三者凡退に終わりました。
これはちょっと流れがよくありません。

5回、カラシティー投手は、先頭のソト選手を四球で出しますが、
ロペス選手はセンターフライで1死1塁
芯でとらえられていますが、DeNAの打球は正面に飛んで助かっています。

次の筒香選手の打席で、ヤクルトはハフ投手に継投
筒香選手をレフトフライに打ち取り2死1塁
宮崎選手はセンター前ヒットで2死1、2塁
伊藤捕手はサードフライで3アウト

5回裏2死後、中村捕手が四球で歩きます。
代打の塩見選手は痛烈なピッチャーライナー
ウィーランド投手に捕られました。初ヒットならずアンラッキー

6回、ヤクルトは秋吉投手が登板
2死後、柴田選手にレフト線への2塁打を打たれ、
大和選手は四球で2死1、2塁
続くソト選手をライトフライに打ち取り3アウト

6回裏、DeNAは三上投手が登板
先頭の坂口選手が四球で出塁
青木選手はライト前ヒットで無死1、3塁
さあ、ここでまだノーヒットの山田くん
センターへ犠牲フライを運び8-3

ヒットは打てませんでしたが、苦手の三上投手から最低限は出来ました。ほっ…
バレンティン選手はセンターフライ、
雄平選手はショートゴロで3アウト

7回、ヤクルトは梅野投手が登板
ロペス、筒香、宮崎選手を三者凡退に抑えるナイスリリーフ
昨年は、いいストレートはあっても、おどおどしながら投げていましたが、
今年は落ち着いて、自信を持って投げ込んでいます。随分成長しました。
これなら、勝ちパターンの7回を任せられそうです。

7回裏、DeNAは藤岡投手が登板
1死後、宮本選手がライト前ヒットで出ます。今日マルチ
中村捕手はライト前ヒットで1死1、2塁
代打の畠山選手は空振り三振で2死となり、
坂口選手は四球で歩き2死満塁 
青木選手の代打・上田選手はファーストゴロで3アウト
えっ?青木選手に代打って・・・?

8回、ヤクルトは近藤一樹投手 サードに谷内、センター上田選手
レフトは前の回から田代、ファーストは畠山選手
既に主力のバレンティン、青木、坂口選手はベンチに下がりました。

先頭の伊藤捕手にレフトへのヒット、
桑原選手はサード内野安打を打たれ無死1、2塁
代打の佐野選手にライトスタンドへ3ランホームランを運ばれ8-6と2点差に
柴田選手にもレフトへヒットを打たれ、
大和選手はセンターフライでようやく1死1塁
ソト、ロペス選手を連続三振に仕留め3アウト

8回裏、DeNAは砂田投手が登板
先頭の山田選手がセンターオーバーフェンス直撃の3塁打で出塁
もうチョイでホームランでしたが、これで先発全員安打となりました。
田代選手は四球で歩き2盗を決め無死2、3塁
雄平選手は三振に倒れ、西浦選手は申告敬遠で1死満塁
続く谷内選手がライトへ犠牲フライを運び9-6と3点差に
貴重な追加点が入りました。

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の筒香選手に今日2本目となる30号ソロホームランを打たれ9-7
宮崎選手にはレフトへの2塁打を打たれ、
楠本選手にライト前ヒットを打たれ無死1、3塁
桑原選手は空振り三振で1死1、3塁
佐野選手は捕邪飛で2死となり、
柴田選手に四球を与え2死満塁
最後は大和選手を空振り三振に斬って取りゲームセット
ふ~~~っ、よかった。心臓がバクバクでしたね。

ヤクルトが乱打戦を制し、9-7で辛くも逃げ切り、連敗を3で止めました。

7回に、DeNAクリーンナップを三者凡退に抑えた梅野雄吾投手が、
嬉しいプロ初勝利をあげました。おめでとうございます。
去年に比べると格段に安定していますね。
これから、まだまだ大きな伸びしろを感じます。
どうか大事に使ってほしいですね。

e0222575_102417.jpg


ヤクルトは先発全員安打の12安打で9得点
DeNAは15安打で7得点
乱打戦を制しました。

先発カラシティー投手は勝ち投手の権利直前で交代となりました。
力強い球は投げていますが、制球がアバウトで高めに浮き不安定でした。
ピッチングより今日は満塁からの2点タイムリーヒットが見事でした。
打撃が抜群にいいので、マジで代打で使えそうに思います。

ハフ投手への継投は成功しましたね。
秋吉投手も何とか無失点に抑え、
梅野投手が、最も厳しい打順を3人で見事片付けました。

近藤一樹投手は酷使しすぎでしょ。功労者を今年で使い潰す気かと腹が立ちます。
石山泰稚投手も、ここへ来て球威がガクッと落ちていて心配ですね。
これから佳境に入るペナントレース終盤、ちょっと不安ですね。
何とか最後まで持ってほしいと願います。

打線は2回3回と、集中打が見事でした。
特に下位打線が頑張りましたね。
宮本丈選手はプロ初打点をマークするなど今日マルチヒット

坂口選手は4四球とタイムリー内野安打で5打席全出塁
青木選手はマルチヒットで2打点
山田哲人選手は1安打1犠飛で1打点
バレンティン選手はマルチヒット
谷内選手が貴重な犠牲フライの1打点

先発全員安打はよかったですが、主力選手をちょっとリードしたからって、
早めに引っ込めるのはどうかと思います。
これで何度も痛い目に合っているというのに・・・。
勝負は下駄を履くまでわかりません!
終盤、追いあげられてきた際には、山田、雄平選手しか残っていませんでしたからね。
ベンチは大いに反省してほしいです。
逃げ切れてとにかくよかったです。

連敗が止まったので、明日からは連勝と行きましょう。

by misty2011 | 2018-08-25 22:39 | 東京ヤクルトスワローズ
悪夢のサヨナラ負けから一夜明け、東京ヤクルトスワロ―ズは当日移動で、
今日から神宮に横浜DeNAベイスターズを迎えての3連戦

今日は風が強いので、フライが上がると怖いですね。
先発は、ヤクルトがブキャナン投手、横浜DeNAは濵口遥大投手
スタメンには、昨夜、手をアイシンングしていたバレンティン選手の名前があり、
ほっとしました。
7番サードは宮本丈選手で、先発マスクは中村悠平捕手

ひとつ心配なことが
今日の公示で、昨夜投げた原樹理投手が抹消されました。
ローテを飛ばすような理由は見当たらないので、どこか痛めたってことでしょうか?
【追記】下半身のコンディション不良とのことです。
上がって来るのはルーキーの塩見泰隆選手

試合経過は ニッカンスコア

初回、ブキャナン投手は、大和、ソト選手に連打され無死1、3塁
ロペス選手のサードゴロ併殺打の間に
3塁ランナーが生還して先制されます。0-1

筒香選手には2塁打を打たれますが、宮崎選手を抑え3アウト

1回裏2死後、
山田哲人選手が30号ソロホームランをレフトスタンドに放り込み1-1の同点に
完璧な当たりでした。トリプルスリーの一つ本塁打はこれでクリア

2回、ブキャナン投手は先頭の伊藤捕手を四球で出し、
桑原選手のレフトへのヒットで無死1、3塁
送りバントで1死2、3塁となり、
柴田選手にライト線へのタイムリー2塁打を浴び、二者生還して1-3
2死後、ソト選手にレフトへのタイムリー2塁打を打たれ1-4
ロペス選手にもレフトへタイムリーヒットを打たれ1-5
この回、4安打を集められ一挙4失点。ボコボコに打たれました。

2回裏、先頭の雄平選手がレフトへのヒット
西浦選手のショートゴロで2塁フォースアウト。リクエストも判定どおりアウト
2死後、中村捕手のセンターへのヒットで2死1、3塁も、
ブキャナン投手は空振り三振で3アウト

3回1死後、ブキャナン投手は伊藤捕手にライトオーバーの2塁打を打たれますが、
後続を打ち取ります。

3回裏1死後、青木選手がライト前ヒット
山田選手は四球で歩き1死1、2塁
バレンティン選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち、
青木選手が生還して2-5

雄平選手は三振、西浦選手はショートゴロで追加点ならず。

4回、ブキャナン投手は先頭の柴田選手にレフト前ヒットを打たれ、
大和選手はサードゴロも、宮本選手の2塁フィルダースチョイスで無死1、2塁
宮本選手は打球を待って捕球、送球もゆるめ。
守備がイマイチなのは残念です。
ソト選手はショートゴロ併殺打で2死3塁となり、
ロペス選手を見逃し三振に斬って取り無失点で切り抜けます。

4回裏2死後、ブキャナン投手がレフトへのヒットで出ます。
ピッチングよりバッティングの方が頼もしいブキャナン投手。
坂口選手はレフト前ヒットで続き2死1、2塁
青木選手はボテボテの内野安打で2死満塁
ここで、山田選手、2試合連続の満塁弾イケ~!
しかし、空振り三振に倒れ得点ならず。ガクッ…

5回、ブキャナン投手は先頭の筒香選手に四球を与え、
宮崎選手はサードゴロで2塁フォースアウト。
前の回と同じで、宮本選手は捕球動作も送球もゆるめで、
守備に関しては相当時間がかかりそう。ポテンシャルはあまり感じません。
鍛えて上手くなればいいのですが・・・。
ブキャナン投手は後続を打ち取り0点に抑えます。

5回裏、先頭バレンティン選手は3球三振
雄平選手は見逃し三振
ヤクルトは、前の回から3者連続三振
西浦、宮本選手は連続四球で歩き2死1、2塁
両者ともストライクと思われる球がありましたが、球審の手が上がらずラッキー
中村捕手はファーストライナーで得点ならず。

6回2死後、ブキャナン投手は大和選手にセンターへの2塁打を打たれますが、
ソト選手をファーストゴロに打ち取り3アウト

6回裏、DeNAは三嶋投手が登板
1死後、坂口選手が四球で歩きます。
青木選手はサード宮崎選手のエラーで1死1、2塁
山田選手はサードゴロ併殺打で3アウト
今日は一発以外は好機でブレーキ。流れが来ません。

7回、ヤクルトは梅野投手が登板
先頭のロペス選手にレフト前ヒットを打たれ、
筒香選手には全球ストレートで、最後は147㌔で空振り三振に仕留め1死
筒香選手を抑えるには速いストレートに限ります。
遅いストレートはダメ。甘い変化球はもっとダメ
宮崎選手はショートゴロ併殺打に仕留め3アウト。
ナイスピッチング!

e0222575_10213943.jpg


7回裏、DeNAは三嶋投手続投
バレンティン選手は空振り三振
雄平選手はレフト前ヒット
西浦、宮本選手は空振り三振で3アウト

8回、ヤクルトは秋吉投手が登板
宮本選手の好守もあって、DeNA打線を今日初めて三者凡退に抑えます。

8回裏。DeNAはパットン投手が登板
代打の藤井選手は見逃し三振
代打の田代選手も空振り三振
2死後、坂口選手がライトスタンドへ3号ソロ弾を運び3-5と2点差に

9回、ヤクルトは大下佑馬投手ー井野卓捕手のバッテリー
先頭・柴田選手のファーストゴロを坂口選手が後逸するにエラーで出し無死2塁
大和選手の送りバントで1死3塁
続くソト選手に前進守備の三遊間を抜けるタイムリーヒットを打たれ3-6
代走の関根選手が2盗を決め1死2塁
ロペス選手は空振り三振で2死となり
筒香選手は四球で2死1、2塁
宮崎選手をショートライナーに打ち取り3アウト

9回裏、DeNAは山崎康晃投手が登板
3点ビハインドで、先頭の山田選手はセンターフライ
バレンティン選手はサードフライ
雄平選手はセカンドゴロであっさり三者凡退でゲームセット

ヤクルトは3-6でDeNAとの初戦を落とし、これで広島戦から3連敗となりました。

先発のブキャナン投手は6回を投げ10安打浴び5失点で9敗目
特に、初回、2回とDeNA打線につかまり2回までに7安打で5失点
その後は、粘り強く投げただけに、序盤に打たれ過ぎたのが悔やまれます。
最近は球が高くて、打たれるべくして打たれています。
去年もそうでしたが、暑くなってからのピッチングがよくありませんね。

梅野投手はストレートがよかったです。
1軍昇格後、まだ1失点と頑張っています。
秋吉投手も今日は無失点
大下投手はエラーがらみで1失点(自責は0)
リリーフ陣はよく頑張りました。

打線は10安打3得点で11残塁
山田哲人選手は30号ソロ弾を打ちましたが、
4回の満塁のチャンスに空振り三振
ここで、一打出ていれば流れを引き寄せられたでしょうね。
さらに、6回には好機でサードゴロ併殺打と、今日はブレーキでした。

バレンティン選手はタイムリーヒットの1打点
坂口選手が8号ソロ弾などマルチヒットで1打点
青木選手と雄平選手がマルチヒットでした。

DeNAに主導権をとられたまま、チャンスにあと1本が出ず、
最後までひっくり返せそうな気配がなく終わりました。

3連敗で借金は3.このままズルズル負けないよう、
明日は粘り強い戦いを見せてほしいと思います。

by misty2011 | 2018-08-24 21:56 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワロ―ズは、今日は宮崎アイビースタジアムで
中日ドラゴンズとのオープン戦がデーゲームで行われました。

あいにくテレビ中継がなかったので、スポナビの1球速報で試合状況を見ました。

ヤクルト先発は2年目の梅野雄吾投手、中日は大卒2年目の柳裕也投手
梅野投手は先発テスト登板とのことで、1軍生き残りをかけて投げます。

スタメンは1番青木、2番坂口(レフト)、3番山田、4番に畠山選手が入り
以下、DH大松、塩見(ライト)、廣岡、中村、奥村(3塁)選手
なお、バレンティン、川端選手は宮崎に帯同していません。

青木宣親選手はヤクルト復帰後初となる地元凱旋となり、スタンドは無料開放されました。

試合経過は ニッカンスコア


初回、先頭打者への投球が課題の梅野投手は、
早速、3ボールとなりますが、大島選手をピッチャーゴロに打ち取ります。
京田選手はセカンドライナー、
アルモンテ選手は148キロのストレートで空振り三振に斬って取り3アウト。
上々の立ち上がりでした。

その裏、青木宣親選手はセカンドゴロ、坂口選手はライトフライ
山田選手は全くバットを振らず見逃し三振 
バットが出ませんね・・・。一体どれだけ三振することやら。

2回、梅野投手は先頭ビシエド選手にライトへのヒットを打たれると、
1死後、福田永将選手に148㌔ストレートをレフトスタンドに運ばれ0-2
(スコア表記は、当ブログでは、以降もずっとヤクルト側からです)
そういえば、ヤクルト投手陣は、昨年も福田選手によくホームランを打たれました。
つづく高橋周平に四球を与えますが、後続を抑え2点どまり。

その裏1死後、大松、塩見選手の連打で1死1、2塁のチャンスに
廣岡選手は空振り三振
中村捕手はセンターフライに倒れ得点ならず。

3回、梅野投手は大島、京田選手に連打され無死1、2塁
アルモンテ選手には四球を与え無死満塁のピンチを招き、
ビシエド選手に犠牲フライを運ばれ0-3
1死1、2塁からモヤ選手のセンターフライで、2塁走者がタッチアップ
中継に入った廣岡選手が青木選手のワンバウンド送球をはじく間に(一部訂正)
ランナーが生還して0-4
梅野投手は3回を投げ4失点(自責は3)誤字訂正

その裏2死後、坂口選手がセンターへのオープン戦初ヒットで出塁
山田選手は、3ボール1ストライクから今日初めてバットを振りましたが、
センターフライで3アウト。

4回、ヤクルトは田川賢吾投手が登板
先頭の高橋周平、松井雅人選手に連打され無死1、2塁から
友永選手に送りバントを決められ1死2、3塁
大島選手のショートゴロの間に3塁ランナーが生還して0-5
京田選手には死球をぶつけ2死1、3塁から京田選手が2盗
中村捕手の悪送球の間に3塁ランナーがホームインして0-6
さらに、2死3塁からアルモンテ選手のセカンドゴロを山田選手が後逸して0-7

ヤクルトは4回までに既に3つのエラー。(廣岡、中村、山田選手)
打てない上に守備もボロボロですね。猛練習のキャンプ疲れ!??

その裏2死後、塩見選手が2打席連続となるヒットで出塁も、
廣岡選手はサードゴロで3アウト

5回、続投の田川投手は三者凡退に抑えます。

5回裏、柳投手は続投
1死後、奥村選手はファールで粘って四球をもぎ取ります。
青木選手はライトへのヒットで1死1、2塁
しかし、坂口選手はショートゴロ併殺打に倒れ3アウトチェンジ
外野争いをしている中で、これをやると首脳陣への印象がね・・・

6回、ヤクルトは中澤雅人投手が登板
守備交代は、レフトに藤井、センターに山崎選手
1死後、代打の阿部選手に2塁打を打たれますが、後続を抑え無失点

その裏、中日は又吉投手が登板
先頭の山田選手は、追い込まれて4球目外スラに空振り三振。
毎度同じパターンのような…。ファールで粘るとかもできません。
毎試合、3打席で三振2個がデフォになってきました。
せめてバットに当ててほしいです。
畠山、大松選手も倒れあっさり3アウト

7回、中澤投手が続投
守備はセカンドに谷内選手、ファーストには荒木選手
1死後、堂上選手にヒットを打たれます。
2死後、近藤一樹投手に継投も、福田選手にヒットを打たれ2死1、2塁
つづく高橋周平選手をセンターフライに打ち取り3アウト

その裏、続投の又吉投手の前に塩見、廣岡選手が倒れ、
2死後、中村捕手がヒットで出ますが、奥村選手が三振に倒れます。

8回も近藤投手が続投 マスクは古賀捕手に交代
三者凡退に抑えます。

その裏、又吉投手続投で、途中出場の山崎、藤井、谷内選手が三者凡退

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
前回は打たれましたが、今日はきっちり3人で片付けました。ほっとしました。

その裏、又吉投手が4イニング目も続投
先頭の荒木貴裕選手がヒットで出ます。
つづく代打の大村孟選手もレフトへのヒットで無死1、3塁
ここで塩見選手がセンターへタイムリー2塁打を放ち2-7とします。
ナイスバッティング、打撃好調ですね!

廣岡選手は四球を選び無死1、2塁のチャンスに
古賀捕手はライトフライで、塩見選手がタッチアップして1死1、3塁
つづく奥村選手はファーストゴロでしたが、
福田選手のフィルダースチョイスで3-7
山崎晃大朗選手はレフトへのタイムリーヒットで4-7
藤井選手はファーストゴロで2死2、3塁となり
ここで代打・鵜久森選手が打席に立ちますが、ピッチャーゴロに倒れゲームセット

ヤクルトは9回こそ反撃しましたが届かず、4-7で中日に敗れました。

又吉投手が4イニングも投げたってことは、今季はまた先発をやるのでしょうか?

試合は、最後に追いつかない程度の反撃をしましたが、それまでは完封負けの様相でした。
終わってみれば、ヤクルトのヒット数は中日9安打を上回る10安打

その中でも、ルーキーの塩見泰隆選手が3安打猛打賞で、
タイムリー2塁打で2打点と一人気を吐きました。
このまま打撃好調がつづけば、守備は多少我慢すれば、
もしかして外野の一角に割って入る可能性すらありますね。
楽しみな選手になってきました。
写真はキャンプ2月7日 打撃練習の塩見選手
e0222575_1655347.jpg


一方、投手陣は
小川、星投手が開幕に間に合わないので、今日は梅野投手が先発テストとなったようですが、
先発した梅野投手は、先発はおろか、1軍ではまだ厳しいかなあと思いました。
制球がアバウトなのと、3回になると球速も落ちてスタミナ不足も感じました。
イイものは持っているので、下でみっちり鍛えてほしいです。

田川投手は、けが人続出の中、オープン戦でよく使われていますが、
育成から選手登録されるには、まだ微妙なような気がしました。

前回打たれた石山投手が3人で抑えたのは明るい材料です。

打つ方は、青木選手は3打席あれば必ず1本以上はヒットを打つ安心感、さすがです。
そのほかの選手は、宮崎に帯同していない好調バレンティン選手と、
少ない打席でもきっちりヒットを打つ川端選手がいないので、つながりに欠けました。

山田選手は、毎年オープン戦、春先はこんなもの、そのうち打ちだすと楽観視されがちですが、
昨年はこんなものがず~~~っと続きましたからね。
今年はキャンプで振り込んだので、昨年のようなことはないと信じてはいても、
打撃内容が悪すぎるのが心配なんですよ。
どうしても私はネガティブになって、すみません。
明日こそヒットを打ってほしいですね。

廣岡選手は結果が出ていませんが、
キャンプで猛練習をやったからって、すぐ結果が出るわけでもありません。
首脳陣が期待している選手なので、長い目で見守る我慢が必要ですね。

ただ、ひとつだけ私がキャンプで気になったことをあげるなら、
昨年のキャンプの方がフリー打撃はさく越え連発で、モノが違うと迫力を感じましたが、
今年はさく越えが昨年より減っていて、スケールがやや小さくなった印象でした。
(あくまで私感)
朝の早出から夜遅くまでのキャンプの猛練習の疲れが今どっと出ている頃かもしれませんね。
調子が上がるのを待ちましょう。

他の野手陣も疲れがピークかもしれませんが、
守備や連係ミスは防げるものは防いでほしいです。

中日相手にこれだけ失点するとがっくりしますが、9回の反撃が明日に繋がることを願います。

by misty2011 | 2018-03-06 17:18 | 東京ヤクルトスワローズ
2018東京ヤクルトスワロ―ズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回は高卒2年目、1月に19歳になったばかりの梅野雄吾投手です。

キャンプ初日 陸上トラックで12分完走
ツバメのかわいい系の二人が並んで走っています。
e0222575_10175338.jpg


初日 投内連係 腕がよくしなっています。
e0222575_1018429.jpg


初日 投内連係 YouTube動画リンク先
https://youtu.be/Rec7u4W4U1E


初日 ブルペン
e0222575_1021386.jpg


e0222575_10211310.jpg


e0222575_10212395.jpg


e0222575_10213943.jpg


初めての1軍キャンプ参加で、ちょっと落ち着かない感じが初々しい。
e0222575_10214676.jpg


e0222575_10215678.jpg


e0222575_10221151.jpg


2月2日 ブルペン 綺麗な立ち姿
e0222575_10541795.jpg


左脚の踏み込みがもっと強くなれば、さらに力強い球が投げられそうに感じます。
e0222575_10232040.jpg


e0222575_10233855.jpg


e0222575_10235354.jpg


丸顔で、木目込み人形のわらべのような可愛らしさ
e0222575_102417.jpg


e0222575_10241150.jpg


e0222575_10252576.jpg


e0222575_10242370.jpg


e0222575_1025101.jpg


2日 梅野雄吾投手ブルペン YouTube動画



2月7日 投内連係
e0222575_1026644.jpg


e0222575_10264556.jpg


e0222575_1133895.jpg


e0222575_10265716.jpg


2年目のふたり 梅野雄吾投手と寺島成輝投手
梅野ちゃんは、19歳の歳相応のあどけなさ
寺島投手は、落ち着いて見えます。
e0222575_1027239.jpg


1枚追加
e0222575_12273949.jpg


二投手とも、まだまだこれからの投手ですが、その分楽しみがあります。
私は、若手では特に梅野投手に期待を寄せています。
長嶋さんじゃないですが、ストレートがピュッと来る感じがしますね。
粗削りですが、伸びしろを感じます。
当分は2軍で鍛えると思いますが、寺島投手と切磋琢磨して、
できるだけ早く1軍で活躍してほしいと願っています。

by misty2011 | 2018-02-23 11:10 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011