タグ:石川雅規 ( 144 ) タグの人気記事

東京ヤクルトスワロ―ズは今日から阪神タイガースとの3連戦
初戦は倉敷マスカットスタジアムで行われました。

当地に、私は2回行ったことがあります。
1回目は、岡山県とのテニスの対抗戦で、当時住んでいた四国から試合に出かけました。
23年も前の事で、マスカットスタジアムが完成したばかりの年です。
同じ敷地内にあるオムニコート(砂入り人工芝)で試合をやりました。
岡山県は元々軟式テニスが強い県で、途中から硬式テニスに転向した選手も多く、
当時は、おばさんテニスも強い県でした。
e0222575_9411050.jpg


鹿児島の鴨池もそうですが、テニスの試合に出かけると、
多くの場合、隣接して野球場もあって、
埼玉に住んでいたころには県営大宮テニスコートに数回試合に出かけましたが、
同じ敷地内にある大宮県営野球場には行ったことがありません。

2回目は、前サイトをやっていた2008年の3月に、
阪神―広島のオープン戦でマスカットスタジアムに出かけました。
当時の写真 ファールゾーンがとても広い球場です。
e0222575_9412710.jpg


前置きが長くなりました。
ここまでは、試合前にのん気に書いていたんですが、
山田くんファンにとって、こんなつらい試合になるとは思ってもみませんでした。

本日付で、下で打撃好調だった谷内亮太選手が、ようやく1軍に昇格しました。
先発は、阪神がメッセンジャー投手、ヤクルトは石川雅規投手

スタメンは6番にファースト谷内選手が入り、サード大引選手が7番
5番坂口選手はライトに回り、雄平選手が外れました。
谷内選手のファーストって初めて見るような気がしますが大丈夫でしょうか?

試合経過は ニッカンスコア

いつものように、初回から試合経過を書いていたんですが、長くなったので省略して、
悪夢の3回裏から

0-0で迎えた3回裏、
石川投手は、先頭のメッセンジャー投手にファースト後方へのヒットを打たれます。
1死後、糸原選手のセカンドゴロを山田選手が2塁へ悪送球して1死1、3塁
走者メッセンジャー投手の体に当たりました。
さらに、福留選手のセカンドゴロをまたまたセカンドに悪送球して、
レフトファールゾーンに転がる間に、ランナーが二者生還して0-2
あまりにも痛すぎるミスが続きました。
山田選手、帽子をとってあやまっていましたが、カツオくん、キレていそう・・・。

なおも1死2塁で、ロサリオ選手に2ランホームランを浴び0-4
糸井選手にも一発を浴び0-5
うわぁぁぁ、エラーがなければ3アウトチェンジだったのに。
山田くん、取り返しのつかないミスとなりました。
メンタルが強くないので、これで打撃までおかしくならなきゃいいのですが。

4回、先頭の坂口選手が四球、谷内選手がライト前ヒット、大引選手もヒットで無死満塁
ここで、中村捕手がセンター前にタイムリーヒットを放ち二者生還して2-5
なおも無死1、2塁で、石川投手は送りバントで1死2、3塁
ここで、汚名返上できるか山田くん!
ホームランしか許されないほど厳しい立場となりました。
山田選手はセカンドゴロで、3塁ランナーがホームインして3-5
2死3塁となり、西浦選手も右邪飛に倒れ3点どまり

4回裏、石川投手は梅野捕手にヒットを打たれ、
1死後、植田選手のセーフティ―バントが内野安打となり1死1、2塁
糸原選手は四球で1死満塁。
福留選手は犠牲フライで3-6
ロサリオ選手は四球で2死満塁となり、ここで松岡健一投手に継投
糸井選手をレフトフライに打ち取り3アウト

5回2死後、坂口選手がヒットも谷内選手がライトフライで3アウト

5回裏1死後、中村捕手がサード内野安打で出塁。
代打・上田選手はショートゴロで2死1塁
山田選手はセンター前ヒットで2死1、3塁となり、このあと2盗して2死2、3塁
西浦選手は空振り三振で3アウト

6回、ヤクルトは風張投手が登板
連続試合のためだけに鳥谷選手が代打で登場し、センター前ヒットを打たれますが、
後続を打ち取ります。
風張投手、いいですね。

7回、阪神は岩崎投手が登板
ヤクルトは3番からも三者凡退

7回裏、ヤクルトは秋吉投手が登板
糸井選手に2塁打、大山選手にタイムリー3塁打を浴び3-7
梅野捕手のセーフティスクイズがサード内野安打となり3-8
最近の秋吉投手は、当たり前のように失点しますね・・・。

8回、阪神は桑原投手が登板 ヤクルトは三者凡退

8回裏、ヤクルトは中澤投手が登板
福留選手にヒットを打たれますが、無失点に抑えます。

9回、阪神はドリス投手が登板
代打の田代選手がセンター前ヒット
山田選手はサードゴロで1死1塁
代打・荒木選手は三振で、青木選手はレフトへのヒットで2死1、2塁
バレンティン選手はライトフライでゲームセット

ヤクルトは3-8で阪神に敗れました。

石川投手は4回途中まで投げ、自責点は1ながら6失点で今季初黒星がつきました。
打線は9安打で3得点、残塁は10と相変わらずのタイムリー不足でした。

試合前、今日こそ打順を変えてくるかと期待しましたが、
谷内選手を6番に入れたくらいで、1番から5番は同じままで、がっかりしました。


今日は、山田哲人選手の連続エラーで試合が決まった試合となりました。
言い訳できないエラーで、しかも2失策目はタイムリーエラーとなり、
石川投手にしてみれば、それはないでしょというミス続き。
ただでさえカッカとなりやすいカツオくんが、冷静でいられるはずはありませんでした。
悪いことは重なるもので、そのあと2被弾浴びて、
あれだけ貧打で眠っていたトラ打線を起こしてしまいました。

山田選手は謝っていましたが、バットで取り返すこともできませんでした。
山田くんに代わって、私が土下座してあやまりたいくらいです。
許してくださいとは言いません。ひたすら申し訳ありませんでした。
今日は出来ませんでしたが、この借りは、必ずかえしてくれることを願っています。
しかし、今日は山田くん、眠れないでしょうね。
明日は切り替えていきましょう。

by misty2011 | 2018-05-22 21:58 | 東京ヤクルトスワローズ
2018東京ヤクルトスワロ―ズは開幕戦を勝利で飾り、
小川監督率いる新体制のスワローズは「再起」に向け幸先いい船出となりました。

2戦目の先発は横浜DeNAベイスターズがバリオス投手、ヤクルトは石川雅規投手
ヤクルトのスタメンは初戦と同じ。

私は、オープン戦では機能したとは言えなかった打順に関して懐疑的でしたが、
いざ開幕すると、見事に結果を出しました。やはり素人の浅はかさだったようです。
畠山選手のスタメン復帰、雄平選手が1軍に戻って来るまでは、
しばらく、基本このオーダーで行きそうですね。

試合経過は ニッカンスコア  

初回、先頭の山田選手は外高目を見逃し三振。またかと最初から私のテンションだだ下がり。
昨日からこれで見逃し三振が3個め
もうちょっと積極的にバットを振らないと!
オープン戦でホームランやヒットを打った時は、ファーストストライクを捉えていたんですよね。
昨夜、プロ野球ニュースの高木豊さんが、かかとに体重が乗っているので、
外が遠く見えると話していましたが、そういうことなんですかね?
このあと、山崎、バレンティン選手も倒れ三者凡退

1回裏、石川投手は2死後、筒香選手を四球で出しますが、ロペス選手を打ち取ります。

2回1死後、川端選手がレフト前ヒット、坂口選手はセンターフライ
廣岡選手は右打ちのライト前ヒットで2死1、2塁
廣岡くんは、追い込まれてもこれができるようになったのは成長ですね。
山田くんに教えてあげてほしいくらい(苦笑)
中村捕手は四球を選び2死満塁
しかし、石川投手はショートゴロで先制ならず。

2回裏1死後、
石川投手は今日先発マスクの嶺井捕手にライトへソロ弾を運ばれ先制されます。0-1
続く、神里選手にライトへ2塁打を打たれますが、後続を打ち取り1点どまり。

3回、先頭の山田選手はフルカウントから四球で出塁。三振じゃないだけでもホッとします。
すかさず初球に2盗を決めます!足は健在、バットと違って思いっきりがいいですね。
山崎選手は3塁線へのバントヒットで無死1、3塁とチャンス拡大!
山崎選手も2盗を決め無死2、3塁
ここで、バレンティン選手はぼてぼてのショートゴロで、
3塁から山田選手がホームインして1-1の同点に

青木選手はお尻にデッドボールをぶつけられ1死1、3塁
川端選手はファーストゴロで、山崎選手が三本間で挟殺され2死1、2塁
坂口選手はセンター前ヒットで2死満塁。(青木選手は河田コーチが制止して3塁ストップ)
続く廣岡選手はフルカウントから押し出しの四球をもぎ取り2-1と勝ちこします。
よくボールを見極めました。

3回裏、石川投手は1番からの打順を三人で片付けます。

4回1死後、山田くんはまたまた外の球(カーブ)に反応できず見逃し三振。
振れよ!と思いますが、振っても当たらず空振りするんですよね。
山崎選手は四球を選び、バレンティン選手はライト前ヒットで2死1、2塁
実質、山崎選手がトップバッターの役割をしていますね・・・。

ここで、青木選手は右中間フェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち、
二者生還して4-1。きっちり4番の仕事をしました。
山田くんがこんな状態なので、何とかしてくれる4番青木選手は大正解ですね。
川端選手はセカンドゴロで3アウト

その裏、石川投手は三者凡退にきっちり抑えます。

5回、DeNAはエスコバー投手に交代
先頭の坂口選手は右手の指に当たる死球で倒れますが、そのまま1塁に出ます。
ひどいですね、2試合でヤクルトはもう3個めの死球、何回ぶつけられるんでしょう。
坂口選手は2盗失敗で2死となり、石川投手は三振で3アウト
坂口選手、気丈にしていますが、大丈夫でしょうか?
念のため試合後は病院に行ってほしいですね。

5回裏、石川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

6回、先頭の山田選手は四球で出塁。ラッキー!もうこれしかなさそう。
山崎選手は送りバントで1死2塁も、
バレンティン、青木選手が倒れ3アウト

7回、DeNAは三上投手が登板
先頭の川端選手がセンターへの2塁打で出塁 代走は藤井選手
坂口選手はセカンドゴロ進塁打で1死3塁
廣岡選手はセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち5-1
今日2打点!
この打順だと廣岡選手にチャンスが回ることが多く、
そこできっちり結果を出すのが頼もしいですね。感心します。

7回裏、石川投手は続投
2死後、嶺井捕手にレフトへ2塁打を打たれ、
つづく神里選手選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ5-2と3点差。
代打・中川選手もセンター前ヒットを打たれ2死1、2塁
この後、石川投手の2塁けん制悪送球で2死1、3塁
倉本選手にはライト前にタイムリーヒットを浴び5-3
この回、2死から4連打を浴び2死1、3塁のピンチとなり、
ここで石川投手は降板で、近藤一樹投手に継投
近藤投手は桑原選手をサードフライに打ち取り3アウト!ナイスリリーフ

8回、DeNAは砂田投手が登板
先頭の山田選手は、簡単に2ストライクと追い込まれ、サードゴロ。
2試合でまだノーヒット
山崎選手は見逃し三振。バレンティン選手も倒れ、簡単に3アウト

8回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1塁に荒木選手が入り。レフトに坂口選手。バレンティン選手がベンチに
1死後、筒香選手にヒットを打たれますが、ロペス、宮崎選手を抑えます。

9回、砂田投手が続投
先頭から青木、藤井選手が三振に倒れ、坂口選手はセカンドゴロで3アウト
砂田投手の前に2イニングパーフェクトに抑えられました。

2点リードでヤクルトは9回裏、カラシティー投手が登板
先頭から四球、暴投、四球で無死1、2塁ののピンチを招くと、
つづく代打の柴田選手のキャッチャー前の送りバントを、
中村捕手が3塁へ送球してアウトとなり1死1、2塁
倉本選手はレフトへのライナーを坂口選手がナイスキャッチして2死となり、
最後は代打の佐野選手をセカンドゴロに打ち取りゲームセット
ヤクルトが5-3で逃げ切りました。

これでヤクルトは開幕2連勝
先発した石川雅規投手は7回途中まで投げ、
103球6安打(1HR)で3失点で今季初勝利をあげました。昨年5月以来の勝ち星です。
おめでとうございます。
2回にソロ弾を浴びましたが、3回から6回までは一人のランナーも出さないナイスピッチング
7回は連打され降板しましたが、よく投げてくれました。

カツオくんは打線の援護さえあれば、昨年のような事にはならず、ある程度勝てる投手です。
幸先よく今季初勝利、本当に良かったです。

写真は浦添キャンプより石川雅規投手 
今季初勝利で、久しぶりに笑顔のカツオくんが戻ってきました。
e0222575_1951166.jpg



打線は3回に、山田選手が四球、2盗、バントヒットで、バレンティン選手の内野ゴロで1点と、
ここでも1安打で、凡打が得点に結びつき同点に。
今年を象徴する点の取り方ですね。
この後も打線がつながり廣岡選手の押し出し四球で勝ち越し

4回には青木選手の2点タイムリー2塁打で4点目

5回には廣岡選手のタイムリー2塁打で5-1とリードを広げます。

7回には石川投手が4連打され5-3と2点差まで詰め寄られますが、
近藤ー石山投手とつなぎ、
最後はカラシティー劇場でピンチを招きましたが、辛くも逃げ切りました。
カラシティー投手は初戦とは違って不安定でしたね。
まだ、投げてみないとわからず何とも言えませんが、失点しなかったのは良かったです。

ヤクルト打線は8安打で5得点
川端選手と廣岡選手がマルチヒットで、
廣岡選手は押し出し四球とタイムリー2塁打で2打点の活躍!
青木選手の4回の2点タイムリー2塁打も見事でした。

最後に山田哲人選手について
私はオープン戦の最後のほうで、打順に関して不満を書きましたが、
これは琢朗コーチに先見の明があったと脱帽です。
今のところ、山田くんはエラーや四球で出て盗塁から得点していますが、
8、9、1番がノーヒットで、それ以外の2番から7番の打線はヒットが出てつながっています。
山田くんを主軸に置いたら、この2試合、打線が分断されて得点できなかったかもしれません。
それをも見越していたとしたら凄いことです。

山田くんは2試合で8打数ノーヒット4三振 2四球2盗塁 打点なし
つい1週間前は、調子がいいので早く開幕してほしいなんて言っていましたが、
わずかの間に調子をガクンと落としたようですね。困りました。
今の状態はオープン戦が始まったばかりの頃に被りますね。

ストライクを簡単に見逃してすぐ追い込まれ、三振を量産
特に、昨年不振時からのコンタクト率の悪さには目を覆いたくなります。
外の球は振ってもバットに当たらない、振らないと見逃し三振の悪循環
どうしたもんでしょう。
プロ1年目や1軍に定着した頃でも、こんなことはなかったんですけどね。
むしろ良かったくらいなのに・・・。

これから調子が上がるんでしょうか??
昨年のような事にはならないと思いつつ、でも昨年のことがあるので不安にもなります。
まあ、なるようにしかなりません。
そのためにも、1本はやくヒットが出たらと思います。明日こそヒットが出ますように!

チームは好調なのに、山田選手がこんな状態なので複雑な気持ちです。
とてもじゃないですが、心穏やかではいられません。

by misty2011 | 2018-03-31 18:56 | 東京ヤクルトスワローズ
東京は桜が満開ということで、
期間限定で、テンプレートを季節に合わせて桜のデザインに変更しました。
私はシンプルなデザインが好みですが、たまにはこれもいいでしょう。

札幌ドームでの北海道日本ハムファイターズとのオープン戦初戦は
乱打戦の末、7-7の引き分けに終わりました。
なが~い試合で見るほうも疲れました。

2戦目の先発は、日本ハムがマルティネス投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンは、1番から5番は初戦と同じで、
坂口選手は今日は1塁に入り、6番にライト鵜久森選手となりました。
私は青木選手の4番はどうかと思っているんですが、
石井琢朗コーチ推しで、開幕後も1番山田、4番青木選手で行くようですね。
この方が打線が線としてつながるとのことですが、得点力としてはどうなんでしょう?
う~ん、これがずっとじゃなく、できれば早めに再検討してくれるよう希望します。

試合経過は ニッカンスコア

初回、先頭の山田選手は外のカットボールに空振り三振(こういうのが多いですね)
坂口選手はショートゴロ、好調バレンティン選手は四球で歩き、
青木選手はレフト前ヒットで2死1、2塁
しかし、川端選手はセカンドゴロで3アウト

1回裏、石川投手は2死後、3番の大田泰示選手に一発を浴び先制を許します。0-1

2回1死後、廣岡選手が四球で出塁
中村捕手はショートゴロで2死2塁
石川投手はショートゴロで3アウト

2回裏、石川投手はアルシア選手にセンター前ヒットを打たれますが、
田中賢介選手をセカンドゴロ併殺打、横尾選手を空振り三振に仕留めます。

3回、先頭の山田選手は左中間タンドへOP戦4号ソロ弾を運び1-1の同点に!
これ得点力を考えたら、山田くんがランナーを還す役割の方がいいんじゃないでしょうか?
今シーズンは、犠飛などチームバッティングもできるようになってきたことだし。

写真はキャンプ2月3日 山田哲人選手
e0222575_958287.jpg


1死後、バレンティン選手がライト前ヒットで出塁し、代走は山崎晃大朗選手
青木選手はファーストゴロで、ランナーが入れ替わって2死1塁
川端選手は三遊間を抜けるヒットで2死1、2塁。代走は藤井亮太選手
鵜久森選手は空振り三振で3アウト

3回裏、ヤクルトは守備変更で2塁奥村、レフト山崎、サード藤井選手
石川投手は三者連続三振に斬って取ります。

4回、廣岡選手はサードゴロ、中村捕手は中飛、石川投手は三振で3アウト

その裏、石川投手は中田翔選手にソロ弾を浴び1-2
ここまで両チーム3発すべてソロホームラン

5回1死後、マルティネス投手から坂口選手がショート内野安打で出塁 代走は田代選手
このあと暴投で2塁へ進み、山崎選手は四球で1死1、2塁
青木選手はレフトフライで2死となり、藤井選手はセカンドゴロで3アウト

5回裏、石川投手は三者凡退に抑えます。

6回、日本ハムは井口投手に交代
鵜久森、廣岡選手が倒れ2死後、日本ハムは白村投手に交代
中村捕手が3塁線を破る2塁打で出塁
代打・武内選手は一邪飛で3アウト

6回裏、ヤクルトは秋吉亮投手が登板
2死後、大田泰示選手にセンターへヒットを打たれ、牽制悪送球で2死2塁(1塁エラー)
つづく代打・近藤選手をセンターフライに打ち取り3アウト

7回、先頭の奥村選手がレフトフライに倒れ1死後、日本ハムは上原投手に交代
田代、奥村選手も倒れ三者凡退

7回裏、ヤクルトは中澤雅人投手が登板
先頭に四球を与え(代走は杉谷選手)、1死後、近藤一樹投手に継投
横尾選手にライト前ヒットを打たれ、鶴岡捕手は四球で1死満塁のピンチを招きます。
つづく太田賢吾選手はショートゴロで本塁アウトとなり2死満塁
代打の西川選手はフルカウントから見逃し三振に斬って取り無失点で切り抜けます。

8回、日本ハムはトンキン投手が登板
1死後、藤井選手がライト前ヒットで出塁も2盗失敗
鵜久森選手はファーストゴロで3アウト

8回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
きっちり3人で片付けます。

9回、日本ハムは石川直也投手が登板。前日は打ち崩した投手です。
1死後、中村捕手が四球で出塁
荒木選手は送りバントで2死2塁
しかし、奥村選手が空振り三振でゲームセット

ヤクルトは1-2で日本ハムファイターズに敗れました。

今日の得点はすべてソロホームラン
日本ハムが2本塁打、ヤクルトは山田くんの一発のみ

先発の石川雅規投手はソロ弾2発を打たれましたが、
5回3安打2失点とまずまずのピッチングで、開幕に向け順調と言っていいでしょう。

打つ方は、7安打で山田くんのソロ弾の1得点のみ
つながりに欠けました。

上でも書きましたが、やはり青木選手はチャンスメイカーで、
山田選手がポイントゲッターの方が、相手にとってはイヤなんじゃないかと私は思います。
打撃の安定感ではもちろん青木選手が1枚も2枚も上ですが、長打力という点では山田くんです。
まあ、打順は一度決めたことのようなので、開幕後しばらくはこれで行くと思いますが、
機能しなくなった時には、ためらうことなく違うオーダーでお願いしたいですね。

こう言っては青木選手に失礼かもしれませんが、
「まず青木選手ありき」の打順にこだわることはないと私は考えます。
投手陣が今年も不安なので、なおさら得点力を上げる必要がありそうです。
1点を大事に取りに行くスモールベースと同時に、一定以上の得点力は求められるでしょうね。
山田選手は、依然三振は多いですが、
今年はチャンスで犠飛など最低限のチームバッティングはできるようになっています。
昨年のような余程の不調でない限り、中軸を任せてもいいように思いますね・・・。

それから、前の記事で追記しましたが、昨日、雄平選手が戸田で練習していたそうです。
大引選手の姿もあったようですね。
ベテラン勢が、これから徐々に戦線復帰してくることを待っています。

オープン戦もついに明日が最後。
勝って有終の美を飾って締めくくってください。

それから、当ブログの記事タイトルでは、投手や選手など敬称を略していることが多いですが、
エキサイトブログは、タイトルの字数制限があるので、仕方なくそう記しています。
ご了承ください。

by misty2011 | 2018-03-24 17:21 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワロ―ズは、今日からマツダスタジアムで広島東洋カープとの2連戦

先発は、広島カープが野村祐輔投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンは、1番坂口(ライト)、2番山崎(センター)、3番山田、4番バレンティン、
5番畠山、以下、藤井、DH大松、中村、廣岡選手と続きます。
広島はフルメンバーで、今日から丸、鈴木誠也選手が守備につきました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは三者凡退。
山田くんは、そう厳しくもないスライダーに空振り三振。早速ですか、う~~ん
これだけバットに当たらないって、何なんでしょう!?

その裏、ブキャナン投手は先頭田中選手の打球を受けますが、無事1アウト
2死後、丸選手にセンター前ヒットを打たれますが、2盗を1、2塁間で挟みタッチアウト

2回、先頭のバレンティン選手がセンター前ヒット
畠山選手はレフトへの2塁打を放ち、バレンティン選手が1塁から一気にホームインして
ヤクルトが先制! (記録は2塁打とレフトのエラー)1-0
ナイスバッティング&ココちゃんナイスラン

その裏、ブキャナン投手は、先頭の松山選手のショートゴロを
廣岡選手がファンブルするエラーで出します。
続く鈴木誠也選手のセンターフライを山崎選手が見失い無死2、3塁(記録は2塁打)
バレンティン選手が素早くカバーに入ってホーム生還は防ぎました。
新井選手はサードゴロで、ホームに突っ込んだランナーを挟殺して1死2、3塁
続くエルドレッド選手のショートゴロで3塁ランナーが生還して1-1の同点に

好調メヒア選手は四球で2死1、3塁から、
會澤捕手にセンター前タイムリーヒットを打たれ1-2
2死1、2塁から、田中選手はセンターへのタイムリーヒットを打たれ1-3
山崎選手がグラブを出しましたが捕球できませんでした。
菊池選手は打ち取りようやく3アウト

しかし、打たせて取るブキャナン投手にとって、実質エラー2個は気の毒でした。

3回、ヤクルトは先頭の坂口選手がセンター前ヒットで出塁
山崎選手は右中間(訂正)へのタイムリー3塁打を放ち、
坂口選手が一気にホームインして2-3
晃大朗くん、守備のミスをバットで取り返しました。
無死3塁となり、山田選手はファーストゴロで山崎選手が生還して3-3
追い込まれていたので、また三振かとひやひやしました。
最低限は出来ましたが、う~~何ともしょぼい打球でした。
アッ、山田くん、オープン戦で初めてのゴロ打球ですね。
このあと、バレ、畠山選手が倒れ同点どまり。

3回裏、ブキャナン投手は先頭の丸選手にレフトオーバーの2塁打を打たれ、
松山選手のレフト前ヒットで無死1、3塁
鈴木誠也選手はサードゴロで3塁ランナーを三本間で挟殺して1死1、2塁
(ランダウンプレーはもたついていました)
しかし、後続を打ち取り3アウト

4回、広島は大幅な守備交代。主力が下がって控え組の若手が入りました。
1死後、大松選手が四球で出塁
中村捕手はレフトへ前ヒットで1死1、2塁
廣岡選手もレフト前ヒットでつなぎ1死満塁
トップに戻り、坂口選手は三振、山崎選手は押し出しの四球で4-3
ラッキーですが、いつもは広めの名幸球審にしては、今日はゾーンが狭い感じです。

なおも2死満塁で、山田くんは詰まったファーストフライを打ち上げ3アウト
今度は内角スライダーでしたが、
もうバットに当たっただけでもマシと私は慰めるしかありません。
相手からすると、右投手は山田くんには内外、スライダーを投げておけばOKって感じかな…

その裏、ブキャナン投手はメヒア、曾澤選手に連打され、田中広輔選手三振後、
菊池選は四球で1死満塁から、
下水流選手にセンター前にタイムリーヒットを浴び4-4の同点に
ショート後方、センター前にポトリと落ちました。
まあ、廣岡、山崎選手のセンターラインでは投手陣は不安しかないでしょうね。
なおも1死満塁で、松山選手にセンターへ犠牲フライを運ばれ4-5と逆転されます。

写真はキャンプ2月4日ブルペン ブキャナン投手
e0222575_11341986.jpg


それにしても試合がだらだら長くて飽きてきました。

5回、広島はアドゥワ投手が登板
1死後、畠山選手が四球を選び出塁
代走の谷内選手が2盗失敗で2死後、藤井選手は内野安打で出塁し2盗成功。
しかし、大松選手はファーストゴロに倒れ3アウト

5回裏、ヤクルトは秋吉亮投手が登板
2死後、メヒア選手に四球を与え、2盗を許します。
曾澤捕手も四球を与え2死1、2塁
つづく代打の西川龍馬選手を抑え無失点で切り抜けます。

6回、広島は中崎投手が登板
1死後、廣岡選手が今日2本目のヒットで出塁
続く荒木選手はショートゴロで2死2塁
山崎選手は四球を選びますが、途中出場のサード奥村選手が1塁ゴロで3アウト

その裏、ヤクルトは石川雅規投手が登板
きっちり三者凡退に抑えます。

7回、広島は今村猛投手が登板
ヤクルトはあっさり三者凡退。

その裏、2イニング目の石川雅規投手はこの回も3人で片付けます。

8回、広島は中田廉投手
ヤクルトは三者凡退

お互い、試合のテンポがよくなりました。
選手も早く終わりたいのかも!?

その裏、3イニング目の石川投手は、メヒア選手にフェンス直撃の2塁打を浴びます。
続くセカンドゴロで1死3塁から、
西川選手にセンター前にタイムリーヒットを打たれ4-6
カツオくん、オープン戦初失点

9回、広島は一岡投手が登板
ヤクルトは先頭から荒木、山崎、奥村選手の3連打で無死満塁
鵜久森選手もセンター前にタイムリーヒットを放ち5-6と1点差
なおも満塁から、谷内選手のセカンドゴロ併殺打の間に3塁走者が生還して6-6の同点に
藤井選手は空振り三振で同点どまり。

9回裏、石川投手が4イング目も続投
2死から堂林選手に四球、美間選手はサード奥村選手の後逸エラーで2死1、2塁、
高橋大樹選手はショート内野安打で2死満塁のサヨナラのピンチを招きましたが、
最後はメヒア選手をサードゴロに仕留めゲームセット
延長なしなので、試合はそのまま6-6の引き分けに終わりました。

9回、ヤクルトは4連打でよく追いつきました。
その裏はサヨナラのピンチでしたが、石川投手がよく踏ん張りました。

しかし、オープン戦とは思えないほど長い試合で(3時間53分)、
途中までで飽きて、早く終わってほしいとすら思いました。

広島の野村祐輔投手は、あまりよくはなかったですね。
また、一岡投手が、ヤクルト戦でこんなに打たれるのは珍しいことかもしれません。

一方、ヤクルト先発のブキャナン投手は、味方の拙守もあってリズムに乗れませんでした。
4回を投げ9安打5失点で自責は2
打たせて取るピッチャーだけに、しっかり守ってほしかったですね。
全体的には球が高く、打ちごろとなっていました。
低めに投げてなんぼの投手ですからね。次回への修正点です。

秋吉投手は球速が出てなくて、コントロールも微妙
今シーズンは不安な要素が多いですね。

石川投手は1失点しましたが、まずまずのピッチング。
9回裏はサヨナラの大ピンチでしたが、冷静によく抑えました。

昨年までだと、ヤクルトは2点差でそのまま負けるケースが多かったですが、
9回の同点に追いつく集中打は見事でした。

ヤクルト打線は12安打
廣岡選手と山崎晃大朗選手がマルチヒットで、山崎選手は2打点
しかし、2選手とも守備でのミスで投手陣の足を引っ張りました。
連係も悪く、ハラハラの怖いセンターラインでしたね。
廣岡選手、山崎選手とも打つ方では結果を出しましたが、守りをしっかりお願いします。
これ以外でも奥村選手がサードで後逸エラー
内外野とも、相変わらず守備でのミスが出ています。
守備コーチ、宮本ヘッドは頭が痛いことでしょう。


山田哲人選手は今日もヒットなしで(打点は1)、5試合連続ノーヒット
これでオープン戦7試合、17打数1安打4打点、7三振、打率はまた下がって.059
いくらオープン戦とは言っても、これだけ打てないとヤバいです。
一昨年9月の死球以降の打率みたいになってきました。

いい時を知っているだけに、極端すぎるんですよね。
レジェンドクラスの実績がある選手で、こんな選手、あまりいないでしょ。
ファンも戸惑います。
何とかしてください琢朗コーチ!

左投手は入ってくる球が多いので、まだ何とかなりそうですが、
右投手のスライダーを打つ練習をしてほしいですけどね。
4年目に最多安打のタイトルをとった際には、
スライダーがそんなに苦手ということはなかったと思うんですが。
それ以降、年々苦手になってきました。
また、追い込まれてからも強かったですけどね・・・。
相手データが揃ってきて、弱点を攻められているんでしょうね。

今まで、ほぼ感覚だけで打ってきた打者だけに、ちょっと遅いんですが、
これからはどうやればどう打てるか、
きっちり理論に基づいた打撃技術を身につけてほしいです。
苦手のボールに対し、どうやって打とうという工夫も意図も見えず、
いつも同じパターンでやられる感じですから。

それから心配なことが。
打撃好調だった新人の塩見泰隆選手が手首を痛めたようで、
コンディション不良のため遠征先の広島から帰京したとのこと。心配ですね。
軽症であることを願います。

今日はとにかくお疲れさまでした。
明日はテンポのいい試合になりますように!

by misty2011 | 2018-03-10 17:30 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワロ―ズは、昨日に続き、
今日も東京ドームで読売ジャイアンツとのオープン戦が行われました。

先発は巨人が山口俊投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンは1番青木、2番に藤井、3番山田、4番バレンティン選手
以下、川端、畠山、雄平、中村、廣岡選手と続きます。

試合経過は ニッカンスコア 

初回、青木選手が四球で出ると、藤井選手が送って1死2塁
山田選手は浅いセンターフライを打ちあげ2死となり、
バレンティン選手はサードゴロで先制ならず。

その裏、石川投手は2死後、ゲレーロ選手に四球を与え
つづくマギー選手の打球は、石川投手の膝下付近に当たり、1塁方向へ転がって3アウト。
強い打球が直撃したカツオくん、大丈夫でしょうか?心配です。

2回、ヤクルトは三者凡退

その裏、続投の石川投手は3人で片付けます。大丈夫そうでよかったです。

3回、先頭の中村捕手がセンターへのヒットで出ますが、
廣岡選手はショートゴロ併殺打
青木選手は2打席連続四球で出塁すると、
藤井選手はセーフティバントで2死1、2塁
ここで山田哲人選手は見逃し三振に倒れます。
いや~、昨日今日と三振が続きますね・・・。
まだオープン戦が始まったばかりなのに、
昨年の悪い状態がよみがえってきて、早くも私は心配モード。

3回裏、石川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

4回、先頭のバレンティン選手がOP戦第3号ホームランを放ちヤクルトが先制、1-0
川端選手はレフト前ヒット(代走は鵜久森選手)
畠山は四球で無死1、2塁も、雄平選手が併殺打、中村選手も倒れ追加点ならず。

その裏、ヤクルトはルーキーの大下佑馬投手が登板(訂正)
先頭の吉川選手にセンターへのヒットを打たれ、
1死後、2盗を許しますが、後続を抑え得点を与えません。

5回、巨人は桜井投手が登板
ヤクルトは三者凡退

その裏、守備交代はセンター坂口、サード奥村選手
2イニング目の大下投手は1死後、ヒット、四球で1死1、2塁のピンチを招くと、
昨日サヨナラ打の河野元貴捕手にセンターへのタイムリーヒットを打たれ1-1
さらに、立岡選手に右中間へのタイムリー3塁打を浴び1-3と逆転されます。
吉川尚選手にもタイムリーヒットを打たれ1-4
ゲレーロ選手は四球、マギー選手は1塁邪飛で、2塁走者がタッチアップして2死1、3塁
この後、後続を打ちとりようやく3アウト

6回、巨人は田原投手が登板
先頭の山田選手は3球三振。(この打席は空振り)これは・・・。
山田くんは、いい状態でオープン戦に入りましたが、打ったのは結局ホームラン1本のみ
バレンティン、鵜久森選手も倒れます。

その裏、ヤクルトは秋吉亮投手が登板
1塁に荒木選手、捕手は大村捕手に交代
守備は谷内選種が2塁、レフト塩見、ライト山崎選手に交代
1死後、死球でランナーを出しますが、後続を抑えます。

7回、巨人は沢村投手が登板
ヤクルトは三者凡退

その裏、中澤雅人投手が登板
立岡選手に3塁打、中井選手のタイムリーを打たれ1-5
このあと、陽岱鋼選手に2ランホームランを浴び1-7
一方的な展開に

8回はマシソン投手の前に三者凡退

その裏、田川投手が登板
大城選手に一発を浴び1-8

9回、ヤクルトはカミネロ投手の前に三者凡退でゲームセット
東京ドーム2戦目は1-8の大敗で、巨人とのオープン戦2連戦は2連敗に終わりました。

先発の石川雅規投手は、脚に打球を受けながらも3回無安打無失点と好投
写真は浦添キャンプ2月5日ブルペン
e0222575_17104992.jpg


2番手の大下佑馬投手は、4回こそ無失点に抑えましたが、
5回には4安打(2四球)の集中打を浴び4失点と結果が出せませんでした。
秋吉投手は無失点でしたが、
中澤、田川投手はそれぞれ被弾するなど3失点と1失点
今日も中継ぎ投手陣が失点を続けました。
特に、即戦力と期待されたルーキーの大下投手が簡単に打たれたのが心配ですね。

打つ方は、好調・バレンティン選手のソロホームランの1得点のみ。
チームはわずか4安打で寂しい結果となりました。

青木選手は2四球選び出塁も、
山田哲人選手は3タコ2三振と全く精彩がありませんでした。
打撃内容が去年の今頃と同じようなのが心配ですね。
(三振の多さとポップフライ)
昨年のような事はないと信じていますが、
次の試合ではヒットを打って、ファンを少しだけでも安心させてほしいです。
一方、川端選手は今日もきっちりヒットを打ったのはさすがです。

それにしても、巨人の若手選手が元気ですね。打線が活発です。
それともヤクルト投手陣の出来が悪いのでしょうか?

ヤクルト打線は、これから徐々に上向いていくことを願うのみです。
投手陣は、中継ぎ陣が今のところ不安ですね。
こちらも調子を上げるべくしっかり調整してください。
               
by misty2011 | 2018-03-04 17:45 | 東京ヤクルトスワローズ
2018東京ヤクルトスワロ―ズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回はチーム最年長の石川雅規投手です。
ベテランですが、連日ブルペン入りをして、今シーズンにかける意気込みを感じました。

14日には、キャンプ初の打撃投手を務め、
ストレート、スライダーともキレのある球を投げ、
対戦した青木選手は、石川投手の復活に太鼓判をおし、小川監督も絶賛したとのこと。
順調そうで何よりです。


2月2日 ブルペン
奥から2番目で投げていました。
私が初めてヤクルト浦添キャンプ見学をしたのは、いまから13年前の2005年です。
それ以降、今回でヤクルトキャンプ見学は10回目なります。
その当時から2~3年前までは、
石川投手はブルペンのいちばん手前で投げることが多かったですが、
最近は、奥の方でばかり投げているような気がします。
何か思うところがあるんでしょうか?
e0222575_23435100.jpg


e0222575_23431986.jpg


e0222575_2343387.jpg


e0222575_23434756.jpg


e0222575_23441211.jpg


e0222575_23443244.jpg


e0222575_23445242.jpg


e0222575_23451623.jpg


e0222575_23453080.jpg


2日ブルペン ピッチングフォーム連続写真をGifで
e0222575_2042166.gif



2月5日 ブルペン この日も奥から2番目で投げていました。
e0222575_2346840.jpg


e0222575_2346177.jpg



2月8日 投内連係
e0222575_23463125.jpg


e0222575_23463948.jpg


e0222575_2347517.jpg


帽子をとった髪の毛は白髪まじり
カツオくんも38歳、若く見えてもさすがに歳はとりました。
小さな体で大きなケガもせず、その自己管理は立派です。
いつまでも頼っていてはいけませんが、これからも投手陣を引っ張って行ってください。
e0222575_23471651.jpg




by misty2011 | 2018-02-15 09:59 | 東京ヤクルトスワローズ
交流戦の初戦に大敗した東京ヤクルトスワローズは、借金が8と膨らみました。
5月はチーム状態が落ちていたオリックス・バファローズ相手に、これほど大差で負けるとは想定外で、
それだけパ・リーグは下位チームでも強いなあと感じます。

2戦目の先発は、オリックスが今季初登板の東明大貴投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンは雄平選手が4番DHとなり、上田選手が7番ライト、9番サードに藤井選手が入りました。
雄平選手は、やはり膝の状態がよくないんでしょうね。くれぐれも無理しないようお願いします。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・石川投手が6回無失点の好投も、救援陣がリード守れず…打線もわずか1得点で逆転負け

初回、ヤクルトは三者凡退
その裏、石川投手は内野安打でランナーを出しますが、後続を抑えます。

2回、先頭のバレンティン選手がショート内野安打で出塁も、後続が倒れます。
その裏、石川投手は3人で片付けます。なかなか良さそう。

3回、先頭の中村捕手がセンター前ヒット
1死後、大引選手がサード強襲ヒットを放ち1死2、3塁とチャンスを広げます。
つづく坂口選手はファーストゴロで、3塁ランナーが三本間で挟殺され2死1、3塁
ここで山田選手はライトフライを打ち上げ好機を潰します。
それほど速くも厳しくもないストレートに差し込まれています。
だから3番から外してって言ってるのに!
真中さん、いつまで辛抱しても良くなる気配はありませんよ。
解説の小早川さんにも「今の球を捉えられないのはかなりショック」と言われる始末。 おっしゃる通り

簡単な話、大引-坂口ー雄平選手とくっつけるだけでも、今よりはつながると思います。

その裏、石川投手は三者凡退に抑えます。

4回、先頭の雄平選手はライトへの強烈なライナーも捕られ、後続も倒れ三者凡退。

その裏、石川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

5回、先頭の上田選手がセンターオーバーの3塁打で出塁。いいね~
ここで、中村悠平捕手がライトへ犠牲フライを運び、ヤクルトが1点先制!
今季チーム5本目の犠牲フライです。ナイス、ムーチョ!

その裏、石川投手は先頭の中島選手にライト前ヒットを打たれます。
つづくT-岡田選手にライト前ヒットを打たれ無死1、2塁のピンチ
安達選手の打席で、中村捕手が2塁中島選手をけん制タッチアウトとし、
後続二者を打ち取り無失点で切り抜けます。

6回、1死後、山田選手はキャッチャーフライ。甘い球をミスショットばかり。光が見えません。
普通の選手なら、とっくにスタメンから外れて戸田送りでしょうけど・・・。
雄平選手は四球で歩き、バレンティン選手は、小野塚アナの絶叫も普通のレフトフライで3アウト。

その裏1死後、石川投手は宮崎選手に内野安打を打たれ、送りバントで2死2塁
つづく小谷野選手はセンターフライに打ち取り3アウト。

7回、オリックスは近藤大亮投手が登板
先頭の大松選手がセンター前ヒット、代走は荒木選手
上田選手は送りバントを決め1死2塁
中村捕手はピッチャーゴロで1死3塁
代打・鵜久森選手はセカンドフライに倒れ追加点ならず。

7回裏、ヤクルトは継投に入り、2番手でルーキ投手が登板
サードは谷内選手、1塁に荒木選手
ルーキ投手は3人できっちり片付けます。

8回、オリックスはルーキーの黒木投手が登板
先頭の大引選手がライト前ヒット、坂口選手が送って1死2塁
このチャンスに問題の山田くん。ストレートの四球で歩き1死1、2塁
打てないので、四球はありがたいですね。今できる最高の仕事です。
しかし、雄平選手はレフトフライ、バレンティン選手はファーストフライで3アウト。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の西野選手がレフトへの2塁打、高田選手はセカンドゴロで1死3塁となり。
代打モレル選手に前進守備の1-2塁間を抜けるタイムリーヒットを打たれ、1-1の同点に
このあと、石山投手のワイルドピッチで1死2塁となりますが、後続を打ち取ります。

9回、オリックスは平野投手が登板
先頭の荒木選手がレフト前ヒットで出ます。
上田選手は送りバントを決め1死2塁
このあと、ワイルドピッチで1死3塁となりますが、中村捕手はショートフライで2死となり、
谷内選手はセンターフライで得点ならず。

その裏、ヤクルトはギルメット投手が登板
2死後、中島選手にセンター前ヒットを打たれますが、T-岡田選手をセンターフライに打ち取り3アウト

延長10回、オリックスはルーキーの小林慶祐投手が登板
先頭の大引選手が四球で歩きます。坂口選手は送りバントで1死2塁
山田選手はライトフライで、大引選手がタッチアップして2死3塁
スイングが弱いので頭の上を越せません。
雄平選手は敬遠で2死1、3塁から、
途中出場の比屋根選手に託しますが、空振り三振で得点ならず。

その裏、ギルメット投手が続投
先頭の西野選手にセンター前ヒット、送りバントで1死2塁
つづく途中出場の伊藤光捕手は三振で2死となりますが、
途中出場の駿太選手にライトへサヨナラタイムリー2塁打を浴び、
1-2×でヤクルトはサヨナラ負けを喫しました。

敬遠で次の大城選手と勝負という策もありましたが、駿太選手との勝負が裏目に出ました。

ヤクルトは交流戦1カード目で連敗して、早くもこのカード負け越しとなりました。

まあ、ヤクルトは何度もチャンスをモノにできず、
延長になれば、サヨナラ負けは覚悟していましたが、その通りとなりました。

ヤクルトは、結局、5回の上田選手3塁打ー中村捕手が犠牲フライの1得点のみ。

石川投手は6回を投げ79球4安打無失点と好投しましたが、
8回に同点に追いつかれたため5勝目は消えました。
もう1回くらい投げても良かったように思いますが、どうだったでしょう?

5勝目がスルリ 石川雅規投手 次回はもっと援護をお願いします。
e0222575_21525343.jpg


リリーフの石山投手が、このところ打たれていますね。
ギルメット投手は、抑えてほしかったですが、回またぎなので何とも言えません。

やっぱり1点しかとれない打線が問題です。
大引選手が出て、坂口選手が送りバントをしても、3番の山田選手が打てないのでは、
何のための送りバントなのかと思います。
これなら、いっそのこと、坂口選手に打たせた方がよかったかもしれません。
いい加減、山田選手を3番から外してください。
交流戦2試合で、8打数ノーヒット、今日は1四球で一度出塁したのみ。

まあ、他の選手もチャンスで打てないのは同じですが、一応3番ですからね。

真中監督は、山田くんを一体どうするつもりなんでしょう?
凡打でも惜しい打球すら皆無で、再び打率2割を切りそうな勢いです。
それでも、このまま3番で使うつもりでしょうか?

今の山田くんでは、心中する価値がありません。
最近、打席では打つ前から腰が引けているようにさえ見えます。
私は、こんなにも打てない惨めな山田くんを、テレビで晒すのはもう耐えられそうにありません。

ベンチに下げられないのなら、まずは山田選手の打順を下げることからやって下さい!
今の山田くんは、打ち損じばかりで、ファンでも期待できませんから。
打席で迷いがあるのか、バットが出てこないし、振ってもスイングスピードがメッチャ遅くなっています。

真中監督が、3番山田選手固定だと、勝てる試合も勝てないように思います。
チームのためにも、不調で苦しんでいる山田選手のためにも、決断をお願いします!

by misty2011 | 2017-05-31 21:57 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ドームでの読売ジャイアンツとの2戦目は、
由規投手の好投と打線の奮起で、投打がかみ合い快勝でした。

1勝1敗で迎えた3戦目、先発は巨人が宮國椋丞投手、ヤクルトは石川雅規投手
選手公示では、由規投手が下がり、今浪隆博選手が上がってきました。
今浪選手、体調は大丈夫でしょうか。
心配な一方、待ちに待った1軍復帰で、とても嬉しく思います。

スタメンは、その今浪選手が6番ファースト、8番ショートに大引選手
巨人のスタメンからは阿部選手と小林捕手が外れました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 5投手の完封リレーで2試合連続零封勝利!先発・石川投手は今季4勝目

ヤクルトは初回は三者凡退
2回は、先頭の雄平選手がレフト前ヒットも、
バレンティン選手がセカンドゴロ併殺打でチャンスを潰します。

一方、石川投手は初回2死後、坂本選手を四球で出しますが、今日4番の村田選手を打ち取ります。
2回は先頭のマギー選手にヒットを打たれますが、
後続を併殺打に仕留めるなど、得点を許しません。

3回、ヤクルトは先頭の中村捕手がレフトへの2塁打で出ると、
大引選手のライトファールフライでタッチアップして3塁へ進み1死3塁
つづく石川投手のサードゴロで、3塁から中村捕手がホームインして1点先制!

その裏2死後、石川投手は立岡選手にセンター前ヒットを打たれますが、
坂本選手をショートフライに打ち取ります。

4回、ヤクルトは三者凡退
山田選手はここまで2打席凡退。サードゴロと外の球に空振り三振。
昨日は2安打も、今日はここまでさっぱり。
ちょっといいかと思っても、とにかく続きません。この繰り返し。
2割5分が遠い選手に、解説でトリプルスリーの話をするのは、もうやめて!
今年は見ての通りで、それどころじゃないんですから。

その裏1死後、石川投手はマギー選手にセンター前ヒットを打たれ、
2死後、長野選手に左中間への2塁打を打たれ2死2、3塁のピンチを招きます。
實松捕手は敬遠で、2死満塁で宮國投手と勝負となり、セカンドゴロに打ち取り、無失点に抑えます。

5回、先頭のバレンティン選手は四球で歩きます。
今浪選手はサードゴロで2塁フォースアウトとなり、1死1塁。
中村捕手はショートゴロ併殺打で3アウト。

その裏1死後、石川投手は立岡選手をショートへの内野安打で出します。
坂本選手はサードゴロで2死2塁
村田選手は空振り三振に仕留め、この回も無失点で切り抜けます。

6回、ヤクルトは2死後、坂口選手がセンター前ヒットも、藤井選手はファーストゴロで3アウト。

その裏、石川投手は、先頭のマギー選手に3安打目となる三遊間へのヒットを打たれます。
中井選手は送りバントで1死2塁
つづく長野選手のところで、、石川投手から近藤一樹投手に継投。

近藤投手は長野選手を空振り三振に仕留め2死2塁。
實松捕手も空振り三振で3アウトチェンジ。ナイスリリーフ!

7回、先頭の山田選手はショートゴロも、1塁村田選手の落球エラーで無死1塁
雄平選手は初球を打ってファーストゴロ併殺打で2死ランナーなし。
これでヤクルトは既に3併殺。
出来れば、山田くんを走らせてから打ってほしかったですね。
1点が重い試合なのに、選手に丸投げで無策すぎます。
バレンティン選手は四球も、今浪選手はファーストゴロで3アウト。

その裏、ヤクルトはルーキ投手。1塁には武内選手
2死後、立岡選手にライト前ヒットを打たれます。
坂本選手は空振り三振で3アウト。今季はヤクルト戦には優しい坂本くん?

8回、巨人はマシソン投手
1死後、大引選手が四球で歩きます。
武内選手はレフト前ヒットで1死1、2塁とチャンスが広がります。
坂口選手はライトフライで2死となり、ここで代打・大松選手を送ります。
大松選手は粘って四球を選び2死満塁。
うわ~、続いて山田くん、こういう緊迫した満塁の場面では打てそうもないのに・・・。
どうか打って~と手を合わせて祈りましたが。

結果は初球を打ち上げセンターフライ。
四球後の初球を打つのはいいとしても、狙って打ってストレートに力負け。
今日は4タコ、また打率が下がります。もう見てられん。
そのうちそのうちと言いながら、もう5月も半ばを過ぎました。いつまで待てばいいのやら・・・。
あってほしくないですが、今シーズンは、最後までそのうちで終わりそうな気配さえ・・・

本人も、どうすれば復調できるか、まだ手探り状態なんでしょうね。苦しいと思います。
今のところ、ネガティブな私のはるか上を行く山田くんの不振に、もう私は心身ともボロボロです。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1死後、マギー選手が4安打目となるヒットで出ます。代走は重信選手
その重信選手の2盗を中村捕手が刺して2死ランナーなし。これは大きい!
中井選手はライトフライで3アウト。やれやれ、よくしのぎました。

9回、巨人はカミネロ投手
先頭の雄平選手はライトフライ。バレンティン選手はセンターフライ。
代打の上田選手は三振であっさり三者凡退。

その裏、わずか1点リードで秋吉投手。怖いですね・・・。
センターは上田選手でレフトは坂口選手
先頭の亀井選手はショートゴロ
代打の橋本選手はレフトフライ
2死となり、代打の阿部慎之助選手を迎えます。
初球をセンターフライに打ち取りゲームセット。

ヤクルトが1-0で、2試合連続完封で巨人を下し、このカードの勝ち越しを決めました。

いやいや、重苦しい試合でしたね。
石川-近藤ールーキー石山ー秋吉の5投手で1-0完封のしびれる試合でした。
わずか1点でよく逃げ切れたと思います。

石川投手は6回途中まで投げ、7安打も無失点に抑え、4勝目を挙げました。おめでとうございます。
6回途中の近藤投手への継投がズバリ決まり、あとは必勝リレーで1点を守り切りました。

写真はキャンプ投内連係より 石川雅規投手と近藤一樹投手
ピンチで颯爽と登場し、きっちり抑える近藤投手の存在感がますます大きくなりました。
e0222575_1052564.jpg


得点は3回に、1死3塁から石川投手のサードゴロで挙げた1点のみ。
中村悠平捕手の2塁打が効きました。
ヤクルトは、自由に打たせると併殺が多いので、2塁打をどう得点に結びつけるかが大事です。
ヒットは巨人が9安打に対し、ヤクルトはわずか4安打で勝ちました。
宮國投手は、内外に投げ分け、丁寧に低めによくコントロールできていましたが、
それにしても、もう少し打ってほしかったですね。

最少スコアの勝利ですが、投手戦というよりは、どちらかというと貧打戦という感じで、
巨人の拙攻に助けられました。
巨人打線は、阿部選手がベンチで、村田選手が4番に入り、坂本選手がノーヒットでは、
迫力不足の感は否めませんでした。
巨人もこれでは優勝争いは苦しいでしょうね。

東京ドームで2試合連続完封勝利とは、ヤクルトとしては予想以上の結果に終わりました。
昨日の由規選手の好投が、いい流れで今日につながりましたね。よかったです。

それにしても山田くん・・・
明日からの阪神戦では、また岩貞、藤浪投手と当たりますが、
これ以上調子を落とさないことを願うだけです。しかし、気が重いですね・・・。

by misty2011 | 2017-05-18 21:45 | 東京ヤクルトスワローズ
昨日の神宮での阪神との2戦目は、両チームにミス続出して締まらない試合となりました。

1勝1敗で迎えた3戦目
東京ヤクルトスワロ―ズの先発は、中5日で石川雅規投手、阪神タイガースは藤浪晋太郎投手
いろいろな意味で、最も当たりたくない投手です。
勝敗以前に、誰もぶつけられないことを祈っていました。
敵のファンにそう思わせるって、異常なことだと思います。

スタメンは6番ファーストに武内晋一選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 雄平選手が4安打と奮闘も打線繋がらず…中盤の失点響き2連敗


立ち上がり、石川投手は先頭の中谷選手にセンター前ヒットを打たれ、
上本選手のショートゴロでランナーが入れ替わり、糸井選手は右中間への大飛球。
続く福留選手にセンター前ヒットを打たれ、2死1、3塁のピンチを招きますが、
原口選手をレフトフライに打ち取り、何とか無失点で切り抜けます。

その裏、藤浪投手は、立ち上がりから球が抜けていて、右打者は危なそう・・・。
坂口選手はファーストゴロ、大引選手はサードゴロ。
山田選手は四球で歩いて2死1塁。山田くん、今日はやや打席の後ろに立っています。
このあと、久しぶりに2盗を決め2死2塁。なんだ、山田くん走れるんじゃないの!?
なら、もっと走って下さい。

バレンティン選手は、今日はフェイスガード付きのヘルメット着用。
そのバレンティン選手も四球で2死1.2塁。
雄平選手はファーストゴロで1塁へ滑り込みセーフとなり2死満塁。

ここで、武内選手は初球高めのボール球を打ち上げ、センターフライとなり先制ならず。
制球難の藤浪投手なので、初球を打ち上げたのは勿体ないですね・・・。
あとで、あの初回に…なんてことにならないといいのですが、なりそうな気がします。

2回2死後、梅野捕手がセンター前ヒット
このあと、藤浪投手のサードへの強い打球を、谷内選手がダイビングキャッチして2塁フォースアウト!
ナイスプレーが出ました。難しい打球の方が上手い谷内選手。

その裏、ヤクルトは三者凡退。

3回、先頭の中谷選手がライトフェンス直撃の2塁打で出塁。
今日はフライの打球が多いカツオくん、ちょっと心配です。
上本選手のファーストゴロで1死3塁となり、糸井選手は打ちとりますが、
福留選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ1点先制されます。

その裏、1番からの攻撃も三者凡退。
右打者は抜け球警戒でビビりまくり・・・。ま、ぶつけられるよりはマシと思っておきます。

4回2死後、石川投手は梅野隆太郎捕手に今季1号ソロホームランを浴び0-2

その裏1死後、雄平選手がレフト前ヒットで出塁。
武内選手はフルカウントから空振りで、走った雄平選手が2塁タッチアウトの三振ゲッツー。
ランエンドヒットのこういう失敗を何度見たことか!
いい加減、××の一つ覚えみたいな作戦はやめてください。
これって、三木ヘッドが出しているんですかね?
見逃せば四球をもらえて、1死1、2塁だったというのに。

5回、石川投手は中谷将大選手にレフトスタンドへ2号ソロホームランを運ばれ0-3
1死後、糸井選手にセンター前ヒット、つづく福留選手に2ランホームランを浴び0-5
いやはや、これで決まりでしょう。

2死後、北條選手にもセンター前ヒット、鳥谷選手にはライトへのヒットを打たれ2死1、3塁
梅野捕手にライト前にタイムリーヒットを打たれ0-6
藤浪投手にもセンター前にタイムリーヒットを打たれ0-7
打たれ出したら止まりません。ひどい事になってきました。

ここで、ようやく石川投手降板で、2番手でギルメット投手が登板
ファーストには大松選手が入りました。
ギルメット投手は中谷選手を打ちとり、ようやく3アウトチェンジ。

その裏、先頭の中村捕手は四球で出塁。
谷内選手には抜け球の危ない球が続き、連続四球で無死1、2塁
この点差でこのピッチングになるのは、正真正銘のノーコン!

大松選手はセカンドゴロで1死2、3塁
坂口選手はショートゴロで、その間に3塁から中村捕手がホームインして1-7
前の試合から、タイムリーなしの得点が続いています。
大引選手はライトフライで3アウト。

6回、続投のギルメット投手は、先頭の上本選手にセンター前ヒットを打たれ、
糸井選手は四球で無死1、2塁
福留選手は空振り三振で1死となり、原口選手をサードゴロ併殺打に仕留め、無失点で切り抜けます。

その裏、先頭の山田選手はセンターフライ。打球が伸びません。
リプレイを見ると、軸足が踏ん張れていませんでした。
バレンティン選手は空振り三振
2死後、雄平選手はセンター前ヒットで3安打猛打賞!
代打・藤井亮太選手はセカンドゴロで3アウト。

7回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
1死後、鳥谷選手にレフトへヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

その裏、先頭の中村捕手が四球で出塁
つづく谷内選手はレフト前ヒットで無死1、2塁。右打者ではチーム初ヒット!
大松選手は初球を打ってファーストゴロ併殺打で2死3塁
坂口選手はピッチャーゴロで3アウト。

8回、続投の近藤投手は三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の大引選手が四球で出ます。
山田選手も連続四球で無死1、2塁。これで藤浪投手は7四球目
バレンティン選手はファーストファールフライで1アウト。
前回乱闘のバレンティン選手が、いちばん腰を引いているって何なんだ~!

阪神はここで、岩崎投手に交代。
雄平選手はファーストゴロで、俊足を生かして1塁セーフの内野安打。なんと今日4安打!
1死満塁で、代打・鵜久森選手は見逃し三振で2死となり、
中村捕手はショートゴロで3アウト。

9回、ヤクルトは山本哲哉投手が登板
先頭・福留選手のファーストへの強い打球を大松選手が弾き出塁を許します。
1死後、北條選手には四球を与えますが、後続を抑え3アウト。

その裏、阪神は藤川球児投手が登板
先頭の谷内選手が四球で出ます。
このあと、大松選手は捕邪飛、坂口選手は空振り三振、大引選手はサードゴロでゲームセット。

ヤクルトは1-7で阪神に敗れ、このカードは負け越しとなりました。

先発の石川投手は、5回途中で13安打3被弾で7失点と大乱調。
前回も4回7失点と早々とノックアウトされ、得意の神宮で2試合連続の黒星となりました。
打線は冷えたまま、恐れていた先発が崩れてきましたね・・・。どうするんでしょう?

打線は藤浪投手の抜け球にビビッて、右打者は腰が引けて打てる気がしませんでした。
雄平選手(訂正)が4安打と一人気を吐き、右では谷内選手が1安打の計5安打。
e0222575_21234530.jpg


制球難の藤浪投手から7四球もらいながらも、得点は結局、内野ゴロの間にとった1点のみ。
ヤクルトは2試合連続タイムリーなしとなりました。

藤浪投手に対し、昨年の谷内選手の骨折、今シーズンは畠山選手への危険球などで、
特に右バッターが、ぶつけられるのが怖くて腰を引き、踏み込めないのは、まあ理解できます。
今日は左打者への足元へもぶつけそうな球がありました。

ヤクルト戦に限って、藤浪投手は危ない球、抜け球が多いような気もしますが、
他球団の右打者は、これほどまでにはビビッていません。
この差は何なんでしょう!?メンタルの問題??

ぬけ球が武器となる藤浪投手に対し、何らかの対策を立てないと、
今後も同じようにやられる可能性が大ですね。
せめて左バッターの川端、今浪選手がいれば、少しは違ってくるように思いますが、
今は左は坂口、雄平選手だけで、武内選手は早くも冷えてきました。

これ以外にも、代打陣の大松、鵜久森選手も一時の勢いがありません。
彼らに頼ること自体が情けないことですが、他に頼れるバッターもいませんから。

ここまで打撃不振に陥ったベンチの責任は大きいですね。
しかも、全く機能しない3・4番を固定のままでは、点が取れる気がしません。

昨年も、3割バッターの坂口、川端選手を機能しないまま、ずっとこだわって並べました。
今シーズンは3、4番に同じことが言えるでしょう。しかも二人とも不調で長打も出ません。
山田選手の復調が待たれますが、
山田選手が打たないから、勝てないのは仕方ないでは話になりません。
そこを何とかするのが首脳陣の仕事です。

先発投手陣に陰りが見えてきて、打線がこのままでは、上位浮上のメはありません。
打てないのなら、せめて、少しはつながるような打順にしてほしいものです。
ゴールデンウィークの満員の観客の前で、こんな情けない試合ばかり見せては失礼ってもんです。

私は、山田くんが不調なのもあって、既に2回分チケットを無駄にしましたが、
行かなくて正解だったと思っています。

by misty2011 | 2017-05-04 17:13 | 東京ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワロ―ズは中日に負け越して、再び最下位に転落しました。
今日から神宮にもどって、読売ジャイアンツとの3連戦

先発はヤクルトが石川雅規投手、巨人はマイコラス投手
スタメンは8番サードに西浦選手が入りました。
昨夜の謎バントの荒木選手は、もしかして懲罰ベンチ!??
あれは結局なんだったんでしょう??
山田選手は今日も3番。打てないんだから、いい加減もうやめて下さい!

選手公示では、三輪ちゃんが上がり、星野捕手が下がりました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 継投陣が好投も、あと1本が出ず零封負け

初回、石川投手は、四球、ヒットで無死1.2塁から、
坂本選手にセンター前にタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。
普通はホームに還って来られない打球でしたが、ちょっとしたスキをつかれました。
村田選手は三振に打ち取りますが、マギー選手に3ランホームランを浴び0-4
ポールを巻いたかどうか微妙で、ビデオ判定に持ち込まれますが、判定通り3ラン
いきなり初回に4失点と厳しい展開となりました。

その裏、ヤクルトは坂口選手がセンター前ヒット
大引選手のサードゴロでランナーが入れ替わり、山田選手は空振り三振で2死1塁。
バレンティン選手はセンター前ヒットも、雄平選手がレフトフライで3アウト。

2回、石川投手は3人で片付けます。

その裏、先頭の武内選手がヒット、1死後、西浦選手もヒットでつなぎますが、
石川投手が送りバント失敗。
坂口選手は内野安打で2死満塁も、大引選手はファーストゴロで得点ならず。
この回、3本ヒットを打っても得点なしのヤクルト残塁野球

3回、石川投手は1死後、長野選手を四球で出すと、石川慎吾選手に2ランホームランを打たれ0-6
もうこれで決まりでしょ。

その裏、山田選手はサードゴロ。
ゴロアウトと三振ばかり・・・。それも1塁へ全力疾走していません。
この間から気になっています。
太ももを気にしているようなので、脚でも痛めているのでは?との未確認情報もありますが・・・。

打球が上がらないうちは、山田くんの上がり目はありません。
得意だったインコースに腰が引け、アウトコースは泳がされて空振りか、ひかっけて内野ゴロ量産。
淡々とアウトをつづけます。
それでもまだ3番に置くとしたら、これはもう罰ゲームです。

バレンティン選手はピッチャーゴロで2死後、雄平選手がレフトへのヒットで出ますが、
武内選手はセカンドゴロで3アウト。

4回2死後、石川投手は坂本選手にレフト線へ2塁打、村田選手にはショート内野安打を打たれます。
この後、マギー選手のセンターフライを坂口選手が捕れず、タイムリー2塁打となり0-7
バレンティン選手とお見合い?のような感じになりました。
エラーはつきませんが、今日も守備にミスが出ました。

その裏、先頭の中村捕手が死球で出塁も、西浦、代打・上田、坂口選手が倒れ3アウト。

5回からヤクルトはギルメット投手が登板
三者凡退に抑えます。

その裏、ヤクルトは先頭の大引選手がサード内野安打で出塁
山田選手はセカンドゴロ2塁フォースアウトで1死1塁。山田くん、せめて走ってよ~
バレンティン選手はセンターフライ
結局、山田選手は走らず、雄平選手はセンターフライで3アウト。

山田くん、打てないのはわかるとしても、もう盗塁もあきらめたってこと!?
点差はあっても、やはり少しは見せ場を作ってほしいものです。
それとも足をホントに痛めているの??

しかしヤクルトは、ここまで7安打放ちながら無得点って、どれだけ下手な野球をやっているの。

6回、ギルメット投手は1番からの打順を三者凡退に抑えます。なかなかいいですね。

その裏、ヤクルトは三者凡退

7回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板 
躍動感溢れるピッチングで三者凡退に抑えます。

その裏、巨人は篠原投手に交代
先頭の代打・荒木選手が振り逃げで出塁
坂口選手は空振り三振後、大引選手はライト前ヒットで1死1、2塁
さて、悩める山田選手。その山田くん、ライトポール際への3ランホームラン!!!
やった~!!!2塁から3塁へ向かう際には、坂本選手と言葉を交わしてホームイン。

しかし、ビデオ判定に持ちこまれファールとなり、打ち直しも四球を選んで1死満塁。
つづくバレンティン選手はショートゴロ併殺打で得点ならず。あ・・・ぁ

WBCから、今年の山田くは幻のホームランに泣かされますね。
確かにライトポールの外でしたが、あれが3ランになっていれば・・・、
立ち直るきっかけになったかもと思うと残念です。
ツキにも見放されましたが、四球を選んだけでも、私はヨシと慰めました。

8回、近藤投手は1死後、石川、重信選手に連打されますが、後続を抑えます。

その裏、巨人は左の池田投手が登板
1死後、武内選手が今日2安打目となるレフトへのヒットで出塁
中村捕手は四球で1死1、2塁
ここで、代打・鵜久森選手を送りますが、見逃し三振で2アウト
このあと暴投があり2死2、3塁も、荒木選手はセカンドゴロで、この回も得点ならず。
ヤクルトは、ここまで9安打12残塁。

9回、ヤクルトは山本哲哉投手が登板
2死後、マギー選手にセンターへのヒットを打たれますが、後続を抑えます。

その裏、巨人はカミネロ投手が登板
坂口選手はショートゴロ。大引選手は見逃し三振。
そして、山田選手は初球を打ってサードゴロでゲームセット。

ヤクルトは0-7で2試合連続完封負け。
巨人戦には3試合連続完封負けを喫しました。

今日は先発の石川投手が初回に4失点、その後4回までに9安打2発浴び7失点と乱調でした。
こうなると、今のヤクルト打線は追いつく力はありません。
e0222575_11013.jpg



打線は9安打放ちながら12残塁で無得点。
野球が下手すぎ、どれだけ点が欲しくないのかとあきれます。
しかし、これだけ序盤で試合が決まると、大敗してもあまり悔しさも湧いてきませんね・・・。

山田くんの打球が入っていればと、それだけが残念です。
あれもおそらく引っ張りきれなくて振り遅れてライトポール際に行ったと思うんですが、
それでもスタンドインしていたら、随分気持ちがラクになったでしょうね。
野球の神様は、山田くんにまだまだ試練を与え続けるようです。負けるな哲人!

今日で15打席ノーヒットで。打率は.202まで下がり、明日にも1割台になるかもしれません。
もうここまで来ると気にしてもしょうがありません。
フォームもタイミングも、まだおかしなままなので、すぐにどうこうなりそうにありませんが、
とにかくバットを思い切り振って下さい。そうしないと何も始まりません。

打順はやはり3番から下げてほしいですけどね。真中監督に言っても無駄なんでしょうね。
中日3連戦後、真中監督は山田選手について、取材記者に「大丈夫でしょう」と話したとか。
何がどう大丈夫なんですか??教えてくださいよ!
ヤクルトファン、いや他球団ファンからも、山田くんは心配されているのに、
監督さんのあまりのお気楽さに言葉がありません。

山田くんのことに限らず、総じて、よく言えば前向きですが、あの楽観的な思考はどこから来るんでしょう。
私のような基本ネガティブな人間にはついていけません。
何の効果もない自主性もそうですよね。
自主性野球って、もしかして、無為無策の自分の采配をカモフラージュするためなのかと思うほどです。
弱いチームが、デ―ンと構えた横綱相撲をとっても勝ち目はないでしょうに・・・。


by misty2011 | 2017-04-28 21:57 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011