タグ:畠山和洋 ( 154 ) タグの人気記事

阪神に連敗して借金4となった東京ヤクルトスワロ―ズは
今日から神宮で横浜DeNAベイスターズとの3連戦
台風接近の影響で、3連戦すべてが開催できるかどうか心配されます。

初戦は、ひとまず雨が上がり無事プレーボール
先発は、ヤクルトが小川泰弘投手、DeNAは平良拳太郎投手
ヤクルトとしては勝たなくてはいけない試合です。
今日のスタメンマスクは中村悠平捕手

選手公示では、昨日、中尾輝投手とウルキデス投手が抹消され、
本日付で秋吉亮投手とハフ投手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、小川投手は三者凡退に抑えます。

1回裏、先頭の坂口選手がセンター前ヒットも、
青木選手はファーストゴロで1死1塁
山田哲人選手は外の球を見逃し三振。前の試合から見逃しが多すぎ。
バレンティン選手は四球で歩きますが、雄平選手はセカンドゴロで3アウト

2回、小川投手は筒香シフトの裏をかかれセンター前ヒットを打たれます。
定位置なら普通のショートゴロでした。
1死後、ソト選手にライト前ヒットを打たれ1死1、2塁となりますが、
後続を連続三振に斬って取り3アウト

2回裏、ヤクルトはあっさり三者凡退

3回1死後、小川投手は桑原選手に四球を与えます。
柴田選手にセンターへのヒットを打たれ1死1、3塁のピンチを招きます。
ロペス選手は3球三振で2死となり、
筒香選手もストレートで空振り三振に斬って取り無失点で切り抜けます。

3回裏、先頭の小川投手が四球を選び出塁
坂口選手は空振り三振
青木選手はファーストゴロで2死1塁
山田選手の打席で、平良投手のワンバウンド投球を見て青木選手が2塁へ走りますが
余裕でタッチアウトとなり3アウト
いろいろ噛み合いませんね・・・。

4回、小川投手は先頭の宮崎選手にレフトへの2塁打を打たれ、
つづくソト選手に、逆風を突きさく2ランホームランをレフトスタンドに放り込まれ
2点先制されます。0-2


神宮はこの頃から大粒の雨が降り出しました。
大和選手にもセンター前ヒットを打たれ、送りバントで1死2塁
嶺井捕手のショートゴロで2死3塁から、
桑原選手を空振り三振に仕留め3アウト

4回裏、先頭の山田選手はショートゴロ
何だかまた調子が急降下しそうな気配がします。死球の影響でしょうか?
打席では今日は後ろ目に立っています。
バレンティン選手は見逃し三振
2死後、雄平選手がレフトへ前ヒットで出ますが、
川端選手はファーストゴロで3アウト
平良投手は、外角広目の今日の球審と相性がよくて気持ちよく投げています。

5回、先頭の柴田選手の打球を雄平選手が好捕して1死
ロペス選手は三塁線を抜ける2塁打
強い打球でしたが、川端選手のほぼ正面の打球だったので捕ってほしかったですね。
筒香選手はライトフライで2死となり、宮崎選手は空振り三振で無失点に抑えます。
しかし、DeNA打線に押されっぱなしですね。

5回裏、1死後、中村捕手が三遊間を抜けるヒットで出塁
代打の塩見選手はバットを一度も振らず3球三振で2死。
これなら小川投手に送りバントでもさせた方がましでした。
坂口選手も三遊間を破るヒットで2死1、2塁。今日マルチ
青木選手はまたもファーストゴロで3アウト。う~~ん

6回、ヤクルトは風張投手が登板
先頭のソト選手の打球を西浦選手がダイビングキャッチして捕球、1塁へ送球して1死
西浦選手のファインプレーでした。
この回、風張投手は三者凡退に抑えます。

6回裏、平良投手が一旦マウンドに向かいますが、投球練習中に際に足を痛めたようで
ベンチに下がり治療を受けますが、そのまま交代となります。

急きょ、三上投手が登板
これで流れが変わるといいのですが・・・。
先頭の山田選手は空振り三振。
打てないオーラでも出ているのか、ストライク先行でガンガン攻められます。
山田くんは調子がいい時があっても、そのあと、突如冷えるのは困ったものです。
こうなると、またノーヒットの試合が続くんですよね。
バレンティン選手はピッチャーゴロ
雄平選手はセンターフライで三者凡退。点が入りそうにありません。

7回、ヤクルトは中継ぎに配置転換?となったハフ投手が登板
1死後、桑原選手にレフトへの2塁打を打たれます。
柴田選手はセンター前ヒットで1死1、3塁のピンチとなり、
ロペス選手選手にセンターへ抜けるタイムリーヒットを打たれ0-3
中継ぎになっても、簡単に打たれますね。
なおも1死1、2塁で、筒香選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ0-4
つづく宮崎選手をピッチャーゴロ併殺打に仕留め3アウト

7回裏、三上投手続投
先頭の川端選手がレフト前ヒットで出ます。
西浦選手のショートゴロで1死2塁となり、
中村捕手はショートゴロで2死3塁
ここで、代打の畠山選手がしぶとくライト前にタイムリーヒットを運び1-4
追い込まれても何とかできるのが畠山選手の真骨頂!代走は三輪選手
e0222575_173480.jpg


DeNAは砂田投手に継投
2死1塁で、坂口選手は空振り三振で3アウト、この回1点どまり。

8回、ヤクルトは星知弥投手が登板
きっちり3人で片付けます。ナイスリリーフ!

8回裏、DeNAはパットン投手が登板
先頭の青木選手が四球で出塁 これで36試合連続出塁
山田選手は、またまた空振り三振 振ってもかすりもしません。
今日4タコ。阪神戦からここまで2試合で6三振(見逃し3、空振り3)
バレンティン選手も空振り三振 この3、4番は何をしているの!
雄平選手はショートゴロで3アウト

9回、ヤクルトは秋吉投手が登板
先頭の嶺井捕手は山田選手の好守で1死
桑原選手はサードへの強い打球でしたが、川端選手の好守で2死
柴田選手に四球を与えますが、ロペスを三邪飛に打ち取ります。
秋吉投手は、久しぶりの1軍登板を無失点に抑えました。

9回、DeNAは山崎康晃投手が登板
チャンスがあるとしたらここですね。
先頭の川端選手はセカンドゴロ。
大和選手の送球がそれ、ロペス選手の足が離れて微妙なアウトでしたが、
リクエストの結果もアウトとなり1死
西浦選手は三振で2死
中村捕手はライトフライでゲームセット

ヤクルトは1-4でDeNAに敗れ、阪神戦から3連敗となりました。

小川泰弘投手で負けたのはダメージが大きいですね。
小川投手は5回を投げ、101球7安打8三振2失点で5敗目を喫しました。
4回にソト選手に浴びた2ラン被弾の2失点でした。
その前の攻撃で、小川投手は先頭で四球で出塁しましたが、
青木選手の走塁死などで、休む間もなく次の回を投げたのが、
少し影響したのかもしれません。
結局、初回だけ三者凡退に抑え、それ以降は毎回ランナーを出し、
球数が増え、ヒットも多く打たれました。

3番手の中継ぎ登板となったハフ投手は、簡単に打たれて2点追加点を奪われます。
中継ぎとしての適正はあるんでしょうか?疑問ですね。
この2失点は、今日の打線の状態では致命的となりました。

風張、星、秋吉投手は1イニングずつを無失点に抑えたのが唯一の明るい材料です。

打線は平良投手を打ちあぐねるなど散発6安打で、
7回、代打・畠山選手が三上投手から打ったタイムリーヒットの1得点のみ

坂口選手はマルチでしたが、青木、山田、バレンティン選手がノーヒット
中軸がこれだと点が取れませんね。

特に、山田選手は上にも書きましたが、4タコで3三振
阪神2戦目から、打撃は急下降!三振だけが増え続けています。
ストライクゾーンが自分の感覚とずれているのと、
あと、阪神戦の死球の影響があるのかなあと心配になります。
長引かないでほしいですね・・・。
山田くんの場合、打てなくなると並みの選手以下のバッティングになるので、
どうしようもありません。
山田くんが打たないので、私は超不機嫌です。

小川投手で初戦を落としたのはダメージが大きいですね。
明日、明後日は試合ができるかどうかわかりませんが、
とにかく連敗を止めるために一丸となって戦ってほしいです。
打ち勝つしかないので、主軸に当たりが戻って来ることを願うのみです。

by misty2011 | 2018-08-07 22:08 | 東京ヤクルトスワローズ
中日との初戦は、3本の効果的なホームランが飛び出し、
逆転、再逆転でシーソーゲームを制した東京ヤクルトスワロ―ズ

2戦目の先発は、ヤクルトが石川雅規投手、中日は小笠原慎之介投手
スタメンは左投手用で、雄平選手が外れ、畠山選手が5番ファーストに入りました。

試合経過は ニッカンスコア

初回表裏は、それぞれ四死球でランナーが出ますが無得点

先制したのは中日
2回1死後、石川投手は荒木選手にレフトへの2塁打を打たれ、
つづく福田永将選手にバックスクリーン左に飛び込む2ランホームランを浴びます。0-2
大野捕手にもヒットを打たれ、送りバントで2塁へ進まれますが、
大島選手の抜けようかという打球を畠山選手がダイビングキャッチする好守で3アウト

2回裏2死後、西浦選手が三遊間を破るヒットで出ますが、
中村捕手はセンターフライに倒れます。

3回、石川投手は先頭の京田選手にライト前ヒットを打たれますが、
平田選手を空振り三振、2塁へ走った京田選手を中村捕手が刺す
三振ゲッツーで2死ランナーなし。
後続も打ち取り3アウト

3回裏2死後、青木選手が四球で歩きますが、
山田選手はキャッチャーフライに倒れます。

4回1死後、またも荒木選手にセンター前ヒットを打たれます。
相性なんですかね、荒木選手には何を投げても打たれるって感じです。
このあと、福田選手、大野奨太捕手を連続三振に仕留め3アウト

4回裏1死後、畠山選手が四球で歩き、
川端選手がライト前ヒットで1死1、2塁
西浦選手はセンターフライで2死ランナー進めず。
中村捕手もセンターフライで3アウト

5回1死後、石川投手は大島選手にレフトへのヒットを打たれ、
京田選手のファーストゴロで2死2塁
続く平田選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ0-3

5回裏、代打の谷内、坂口、青木選手が三者凡退に倒れます。

6回、ヤクルトは風張蓮投手が登板
きっちり三者凡退に抑えます。ナイスピッチング!

6回裏、先頭の山田哲人選手がバックスクリーン左に、
2夜連続となる21号ソロホームランを放り込み、
ようやく1点かえします。1-3

バレンティン選手はレフト前ヒットも、畠山選手は三邪飛に倒れ1死1塁
川端選手はセンター前ヒットで1死1、3塁
ここで、西浦選手がレフト前にタイムリーヒットを運び2-3と1点差に
今日2安打、ナイスバッティング西浦選手!

中日は、ここで佐藤優投手に交代
1死1、2塁で、代打で6打席連続ヒット中の雄平選手が代打で登場も、
セカンドゴロで2死1、3塁。う~ん、残念、記録が6で止まりました。

中日は岡田俊哉投手に交代し、代打の上田剛史選手はショートゴロに倒れ3アウト
この回2点どまりでした。

7回、ヤクルトは中尾輝投手が登板 マスクは井野捕手
三者凡退に抑えます。

7回裏、中日は祖父江投手が登板
先頭の坂口選手が意表をついたセーフティーバントが内野安打となり出塁
青木選手はライト前ヒットで無死1、2塁
このチャンスに山田くん
私は併殺打だけはやめて~と祈ります!(チャンスに弱いので、えらい後ろ向き)
山田選手はハーフスイングを取られ空振り三振。
1死となり、バレンティン選手は四球で歩き1死満塁

ここで、畠山選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち3-3の同点に!
さすが、何とかしてくれるハタケ~!!
なおも1死満塁で、川端選手の叩きつけたショートゴロで3塁から青木選手が生還して
4-3と勝ち越します。

2死1、3塁となり、西浦選手はセンターフライで3アウト
しかし、この回2点を奪い逆転に成功しました。

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板 昨夜は回またぎで、今日も連投となります。
先頭の京田選手に左中間への3塁打を打たれ、いきなりピンチ
平田選手は三邪飛で1死となり、
ビシエド選手はサード内野安打となり1死1、3塁
ここで、代打の藤井選手にセンターへ犠牲フライを運ばれ4-4の同点に

8回裏、中日は又吉投手が登板
1死後、代打の奥村選手がライトオーバーの2塁打で出ます。
坂口選手はセンターフライで、奥村選手がタッチアップして3塁へ進みます。
2死3塁となり、青木選手は空振り三振で勝ち越しならず。

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の福田選手にレフトスタンドへ勝ち越しとなる8号ソロを放り込まれ4-5となります。
ヤクルトキラーの福田選手に今日2発浴びました。

9回裏、中日は鈴木博志投手が登板
1点を追うヤクルトは山田哲人選手からの攻撃
山田選手はストレートの四球で歩き、2盗に成功して無死2塁
19個めの盗塁。いいね~!
バレンティン選手のショートゴロで、山田選手は3塁へ走り1死3塁
さあ、ここで頼れる畠山選手
叩きつけた打球がライト前に抜けるタイムリーヒットとなり、
土壇場で5-5の同点に追いつきます。


1死1塁で、川端選手が打席に
何と何と、川端選手がライトスタンドに3号サヨナラ2ランホームランを放り込み
ヤクルトが7×―5でサヨナラ勝ちを決めました!


石山投手は、負けから一転、勝ち星が転がり込み3勝目をあげました。
よかったです。

川端選手、2夜連続の決勝弾、それも今日はサヨナラ弾で決めました。
おめでとうございます!!
実況アナが、完全復活と何度も叫んでいましたが、イヤイヤ、マジすごいですね。
今日も完璧なホームランで、震えが来たくらいです。

e0222575_1143244.jpg


9回のサヨナラもそうですが、打順こそ違いますが、
今日は2015年の川端、山田、畠山選手の活躍が蘇ったきたかのようでした。

2点ビハインドから、6回、まず山田哲人選手がホームランを打ち反撃開始
9回には、山田選手が四球で出て2盗してサヨナラのおぜん立てをしました。
山田くんはチャンスでは打てませんでしたが、
試合全体の流れとしては、今日はいい働きだったと思います。

畠山和洋選手は7回と9回に2打席連続のタイムリーヒットで2打点
さすが勝負強いバッティング! 何とかしてくれるハタケは健在です!

そして、川端慎吾選手は3安打猛打賞、サヨナラ2ランで3打点、連夜のお立ち台!

昨年はお休みしたりケガに泣いたり、不振だったV戦士打撃3冠の3選手が、
今日はそろって活躍してサヨナラ勝利をもたらしました。
復活組の活躍は何より嬉しいことです。
本当に感動的で素晴らしい試合をありがとうございました。

9回に福田選手の一発で勝ち越されましたが、最後まであきらめずにしぶとく戦いましたね。
まさに執念の勝利でしょう。
この勢いがあれば、明日も勝てそうですね。同一カード3連勝を期待しています。

by misty2011 | 2018-07-21 22:16 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜は阪神タイガースに打ち勝って、
連勝を5に伸ばし、ついに借金を返済した東京ヤクルトスワロ―ズ

2戦目の先発は、ヤクルトがハフ投手、阪神は岩貞祐太投手
スタメンは、毎度の左腕用オーダーで、雄平選手が外れ、畠山選手が5番ファースト、
荒木選手が7番サードに入りました。荒木選手のサードはチトこわい。

阪神はスタメンマスクが昨日の原口捕手ではなく梅野捕手
岩貞ー原口のバッテリーは、2年前の山田哲人選手への故意死球を思い出して
絶対いやだったので、胸をなでおろしました。
しかし、試合開始間もなく、絶好調の青木選手が・・・

試合経過は ニッカンスコア

今日は夕方5時のプレーボール
夕食の準備があるので、野球中継のテレビはチラ見です。

初回、ハフ投手は先頭の糸原選手にセンター前ヒット
送りバントをハフ投手が1塁へ送球も、山田選手が捕球できず無死1、3塁
初っ端から痛いエラーが出ました。山田くん、今季は不注意なミスが多いですね。
日差しよけにサングラスをしていましたが役に立っていません。

続く福留選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ、阪神が1点先制 0-1
無死1、3塁から、糸井選手にもライトへタイムリー2塁打を浴び0-2
なおも無死2、3塁で、陽川選手はサードゴロで1死となりますが、
俊介選手は四球で1死満塁
このあと、北條選手にレフトオーバーの走者一掃タイムリー3塁打を浴び0-5
梅野捕手のライトファールフライで、
3塁から北條選手がタッチアップして生還し0-6


初回から6点ビハインドとなったヤクルトは、
1回裏、先頭の西浦選手がセンターへの2塁打で出塁
青木選手は頭部死球をぶつけられ、その場に倒れ担架で運ばれ負傷交代
岩貞投手、なんてことをしてくれるの(怒)!
今回は、ストレートが抜けた死球なので故意ではないと思いたいですが、
よりによって絶好調の青木選手にぶつけるとは・・・。代走は雄平選手
意識はあったようすが、メジャーでも頭部死球の後遺症で苦しみましたからね。
非常に心配です。

岩貞投手は危険球一発退場で、2番手で急きょ才木投手が登板
山田選手は四球で歩き、
無死満塁から、バレンティン選手のサードゴロで1点かえします。

2回、センターに坂口、ライトに雄平選手が入ります。
ハフ投手は、この回も立ち直る気配がなく、4安打浴び3点奪われます。1-9
もう青木選手のデッドボール以降、私は試合の詳細を書く気がしなくなりました。

2回裏、中村捕手がチーム初ヒットで出ますが、後続が倒れます。

3回の表裏、両チームとも三者凡退

4回も続投のハフ投手は、ヒットと四球でランナーを出しますが0点に抑えます。

4回裏、畠山選手がヒット、坂口選手は四球で歩き、
2死後、代打の川端選手が四球で出て2死満塁も、西浦選手が三振に倒れ得点ならず。

テレビ中継の中で、青木選手情報があり、
青木選手は自力で歩き、笑顔も見られる。
クラブハウスで着替えてこれから病院へ行くとのことです。
どうか無事でありますように。

5回、ヤクルトは山中投手が登板
梅野、糸原、熊谷選手にヒットを打たれ、
1死満塁から、福留選手にレフトへタイムリー2塁打を打たれ1-11
糸井選手のセカンドゴロで3塁ランナーが生還して1-12
2死3塁から陽川選手にタイムリーヒットを打たれ1-13
あまりに一方的な展開に、もう降参のタオルを投げ入れたいくらいです。

5回裏、先頭の雄平選手がライトフェンス直撃のヒット、山田選手は四球で無死1、2塁
しかし、バレンティン、畠山、坂口選手が倒れ得点ならず。

6回、サードに三輪ちゃん、雄平選手がセンター、荒木選手がライトに回ります。
この回、山中投手はバレンティン選手のスライディングキャッチの好守もあって
三者凡退に抑えます。

6回裏、ヤクルトは三者凡退
急きょ登板したプロ2年目19歳の才木投手を打てません。

7回、ヤクルトは中澤投手が登板 マスクは井野捕手
三人で片付けます。

7回裏、阪神はマテオ投手が登板
1死後、雄平選手が足に死球を受け出塁
ここで、山田哲人選手がセンターバックスクリーンに17号2ラン、
通算150号本塁打を放り込み3-13

25歳11ヶ月での記録達成は球団最年少です。おめでとうございます。
花束を贈られますが、初回にエラーをやらかし、大差の試合なので笑顔はありませんでした。
まあ、現地観戦のファンの皆さんにとっては、
山田くんのメモリアルアーチが見られたのはよかったです。

e0222575_11245575.jpg


8回、ヤクルトは風張蓮投手が登板
レフトに荒木、センター上田、ライト雄平選手に守備変更
いきなり初球、先頭の糸井選手の足に死球をぶつけます。これって報復(苦笑)!??
ただし、警告試合は宣告されません。糸井選手の代走は伊藤隼太選手
このあと後続を打ち取り3アウト

8回裏、阪神は高橋聡文投手が登板
1死後、荒木選手がレフト前ヒットで出ますが後続が倒れます。

9回、風張投手が続投
先頭の梅野捕手に左中間への2塁打を打たれ、鳥谷選手は四球で無死1、2塁
ナバーロ選手のレフトへの飛球を荒木選手が落球するエラーで3-14
無死2、3塁となり、
熊谷選手のショートゴロの間に3塁ランナーが生還して3-15

9回裏、阪神は伊藤和雄投手が登板
1死後、雄平選手がセカンドエラーで出塁
山田選手はセンター前ヒットで1死1、3塁
代打の田代選手は四球を選び1死満塁
続く畠山選手がバックスクリーンに4号満塁ホームランを叩き込み7-15
最後は、二者連続三振でゲームセット

ヤクルトは7-15の大敗で阪神に敗れ、連勝は5で止まり、再び借金1となりました。

初回6失点、2回3失点と、エラーはあったものの先発のハフ投手が打たれまくりました。
序盤で試合が壊れて、2番手の才木投手に成すすべなく抑えられました。

また、山田、畠山、荒木選手で3失策はいただけませんでしたね。

ただ7回に、山田哲人選手の通算150本塁打となる17号2ランが飛び出し、
9回には畠山選手にグランドスラムが出たのが、
大敗の中にも、せめてもの見せ場があって救いとなりました。
点差がどんなにあっても、集中力を切らさなかったのは立派です。

1点差で負けるのも大敗するのも負けは負け。
勝ちパターンの3投手が休めただけでも良かったと思うことにします。

あとは、青木宣親選手が無事であることを祈るのみです。
頭への死球なので、無理しないで、しばらくは大事をとってほしいですね。

しかし、阪神戦は毎年のように死球がらみで荒れますね。
岩貞、藤浪投手は、もうヤクルト戦で投げるのはご遠慮願いたいです。

明日は寺島成輝投手の先発ですが、気負うことなく今の力を発揮してくれたらと思います。

by misty2011 | 2018-06-30 21:14 | 東京ヤクルトスワローズ
交流戦が全日程を終了し、昨日、オリックス・バファローズが最終戦で引き分けたため、
東京ヤクルトスワロ―ズの単独勝率1位が確定しました。おめでとうございます。

本日、その交流戦の表彰選手が発表され
交流戦の規定により、勝ち越したパ・リーグから、
オリックス・バファローズの吉田正尚選手がMVP(賞金200万円)に選ばれ、
日本生命賞(賞金100万円)は、千葉ロッテマリーンズの石川歩投手、
そしてヤクルトの石山泰稚投手が選ばれました。おめでとうございます。
本来なら、交流戦VのヤクルトからMVPが選出されるべきだと思いますが、
規定上、仕方ないことです。

また、日刊スポーツで投票が行われた
<あなたが選ぶヤクルトの交流戦MVP>の結果も発表され、
石山泰稚投手が、全体の約7割近い圧倒的な得票数でMVPに選ばれました。
合わせておめでとうございます。
 1位 石山泰稚 4064票
 2位 青木宣親 494票
 3位 近藤一樹 282票
 4位 バレンティン 179票
 5位 中村悠平 146票


今日からレギュラーシーズンのリーグ戦が再開しました。
ヤクルトは東京ドームで読売ジャイアンツとの3連戦からスタートします。

先発は巨人が菅野智之投手、ヤクルトはソフトバンクから無償トレードで新加入した山田大樹投手
移籍後、初登板初先発となります。
スタメンは通常の右投手用のオーダー
守備は、1塁が坂口選手で、3塁は川端選手

試合経過は ニッカンスコア

初回1死後、青木選手がセンター前ヒット、川端選手のレフトへのヒットで1死1、3塁
バレンティン選手は四球で1死満塁となり、
雄平選手はファーストゴロで、青木選手がホームアウト
2死満塁で、坂口選手がファールで粘りますが、
10球目を打ってセカンドゴロに倒れ先制ならず。
立ち上がりの菅野投手を攻めましたが、無得点とは残念過ぎます。
ただ、初回だけで菅野投手には32球も放らせました。

1回裏、初先発の山田大樹投手は、先頭の坂本選手のストレートの四球を与え、
陽岱鋼選手は三振も坂本選手が2盗して1死2塁
つづくマギー選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、
巨人があっさり1点先制。0-1
 (※スコアはヤクルト側からの表記)

岡本選手にもレフト前ヒットを打たれ1死1、2塁
亀井選手はライトフライで2死1、3塁から、
長野選手にレフトへのタイムリー2塁打を打たれ二者生還して0-3

初回の攻防は、くっきり明暗分かれました。

2回、先頭の西浦選手がレフトへの2塁打で出ます。
中村捕手はピッチャーゴロでランナー進めず1死2塁。
ここは送りバントじゃなかったの?
山田大樹投手は見逃し三振
山田哲人選手も外のストレートを見逃し三振で3アウト
ま~こうなるとは思っていましたが、せめてカットぐらいしないと。
毎度の見逃しシーンにがっくり。

2回裏2死後、山田大樹投手は坂本選手に四球を与えますが、後続を打ち取ります。

3回、先頭の青木選手が四球で歩きます。
菅野投手、今日は制球に苦しんでいるようです。球数が増えまくり。
川端選手はサードゴロで1死2塁
バレンティン選手はライトフライで、青木選手がタッチアップして2死3塁
雄平選手は空振り三振で3アウト。菅野投手は3回までに既に71球

3回裏、山田大樹投手は先頭マギー選手に2塁打を打たれ、
1死後、亀井選手のファーストゴロを坂口選手が転倒して内野安打となり1死1、3塁
つづく長野選手に左中間へのタイムリー2塁打を浴び二者生還して0-5
いくら菅野投手が不調とは言え、5点差はキツイですね。
2死後、小林捕手は四球で2死1、2塁から、
菅野投手のショートゴロを西浦選手が弾いて、その間に2塁ランナーが生還して0-6

2死1、3塁となり、ここで、ヤクルトは山中浩史投手が登板
坂本選手をショートゴロに打ち取り3アウト

4回、先頭の坂口選手がセンター前ヒット
ここで、西浦選手がレフトスタンドへ5号2ランホームランを放り込み2-6
前の回のエラーをバットで取り返しました。
今日は右打者で唯一菅野投手に合っているようです。
山中投手は粘るも三振、山田哲人選手はあっさり打ち上げライトフライ。
菅野投手91球

4回裏1死後、山中投手はマギー選手にヒットを打たれますが、後続を抑えます。

5回、青木選手からの打順も三者凡退

5回裏、山中投手も三者凡退に抑えます。
う~ん、こうなると最初から山中投手なら・・・。

6回1死後、坂口選手が三週間を抜けるヒット
西浦選手は3安打目となるレフトへのヒットで1死1、2塁
中村捕手のセンターフライで2死1、3塁
ここで、代打・荒木選手を送りますが、見逃し三振に倒れ得点なりません。
菅野投手は6回で125球
今日は体が重そうでしたね。汗もいっぱいかいていたし、太りすぎでしょ!?

6回裏、ヤクルトは原樹理投手が登板
三者凡退に抑えます。

7回、巨人は澤村投手が登板
山田選手はボール球にハーフスイング、空振り三振
ストライクを見逃しボール球に引っかかる。カットできないから三振ばっかり…。
ずっとそう。打撃コーチは何もアドバイスしてないのでしょうか?
それとも左ひじのケガの影響!?
またノーヒットが続きそうで気が気じゃないです。
2死後、川端選手はサード内野安打も、バレンティン選手はセカンドゴロで3アウト

7回裏、ヤクルトは風張蓮投手が登板。あれ?頭を丸刈りにしているの?
先頭のマギー選手がセンター前ヒット。代走は吉川大選手
1死後、盗塁と暴投で1死3塁
亀井選手はピッチャーゴロで、三本間にランナーを挟んでタッチアウト2死1塁
リクエスト検証となりますが、判定通りタッチアウト
長野選手はレフトへのヒットで2死1、3塁も後続を打ち取り、無失点で切り抜けます。
風張投手、この回ナイスフィールディングで自らを助けました。

8回、巨人はマシソン投手が登板
2死後、西浦選手はライト前ヒットで今日4安打!凄い!
中村捕手もレフト前ヒットで2死1、2塁
ここで、代打の畠山選手が登場し、レフトスタンドへ3号3ランホームランを叩き込み
5-6と1点差に!
 ナイスホームラン、ハタケ♪♪

続く山田哲人選手は、またも外の球を見逃し三振、振れよ!!
今日5タコ3三振。もお~(怒)!せっかくハタケの3ランで盛り上がったというのに…
同じコースになんの工夫もなく毎度の見逃し。
すみません、私の嘆きが止まりません。悲しいやら情けないやら。

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
先頭の小林捕手にストレートの四球を与え、送りバントで2塁へ進むと、
坂本勇人選手にレフトスタンドへ10号2ランホームランを運ばれ5-8と3点差に。
あらら、コンちゃん、急に1点差になったので準備が出来てなかったのかも?
ただ、明らかに調子は落ちていますね。
3本の矢のうち、年齢が高い分、近藤投手が最も早くバテてきたのかもしれません。
勝ちパの継投がちょっと不安になってきました。

9回、巨人はカミネロ投手
1死後、川端選手があたりそこねのサード内野安打で出ます。今日3安打
最後は、バレンティン選手がショートゴロ併殺打でゲームセット

ヤクルトは交流戦明け最初のカード、巨人との初戦に5-8で敗れました。

移籍後初先発となった山田大樹投手は、3回持たず6失点(自責は5)
かなり厳しい内容でしたね。
制球が悪く球威もありませんでした。
次回、先発のチャンスがあるかどうか微妙ですね。

山中、原樹理、風張投手は無失点に抑えました。
しかし、8回、1点ビハインドで登板した近藤一樹投手が、坂本選手に2ラン被弾して
突き放されました。
何だか、勿体ない使い方でしたね。
疲労がたまっているのは交流戦の最後からわかっていたことなので、
出来れば今日は投げさせないでほしかったです。
近藤投手が打たれたショックは、かなり大きいですね。
原樹理投手を、もっとロングで使っていいように思いますが。

打線は巨人の10安打を上回る12安打も5得点
西浦直亨選手が2ラン含む4安打固め打ち。
菅野投手から3安打は大したものです。

e0222575_20133924.jpg


川端選手が3安打猛打賞。うち2安打はサード内野安打とらしいバッティングでした。
坂口選手はマルチ
代打の畠山選手が3ランを打った時には、もしかして、ひっくり返せるかもと期待しましたが、
届きませんでした。
しかし、畠山選手はやっぱり頼りになりますね。

一方、山田哲人選手とバレンティン選手がノーヒットで、
特に山田哲人選手が悲しくなるくらいダメダメの日でした。
いつも思うのは、もっとバットを振ってほしいです。見逃し三振にはがっくり来ます。
またまた私のネガティブ炸裂ですが、
今季はこんな感じで、凄いのは果たして来るんでしょうか!??

明日は山口俊投手なので、またまた厳しいかもしれませんね。

by misty2011 | 2018-06-22 22:12 | 東京ヤクルトスワローズ
17日、札幌ドームで2018日本生命セ・パ交流戦の最高勝率を決めた東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日は神宮に戻って、雨で流れたソフトバンクホークスとの振り替え試合
交流戦の最終試合を戦いました。

先発は、ヤクルトがブキャナン投手、ソフトバンクは武田翔太投手
スタメンは、山田選手が今日も1番で、上位打線は前試合と同じ
5番に雄平選手が入り、6番ファースト坂口、7番西浦選手と続きます。

選手の入れ替えは、一昨日、カラシティー投手、昨日、松岡投手が抹消され、
今日、大下佑馬投手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア

1回表裏、両チームとも三者凡退

2回、ブキャナン投手は柳田、上林選手に連打され、中村捕手のパスボールで進塁されます。
このあと、1死2、3塁から川瀬選手に前進守備セカンド横を抜ける
ライト前タイムリーヒットを打たれ、二者生還を許し0-2


2回1死後、雄平選手がファールで粘り12球目をセンター前ヒット
しかし、坂口選手がショートゴロ併殺打に倒れ3アウト

3回、ブキャナン投手は先頭を四球で出し、送りバントで1死2塁から、
内川選手にレフトへの2塁打を打たれ1死2、3塁
つづく柳田選手のショートゴロの間に3塁ランナーが生還して0-3
中5日の先発が続くブキャナン投手は、今日はコントロールがバラバラで、
球も高く、よくないですね・・・。

3回裏、ヤクルトは三者凡退

4回、ブキャナン投手は初めて三者凡退に抑えます。

4回裏、山田選手は3球三振。青木選手は二邪飛
川端選手はピッチャー強襲のゴロで3アウト
武田投手の左前腕に打球が当たり、次の打席の前に治療してプレー続行

5回1死後、中村晃選手にヒットを打たれますが、
高田選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト

5回裏2死後、坂口、西浦選手が二者連続四球で歩き、
ここで、武田投手は再び治療のためベンチに下がります。
長く待たされ、中村捕手は初球にセーフティーバントを試みますが、
ピッチャーゴロとなり3アウトチェンジ

6回1死後、ブキャナン投手は柳田選手にレフト前ヒット、
2死後、松田選手にショート内野安打を打たれ2死1、2塁
川瀬選手をショートゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。
西浦選手、よく捕り、素早く2塁へ投げました。

6回裏、ソフトバンクは寺原投手が登板
先頭のブキャナン投手に代わり、
代打の田代選手がヘッドスライディングでサード内野安打で出塁
山田選手は四球で歩き無死1、2塁

ソフトバンクは左の嘉弥真投手に交代
ここで、青木選手がセンター前タイムリーヒットを放ち、田代選手が生還して1-3
なおも無死1、3塁で、川端選手はセカンドへの飛球を2塁川瀬選手の落球エラーで、
3塁から山田選手が生還して2-3


ソフトバンクはまたも投手交代で、モイネロ投手が登板
暴投で無死2、3塁となり、バレンティン選手はセカンドゴロで1死2、3塁
ここで、雄平選手の代打・畠山選手がセンター前に2点タイムリーヒットを放ち、
ヤクルトが4-3と逆転に成功!
 代走は藤井選手
けん制悪送球で1死2塁となり、坂口選手は四球で歩き1死1、2塁
藤井選手が3盗を敢行もアウトになり、リクエスト検証の結果もアウトで2死1塁
西浦選手はセンター前ヒットで2死1、2塁
中村選手は右邪飛で3アウト

一時は勝ち越し打となる2点タイムリーヒットを打った畠山和洋選手
e0222575_1682613.jpg



7回、1点リードでヤクルトは原樹理投手が登板
レフトは田代選手、サードに藤井選手が入り、ファーストに川端選手
バレンティン選手を下げるのが早すぎませんか?何かアクシデントでもあったの?

先頭の長谷川選手にサード内野安打を打たれますが、
リクエスト検証の結果、判定が覆り、1塁はアウトとなり1死
2死後、ヤクルトは中澤投手に交代
中村晃選手をショートゴロに打ち取り3アウト

7回裏、ソフトバンクは加治屋投手が登板
1死後、山田選手がバットを折りながらもセンター前ヒットで出塁。走れ~!
2盗成功で1死2塁。16個め
青木選手はハーフスイングをとられ三振も、牧田球審に暴言を吐いたとして退場となります。
ついに、やられましたか。
リプレーを見たらスイングしていました。
青木選手、熱いのはいいですが、審判へのオラつく態度がちと多すぎます。
いつかはこうなると思っていました。
タクローコーチが、審判にかなり怒っていましたね。
川端選手は申告敬遠で2死1、2塁となり、代打・荒木選手はセカンドゴロで3アウト

8回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板 センターに上田、ライトに坂口選手
先頭の高田選手にセンター前ヒットを打たれ、1死後、柳田選手を3球三振に斬って取ります。
ナイス、コンちゃ~~ん!
しか~し、つづく上林誠知選手に左中間スタンドに10号2ランホームランを運ばれ
4-5と逆転されます。
 あちゃ~~~。

8回裏、加治屋投手が続投
先頭の藤井選手がセンター前ヒット
しかし、坂口選手が空振り三振で、2塁へ走った藤井選手は余裕のアウトで三振ゲッツー
西浦選手はレフトへの大飛球もあとひと伸び足りず3アウト

9回、ヤクルトは風張蓮投手が登板
1死後、デスパイネ選手に四球を与え、甲斐捕手にヒットを打たれ1死1、2塁
このあと、中村晃選手をセカンドゴロ併殺打に打ち取り3アウト

9回裏、ソフトバンクは森唯斗投手
先頭の代打・三輪選手が四球で歩きます。
田代選手は送りバントを決め1死2塁
山田選手は四球で1死1、2塁
ここで、代打・上田剛史選手はショートフライで2死となり、
川端選手も四球で2死満塁
最後は代打・谷内亮太選手がサードゴロに倒れゲームセット

ヤクルトは交流戦最終戦に4-5で逆転負けを喫しました。
う~ん、悔しいですね。残念です。


先発したブキャナン投手は、中5日が3回続いて、さすがに疲れが見えます。
6回に逆転して、勝ち投手の権利がありましたが、
そこから逆転され勝ち星は逃がしました。
ブキャナン投手は、4、5月頃のピッチングから比べると、相当落ちてきましたね。
思うようなところにコントロールできていないので、苦しい投球となります。
これから暑くなる夏場に向かっては、中6日をきっちり守ってあげてほしいです。

登板過多の勝利の方程式の3投手にも、さすがに疲れはあると思います。
今日は、中尾、石山投手は温存し、近藤投手は投げて打たれました。
まあ、今まで大事な場面で抑えてくれていたコンちゃんなので、打たれたのは責められません。
今日は仕方ないと思うしかありません。

そのぶん、原樹理、中澤、風張投手の3投手は無失点で、よく投げてくれましたね。
勝ちパターンの3投手につづく4人目のリリーフ陣に、
誰か一人でもメドがつければいいのですが。

打線は7安打で4得点
武田投手からはわずか1安打しか打てませんでした。

代打の畠山選手がモイネロ投手から2点タイムリーを打ったまではヤクルトの流れでしたが…。
雄平選手が下がり、バレンティン選手も7回の守備からの早い交代、
さらに青木宣親選手が退場となり、主力メンバー不在で終盤を戦うには厳しすぎましたね。

早め早めの交代が吉となる場合もあれば、今日のように選手がいなくなり、
最後に出てくる代打が上田、谷内選手あたりでは、
相手投手へのプレッシャーはさほどなかったでしょう。
げんに、9回は山田選手、川端選手は勝負を避けられた感じの四球でしたからね。

たらればですが、9回のチャンスに青木選手がいれば、
バレンティン選手がいれば、逆転サヨナラまで持って行けたかもしれません。
その意味では、青木選手の退場は痛すぎました。
おとなしい選手が多いヤクルトにあっては、熱く、キレることもある青木選手ですが、
今日は自重してほしかったですね。

交流戦最後を勝利で飾ってみんなでお祝いして盛り上がりたかったですが、
それが出来なかったのは残念です。

しかし、ヤクルトにとって、苦手の交流戦での勝率1位は快挙と言ってもいいでしょうね。
今日は負けましたが、交流戦Vの戦いぶりを、
リーグ戦再開後も発揮してほしいと切に願います。
東京ドーム巨人戦からと言うのが鬼門ですが、
チーム一丸で、何とか菅野投手を攻略してほしいと思います。

by misty2011 | 2018-06-19 22:44 | 東京ヤクルトスワローズ
明日から、2018日本生命セ・パ交流戦が始まります。

東京ヤクルトスワロ―ズは、毎年、交流戦は苦手で、この期間に大きく負け越しています。
特に昨年は、交流戦開幕から引き分けを挟んで10連敗の屈辱的な試合が続きました。
リーグ優勝した2015年でさえ負け越しています。

2018シーズンは、昨日までに既に借金が9となったヤクルトにとって、
交流戦は最大の難関、開幕するのが怖いくらいです。

今日は、ヤクルトの過去5年間の交流戦での成績を調べてみました。
データは、NPB公式サイトの交流戦の結果・成績を参考にしました。

2017年 5勝12敗1分け  12位  優勝:ソフトバンク
2016年 6勝12敗     11位  優勝:ソフトバンク 
2015年 8勝9敗1分け   8位  優勝:ソフトバンク
2014年 10勝12敗2分け  9位(4試合×6)優勝:巨人
2013年 7勝16敗1分け  11位(同上)  優勝:ソフトバンク

5年間をトータルすると、ヤクルトは36勝61敗5分けで、勝率は.371となっていて、
2018シーズン現時点でのリーグ6位、勝率.395より悪い数字です。
どれだけ負けているかということですね。

さらに細かく対戦チーム別の勝敗を調べてみると
2017年  ソフトバンク 0勝3敗
     西武     0勝2敗1分け
     楽天     2勝1敗
     オリックス  0勝3敗
     日本ハム   2勝1敗
     ロッテ    1勝2敗

2016年  ソフトバンク 1勝2敗
     ロッテ    1勝2敗
     楽天     1勝2敗
     日本ハム   1勝2敗
     西武     2勝1敗
     オリックス  0勝3敗

2015年  ソフトバンク 1勝2敗
     日本ハム   1勝1敗1分け
     西武     1勝2敗
     楽天     1勝2敗
     ロッテ    2勝1敗
     オリックス  2勝1敗

2014年  ソフトバンク 1勝2敗1分け
     オリックス  3勝1敗
     ロッテ    1勝3敗
     日本ハム   1勝2敗1分け
     西武     2勝2敗
     楽天     2勝2敗

2013年  ソフトバンク 1勝3敗
     楽天     1勝3敗
     日本ハム   0勝3敗1分け
     ロッテ    3勝1敗
     オリックス  2勝2敗
     西武     0勝4敗 

過去5年間をトータルすると 
 ソフトバンク 4勝12敗1分け 勝率.250
 西武     5勝11敗1分け 勝率.313
 日本ハム   5勝09敗3分け 勝率.357   
 オリックス  7勝10敗    勝率.412    
 楽天     7勝10敗    勝率.412
 ロッテ    8勝09敗    勝率.471


過去5年間のデータからは、トータルで勝ち越したチームはありませんが、
ヤクルトにとって千葉ロッテマリーンズが、ほぼ5分で戦える相手となっています。

ヤクルト交流戦の開幕初戦のカードは、その千葉ロッテマリーンズです。
しかも神宮からスタートします。
まずは、ロッテに全力で勝ち越して勢いをつけたいですね。

ちなみに、2018セ・パ交流戦のヤクルトの試合日程は
順に ロッテ(神宮)→楽天→ソフトバンク(神宮)→オリックス(神宮)
   →西武→日本ハムとなっています。

幸いにも、パ・リーグ下位のロッテ、楽天が最初の2カードで、
最後は、ビジターで西武、日本ハムとの対戦になっているので、
やはり、最初の二つのカードで勝っておかないと苦しい展開になります。
ただ、ロッテは井口新監督のもと、ヤクルト以上に走塁改革が進んでいて、
とにかく塁に出たら走ってきます。

ヤクルトは盗塁できるのが山田哲人選手くらいですが、
ロッテはレギュラーの中村奨吾、荻野貴司選手が積極的に走ってきて、
足でかき回すので手ごわいです。
中村悠平捕手の今の2塁送球では、ちょっと厳しいかもしれませんね。
また、新加入のドミンゲス選手がホームラン量産で不気味な存在となっています。
この辺の選手が要注意だと思います。

それから、今まで歯が立たなかったソフトバンクが、
今年は故障者続出で、やや戦力がダウンしています。
全敗だけは避けたいところですね。
西武ライオンズの山賊打線も、4月のような勢いはなくなりました。
西武は後ろのピッチャー陣が、やや不安定なので、
接戦に持ち込めれば、勝機はあると思います。

まあ、始まる前なので好き勝手なことが言えますが、
ヤクルトの先発事情を考えると、実際は苦戦が続くことになるでしょうね。

打撃陣は、坂口選手が好調をキープしているのと、
山田哲人選手が昨年に比べると格段に調子が上がっているので、
その点は明るい材料です。

昨年以外は、山田哲人選手は交流戦でいい成績を挙げているので、
またパ全球団からホームランを打つような活躍を期待したいですね。
バレンティン選手も、昨日の逆転打で気分よく交流戦に挑めると思います。

参考までに、2014年の交流戦では、山田哲人選手が打率.378(本塁打は4本)で、
交流戦の首位打者となり、「日本生命賞」を受賞しました。

2015年交流戦では、畠山和洋選手が、本塁打王(9本)、打点も1位(20打点)で、
同じく「日本生命賞」をゲット!

2016年は、賞こそ逸しましたが、山田哲人選手が本塁打王(8本)打点1位(21打点)、
これ以外でも、長打率.761、OPS1.181で全選手中1位の成績でした。

本来の調子であれば、ヤクルトには交流戦が得意な選手もいるので、
活躍が期待できそうです。

最後に、私が神宮観戦した交流戦で、最も印象に残っている試合から。
2013年5月17日千葉ロッテマリーンズとの交流戦
ヤクルトが2-5で3点ビハインドで迎えた9回裏無死満塁の場面で、
ロッテマリーンズの松永昂大投手から、
畠山和洋選手が逆転サヨナラ満塁ホームランを打ったシーンです。

満面の笑みでガッツポーズ 2塁から3塁へ走る畠山選手
e0222575_2323328.jpg


城石コーチとハイタッチ
e0222575_2323515.jpg


ヤクルトナインがホームで出迎えます。
e0222575_2325025.jpg


この時のロッテのキャッチャーは、交換トレードでロッテに移籍した川本良平捕手でした。
私は川本捕手の無駄球なし、テンポのいいリードが大好きだったので、
この時は、サヨナラの嬉しさと同時に、川本捕手の胸中を察すると、
ちょっぴり複雑な気持ちになったものです・・・。

明日の開幕戦では勝って、いいスタートを切ってほしいですね。

by misty2011 | 2018-05-28 16:34 | 東京ヤクルトスワローズ
5連敗で、ついに借金が10に膨らんだ東京ヤクルトスワロ―ズ
交流戦前の最後のカードは、神宮に戻って横浜DeNAベイスターズとの3連戦
ロペス、筒香選手が好調だけに苦戦が予想されます。

初戦の先発は、ヤクルトがブキャナン投手、DeNAは石田健大投手
今日は落とせません。

スタメンは昨日の7番サード谷内選手が、今日は大引選手になり、
それ以外は同じでした。

試合経過は ニッカンスコア

タイトル訂正しました。 畠山 今季1号 →2号 私の勘違いでした。


試合は初回から点の取り合いとなりました。
1回、ブキャナン投手はソト選手にヒット、筒香選手にライト線への2塁打を打たれ、
2死2、3塁から、宮崎選手にライトへタイムリーヒットを打たれ二者生還して0-2

1回裏、ヤクルトは先頭の山田選手がレフトへのヒット後、
青木選手がレフトスタンドへ2号2ランを運び、たちまち2-2の同点に
さらに2死後、畠山選手がレフトポール直撃の今季2号ソロ弾で3-2と勝ち越します。
昨日も大きな当たりがありましたが、打撃の調子は良さそうです。ナイスホームラン!
【訂正】今季1号→2号

写真は浦添キャンプより畠山和洋選手
e0222575_1674457.jpg



しかし2回、ブキャナン投手は四死球でランナーを出し、
石田投手の送りバントで1死2、3塁から、
大和選手に犠牲フライを運ばれ3-3の同点に
さらに、梶谷選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ3-4と勝ち越されます。

2回裏1死後、中村捕手がセンター前ヒット
ブキャナン投手の送りバントは2塁フォースアウトとなり2死1塁
山田選手は空振り三振で3アウト

3回2死後、ブキャナン投手は筒香選手に四球を与えますが、後続を打ち取ります。

3回裏、先頭の青木選手はサードエラーで出塁し2盗、
坂口選手はセカンド内野安打で無死1、3塁
バレンティン選手はショートゴロで、その間に3塁ランナーが生還して4-4の同点に
1死2塁で、畠山選手は三邪飛
西浦選手は大きなライトフライで3アウト

4回、ブキャナン投手は、7番からを3人で片付けます。

4回裏、先頭の大引選手がライト前ヒットも2盗失敗
後続も倒れ三者凡退

5回、ブキャナン投手は1死後、梶谷選手に右中間への2塁打を打たれ、
2死後、ロペス選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ4-5
筒香選手はライト前ヒットで1死1、2塁
宮崎選手は四球で1死満塁
つづく田中浩康選手にライト前タイムリーヒットを打たれ4-6と2点差に

ここで、ヤクルトは風張投手に継投
2死満塁で、高城捕手をファーストゴロに打ち取り3アウト

5回裏、先頭の山田選手が四球で歩きます。
青木選手は三振に倒れ、このあと山田選手が2盗成功!13個め
坂口選手のセンターへの飛球は梶谷選手に好捕され2死2塁
つづくバレンティン選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち5-6と1点差
山田くんの盗塁が生きました。

ここで、DeNAは三嶋投手に交代
畠山選手は見逃し三振で1点どまり

6回、続投の風張投手は1死後、大和選手にレフト前ヒットを打たれ、
梶谷選手にライトスタンドへ4号2ランホームランを運ばれ5-8と3点差に
つづく外選手にも一発を浴び5-9 これはマズい。

6回裏、ヤクルトは三嶋投手の前に三者凡退

7回、ヤクルトは秋吉投手が登板
2死後、死球でランナーを出しますが、後続を抑えます。

7回裏、DeNAは砂田投手が登板
1死後、山田、青木選手が連続センター前ヒットで1死1、2塁
坂口選手はセカンドゴロで2死1、3塁

ここで、DeNAは三上投手に継投
バレンティン選手はショートゴロで得点ならず。

8回、ヤクルトは中澤投手が投手が登板
先頭の梶谷選手がライト線への2塁打
つづくソト選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ5-10
ロペス選手にもレフトへタイムリーヒットを打たれ5-11
中澤投手の球威では抑えられません。
筒香選手選手はライトへのヒットで、代走は乙坂選手

ヤクルトは松岡投手に交代
なおも無死1、3塁で、宮崎選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ5-12
桑原選手はサードゴロで、3塁走者が生還して1死1塁 5-13
このあと、後続を打ち取り、ようやく3アウト。

8回裏、DeNAは武藤投手が登板
1死後、西浦選手が四球で出塁し、
2死後、代打・雄平選手がサード内野安打で2死1、2塁も、
代打・藤井選手はファーストゴロに倒れ3アウト

9回、ヤクルトは中尾投手が登板
こんな大差のゲームで投げさせたくないですが、他にいません。
梶谷選手に今日2本目となるソロホームランを浴び5-14

9回裏、DeNAは国吉投手が登板
山田、青木、坂口選手が三者凡退でゲームセット

ヤクルトは神宮に戻って来て、エース・ブキャナン投手を立てても連敗は止まらず、
5-14の今季最多失点で6連敗、借金は11となりました。

ブキャナン投手は5回途中まで投げ、8安打され6失点
今季、最も悪かったですね。
前回の登板あたりから、球が高く、調子が少し下降気味だったのもあって、
今のDeNA打線を抑えることはできませんでした。

打ち合いとなった試合は、途中までは互角でしたが、
中盤以降は、これでもかと横浜に打たれまくり、試合になりませんでした。

梶谷選手には2ホーマー含む5安打、ソト選手にはソロ弾含む4安打、
筒香選手にも4安打、ロペス、宮崎選手には2安打されるなど19安打で14失点

ヤクルトも青木選手に2ラン、畠山選手には今季2号(訂正)ソロアーチが出るなど
10安打しましたが、DeNA打線とは破壊力が段違いでした。
山田選手はマルチヒットながら、最近はシングルヒットばかりで長打が全く出ません。
バレンティン選手も2打点挙げましたが、一発が出ないので物足りないですね。

阪神戦の最後は投手戦に敗れ、今日は打撃戦でも打ち負け、
いったいどうすれば勝てるのやら・・・。

このままズルズル負け癖がつかないよう、
明日の由規投手に、祈るような気持ちで連敗ストップを託したいと思います。
しかし、これだけ勢いのついたDeNA打線をどうやったら止められるでしょう。
怖いです。

by misty2011 | 2018-05-25 22:09 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜は広島カープを下し、東京ヤクルトスワロ―ズは2018神宮初勝利を飾りました。
頭部死球で抹消された川端慎吾選手の代わり、今季初スタメンのサード西浦直亨選手が、
決勝打を含む3安打猛打賞2打点と大活躍!

昨年はチャンスをもらいながら結果を出せず、今季はショートの定位置を廣岡選手に奪われ、
当初は2軍スタートでしたが、その悔しさをぶつけるかのように、
打席では「やってやろう」という気迫が全面に出ていました。
1試合だけじゃなく、昨日のような活躍がコンスタントに発揮できるよう頑張ってください。
昨日の試合の話が長くなりました。

広島との3戦目、先発はヤクルトが館山昌平投手、広島は岡田明丈投手
スタメンは2番にライト山崎、5番坂口選手(ファースト)、
そして、6番サードに今季初スタメンの奥村選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア

神宮は小雨が降って気温も下がり、館山投手には厳しい条件となりました。

初回、館山投手は先頭の田中選手に、館山投手のグラブを弾くセンター前ヒットを打たれ、
2盗を許します。
しかし、菊丸連続三振、エルドレッドも打ち取り3アウト

1回裏、先頭の山田選手が四球で歩き2盗に成功。今季早くも4個目の盗塁
しかし、山崎選手は送れず見逃し三振
バレンティン選手はセンターフライで、山田選手はタッチアップして3塁へ走り2死3塁
しかし、青木選手がピッチャーゴロで先制ならず。

山崎選手が送りバントを決めていたら1点先制していましたね・・・。
2番で使うのなら送りバントはきっちり決めないと!

2回2死後、館山投手は野間選手に死球をぶつけますが、後続を打ち取ります。

その裏、ヤクルトは三者凡退

3回1死後、田中選手にセンター前ヒットを打たれ、菊池選手のセカンドゴロで2死2塁
丸選手はセカンドゴロで3アウト

その裏、ヤクルトは8番から1番まで三者凡退

4回1死後、館山投手は松山、安部選手に選に連打されピンチを招きますが、
野間選手をショートゴロ併殺打に仕留め、この回も無失点。
廣岡選手が好守でピンチを救いました。

4回裏、ヤクルトは2番からの打順も三者凡退
ここまで、ヤクルト打線はノーヒットに抑えられています。

5回1死後、館山投手は岡田投手に粘られレフト前ヒットを打たれます。
田中広輔選手はピッチャー返しのサード内野安打となり、1死1、2塁
(リクエストでリプレー検証となりますが判定通り)
菊池選手はショートゴロ併殺崩れで2死1、3塁
ここで、丸選手に初球を3ラン被弾され0-3
初回からピンチをしのいできましたが、ついに失点しました。

5回裏、先頭の坂口選手は菊池選手の好守にはばまれ1死後、
今日スタメンの奥村選手がレフト前にチーム初ヒット!
しかし、廣岡選手はサードゴロ併殺打で3アウトチェンジ。

6回1死後、館山投手は安部選手に1塁線を破る2塁打を打たれ、
野間選手は四球で1死1、2塁のピンチ
しかし、磯村捕手をショートゴロ併殺打に打ち取り追加点を許しません。
館山投手はこの回までで、6回3失点なら責められません。

6回裏1死後、プロ初打席の代打・大村孟選手が粘って四球で出塁
山田選手はショートゴロで2死1塁。
タイミングが全く合ってないのに打ちに行きました。
う~ん、ヒットが欲しい焦りなんですかね。
山崎選手は四球を選び2死1、2塁
つづくバレンティン選手がセンター前にタイムリーヒットを運び3-1
なおも1、3塁で、青木選手はライト前タイムリーヒットで2-3と1点差
バレンティン選手は好走塁で3塁まで走り、なおも1、3塁
坂口選手はファーストゴロで2点どまり。

7回、ヤクルトは2番手で中尾輝投手が登板
守備変更で、大村選手が1塁、坂口選手がライトへ
1死後、田中選手に四球を与え、暴投で1死2塁となり、
菊池選手はレフト前ヒットも、バレンティン選手がナイスバックホームでタッチアウト!
走攻守にココちゃんが躍動しています。

丸選手は申告敬遠で2死1、2塁となり、困ったときにはこの人・近藤一樹投手に継投
エルドレッド選手にはストレートの四球で2死満塁
つづく松山選手にもストライクが入らず押し出しの四球を献上して2-4
近藤投手、気合が空回りした感じですね。
なおも満塁で、安部選手を空振り三振に仕留め、ようやく3アウト

7回裏、広島は今村投手が登板、マスクは石原捕手
奥村選手からの打順も三者凡退

8回、近藤投手が続投し、2死後、西川選手にライトへ2塁打を打たれますが、
田中選手を三振に仕留めます。

8回裏、広島はジャクソン投手が登板
先頭の大村選手が四球で出塁。
ここで山田選手はフルカウントから外スラを泳いで打ち上げセカンドポップフライ
その前の外まっすぐはストライク判定されず助かったばかりでしたが・・・。
外の球への対応は依然出来てなく、上向く気配がありません。
これ、どうするの!?

1死後、代打の上田選手は初球を打ち上げレフトフライ
2死後、バレンティン選手は空振り三振で得点ならず。

9回、ヤクルトは風張投手が登板
先頭の菊池選手にライトへソロホームランを運ばれ2-5
丸選手はセンター前ヒット、堂林選手は送りバントで1死2塁となりますが、
後続を打ち取ります。

9回裏、広島は中崎投手が登板
青木選手は見逃し三振。ストライク判定にめっちゃ不満そうでした。
坂口選手は左邪飛で2死
奥村選手はレフト前ヒットで出塁し、2塁へ走ります。(盗塁認められず)
ここで、代打の畠山選手がレフトスタンドへ今季1号2ランホームランを叩き込み
4-5と1点差。すごいぞハタケ!!!
しかし、最後は鵜久森選手が空振り三振でゲームセット
ヤクルトは4-5の1点差で敗れ、広島カープに1勝2敗と負け越しました。

最後に畠山選手が意地の一発で盛り上がりましたが、あと1点届きませんでした。

先発した館山投手は6回87球8安打で丸ちゃんに打たれた3ランの3失点
四死球は2で、心配されたコントロールはまずまずでしたが、
ピッチャーゴロに対する反応が悪く、2本くらいヒットを献上しました。
あとは、やはり丸選手への初球でしょうね・・・。
打った方が上手かったですけど。

写真は昨年浦添ブルペンでの館山昌平投手
e0222575_11351794.jpg



それから、誤算は2番手の近藤投手が押し出しの四球を献上したことですね。
結局、これが最後まで響きました。勿体ない1点でした。
準備不足だったのかもしれませんね?

打線では、頼りになるのはやはり3、4番
バレンティン選手と青木選手で何とか2点を取りましたが、そのあとは続きませんでした。

また、初スタメンの奥村展征選手がマルチヒットと頑張りました。

それにしても山田くんが、ますます心配になってきました。
2カード終わってヒットはわずか2安打。1カード3試合に1本しか打っていません。
四球を選んで盗塁することはできても、ヒットが出ないので打線を切っています。
上でも書きましたが、相変わらず外の球が見えないようで、同じことの繰り返し。
腰がまた引けてきたようにも感じます。

春山田だからとかスロースターターだからと言って済まされることならいいんですが、
私は昨年と同じように見えて仕方ないんですが。これから上向くんでしょうか!?

打席では打てる気配を感じません。
特に追い込まれたらもうダメだろうなあと正直思ってしまいます。
打席で目が死んでいますものね。
ファンがこんな後ろ向きではいけないと思いますが、
打つことに関しては、ポジれる要素がほとんどありません。
普通の選手がこれなら、とっくにスタメンから外されるでしょうね。
ホント、どうなるんでしょう?不安で仕方ありません。
このブログがまたお休みに入るのが時間の問題になってきそう・・・(涙)。

もしも、もしもですが、一昨年のあの死球からの後遺症がまだ残っているとしたら、
かなり深刻な問題だと思います。
そうでないことを私は願うしかありません。

次のカードでは、突如打ち出さないかな・・・、そう祈っています。

by misty2011 | 2018-04-05 22:11 | 東京ヤクルトスワローズ
2018東京ヤクルトスワロ―ズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回は、恩師・小川監督再登板のもと、復活を期す畠山和洋選手です。

本日18日の横浜DeNAベイスターズ戦でとの練習試合で、
畠山選手は実戦初の出場(1塁スタメンで5番)となりました。
初回の山田哲人選手の先制2ランホームランに続き、
3回には畠山和洋選手がレフトスタンドにソロホームランを放り込みました。
復活への明るい希望となる完璧な当たりでした。
これは嬉しいですね~!

私が見学したキャンプ序盤では、一つ前にアップしたバレンティン選手同様、
畠山選手は打撃ローテ(6か所×20分)の班には加わらず、
ランチ特打で連日打撃練習をやっていました。

あまりいい状態ではないと言う一部ファンの見方もありましたが、
私は序盤にしては、まずまずだったように感じました。
守備では、グラブさばきが柔らかく、送球など動きも思いのほか軽快で、
さすが、かつてのゴールデングラブの1塁手だと思いました。
1年間ずっとは無理だとしても、
できるだけ畠山選手にはスタメンで頑張ってほしいと期待しています。
やっぱり、ヤクルトで考えたバッティングができる数少ない選手ですからね・・・。

なお、試合は5-2でヤクルトがDeNAに勝ちました。
先発した石川雅規投手が2回パーフェクト、由規投手もまずまず。
青木宣親選手とバレンティン選手は2打席ノーヒットに終わりました。


では、畠山選手のキャンプフォトです。
キャンプ初日 陸上トラックで12分間走
e0222575_15544580.jpg


初日 走塁練習 目をパッチリ開いて走っている姿がかわいらしい。
e0222575_1555187.jpg


初日 キャッチボール
e0222575_15553610.jpg


e0222575_15554398.jpg


初日 シートノック
e0222575_15564931.jpg


e0222575_1557174.jpg


e0222575_15571137.jpg


e0222575_15572388.jpg


初日 ランチ特打
ランチ打撃と言っても、初日は前夜の雨の影響でグラウンドが午前中は使えず、
練習メニューが大幅に遅れて、午後2時を過ぎていました。
杉村繁巡回コーチがトス
e0222575_1602027.jpg


e0222575_15581113.jpg


e0222575_15582694.jpg


e0222575_160369.jpg



2月2日 ベースランニング 2塁から本塁へ
e0222575_163734.jpg


2日 キャッチボール
e0222575_1635012.jpg


2日 内野シートノック
e0222575_1641683.jpg


2日 内野シートノック YouTube動画リンク先
https://youtu.be/s6nMR4oBXjQ

2月3日 内野ノック
e0222575_1663753.jpg


e0222575_1665322.jpg


2月3日 ランチ特打
e0222575_1673489.jpg


e0222575_1674457.jpg


e0222575_168898.jpg


e0222575_1681891.jpg


e0222575_1682613.jpg


3日 ランチ特打 YouTube動画


2月4日 キャッチボール
e0222575_1691923.jpg


e0222575_1693092.jpg


2月5日 内野シートノック 
YouTube動画 12分と長いです。



2月7日 キャッチボール
e0222575_1611429.jpg


7日 シートノック
e0222575_16115311.jpg


コンディションを整えながら、またケガなどで離脱することないよう願っています。
なんだかんだ言われても、私はハタケを頼りにしています。

by misty2011 | 2018-02-18 19:51 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンは、今日7日から第2クール。
メジャーから古巣ヤクルトに復帰した青木宣親選手が、今日キャンプに合流となり、
浦添市民球場には、多くのファンと取材陣が訪れていました。

青木選手合流の写真と動画は一つ前に投稿して、あと何を書こうか迷いましたが、
今回は、外野と同じく競争が激しくなったヤクルト内野陣のシートノックです。

まずは1塁手から
畠山和洋選手 やわらかいグラブさばきと、捕ってからも素早い送球で、
センスを感じる守備です。うまいですね。
e0222575_117464.jpg


e0222575_118143.jpg


武内晋一選手もファーストの守備には定評があります。堅実そのもの
e0222575_1215584.jpg


鵜久森淳志選手 鵜久森選手の場合は、守備よりは打撃の人でしょう。
e0222575_1244100.jpg


続いてセカンドの守備に就いていた3選手
セカンドは山田哲人選手がいるので、ポジションを奪うのはちょっとキツイですね。
e0222575_1314429.jpg


e0222575_1262043.jpg


奥村展征選手 ショートよりセカンドの方が適正があるように思います。
下半身がどっしりして、守備も滑らかで上達しました。
e0222575_1285395.jpg


この日は2塁の守備についていた荒木貴裕選手
1塁、外野、2塁と、生き残りのために複数ポジションでアピール
e0222575_1332636.jpg


サードは、手術あけの川端慎吾選手しだいでしょうね。
このキャンプでは、思いのほか良く動けています。
e0222575_1361399.jpg


忍者・藤井亮太選手の守備も面白いですけどね。
e0222575_1354898.jpg


ショートは、大引啓次選手がコンディション不良で、2軍西都キャンプ行となりました。
誰が次の正遊撃手を奪うのか目が離せません。
サードではなくショートとして育てるようですね、期待の廣岡大志選手
e0222575_1415429.jpg


昨年はチャンスをもらいながら、自ら手放した感がある西浦直亨選手
今キャンプでは、声は良く出ていますが、今のところややミスが目立っています。
挽回しましょう。
e0222575_1422335.jpg


ルーキーの宮本丈選手は、安定感があって、この3人の中では最も堅実です。
打撃次第ではチャンスが出てくるかもしれませんね。
e0222575_1394744.jpg


7日は動画は撮ってないので、5日第1クール最終日の内野シートノックの動画です。
守備位置は違っている選手がいます。
荒木選手は5日は1塁です。


2日の内野シートノックもありますが、5日の方だけ貼っておきました。
以上です。

by misty2011 | 2018-02-08 06:28 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011