タグ:青木宣親 ( 48 ) タグの人気記事

東京ドームで2勝1分けの好成績をあげ、
3位巨人とのゲーム差を3.0とした東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から甲子園で4位阪神タイガースとの2連戦

先発は阪神が小野泰己投手、ヤクルトは原樹理投手
スタメン6番サードは大引選手
阪神の先発マスクは、梅野捕手ではなく坂本誠志郎捕手

試合経過は ニッカンスコア

初回、先頭の坂口選手が左中間への2塁打で出塁
青木選手はレフトフライで1死となり、
山田選手はストレートの四球で歩き1死1、2塁
続くバレンティン選手が三遊間を破るタイムリーヒットを放ち
ヤクルトが先制!1-0

雄平選手はファーストゴロ併殺打で3アウト

1回裏、原樹理投手は三者凡退に抑えます。
先頭の北條選手はライトフライでしたが、雄平選手と青木選手が交錯して、
ちょっと危ない場面がありました。
この二人の連係は、いつもぎくしゃくしていますね。
仲でも悪いのかと勘繰りたくなります。(半分本気、半分冗談ですが)
坂口選手がセンターの時は、こんなことはなかったんですが。

2回、大引、西浦選手の連打で無死1、2塁
小野投手の暴投で、大引選手が3塁へ進み無死1、3塁
井野捕手は四球で歩き無死満塁
原樹理投手は空振り三振で1死満塁
坂口選手はファーストゴロで2死満塁
青木選手もファーストゴロで、無死満塁から1点も取れず、はぁ…

2回裏、原樹理投手は三者凡退に抑えます。

3回、先頭の山田選手がセンター前ヒットで出ます。
今季、小野投手から初ヒット
バレンティン選手はセカンドゴロで1死2塁。
雄平選手はショートゴロで2死3塁
大引選手は三振で3アウト
ランナーを出しますが、小野投手の時は、こういう展開が多く点が取れません。

3回裏、原樹理投手は三者凡退に抑え、ここまでパーフェクト!

4回1死後、井野捕手がショート内野安打で出ます。
この時、飛び込んだ北條選手が左肩を痛め(脱臼っぽい?)、
担架で運ばれ負傷退場。ショートに植田選手が入ります。
原樹理投手は送りバントを決め2死2塁
坂口選手は空振り三振で3アウト

4回裏、原樹理投手はこの回も三者凡退に抑え、パーフェクト継続中

5回、先頭の青木選手が四球で歩きます。
山田選手は見逃し三振で、走った青木選手は2塁余裕でタッチアウト
青山コンビで、またも三振ゲッツー。なんど見たことか!

山田くん、際どくもないストライクを平然と見逃すんじゃありません。
シーズンが終わろうとしているのに、いまだにゾーンの見極めができていません。
自分のゾーンにこだわって、何度失敗を繰り返していることか。
コーチも、もっとバットを振るように指導できないものですかね?
せめてカットくらいしないと。そのカット技術がないのも問題ですが。

山田くんファンとして、あえてキツイことを言うようですが、
打てないのなら、打てないなりに、せめてチームバッティングを心掛けてほしいです。
もう8年目にもなって、それも出来ませんでは困ります。
キャンプで意識を持って徹底的に練習してほしい点です。

バレンティン選手はセカンドゴロで3アウト

5回裏2死後、原樹理投手はナバーロ選手にピッチャー強襲の内野安打を打たれます。
許した初ヒット。
後続を抑え3アウト

試合直後から、小雨が降り出しが、中盤に差し掛かって雨あしが強まってきました。

6回2死後、西浦選手がセンター前ヒットで出ます。
井野捕手は四球で歩き2死1、2塁
バッティングがいい原樹理投手がレフト前にタイムリーヒットを放ち2-0
野手が打たないのなら自援護するしかありません!ナイスバッティング!

坂口選手は四球で歩き2死満塁
ここで、阪神は能見投手に交代
青木選手はセンター前にタイムリーヒットを放ち、二者生還して4-0
さすが、満塁の青木選手!頼れるチームリーダーです。
2死1、2塁となり、山田選手は四球で歩き2死満塁。
得意の能見さんでも打てそうな雰囲気ではなかったので、四球はありがたい。
バレンティン選手はサードゴロで3アウト
この回、3点追加して4点差、俄然優位に立ちました。

雨がかなり強くなってきました。
6回裏、原樹理投手は三者凡退に抑えます。

7回、阪神は望月投手が登板
1死後、大引選手がライト前ヒットで出ますが、
西浦選手はファーストライナーダブルプレーで3アウト

7回裏、ぬかるんだマウンドに砂が入れられ試合続行
原樹理投手は、この回も三者凡退に抑えます。

8回、阪神は望月投手が続投
2死後、坂口選手が死球で歩きます。
ここで、バッターボックスに砂が入れられます。
青木選手はセカンドフライでアウト

8回裏2死後、原樹理投手は代打の鳥谷選手にレフト前ヒットを打たれます。
これで2安打目
このあと、代打の原口選手を空振り三振に仕留め3アウト

9回、阪神は伊藤和雄投手が登板 マスクは原口捕手に交代
先頭の山田選手は初球を打ち上げセカンドフライ
バレンティン選手も初球を打ち上げ1塁飛邪飛
雄平選手はファーストゴロであっさり3アウト
はやく終わりたい様子?

9回裏、4点リードで石山泰稚投手が登板 1塁には武内選手が入ります。
石山投手は三人締めでゲームセット

ヤクルトが4-0で阪神を完封して初戦をとりました。

原樹理投手は完投完封こそなりませんでしたが、
8回121球を投げ、2安打9奪三振・無四球・無失点の快投で5勝目をあげました。

おめでとうございます。

原樹理投手は雨が強まっても、全く乱れることがありませんでしたね。
力のあるストレート、そして、シュートとスライダーを内外にきっちり投げ分け、
阪神打線に付け入るスキを与えませんでした。
負けが続いていた時は、自分で追い込んで不安そうな表情が見えましたが、
今は、自信を持って自分の球を投げ込んでいますね。
見事なピッチングでした。

e0222575_1623533.jpg


また、得意のバッティングでも6回に自援護するレフトへのタイムリーヒットを放ち
なかなか取れなかった追加点の2点目を自らたたき出しました。

打線は10安打で4得点
雄平選手以外、先発全員安打で、大引、西浦選手がマルチでした。
初回に1点取ったものの、その後はランナーを出しながらも拙攻続き。
6回に原樹理投手の適時打で2点目をとると
2死満塁から青木選手が2点タイムリーヒットを放ち4-0
4点あれば、今日の原樹理投手には十分すぎました。

初戦で阪神打線を黙らせたので、明日もこの流れのまま抑えたいですね。
山中投手の好投を期待しています。
打線は早めの援護と、粘り強いバッティングをお願いします。

by misty2011 | 2018-09-14 21:27 | 東京ヤクルトスワローズ
2位の東京ヤクルトスワロ―ズと3位の読売ジャイアンツとの直接対決は、
ヤクルトが先勝し、2戦目は総力戦の末、勝ちに等しい引き分けとなり、
2位のヤクルトが1勝1分けとなり、優位に立ちました。

3戦目の先発は、巨人が田口麗斗投手、ヤクルトは今季初先発の星知弥投手
スタメンには雄平選手が復帰、7番サードには廣岡選手が入りました。


e0222575_205614100.jpg


試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは2死後、山田選手が四球で歩きますが、
バレンティン選手は見逃し三振

2回は三者凡退

星投手は、1回裏は四球、2回裏はヒットでランナーを出しますが、無失点に抑えます。

3回、先頭の中村捕手がセンター前ヒットも、
星投手が送りバント失敗で1死1塁
坂口選手はファーストゴロで2死1塁
青木選手は左中間へのヒットを放ち2死1、3塁
山田選手は空振り三振で得点ならず。
相変わらずャンスで打てませんが、最近はボール球を振っての三振が目立ちます。
選球眼まで狂ってきましたか?
それにしても、山田くん、顔がゲッソリ痩せて疲れきった表情に見えます。

3回裏、星投手は三者凡退に抑えます。

4回、先頭のバレンティン選手がレフトへのヒットで出ます。
2死後、廣岡選手がレフト前ヒットで2死1、2塁も、
中村捕手は空振り三振に倒れ、この回も得点できません。

4回裏2死後、星投手は岡本和真選手にライトスタンドに
31号ソロ弾を運ばれ先制されます。0-1


5回、ヤクルトは三者凡退

5回裏、星投手は三者凡退に抑えます。
昨日ほどの投手戦ではありませんが、試合展開は昨夜と同じようになってきました。

6回、先頭の山田選手がセンター前ヒットで出ます。
振りが鈍いですが、とりあえず一日一善。ほっ
バレンティン選手は天井に当たりライト前に落ちるヒットで無死1、2塁
雄平選手はショートフライで1死となり、
西浦、廣岡選手は連続見逃し三振に倒れ3アウト。
チャンスでヤクルトの打者は、どうも消極的ですね。

6回裏2死後、星投手は重信選手に四球を与えますが、
坂本選手をライトフライに打ち取ります。

7回、先頭の中村捕手がセンター前ヒット
代打の上田選手が送りバントを決め1死2塁
坂口選手はライトへのヒットで1死1、3塁
ここで、青木選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち1-1の同点に
頼りになります青木選手!

1死1、2塁となり、巨人は畠投手に継投
山田選手はセカンドゴロで2死1、3塁
甘い初球を見逃し、2球目を打ちましたが、
当てただけの中途半端なバッティングでした。
ここで、バレンティン選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち
ヤクルトが2-1と逆転
 ナイスココ!
なおも2死1、3塁で、雄平選手はセカンドゴロで3アウト

7回裏、ヤクルトは梅野雄吾投手が登板
2死後、亀井選手にセンター前ヒットを打たれますが、
田中俊太選手を見逃し三振に斬って取ります。

8回、巨人は上原浩治投手が登板
昨日は打てませんでしたが、今日は打ちたいですね。
2死後、中村捕手が四球で歩きます。
代打の川端選手はショートゴロで3アウト。
川端選手は、なでるようなバッティングで、本調子からは程遠い感じです。

8回裏、ヤクルトはハフ投手が登板
三者凡退に抑えます。

9回、巨人は中川投手が登板
先頭の坂口選手はセンター前ヒットで出ます。
続く青木選手がレフトスタンドに9号2ランホームランを放り込み
4-1とリードを広げます。大きな追加点です。ナイスホームラン!


巨人はアダメス投手に交代
山田選手はセカンドポップフライ。バレンティン選手はサードゴロ
雄平選手はレフトフライで3アウト

9回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
ファーストに武内選手、レフトに坂口選手
先頭の重信選手にセンター前ヒットを打たれ、
坂本選手はショートゴロ併殺崩れで1死1塁
岡本選手はセンター前ヒットで1死1、2塁
近藤投手のワイルドピッチで1死2、3塁となり、
マギー選手にセンターへ犠牲フライを運ばれ4-2
2死2塁となり、最後は亀井選手をセカンドゴロに打ち取りゲームセット

ヤクルトが4-2で巨人を下し、このカード2勝1分けで、
3位巨人と3.0ゲーム差に広げました。


今季初先発の星知弥投手は6回を投げ2安打1失点と好投して、
先発では初勝利で、今季2勝目をあげました。おめでとうございます。
失点は、岡本選手に浴びたソロ弾のみでした。

抹消後、2軍で先発調整して、きっちり結果を出しました。
星投手の好投で、先発の一枠のメドが立ったのは収穫ですね。

あとを継いだ梅野、ハフ投手も無失点
最後は、近藤投手が1点取られましたが、逃げ切りました。

チームは12安打で4得点、10残塁と効率が良いとは言えない攻撃ですが、
青木選手が同点打、バレンティン選手が逆転打
そして9回、青木選手の2ランで突き放しました。
青木選手とバレンティン選手が3安打猛打賞で、それぞれ3打点と1打点
坂口選手と中村捕手がマルチヒットでした。

この3連戦、実況アナが、ヤクルト“強力打線”と言うたびに、
私は違和感を禁じえませんでした。
確かに3割バッターが4人いて、30発以上が二人いますが、
数字ほど打っている実感はないですからね。
8、9回の終盤の得点力だけは、確かにありますが。

この3連戦は、打線よりは投手陣の頑張りに尽きると思います。
3試合で失点はわずか4失点
先発の好投、そして、疲労困憊のブルペン陣が、とにかく必死で投げてくれました。
頭が下がります。お疲れさまでした。

今日はバレンティン選手が一発はなかったですが、3安打猛打賞1打点と復調気配
ただ、山田哲人選手は、1安打出たものの、スイングが鈍く打球に力がありません。
山田くんで打線を切っているので、思うほど得点が出来ませんね。
今の状態では、チャンスで打席に回って来ても、打つイメージが持てません。
なので、その前の青木選手で、どうか決めてくれ~といつも私は祈っています。

今日は、その青木選手がきっちり打って、
また、後ろのバレンティン選手も、ここぞで打ってくれたので何とか勝てました。
青木選手がいなければ、昨年のような打線になっていたかもしれません。

2位と3位の直接対決で、東京ドームでヤクルトは2勝1分けと勝ち越し、
CS進出に向け大きく前進しました。
まだ、試合が残っていますが、2位が限りなく近づいてきたように思います。

明日は、甲子園に移動しますが、
1戦必勝で、ひとつひとつ大事に戦ってほしいですね。
阪神戦は、山田選手をベンチスタートにしてほしいくらいですが、
出来ないでしょうね。

by misty2011 | 2018-09-13 21:50 | 東京ヤクルトスワローズ
中日3戦目で大敗し、再び貯金0となった東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日からハマスタで横浜DeNAベイスターズとの3連戦

先発はDeNAが井納翔一投手、
ヤクルトは下半身のコンディション不良から今日1軍復帰の原樹理投手
スタメン6番サードは大引選手、先発マスクは井野捕手

試合経過は ニッカンスコア

初回、坂口選手に打球が井納投手の右足に直撃しますが、ベンチで治療後続投。
2死後、山田選手がレフト前ヒットで出ますが、バレンティン選手はライトフライ

1回裏、原樹理投手は三者凡退に抑えます。

2回1死後、原樹理投手はソト選手に右中間への2塁打を打たれますが、
後続を打ち取ります。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回、ヤクルトも三者凡退

3回裏、ヤクルトは青木選手が下がり上田剛史選手がセンターに入ります。
第1打席で青木選手はサードゴロに倒れますが、走り方がちょっとヘンでした。
どこか痛めたんでしょうか?心配ですね。
【追記】青木選手は背中の張りを訴え交代。
8日の出場については「様子を見ながら。以前にもこういうことはあったので」

4回、ヤクルトは2番上田選手からの打順も三者凡退

4回裏、原樹理投手はこの回も三者凡退に抑えます。
両チームともヒットは1本ずつ。
両先発の好投で、テンポよく試合が進みます。

5回、ヤクルトはこの回も三者凡退
井納投手は力あるストレート、変化球もキレて打てそうにありません。

5回裏、原樹理投手も三者凡退に抑えます。
ここまで、両先発譲らずの投手戦

6回1死後、原樹理投手が三遊間を破るヒットで出塁。チーム2安打目
しかし、坂口選手はファーストゴロ併殺打で3アウト
リクエストによるリプレー検証の結果、1塁アウトとなりました。

6回裏1死後、原樹理投手は石川雄洋選手にショート内野安打を打たれますが、
後続を抑えます。

7回2死後、バレンティン選手が四球で歩きますが、
雄平選手はショートゴロで3アウト

8回1死後、原樹理投手は筒香、ソト選手に連打され1死1、2塁
つづく桑原選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ先制されます。0-1
上田選手の送球の間にランナーが進塁して1死2、3塁から、
代打・佐野選手は空振り三振で2死となり、
井納投手の代打・楠本選手も空振り三振に仕留め、1失点で切り抜けます。

8回裏、ヤクルトは梅野投手ー中村捕手のバッテリーに交代
先頭の石川雄洋選手をセカンド内野安打で出します。
山田選手、捕ってほしかった打球です。足が動いていません。
大和選手が送って1死2塁から。
宮崎選手にライトスタンドに24号2ランホームランを放り込まれ0-3
さらに、ロペス選手にもバックスクリーン左に19号ソロ弾を運ばれ、
二者連続アーチで0-4と突き放されます。

ロペス選手の捕邪飛を中村捕手が捕球できず、その後の被弾でした。
つづく筒香選手に四球を与えますが、山田選手の好守もあって後続を抑えます。

9回、DeNAは山崎康晃投手が登板
代打の畠山選手が3塁線を破る2塁打で出ます。ナイスバッティング!
坂口選手は四球を選び無死1、2塁
上田選手も四球で歩き無死満塁
ここで山田選手はサードゴロ併殺打で1点かえすも2死3塁
中途半端なバッティングでチャンスを潰します。最悪の結果にため息です。
打席に入るときの表情が、不安そうな目をしていたので、
打てそうもないと思いましたが、それにしても…。
制球に苦しんでいるんだから、早打ちせずに、もっとじっくり攻めてほしかったです。
また、山田くんへのヘイトが集まりそう・・・。
最後はバレンティン選手がレフトフライに倒れゲームセット

ヤクルトが1-4でDeNA戦の初戦を落としました。

原樹理投手は6回まで井納投手との素晴らしい投手戦でしたが、
7回に筒香ーソトー桑原選手に3連打され1点失います。
ここだけでしたね。
7回5安打1失点で、打線の援護なく7敗目を喫しました。
ただ、ケガ明けの復帰初戦としては、不安は一切感じられなく、
好投を見せてくれてよかったと思います。

e0222575_16223655.jpg



2番手の梅野投手は宮崎、ロペス選手に二者連続被弾して3点失い0-4

打線は井納投手を打てず0行進

9回は無死満塁のチャンスに、山田哲人選手がサードゴロ併殺打の間にあげた1点のみ
山田くんの調子が悪いのはわかっていますが、
チャンスで打てないにしても、この場面、どういうバッティングをしなきゃいけないかを
もっと考えてほしかったですね。
最低限も出来ず、反撃の芽を潰したのは悔やまれます。
好機にいつもそうですが、何となく打席に立って、
来た球を何となく振っているだけの感じがします。

打線はわずか3安打
チャンスらしいチャンスは9回だけでした。
DeNAは主力が2発のホームランやヒットなどきっちり仕事をしました。
一方、ヤクルトは、3、4番が不調の上に、青木選手が1打席だけでベンチに下がり、
打線の核を失った形となりました。
井納投手に今季一番の好投をされたので打てないにしても、
もう少し抵抗してほしかったですね。

しかし、青木宣親選手の状態が心配ですね。
今シーズンはケガの情報が出なくコンディション不良とだけアナウンスされるので、
状態がわからくて、かえって不安ですね。
どうか無事で、明日からの試合に出られますように!

山田くんは打てないだけでなく、守備でも動きが悪く、
こんな状態なら、チームに迷惑をかけるので、私の本音はもう休ませてほしいですが、
もし青木選手が離脱なら、そうも言ってられませんからね。
復調を待つしかありませんが、よくなる気配がないので、
このまま、不調が続くような気がします。困りましたね。
バレンティン選手も一発が出なく、3、4番で得点できないのは痛すぎます。
明日、山田選手は汚名返上の一打をお願いします!

by misty2011 | 2018-09-07 21:25 | 東京ヤクルトスワローズ
甲子園で阪神に三タテ喰らわせ5連勝と勢いに乗る東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から神宮に首位・広島東洋カープを迎えての3連戦

初戦の先発は、ヤクルトがブキャナン投手、広島は野村祐輔投手
今日のスタメン7番サードは廣岡大志選手

選手公示では、大引啓次選手と武内晋一選手が昇格し、
山中浩史投手と谷内亮太選手が抹消されました。

試合経過は ニッカンスコア

ブキャナン投手は初回、2回とランナーを出しますが無失点に抑えます。

ヤクルトは1回裏、青木選手がピッチャー強襲内野安打で出ますが、
山田選手がショートゴロ併殺打

2回裏、バレンティン選手がサードエラーで出塁
雄平選手はレフト前ヒットで無死1、2塁
西浦選手は送りバント失敗後、廣岡選手は四球で歩き1死満塁
中村捕手は空振り三振で2死となり、
ブキャナン投手はセカンドゴロに倒れ得点ならず。

3回、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

3回裏1死後、青木選手がライト前ヒット
山田選手はレフトへの大飛球でしたが、あとひと伸び足りず1死
打った瞬間、行ったと思いましたが・・・。
続くバレンティン選手が右中間へのタイムリー2塁打を放ち、
青木選手が1塁から一気に生還してヤクルトが先制。1-0


4回、ブキャナン投手はカープクリーンナップを三者凡退に抑えます。
4回裏、ヤクルトも三者凡退

5回1死後、ブキャナン投手は曾澤捕手にセンター前ヒットを打たれますが、
後続を打ち取ります。

5回裏、ヤクルトは三者凡退

6回、ブキャナン投手はカープ1番からの打順を3人で片付けます。

6回裏2死後、雄平選手がセカンド内野安打で出塁も、
西浦選手は右邪飛に倒れ3アウト

7回1死後、ブキャナン投手は松山選手にレフトへの2塁打を打たれ、
田中広輔選手に右中間へのタイムリー3塁打を浴び1-1の同点に
雄平選手が突っ込んできて止められず、3塁打まで進まれました。
曾澤捕手はサードライナーで、3塁ランナーが戻れずダブルプレーで3アウト
これは助かりました。

7回裏1死後、中村捕手がセンター前ヒット
ブキャナン投手は送りバントを決め2死2塁
坂口選手はセカンド内野安打安打で2死1、3塁
青木選手がバックスクリーン右横に7号3ランホームランを放り込み
4-1と勝ち越します。

ナイスホームラン!今日3安打猛打賞3打点、素晴らしい♪
メジャーに行く前の全盛期より、今の方が勝負強いですね。頼もしい!

e0222575_239334.jpg


山田選手は三遊間を破るヒットで出ます。よし、30盗塁決めろ~!
再三けん制されますが、見事2盗を決め、これで30盗塁
トリプルスリーに向け、本塁打と盗塁の2つをクリア、あとは打率だけ!
バレンティン選手は四球で歩き、代走は武内選手
雄平選手はレフトへのヒットで2死満塁となり、
西浦選手がライト前タイムリーヒットを放ち5-1とリードを広げます。
なおも2死満塁で、廣岡選手はサードゴロで3アウト
ヤクルトはこの回、打者一巡、6本の長短打を集め一挙4得点

8回、レフトに坂口、ファーストに武内選手が入ります。
ブキャナン投手は西川選手にセンター前ヒットを打たれ、
代打バティスタ選手にレフトスタンドへ2ランホームランを運ばれ5-3と2点差に
1死後、菊池選手にセンター前ヒットを打たれ、
丸選手の打球を1塁武内選手がファンブルするエラーをやらかし、
1死1、2塁のピンチを招きます。
守備固めがエラーをしてはイカンでしょ!

ここで、ヤクルトは近藤一樹投手に交代
鈴木誠也選手に四球を与え1死満塁の大ピンチ
松山選手にレフト前タイムリーヒットを打たれ5-4と1点差。ヤバい
田中広輔選手は空振り三振で2死満塁となり、
曾澤捕手をサードゴロに打ち取り3アウト
コンちゃん、よく抑えました。

8回裏、広島は今村投手が登板
先頭の中村捕手がセンター前ヒット
代打の三輪ちゃんが送りバントを決め1死2塁
坂口選手は四球で歩き1死1、2塁
青木選手はセカンドゴロはリクエスト検証となり、
判定通りアウトとなり2死2、3塁
山田選手は申告敬遠となり2死満塁
ここで、武内選手に代打・畠山選手を送りますがショートゴロで3アウト
やはり、バレンティン選手を下げるのが早すぎましたね。

1点リードで9回は石山泰稚投手が登板
先頭の西川選手にレフト前ヒットを打たれ、
バティスタ選手は空振り三振も、西川選手が2盗
中村捕手の2塁送球が悪送球となり1死3塁
バティスタ選手が空振り後、中村捕手の送球妨害したように見えましたが、
守備妨害とはならず盗塁は認められました。
このあと野間選手にレフトへ犠牲フライを運ばれ、ついに5-5の同点に
ホームクロスプレーがリクエスト検証となりますが、判定通りセーフ

9回裏、広島は中崎投手が登板
1死後、西浦選手がレフト前ヒット
廣岡選手はバント失敗後、左中間への2塁打を放ち1死2、3塁
中村捕手は申告敬遠となり1死満塁
ここで、今日上がってきた大引選手を代打で送りますが、
浅いセンターフライを打ち上げタッチアップできず。
2死満塁となり、坂口選手はセンターフライに倒れサヨナラならず。

延長に入り、10回は梅野投手が登板
先頭の丸選手に右中間へ31号ソロホームランを放り込まれ5-6
初球、空振りした後、同じような2球目ストレートを捉えられました。
鈴木誠也選手は四球
堂林は送りバントで1死2塁
曾澤捕手は見逃し三振で3アウト

10回裏、広島はジャクソン投手が登板
1点を追うヤクルトは先頭の青木選手がセカンドゴロ
菊池選手の好守に阻まれました。
山田選手はサードゴロ
畠山選手は三振でゲームセット

ヤクルトは5-6で延長でカープに屈しました。

何度も勝てるチャンスはあったんですけどね・・・。
やはり広島は強い。

ヤクルトは広島の11安打を上回る15安打も5得点

先発のブキャナン投手は8回途中まで投げ8安打され4失点(自責は3)
8回にバティスタ選手に2ランを浴びたところで交代だったでしょうね。
後ろのブルペンのことがあるので、引っ張りましたが、
結局、近藤投手を出すことになったので、継投が少し遅れたように思います。

それよりも、守備固めに入った武内選手のエラーがあまりに痛すぎましたね。
おまけに、バレンティン選手を7回裏に下げていたので、
終盤での反撃が弱まりました。
4-1の時点で下げるのは、特にカープ相手には早すぎたでしょうね。
代走となった武内選手が、その後、痛恨のエラーですからね。
何点リードしても、カープ相手にはセーフティーリードとはなりません。

決勝点は、梅野投手が丸選手に一発を浴びたホームランでしたが、
まあ、これは相手が上ということで仕方ありません。

それよりも、9回裏、サヨナラの場面で得点できなかったのが悔やまれます。
何か策はなかったものでしょうか。残念です。

7回は、青木選手の3ランで勢いがつき盛り上がりましたが、
あの7回、6安打しながらも長打は青木選手の3ランのみで、
あとはシングルヒットばかり。
3ラン後は1点しか追加点が取れませんでした。
あそこで、もっと畳みかける攻撃が出来ていればと思いました。

勝ちパターンの連投に次ぐ連投の近藤ー石山ー梅野投手を
つぎ込んでの逆転負けはダメージが残りますね。

明日先発のカラシティー投手も、それほど長い回を投げられないので、
勝ちパターン以外のブルペン陣で、何とかやりくりしてほしいと願います。
やはり打線が何とかするしかありません。
山田くんが調子を落としているのが、得点が伸びないひとつの原因でしょうね。
今日も惜しい当たりはありましたが、ひと伸び足りませんでした。
明日こそ、クリーンナップに長打が出ますように。
 

by misty2011 | 2018-08-31 22:44 | 東京ヤクルトスワローズ
鬼門ナゴヤドームで、吉見投手の前に3安打完封負けを喫した東京ヤクルトスワロ―ズ
今日は昨夜の分を取り返すくらい打ってほしいものです。

2戦目の先発は、中日が小笠原慎之介投手、ヤクルトはカラシティー投手
今日のスタメンマスクは井野卓捕手
左投手ですが、雄平選手は5番スタメン
現在、雄平選手はチームトップの打率で、
近々、規定打席に乗ると、打率上位にランクインします。

試合経過は ニッカンスコア

初回2死後、山田哲人選手がレフトスタンドへ
28号ソロホームランを放り込み1点先制!1-0

昨日はあれほど点が取れませんでしたが、今日はいきなり先制弾!!
バレンティン選手は四球で歩き
雄平選手はファールで粘って13球目をセンター前ヒット、2死1、3塁
雄平選手は、左腕からでも打てるんです。
川端選手は右中間へのタイムリー2塁打を放ち二者生還して3-0
西浦選手も三週間を抜けるタイムリーヒットを放ち4-0
昨日の貧打が嘘のように、サクサク点が入ります。

1回裏、カラシティー投手は先頭の亀澤選手に四球を与え、
京田選手のファーストゴロは1塁セーフとなりますが、
リクエストによるリプレー検証の結果アウトで1死2塁
つづく大島選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ4-1
ビシエド選手には死球をぶつけ1死1、2塁
アルモンテ選手は三振で2死となりますが、
平田選手にライト前に落ちるタイムリーヒットを打たれ2-4
2死1、3塁となり、高橋周平選手は空振り三振に仕留め3アウト

しかし、初回から点の取り合いとなりました。
波乱含みですね。

2回2死後、青木選手がレフトオーバーの2塁打で出ます。
山田選手はショートフライで3アウト

2回裏、カラシティー投手は先頭の松井雅捕手に四球を与え、
小笠原投手は送りバントで1死2塁
このあと、カラシティー投手の暴投で1死3塁
亀澤選手は空振り三振で2死までこぎつけますが、
京田選手にライト前にタイムリーヒットを打たれ4-3
今日のカラシティー投手は球が高く、制球も不安定

3回、先頭のバレンティン選手が四球で歩きます。
雄平選手はショートゴロ併殺打で2死ランナーなし
川端選手はレフト線への2塁打。う~ん、チグハグ
西浦選手はライトフライで3アウト

3回裏、カラシティー投手は、ビシエド、アルモンテ選手に連続四球を与え無死1、2塁
平田選手はセカンドゴロで2塁フォースアウトで1死1、3塁
ここで、ヤクルトは中澤投手に交代
先発が3回持たないようではブルペンが苦しいですね。

高橋周平選手はショートライナーで2死となり、
松井雅捕手を敬遠せず勝負した結果、三週間を抜けるタイムリーヒットを打たれ、
二者生還して4-5と逆転されます。

昨日は敬遠しましたが、今日は勝負して裏目に出ました。
采配がブレブレ、一貫していません。

4回、ヤクルトは三者凡退

4回裏、ヤクルトは星知弥投手が登板
まだ4回なのに3人目の投手って・・・。
先頭の亀澤選手にセンター前ヒットを打たれ、
京田選手はセカンドゴロ併殺打で2死ランナーなし
大島選手に四球を与えますが、ビシエド選手をセカンドフライに打ち取り3アウト

5回、先頭の青木選手がライトへの2塁打で出塁
山田哲人選手はレフト前ヒットで、
河田コーチが手を回し、青木選手がホームに走りますが余裕でタッチアウト
これは、河田コーチの判断ミスでしょうね。
しかも無死でしたからね。ヤクルトは本塁憤死が多すぎます。
その間に山田選手は2塁へ進み1死2塁
バレンティン選手は見逃し三振後、雄平選手は四球で2死1、2塁
ここで、今日2安打の川端選手でしたが、セカンドゴロで3アウト
亀澤捕手の好守に阻まれました。

5回裏、星投手は3人で片付けます。

6回、中日は福谷投手に交代
ヤクルトは三者凡退

6回裏、ヤクルトはハフ投手が登板
2死後、亀澤、京田選手に連打されますが、
大島選手をファーストゴロに打ち取ります。

7回、中日は佐藤優投手が登板
先頭の坂口選手が四球で歩きます。
青木選手はライト前ヒットで無死1、3塁 青木選手は今日3安打猛打賞
山田哲人選手はライト前にタイムリーヒットを運び5-5の同点に!
軽打に徹した上手い右打ちでした。ここまで3安打猛打賞で2打点!

バレンティン選手はセカンドゴロで1死2、3塁となり、
ここで中日は岩瀬投手に継投。
雄平選手は見逃し三振で2死となり、川端選手はショートゴロで勝ち越しならず。
同点どまりでは、このあとが苦しい。

7回裏、ハフ投手続投
先頭のビシエド選手にライトへの2塁打を打たれ、
アルモンテ選手のセカンドゴロで1死3塁
続く平田良介選手に、前進守備の三遊間を抜けるタイムリーヒットを打たれ
5-6と勝ち越されます。

1死1塁で、代打・福田選手にも三週間を破るヒットを打たれ1死1、2塁
松井雅捕手はセンター前ヒットで1死満塁のピンチ
このあと、代打の堂上選手にレフトへ犠牲フライを運ばれ5-7
亀澤選手はピッチャーゴロで1アウト

ハフ投手は、この回4安打と1犠飛で、中日に2点勝ち越されました。

8回、中日は又吉投手が登板
2死後、代打の上田選手がレフト前ヒットで出塁
坂口選手もレフト前ヒットで続き2死1、2塁
青木選手はレフトへのタイムリー2塁打を放ち6-7と1点差に
青木選手は4安打1打点
2死2、3塁となり、ここで、山田哲人選手はライトへタイムリーヒットを放ち、
二者生還して8-7と逆転に成功!
いやいや素晴らしい!4安打4打点
今日はチャンスに右打ち軽打の巧打が光ります。
これが出来れば、打率も打点も残せるでしょう。
続くバレンティン選手は空振り三振で3アウト

この回、なんと2死から4連打で見事に逆転しました。

8回裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
レフトに坂口、センター上田、ファーストに畠山選手が入ります。
先頭の京田選手にライトへヒットを打たれ、
大島選手の打球を近藤投手が2塁へ悪送球して無死1、3塁
しかし、ビシエド選手はファーストライナーで大島選手は戻れず2死3塁となり、
藤井選手を打ち取り、無失点で切り抜けます。
よく抑えました。

9回、中日は鈴木博志投手が登板
先頭の雄平選手がショート内野安打で出ますが、
川端選手の送りバントが失敗となり、後続も倒れます。

9回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
平田、工藤選手を二者連続三振
最後は、松井雅捕手をサードファールフライに打ち取りゲームセット

両チーム合わせて27安打の乱打戦の末、ヤクルトが8-7で中日に打ち勝ちました。
また、昨季から続くナゴヤドームでの連敗も8で止めました。


勝ち投手は、2失点と打たれたハフ投手で、今季2勝目をあげました。
これも巡り合わせですね。勝ててよかったです。

いやいや、昨日の今日で、こんな激しい打ち合いになるとは思いませんでした。

ヤクルトは15安打で8得点(訂正)
中日もよく打って12安打で7得点
ナゴヤドームでは珍しいくらいの乱打戦となりました。
最後までどちらが勝つかわからないほど、もつれた試合でした。

壮絶な打ち合いの中でも、山田哲人選手が素晴らしい活躍を魅せてくれました。
初回のの28号先制のソロ弾に始まり、
7回には同点に追いつくタイムリーヒット
8回には逆転となる2点タイムリーヒットを打つなど
4安打固め打ちで4打点と大暴れ!

今日は暦では奇しくも「山の日」の祝日ですが、
まさに「山田哲人の日」となりましたね。
e0222575_14251819.jpg


また前日、連続出塁が37試合で止まった青木宣親選手も4安打固め打ちで1打点
気合が入っていて、昨夜のうっ憤を晴らすかのような活躍でした。

川場慎吾選手は初回の2点タイムリー2塁打などマルチヒットで2打点
雄平選手もマルチ
西浦選手が初回のタイムリーの1打点でした。

一方、投手陣は、先発のカラシティー投手が初回に4点の援護をもらいながら、
3回途中で3安打4四球5失点の乱調で降板
あとを継いだ中澤投手も左の松井雅人捕手に打たれ、4-5と一時は逆転されます。
これが、今日もつれた試合となった原因でしょう。

特に、カラシティー投手は球が高く制球も乱れ修正できませんでした。
次回までにはきっちり修正してほしいですね。

星投手は2イニングを無失点に抑え、7回に山田選手の同点打で5-5に追いつきます。
しかし、6回から2イニング投げたハフ投手が、
7回裏に、4安打と犠飛で2失点して逆転され、悪い流れとなります。
この時点では負けるかと思いました。

8回には2死後、代打の上田選手のヒットから4連打、山田選手の2点タイムリーで再び逆転

8回裏には、近藤投手が自らのエラーもあってピンチを招きますが、無失点に抑え、
最後は石山投手がきっちり3人締めでゲームセット

昨日打てなかった打撃陣が、よく粘り執念で追いつき、さらに追い越しました。
凄い試合でしたね。
山田くんが活躍して勝ったので、私としてはこれ以上ないくらい嬉しい勝利でした。
選手の皆さん、本当にありがとうございました。

貧打→猛打→?果たして明日はどんな試合になるんでしょう?
石川投手の好投を祈ります。打線は今日くらい打って援護してください。
by misty2011 | 2018-08-11 19:40 | 東京ヤクルトスワローズ
台風一過で、東京は再び真夏の日差しが戻ってきました。

7連勝で借金を完済した東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から貯金生活と行きたいですね。
阪神との2戦目の先発は、ヤクルトが石川雅規投手、阪神はメッセンジャー投手
川端選手は今日もベンチスタートで、7番サードに藤井選手

試合経過は ニッカンスコア

初回から点の取り合いとなりました。

1回表、石川選手は先頭の糸原選手に左中間への2塁打を打たれ、
北條選手のセンター前ヒットを青木選手がファンブルする間に、
2塁ランナーが生還して早々と先制されます。0-1

2死後、福留選手にバックスクリーンに2ランホームランを放り込まれ0-3
石川投手はいつもより球が高く浮き、阪神打線にとっては打ちごろとなりました。

1回裏、先頭の坂口選手がライトへのヒットで出ると、
青木選手がライト線へのタイムリー2塁打を放ち、
坂口選手が1塁から一気に生還して1点返します。1-3

山田選手にセンターフライで青木選手がタッチアップして3塁へ進み1死3塁
バレンティン選手がセンターへ犠牲フライを運び2-3と1点差に

2回1死後、石川投手は梅野捕手にヒットを打たれ、
犠打と暴投で2死3塁となりますが、後続を打ち取ります。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回1死後、石川投手は、ロサリオ選手に藤井選手のグラブを弾くレフト前ヒットを打たれ、
2死後、福留選手に四球を与え2死1、2塁も、陽川選手を三振に仕留め3アウト

3回裏1死後、坂口選手がレフト前ヒットで出ます。
青木選手は空振り三振で2死となり、
山田哲人選手はショートゴロで3アウト

4回1死後、石川投手は梅野捕手に右中間フェンス直撃の2塁打を打たれ、
メッセンジャー投手は三振後、糸原、北條條選手に連続四球を与え2死満塁
ロサリオ選手に押し出しの四球を献上して2-4と2点差に
糸井選手は空振り三振で3アウト
押し出し四球の1点で踏みとどまりました。

4回裏、先頭のバレンティン選手が全力疾走でショート悪送球を誘い出塁
雄平選手はライト前ヒットで無死1、2塁
西浦選手は送りバントを2回ファール後、
バスター決行でライト前ヒットを放ち無死満塁
藤井亮太選手は三振で1死満塁となり、
中村悠平捕手もフルカウントから空振り三振で2死満塁
ここで、代打の畠山選手登場もカウント3-1から
ボール気味の高目を打ってサードフライに倒れ、無死満塁から1点もとれず3アウト
三人とも、最後の球は見逃せばボールでしたね・・・。

5回、ヤクルトは星知弥投手が登板
きっちり三者凡退に抑えます。今日はよさそうです。
カツオくんのあとだけに、阪神打線がストレートに押されています。

5回裏、先頭の坂口選手が四球で歩きます。
青木選手は叩きつけた打球がライトへの2塁打となり無死2、3塁
山田哲人選手はセンター返しのタイムリーヒットを放ち、
二者生還して4-4の同点に

これで、山田選手は8試合連続打点となりました。
チャンスにタイムリーが打てるようになって、
打席では、以前にはない落ち着きを感じます。
打てない時は、どうしようどうしようって不安な表情が多かったように思いますが、
今は、チャンスでどういうバッティングをすればいいのか、
きちんとした意識を持って打席に立っているように感じます。
ひとつ成長しましたね。

バレンティン選手はショートゴロで1死2塁
山田くんが、いいスタートを切っていたので併殺は免れました。
ちょっと走るまで待ってよ!息が合わないんだからこの二人は・・・。
雄平選手は見逃し三振で2死となり、西浦選手は四球で歩き2死1、2塁
藤井選手はショートゴロで3アウト
しかし、この回、山田くんの2点タイムリーヒットで同点に追いつきました。

6回、星投手続投
梅野、鳥谷選手を連続三振後、糸原選手に四球を与えますが、
北條選手をショートライナーに打ち取ります。

6回裏、阪神は桑原投手が登板
ヤクルトは三者凡退

7回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
二者連続三振後、福留選手に四球を与えますが、
陽川選手を空振り三振に仕留め3アウト

7回裏、阪神は藤川球児投手が登板
青木選手はショートライナー。山田、バレンティン選手は空振り三振で3アウト
藤川投手のストレートが戻って来ていますね。

8回、ヤクルトは風張蓮投手が登板 中止を挟んで4連投
先頭の俊介選手に四球を与え送りバントで1死2塁
中谷選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ4-5と勝ち越しを許します。
インコースを続けすぎたでしょうか?
1死1塁で、糸原選手はサードライナー。藤井選手がよく反応して捕りました。
北條選手は空振り三振で3アウト

8回裏、阪神は藤川投手が続投
2死後、藤井選手が四球で歩きます。
中村捕手が初球を打ってセンター前ヒット、2死1、3塁となります。
ここで、代打の川端選手を送りますが、ショートライナーに倒れ得点ならず。
抜けたかと思いましたが、北條選手にジャンピングキャッチされました。

9回、ヤクルトはウルキデス投手が登板
先頭のロサリオ選手にレフトへヒットを打たれ、代走は大山選手
代打・岡崎選手の送りバントを藤井選手が2塁へ送球も送球がそれ1死1、3塁となり、
続く福留選手にレフトオーバーのタイムリー2塁打を浴び4-6
なおも1死2、3塁で、陽川選手は四球で1死満塁
俊介選手はセンターライナーで青木選手がナイスキャッチ
1死満塁となり、梅野捕手に前進守備のセカンド頭を越えるタイムリーヒットを打たれ
4-7と3点差に


ここで、ヤクルトは中尾投手に交代
中谷選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ4-8
なおも満塁から糸原選手に押し出しの四球を献上して4-9
北條選手にライトへ犠牲フライを運ばれ4-10

2死1、2塁で、大山選手を空振り三振に仕留め、ようやく3アウト

しかし、9回に一挙5点奪われ4-10、追いつくには厳しい展開となりました。

9回裏、阪神はドリス投手が登板
坂口選手はショートゴロ
青木選手はレフト前ヒット、今日3安打猛打賞!代走は上田選手
山田選手もレフトへのヒットで続き1死1、3塁
バレンティン選手は空振り三振で2死となり、
ドリス投手の暴投で山田選手は2塁進みへ2死2、3塁
最後は雄平選手がショートゴロに倒れゲームセット

ヤクルトは4-10で阪神に敗れ、連勝は7で止まりました。
一昨日に5割復帰したばかりでしたが、再び借金1となりました。

先発の石川投手は4回を投げ6安打4失点
今日は球が高く、本来の低めに投げるピッチングが出来ませんでした。

2番手の星知弥投手は2回を投げ、出したランナーは四球の一人だけ
ストレートが走っていてよかったです。
負けの中でも、今日の明るい材料ですね。

近藤投手もナイスピッチング!

しかし、風張投手が先頭を四球で出したところから1失点して勝ち越されると、
9回はウルキデス投手が3安打1四球でエラーもあって5失点(自責は3)
中尾投手もヒットと押し出し四球で、9回に一挙5失点。これで試合が決まりました。

打線は初回に青木選手のタイムリー2塁打と
バレンティン選手の犠牲フライで1点差に。
この後、石川投手がさらに追加点を奪われますが、
5回に、山田哲人選手の2点タイムリーヒットで同点に追いつきます。

その後もチャンスはありましたが、あと1本が出ず、得点は4点のままでした。
10安打で4得点、残塁は10となり、拙攻が目立ちました。

坂口選手がマルチヒット
青木宣親選手が3安打猛打賞で1打点
山田哲人選手がマルチヒットで2打点
バレンティン選手が犠飛の1打点でした。

3安打猛打賞の青木宣親選手 9回は守備でも好守を見せました。
その時、肩を打ったようですが大丈夫でしょうか?
e0222575_9303163.jpg



ヤクルトは終盤の継投が上手く行かなかったですね。
風張投手は連投が続いていて、まあ仕方ない面はありました。

ただ、9回のウルキデス投手が誤算でしたね。
初登板は無失点に抑えましたが、2回目となる登板の今日は散々な結果でした。
スピードがあるわけではなく、変化球も特にこれと言ったものがなく、
勝ち継投でも、接戦でも使うのは厳しい感じがしましたね。
打たれてから中尾投手を投入しましたが、それなら頭からでもよかったでしょうね。

接戦になるとブルペンの投手起用が難しくなりますが、
やはりあと最低一人は信頼できる中継ぎ投手が必要でしょうね。
その意味では、今日の星投手の好投は、今後のリリーフ陣に明るい希望が持てました。

連勝は止まりましたが、次は勝って連敗を続けないよう、それが何より大事です。
次のカープ戦は絶対に勝ち越しましょう。

by misty2011 | 2018-07-29 22:48 | 東京ヤクルトスワローズ
7連敗でリーグ最下位に転落した東京ヤクルトスワロ―ズ
今日はオールスター前、前半戦の最後の試合です。

昨夜、死球をぶつけられた荒木貴裕選手は、左手小指付近の骨折で、
本日付けで抹消されました。谷内選手も抹消され、
青木宣親選手と松本直樹捕手が上がってきました。

先発はヤクルトがドラ2ルーキーの大下佑馬投手、読売ジャイアンツは山口俊投手
スタメンには、青木選手が早速2番センターで復帰
畠山選手がスタメンから外れました。あらら・・・。

それから、公式記録の訂正があり、7月9日草薙での9回、山田選手のエラーは、
吉川直輝選手のセカンド内野安打と訂正されました。
山田くんの失策が一つ減ってよかったです。

試合経過は ニッカンスコア

初回、プロ初先発の大下投手は内野安打の坂本選手を置いて、
マギー選手にセンターバックスクリーンに2ランホームランを運ばれ先制されます。0-2

この後も、ヒットと四球でランナーを出しますが陽選手を三振に仕留め3アウト

1回裏、先頭の西浦選手が四球で歩き、復帰の青木選手が早速ライト前ヒットで無死1、2塁
山田選手はライトフライで1死となり、
つづくバレンティン選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち1-2
雄平選手もレフトへのヒットで続き、1死満塁から
川端選手のショートゴロ併殺崩れの間に3塁から青木選手が生還して2-2の同点に
坂口選手は四球を選び2死満塁となりますが、中村捕手はショートゴロで勝ち越しならず。

2回、大下投手は落ち着いて三者凡退に抑えます。

2回裏2死後、青木選手が2打席連続のライト前ヒットで出ます。
山田選手は外スラを見逃し三振
その前に空振りした時に、どこか痛めたような仕草をしたのが心配です。
腰っぽい??
このあと、守備にはつきました。

3回、大下投手は、先頭の吉川尚選手にがライト線への3塁打を打たれ、
マギー選手に左中間へのタイムリー2塁打を打たれ2-3と勝ち越されます。
1死後、亀井選手にライトスタンドへ2ランホームランを放り込まれ2-5

ここで、ヤクルトは早くも原樹理投手に交代
後続を2者連続三振に仕留め3アウト

3回裏、先頭のバレンティン選手がレフト前ヒット
2死後、坂口選手は四球で歩き2死1、2塁
中村捕手はサードゴロで3アウト

4回、原樹理投手続投
2死後、坂本選手にセンター前ヒットを打たれますが、吉川尚選手を三振斬りで3アウト
ビハインドでは好投します。

4回裏、先頭の代打・奥村選手がセンター前ヒットで出ます。
1死後、青木選手はファーストゴロで、岡本選手が2塁へ悪送球する間に奥村選手は3塁へ。
2死3塁となりますが、山田選手はショートゴロで3アウト。
山田くんは、今日は山口投手にさっぱり合いません。

5回、ヤクルトは星知弥投手が登板
マギー選手三振後、岡本、亀井選手に連打され1死1、2塁
長野選手は四球で1死満塁となり、
陽岱鋼選手にもストライクが入らず、押し出しの四球を献上して2-6
なおも1死満塁で、宇佐美捕手は空振り三振
2死満塁となり、山口俊投手をショートフライに打ち取り3アウト

5回裏、ヤクルトは4番からの攻撃も三者凡退

6回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板 サードに藤井選手
1番からを三者連続三振に斬って取ります。

6回裏、先頭の坂口選手がライト前ヒットで出ます。
中村捕手は送りバントを打ち上げ、マギー選手に好捕され1死
つづく、途中出場の藤井亮太選手がライトオーバーのタイムリー2塁打を放ち、
坂口選手が1塁から激走してホームイン!3-6と3点差

西浦選手はライトフライ、青木選手は空振り三振で3アウト

7回、近藤投手続投
1死後、亀井選手に今日2本目となる8号ソロ弾を右中間スタンドへ放り込まれ3-7

7回裏、巨人は田原投手が登板
先頭の山田選手がレフト前ヒットで出ます。今日初ヒット(ほっ)
バレンティン選手はセンターフライ
雄平選手はライト前ヒットで1死1、2塁
今ので山田くん、3塁へ行けないかな?やっぱりどこか痛めてる!??
代打の畠山選手はレフトフライで2死となり、
坂口選手はセンターフライで3アウト

8回、ヤクルトは中尾輝投手が登板
2四球でランナーを出しますが、マギー選手をセカンドゴロに打ち取り3アウト

8回裏、巨人は上原浩治投手が登板
先頭の中村捕手がレフトフェンス直撃のヒットで出ます。
藤井選手はセカンド内野安打で無死1、2塁
トップに戻り、西浦選手は右邪飛で、中村捕手がタッチアップして1死1、3塁
青木選手はセカンドゴロ併殺打で3アウト

9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
2試合連続、ビハインドでの登板となりました。
きっちり3人で片付けます。

9回裏、巨人は4連投のマシソン投手が登板
山田選手は空振り三振
バレンティン選手はショートゴロ
雄平選手はサード内野安打で出ます。2試合連続猛打賞
しかし、最後は代打の上田選手がセカンドフライでゲームセット

ヤクルトは3-7で巨人に3タテ喰らい、連敗は8となりました。

初先発の大下投手は3回持たず6安打5失点と打たれました。
中継ぎで投げた時は好投しましたが、今日は巨人打線に通用しませんでした。
星投手は押し出しの四球を献上
近藤投手は亀井選手に一発を浴び、計7失点

打線は今日も2ケタ13安打とよく打ちましたが、12残塁でわずか3得点
巨人は10安打ながら7得点
この差は一体なに?

ヤクルトは13安打のうち、長打は藤井選手の2塁打のみ
かたや、巨人は2ラン2本とソロの3ホーマー
3塁打と2塁打も1本ずつありました。

単打をいくら打っても、盗塁があるわけでもなく各駅停車で、
塁が埋まるだけで、効率のいい攻撃ができませんでした。
初回に、同点までじゃなく、せめて1点でも勝ち越しておきたかったですね。
それだと、また違った展開になったかもしれません。

狭い神宮では、やはりホームランが出ないと、なかなか厳しい試合となりますね。
ホームなのに、こちらはホームランが0、相手には容赦なく3発あびました。
この差は大きかったですね。

ヒット数なら勝てても、野球は得点を争うゲームなので、
チャンスにあと1本も必要なら、得点効率を高めるためには、
やはり長打は必要だと感じました。その長打が打てる選手がヤクルトには少なすぎます。

開幕当初、ヤクルトはノーヒットでも得点できていた頃が、遠い昔となりました。
今は、ヒットは出ても得点できずの悪循環

頭部死球から強行出場した青木選手は、復帰即マルチヒットはさすがです。
e0222575_2365476.jpg


雄平選手は2試合連続の猛打賞 いつも一人元気です!
バレンティン選手と、途中出場の藤井亮太選手がマルチでそれぞれ1打点でした。
西浦選手は今日はノーヒットで15試合連続ヒットでストップしました。
山田哲人選手は1安打出ましたが、2打席目の様子がちょっとヘンだったので、
どこか痛めたのではないかと心配です。
オールスターがあるので休めなくて大変ですね。

ヤクルトは結局、オールスター前に8連敗と最悪の状態で、最下位で前半戦を終えました。
交流戦1位は何だったのかというような負けっぷりです。

球宴期間中に、投打ともしっかり調整して、後半戦に挑んでほしいですね。
まずは、先発をどうするか頭が痛いですね。
ブキャナン投手の調子が落ちてきたので、勝ちを計算できる先発がいなくなりましたからね。
質も数も足りません。
打者は、巧打者の川端、坂口選手あたりの調子が下降気味なのが心配です。
ベテラン勢は、球宴期間中にゆっくり休んで疲労を取ってくれたらと思います。

オールスターに出場する選手は、無理しない程度で楽しんで来てください。
新たな気持ちで、また一から出直す覚悟で後半戦を迎えてほしいです。

by misty2011 | 2018-07-11 22:19 | 東京ヤクルトスワローズ
昨夜はブキャナン投手の投打にわたる活躍と、1番・2番・3番のサンスポ命名?の“西青山トリオ”
の3発で圧勝した東京ヤクルトスワロ―ズ
神宮でのヤクルトは、改めて強いなあと思った試合でした。

試合の前に、気になるニュースから、
昨日、抹消された小川泰弘投手は、登板間隔を空けるのが目的で、
1軍に帯同しながら調整するとのことです。
故障ではなさそうなので一安心ですが、
単に登板を飛ばすのなら一昨日に抹消されて良さそうなものですが、
一日ズレたのは、はやり何か原因はあるんでしょうね。

中日ドラゴンズとの2戦目の先発は
ヤクルトがカラシティー投手、中日はプロ2年目の藤嶋健人投手
スタメンは、坂口選手が6番、雄平選手が7番に入り、その他は前日と同じ

試合経過は ニッカンスコア

初回、カラシティー投手は、2番の亀澤選手にヒットを打たれ2盗を許しますが、
無失点に抑えます。

1回裏、先頭の西浦選手がレフトフェンス直撃の2塁打を打つと、
青木選手がライトスタンドへ6号2ランホームランを叩き込み、
今日もヤクルトが2点先制 2-0

昨夜のリプレーを見るようなホームランでした。
後続3人は倒れます。山田選手は打ち上げて毎度のポップフライ。

1、2番で得点できているのでいいようなものの、
3、4番が相手にとって安全パイとなっています。

2回、カラシティー投手は四球でランナーを出しますが、後続を打ち取ります。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回2死後、亀澤、アルモンテ選手に連打され2死1、3塁のピンチを招きますが、
ビシエド選手をセカンドゴロに打ち取ります。

3回裏、先頭のカラシティー投手がセンター前ヒットで出塁。
昨日のブキャナン投手に続き、バットでも魅せます。
西浦選手は3塁線を破る2塁打を放ち無死1、3塁。もう手が付けられません。
青木選手が今度は左中間へのタイムリー2塁打を放ち4-0と突き放します。
ここまで全得点4点をたたき出しました。こちらも絶好調!

ここから問題の3、4番
山田選手は、ショートゴロでランナー進めず1死2塁
悪いなりにケースバッティングが出来ればいいんですが、それも出来ません。
バレンティン選手は見逃し三振。今日早くも2三振
川端選手はセンターフライで3アウト
3、4番がこの状態だと、これからは、青木選手が敬遠されるかもしれませんね。

4回1死後、カラシティー投手は高橋選手にライトへヒットを打たれますが、後続を抑えます。

4回裏、ヤクルトは三者凡退

5回、中日も三者凡退

5回裏、先頭のカラシティー投手がまたもレフト前ヒットで出塁。
西浦選手はセンターフライで1死となり、
青木選手はライトへの2塁打で1死2、3塁。青木選手既に3安打
さて、今度はどうでしょう?山田選手は四球で歩き1死満塁。ほっ…
ここで、今日2三振のバレンティン選手がレフトへのタイムリーヒットを放ち
二者生還して6-0
 
久しぶりのヒット、いい所で出ましたね、ココちゃん!
1死1、2塁で、川端選手は四球で歩き1死満塁

中日はここで佐藤優投手に交代
代わりっぱな、坂口選手がライト前タイムリーヒットを放ち、
山田選手がホームインして7-0

なおも1死満塁で、雄平選手は三振、中村捕手はレフトフライで3アウト

6回、センターの青木選手に代わり上田選手が入ります。
カラシティー選手はビシエド、平田選手に連打され無死1、2塁
高橋周平選手には四球を与え無死満塁のピンチを招きます。
続く京田選手の抜けようかという打球を西浦選手が好捕して2塁フォースアウト
その間に3塁ランナーが生還して7-1

西浦選手、ナイスプレー!守備もホントに上手くなりました。
大野捕手はセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト。
この回、よく1点で食い止めました。

6回裏、ヤクルトは三者凡退

7回、ヤクルトは中澤投手が登板
先頭の代打・荒木選手にレフトオーバーの2塁打を打たれます。
大島選手はセカンドゴロで1死3塁

ここで、ヤクルトは原樹理投手に交代
福田選手にライトへ犠牲フライを運ばれ7-2
アルモンテ選手はセカンドゴロで3アウト

7回裏、中日はプロ初登板の清水投手が登板
山田選手は四球で歩き、バレンティン選手は空振り三振、
川端選手は1塁ゴロ併殺打で3アウト

8回、原樹理投手続投、レフトに田代選手
先頭のビシエド選手にライトフェンス直撃の3塁打を打たれます。
平田選手に四球を与え無死1、3塁
高橋周平選手は空振り三振で1死となり、
京田選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト

8回裏、中日は鈴木博志投手が登板。こんな場面で投げるんですか?
先頭の坂口選手は四球で歩きますが、雄平選手はセカンドゴロ併殺打
中村捕手は三振で3アウト

9回、ヤクルトは中尾輝投手が登板。藤井選手が3塁、川端選手が1塁の守備に変更
1安打されますが、後続を抑えゲームセット

ヤクルトが7-2で中日に連勝して、このカードの勝ち越しを決めました。
今日もナイスゲーム、ありがとうございます。

先発したカラシティー投手は、6回を投げ6安打1失点で、
負けなしの5連勝で5勝目をあげました。おめでとうございます。
ストレートのほか、カットボール、フォーク、チェンジアップなど安定していました。
最後はややバテましたが、崩れる心配もなく、点差もあって安心して見ていられました。
また、打つ方でも2安打2得点と、昨日のブキャナン投手に続きバットでも活躍!
9番→1番→2番が、前日に続きヤクルト最大の得点源となっていました。

写真は浦添キャンプより カラシティー投手
e0222575_16211346.jpg


7回からの継投では、中澤、原樹理、中尾投手で1失点で抑え、逃げ切りました。

打つ方は、青木宣親選手が連夜の先制弾!
今日は初回に2塁打の西浦選手を置いて先制の6号2ラン
3回には、カラシティー、西浦選手を置いてタイムリー2塁打を放ち計4打点
6回にも2塁打を打って3安打猛打賞と、怖いくらい打ちまくっています!
3割目前となりましたね。

チームは9安打で7得点と効率よく点を取りました。
西浦選手が2塁打2本のマルチで、青木選手との1、2番は最強コンビとなりつつあります。
守備も随所で好守を見せチームの勝利に貢献。
今やチームになくてはならない存在となりました。素晴らしい活躍ですね。

ヒットがなかったバレンティン選手が、今日は満塁で2点タイムリーヒットを放ち2打点
そして、カラシティー投手が2安打2得点
投げるだけでなく、バッティングでも勝利に導きました。
坂口選手がタイムリーヒットで1打点

山田哲人選手は2打数ノーヒット2四球
昨夜はマルチで一発も出ましたが、まだまだ時間がかかりそうです。
このままのバッティングスタイルで、果たして良くなるんでしょうか?

西浦選手の覚醒の裏には、宮本ヘッドが、
スイングのフォロースルーで左手をバットから離すようアドバイスがあったとのこと。
それから打撃好調ですが、不調の山田選手には何も助言はないんですかね?
肘がまだ完全でないのなら、振りまわすだけじゃなく、
もっとミート中心に心がけるようにとか言えないものでしょうか?

2試合とも、ヤクルトが強いのか中日が弱いのか?
拍子抜けするくらい快勝したので、この勢いでこのカード3連勝と行きたいですね。
明日の石川雅規投手に期待しています。

by misty2011 | 2018-06-27 21:36 | 東京ヤクルトスワローズ
前のカード巨人戦で連敗を3で止め、借金4で4位につけている東京ヤクルトスワロ―ズは、
今日から神宮での6連戦。最初は中日ドラゴンズとの3連戦です。

先発はヤクルトがブキャナン投手、中日は小笠原慎之介投手
スタメンは1番・西浦、3番・山田選手など巨人戦3戦目と同じ
出来れば、山田選手はもっと下位に下げてほしいのですが。

選手公示では、昨日、谷内亮太選手が抹消され、
本日付で宮本丈選手が上がってきました。
そして、小川泰弘投手が抹消されました。何かあったんでしょうか?
右ひじ手術明けなので、これは心配ですね。

試合経過は ニッカンスコア 

初回、ブキャナン投手は大島選手にセンター前ヒットを打たれ、送りバントで2塁、
暴投で1死3塁となりますが、3、4番を打ち取り3アウト

1回裏、西浦、青木選手の連打で無死1、2塁も
山田選手は捕邪飛、バレンティン選手は三振、川端選手はショートゴロで先制ならず。
悲しいかな、山田選手が打ちあげるか三振は予想通りという感じで、
私はやけくそで、もう送りバントでもさせておけよと思いました。
まだ左ひじのケガの影響があるようで、それならなおさら3番に置くなんてありえません!

肘が痛くて打てないのなら、軽打するとか、外の球は右に打ってみるとか、
それなりに工夫したバッティングが出来ればいいんですが、
打撃技術の引き出しがないばっかりに、常に同じスイングをして同じように打ち上げる。
その繰り返し。

それにしても、クリーナップでランナーが一歩も進めずとは情けない。

2回、ブキャナン投手は1死後、高橋選手に内野安打を打たれますが、
福田選手をショートゴロ併殺打に仕留めます。

2回裏、ヤクルトは三者凡退

3回、中日は三者凡退

3回裏、先頭のブキャナン投手が全力疾走でセカンドへの内野安打で出ます。
西浦選手は四球で無死1、2塁
つづく青木選手がライトへ5号3ランホームランを放り込み、
ヤクルトが3点先制!3-0
 ナイスホームラン!! 
山田くんに回しても打てないので、その前に得点できてほっとしました。

山田選手はセンターフライで1死となり(リーグ戦再開後、15打数ノーヒット)、
バレンティン選手はショートゴロ。この3、4番はそろって不調。
真ん中で打線をぶった切っています。
川端選手はライト前ヒット、畠山選手は1邪飛で3アウト

4回、ブキャナン投手はビシエド選手に死球をぶつけますが、後続を打ち取ります。

4回裏、先頭の坂口選手がレフト前ヒット、中村捕手は送って1死2塁
つづくブキャナン投手がレフトへタイムリー2塁打を放ち4-0
今日は投打に大活躍!

西浦選手は四球で歩き1死1、2塁
青木選手はレフト前ヒットで1死満塁と思ったら、
3塁を回ったところで、河田コーチがブキャナン投手を止めた際に接触し、
ランナーがアウトとなり2死1、2塁。
このあと、山田選手はセンターフライで3アウト。
これまでよりはマシな当たりでしたが伸びませんでした。(16-0)
どこまでノーヒットが続くのやら・・・。

5回、ブキャナン投手は三人で片付けます。

5回裏、ヤクルトは三者凡退

6回、先頭の坂口選手がレフト前ヒットで出塁
2盗後、中村捕手が送って1死3塁
ブキャナン投手はショートゴロ。京田選手のフィルダースチョイスで1死1、3塁
ここで、1番の西浦選手がレフトスタンドへ6号3ランホームランを叩き込み7-0
と突き放します。
西浦選手、素晴らしい!
長打があるので、安定した打撃が出来るようになれば、クリーンナップも夢ではありません。

2死後、山田選手がレフトへのヒットで出ますが、バレンティン選手はサードゴロで3アウト
ようやく山田くんにヒットが出ました。
リーグ戦再開後、4試合目で初ヒットです。やれやれ。
これがきっかけになればと思いますが、とにかく山田くんは、凡人にはわかりません。
予測不能。去年も今年も、ちょっと打ってはすぐまた不調モードに入りますからね。

7回裏、中日は又吉投手が登板
先頭の川端選手がレフト前ヒット
今日1軍昇格の代打・宮本丈選手はショートゴロ併殺打
このあと、坂口選手が左中間への2塁打で出ます。今日3安打
中村捕手は三振で3アウト

8回、ブキャナン投手は先頭の高橋選手にレフトへヒットを打たれますが、
後続を打ち取ります。

8回裏、中日は木下雄投手が登板
1死後、西浦選手がセンター前ヒット。3安打猛打賞、勢いが止まりませんね。
青木選手はセカンドゴロで2死1塁。代走は上田選手
続く山田選手がバックスクリーン左に飛び込む15号2ランホームランを放り込み
9-0

3週間前の6月5日ぶりとなる一発です。
1本ヒットが出たら気持ちがラクになったでしょうか。

9回、ブキャナン投手は先頭の大島選手にレフトへの3塁打を打たれます。
守備に入った田代選手がクッションボールの処理にもたつきました。
1死後、アルモンテ選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ9-1
完封は逸しました。
このあと、ビシエド選手に今日2個目の死球をぶつけ1死1、2塁。申し訳ありません。
しかし、後続を打ち取りゲームセット

ヤクルトが9-1で中日に圧勝しました。

完封こそなりませんでしたが、ブキャナン投手が5安打1失点で、
2回目の完投で6勝目をあげました。おめでとうございます。
打っても2安打1打点と二刀流で大活躍でしたね!

e0222575_11303764.jpg


打線は15安打で9得点
青木宣親選手が先制の3ランホームランを含む3安打猛打賞3打点
西浦直亨選手が同じく3ランホームランを含む3安打猛打賞2四球で全打席出塁
ノリノリですね。ショートの守備も安心して見ていられます。

坂口智隆選手が3安打猛打賞
山田哲人選手が久々のヒットと2ランのマルチで2打点
そして、野手ブキャナン投手が2安打1打点

神宮に戻って来た途端に、久々の大勝でしたね。
エースが投げ、打線が爆発。会心の勝利でした。

中でも、西浦選手と青木選手が好調をキープしています。
不振の山田くんにも一発が出て、センターラインで今日は豪華に3発でました。

あとは、当たりが止まっているバレンティン選手が戻ってくれば完全体になりそうですね。
山田くんは今日打ったので明日も3番でしょうか?
まあ、これが復調の足掛かりになることを願います。
出来れば一日一善はしてほしいですね。

とにかくナイスゲームでした♪♪♪
明日はカラシティー投手の好投を期待しています。
                 
by misty2011 | 2018-06-26 21:22 | 東京ヤクルトスワローズ
本日、マイナビオールスター2018のファン投票の結果が発表されました。

詳細は ファン投票結果

東京ヤクルトスワロ―ズからは、
2塁手で山田哲人選手と、外野手で青木宣親選手がファン投票で選ばれました。
おめでとうございます。

山田哲人選手のオールスター出場は4回目、ファン投票での選出は2回目となります。
青木宣親選手は8回目の出場で、ファン投票での選出は6回目

二人いっしょの写真はこれしかないので、失敗作ですが載せておきます。
浦添キャンプより 歴代ミスタースワローズ「#1」
山田哲人選手、若松勉さん、青木宣親選手
e0222575_157822.jpg



残念ながら、ヤクルト投手陣はファン投票での選出はありませんでした。
後日、発表される監督推薦や、選手間投票で、
リリーフ陣の石山泰稚投手や近藤一樹投手あたりが選ばれるのではないかと思います。
ただ、疲労を考えると、お休みしてほしいような気もします。

また、ヤクルトでは高い人気の坂口智隆選手は、1塁手として得票数は3位でしたが、
こちらも、おそらく監督推薦で選ばれるのではないかと思います。
期待しましょう。

昨年は山田哲人選手の不振で、私はネット投票の登録手続きすらしませんでしたが、
今年はボチボチ投票しました。

ちなみに、私が投票した選手は、
ヤクルトでは山田哲人選手、坂口智隆選手、石山泰稚投手、近藤一樹投手

パ・リーグでは、私のお気に入りの岸孝之投手と秋山翔吾選手です。
秋山翔吾選手はファン投票で選ばれましたが、
岸投手は、おそらく監督推薦で選ばれると思います。
岸投手は最下位の楽天にあって、現時点で7勝1敗、防御率1.935はパ・リーグ1位です。
出来れば、今年は投手部門のタイトルをとってほしいと願っています。

2018オールスターは、京セラドーム大阪と熊本・藤崎台県営野球場での開催となり、
関東での開催がないのは残念です。
熊本開催は、熊本地震復興を支援する意義ある球宴になるといいですね。

出場選手すべてが決まったら、また記事を書く予定です。

by misty2011 | 2018-06-25 17:04 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011