タグ:石川雅規 ( 153 ) タグの人気記事

東京ヤクルトスワロ―ズは、
昨日に続き今日も東京ドームで読売ジャイアンツとのオープン戦。
ライブでの中継が今日に限ってないので、スポナビ一球速報でチェックしました。
19時からG+で録画放送があるので、何か気づいたことがあれば、追記しておきます。

試合経過は ニッカンスコア

スタメンからはバレンティン選手が外れ、4番に雄平選手、5番に塩見選手、
大引選手がDHで6番に入りました。
守りの方は、塩見選手がセンター、青木選手がレフトの守備位置につきました。

初回、メルセデス投手から坂口、山田、雄平選手のヒットで1死満塁となり、
5番に入った塩見泰隆選手がセンターへのタイムリーヒットを放ち、
二者生還してヤクルトが2点先制!
これで塩見選手は9試合連続ヒット!好調が続いています。
このあと、大引選手はセカンドゴロ併殺打でアウト

1回裏、先発の石川雅規投手は、2塁打と四球でランナーを出しますが、
0点に抑えます。

2回、先頭の村上選手がレフトフェンス直撃の2塁打、
西浦選手もヒットで無死1、3塁から、中村悠平捕手のセカンドゴロで3-0
このあと、坂口選手はサードゴロ併殺打で3アウト

3回、ヤクルトは山田哲人選手のオープン戦1号ソロで4-0
ライトスタンドギリギリに放り込みました。
キャンプのフリー打撃では、右への打球はあまり伸びませんでしたが、
実戦で柵越えとは、例年になく春先から好調ですね。

写真は浦添キャンプより
e0222575_19401113.jpg


雄平選手もヒットで続きますが、塩見選手がセカンドゴロ併殺打で3アウト

ヤクルトは3回まで毎回得点も、3イニング連続の併殺まつり

石川投手は3回まで投げ、1安打1奪三振1四球で無失点と好投しました。

ヤクルトは4回1死後、村上選手がまたまたレフトフェンス直撃の2塁打を放ちますが、
この回は得点ならず。

4回裏から、ヤクルトはスアレス投手が登板
先頭の坂本選手に四球を与えますが、後続を打ち取ります。

5回、巨人はクック投手が登板
1番からの打順も、150キロ超のストレートの前に内野ゴロ3つで三者凡退

5回裏、スアレス投手は2奪三振など3人で片付けます。
チェンジアップがよかったようです。

6回表、巨人は今村信貴投手が登板
先頭の雄平選手が内野安打で出塁。代走は上田選手
塩見選手の台頭で、雄平選手も負けていられません、今日3安打猛打賞!

塩見選手はショートゴロでランナーが入れ替わり、
塩見選手は2盗を試みますが、刺されて2死
大引選手は四球で歩き、村上選手は空振り三振で3アウト

6回裏、スアレス投手は四球でランナーを出しますが、
後続を抑え無失点

スアレス投手は3回を投げ0安打2四球で無失点と好投
写真は浦添キャンプより
e0222575_16334077.jpg



7回、ヤクルトは代打の西田捕手が死球で出ると、
途中出場の廣岡大志選手がレフトスタンド上段へ
オープン戦2号2ランホームランを叩き込み6-0とします。
廣岡選手、年下の村上くんに刺激されたか、
今日もどデカい一発で必死のアピールです!

写真は浦添キャンプより
e0222575_114425.jpg


しかし、廣岡選手は守る場所がありません。
1塁は坂口選手、ショートは西浦選手がいて、
サードは村上くんを始め大勢候補がいますからね。
勿体ない話ですね・・・。
若手が伸びてきて、贅沢な悩みとなりました。

7回裏、ヤクルトは高梨裕稔が登板
中島選手にヒットを打たれると、
阿部慎之助選手に2ランホームランを打たれ6-2

8回1死後、塩見選手が内野安打で出て2盗成功!
しかし、後続倒れ得点ならず。

8回裏、高梨投手はヒットと四球でランナーを出しますが、
無失点で切り抜けます。

9回表1死後、桜井投手から西田捕手がヒットで出塁も、
荒木、廣岡選手が倒れ3アウト

9回裏も高梨投手が続投
2四球を与えますが、0点に抑え、
ヤクルトが6-2で巨人を下しました。


投手陣は先発の石川雅規投手、
そして2番手のスアレス投手が3回無失点と好投し、
先発争いに入ってきました。
高梨投手は四球がちょっと多いのと、やはり飛翔癖があるようですが、
セ移籍後なので、これからの調整に期待したいです。
ベテランの石川投手には、まだまだ頑張ってもらわないといけないし、
スアレス投手が、今日の好投で、面白い存在となりそうです。

打つ方は、山田、廣岡選手の2発を含む13安打を放ち6得点
雄平選手が3安打猛打賞
山田、塩見、村上選手がマルチヒット
村上選手は2本ともレフトフェンス直撃の2塁打でした。
塩見選手は先制の2点タイムリーで2打点。
これで9試合連続ヒットとなり、どこまで打ち続けるでしょう。

若い塩見、村上、廣岡選手が、これでもかと打って猛アピールですね。
若手の躍動に期待が大きく膨らみます。
どうか好調をキープして、開幕メンバーに名を連ね、
ポジションどり、またレギュラーを脅かす存在となってほしいです。
世代交代の風が吹いてきましたね・・・。

今シーズンのオープン戦は、若手が打つので見ていて楽しいです。
ずっと希望の持てるシーズンとなりますように!

by misty2011 | 2019-03-03 17:10 | 東京ヤクルトスワローズ

2019東京ヤクルトスワロ―ズ春季沖縄キャンプフォトより、
今回は石川雅規投手です。

昨日17日の中日ドラゴンズ戦に先発し、
2回4安打無失点でした。
ピンチは招きましたが、ライト奥村展征選手のナイスバックホームがあり
0点に抑えました。

超ベテランなので、アレコレ言うことはないでしょう。
順調に仕上げてほしいと思います。

キャンプ初日 陸上トラック芝生 キャッチボール
e0222575_9233296.jpg


初日 投内連係
e0222575_954587.jpg


e0222575_9293799.jpg


初日 投内連係YouTube動画
      

2月3日 ベースラン
e0222575_956831.jpg


3日 ブルペン
少し体を絞っているように見えました。
e0222575_9381571.jpg


連写14個コマをGIFに変換
大幅に圧縮しているので、画質の低下はご容赦下さい。
e0222575_9384057.gif


3日 ブルペンYouTube動画
      

e0222575_9485030.jpg
      

e0222575_9493659.jpg


e0222575_9501946.jpg


e0222575_9502933.jpg


2月4日 ベースラン
e0222575_956324.jpg


ヤクルト浦添キャンプは、2006年からほぼ毎年見学していて、
今キャンプで11回目。
ずっと石川投手を見ているので、
他の投手を優先して、どうしてもカツオくんの写真は少な目になります。

by misty2011 | 2019-02-18 10:13 | 東京ヤクルトスワローズ

キャンプ3日目はよく晴れて、浦添の最高気温は24度まで上がり、
暑い一日となりました。
今日はキャンプインしてから初めての日曜日というのもあって、
「ANA BALL PARK 浦添」は大勢の見学ファンで賑わっていました。

まずは、午前中の練習から
毎日、練習メニューはほぼ同じです。

室内でウォームアップ後、メイングラウンドで、
準備運動や走塁などの練習をやります。

星知弥投手の体が随分大きくなって、パッと見た時は誰だかわかりませんでした。
e0222575_2044458.jpg


投手陣がベースランをしている間、野手陣は外野ポール間を往復走
山崎晃大朗選手が先頭に立ってみんなを引っ張ります。
e0222575_2045514.jpg


山田哲人選手は、持久走関連は苦手で遅れます。
e0222575_205248.jpg


内野に集まり、コーチの指示を聞きます。
青木宣親選手とバレンティン
今日は日差しがきついので、大勢がサングラスをかけていました。
青木選手は、いつもかけています。
e0222575_208411.jpg


ベースランニング 
e0222575_2094565.jpg


今日もラストは吉田大成選手のホームへのヘッドスライディング
e0222575_20104315.jpg


e0222575_20102448.jpg


キャッチボール 村上宗隆選手
e0222575_20115165.jpg


青木宣親選手
e0222575_20122890.jpg


塩見泰隆選手 
晴れた午前中は、こちら向きの選手はモロ逆光となります。
e0222575_20123944.jpg


ペッパー 山田哲人選手と山崎晃大朗選手のペア
e0222575_20145049.jpg


投内連係 中尾輝投手
e0222575_20153248.jpg


1塁のベースカバーに入ります。
e0222575_20163450.jpg


このあと、私は気になるブルペンに向かいます。
昨年から、練習メニューの表に、誰がブルペン入りするかの表記がなく、
見学者にとっては不便になりました。

石川雅規投手
e0222575_20181584.jpg


石川雅規投手、3日目ブルペンYouTube動画
     

寺原隼人投手
e0222575_20185973.jpg


寺原投手初日ブルペンの動画アドレスは
https://youtu.be/ivXq-mJmT0g 

小川泰弘投手
足をあまり高く上げないフォーㇺになりましたが、それほど変化は感じません。
e0222575_20211491.jpg


e0222575_20212555.jpg


小川投手初日ブルペンの動画アドレスは
https://youtu.be/BXGekYhR8l8

いちばん奥で石山泰稚投手が投げました。
柱が邪魔で動画は撮れませんでした。
e0222575_20232227.jpg


e0222575_2023611.jpg


e0222575_20233534.jpg


高梨裕稔(ひろとし)投手
e0222575_20252894.jpg


高梨投手初日ブルペンの動画アドレスは
https://youtu.be/uxwOWUkgobw

星知弥投手
随分太ったように感じました。
e0222575_20262912.jpg


e0222575_20264230.jpg


中尾輝投手
e0222575_20265146.jpg


再び、メインスタンドに戻ると、内野シートノックが終わろうとしていました。
今日は内外野のシートノックは全く見ていません。
サード村上宗隆選手
e0222575_20472527.jpg


セカンド宮本丈選手
e0222575_20474783.jpg


おまけで、浦添キャンプに帯同している審判団5名
2名は知っている審判ですが、3名は確信がないので、
あとで名前を調べて書いておきます。
中央は津川力審判
e0222575_20415820.jpg


上の後ろ姿の審判は吉本文弘審判
e0222575_20421467.jpg


右の二人の審判はこちら
左は西沢一希審判、右は長井功一審判
e0222575_20423683.jpg




by misty2011 | 2019-02-03 21:07 | 東京ヤクルトスワローズ

東京ヤクルトスワロ―ズは残り3試合、今日から神宮で最後の3連戦を戦います。
今日明日が阪神タイガース、最終戦は横浜DeNA戦です。

まずは阪神戦
先発はヤクルトが石川雅規投手、阪神は岩貞祐太投手
スタメンは2番に山田選手、クリーンナップはバレ―雄平ー大引選手
センターに坂口、ファーストに西田選手が入り、先発マスクは井野捕手

選手公示では、石川投手とともに田代選手が上がって、武内選手が抹消されました。

ところで、今日のデーゲームで田中広輔選手が盗塁を決め、32盗塁となり、
山田哲人選手に並びました。
同数なので山田選手の盗塁王は確定ですが、
二人同時タイトルよりは、
単独で盗塁王になってほしいと願うのがファンの正直な気持ち
どうか、残り試合で盗塁を決めてほしいと期待しています。


試合経過は ニッカンスコア 

初回、石川投手は先頭の糸原選手をセカンド内野安打で出しますが、
後続を打ち取ります。

1回裏、坂口、山田選手の連打で無死1、2塁から、
バレンティン選手がライト線へのタイムリー2塁打を放ちヤクルトが先制!1-0
なおも無死2、3塁で、雄平選手がライト前タイムリーヒットで2-0
山田くん、これで128得点。あと1点で歴代4位、あと2点で歴代3位に並びます。
このあと、1死1、3塁から、西浦選手がレフトへ犠牲フライを運び3-0
ヤクルトは初回に4連打と犠飛で3点奪いました。

2回、石川投手は三者凡退に抑えます。

2回裏、西田、井野選手に連打後、石川投手が送りバントを決め1死2、3塁
坂口選手のショートへの打球がフィルダースチョイスとなり、
3塁から西田選手がホームに滑り込み4-0(阪神のリクエスト失敗)
山田選手はサードゴロで、3塁ランナー井野捕手が走塁死で2死1、3塁
山田くんに盗塁してほしいと願いましたが走らず、バレンティン選手も倒れ3アウト

3回表裏、両チーム三者凡退

4回、石川投手はこの回も三者凡退
初回に先頭を内野安打で出したのみで、好投が続いています。

4回裏、ヤクルトも三者凡退

5回、坂口選手に代わり、センターに塩見選手が入ります。
石川投手は先頭の梅野捕手に三遊間を抜けるヒットを打たれます。
初回以来のランナーを許しました。
ナバーロ選手に四球を与え無死1、2塁
続く中谷選手はショートゴロ併殺打で2死3塁
植田選手に四球を与え2死1、3塁
代打の俊介選手を、山田選手の好守でセカンドゴロに打ち取り得点を許しません。

5回裏、阪神は望月投手が登板
1死後、バレンティン選手が37号ソロ弾をライトスタンドに放り込み5-0
バレンティン選手が、ここへ来て調子を上げてきました。
ソト選手が今日40号を打ち本塁打トップに立ちましたが、
まだ届く可能性は無きにしもあらず。

6回、ヤクルトは大下佑馬投手に交代、セカンドに奥村選手
先頭の糸原選手にライト前ヒットを打たれますが、
1死後、陽川選手をショートゴロ併殺打に仕留め3アウト

6回裏、望月投手の前に三者凡退

7回、大下投手続投。1塁に荒木選手、マスクは西田捕手
先頭を四球で出しますが、
梅野捕手をショートゴロ併殺打に打ち取り2死ランナーなし
後続も抑え3アウト
阪神はここまで3併殺打、すべてショートゴロ併殺打となっています。
西浦選手の守備の安定感が頼もしいですね。

7回裏、阪神は岩崎投手が登板
1死後、23打数ノーヒットが続く塩見投手が、
25打席目にライト前にプロ初ヒットを放ちます。
ラッキーな打球でライト前ポテンで2塁打となります。
これまではいい当たりがことごとく正面に飛んでアウトになっていましたが、
今日は当たりは悪いながら、ついに初ヒットとなりました。
おめでとうございます。

1死2塁で、廣岡選手のサードゴロで3塁へ進みます。
訂正→進まず、2塁のままでした。進んだものと思い込んでいました。
ここで、バレンティン選手がセンター前タイムリーヒットを放ち6-0
(このヒットで2塁から塩見選手が生還しました)
代走は田代選手
バレンティン選手は今日3安打猛打賞で3打点。打点は128打点となりました。
雄平選手はファーストゴロで3アウト

8回、ヤクルトは最優秀中継ぎ投手が確定の近藤一樹投手が登板
レフトに田代将太郎選手
先頭の板山選手がセカンド内野安打で出塁
奥村選手が好守を見せ、小川監督がリクエストしますが、
判定通りセーフとなります。
1死後、代打の原口選手の打球を
レフトの田代選手がジャンピングキャッチのファインプレ―で2死1塁
糸原選手にライト前ヒットを打たれ2死1、2塁も、
島田選手をセカンドゴロに打ち取り無失点に抑えます。

8回裏、阪神は岡本投手
ヤクルトは三者凡退

9回、ヤクルトは風張投手が登板
きっちり3人締めでゲームセット

ヤクルトが4投手の完封リレーで6-0で阪神に快勝しました。
先発した石川雅規投手が7勝目をあげました。

e0222575_23435100.jpg


石川投手は5回87球を投げ2安打無失点のナイスピッチング!
ゴロアウトが8個とカツオくんらしい打たせて取る投球が見事でした。
これで7勝6敗となり、今季ラスト投で勝ち越し星となりました。
おめでとうございます。よかったです♪
カツオくんは、今季初のお立ち台となりました。

6回からは大下(2回)ー近藤―風張投手と無失点リレー
今日は内外野とも守備もよかったですね。

ヤクルトは10月に入って負けなしの5連勝!貯金は9となりました。
今なら広島より強いかもしれませんね。

青木選手が太ももを痛めて抹消となりましたが、
2位確定後は、CSを見据えて、スタメン、控えをいろいろ試すオーダーでも、
きっちり勝っているのが素晴らしいですね。
疲れているはずのリリーフ陣も、しっかり抑えています。

残り2試合も勝って、より一層CSへの弾みとなればと願います。
山田くんは、遠慮しないで、あと一つでも盗塁を決め、
単独での盗塁王のタイトル獲得を目指してほしいと思います。
このまま走らず、もしも、田中広輔選手と同時タイトルになってしまうようなら、
来年からは、盗塁成功率が高い方が盗塁王になるよう
規定を改正してほしいものです!

by misty2011 | 2018-10-07 21:24 | 東京ヤクルトスワローズ

昨夜は3点ビハインドから2度追いつき、最後は雄平選手の勝ち越し弾で、
しぶとく逆転勝ちした東京ヤクルトスワロ―ズ

3戦目の先発は、横浜DeNAが平良拳太郎投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメン2番センターは今日も上田選手、先発マスクは井野捕手
前回は平良投手を打てませんでした。

選手の入れ替えは、カラシティー投手が抹消され、ハフ投手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア

初回2死後、山田哲人選手が31号ソロホームランをレフトスタンドに運び先制 1-0
8月24日以来、実に14試合(訂正)ぶりのホームランです。
バレンティン選手もヒットで続きますが、雄平選手はセンターフライで3アウト

1回裏、石川投手は先頭の桑原選手にライトへの2塁打を打たれ、
宮崎選手にレフト前タイムリーヒットを浴び、たちまち同点に 1-1
ロペス選手の捕邪飛を井野捕手が落球するエラー後、
レフトへ2塁打を打たれ、無死2、3塁
筒香選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ、
4連打で1-2と逆転されます。

ソト選手はセカンドゴロ併殺打で、その間に3塁ランナーが生還して1-3
しかし、カツオくん、簡単に打たれますね・・・。
ヤクルト先発投手は初回に3失点がデフォとなってきました。

2回、先頭の大引選手がセンター前ヒット、
西浦選手がレフト前ヒットで無死1、2塁
井野捕手は三振で1死、石川投手は送りバントを決め2死2、3塁
坂口選手はファーストゴロで得点ならず。

2回裏2死後、石川投手は大和選手にライト前ヒットを打たれますが、
桑原選手をショートゴロに打ち取り3アウト

3回、上田選手はライトフライ
山田、バレンティン選手は連続三振で3アウト

3回裏、石川投手は宮崎敏郎選手に25号ソロ弾をライトスタンドに運ばれ1-4
ロペス、ソト選手に四球を与え1死1、2塁も、後続を抑えます。

4回、雄平、大引選手が三振で、3回からヤクルトは4者連続三振
西浦選手は四球で歩き、井野捕手はショートライナーで3アウト

4回裏、石川投手は三者凡退に抑えます。

5回、代打の武内選手はライトフライ
坂口選手は見逃し三振
上田選手はレフト前ヒット後、
山田哲人選手がバックスクリーン右に今日2本目となる
32号2ランホームランを放り込み3-4と1点差に!

ナイスホームラン山田くん♪♪ 1発出たらお目覚めでしょうか!?
フルスイングというより、力まず軽く合わせた感じでスタンドインしました。

e0222575_8593537.jpg


5回裏、ヤクルトは大下佑馬投手が登板
この回からセンターに坂口選手、ファーストに武内選手が入ります。
1死後、ロペス選手がレフト前ヒット
筒香選手はセンター前ヒット。坂口選手が深く守っていて捕れませんでした。
ソト選手はセンターフライで2死1、3塁
つづく嶺井捕手に、なんとライトスタンドに3ランホームランを放り込まれ
3-7と突き放されます。


6回、DeNAは三嶋投手が登板
先頭の雄平選手がライト前ヒット
大引、西浦選手が連続三振で2死となり、
井野捕手がライト前ヒットで2死1、2塁

ここで、DeNAはエスコバー投手に交代。
武内選手は四球を選び2死満塁
しかし、坂口選手はショートゴロで得点ならず。
1塁は微妙でしたがリクエストせず。

6回裏、大下投手続投
三者凡退に抑えます。

7回、DeNAは三上投手が登板
先頭の代打・宮本選手が四球を選び出塁
山田選手は空振り三振
バレンティン選手も空振り三振で2死
雄平選手はショートゴロで3アウト

7回裏、ヤクルトはハフ投手が登板
1死後、ロペス選手に3塁線を破るヒットを打たれますが、
筒香選手をショートゴロ併殺打に仕留め3アウト

8回、DeNAはパットン投手が登板
1死後、西浦選手が三遊間を抜けるヒットを放ちますが、
井野捕手はショートゴロ併殺打で3アウト

8回裏、ヤクルトは中尾輝投手が登板
先頭のソト選手にライト前ヒットを打たれますが、後続を抑えます。

9回、DeNAは山崎康晃投手が登板
ヤクルト驚異の9回の得点力が今日も発揮できるでしょうか?
1死後、坂口選手がレフト前ヒットで出ます。
代打の畠山選手は空振り三振
山田選手はライト前ヒットでつなぎ2死1、2塁
今日3安打猛打賞で打率は.314に上がりました。よかった~!
しかし、バレンティン選手は見逃し三振でゲームセット

ヤクルトは3-7でDeNAに敗れ、このカードは負け越しとなりました。

先発の石川投手は、初回に4連打を浴び3失点
3回には宮崎選手の一発を浴びるなど4回まで投げ6安打4失点(自責2)
先発としての役目を果たせませんでした。
まあ、井野捕手の落球エラーは気の毒でしたが。
最近は打たれることが多く、早い回での降板が増えましたね・・・。

2番手の大下投手は、嶺井捕手に手痛い3ランを浴び3失点
不用意にストライクを投げました。
ハフ、中尾投手は無失点

打線はDeNAと同じ11安打(先発野手全員安打)放ちながら3得点
山田哲人選手の31号ソロと32号2ランの3得点のみでした。
久しぶりに山田くんの一発が出て、さらに今季2度目の1試合2ホーマー
9回もヒットが出て3安打猛打賞と復調の兆しがようやく見えました。
ただ、せかっく2発も打ったのに試合に負けてはね・・・。

バレンティン選手も久しぶりのヒットは出たものの、5打数1安打で3三振
ど真ん中でも空振りしていて、打球もあがらず、まだ不調のままですね。

打線は平良投手から6三振するなど、DeNA6投手から計12三振喫し、
粗さが目立ちました。
それも見逃せばボール球を振るシーンが多かったですね。
得意の9回の反撃も、最後はバレンティン選手が三振に倒れ、
最後まで消化不良の試合となりました。
勝ちパターンの投手陣がお休みできたのがよかったくらいです。

DeNAに1勝2敗と負け越し、ヤクルトは再び借金1となりました。

火曜日からは苦手の東京ドームで巨人との3連戦
打線につながりがないので、青木選手の復帰が待たれますね。

by misty2011 | 2018-09-09 21:42 | 東京ヤクルトスワローズ

広島カープに連敗し、再び勝率5割に戻った東京ヤクルトスワロ―ズ
広島とは力の差は歴然ですが、せめてホーム神宮で一つは勝ちたいものです。
それにしても、昨夜は雨で3度も中断しながら、
よく最後まで試合を強行したものだと思います。
スタンドで応援したファンの皆さん、お疲れさまでした。

3戦目の先発は、ヤクルトが石川雅規投手、広島は戸田隆矢投手
今日の先発マスクは井野卓捕手

試合経過は ニッカンスコア

先発の石川投手は、初回にバティスタ選手に3ラン、
2回には菊池選手に2ランホームランを浴び、
その後も打たれ、3回持たず、7安打2被弾7失点(青木選手の悪送球があり自責は5)
1死満塁のピンチを残し大下佑馬投手に継投。後続を抑えます。

3回裏、ヤクルトは1死後、戸田投手の乱調から3四球で無死満塁のチャンス
ここで、山田選手は浅いセンターフライでタッチアップできず2死満塁
この流れでも、山田くん、チャンスで一打が出ません。う~~~ん

このあと、バレンティン選手がライトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち
二者生還して2-7

しかし、バレンティン選手は1塁ストップ。
続く雄平選手はセンター前タイムリーヒットを放ち3-7
なおも、2死1、2塁でとなり、
ここで、広島はアドゥワ誠投手に交代
西浦選手はセンターフライで3アウト

4回、大下投手は菊・丸・鈴木選手を三者凡退に抑えます。
ナイスピッチング!

4回裏1死後、井野捕手が四球で歩き、大下投手が送りバントで2死2塁
坂口選手は菊池選手の好守に阻まれセカンドゴロで3アウト

5回2死後、大下投手は死球、暴投、四球で2死1、2塁のピンチも、
アドゥワ誠投手を三振に仕留め3アウト

5回裏、先頭の青木選手がレフト線へのヒットで出ます。
山田選手はセカンドゴロ併殺打 最近、併殺打が増えてきました。
疲れですかね・・・。
スイングが鈍いので、フライにしてもゴロにしても打球に勢いがありません。
あと、いつもそうですが、ファーストストライクを見逃しすぎ。
打席では、おびえたような表情が目につきます。
こういう時こそ、積極的にならないと。
バレンティン選手はセンターフライで3アウト

6回、大下投手続投 連投の上、ロングリリーフで好投しています。
先頭の野間選手の打球を西浦選手がファンブルするエラーで出します。
菊池選手が送って1死2塁
丸選手はレフトフライで2死となり、
鈴木選手は四球で歩き2死1、2塁
バティスタ選手をサードゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。

6回裏、ヤクルトは三者凡退

7回、秋吉亮投手が登板 サードに宮本選手
先頭の田中選手にライトにヒットを打たれ、1死後、2盗を許し、
曾澤捕手のセカンドゴロで2死3塁
代打の松山選手をセカンドゴロに打ち取り無失点に抑えます。

7回裏、広島は一岡投手が登板
代打の上田選手、途中出場の宮本選手が倒れ2死後、
坂口選手がショート内野安打で出ます。
青木選手は空振り三振で3アウト

8回、秋吉投手続投 マスクは中村悠平捕手
三者凡退に抑えます。

8回裏、広島はフランスワ投手が登板
山田、バレンティン、雄平選手が三者連続三振
山田選手は今日4タコ2三振。打率は.311まで下がりました。

9回、秋吉投手続投
鈴木、バティスタ選手に連打され無死1、2塁

ここで、ヤクルトは中澤投手に交代
田中選手の送りバントを、中澤投手は好フィールディングで3塁へ送球して1死1、2塁
小窪選手は空振り三振、曾澤捕手は四球で2死満塁となりますが、
代打の新井選手をライトフライに打ち取り無失点に抑えます。

9回裏、広島は中崎投手が登板
西浦、大引選手が倒れ、
最後は中村捕手がショートゴロに倒れゲームセット

ヤクルトは広島に3-7で敗れ、神宮で、このカード3連敗を喫し、
借金1となりました。


まあ、今日は先発の石川投手の不出来がすべてでしょう。
スピードがない上に、真ん中付近に甘い球ばかりを投げ、
カープ強力打線に打たれるべくして打たれました。
結果的には、もっと早く交代でよかったでしょうね。

あとを継いだ大下佑馬投手が、連投の上にロングリリーフで好投しました。
3回途中から6回まで投げ、カープ打線をノーヒット0点に抑えました。
ナイスリリーフ、先発でもよかったくらいですね。
e0222575_10245680.jpg


秋吉、中澤投手もピンチはありましたが無失点。

打線は、7点援護をもらった戸田投手の突如の乱調から、
3回裏に3点取るのがやっと。

戸田投手降板後、3回途中から投げたアドゥワー一岡ーフランスワー中崎投手に
無失点リレーに抑えられました。

打線は5安打で3得点
バレンティン選手が2点タイムリーヒット
雄平選手がタイムリーヒットの計3点でした。

カープ打線は、この3連戦で、
クリーンナップの丸、鈴木、バティスタ選手がすべてホームランを打っています。
ヤクルトは主軸に一発なし。2番の青木選手に3ランが出た1本のみでした。
一発の力に大きな差を感じた3連戦でしたね。

特に、山田哲人選手の冷え方が心配ですね。
広島3連戦は得意の神宮でホームランなし、
ヒットも3試合でシングルヒット2本のみ。
チャンスに打てず、12打数2安打打点0の惨状
打率は.311まで下がりました。

マジな話し、山田くんが3割を切りそうになったら、ベンチはどうするんでしょう?
今の状態じゃ、4打数1安打もきつそう。

ただ、CS争いの中、トリプルスリーのために、
今後、休ませるっていうのは、不本意なことですし、
本人は、意地でも出るって言うでしょう。

山田くんを見に来るお客さんがいるから、試合に出るという気持ちは尊重したいですが、
三振や凡退ばかりする山田くんなら、正直、私は見たくありませんけどね。
去年1年が、そういう1年間だったので、私は神宮から足が遠のきました。
そいいう時こそ、神宮で応援するのが本当のファンかもしれませんが、
私は、苦しんでいる山田くんを見るのがつらすぎたんです。

もし、3割が危なくなった場合、
少し休養日を設けるか、試合途中で下げるとかあってもよさそうですけどね。
今日なんかは、そういう試合だったかもしれません。

2016年も死球後、9月の打率は市外局番と超低打率となり、
2度目のトリプルスリーに向け、3割キープが出来るかどか随分心配しましたが、
今シーズンも再び同じ心配をしなきゃいけなくなりそうです。
火曜日には、とりあえず1本でも打って、少し安心させてほしいですね。

ヤクルトは甲子園で阪神に3連勝したかと思ったら、神宮で広島に3連敗
やはり、広島の強さは抜きんでていますね。
強さを改めて思い知らされた3連戦でした。

by misty2011 | 2018-09-02 21:17 | 東京ヤクルトスワローズ

昨日は青木宣親ー山田哲人選手の青山コンビがフル回転
逆転され同点に追いつき、さらには逆転して8-7のルーズベルトゲームで勝利しました。
8回の逆転劇のきっかけとなった代打・上田剛史選手の2死からのヒットも大きかったですね。

今朝のサンスポには 「山の日」はヤクルト・山田哲の日!単独キング28号&4安打、8月11日に2年連発 
の見出しがついていて、あれ?うちと同じだわと一瞬焦りました。

サンスポのWEB配信の日付は、2018.8.12 05:05となっていて、
私が記事を書いたのは、昨日の記事の一番下の欄を見ていただけるとわかりますが、
2018-08-11 19:40:00 です。

私は毎試合後、WEB記事やスポーツニュースなどを見る前に、
早めに記事はアップしています。
なので、私の方が先に記事タイトルをつけたってことで、
決して、サンスポをパクったわけではありません。
あとから見た方の疑惑を晴らすために、一応、説明しておきます。
あちらがパクった!??そんなわけないか(笑)

ナゴヤドーム3戦目の先発は、中日が藤嶋健人投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンマスクは今日も井野卓捕手

選手公示では、中澤投手と星投手が抹消され、梅野雄吾投手と大下佑馬投手が昇格

試合経過は ニッカンスコア

初回、坂口選手がセンター前ヒット
青木選手は空振り三振
山田哲人選手はショートゴロ併殺打で3アウト。今季2度目の併殺打となりました。

1回裏、石川投手は危なげなく三者凡退に抑えます。

2回、バレンティン、雄平選手が連続四球で出塁
川端選手はセカンドゴロで1死1、3塁
西浦選手はショートゴロ併殺打で3アウト。先制ならず。
ヤクルトは早くも2併殺

2回裏、石川投手は、この回もきっちり3人で片付けます。

3回2死後、坂口選手が2打席連続となるセンター前ヒットも、
青木選手はショートフライに倒れます。

3回裏、石川投手はこの回も三者凡退に抑えます。
ここまでパーフェクト。先制点がほしいですね。

4回、先頭の山田選手は初球を打ち上げショートフライ
バレンティン選手は捕邪飛
雄平選手はセカンドゴロで三者凡退
藤嶋投手のカーブに翻弄されています。

4回裏、石川投手はこの回も三者凡退に打ち取ります。
パーフェクトピッチングが続きます。

5回、先頭の川端選手がライト前ヒット
西浦選手はヒットエンドランが決まりライト前ヒットで無死1、3塁
井野捕手はセカンドゴロでホームタッチアウトとなり1死1、2塁
川端選手の足が遅すぎ・・・。
石川投手は送りバントを決め2死2、3塁
ここで、今日2安打の坂口選手でしたが、フルカウントから空振り三振に倒れます。
うわぁぁぁ~これはマズい!
ヤクルトは、無死1、3塁から1点もとれませんでした。

5回裏、石川投手はこの回も3人で片付けます。パーフェクト続行中!

6回、青木選手は捉えた打球ながらライトフライ
山田選手はピッチャーライナー
抜けるかと思いましたが、藤嶋投手のグラブに入りました。
バレンティン選手はセンターオーバーの2塁打も、
雄平選手はサードゴロで3アウト。
カツオくんがこれだけ好投しているのに、流れがヤクルトに来ません。

6回裏、石川投手は福田選手にレフトへ大飛球を打たれますが、
あとひと伸びなく、バレンティン選手が捕って1死
後続を二者連続三振に仕留め、パーフェクト継続

7回、先頭の川端選手がセンター前ヒット
西浦選手はサードゴロで1死1塁
井野捕手は空振り三振、走った西浦選手は2塁タッチアウトの三振ゲッツーで3アウト
エンドランをよく仕掛けますが、坂口ー青木選手以外はほとんど失敗しています。
打者走者関係なくワンパターンのベンチの采配もどうかと思います。
おそらく宮本ヘッドがサインを出していると思いますが・・・。

7回裏、石川投手はこの回も3人で片づけ、パーフェクト継続中
いやいや、ドキドキというか怖くなりました。
とにかく点を取ってあげないと!

8回、中日は藤嶋投手から佐藤優投手に交代
ヤクルトは三者凡退

8回裏、石川投手は先頭のビシエド選手にセンターへの2塁打を打たれ、
ついにパーフェクトが途絶えます。

アルモンテ選手はセンターへの大飛球で、
青木選手がジャンプして捕ったように見えましたが、
リプレー検証となり、フェンスに当たってから捕球したとの判定となり無死1、3塁

ダイレクトキャッチのように見えましたが、判定に対して青木選手が黙っていたので、
直接捕球ではなかったのかもと思ったり??
もしアウトなら、セーフの判定で3塁へ走ったビシエド選手をどうするのというのもあり、
ややこしくなるので、審判団がセーフってことにしたのかも??
いろいろ疑心暗鬼になるプレーでした。

石川投手は、ここで無念の降板となり、2番手で近藤一樹投手が登板
平田選手にレフトへ犠牲フライを運ばれ、中日に先制されます。0-1
このあと、後続を打ち取り1点どまり

9回、中日は鈴木博志投手が登板
先頭の山田選手がショート内野安打で出塁
つづくバレンティン選手がレフトスタンドへ28号2ランを叩き込み2-1と逆転!
初球のストレートを狙い撃ち、ナイスホームラン!
以前から、バレンティン選手は鈴木博志投手をカモにしていますね。
これで鈴木博志投手から3発目。いい所で回ってきました。

雄平選手は四球で歩き、川端選手はサードエラーで出塁し無死1、2塁
西浦選手は送りバントを決め1死2、3塁
代打の畠山選手は四球で歩き1死満塁
代打の上田剛史選手はファーストゴロで本塁フォースアウトとなり2死満塁
坂口選手は押し出しの四球を選び3-1と2点差に

ここで中日は岡田投手に交代
青木選手はファーストゴロで3アウト

2点リードで9回裏は石山泰稚投手が登板
2死後、京田選手にレフト前ヒット、
大島選手にもセンター前ヒットを打たれ2死1、3塁
ビシエド選手を三振に仕留めゲームセット

ヤクルトが3-1で中日に逆転勝ちして、このカードの勝ち越しを決めました。

勝ち投手は8回にリリーフした近藤一樹投手で、今季3勝目をあげました。
おめでとうございます。

7回までパーフェクトピッチングの石川雅規投手は、
援護なく勝ち星はつきませんでしたが、今季一番のナイスピッチングでした。
今日こそ勝たせてあげたかったですね。
藤嶋投手を打ちあぐねた野手陣は猛省して、
次回の石川投手先発時には、はたくさん援護点を取ってあげてください。
e0222575_23451623.jpg


打つ方は、藤嶋投手のカーブに手こずり、
ヒットや四球でランナーは出しながらも拙攻が続き、
7回まで0点に抑えられました。イライラする展開でしたね。

9回、鈴木博志投手に相性抜群のバレ弾で逆転!
カツオくんの負けが消され、コンちゃんに勝ち星が転がり込みました。
これだけ好投してもカツオくんに勝ち星はつきませんでしたが、
まあ、近藤投手が勝ち投手になったので、ヨシとしましょう。

何はともあれ、苦手ナゴヤドームで勝ち越せてよかったです。

次は神宮に戻って巨人、阪神との6連戦
どちらも勝ち越して、早く借金を完済したいですね。

by misty2011 | 2018-08-12 17:45 | 東京ヤクルトスワローズ

昨夜は5時間11分の死闘の末、延長11回、
阪神タイガースにサヨナラ負けを喫した東京ヤクルトスワロ―ズ
サヨナラ負けの直接的な敗因が、
代走からこの回レフトの守備に入った三輪選手の後逸という
あり得ないような守備ミスと采配だったこともあり、
ただの1敗以上に、重い負けとなりました。

試合後、青木宣親選手が緊急ミーティングを行い、
「切り替えてやっていくしかない」とナインに話したそうです。
ファンでもなかなか切り替えるのが難しいサヨナラ負けで、
選手にとっては、さらにダメージが大きい負けとなりましたが、
引きずることなく今日の試合に挑んでほしいと願うのみです。

先発は阪神が小野泰己投手、ヤクルトは石川雅規投手
ヤクルトの今日のスタメンマスクは井野卓捕手
阪神のスタメンマスクは梅野捕手で、
原口捕手じゃなかったことに、ひとまず安堵。

試合経過は ニッカンスコア

初回、坂口選手がセカンド内野安打、青木選手は四球で出塁
山田哲人選手は見逃し三振で1死後、
暴投で坂口選手が3塁へ進み1死1、3塁
バレンティン選手のセカンドゴロの間に3塁から坂口選手が先制のホームを踏みます。1-0

バレンティン選手の打球は、センターへ抜けようかという打球でしたが、
糸原選手に好捕されました。
雄平選手は四球で2死1、2塁となりますが、川端選手はサードゴロで3アウト

1回裏、石川投手は三者凡退に抑えます。

2回、ヤクルトは2死後、石川、坂口、青木選手が四球で2死満塁も
山田選手はまたも見逃し三振 
初回、2回と打点を稼ぐ絶好のチャンスでしたが、全くバットが出ませんでした。
2打席目の最後の外はボール臭かったですけどね。
記録を意識しすぎて、チャンスに打てない悪い時の山田くんに戻ってなければいいのですが。
小野投手は制球が乱れていますが、
なぜか山田くんの打席だけはきっちりコントロールされています。

2回裏、石川投手はこの回も3人で片付けます。

3回1死後、雄平、川端選手の連打で1死1、2塁
西浦選手は四球で1死満塁のチャンス
井野捕手はセカンドライナーで2死となり、
石川投手はサードゴロで得点ならず。
ヤクルトは早くも残塁8、残塁まつりとなっています。
流れは決してよくないですね。

3回裏1死後、カツオくんキラーの梅野捕手にセンターフェンス直撃の2塁打を打たれます。
小野投手は三振で2死塁となり、
糸原選手を見逃し三振に斬って取り3アウト。ナイスピッチング!
これで石川投手は1500奪三振達成となりました。おめでとうございます。

4回1死後、青木選手がファースト内野安打で出塁
山田選手は左肩付近に死球をぶつけられ1死1、2塁
ついに来ましたか…デッドボール。阪神のやることはホントえげつない。
今回は、バース選手の記録死守のため、
あの2年前同様に、ベンチから指示が出てるんでしょうね!?
ここまでくると、たまたまぶつけたとは思えません。
体へのダメージ自体は少ない死球でしたが、
顔付近だったので、このあとの打席が心配です。

バレンティン選手はレフトフライ、雄平選手はショートゴロで得点ならず。
これで10残塁

4回裏2死後、糸井選手にヒットを打たれますが、陽川選手をサードゴロに打ち取り3アウト。
今日はサードへの打球が多く、川端選手が好守で石川投手を守り立てています。

5回、先頭の川端選手がライトへのヒットで出塁
1死後、井野捕手がライトへ2塁打を放ち1死2、3塁
石川投手は浅いレフトフライで2死となり、
坂口選手はショートゴロで、今回も得点ならず。これで12残塁

5回裏、石川投手はロサリオ選手にセンターフェンス直撃の2塁打を打たれると、
つづく中谷選手に右中間へのタイムリー3塁打を浴び1-1の同点に
梅野捕手には四球を与え無死1、3塁
代打・鳥谷選手のセカンドゴロで3塁ランナーが生還して1-2
2死後、北條選手に四球を与え2死1、2塁
福留選手をファーストゴロに打ち取り3アウト

6回、阪神は岩崎投手が登板
先頭の青木選手が四球で出ます。
ここで、阪神は桑原投手に継投 
山田選手はスライダー攻めにあい空振り三振、
走った青木選手は2塁タッチアウトで三振ゲッツー
今日ここまで3三振
ランナー青木、バッター山田選手で何度三振ゲッツーをやれば気が済むの。
空振りが多い山田くんの打席では、前のランナー走らせてはダメだっていうのに!
いい加減、ベンチも学習してよ。
山田くんも、バットに当てるくらいはしないと。
それにしても、この打席は前の死球の影響か、山田くんは明らかに腰が引けていました。
また、ここから打撃が狂いそうで心配になります。
バレンティン選手も空振り三振で3アウト

6回裏1死後、石川投手は陽川選手のセンターへヒットを打たれ、
青木選手がファンブルして2塁へ進まれます。

ここで、ヤクルトは風張投手に交代 
ロサリオ選手は三振で2死2塁となり、
中谷選手は四球で2死1、2塁となりますが、梅野捕手をセンターフライに打ち取り3アウト

7回、阪神は能見投手が登板
糸原選手の好守もあってヤクルトは三者凡退

7回裏、ヤクルトは一旦風張投手がマウンドに向かいますが、
代打のナバーロ選手が登場で、中澤投手に継投
そのナバーロ選手にライト前ヒットを打たれ
糸原選手は送りバントで1死2塁
北條選手はレフト前ヒット、福留選手は四球で1死満塁のピンチ
つづく糸井選手の肘付近に押し出しの死球をぶつけ1-3
代走は大山選手

ヤクルトは星知弥投手に交代
陽川選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト

8回、阪神は藤川球児投手が登板
ヤクルトは代打攻勢で、まずは畠山選手を送りますがセカンドゴロ
塩見選手は四球を選び1死1塁
坂口選手はレフトフライで2死となり、
青木選手はセカンドフライで3アウト

8回裏、ヤクルトはウルキデス投手が登板
先頭のロサリオ選手にヒットを打たれますが、
中谷選手をショートゴロ併殺打に仕留め2死ランナーなし
梅野捕手はレフトフライで3アウト

9回、阪神はドリス投手が登板
先頭の山田選手、打点記録は止まってもいいので、1本でもヒットが欲しいところ。
しかしショートゴロで1死
バレンティン選手はライトフライ
2死後、雄平選手は四球で歩きますが、
川端選手はセンターフライに倒れゲームセット

ヤクルトは1-3のロースコアで阪神に連敗しました。

先発の石川雅規投手は、6回途中まで投げ6安打7三振で2失点と、
最近の中ではよく投げてくれました。
3回には1500奪三振も達成しました。おめでとうございます。
ピッチング内容としては、小野投手より好投しましたが、
いかんせん打線が残塁まつりで援護が出来ませんでした。

e0222575_23463125.jpg


中継ぎ投手は、3番手で投げた中澤投手が押し出しの死球で1失点
阪神との試合は、ぶつけぶつけられのこういう試合になるのは何とも後味が悪いですね。

打線は6安打で初回の1得点のみ
阪神投手陣から計10四死球をもらいながらも14残塁の拙攻でした。
特に小野投手からは5回で6四球と1死球をもらいながらも、あと1本が出ませんでした。
小野投手を攻めきれなかったのが最大の敗因でしょうね。

特に、山田哲人選手が4打数ノーヒット3三振とブレーキとなりました。
初回のチャンス、2回の満塁のチャンスにいずれも見逃し三振
どちらかで山田選手が打っていれば、試合展開は逆になっていたでしょうね。
残念です。

死球を受けた後の打席では桑原投手の投げミスの甘いスライダーもありましたが、
腰を引く場面もあり、この打席は三振ゲッツーの最悪の結果に。

今日は阪神バッテリーに完全に抑え込まれ、
バース選手の13試合連続打点の記録には届くどころかノーヒットでした。

死球が、今後の打撃に影響が出ないことをただただ祈るのみです。
いつも好調の時ほど、阪神戦の死球から急下降となりますからね。
相手はそれが狙いなんでしょう。
今回は、しっかり切り替えが出来ますように!負けるな山田くん!
しかし、憂鬱な月曜日となりますね・・・。

by misty2011 | 2018-08-05 22:17 | 東京ヤクルトスワローズ

交流戦首位の東京ヤクルトスワロ―ズは、今日からビジターで埼玉西武ライオンズとの3連戦

初戦は県営大宮公園野球場で行われました。
試合前には強い通り雨があって開催が危ぶまれましたが、雨もあがり予定通りプレーボール
先発は、西武がカスティーヨ投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンには坂口選手が復帰して6番レフト、川端選手は3番ファーストで、
藤井選手が9番サードに入りました。4番DHはバレンティン選手

試合経過は ニッカンスコア

初回1死後、青木選手が四球で歩きますが、後続が倒れます。
1回裏、石川投手は1死後、源田選手にヒットを打たれますが、後続を抑えます。
浅村選手のセカンドゴロで、
2塁上で、源田選手と山田選手が接触するプレーがあって、
山田くんが倒れ冷っとしましたが、無事でよかったです。
このプレーで、源田選手が守備妨害をとられました。

2回、ヤクルトはあっさり三者凡退

2回裏、石川投手は三者凡退に抑えます。
ショート西浦選手に今日もいい守備がありました。

3回1死後、藤井選手が痛くない死球で出塁
山田選手はストレートの四球で歩き無死1、2塁
青木選手は空振り三振で1死となり、川端選手は右太ももに痛そうな死球で2死満塁
ここで、バレンティン選手がセンター前タイムリーヒットを放ち、
二者生還してヤクルトが2点先制!2-0 ナイスCOCO !
雄平選手は三振で3アウト。
しかし、この回、ヒット1本で2点奪いました。

3回裏2死後、石川投手は秋山選手に四球を与えますが、
源田選手をショートゴロに打ち取ります。

4回、先頭の坂口選手が四球で歩きます。
西浦選手は送りバントで1死2塁
中村悠平捕手は頭部死球をぶつけられ、
カスティーヨ投手は危険球一発退場となり、警告試合となります。
中村捕手は担架で運ばれ負傷交代となり、代走は井野捕手
意識はありましたが、モロに当たりましたからね。心配です。

西武は小石投手が2番手で急きょ登板
藤井選手はファーストゴロで
2死1、3塁となり、山田選手は3塁線を破るタイムリー2塁打を放ち3-0とします。
よしよし、カツオくんの投げる試合でミスが多かった山田くんにタイムリーが出ました。
よかった~!
2塁ランナーの藤井選手はホームタッチアウトで3アウト

4回裏、石川投手はクリーナップを三者凡退にきっちり抑えます。ナイス、カツオくん!

5回2死後、バレンティン選手が四球で出ますが、雄平選手は三邪飛で3アウト

5回裏、石川投手はこの回も三者凡退

6回、西武は松本直晃投手が登板
先頭の坂口選手がレフト線への2塁打で出塁
西浦選手の送りバントで1死3塁
井野捕手はサードゴロで、坂口選手が三本間で挟殺され2死1塁
藤井選手ファーストライナーで3アウト

6回裏、石川投手は先頭の金子選手にレフトへの2塁打を打たれます。
秋山選手はセカンドゴロで1死3塁
源田選手はセンターライナーで、青木選手がダイビングキャッチして2アウト。
倒れた際に胸を打ったようですが、そのままプレー続行
その間に、3塁ランナーはタッチアップしてホームイン 3-1

7回、西武はヒース投手が登板
2死後、川端選手が四球で歩きますが、バレンティン選手はショートゴロで3アウト

7回裏、石川投手は先頭の山川選手にライト前ヒットを打たれたところで
2番手・近藤一樹投手に継投
外崎選手に四球を与え無死1、2塁のピンチを招きます。
メヒア選手はセンターフライで1死となり、
森捕手をセカンドゴロ併殺打に仕留め無失点で切り抜けます。リリーフ成功!

8回、西武は大石投手が登板
ヤクルトは三者凡退

8回裏、ヤクルトは中尾輝投手が登板
1死後、金子選手にセンター前ヒットを打たれ、
秋山翔吾選手はセンターフライに打ち取り2死1塁
源田選手もセンターフライで無失点に抑えます。

9回、西武は南川投手が登板
ヤクルトは三者凡退。山田くんは外の球に相変わらず見逃し三振。
そこはストライクだって!
自分でジャッジしないで、際どい所は振らんかい!
何度同じことを繰り返すの、ちょっと怒っています。

9回裏、2点リードでヤクルトは石山泰稚投手
浅村、山川、外崎選手を3人で締めゲームセット

ヤクルトが3-1のロースコアで西武ライオンズに先勝しました。
いやいや、締まったナイスゲームでしたね。

先発した石川雅規投手は、6回0/3を投げ、3安打1失点と山賊打線を抑え込み、
今季4勝目、通算160勝を達成しました。おめでとうございます。
予想を上回る好投でしたね。正直、打たれる心配をしていました。すみません。
石川投手は、山賊たちに恐れることなく立ち向かいました。
今日はまさに小さな大投手でした!
スピードはなくとも、低めに丁寧に投げる投球術で、
西武打線のタイミングを外し、強打者たちにバッティングをさせませんでした。

写真は5月6日神宮 石川雅規投手
e0222575_20573372.jpg


2番手以降のリリーフ陣の方が、むしろ西武打線には合いそうで怖かったですが、
近藤ー中尾―石山投手がきっちり0点に抑える好救援!
頼もしいですね。

また、西浦選手のショートの守備や、青木選手の守備もよかったですね。

打線は少ないチャンスをモノにしました。
3回は四死球で満塁から、バレンティン選手が2点タイムリーヒット
4回も四死球から山田哲人選手がレフト線へのタイムリー2塁打で3点目

中村捕手が頭部死球というアクシデントの中、負けられない試合をきっちり取りました。
それにしてもムーチョの状態が心配ですね。
しばらくは欠場になるでしょうか?
急きょマスクをかぶった井野卓捕手がナイスリードで投手陣を引っ張りました。
カツオくんが作ったいい流れを、明日もそのままに連勝しましょう。

by misty2011 | 2018-06-12 21:15 | 東京ヤクルトスワローズ

東京ヤクルトスワロ―ズは今日から阪神タイガースとの3連戦
初戦は倉敷マスカットスタジアムで行われました。

当地に、私は2回行ったことがあります。
1回目は、岡山県とのテニスの対抗戦で、当時住んでいた四国から試合に出かけました。
23年も前の事で、マスカットスタジアムが完成したばかりの年です。
同じ敷地内にあるオムニコート(砂入り人工芝)で試合をやりました。
岡山県は元々軟式テニスが強い県で、途中から硬式テニスに転向した選手も多く、
当時は、おばさんテニスも強い県でした。
e0222575_9411050.jpg


鹿児島の鴨池もそうですが、テニスの試合に出かけると、
多くの場合、隣接して野球場もあって、
埼玉に住んでいたころには県営大宮テニスコートに数回試合に出かけましたが、
同じ敷地内にある大宮県営野球場には行ったことがありません。

2回目は、前サイトをやっていた2008年の3月に、
阪神―広島のオープン戦でマスカットスタジアムに出かけました。
当時の写真 ファールゾーンがとても広い球場です。
e0222575_9412710.jpg


前置きが長くなりました。
ここまでは、試合前にのん気に書いていたんですが、
山田くんファンにとって、こんなつらい試合になるとは思ってもみませんでした。

本日付で、下で打撃好調だった谷内亮太選手が、ようやく1軍に昇格しました。
先発は、阪神がメッセンジャー投手、ヤクルトは石川雅規投手

スタメンは6番にファースト谷内選手が入り、サード大引選手が7番
5番坂口選手はライトに回り、雄平選手が外れました。
谷内選手のファーストって初めて見るような気がしますが大丈夫でしょうか?

試合経過は ニッカンスコア

いつものように、初回から試合経過を書いていたんですが、長くなったので省略して、
悪夢の3回裏から

0-0で迎えた3回裏、
石川投手は、先頭のメッセンジャー投手にファースト後方へのヒットを打たれます。
1死後、糸原選手のセカンドゴロを山田選手が2塁へ悪送球して1死1、3塁
走者メッセンジャー投手の体に当たりました。
さらに、福留選手のセカンドゴロをまたまたセカンドに悪送球して、
レフトファールゾーンに転がる間に、ランナーが二者生還して0-2
あまりにも痛すぎるミスが続きました。
山田選手、帽子をとってあやまっていましたが、カツオくん、キレていそう・・・。

なおも1死2塁で、ロサリオ選手に2ランホームランを浴び0-4
糸井選手にも一発を浴び0-5
うわぁぁぁ、エラーがなければ3アウトチェンジだったのに。
山田くん、取り返しのつかないミスとなりました。
メンタルが強くないので、これで打撃までおかしくならなきゃいいのですが。

4回、先頭の坂口選手が四球、谷内選手がライト前ヒット、大引選手もヒットで無死満塁
ここで、中村捕手がセンター前にタイムリーヒットを放ち二者生還して2-5
なおも無死1、2塁で、石川投手は送りバントで1死2、3塁
ここで、汚名返上できるか山田くん!
ホームランしか許されないほど厳しい立場となりました。
山田選手はセカンドゴロで、3塁ランナーがホームインして3-5
2死3塁となり、西浦選手も右邪飛に倒れ3点どまり

4回裏、石川投手は梅野捕手にヒットを打たれ、
1死後、植田選手のセーフティ―バントが内野安打となり1死1、2塁
糸原選手は四球で1死満塁。
福留選手は犠牲フライで3-6
ロサリオ選手は四球で2死満塁となり、ここで松岡健一投手に継投
糸井選手をレフトフライに打ち取り3アウト

5回2死後、坂口選手がヒットも谷内選手がライトフライで3アウト

5回裏1死後、中村捕手がサード内野安打で出塁。
代打・上田選手はショートゴロで2死1塁
山田選手はセンター前ヒットで2死1、3塁となり、このあと2盗して2死2、3塁
西浦選手は空振り三振で3アウト

6回、ヤクルトは風張投手が登板
連続試合のためだけに鳥谷選手が代打で登場し、センター前ヒットを打たれますが、
後続を打ち取ります。
風張投手、いいですね。

7回、阪神は岩崎投手が登板
ヤクルトは3番からも三者凡退

7回裏、ヤクルトは秋吉投手が登板
糸井選手に2塁打、大山選手にタイムリー3塁打を浴び3-7
梅野捕手のセーフティスクイズがサード内野安打となり3-8
最近の秋吉投手は、当たり前のように失点しますね・・・。

8回、阪神は桑原投手が登板 ヤクルトは三者凡退

8回裏、ヤクルトは中澤投手が登板
福留選手にヒットを打たれますが、無失点に抑えます。

9回、阪神はドリス投手が登板
代打の田代選手がセンター前ヒット
山田選手はサードゴロで1死1塁
代打・荒木選手は三振で、青木選手はレフトへのヒットで2死1、2塁
バレンティン選手はライトフライでゲームセット

ヤクルトは3-8で阪神に敗れました。

石川投手は4回途中まで投げ、自責点は1ながら6失点で今季初黒星がつきました。
打線は9安打で3得点、残塁は10と相変わらずのタイムリー不足でした。

試合前、今日こそ打順を変えてくるかと期待しましたが、
谷内選手を6番に入れたくらいで、1番から5番は同じままで、がっかりしました。


今日は、山田哲人選手の連続エラーで試合が決まった試合となりました。
言い訳できないエラーで、しかも2失策目はタイムリーエラーとなり、
石川投手にしてみれば、それはないでしょというミス続き。
ただでさえカッカとなりやすいカツオくんが、冷静でいられるはずはありませんでした。
悪いことは重なるもので、そのあと2被弾浴びて、
あれだけ貧打で眠っていたトラ打線を起こしてしまいました。

山田選手は謝っていましたが、バットで取り返すこともできませんでした。
山田くんに代わって、私が土下座してあやまりたいくらいです。
許してくださいとは言いません。ひたすら申し訳ありませんでした。
今日は出来ませんでしたが、この借りは、必ずかえしてくれることを願っています。
しかし、今日は山田くん、眠れないでしょうね。
明日は切り替えていきましょう。

by misty2011 | 2018-05-22 21:58 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30