タグ:青木宣親 ( 36 ) タグの人気記事

交流戦2カード勝ち越して5連勝と勢いがついた東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から神宮に福岡ソフトバンクホークスを迎えての3連戦
もっか交流戦負けなし1位と2位ヤクルトとの対決です。

先発は、ヤクルトが石川雅規投手、ソフトバンクは攝津正投手

試合経過は ニッカンスコア

初回、石川投手は1死後、中村晃選手に四球を与えますが、
松田選手をピッチャーライナーダブルプレーに打ち取り3アウト。

1回裏、先頭の山田選手がレフトへのヒットで出ると、
青木選手が左中間へのタイムリー2塁打を放ち、山田選手が1塁から一気にホームインして
ヤクルトが1点先制!1-0
坂口選手は死球で歩き無死1、2塁も、後続3人が倒れ1点どまり

2回、石川投手は1死後、デスパイネ選手にヒットを打たれ、
2死後、今宮選手にレフトスタンドに2ランホームランを運ばれ
1-2と逆転されます。

2回裏、先頭の大引選手がレフト前ヒットで出塁
1死後、石川投手の送りバントを市川捕手が2塁へ悪送球して1死1、3塁とチャンス拡大
山田選手はホームラン性の打球が切れてファールとなり、そのあと打ち直して、
14号3ランホームランをレフトスタンドに放り込み4-2と逆転!
以前、カツオくんの試合では、守備ミスをやらかしていたので、
これで少しは取り返せました。
チャンスに打った3ラン、嬉しいです!
好機に打てないとさんざん叩かれていましたが、ついに打ちましたぁ~♪♪

3回、石川投手は先頭の川島慶三選手にセンター前ヒットを打たれ、
1死後、松田選手に四球を与えて1死1、2塁のピンチ
柳田選手はセンターフライで、慶三君がタッチアップして2死1、3塁
つづくデスパイネ選手を空振り三振に仕留め、無失点で切りぬけます。
ナイスピッチング!
カツオくんの低めの球を面白いように空振りしてくれます。

3回裏、先頭のバレンティン選手が14号ソロ弾をレフトスタンドに叩き込み
5-2と3点差に!
当たっていなくても、あんなにゆるくて高い球なら打ちますって。ナイス追加点!
2死後、大引選手がレフトへのヒットで出ますが、中村捕手は三振で3アウト

4回、ヤクルトはファーストに畠山選手が入ります。
坂口選手、左手にデッドボールを受けましたが、おそらくそれでしょうね。心配です。
2死後。市川捕手にライトスタンドへソロ弾を運ばれ5-3と2点差に
ここまでホームランが既に4発!

4回裏、ソフトバンクは岡本投手に交代
先頭の石川投手がセンター前ヒットで出塁
山田選手はストレートの四球で無死1、2塁
ここで青木選手が何とセンターバックスクリーンに3号3ランホームランを放り込み
8-3と突き放します。これはデカい!5点差になりました。

この後、畠山、バレンティン選手が連続ヒットで無死1、2塁
雄平選手がセンターへタイムリーヒットを放ち9-3
なおも無死2、3塁で、西浦選手もレフトへタイムリー2塁打を放ち
11-3とついに2ケタ得点
なおも無死2塁で、大引選手はファーストゴロで1死3塁から、
岡本投手の暴投で12-3
中村、石川選手は倒れ3アウト
この回、ヤクルトは打者10人で一挙7点奪いました!

5回、石川投手は1番からの打順をきっちり3人で片付けます。

5回裏、ソフトバンクは寺原投手が登板
1死後、青木選手はレフトのデスパイネ選手の拙い守備で出塁。記録は2塁打
畠山選手は四球で歩き、バレンティン選手はサードゴロで2死1、3塁
雄平選手が倒れ追加点ならず。

6回、続投の石川投手は柳田選手を、ここまで3打席とも完璧に抑えます。
デスパイネ選手にレフトへヒットを打たれますが、(代走は明石選手)
上林、今宮選手を打ち取り得点を許しません。

6回裏1死後、大引選手が左中間への2塁打で出塁
2死後、代打の奥村選手はレフトフライに倒れ3アウト

7回、ヤクルトは風張蓮投手が登板
きっちり三人で片付けます、

7回裏、寺原投手が続投
先頭の山田選手はショートゴロ。猛打賞とはならず。
青木選手は右足首に死球を受け、代走は上田選手
2死後、バレンティン選手がヒットで、代走は田代選手
雄平選手はサードゴロで3アウト

8回、ヤクルトは村中恭兵投手が登板
セカンドに谷内、レフト田代、センター上田選手が入りました。
山田くんは下がりましたが、点差があるので、これでいいと思います。
去年までだとなかったことです。

先頭の中村晃選手にレフトへの2塁打を打たれます。
田代選手が突っ込みましたが捕れず、後逸しました。
松田選手は空振り三振で1死となり、
柳田選手は見逃し三振に斬って取り、明石選手は四球で2死1、2塁
このあと上林選手にライトスタンドへ3ランホームランを運ばれ
12-6となります。
両チーム計6本のホームランとなりました。
カツオくんが抑えていただけに、上林選手はそのまま眠らせておきたかったですね。

8回裏、寺原投手が4イニング目も続投
先頭の西浦選手が四球で出塁も後続が倒れます。
結局、寺原投手には無失点に抑えられました。

9回、ヤクルトは松岡健一投手が登板
きっちり3人締めでゲームセット

ヤクルトが12-6でソフトバンクに圧勝して初戦をとりました。
これでヤクルトは3年ぶりとなる怒涛の6連勝で、
交流戦の首位ソフトバンクに並びました。
また、今日は中日が負けたため、リーグ5位に浮上しました。
この勢いが明日も明後日も続きますように!

先発の石川雅規投手は、6回を投げ6安打で3失点にまとめ今季3勝目
神宮では昨年の5月以来、やく1年ぶりとなる勝利をあげました。
おめでとうございます。
打線の援護がありましたが、
特に怖い柳田選手や好調の上林選手を完璧に抑えた投球は見事でした。
パ・リーグも、こういう攻め方を参考にしてほしいですね。

打線は強打のソフトバンクが霞むほどの猛打爆発でしたね。
初回に、山田ー青木選手で先制すると、
2回には1点ビハインドから山田哲人選手が逆転の3ランを放ちます。
山田くんは、今日2安打3打点3得点!

その後は、バレンティン選手がソロ弾含む3安打猛打賞
青木選手が3ラン含む3安打猛打賞で4打点
好調の大引選手も3安打猛打賞など、15安打12得点と打ちまくりました。

お立ち台は山田くんも上がるかと思いましたが、青木宣親選手一人でした。
死球の影響はあまりないようでよかったです。坂口選手も無事なようですね。

写真は浦添キャンプより青木宣親選手
e0222575_2224275.jpg


打線は、先発の摂津投手からは5点、2番手の岡本選手からは7点奪いましたが、
寺原投手からは1点も取れませんでした。
明日は石川柊太投手なので、今日のようなわけには行かないと思いますが、
温まった打線で何とか突破してほしいと思います。

明日はお天気が微妙ですが、出来れば、勢いがあるまま試合をやりたいですね。
雨男のハフ投手に期待します。

by misty2011 | 2018-06-05 22:10 | 東京ヤクルトスワローズ

交流戦が開幕して、最初のカード・千葉ロッテマリーンズに、
2勝1敗と勝ち越した東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から楽天生命パーク宮城で東北楽天ゴールデンイーグルスとの3連戦

先発は、楽天が辛島航投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンは。4番DHにバレンティン選手、5番は畠山選手で、
9番にレフト荒木選手が入りました。

選手公示では、山中投手が抹消され、奥村展征選手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、2死後、坂口選手がセンター前ヒットもバレンティン選手はサードゴロで3アウト
山田選手は初球を打ってサードゴロ。
ヒットが出ないどころか、ドンドン悪くなってきました。

1回裏、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

2回1死後、西浦選手が死球で出塁。
大引選手は四球で歩き1死1、2塁
中村捕手は見逃し三振で2死となり、
ここで、DH荒木選手が三遊間を抜けるタイムリーヒットを放ち、
ヤクルトが1点先制!1-0 ナイスバッティング!

なおも2死1、2塁から、辛島投手の暴投で2死2、3塁となり、
山田選手は空振り三振で1点どまり。またチャンスに三振ですか・・・
いくら何でもひどすぎ。ホントどうしちゃったの山田くん!?
これ、ケガでもしてる!??明らかにヘンです。まさかあの時に肩を・・・??
これで13打数ノーヒット。どこまで続くのか数えるのが怖い。
チームのためには、もうスタメンから外してほしいと思うくらいです。

2回裏、ブキャナン投手は先頭の今江選手にレフトへのヒットを打たれます。
1死後、ウィーラー選手にレフトへヒットを打たれ1死1、3塁
つづく内田選手にライト前にタイムリーヒットを打たれ1-1の同点に
なおも1死1、3塁で、岡島選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト。
何とか1点で済みました。

3回、先頭の青木選手がライト前ヒットで出ます。
坂口選手はショートゴロ併殺打で2死ランナーなし
バレンティン選手はレフト前ヒット。なんともチグハグ・・・。
畠山選手は三振で3アウト。畠山選手もよくないですね。

3回裏、ブキャナン投手は先頭の嶋捕手にセンター前ヒットを打たれ、
茂木選手は空振り三振、2塁へ走ったランナーもアウトで三振ゲッツー。
このあと銀次選手に四球を与えますが、田中選手を打ち取ります。
こちらもチグハグのお付き合い。

4回、ヤクルトは三者凡退

4回裏、ブキャナン投手は先頭の今江選手に四球を与え、ベゲーロ選手は三振で1死
ウィーラー選手に3塁線を破る2塁打を打たれ1死2、3塁
内田選手はサードゴロで3塁ランナーがホームアウトとなり、2死1、2塁
岡島選手はレフト前ヒットも、荒木選手が好返球でホームタッチアウト!
得点を阻みます。

5回、ヤクルトは三者凡退
荒木選手はサードゴロ
山田選手は見逃し三振。いつも同じように外の際どい球を見逃してばかり。
この打席、大きな打球はありましたがファールで切れました。
これで14打数ノーヒット。
もうチャンスでどうのこうのという問題ではありません。全く打てないんですから。
青木選手はセカンドゴロ

5回裏、楽天も三者凡退

6回、先頭の坂口選手がショート内野安打で出ます。
バレンティン選手は大きなレフトフライで1死となり、
このあと、坂口選手が2盗失敗で2死
畠山選手は右邪飛で、結局三者凡退。

6回裏、ブキャナン投手は先頭の田中選手に四球を与え、2盗を許します。
今江選手も四球で、つづくベゲーロ選手をセカンドゴロ併殺打に打ち取り2死3塁
ウィーラー選手は申告敬遠で、内田選手に死球を与え2死満塁
つづく岡島選手をピッチャーゴロに仕留め無失点で切り抜けます。
ブキャナン投手、よく踏ん張りました。
しかし、さすが最下位同士の戦い、両チームとも決め手に欠きますね・・・。

7回1死後、大引選手がレフトへのヒットで出ます。これで11試合連続ヒット!
中村捕手はライト前ヒットで1死1、3塁とチャンス拡大

楽天は、ここで池田投手に交代
荒木選手は初球スクイズがファールとなり、このあと見逃し三振で2死1、3塁
うわぁ~、またチャンスに山田くん。ヤバい
今度はフルカウントから四球を選んで2死満塁。
際どいボールでしたが、ふ~っ助かりました。
打てそうもないので後ろに丸投げするしかありません。

楽天はここで、左の高梨投手に交代し、
青木選手の叩きつけた打球がセンター前に抜けて、
二者生還して3-1と勝ち越します。
ショート手前でバウンドが高く弾んでラッキーなタイムリーとなりました。
欲しかった追加点がようやく入りました。

写真は浦添キャンプより青木宣親選手
e0222575_9303163.jpg


7回裏、リードをもらったブキャナン投手は、きっちり3人で片付けます。

8回、楽天は青山投手が登板
先頭のバレンティン選手が四球で歩き、代走は藤井選手
暴投で2塁へ進み、畠山選手も四球で無死1、2塁。代走は田代選手
西浦選手は送りバントで1死2、3塁
好調・大引選手は2ボールから申告敬遠となり1死満塁
中村捕手は押し出しの四球で4-1
荒木選手はライトへ犠牲フライを運び5-1
2死1、3塁で、山田選手はセンターフライで3アウト。
気楽な場面でも打てませんでした。これで15-0、4試合ノーヒット

8回裏、秋吉投手が登板
先頭の田中和基選手にソロホームランを浴び5-2
1死後、ベゲーロ選手にヒットを打たれますが、
ウィーラー選手をセカンドゴロ併殺打に打ち取ります。

9回、楽天は森雄大投手が登板
先頭の青木選手が四球で出て、代走は上田選手
坂口選手はセカンドゴロで1死1塁
代打・谷内選手はセンターオーバーの飛球を打ちますが、田中選手に好捕され、
坂口選手は1塁へ戻れずダブルプレーで3アウト
谷内くん、ハードラック!相手が超ファインプレーでした。

9回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の内田選手にレフトへのヒットを打たれ、
1死後、藤田選手のファーストゴロを西浦選手が捕球ミスして
1死1、2塁のピンチを招きます。
茂木選手はレフトフライで2死となり、銀次選手はセンターフライでゲームセット

ヤクルトは、敵地で楽天を5-2で下し、初戦を取りました。
これでロッテ戦から3連勝!
ここまで、決しててラクな試合はありませんが、上々の滑り出しです。
明日は則本投手なので、今日勝っておいて良かったです。

先発したブキャナン投手は7回を投げ6安打6四死球1失点で5勝目をあげました。
おめでとうございます。
思ったところに制球出来ず、球も浮いていて不安定な投球でしたが、
要所を締め、よく1点に抑えたと思います。
相手が楽天打線で、拙攻に助けられたというのもあるでしょうね。
ブキャナン投手は、春先に比べると、コントロール、キレとも落ちているような気がします。
これからの夏場が正念場となりそうですね。

秋吉投手は、相変わらず不安定でソロ被弾の1失点
石山投手も少し調子が下降気味。エラーがありましたが、よく0点に抑えました。

打線は、楽天9安打より少ない8安打で5得点
青木宣親選手が決勝タイムリーなど2安打2打点
坂口選手もマルチヒットでした。
大引選手は11試合連続ヒットと好調をキープ
DH出場の荒木選手は先制のタイムリーヒットを打ちました。

山田選手は上にも書きましたが、どん底ですね。
交流戦いまだヒットなしで、4試合15打数ノーヒット
チャンスでも気楽な場面でも関係なくヒットが出ませんでした。

何が原因かわかりませんが、ケガをおして出ているのではないかとすら心配します。
ベンチは、これだけ打てなくても、打順を下げることなどやらないでしょうね。
突然の絶不調に、ファンも戸惑います。
本人はもっと苦しいと思いますが、強い気持ちで打席に立ってほしいです。
明日こそ、どうか山田くんにヒットが出ますように!

by misty2011 | 2018-06-01 22:10 | 東京ヤクルトスワローズ

5連敗で、ついに借金が10に膨らんだ東京ヤクルトスワロ―ズ
交流戦前の最後のカードは、神宮に戻って横浜DeNAベイスターズとの3連戦
ロペス、筒香選手が好調だけに苦戦が予想されます。

初戦の先発は、ヤクルトがブキャナン投手、DeNAは石田健大投手
今日は落とせません。

スタメンは昨日の7番サード谷内選手が、今日は大引選手になり、
それ以外は同じでした。

試合経過は ニッカンスコア

タイトル訂正しました。 畠山 今季1号 →2号 私の勘違いでした。


試合は初回から点の取り合いとなりました。
1回、ブキャナン投手はソト選手にヒット、筒香選手にライト線への2塁打を打たれ、
2死2、3塁から、宮崎選手にライトへタイムリーヒットを打たれ二者生還して0-2

1回裏、ヤクルトは先頭の山田選手がレフトへのヒット後、
青木選手がレフトスタンドへ2号2ランを運び、たちまち2-2の同点に
さらに2死後、畠山選手がレフトポール直撃の今季2号ソロ弾で3-2と勝ち越します。
昨日も大きな当たりがありましたが、打撃の調子は良さそうです。ナイスホームラン!
【訂正】今季1号→2号

写真は浦添キャンプより畠山和洋選手
e0222575_1674457.jpg



しかし2回、ブキャナン投手は四死球でランナーを出し、
石田投手の送りバントで1死2、3塁から、
大和選手に犠牲フライを運ばれ3-3の同点に
さらに、梶谷選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ3-4と勝ち越されます。

2回裏1死後、中村捕手がセンター前ヒット
ブキャナン投手の送りバントは2塁フォースアウトとなり2死1塁
山田選手は空振り三振で3アウト

3回2死後、ブキャナン投手は筒香選手に四球を与えますが、後続を打ち取ります。

3回裏、先頭の青木選手はサードエラーで出塁し2盗、
坂口選手はセカンド内野安打で無死1、3塁
バレンティン選手はショートゴロで、その間に3塁ランナーが生還して4-4の同点に
1死2塁で、畠山選手は三邪飛
西浦選手は大きなライトフライで3アウト

4回、ブキャナン投手は、7番からを3人で片付けます。

4回裏、先頭の大引選手がライト前ヒットも2盗失敗
後続も倒れ三者凡退

5回、ブキャナン投手は1死後、梶谷選手に右中間への2塁打を打たれ、
2死後、ロペス選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ4-5
筒香選手はライト前ヒットで1死1、2塁
宮崎選手は四球で1死満塁
つづく田中浩康選手にライト前タイムリーヒットを打たれ4-6と2点差に

ここで、ヤクルトは風張投手に継投
2死満塁で、高城捕手をファーストゴロに打ち取り3アウト

5回裏、先頭の山田選手が四球で歩きます。
青木選手は三振に倒れ、このあと山田選手が2盗成功!13個め
坂口選手のセンターへの飛球は梶谷選手に好捕され2死2塁
つづくバレンティン選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち5-6と1点差
山田くんの盗塁が生きました。

ここで、DeNAは三嶋投手に交代
畠山選手は見逃し三振で1点どまり

6回、続投の風張投手は1死後、大和選手にレフト前ヒットを打たれ、
梶谷選手にライトスタンドへ4号2ランホームランを運ばれ5-8と3点差に
つづく外選手にも一発を浴び5-9 これはマズい。

6回裏、ヤクルトは三嶋投手の前に三者凡退

7回、ヤクルトは秋吉投手が登板
2死後、死球でランナーを出しますが、後続を抑えます。

7回裏、DeNAは砂田投手が登板
1死後、山田、青木選手が連続センター前ヒットで1死1、2塁
坂口選手はセカンドゴロで2死1、3塁

ここで、DeNAは三上投手に継投
バレンティン選手はショートゴロで得点ならず。

8回、ヤクルトは中澤投手が投手が登板
先頭の梶谷選手がライト線への2塁打
つづくソト選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ5-10
ロペス選手にもレフトへタイムリーヒットを打たれ5-11
中澤投手の球威では抑えられません。
筒香選手選手はライトへのヒットで、代走は乙坂選手

ヤクルトは松岡投手に交代
なおも無死1、3塁で、宮崎選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ5-12
桑原選手はサードゴロで、3塁走者が生還して1死1塁 5-13
このあと、後続を打ち取り、ようやく3アウト。

8回裏、DeNAは武藤投手が登板
1死後、西浦選手が四球で出塁し、
2死後、代打・雄平選手がサード内野安打で2死1、2塁も、
代打・藤井選手はファーストゴロに倒れ3アウト

9回、ヤクルトは中尾投手が登板
こんな大差のゲームで投げさせたくないですが、他にいません。
梶谷選手に今日2本目となるソロホームランを浴び5-14

9回裏、DeNAは国吉投手が登板
山田、青木、坂口選手が三者凡退でゲームセット

ヤクルトは神宮に戻って来て、エース・ブキャナン投手を立てても連敗は止まらず、
5-14の今季最多失点で6連敗、借金は11となりました。

ブキャナン投手は5回途中まで投げ、8安打され6失点
今季、最も悪かったですね。
前回の登板あたりから、球が高く、調子が少し下降気味だったのもあって、
今のDeNA打線を抑えることはできませんでした。

打ち合いとなった試合は、途中までは互角でしたが、
中盤以降は、これでもかと横浜に打たれまくり、試合になりませんでした。

梶谷選手には2ホーマー含む5安打、ソト選手にはソロ弾含む4安打、
筒香選手にも4安打、ロペス、宮崎選手には2安打されるなど19安打で14失点

ヤクルトも青木選手に2ラン、畠山選手には今季2号(訂正)ソロアーチが出るなど
10安打しましたが、DeNA打線とは破壊力が段違いでした。
山田選手はマルチヒットながら、最近はシングルヒットばかりで長打が全く出ません。
バレンティン選手も2打点挙げましたが、一発が出ないので物足りないですね。

阪神戦の最後は投手戦に敗れ、今日は打撃戦でも打ち負け、
いったいどうすれば勝てるのやら・・・。

このままズルズル負け癖がつかないよう、
明日の由規投手に、祈るような気持ちで連敗ストップを託したいと思います。
しかし、これだけ勢いのついたDeNA打線をどうやったら止められるでしょう。
怖いです。

by misty2011 | 2018-05-25 22:09 | 東京ヤクルトスワローズ

本日付で、川端慎吾選手と廣岡大志選手が抹消されました。
遅すぎたくらいでしょうね。
二人とも打撃を修正して、また上がってきてほしいと願います。
廣岡選手は下でもショートをやるんでしょうか?
外野の練習をした方が・・・

東京ヤクルトスワロ―ズは、首位の広島カープに連敗し、借金は8に膨らみました。
交流戦を前に、これは厳しい現実ですね。
特に、昨日は打線がつながらず完封負けを喫しました。

打撃は昨年の貧打と違って、個々の選手はいい成績をあげています。
打撃成績のベスト10に、坂口、西浦、山田選手の3人がランクイン
特に、坂口智隆選手は、打率.356でリーグトップ、出塁率も.456で1位と好調そのもの。
山田哲人選手は、打率8位、出塁率は2位、そしてOPSがリーグトップに躍り出ました。
規定打席にのったばかりの西浦直亨選手は、打撃成績の7位で.309となっています。

打順にやはり納得できない部分があるので、
再度、昨日のオーダーのOPS、本塁打数、打率を調べてみました。
(数字は5月20日終了時 敬称略)

OPSは、出塁率と長打率とを足し合わせた値で、 出塁率+長打率=OPS

OPSでは、以下のように打者をAランクからGランクまでの7段階に格付けしています。

 A 素晴らしい .9000以上
 B 非常に良い .8334 - .8999
 C 良い .7667 - .8333
 D 並 .7000 - .7666
 E 平均以下 .6334 - .6999
 F 悪い .5667 - .6333
 G 非常に悪い .5666以下

 1番 山田哲人 OPS 1.038 A 本塁打11 打率.309 
 2番 西浦直亨 OPS .814 C 本塁打 2  打率.309
 3番 青木宣親 OPS .708 D 本塁打 1  打率.271
 4番 バレンティン OPS 1.003 A 本塁打12 打率.260
 5番 坂口智隆 OPS .933 A 本塁打 1  打率.356
 6番 大引啓次 OPS .763 D 本塁打 1  打率.292
 7番 雄平   OPS .625 E 本塁打 1  打率.257
 8番 中村悠平 OPS .519 G 本塁打 0  打率.192
 9番 投手

前回5月10日に記事を書いた際には、坂口選手が6番でしたが、
それ以後、5番に上がりました。
それでも、打率と出塁率がリーグトップの選手が5番バッターと言うのは、
今のヤクルト打線にあって、これが果たしてベストであるとは思えません。

いくら坂口選手がヒットを打っても、四球を選んで出塁しても、
後ろにホームに還す打者がいません。
それは、坂口選手の得点を見れば一目瞭然です。
これだけ塁にでているのも関らず、得点はわずか13と打撃成績ベスト10の中でも最低です。
ちなみに山田哲人選手の得点は38でリーグトップです。
これは、自身がホームランを打って生還しているのと、
後ろの打者が打って、山田くんの走塁もあってホームインしている合計が多いからです。

坂口選手の得点圏打率はあまり高くはないですが、最近はチャンスにもよく打っていて、
ベンチが5番でポイントゲッターとして置きたいのは理解できなくはないですが、
やはり、これほど高い打率と出塁率を生かすためには、
5番より、もっと前の打順に置くべきだと思います。
盗塁はあまり期待できませんが、本来ならトップバッターが最適でしょうね。
少なくとも1番から3番のどこかに置くべきバッターです。

2番でもいいんですが、
ただ、現首脳陣は、1番が出た場合、2番にバントを指示できる打者を置きたがるので、
ここでアウトカウントが一つ増えます。
ひとつアウトを増やしても塁を進めて得点を狙うか、
ゲッツーのリスクがあっても打たせるかは、どちらがいいとは言い切れません。
理想は、進塁打が打てて、それがヒットになればベストでしょう。

ヤクルトは昨日は投手陣が頑張りましたが、基本的には弱体の投手陣なので、
何点とっても安心できる試合とはなりません。
安定した投手陣であれば、1点をとって守り抜く野球ができますが、
現状のヤクルトでは、それは非常に難しいことです。
しかも、守備もぽろぽろミスが出ています。


首脳陣が掲げるノーヒットでも1点を取りに行く野球は確かに素晴らしいです。
開幕直後はそれが出来ていました。
山田選手が塁に出て積極的に盗塁して、犠打、犠飛、内野ゴロなどで生還していました。
今は、山田選手があまり走っていないのもあって、そういう得点シーンが見られません。

ベンチが掲げる理想と実際に選手がやっている野球とは、
徐々にかけ離れてきたように私は感じます。
しかも、今の投手陣ではヤクルトは打ち勝つしかないんです。
その打線を、つながらないというか、
つながっても得点できないような打順にしていることが問題だと思います。

1番山田くんが先頭でホームランを打っても1点しか入りません。
試合の途中では、下位から1番に回って来るので、塁上にはランナーなしが多く、
やはりソロホームランが多くなってしまいがちです。
ホームラン数によっては100打点を稼げる選手が、
1番の打順ではソロばかりなので打点は低いままです。勿体ないことです。

1番だから打てているとか、ランナーがいる時に打てるかと聞かれても困りますが、
そりゃ~打てることも打てないこともあるでしょう。
今シーズン、短期間ですが3番でもホームランは打っています。

また、5番の坂口選手がいくら出塁しても後ろが打たなくては得点に至りません。

今シーズンは、打つ役者はいるのに、適材適所でないばっかりに、
点が取れない、そういう打順になっています。

その中心にいるのが3番の青木宣親選手でしょうね。
決して青木選手を責めているのではなく、3番に固執しているベンチに責任があります。
もちろん、攻守とも期待していたほどではない青木選手には、
もっと打ってほしいと思いますが。

ということで、各チームがどんな選手を3番に置いているか調べてみました。
各チームとも、打順の入れ替えはあるので、
ずっと固定された3番バッターではないですが、
主に3番打者となっている選手のOPSと本塁打数です。(敬称略)
チームの順番は5月20日終了時の順位です。

広島: 丸佳浩 OPS 1.076 本塁打5 →松山竜平 OPS .735 本塁打2
巨人: ゲレーロ OPS .915 本塁打7
DeNA: 筒香嘉智 OPS .897
     (前カード巨人戦からはロペスが3番 OPS 1.014 本塁打14)
中日: アルモンテ OPS 1.026 本塁打7
阪神: 糸井嘉男 OPS .912 本塁打6
ヤクルト: 青木宣親 OPS .708 本塁打1

西武: 浅村栄斗 OPS .892 本塁打9
日本ハム: 近藤健介 OPS .936 本塁打0
ソフトバンク: 柳田悠岐 OPS 1.142 本塁打10
オリックス: 吉田正尚 OPS .775 本塁打5
ロッテ: 中村奨吾 OPS .839 本塁打2
楽天:  銀次 OPS .629 本塁打1→今江年昌 OPS .759 本塁打3

例外もありますが、3番バッターは、やはりOPSが高かったり、ホームランが多かったりで、
強打者のイメージがありますね。
両リーグとも最下位のチームの楽天とヤクルトの3番バッターの成績が物足りません。
こう言っては失礼ですが、明らかに見劣りします。

青木選手の場合は、復帰1年目ということで、
日本の野球にまだアジャストしていない部分はあるでしょ。
最終的には、3割に乗せてくるとは思いますが、帳尻でされても意味がありません。
大事なのは今です。
しかも長打はあまり期待できません。足も予想以上に衰えています。

昨年のように、坂口選手以外、誰も打っていない状況では、
打順がどうこういう以前の問題だったので、それほど気になりませんでしたが、
今シーズンは、山田選手に復調気配が見え、坂口選手は絶好調、
バレンティン選手はこのところ低調ですが、12本塁打の長打力は健在
西浦選手や荒木選手も打っている中での、今の打順にはやはり疑問です。

もともと、青木選手は全盛期でもクリーンナップというよりは、
やはりチャンスメイクのバッターだったはずです。
それが、復帰後は4番から始まり、1番になってよかったと思ったのもつかの間、
今度は3番に固定されました。
青木選手の調子は、徐々には上がってきましたが、
それでも、長打が少なく内野ゴロが多いので、
3番のポイントゲッターではないような気がします。

e0222575_16561311.jpg


では、どういう打順であれば機能するかは、難しい問題で答えがすぐには見つかりません。
だからこそ、いろいろ試してみるべきだと思います。
打順を固定したまま、あと1本が出ないと試合後のコメントを出されても虚しく響きます。

5月10日の記事「ヤクルトの機能しない打順 A E E A E A C(G) G が意味するものは・・・ 」
で、私が考えうる打順としては(センター青木選手が固定なので)、
以下のように書きました。
1番坂口、2番青木(OR 西浦)、3番バレンティン、4番山田、5番雄平、
6番西浦(OR青木、川端)7番廣岡(OR川端、西浦)以下、捕手、投手の順です。

その時からすると、雄平選手がこのところ下降気味なのと、
ショートはもう西浦選手が奪い返した形なので、それを考慮し、
さらに、できれば、坂口、バレンティン、山田選手をくっつけて、
間に余計な選手を挟まないよう考えた打順としては、

1番西浦、2番坂口、3番バレンティン 4番山田、5番青木、6番雄平 
7番サードの選手 8番捕手 9番投手
この場合、2番坂口選手には基本的には送りバントなしで。
または、1番と2番を逆にして、1番坂口、2番西浦、以下同じ
それから、青木選手の休養日には、センター坂口、1塁荒木選手で
守備的にはこれがベストですけどね。

ふつうは4番がバレンティン選手だと思いますが、前回の記事でも書いた通りの理由で、
私は山田選手が4番です。
4番としては勝負強さは物足りませんが、
みんなチャンスでは打てないのは似たり寄ったりなので・・・。
前で山田くんがホームランを打つと、ココが負けじと振り回して打撃が狂うのと、
盗塁を考えた場合、やはり後ろの方がお互いが気をつかわなくて済みそうに思うからです。
あとは、後ろが山田くんだと、バレンティン選手が敬遠されにくいことです。
もう一つ書き足します。
初回に3人で終わった場合、2回は先頭が山田くんになるので、
トップバッターの役割が出来ます。

一応これでも、青木選手の打順には最大限の配慮はしたつもりです。
2番や6番以下には置けないような雰囲気ですからね。


青木選手のヤクルト復帰の際には、当初は大歓迎ムードだったので、
あえて書きませんでしたが、一つ心配したことがありました。
それは、レジェンドクラスの選手、しかもメジャーリーガーの日本復帰となると、
周りはそれなりに気をつかわざるを得ないってことです。
昨年のWBCでもそうであったように、メジャー選手への気づかいからか、
不調の青木選手を3番で使って、機能しないことがありましたね。
それと同様なことが今のヤクルトにも見られるような気がします。

勝利への執念を貫くなら、まず青木選手ありきの打順は、ナシにしてほしいです。
本人もそういうことは願ってないでしょう。

 
by misty2011 | 2018-05-21 17:21 | 東京ヤクルトスワローズ

東京ヤクルトスワロ―ズは、今日から鹿児島県立鴨池野球場で、読売ジャイアンツとの2連戦

これって、ヤクルトの主催ゲームなんですね。
遠征続きの中でも、随分遠い所で試合をやることになりました。

うちは亭主が転勤族で鹿児島県に2年ほど住んだことがあって(鹿児島市ではない)、
鴨池野球場は外から眺めただけでしたが、
隣接する鴨池テニスコートは、試合で何度か訪れたことがあります。
今はオムニコートに改修されているようですが、私が試合に出ていた頃はハードコートでした。
初めてここで試合をやった際に、面食らったことがあります。
試合前に、全員でほうきでテニスコートをお掃除するんです。
クレーコート(土のコート)なら、試合後にブラシをかけて整地するのはあたり前ですが、
なぜ、試合前に??と思ったら、
桜島の火山灰が積もってコートが滑るので、試合前にそれをお掃除するためでした。

今日は試合開始が30分遅く、午後6時30分プレーボール
鴨池野球場のセンターバックスクリーンの後ろに見える建物は鹿児島県庁
市の中心、一等地にある野球場です。

初戦の先発は、ヤクルトがハフ投手、巨人は山口俊投手
スタメンは2番にショート西浦、6番サード川端、7番雄平選手で、
8番に古賀捕手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、ハフ投手は三者凡退に抑えます。

1回裏、先頭の山田選手が四球で歩き、西浦選手はバスターを決めレフト前ヒット。
しかし、山田選手が3塁まで暴走してアウトとなり1死1塁
山田くん、2塁ベースで一旦ゆるめて、それから3塁へ走りましたが間に合いませんでした。
リプレーで見ると、ゲレーロ選手がわざとゆっくり捕りに行って、
そのワナにまんまと引っかかったような感じに見えました。
青木選手はショートフライでランナー進めず、バレンティン選手は四球も、
坂口選手はセカンドゴロで得点ならず。

2回、ハフ投手はヒットと四球でランナーを出しますが、無失点に抑えます。

2回裏1死後、雄平選手がレフトへのヒットで出て2盗
2死後、ハフ投手が全力疾走でセカンド内野安打を放ち2死1、3塁
このあと、山田選手が三遊間を抜けるタイムリーヒットを放ち、
ヤクルトが1点先制!1-0

3回、ハフ投手は坂本、ゲレーロ選手を四死球で出しますが、
マギー選手を空振り三振に仕留め3アウト

3回裏、先頭の青木選手がライト前ヒットで出塁
バレンティン選手はセカンドフライ、坂口選手はセカンドゴロ併殺打で3アウト

4回、ハフ投手は先頭の岡本選手にライトスタンドへ7号ソロ弾を運ばれ
1-1の同点に

4回裏1死後、雄平選手がセンターへのヒットで出塁も後続が倒れます。

5回、ハフ投手は先頭の山口投手にレフト前ヒットを打たれますが、
後続を打ち取ります。

5回裏、山田選手は空振り三振、西浦選手はセカンドライナー、青木選手はライトフライ

6回、ハフ投手は先頭のマギー選手にレフトへヒットを打たれますが、後続を抑えます。

6回裏、ヤクルトは4番からの攻撃も三者凡退

7回2死後、ハフ投手は先頭の坂本選手に四球を与えますが、古賀捕手が2盗を刺し3アウト
前の回には岡本選手に2盗を許しましたが、今度はナイス送球でした、古賀くん!

7回裏、先頭の雄平選手がライト前ヒット。今日3安打猛打賞
古賀捕手は送りバントも2塁フォースアウトとなり1死1塁
ハフ投手も送りバント失敗で2死となり、
山田選手はバットを折りながらもライト前ヒットで2死1、3塁
追い込まれてから、上手く右に運びました。
このバッティングが出来れば、もっと安定するでしょうけどね。続かないので…
しかし、西浦選手は空振り三振で得点なりません。

8回もハフ投手は続投で、三者凡退に抑えます。

8回裏、先頭の青木選手がライトスタンドへ今季初ホームランを放り込み
2-1と勝ち越します。ようやく3番の名に恥じない一発が出ました。
今日は何が何でも勝たなくてはいけません!

1点リードで9回は石山泰稚投手が登板
サードに大引、ファースト荒木、レフトに坂口選手が入ります。
大引選手は守備固めになる??
先頭の岡本選手にレフト前ヒットを打たれます。代走は吉川大選手
亀井選手は見逃し三振に斬って取り1死1塁
長野選手にレフト前ヒットを打たれ1死1、2塁
ここで、巨人は代打・阿部慎之助選手が打席に。
阿部選手はレフトフライで2死1、2塁となり、
続く代打・大城選手をセンターフライに打ち取りゲームセット

ヤクルトが2-1のロースコア接戦を制して、初戦を勝ち取りました。

ハフ投手が、8回4安打7三振1失点の好投で、山口俊投手との投手戦に投げ勝ち、
来日初勝利を飾りました。ナイスピッチング!
待ちに待った初勝利ですね。おめでとうございます。

1点差で9回は石山投手がピンチを招きましたが、よく逃げ切りました。
勝ってよかったです。

写真は浦添キャンプよりハフ投手 眼鏡を外すとイケメンです。
e0222575_1928117.jpg


ハフ投手は、今日は、若い古賀捕手との呼吸がよく合っていました。
特にインコースにズバッと投げ込むストレート、クロスファイアがよかったですね。
無駄球なしでテンポよく、バッテリーが強気に攻めたのが功を奏したと思います。
次回も、このバッテリーでお願いしたいです。


打線は、初回に走塁ミスをした山田哲人選手が、3回にタイムリーヒットを打って先制。
このあと、追加点が入らず、同点に追いつかれますが、
最後に決めたのは九州男児・青木宣親選手の一発でした。
打った瞬間の今季初ホームランでしたね。
調子が上がってきたので、これからも外野の頭を越す長打が出るよう期待したいと思います。

写真は浦添キャンプより青木宣親選手
e0222575_2385656.jpg


チームとしては9安打2得点
雄平選手が3安打猛打賞
山田哲人選手が2安打1打点
青木宣親選手が2安打で決勝ホームランの1打点
これ以外では、西浦選手がバスターを決め1安打
ハフ投手が全力疾走で内野安打を放ち、これが先制点に繋がりました。

普段より30分試合開始が遅いのにもかかわらず、両投手の締まった投げ合いで
試合時間は2時間44分と早く終わりました。
ドキドキ感あるしびれた投手戦は、ナイスゲームで楽しめました。
明日もいい試合になりますように!

by misty2011 | 2018-05-15 21:46 | 東京ヤクルトスワローズ

東京ヤクルトスワロ―ズは、中日ドラゴンズとの北陸シリーズ2連戦を1分け1敗で終え、
借金は7、5位中日とは1.5ゲーム差の最下位に甘んじています。

昨夜は、満塁の好機を3度つぶすなど12残塁と、塁は賑わしても、あと1本が出ず、
得点はスクイズと、パスボール(訂正)による2得点のみでした。

このところ、ヤクルトファンの間では、今の打順はおかしいのではないか、
機能しているとは思えないという意見が多く見られます。
私も、このブログで再三書いていますが、その一人です。

5月6日の劇的サヨナラの試合では、青木選手の欠場があって、
坂口選手が3番に入り、延長11回にサヨナラ打を放ちました。

次の試合も、3番坂口選手で行くかと淡い期待をしましたが、
復帰した青木選手が当然のように3番に座りました。

首脳陣の考えなので、ファンがいろいろ文句を言っても、
聞き入れてもらえないのはわかっています。
得点効率が悪くても、1番山田、3番青木、6番坂口選手が固定され、
あまりに頑ななこの打順に対し、私は、もはやあきらめの境地になっています。

昨年の貧打であれば、打順がどうこういう以前の問題でしたが、
今シーズンは、そこそこ打っているのに、かみ合わせが悪く、思ったほど得点できません。
やっぱり、このままでは黙っていられません。
今日は、打撃指標を掲げて、素人目線で今の打順の問題点を挙げてみようと思います。

取りあげたのはOPSという指標です。
OPSは、 On-base plus slugging の略で、
野球において打者を評価する指標の1つ。
出塁率と長打率とを足し合わせた値です。(以下、参考 Wikipedia)
OPSの計算式は、出塁率+長打率=OPS

OPSでは、以下のように打者をAランクからGランクまでの7段階に格付けしています。

 A 素晴らしい .9000以上
 B 非常に良い .8334 - .8999
 C 良い .7667 - .8333
 D 並 .7000 - .7666
 E 平均以下 .6334 - .6999
 F 悪い .5667 - .6333
 G 非常に悪い .5666以下

これを、ヤクルトの現オーダーで見てみると(5月9日終了時)
(あわせて、本塁打、打率も) 敬称略

1番 山田哲人 OPS.991 A 本塁打9 打率.279 

2番 川端慎吾 OPS .610 E 本塁打1 打率.206

3番 青木宣親 OPS .672 E 本塁打0 打率.259

4番 バレンティン OPS 1.036 A 本塁打11 打率.266

5番 雄平   OPS .644 E 本塁打1 打率.265

6番 坂口智隆 OPS .913 A 本塁打1 打率.352

7番 西浦直亨 OPS .821 C 本塁打1 打率.304
7番 廣岡大志 OPS .565 G 本塁打1 打率.222

8番 中村悠平 OPS .506 G 本塁打0 打率.195

9番 投手

 訂正 廣岡、中村→G

得点機会を作るには、まずは出塁をすることが大事。
また、長打が多ければ、それだけ得点力が高くなります。
OPSは、その出塁と長打を組み合わせて、どれだけ得点機会を作れたかの指標です。
この数字が高いほど、 総合的な得点能力が高いバッターということになります。

上記の数字を見ると一目瞭然で、
今の打順は、得点能力が高いOPSのAランク山田、バレンティン、坂口選手を見事に分断し、
その3人の間に、得点能力が劣るEランクの川端、青木、雄平選手を挟んでいます。
もちろん、川端選手や、青木選手は巧打者ではありますが、
得点能力という点からみれば、
現状ではOPS指標では平均以下のバッターということになります。

ヤクルトの今の得点効率の悪さは、このOPS指標からも明らかだと思います。
打順に関しては、感情論で言っているわけではなく、
(ほんのちょっとはあります。山田くんが1番は好きじゃないと言っているので)
だから、私は今の打順は違うだろ~と主張しているわけです。

12球団で、いまだにホームラン0の打者を3番に置いているのは
ヤクルトくらいでしょう。

ヤクルトは、単打マンの左バッターが多いですが、
その中では、坂口選手は今シーズンは2塁打が増えてきて、
チームトップの9本を打っています。ホームランは1本
もちろん、打率はチームトップ、リーグ3位の3割5分を超す高打率
出塁率も.450とチーム1位です。

こんな優秀なバッターを、打席が回る回数が少ない6番に置くのはヤクルトくらいでしょう。
ひとつのチャンスもモノにできないような打線が、
OPS・Aランクの打者を分散してまで、Wチャンス打線なんか組めるとは思えません。
そんな余裕はないはずです。

また、チームで最もヒットを打つ6番坂口選手の後ろが、
チームで最も打たない打者(主に7番が廣岡選手なので)が3人では、
得点できないのは当然の結果です。

バレンティン選手が敬遠されないための打順も重要ですが、
坂口選手を6番に置くのなら、後ろの打者も同じくらい重要だということになると思います。

現実は、4番のバレンティン選手は勝負を避けられることが多いですし、
山田哲人選手もそういうケースがありますし、
坂口選手も、後ろが今の打順のままでは、勝負を避けられることが増えてきそうです。

こうしてみると、ヤクルト首脳陣だけが、
この打順がヨシとしているのが、不思議なくらいですね。

それから、最近は代打の切り札となっている荒木貴裕選手のデータを載せておきます。
OPS 1.051 A 本塁打2 打率.344
OPSはチームトップです。
ホームラン2本で、チーム3番目の本数というのが、何ともはや…。


参考までに、得点圏打率を載せておきます。
まだ、打数の分母が少ないのと、たとえ得点圏で打っても、
シングルヒットで還って来られないケースもあるし、
また、ランナー1塁でも長打だと生還できるので、
あまりこの数字にこだわってもどうかと思うところはありますが。
規定打席未満も含めて、上から順に

 荒木貴裕 .462
 西浦直亨 .444
 山田哲人 .300
 雄平   .292
 バレンティン  .282
 青木宣親 .258
 川端慎吾 .250 
 坂口智隆 .240 
 中村悠平 .200
 廣岡大志 .160


くどいようですが、まずは、青木選手ありきで打順を組むのはやめてほしいと思います。
(出来れば、センターの守備も含めて)
過去の実績がレジェンドだからとか、元メジャーリーガーだということは、
この際、抜きに考えてほしいです。
首脳陣は、青木選手をリスペクトするのは当然だとしても、気をつかいすぎでは!?
それより、いかに得点できるかを考えてください!

今のベンチは、全盛期の青木選手や、首位打者をとった時の川端選手の期待値で、
オーダーを決めてないでしょうか?
同じ左バッターであれば、現時点では坂口選手がチームナンバーワンの打者です。
坂口選手が、こんなに勿体ない打順になっているのは残念で仕方ありません。
私は、特別、グッチのファンというわけではありませんが、
公平な立場で見てもそう思います。

では、どういう打順を組めばいいかは、非常に難しい問題です。
私が考えうる打順としては(センター青木選手が固定なので)
1番坂口、2番青木(OR 西浦)、3番バレンティン、4番山田、5番雄平、
6番西浦(OR青木、川端)7番廣岡(OR川端、西浦)以下、捕手、投手の順です。

1番山田、2番坂口、3番バレンティン選手でAランクを固めることも考えましたが、
山田選手が1番だと、本人のモチベーション的には、あまり好ましくないのかなあと思います。
何しろ、山田くんは技術ではなく感性で打つバッターなので、
甘やかしかも知れませんが、好きじゃない打順は避けた方がよさそうに思います。

1番坂口、2番山田選手もよさそうですが、
今の小川監督の野球では、2番はバント要員でもあるので、ちょっと考えにくいです。
バントしないで山田くんに打たせると、引っ張り専門なので併殺打が増えそうな気がします。
ランエンドヒットをかけても、山田くんは空振りが多いので三振ゲッツーになります。
なので、2番も却下

バレンティン選手が3番で山田くんを4番にしたのは、
バレンティン選手が最も勝負してもらえるのは、後ろが山田くんかなあと考えたからです。
ホームランを打てるのが、この二人だけですからね・・・。
山田くんは勝負強くないので、本音は4番には置きたくはありません。
雄平選手が調子が良ければ4番でいいですが、昨日のようなことも多々ありますからね。
ただ、雄平選手は、チームの中ではKYなぶん、勝負強いところもあります。

あと、以前から再三書いていますが、前で山田くんがホームランを打つと、
バレンティン選手が負けじとブルンブルン振り回すので、
山田くんが後ろの方がいいような気がします。
盗塁を考えた場合も、後ろの方がお互い気をつかわなくてよさそうです。

理想は、3番が山田くんなら、後ろは2015年の畠山選手ですが、
いない選手を頼るわけには行きません。

クリーンナップをどうするかは、非常に難しいです。
坂口選手を3番か5番に置くというのもありますね。
その場合は、バレンティン選手が4番です。
クリーンナップをAランクで固めると、坂口ーバレンティンー山田
あるいは、山田ーバレンティン―坂口
ひとつ打順を繰り上げて、2番からこの3人でもいいかもしれません。
どちらの場合も、このケースだと、1番は青木選手になるでしょうか?

ひとつ言えるのは、6番坂口選手は、ヒットが無駄になることが多すぎるので、
これだけは、明日からでもやめてほしいということです。

e0222575_16551741.jpg


開幕当初の4番青木選手はすぐやめたので、今回も期待したいですが、
明日のオーダーは一体どうなっているでしょう?
今のベンチじゃ、やっぱり変わらず同じような気がしますね・・・。

青木選手のヤクルト復帰は、もちろん嬉しいことですが、
反面、難しい問題もはらんできたように思います。
打撃はこれから状態は上がって来ると思いますが、
今のバッティングでは、打順を考える上でも、
また、そう上手くもないセンターの守備にしても、
いろいろチーム内に「ひずみ」が生じてきています。

今の青木選手を見ていると、なんだか空回りしているようで、
痛々しく感じることすらあります。
チームの支柱であるべき存在が、
現時点では、期待していた役割は必ずしも果たせていないように思います。

青木選手がもっと打ってくれたら問題ないですが、
この状態では、3番に起用するベンチの方が罪深いと私は思います。


by misty2011 | 2018-05-10 17:07 | 東京ヤクルトスワローズ

最下位に転落した東京ヤクルトスワロ―ズは、今日から神宮で5位中日ドラゴンズとの3連戦
事実上の最下位争いとなります。

前日、松坂大輔投手の復活星で勢いがついた中日を止められるでしょうか?

先発は、ヤクルトがハフ投手、中日は柳裕也投手
前回は柳投手に完封負けを喫しています。
他球団は苦もなく打っていますが、ヤクルト打線は何故か打てません。

スタメンはまたいじってきました。
1番山田、2番川端、3番に青木、5番雄平、坂口選手は6番に下がり、
3試合ぶりにスタメンマスクは中村捕手
しかし、コロコロ打順を変えすぎでしょ。

選手公示では、松岡健一投手と古賀優大捕手が1軍に上がってきて、
カラシティー投手と館山投手が抹消されました。
先発が早い回で降りるので、ただでさえ中継ぎ投手陣が酷使され、
何人いても足りないのに、カラシティー投手を落としている場合ではないでしょうに。
意図がよくわかりません。

試合経過は ニッカンスコア

まだ未勝利のハフ投手は3回までヒットでランナーを出しますが0点に抑えます。

ヤクルトは、2回までパーフェクトに抑えられましたが、
3回、先頭の廣岡選手がセンター前ヒットで出塁
中村捕手は送りバントで1死2塁
ここで、ヤクルトは早くもハフ投手に代打・鵜久森選手を送ります。
ハフ投手は2回に打球が足に直撃しましたが、その影響でしょうか?
それしか考えられません。
その後のベンチ情報では、右足に打球を受け、大事をとって降板させたとのことです。

鵜久森選手は空振り三振で2死となり、
山田選手はレフトフライで先制ならず。
初回の左邪飛と同じように高く打ちあげました。
この打席は、変化球に対し溜めがなく、打球が上に上がるだけで伸びませんでした。

4回、ヤクルトは今日1軍登録された松岡健一投手が登板
ビシエド選手に四球を与えますが、後続を抑えます。

4回裏、1死後、青木選手が四球で歩き、
バレンティン選手はショートゴロで2死2塁
このあと、雄平選手が柳投手の初球を捉え、
ライトスタンドへ今季1号2ランホームランを放り込み
ヤクルトが2点先制!2-0 ナイスホームラン!
やっぱり頼りになる男です。

e0222575_1063143.jpg


坂口選手はレフトへの2塁打で続きますが、
廣岡選手は見逃し三振で3アウト。

5回、松岡投手は先頭の平田選手にレフトへのヒットを打たれ、
松井雅捕手には四球を与え、無死1、2塁
柳投手は送りバントで、松岡投手は3塁へ送球し、判定はアウトでしたが、
リクエストによるリプレー検証の結果セーフとなり無死満塁の大ピンチ

大島選手は捕邪飛に仕留め1死満塁となり、
ここで、ヤクルトは中尾輝投手に継投
京田選手を浅いセンターフライに打ち取り2死満塁
つづくアルモンテ選手にライト線へのタイムリー2塁打を打たれ2-2の同点に
ビシエド選手は四球で、再び2死満塁
福田選手は危ない打球でしたが、レフトフライに打ち取り3アウト

5回裏、先頭の中村捕手が左中間への2塁打で出ます。
代打・上田選手は送りバントを決め1死3塁
ここで、山田選手がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち
3-2と勝ち越します。よしよしナイスバッティング!
1死2塁で、川端選手は四球で歩き1死2、3塁
今日3番の青木選手はセンター前タイムリーヒットで4-2
ようやく主軸としての一打が出ました。ナイスバッティング

中日はここで、祖父江投手に交代
1死1、2塁で、バレンティン選手はライトフライ。
川端選手がタッチアップして2死1、3塁も、
雄平選手はセカンドゴロで3アウト

6回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
先頭の高橋選手にヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

6回裏、中日は谷元投手
ヤクルトは三者凡退

7回、近藤投手が続投 3人で片付けます。

7回裏、中日は谷元投手が続投
先頭の代打・西浦選手がレフト前ヒットで出塁
山田選手はファーストフライ。依然、こういう打ち損じが多く見られます。
川端選手はセカンドゴロ併殺打で3アウト

8回、ヤクルトは秋吉亮投手が登板 サードに西浦選手
1死後、福田選手にセンター前ポテンヒット、
高橋周平選手にライト前ヒットを打たれ1死1、2塁
平田選手にセンター前タイムリーヒットの3連打浴び4-3
ヤバい雰囲気になってきました。

ヤクルトは、ここで石山泰稚投手に継投
中日は代打・藤井選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、4-4の同点に
なおも1死1、2塁で、亀澤選手はレフトフライで2死となり、
大島選手にレフトオーバーのタイムリー2塁打を浴び、4-6と勝ち越しを許します。
さっきは普通に守って2塁から生還を許し、今度は前進守備で頭を越されるって、
守りでも裏目裏目となっています。

京田選手は四球で2死1、2塁となり、アルモンテ選手は三振で3アウト
しかし、石山投手を8回からつぎ込んで逆転されるとは、ダメージが大きいですね。
秋吉投手が1イニングも抑えられないって言うのが、もうね・・・。

8回裏、中日は鈴木博志投手が登板
青木選手は154㌔ストレートに空振り三振
バレンティン選手は初球を狙い打って7号ソロ弾で5-6と1点差
後続は倒れます。

9回、ヤクルトは風張投手が登板
三者凡退に抑え、裏の攻撃に望みをつなげます。

9回裏、中日は田島投手
先頭の廣岡選手がレフトへのヒットで出ます。代走は田代選手
中村捕手が送りバントで1死2塁となり、
西浦選手はショートゴロでランナー進めず2死2塁
山田選手は申告敬遠され2死1、2塁となり、
荒木選手は四球で歩き2死満塁。ここで今日3番の青木選手
一打出ればサヨナラ、真価が問われます。
しかし、中途半端な振りでショートゴロとなりゲームセット

メジャーに行く前から、こういう場面で、青木選手が打った記憶があまりなかったので、
がっかりというより、やっぱりかと思いました。

ヤクルトは5-6で1点届かず中日に敗れ、これで5連敗、借金は7となりました。
しかし、途中までリードしていたので、今日こそ勝てると思いましたが、
勝ちきれませんでしたね。残念です。

ハフ投手がアクシデントで3回で降板したのが、そもそも誤算
あとは、ブルペン陣で細かく継投し、特に近藤投手は2イニングを0点に抑える好リリーフ
しかし、秋吉投手が1イニング持たず、
ピンチを招いて8回から石山投手を投入も逆転される大誤算。

バレンティン選手の3試合連続のホームランで1点差に追い上げますが、
最後は2死満塁で青木選手が倒れゲームセットとなりました。

今日はまた打順を入れ替えましたが、もう青木選手に主軸は任せない方がいいでしょうね。
今日で、はっきり結果が出たように思います。
5回にタイムリーヒットは打ちましたが、最後に決めてほしいところでは打てませんでした。

青木選手ありきの打線の組み方はもうやめてほしいです!
青木選手に期待するのはわかりますが、長打もないし、チャンスに強くもありません。
やはりチャンスメイカーでこそ生かされるバッターなんでしょう。
そこのところを首脳陣は間違えないようお願いします。

過去の実績やメジャーリーガーということで過大評価するのはやめてください。
まだ、日本の野球にアジャストできてないのかもしれませんが、
今の力を冷静に見極めるべきです。
私は、青木選手をセンター優先で使い、坂口選手を1塁に追いやるくらいなら、
守備のことを考えて、青木選手はベンチでもいいくらいに思っています。

次は打って、私に手のひらがえしをさせてください!
その時は土下座してあやまります。

それより、ベンチは日替わりのオーダーに頭を使うくらいなら、
リリーフ陣を何とかしてください。
石山投手が、早くも息切れ状態では、このあと戦っていけません。
かといって、カラシティー投手を平気で下に落として、
下からは上げるような投手がいません。
どうするんですかね?行き当たりばったりの投手運用で。

今1軍で投げている中尾、風張投手にしても、安定しているとは言えず、
このまま無駄に投げさせられて疲弊するのは目に見えています。
先発投手は、もう打たれても最低でも5回は投げてもらわないと、後ろが壊れます。

ヤクルトに必要な補強は、本当は投手でしたね・・・。
それがはっきりした試合でした。

明日は、原樹理投手の好投を期待したいですが、
もし打たれても長い回を投げさせるようお願いします。


by misty2011 | 2018-05-01 22:52 | 東京ヤクルトスワローズ

東京ヤクルトスワロ―ズは、広島東洋カープとの3連戦に、
勝てるチャンスはありながらも、結局、同一カード3連敗に終わりました。
善戦及ばずと言いたいところですが、やはり力の差を感じました。

開幕直後のヤクルトは、ノーヒットで得点できたり、
進塁打、犠飛などできっちり得点できていましたが、この3連戦ではそれが出来ませんでした。
ヒットや四球でランナーが出ると、判で押したように送りバントで進めましたが、
あと1本が出ず、得点に至らなかったケースが目立ちました。

中でも、山田哲人選手が出塁しても、自打球の影響がまだあるようで、
盗塁が出来ず、バントで2塁へ進むだけで何の仕掛けもなかったのは残念でした。
また、バレンティン選手と山田選手以外、ホームランがあまり期待できず、
長打を打つ選手も限られています。
そんなチームにあって、走れるのが唯一山田くんくらいしかいないというのも
チームの大きな課題でしょうね。
その山田くんの足が使えなかったのは、
スモールベースボールをやる上では大きなマイナスでした。
早く回復するといいのですが・・・。

一方、広島カープは3戦目の9回裏、2死からの土壇場での菊池選手の同点打、
また、延長12回裏でも、2死ランナーなしからサヨナラ打が出て、
さすがリーグ連覇したカープ野球の勝負強さと執念を感じました。
特に、9回裏は2死から田中広輔選手がヒットで出て、
アウトになればゲームセットの場面で、果敢に2盗を試みて成功させました。
そのあと、菊池選手が前進守備をあざ笑うかのように右中間へタイムリー3塁打を運びました。
サヨナラ打の下水流選手も、球種を絞って打ったようですね。
勝負所での状況判断や仕掛けが、やはり一枚も二枚も広島が上でした。

また、この3連戦ではヤクルトに守備ミスが目立ちました。
そのほとんどが失点につながって行きました。
1点を確実に取りに行くスモールベースボールにおいては、
1点をやらない守備がより大切になってくると思います。
しかし、現実は、センターラインにミスが続出していて、
とても守り勝つ野球は出来ていません。
廣岡選手の場合は、ベンチの育成方針があり、
ある程度、守備には目をつぶって打撃を伸ばす1年なので、
本人の責任だけじゃないですが、
中村捕手と青木選手には、しっかり守ってほしいと奮起を促したいと思います。

開幕前に、私は「4番青木宣親」選手の構想には賛成しかねていて、記事にも書きました。
開幕後は、つなぎの4番と決める4番で、青木選手がしっかり役目を果たしていて、
さすが、石井琢朗コーチはじめ、首脳陣は見る目があるなあと脱帽しました。
私の浅はかさを、このブログで反省したものです。

しかし、その効果も開幕から3カード目くらいまでで、
それ以降は、ベンチが頑なに推し進める打順が
果たして機能しているのかなあと思うケースが増えてきました。

私は青木選手の復帰で、幾通りもの打順が組めると楽しみにしていましたが、
休養日で外れることはありましたが、
今のところ4番青木選手は固定です。
それに伴い、1番山田、3番バレンティン選手も固定
まあ、あれこれオーダーをいじるのは決していいことではありませんが、
機能していないのであれば、打開策として違う打順を試みることはあっていいと思います。

それとも、チームとしては、昨年よりは得点できているので、
首脳陣は、この打順が機能しているとの判断なんでしょうか?
まあ、誰が4番に入っても打たなければ不満は出るってもんですが、
ただ、打順を考える上で、選手の適正というか、打撃スタイルというのはあると思います。

少なくとも、今、山田選手の足の状態が思わしくなく走れないのであれば、
盗塁なしの1番山田選手というのは、あまり意味がないように思います。

同じ走らないのであれば、
チームで出塁率も打率も高い坂口智隆選手が、1番としては最も適性があるように感じます。
ヒットが打てない時でも、ファールで粘ることもできるので、
ホームランは打っても、あっさり三振や凡打することの多い山田選手よりは、
後ろの打者にも参考になります。

盗塁が出来ないことを除くと、チャンスメーカーとしてはうってつけなんですけどね。
その意味では、2番が送りバントというは意味を持つでしょうね。
これは、青木宣親選手にも、ほぼ同じことが言えるように思います。
以前は足も速かったですが、さすがに衰えは隠せないので、盗塁は同じく望めません。

2番は、西浦選手、昨日は奥村選手、たまに山崎選手と固定とまではされていません。
この中で、バント多用であるなら、
2番西浦選手は今は当たっていて長打もある方なので、勿体ないように思います。
先頭が出た場合、お決まりのようにバントをさせるよりも、
打った方が併殺などリスクはありますが、
逆にチャンスが広がるケースもあると思いますから。

ベンチは、バレンティン選手は3番以外は考えてないようですね。
そのバレンティン選手も、やっぱりムラがあって、今は打撃が低調です。
4番青木選手になった元はといえば、バレンティン選手を3番において、
チャンスで歩かされることなく勝負してもらえるという狙いがあったと思いますが、
果たして、今の青木選手にそれだけの怖さがあるでしょうか?
青木選手はポイントゲッターではなく、
チャンスメーカーとして、その打撃が活かされるバッターだと私は思います。

なので、バレンティン選手の後ろは、打率は低いですが、
ホームランや2塁打がある山田哲人選手の方が、まだいいような気がします。
今の1番と4番を取りかえる打順です。
あと、バレンティン選手が塁に出た場合、足のことを考えると、
単打ではなかなかホームに還って来れないので、
後ろは長打がある方が望ましいでしょうね。

オーソドックスに考えた場合は、3番山田―4番バレンティン選手なんですが、
ベンチはバレンティン選手に初回から回したい考えなので、
以上のことから、確実性には欠けますが、4番山田くんもアリだと思います。
つなぎの4番ではなく、出たとこ勝負、イチかバチかの4番てっぱちくんってことで!?

また、青木選手4番構想の際、初回に3番で終わっても、
次の回は青木選手がトップバッターの役割が出来るからとありましたが、
それこそ、まさに山田くんにも言えることです。

3番バレンティン選手固定であれば、
4番候補として考えられるのは、あとは雄平選手でしょうね。
畠山選手が元気であれば畠山選手なんですが。
復帰しても、もうケガと隣り合わせで、打撃も多くは期待できません。
雄平選手は、チームの中では、何も考えてなさそうで、意外と勝負強いバッターです。
あっさり打ち上げたりもしますが、2塁打は結構あって、私は頼りにしています。

バント多用なので、ベンチに以下の発想はなさそうですが、
私は1番坂口、2番青木選手で、3番はバレンティン選手、4番山田選手の並びを推しますね。
山田選手が後ろの方が、走りやすいようには思うからです。
あと、前で山田選手がホームランを打つと、
バレンティン選手は負けじと大振りになるので、
山田くんが後ろの方がいいような気がします。
(本音は今の山田くんに4番は荷が重いので、もっと下位で4番は雄平選手の方がいいですが)

ただ、元メジャーリーガ―を、日本的発想では2番には置けないでしょうね。
ましてやバントのサインは出しづらいでしょう。
メジャーでは最強打者2番説もあるくらいなので、決して軽い打順ではないですが。
また、以前、1番坂口、2番川端選手の打順がありましたが、
これが一見よさそうなのに、さっぱりつながらなかったので、川端選手の2番も却下です。

頭部死球以降、川端選手は調子が上がらないし、守備のこともあるので、
こちらは、しばらくはベンチでいいと思います。
また、現在、4番から6番まで左バッターを並べていますが、こちらもあまり機能していません。

それから、一発のある山田選手が1番の場合、
中村捕手が2014年ほど打ってないので、
ほとんどがソロホームランになる可能性が大だということ。
現に、原樹理選手がヒットを打った後に2ランが出ましたが、あとはソロ弾ばかりです。
ま、これはランナーがいた場合は、もっと厳しい配球になるとは思いますが。

続いて、守備に関して私が思ったことを正直に書いておきます。
私は、青木選手が全盛期でも、ゴールデングラブを6年連続で受賞するほど上手くはないと、
このブログを始めた2011年に書いています。
これに関しては、山崎選手のことを書いた時にも、
外野の守備に関しては私はシビアだと辛辣なことを書きました。

今は整形してノムさん言うところの「変人」、
イヤそれを通り越して奇人っぽくになってしまいましたが、
私はかつての外野の守備の名手・新庄剛志選手の大ファンで、
応援サイトを立ちあげていたくらいだったので、
比較するのはかわいそうですが、
メジャー移籍前でも、青木選手のセンターの守備を、あまり上手いと思ったことはありません。

写真は浦添キャンプより
e0222575_238865.jpg


その青木選手が、さらに守備が衰えてきているのを見るのは寂しいものがあります。
新庄選手にあこがれていたという坂口選手の方が、
青木選手よりはセンターの守備は上手いでしょう。
私は、特にグッチファンというわけではありませんが(友人にグッチファンはいます)、
オリックス出身なのに、イチロー選手じゃなく、
新庄選手のファンだったというので好感度が上がりました。

出来ればセンターは坂口選手にお願いしたいですが、
これも青木選手のプライドやら、他のポジションをやらせることへの気遣いがあって、
できないことなんでしょうね!?

坂口選手は、慣れないファーストを守っていますが、
やはり、難しい打球に対してはミスが出ています。
これは、1塁で起用するベンチの責任でもあるでしょう。
本来のセンターを守らせてあげたいというのが私の本音です。

昨年、96敗の歴史的大敗のチームにあって、
最も献身的に頑張った坂口選手への配慮がなさすぎるように感じます。
選手の実績、格としては、勿論センター青木選手ありきはわかりますが、
実際のプレーを見ると、ちょっと・・・と思うところはあります。

守備の面では、ファースト、センターともマイナス面が出ているように私は感じています。
ただ、青木選手は他のポジションで守るところがないので、難しい問題です。
1塁では的が小さすぎて不向きでしょうし。

青木選手のヤクルト復帰の最大のプラス面は、
今までチームを引っ張る選手が不在だったので、
その精神的支柱となる選手がようやくできたことだと思います。
畠山選手復活への意欲を促した面もありましたが、
肝心の本人がまたケガでは何とも・・・。
山田選手をはじめ、若い選手たちは、いろいろアドバイスを受けることが出来ています。

琢朗コーチが、ヤクルト就任が決まったあとプロ野球ニュースにゲスト出演した際に、
ヤクルトにはチームを引っ張る選手がいないと話していました。
広島には新井貴浩選手という大きな存在がいますからね。
メジャーでたくましくなって古巣に戻った青木選手は、
まさにチームの柱となって支える選手となりました。
新井さんと同じような役割を、青木選手に期待しているところはあるでしょうね。

ただ、青木選手は、抜群に高い打撃技術はありますが、
決定的に違うのは新井さんには長打があることでしょうね。
そのぶん怖さがあります。

青木選手は今、4番のプレッシャーを感じているかもしれませんね。
あまり負担に感じることなく、開幕当初の頃のような、明るい表情を見せてほしいものです。
何より、プレーでチームを引っ張る存在であってほしいと願っています。
4番でなくても、それは出来ると私は思います。

こう書いても、4番センターは当分このままなんでしょうけどね・・・。
私がこう書くと、明日あたり、青木選手にホームランが出たりして。
期待しましょう。
いろいろ思いつきでグダグダ書きましたが、まとまりませんでした。

by misty2011 | 2018-04-20 20:42 | 東京ヤクルトスワローズ

神宮開幕戦となった広島東洋カープとの1回戦は、
両チーム合わせて四死球が18という荒れた試合となりました。
ヤクルトでは青木選手が右肩付近にぶつけられ、
川端選手は頭部死球で負傷交代にまで至りました。

川端選手は検査の結果、異常なしということで一安心でしたが、
脳振盪特例措置の対象選手として、本日付で抹消されました。
代わって上がってきたのは大村孟選手で、その代替指名選手となります。
広島は鈴木誠也選手が抹消されました。足の状態があまり良くないんでしょうね。

2戦目の先発は、ヤクルトがハフ投手、広島は高橋昂也投手
スタメンは川端選手抹消により大幅に入れ替えてきました。
2番サード西浦、5番坂口(ライト)、6番ファーストには鵜久森選手と、
左投手用のオーダーとなりました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、ハフ投手は簡単に2死を取りますが、丸選手にデッドボール(報復!??)、
エルドレッド選手には四球を与え2死1、2塁
しかし、松山選手をショートゴロに打ち取り3アウト

1回裏、先頭の山田選手は初球を打ってサードぼてぼてのゴロ、間一髪アウト
西浦選手は3塁線へのセーフティバントが内野安打となります。ナイス!
考えて打席に入ったんでしょうね。今季初スタメンでヒットが出ました。
バレンティン選手はレフトフライ後、青木選手はセンターへのヒットで2死1、3塁
しかし、坂口選手がセカンドゴロで先制ならず。

2回、ハフ投手はサクサク三者凡退に抑えます。
オープン戦の時同様、投球テンポがよく、ストライク先行で制球も安定しています。

2回裏2死後、ヤクルトは中村捕手がセカンド内野安打で出ますが、
ハフ投手はサードゴロで3アウト

3回、ハフ投手はこの回も3人で片付けます。

3回裏、先頭の山田選手はライトフライ、西浦選手はセンターフライで2アウト
バレンティン選手は左中間への2塁打で出塁
青木選手は四球を選び2死1、2塁
チャンスで再び坂口選手に打席が回りますが、レフトフライに倒れ得点ならず。

ヤクルトは3回までに4安打で押し気味の試合運びながら、点が取れません。

4回、ハフ投手はこの回も三者凡退、まだノーヒットと快調な投球。
好投に報いるためにも、早く先制点が欲しいですね。

4回裏、先頭の鵜久森選手がライトへの2塁打で出塁
鵜久森選手、今日はメガネをかけています。
廣岡選手は送りバントを決め1死3塁
ここで、中村悠平捕手は左中間へのタイムリー2塁打を放ち、ヤクルトが1点先制!1-0
ハフ投手は三振で、山田選手は四球を選び2死1、2塁
つづく、2番の西浦選手がレフトへタイムリーヒットを放ち2-0
ナイスバッティング、西浦選手!スタメン起用に応えました。
ようやく打線がつながりました。

ここで、バレンティン選手はレフトスタンドへ2号3ランホームランを叩き込み
ヤクルトが5-0と一気にリードを広げます。
この3ランはでかい、大きな援護となりました。!
青木選手はセカンドゴロで3アウト

5回、ハフ投手はこの回も三者凡退。依然ノーヒットピッチング

5回裏、広島は九里投手が登板
1死後、鵜久森選手がセンター前ヒットも、後続が倒れます。

6回、ハフ投手は途中からマスクの磯村捕手にソロホームランを打たれ5-1
許した初ヒットがソロ弾でした。
田中選手は3打席3三振後、菊池選手にセンター前ヒットを打たれ、
丸選手に四球を与え1死1、2塁
つづくエルドレッド選手には粘られライトへ3ランホームランを運ばれ5-4と1点差。
あちゃ~~~!これはマズい。
つづく松山選手にも今季1号ソロ弾を浴び5-5の同点に。うわぁぁぁぁぁ
天国から地獄へ突き落されました。恐るべしカープ打線!
(この回に限らず、球審が可変ゾーンで訳わからず)

ここでハフ投手は無念の降板となり、2番手で秋吉亮投手が登板
後続を打ち取り3アウト

6回裏、九里投手から代打の山崎選手がライト線への3塁打で出塁
山田選手は四球で歩き無死1、3塁
さあ、西浦選手、もう1本お願い!の願いが届いたかセンター前にタイムリーヒットを放ち
ヤクルトが6-5と勝ち越します。やったね~!!

山田選手は好走塁で3塁まで走り無死1、3塁
バレンティン選手は捕邪飛に倒れますが、その間に西浦選手は2塁へ好走塁で1死2、3塁
青木選手はライトライナーで2死となり、坂口選手はセンターフライで追加点ならず。
もう一押し欲しかったですね・・・。

1点リードで7回は石山泰稚投手が登板
山崎選手がライトの守備につきます。
石山投手はきっちり3人で片付けます。

7回裏、広島は一岡投手が登板
先頭の鵜久森選手が四球で歩き、代走は荒木選手
廣岡選手は送りバントで1死2塁
中村捕手は三振で2死となり、
山崎選手は3-1からボール球に手を出しセカンドフライで追加点ならず。

8回、石山投手が続投
菊丸を打ち取り、エルドレッドは一邪飛で3アウト
ストレートが走っていました。

8回裏、広島は中田廉投手が登板
先頭の山田選手が三遊間を抜けるヒットで出塁。
当たりは良くないもののコースヒットでヒットはヒット、ようやく今季2安打目
西浦選手は送りバントで1死2塁
バレンティン選手は申告敬遠で1死1、2塁

続く青木選手がは初球を捉え、ライトへのタイムリー2塁打を放ち7-5
3塁代走は上田選手で、1死2、3塁で代打・畠山選手
畠山選手の打席で、中田選手の暴投で、3塁ランナーが生還して8-5
畠山選手はサードゴロで3塁ランナーがアウトとなり、1塁代走は奥村選手
再び中田投手の暴投で2死2塁となり、荒木選手は四球を選び2死1、2塁

ここで、広島はアドゥア誠投手に継投
またも暴投でランナーがそれぞれ進塁し、廣岡選手は四球で2死満塁
中村捕手はショートゴロで3アウト
しかし、この回2点追加して3点リードとなりました。

9回はカラシティー投手が神宮初登板。ライト上田、レフト山崎選手に守備変更
1死後、廣岡選手のエラーでランナーを出しますが、
代打の安部選手を見逃し三振で2死となり、
メヒア選手をセンターフライに打ち取りゲームセット

もつれた試合でしたが、ヤクルトが8-5で広島を下しました。
ヤクルトは今季神宮初勝利!

先発のハフ投手は5回までノーヒットピッチングの完璧な投球でしたが、
まさかの6回1イニング3被弾で同点に追いつかれるとはね・・・。
バレンティン選手が2試合連続の2号3ランで、一時は5-0となったので、
これでもう大丈夫と思いましたが、その後、一気に同点にされました。
これだから野球は怖いです。
(ハフ投手は球審の判定に気の毒な部分がありました。)

同点となり、2番手以降の秋吉、石山(2イニング)カラシティー投手が、
カープ打線をノーヒットに抑える好投も光りました。

打つ方は、なんといっても今季初スタメンに起用された西浦直亨選手が、
必死の姿を見せ頑張りました。
最初の打席でバントヒットを決め、その後は2点目となるタイムリーヒット、
そして6回には勝ち越しとなるタイムリーヒットで3安打猛打賞2打点と
生き残りをかけアピール十分の活躍でした。よかったですね。

写真は浦添キャンプより
e0222575_21323068.jpg


バレンティン選手は貫禄の2試合連発の2号2ラン
青木選手は、バレ敬遠後にきっちり4番のタイムリー2塁打
左につよい鵜久森選手もスタメン起用に応えマルチヒットと活躍

中村悠平捕手は先制のタイムリー2塁打など2安打1打点と活躍。
打撃の調子がグーンと上がってきました。

途中出場の山崎選手は3塁打を放ち、勝ちこし点へとつながりました。
山田選手にもようやく今季2本目のヒットが出て7点目のホームを踏みました。

カープの4安打に対し、ヤクルトは13安打で8得点と今日は打ち勝ちました。


明日は館山投手の先発です。
今日のように打線が援護してほしいですね。
神宮でカープに是非勝ち越してください!

by misty2011 | 2018-04-04 21:50 | 東京ヤクルトスワローズ

2018東京ヤクルトスワロ―ズは開幕戦を勝利で飾り、
小川監督率いる新体制のスワローズは「再起」に向け幸先いい船出となりました。

2戦目の先発は横浜DeNAベイスターズがバリオス投手、ヤクルトは石川雅規投手
ヤクルトのスタメンは初戦と同じ。

私は、オープン戦では機能したとは言えなかった打順に関して懐疑的でしたが、
いざ開幕すると、見事に結果を出しました。やはり素人の浅はかさだったようです。
畠山選手のスタメン復帰、雄平選手が1軍に戻って来るまでは、
しばらく、基本このオーダーで行きそうですね。

試合経過は ニッカンスコア  

初回、先頭の山田選手は外高目を見逃し三振。またかと最初から私のテンションだだ下がり。
昨日からこれで見逃し三振が3個め
もうちょっと積極的にバットを振らないと!
オープン戦でホームランやヒットを打った時は、ファーストストライクを捉えていたんですよね。
昨夜、プロ野球ニュースの高木豊さんが、かかとに体重が乗っているので、
外が遠く見えると話していましたが、そういうことなんですかね?
このあと、山崎、バレンティン選手も倒れ三者凡退

1回裏、石川投手は2死後、筒香選手を四球で出しますが、ロペス選手を打ち取ります。

2回1死後、川端選手がレフト前ヒット、坂口選手はセンターフライ
廣岡選手は右打ちのライト前ヒットで2死1、2塁
廣岡くんは、追い込まれてもこれができるようになったのは成長ですね。
山田くんに教えてあげてほしいくらい(苦笑)
中村捕手は四球を選び2死満塁
しかし、石川投手はショートゴロで先制ならず。

2回裏1死後、
石川投手は今日先発マスクの嶺井捕手にライトへソロ弾を運ばれ先制されます。0-1
続く、神里選手にライトへ2塁打を打たれますが、後続を打ち取り1点どまり。

3回、先頭の山田選手はフルカウントから四球で出塁。三振じゃないだけでもホッとします。
すかさず初球に2盗を決めます!足は健在、バットと違って思いっきりがいいですね。
山崎選手は3塁線へのバントヒットで無死1、3塁とチャンス拡大!
山崎選手も2盗を決め無死2、3塁
ここで、バレンティン選手はぼてぼてのショートゴロで、
3塁から山田選手がホームインして1-1の同点に

青木選手はお尻にデッドボールをぶつけられ1死1、3塁
川端選手はファーストゴロで、山崎選手が三本間で挟殺され2死1、2塁
坂口選手はセンター前ヒットで2死満塁。(青木選手は河田コーチが制止して3塁ストップ)
続く廣岡選手はフルカウントから押し出しの四球をもぎ取り2-1と勝ちこします。
よくボールを見極めました。

3回裏、石川投手は1番からの打順を三人で片付けます。

4回1死後、山田くんはまたまた外の球(カーブ)に反応できず見逃し三振。
振れよ!と思いますが、振っても当たらず空振りするんですよね。
山崎選手は四球を選び、バレンティン選手はライト前ヒットで2死1、2塁
実質、山崎選手がトップバッターの役割をしていますね・・・。

ここで、青木選手は右中間フェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち、
二者生還して4-1。きっちり4番の仕事をしました。
山田くんがこんな状態なので、何とかしてくれる4番青木選手は大正解ですね。
川端選手はセカンドゴロで3アウト

その裏、石川投手は三者凡退にきっちり抑えます。

5回、DeNAはエスコバー投手に交代
先頭の坂口選手は右手の指に当たる死球で倒れますが、そのまま1塁に出ます。
ひどいですね、2試合でヤクルトはもう3個めの死球、何回ぶつけられるんでしょう。
坂口選手は2盗失敗で2死となり、石川投手は三振で3アウト
坂口選手、気丈にしていますが、大丈夫でしょうか?
念のため試合後は病院に行ってほしいですね。

5回裏、石川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

6回、先頭の山田選手は四球で出塁。ラッキー!もうこれしかなさそう。
山崎選手は送りバントで1死2塁も、
バレンティン、青木選手が倒れ3アウト

7回、DeNAは三上投手が登板
先頭の川端選手がセンターへの2塁打で出塁 代走は藤井選手
坂口選手はセカンドゴロ進塁打で1死3塁
廣岡選手はセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち5-1
今日2打点!
この打順だと廣岡選手にチャンスが回ることが多く、
そこできっちり結果を出すのが頼もしいですね。感心します。

7回裏、石川投手は続投
2死後、嶺井捕手にレフトへ2塁打を打たれ、
つづく神里選手選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ5-2と3点差。
代打・中川選手もセンター前ヒットを打たれ2死1、2塁
この後、石川投手の2塁けん制悪送球で2死1、3塁
倉本選手にはライト前にタイムリーヒットを浴び5-3
この回、2死から4連打を浴び2死1、3塁のピンチとなり、
ここで石川投手は降板で、近藤一樹投手に継投
近藤投手は桑原選手をサードフライに打ち取り3アウト!ナイスリリーフ

8回、DeNAは砂田投手が登板
先頭の山田選手は、簡単に2ストライクと追い込まれ、サードゴロ。
2試合でまだノーヒット
山崎選手は見逃し三振。バレンティン選手も倒れ、簡単に3アウト

8回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1塁に荒木選手が入り。レフトに坂口選手。バレンティン選手がベンチに
1死後、筒香選手にヒットを打たれますが、ロペス、宮崎選手を抑えます。

9回、砂田投手が続投
先頭から青木、藤井選手が三振に倒れ、坂口選手はセカンドゴロで3アウト
砂田投手の前に2イニングパーフェクトに抑えられました。

2点リードでヤクルトは9回裏、カラシティー投手が登板
先頭から四球、暴投、四球で無死1、2塁ののピンチを招くと、
つづく代打の柴田選手のキャッチャー前の送りバントを、
中村捕手が3塁へ送球してアウトとなり1死1、2塁
倉本選手はレフトへのライナーを坂口選手がナイスキャッチして2死となり、
最後は代打の佐野選手をセカンドゴロに打ち取りゲームセット
ヤクルトが5-3で逃げ切りました。

これでヤクルトは開幕2連勝
先発した石川雅規投手は7回途中まで投げ、
103球6安打(1HR)で3失点で今季初勝利をあげました。昨年5月以来の勝ち星です。
おめでとうございます。
2回にソロ弾を浴びましたが、3回から6回までは一人のランナーも出さないナイスピッチング
7回は連打され降板しましたが、よく投げてくれました。

カツオくんは打線の援護さえあれば、昨年のような事にはならず、ある程度勝てる投手です。
幸先よく今季初勝利、本当に良かったです。

写真は浦添キャンプより石川雅規投手 
今季初勝利で、久しぶりに笑顔のカツオくんが戻ってきました。
e0222575_1951166.jpg



打線は3回に、山田選手が四球、2盗、バントヒットで、バレンティン選手の内野ゴロで1点と、
ここでも1安打で、凡打が得点に結びつき同点に。
今年を象徴する点の取り方ですね。
この後も打線がつながり廣岡選手の押し出し四球で勝ち越し

4回には青木選手の2点タイムリー2塁打で4点目

5回には廣岡選手のタイムリー2塁打で5-1とリードを広げます。

7回には石川投手が4連打され5-3と2点差まで詰め寄られますが、
近藤ー石山投手とつなぎ、
最後はカラシティー劇場でピンチを招きましたが、辛くも逃げ切りました。
カラシティー投手は初戦とは違って不安定でしたね。
まだ、投げてみないとわからず何とも言えませんが、失点しなかったのは良かったです。

ヤクルト打線は8安打で5得点
川端選手と廣岡選手がマルチヒットで、
廣岡選手は押し出し四球とタイムリー2塁打で2打点の活躍!
青木選手の4回の2点タイムリー2塁打も見事でした。

最後に山田哲人選手について
私はオープン戦の最後のほうで、打順に関して不満を書きましたが、
これは琢朗コーチに先見の明があったと脱帽です。
今のところ、山田くんはエラーや四球で出て盗塁から得点していますが、
8、9、1番がノーヒットで、それ以外の2番から7番の打線はヒットが出てつながっています。
山田くんを主軸に置いたら、この2試合、打線が分断されて得点できなかったかもしれません。
それをも見越していたとしたら凄いことです。

山田くんは2試合で8打数ノーヒット4三振 2四球2盗塁 打点なし
つい1週間前は、調子がいいので早く開幕してほしいなんて言っていましたが、
わずかの間に調子をガクンと落としたようですね。困りました。
今の状態はオープン戦が始まったばかりの頃に被りますね。

ストライクを簡単に見逃してすぐ追い込まれ、三振を量産
特に、昨年不振時からのコンタクト率の悪さには目を覆いたくなります。
外の球は振ってもバットに当たらない、振らないと見逃し三振の悪循環
どうしたもんでしょう。
プロ1年目や1軍に定着した頃でも、こんなことはなかったんですけどね。
むしろ良かったくらいなのに・・・。

これから調子が上がるんでしょうか??
昨年のような事にはならないと思いつつ、でも昨年のことがあるので不安にもなります。
まあ、なるようにしかなりません。
そのためにも、1本はやくヒットが出たらと思います。明日こそヒットが出ますように!

チームは好調なのに、山田選手がこんな状態なので複雑な気持ちです。
とてもじゃないですが、心穏やかではいられません。

by misty2011 | 2018-03-31 18:56 | 東京ヤクルトスワローズ